東京メトロCMタイアップソングにDAOKO新曲決定

29.March.2019 | MUSIC

DAOKOが東京メトロCM「Find my Tokyo.」シリーズのCMタイアップソングを担当することが決定した。

2019年度もイメージキャラクターに石原さとみさんを迎える東京メトロCM「Find my Tokyo.」シリーズ。今回のCMタイアップソングは昨年に引き続き、小林武史さんがプロデュースを手がける。新曲となる本楽曲を、小林武史さんとDAOKOで制作。アーティスト名は、DAOKO × 小林武史(ダヲコ カケル コバヤシタケシ)、タイトルは「ドラマ」となる。

新CMは、2019年3月29日(金)10:00から特設WEBサイトにて先行公開、4月1日(月)よりメトロ駅構内・車内ディスプレイにて順次公開。

2019年度CM映像は毎回ゲストを迎え、石原さんとゲストがおススメのスポットを教え合いながら、知らなかった街の魅力を体験していくシリーズとなり、第1弾は、たんぽぽの川村エミコさんが出演する。そしてDAOKOも出演…?期待しよう。

 

小林武史さんコメント

今回の曲は、当初「ポップ感」と「アート感」という二軸で、化学反応がどう起こるのかをイメージしていました。
二軸というと「小林武史」と「DAOKO」の共作であること、もうひとつ「地上」と「地下」というイメージも喚起しました。
DAOKOさんと制作をするのは二度目ですが、彼女のモノローグ的アクトにより深みが出てきた感じがしています。演劇的な要素が強い作品に仕上がったと思います。

DAOKOコメント

地下鉄のトンネルから抜けた時の光をことばとうたで表現しました。小林さんのつくりだす胸が恋しくなるメロディは、たくさんの人が行き交う地下鉄の駅のホームや車内で、いったい自分が誰なのか問いかけてくるようです。

RELATED ENTRIES

  • “DAOKO 4th ALBUM「anima」Release Talk & Live”開催決定

    19.June.2020 | MUSIC

    DAOKO 4th ALBUM「anima」のDIGITAL RELEASEを記念し、2020年6月24日(水) SUPER DOMMUNEにて無観客配信イベントの開催が決定した。

    イベントではDAOKOとサウンドプロデューサー片寄明人によるTALK PARTに加え、BAND SETでのDAOKO LIVEも実施される。 またこの日限りのSUPER DOMMUNE × 渋谷5Gエンターテインメントプロジェクト(au 5G)とのARコラボ演出も予定している。

    また7月29日(水)発売のDAOKO 4th ALBUM「anima」[初回限定盤/通常盤]の店舗別のアルバム予約購入特典のデザインも公開された。各店舗でアイテムやデザインが異なり、先着順でのプレゼントとなるので、ぜひチェックしてみよう。

     

    2018年12月にリリースされた前作「私的旅行」以来となる4th ALBUM「anima」は、2020年6月24日(水)にデジタル・サブスクリプション先行配信。追って7月29日(水)にはCDにて初回限定盤・通常盤のリリースが決定している。

     

    約1年半ぶりのオリジナルフルアルバムとなる本作は、メジャー1stアルバム「DAOKO」のサウンドプロデューサーであった片寄明人 (GREAT3) と再タッグを組み、DAOKO自身と片寄明人による共同プロデュース作品。本人が敬愛するトラックメーカー、ミュージシャンが織りなす多種多様な音に融合していく媒介的なラップスタイルが原点回帰、そして新たなフェーズへの到達を感じさせる。DAOKOが作曲した数曲を含む幅広い音楽性を持った全12曲のアルバムとなっている。

  • DAOKO 4th ALBUM「anima」アルバムジャケットデザイン公開

    10.June.2020 | MUSIC

    先日公開されたDAOKO 4th ALBUM「anima」のジャケット写真が公開。また本日よりプリオーダーの開始も決定した。 今作「anima」のALBUMジャケットは、DAOKOが新たに出会った新進気鋭のイラストレーター「始発ちゃん」が手掛けている。

    2018年12月にリリースされた前作「私的旅行」以来となる4th ALBUM「anima」は2020年6月24日(水)にデジタル・サブスクリプション先行配信。追って7月29日(水)にはCDにて初回限定盤・通常盤のリリースされる事がすでに発表されている。

    約1年半ぶりのオリジナルフルアルバムとなる本作は、メジャー1stアルバム「DAOKO」のサウンドプロデューサーであった片寄明人 (GREAT3) と再タッグを組み、DAOKO自身と片寄明人による共同プロデュース作品。

     

    本人が敬愛するトラックメーカー、ミュージシャンが織りなす多種多様な音に融合していく媒介的なラップスタイルが原点回帰、そして新たなフェーズへの到達を感じさせる。DAOKOが作曲した数曲を含む幅広い音楽性を持った全12曲のアルバムとなっている。

     

    DAOKOコメント

    始発ちゃんさんの作品と出会ったのはTwitterでした。一目惚れですね。何処か懐かしいような寂しいような…でも寄り添ってくれる、あったかい絵なんです。始発ちゃんさんに実際にお会いした時に合点がいきました。ご本人もとてもあたたかくお優しい方で、益々作品のことも好きになっていきました。一緒に渋谷をお散歩したあの時の光景が、彼女の作品に。そのどれもが素晴らしく、感動の嵐でした。楽曲の世界観にもぴったりで、始発さんの絵も、今回のアルバムの大切な一部です。ご一緒できて光栄でした。ありがとうございます!作品達を大きな紙面で見たいので、作品集として欲しい(笑)

     

    始発ちゃん コメント

    DAOKOさんのライブに行った時、私は彼女の音楽に対するまっすぐな心に胸を打たれました。儚くも強く、目の前で誰よりも輝く姿を見て「彼女のための絵を描きたい…!」と心から思い、制作させていただきました。どの絵も思い入れのある最高の作品です。DAOKOさんの素晴らしい音楽と一緒にご観賞いただけましたら幸いです。

  • 約1年半ぶりにDAOKO 4th ALBUM「anima」が発売決定

    04.June.2020 | MUSIC

    ラップシンガーのDAOKOが、2018年12月にリリースされた前作「私的旅行」以来となる4th ALBUM「anima」を発売することが決定。2020年6月24日(水)にデジタル・サブスクリプション先行配信し、追って7月29日(水)にはCDにて初回限定盤・通常盤をリリースされる事が発表された。

     

    約1年半ぶりのオリジナルフルアルバムとなる本作は、メジャー1stアルバム「DAOKO」のサウンドプロデューサーであった片寄明人 (GREAT3) と再タッグを組み、DAOKO自身と片寄明人による共同プロデュース作品となっている。

    本人が敬愛するトラックメーカー、ミュージシャンが織りなす多種多様な音楽。其れ等に融合していく媒介的なラップスタイルが原点回帰と新たなフェーズへの到達を感じさせるDAOKOが作曲した数曲を含む幅広い音楽性を持った全12曲のアルバムとなっている。

     

    本アルバムの初回限定盤には今年2月に恵比寿リキッドルームにて開催された、DAOKO 東名阪ツアー「二〇二〇 御伽の三都市 tour」の恵比寿リキッドルームで行われたLIVE映像が収録され、ファンにとってはマストバイの作品となっている。

    また、アルバムの発表に伴い、DAOKOの新しいアーティスト写真も公開された。撮影は2019年にDAOKOと恵比寿KATAにて展覧会を共同で開催した、写真家の馬場真海が担当した。

     

    DAOKOコメント

    Album『anima』の最終マスタリング音源を聴いた時、涙が出ました。普段ずっと考えている哲学が織り込まれていて、大好きな音たちに囲まれて、心からうつくしいと感じました。今迄とおくにみえていた光がすぐ近くに感じられ、これから歩んでいく道を照らしてくれる作品になりました。一緒に新たなダヲコを見つけてくれた敬愛する音楽家達に心から感謝しています。私自身を救ってくれた今作が、聴いてくれた人のささやかな光になりますように。

     

     

    片寄明人 コメント

    その言葉に心ざわめき、その声は強烈な快楽を耳にもたらす。

    17歳で出逢った時から特別だったDAOKOの才能が、際限なく解き放たれた作品です。

    好きな音を、好きな人と、好きなように追求する彼女を、旧友のジョン・マッケンタイアはじめ、

    素晴らしい音楽家たちと共にフォローできたのは至福の体験でした。

    不安定な心と世界に、この美しく奇妙なアルバムが、善き力として響きますように。

    片寄明人(GREAT3)

  • 窪田正孝の“癒やしの歌声”に注目!「マウントレーニア」新CM公開

    16.May.2020 | FOOD / MUSIC

    森永乳業は、チルドカップコーヒー飲料「マウントレーニア」の新CM『ほどいて、すすめ。』篇を5月14日(木0より全国にて放映を開始する。

    今回の新CMでは、演技派で知られ、活躍中の俳優・窪田正孝をイメージキャラクターに起用しており、チームリーダーとして働く会社員役として登場。朝から続く打ち合わせやデスク作業、後輩への指導など、めまぐるしい1日を過ごすなか、「マウントレーニア」とともに”心をちょっとやわらげる”ひと時を過ごす様子を描いている。仕事の合間に「マウントレーニア」を飲むことで心にゆとりが生まれ、活き活きとした時間のはじまりを表現する、窪田正孝の“心ほどける表情”に注目してみてほしい。

    また、新CM挿入歌「風をあつめて」は窪田正孝が歌い手となり、新CMの伸びやかな世界観をより印象的にしている。「頑張っているときのほどける瞬間を表現できるように、やわらかく、聴く人がほっとできればいいな、と意識しました」と語る、“優しい歌声”は必聴だ。

    CM楽曲への参加が初挑戦となる窪田正孝が、心を込めて歌う様子を収めたレコーディング動画も本日より公開。「マウントレーニア」を片手に、心ほどける時間を過ごしてみては?

     

    窪田正孝コメント

    今回の新CMでは、仕事だったり、頑張っているときにふとほどける瞬間を描いているので、この世界観を崩さないように、力まないでリラックスしながら、少しでも見る人がほっとできるよう、意識して撮影に挑みました。
ぜひ「マウントレーニア」を手にとっていただき、仕事中でもほどける時間をつくって、一緒に頑張っていけたら、と思います。忙しい毎日のなかでも、たまにつくるほっとする時間を大切に。
心を込めて歌った「風をあつめて」も、ぜひ聴いてみてください!

  • カルピスCM史上初!長澤まさみが6つのアニメキャラクターすべての声優に挑戦

    06.May.2020 | ANIME&GAME / FOOD

    アサヒ飲料株式会社は、「カルピス」ブランドのTVCM「発酵劇場」編を、2020年5月6日(水)より全国で放映する。本CMでは、あの「カルピス」のおいしさが実は乳酸菌と酵母の発酵によって生まれていることを、本格的なアニメーション作品を通して楽しく伝えている。主演の長澤まさみは、登場する6種類のアニメキャラクターの声をすべて1人で演じ分けるという、長澤まさみが出演するCMとしては初の試みに挑戦した。

     

    「『カルピス』発酵劇場」編(30秒)

    https://www.calpis.info/movie/

    「カルピス」のおいしさは”発酵”から生まれていることをご存知だろうか? これは、一人の少年の素朴な疑問から始まる、「カルピス」ができるまでの不思議な物語。 製造工程をめぐる多彩なキャラクターたちの世界に、長澤まさみが命を吹き込む。 物語をつなぐ6種類のキャラクターは、なんと長澤さんがすべて1人で声の出演を担当! 声優としても才能を発揮する長澤まさみの、驚くほど巧みな声の演じ分けにもぜひ注目してほしい。

     

    CMストーリー

    ある夏の日、自宅で「カルピス」を飲んでいた少年。「カルピス」ってなんでおいしいの?と、ふと疑問に思いお母さんに聞いてみると、そこに突然ナゾのお姉さんが登場。お姉さんのお話から、「カルピス」ができるまでの物語が始まる…。

     

    撮影時のエピソード

    撮影と声の収録は、実際に多くのアニメ収録を手掛けるスタジオで行われ、長澤まさみは監督と1対1で対話を重ね、その場で様々な声色を出し、キャラクター像を作り上げていった。あまりの声の可愛さに、急遽現場のアイデアで最後の「アサヒ飲料」のナレーションを“乳酸菌くん”と“酵母ちゃん”の声に変更するという一幕も。七変化する声色と表現力に、スタジオは終始驚きと笑いに包まれていたそうだ。

     

    同じ人が声を吹き込んだとは思えない、長澤まさみの演技をアニメーションで楽しんでほしい。

  • 楽曲はMr.Children!生田斗真、中村アンが上質な時間を過ごす「麒麟特製ストロング」新CM公開

    08.April.2020 | FOOD

    キリンビール株式会社は、2020年4月7日(火)より、「うまさ」と「品質感」にこだわって新発売した、「麒麟特製ストロング」の新CM「麒麟特製ストロング みな美しき(街)篇」と「麒麟特製ストロング みな美しき(海)篇」を同日より全国でオンエアする。

    キリンビールが独自に行った調査でもお客様がストロングチューハイに求めているのは「本格」「こだわり」「品質」であることが分かっており、「気軽さ」「手軽さ」以上に、本格感や品質感が求められてきている。今回の「麒麟特製ストロング」新CMは、「どんな日でも1日の終わりに、丁寧にしっかりと仕立てた“上質ないいお酒”で今日一日分の幸せを味わってほしい。」という想いで、こだわり抜いた「上質なうまさ」を表現した。

    CMでは、生田斗真と中村アンが、同僚と仕事終わりに過ごす上質な時間をエモーショナルに表現。新発売の「麒麟特製ストロング」を飲んで楽しんでいる上質なひとときを「なんでだろう。今夜は、いつもよりおいしいな。」というキャッチコピーとともに伝えていく。

    CM楽曲にはMr.Childrenの新曲「others」を起用し、麒麟特製ならではの上質感を見事に表現する作品に仕上がった。

     

    麒麟特製ストロング みな美しき(街)篇:

    麒麟特製ストロング みな美しき(海)篇:

    CM撮影を終えた感想は?

    生田:綺麗な景色で撮影させていただきました。すごく夕日が綺麗で、こんなところで働いてみたい、暮らしてみたいと思えたような情景でした。 

     

    Mr.Children 桜井和寿 コメント

    あまりにも映像と音楽の相性が良くて、それだけで気持ち良く酔えます。
    ありがとうございます。

  • RADWIMPS、新曲「猫じゃらし」の配信スタート

    07.April.2020 | MUSIC

    RADWIMPSの新曲「猫じゃらし」が、2020年4月5日(月)よりiTunes、レコチョク他主要サイトで配信スタートした。

    新曲「猫じゃらし」は、先月より全国で放送が開始になった紅茶飲料「キリン 午後の紅茶」の新TVCM楽曲のために、”そばにある「幸せ」”をテーマに書き下ろした新曲。現在CMで野田洋次郎名義でオンエアされているOrchestra ver.(M2)に加え、新たにRADWIMPSとして録音(M1)した2曲を同時に配信する。

     

    「キリン 午後の紅茶」ブランドは、2020年3月より新たに「幸せの紅茶、午後の紅茶。」をテーマとしたコミュニケーションを展開。女優・深田恭子さんをメインキャストに起用し、“日常生活の何気ない瞬間に、自分では気づかなくとも、その一つ一つに「幸せ」があること”、そして「キリン 午後の紅茶」が、“一人一人の「幸せ」の瞬間に寄り添う存在であること”をCMなどを通して表現している。

     

    「キリン 午後の紅茶」基盤商品(ストレートティー/ミルクティー/レモンティー)新TVCM

    「きっと幸せは、さわれるくらい、そばにある。幸せの紅茶。」篇 

    また、そばにある「何気ない幸せ」をテーマにした写真募集企画もスタート。企画ページでは、RADWIMPS「猫じゃらし」ジャケットフレーム内に、自身の写真を埋め込んだオリジナルジャケット写真の作成が可能。作成したジャケット写真に#RADnekojarashiをつけてSNSで投稿すると、後日「猫じゃらし」オリジナルムービーに使われる可能性も。詳細は企画ページにて確認してみて。

     

    野田洋次郎 コメント

    人間の「慣れる」力はすごいです。良いも悪いも。少しのキッカケでいつも通りの朝ごはんや、「おかえり」の声や、家までの帰り道が愛しく大事に思えたりします。この世界で楽しく生きるコツは、もしかしたら大それたことではなく、その小さな喜びに気づく才能なのかもしれません。

    あともう一つ、毎日一緒に過ごす「自分」という存在も、いつの間にか僕たちは知った気になって生きていることがあります。自分さえ知らない自分が、まだまだ隠れているかもしれません。そんな想いで作りました。

  • インドネシアのビートメーカーが参加!DAOKO最新楽曲「おちゃらけたよ」配信決定

    26.March.2020 | MUSIC

    2020年2月に、前作「御伽の街」を携えて名古屋・大阪・東京の三都市 を巡るワンマンツアー「DAOKO 二〇二〇 御伽の三都市 tour」を 開催したDAOKO。

    早くも 2020 年の第 2 弾となる配信限定シングル「おちゃらけたよ」 のリリースが決定、インドネシアのビートメーカー pxzvc が参加し、国境を超えた次世代のクリエイションが実現した。

    本楽曲はDAOKOが、東京で進む都市開発のスピードに対し、反する自分の歩む速度への言葉にできない焦燥感を表現した楽曲となっている。

     

    ますます表現の幅を広げる DAOKO の新曲は、すべてのファン必聴の1曲だ。

  • 野田洋次郎(RADWIMPS)書き下ろしの新曲「猫じゃらし」がTVCM楽曲に決定

    16.March.2020 | MUSIC

    TVCM楽曲に、野田洋次郎(RADWIMPS)書き下ろしの新曲「猫じゃらし」が決定した。

    「キリン 午後の紅茶」ブランドは、2020年3月から新たに”幸せの紅茶、午後の紅茶。”をテーマとしたコミュニケーションを展開。女優・深田恭子さんをメインキャストに起用し、“日常生活の何気ない瞬間に、自分では気づかなくとも、その一つ一つに「幸せ」があること”、そして「キリン 午後の紅茶」が、“一人一人の「幸せ」の瞬間に寄り添う存在であること”をCMなどを通して表現している。

    新TVCM「きっと幸せは、さわれるくらい、そばにある。幸せの紅茶。」篇では、家族や友人など大切な人と過ごす日常の中の様々な「幸せ」の瞬間を描いており、野田洋次郎(RADWIMPS)がそばにある「幸せ」をテーマに「キリン 午後の紅茶」のために新曲『猫じゃらし』を書き下ろした。野田洋次郎が紡ぎだした歌詞とやわらかい曲調によって、CMを見た人に「幸せ」な気持ちをお届けする。

    ※ 株式会社食品マーケティング研究所調べ(2019年出荷箱数実績)

     

     

    野田洋次郎 コメント

    人間の「慣れる」力はすごいです。良いも悪いも。少しのキッカケでいつも通りの朝ごはんや、「おかえり」の声や、家までの帰り道が愛しく大事に思えたりします。この世界で楽しく生きるコツは、もしかしたら大それたことではなく、その小さな喜びに気づく才能なのかもしれません。

    あともう一つ、毎日一緒に過ごす「自分」という存在も、いつの間にか僕たちは知った気になって生きていることがあります。自分さえ知らない自分が、まだまだ隠れているかもしれません。そんな想いで作りました。

    現在RADWIMPSのメンバーと一緒にバンドバージョンも作っています。そちらも楽しみにしていてもらえると嬉しいです。

  • 眠りの質を高める!CBDオイル「健康大麻油」の広告に第72代横綱 稀勢の里が出演

    15.March.2020 | FASHION / FOOD

    メイヂ食品株式会社は、ストレスに悩む現代人の健康習慣として欧米で人気を博しているCBDオイルに“日本の品質”を加えた「健康大麻油」を販売。2019年1月から広告キャラクターとして、第72代横綱 稀勢の里(荒磯親方)を起用した。

    CBDは「カンナビジオール」の略称であり、大麻草から抽出される成分のひとつ。ストレス解消や睡眠力アップ、疲労回復などの採用から、欧米ではストレスに悩む現代人の健康習慣として「CBDオイル」が定着している。

     

    大麻草と日本の伝統文化は密接な関係がある。古から今もなお、大麻草は神様の依り代として神社のしめ縄や神事に欠かせない植物で、大相撲においても「横綱の綱」に使われている。メイヂ食品はこの伝統文化に敬意を表し、CBDオイルではなく「健康大麻油」と名付けた。そして伝統文化の担い手であり、神聖な綱を締めてきた第72代横綱 稀勢の里(荒磯親方)が広告キャラクターに就任。2019年1月に引退した元横綱の相撲人生を振り返る、凛としたCMとなっている。

     

    健康大麻油 CM 

    「健康大麻油」はCBD(カンナビジオール)を安全・高品質で精製し、ヘンプシードオイル(麻の実油)に配合した自然食品であるため、大麻の違法成分である、高揚感や酩酊作用をもたらすTHC(テトラヒドロカナビノール)は全く含まない。流通するCBDオイルノ中には成分が不明確なものもあるが、日本のクオリティを徹底し、添加物なしのピュアオイルにこだわっている。また、日本薬用植物研究推進協会の厳しい検査により、THCや重金属、残留農薬などの混入がない点、CBD含有量が実証され、「CBD認証」を取得した。

    「健康大麻油」の楽しみ方は簡単。1日30滴を目安に、ゆっくりと口に含んで、目を閉じて味わうのがコツ。クセのない味わいも好評だ。忙しい毎日にストレスを感じている人は、ぜひ一度CBDオイルを試してみて。

     

    第72代横綱 稀勢の里(荒磯親方)コメント
    国技である相撲の世界は厳しく自分との戦いでもあります。それだけにリラックスする時間は大切です。CBDオイルは眠りの質を高めてくれるそうなので私も愛用しています。
    皆様にもこのメイヂ健康大麻油を安心しておすすめします。

  • YOSHIKI、「ワンダ」新CMであの名曲を超絶アレンジ披露

    14.March.2020 | FOOD / MUSIC

    アサヒ飲料株式会社は、YOSHIKIが登場する「『ワンダ』X-BITTER」ブラックの新TVCM「意外な演奏」編を3月10日(火)より全国で放映する。

    今回のTVCMは、「『ワンダ』X-BITTER」ブラックは、“気分の切り替え”におすすめの商品であることを訴求するため、YOSHIKIが気分を切り替えて真剣に「きらきら星」を演奏するシーンを描いた。UFOに連れ去られるコミカルな状況の中でも、森の中で超絶アレンジの「きらきら星」をクールに演奏するYOSHIKIの姿に注目してほしい。

     

    TVCMは、YOSHIKIが夜の森で「『ワンダ』X-BITTER」ブラックを飲むシーンからスタート。YOSHIKIが「『ワンダ』X-BITTER」ブラックを飲むと、気分が切り替わり、青い光の筋に囲われ、演奏に没頭していく。森を探検していた少年が息をのんで見つめる中、YOSHIKIは、目の前のピアノに大きく構え、真剣に「きらきら星」を奏で、次第に超絶な演奏にー。演奏に心を奪われたUFOは、圧巻の演奏を繰り広げる青い光に包まれたYOSHIKIを、ピアノもろとも連れ去っていく。


    撮影当日、現場でさらなるアレンジを加えたいと楽譜に書き出したYOSHIKI 。その後は練習のため1人スタジオにこもり、カメラが回る前のほんのわずかな時間も鍵盤の上で指を動かすなど準備に余念がなく、本番にのぞんだ。が、さすがのYOSHIKI も「難しい……」とぽつり。新しい譜面を常に確認しながら、どんどん課題をクリアしていく姿はまさに天才のなせる技。すべてにおいて完璧を目指す、その集中力にスタッフ一同、驚きを隠せない撮影となった。

    YOSHIKIインタビュー

    一番印象に残っているシーン、特にここは観てほしいシーンについて教えてください。

    最後のシーンで空を飛んでいくところですね。UFOにピアノごと連れて行かれているシーンが、とてもおもしろくて印象に残りました。すごく簡単なピアノ演奏から始まるんですが、急に演奏の難易度が上がって難しくなる部分はぜひ見てほしいです。


    今回のCM撮影に向けて準備したことなどございますか?

    「きらきら星」を研究しました。みんなが知っているこの曲をどういうふうにおもしろくできるのかなと。モーツァルトのアレンジについても研究しましたね。

     

    日常で集中したい時はどういう時になりますか?

    やはり、作曲の時ですね。無からすべてのものを生み出す作業なので、すごく集中力が必要なので。僕は作曲する時、楽器をほとんど使いません。ただひたすら白紙の譜面に音符を書いていく作業をするので、1時間だったり2時間だったり集中していると、気づいたら半日経っていた、ということもありますね。

     

    「きらきら星」と真剣に向き合い演奏するYOSHIKIの姿や、難しいアレンジに苦労する様子などが収録されたメイキング映像に加え、YOSHIKIのコーヒーへのこだわり、本TVCMの見どころなどを言及したインタビュー映像も3月10日(火)に同時公開!ぜひそちらの映像も確認してみてほしい。

  • DAOKO 最新楽曲「御伽の街」ミュージックビデオが公開

    16.January.2020 | MUSIC

    先日配信となった、DAOKO 最新楽曲「御伽の街」のミュージックビデオが公開された。

     

    「御伽の街」MUSIC VIDEO

    都内某所で働くOL。なんの変哲もない、いつも通りの日常。
    疲れた身体を引きずって吸い込まれたのは夜の繁華街。ふらりと立ち寄ったクラブで待ち受けていたのは、爆音と光の点滅。外に出たらモノクロだった世界が少し色付いて見えた—-音楽が魅せる非日常的な色彩を表現したビビッドなミュージックビデオに仕上がっている。コンテ・企画・衣装は本人が考案。DAOKO初のセルフプロデュース作品でもある。

     

    また映像内には「御伽の街」ジャケットデザイン、「二○二○ 御伽の三都市 tour」のキービジュアルデザインを手掛けるイラストレーター「ヘルミッペ」の作品も数多く登場する。

    本楽曲「御伽の街」はノンフィクションとフィクションの狭間を行き来する“御伽的な”リリックとリリカルなフロウで繰り広げられるDAOKOのラップが、インディ時代のスタイルを彷彿とさせつつも進化を感じさせる。Nariaki Obukuroとのコラボレイトが化学反応を起こし、令和に相応しい新しいクラブミュージックとなっている。

     

    また、すでに発表となっている、本楽曲「御伽の街」を携えた東名阪ツアー「二○二○ 御伽の三都市 tour」の開催も決定しているので合わせてチェックしよう。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US