大人気ドラマ「今日から俺は!!」展示会 全国5都市で開催

31.March.2019 | SPOT

日本テレビ系2018年10月期日曜ドラマ「今日から俺は!!」の Blu-ray/DVDボックス発売を記念し、201年4月13日(土)より全国5ヶ所にあるhmv museum(東京・大阪・仙台・名古屋・福岡)にて「今日から俺は!!展」が順次開催される。

会場には、撮影で使用された衣装・小道具やセット展示のほか、登場人物と一緒に写真を撮ることができるフォトスポットや、名シーン再現コーナーなどが登場。”今日俺”を余すところなく楽しむことのできる内容となっている。


また、登場人物のアクリルスタンドをはじめ、制服キーホルダーなどの開催記念グッズを多数販売。

※詳細についてはこちらをご参照ください

URL:https://www.hmv.co.jp/pr/kyoukaraoreha/

 

登場キャラクターたちの魅力を存分に味わえる展示会に足を運んでみよう!

RELATED ENTRIES

  • TVアニメ「ローリング☆ガールズ」、資料満載の展示イベント「制作資料展」開催決定

    04.August.2020 | ANIME&GAME / SPOT

    今年2020年で放送5周年を迎え、2020年12月16日には待望のBlu-ray BOX発売も控えているオリジナルTVアニメ「ローリング☆ガールズ」。

    その放送5周年を記念したイラスト&メッセージ集が、今年9月にWIT STUDIOから発売することが決定した。出合小都美(監督)、むとうやすゆき(脚本)、tanu(キャラクター原案)、北田勝彦(キャラクター設定)をはじめとした制作スタッフからの描き下ろしイラストやメッセージを収録するほか、4人の“モブ”を演じたキャストからのメッセージ色紙も掲載!

    また、今回、tanu(キャラクター原案・イメージボード)、北田勝彦(キャラクター設定・総作画監督)からの5周年によせたメッセージ&収録イラストも届いた。5年間の応援への感謝をこめて、すべてのロリガファンに捧げる1冊となっている。

     

    さらに、9月18日(金)~21 日(月・祝)には、展示イベント「ローリング☆ガールズ 制作資料展」も開催!

    キャラクター原案やイメージボード、キャラクター設定、原画、背景美術などの制作資料を多数展示するほか、5周年を記念したオリジナルグッズも発売。原画は実際の作品制作で使用された貴重な生原稿が特別に展示される。

     

    転がり続けた“モブ”たちの軌跡をこの機会にぜひ堪能しよう!

    ©2015 The Rollinggirls Girls 製作委員会

  • 夏休みに”密”を避けて楽しむ!愛知県美術館ギャラリーにて「ジブリの”大じゃない”博覧会」開催

    16.July.2020 | ANIME&GAME / SPOT

    愛知県と中日新聞社は、2020年7月22日(水)から9月3日(木)の期間、愛知県美術館ギャラリーにて展覧会「ジブリの“大じゃない”博覧会」を開催する。

    マスク姿の湯婆婆 ©TS ©Studio Ghibli

    この展覧会は、新型コロナウイルスで息詰まる社会に明るい話題を提供するため、感染予防対策を十分に行いながら、”愛知限定”で開催される。

     

    夏の思い出作りに!ファン必見の未公開資料も展示

    「ジブリの“大じゃない”博覧会」は、 スタジオジブリの「過去から未来」を体感できる、愛知県限定開催のイベント。

    ジブリパークの「青春の丘エリア」イメージ ©Studio Ghibli

    2022年秋に愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)にて開業する公園施設「ジブリパーク」の建築模型やスケッチなどを紹介するほか、カンヌ国際映画祭の「オフィシャルセレクション 2020」に選出され、世界的に注目を集めている長編アニメーション「アーヤと魔女」(2020年冬、NHK総合テレビにて放送)の登場キャラクター人形をいち早く展示する。

     

    また、展覧会では「三鷹の森ジブリ美術館」から「ネコバス」が展示されるほか、「天空の城ラピュタ」や「紅の豚」、「ハウルの動く城」、「かぐや姫の物語」などの名場面を背景に、記念写真を撮影することもできる。

    さらに、世界中で認知度の高い「千と千尋の神隠し」コーナーでは巨大な「湯婆婆」と「銭婆」のおみくじが楽しめるなど、ジブリの魅力が満載の展覧会。夏の思い出作りにジブリの世界を体感しに行こう!

  • 日本初公開の貴重な資料や当時のクレイ人形も! 松屋銀座「ピングー展」

    01.July.2020 | ANIME&GAME / SPOT

    スイス生まれの人気キャラクター「ピングー」は2020年で40周年を迎えた。
    40周年を記念し、展覧会「ピングー展」を松屋銀座8階イベントスクエアにて2020年8月12日(水)より期間限定で開催する。

    本展では、原作者オットマー・グットマン所縁の資料展示に加え、当時スイスのスタジオで使われた本物のクレイ人形・ジオラマ・フィルム・日本初公開の原画や絵コンテ等、「ピングー」制作の貴重な資料約400点を一堂に展示する。
    当時ピングースタジオで活躍された唯一の日本人アニメーター甲藤 征史(かっとう せいし)さんへの取材記録をもとに初めて語られるピングーのエピソードなど、ここでしか見ることができない貴重な資料を初公開。
    また、日本で2017年に制作された3DCGアニメーション「ピングーinザ・シティ」より、イベントオリジナル映像やCGを使った体験型ARアトラクションなど親子でワクワクする新しい「ピングー」の世界を体験できるコンテンツも満載だ。

     

    展覧会内容 一部紹介

    ピングー誕生秘話

    原作者のオットマー・グットマンにまつわるエピソードや制作資料や絵コンテやなどの初公開資料を展示。オットマーとスタジオのスタッフがどのようにしてピングーを生み出していたのかを紹介していく。
    展示物:オットマー直筆の字コンテやメモ表、絵コンテ、クレイフィギュアやジオラマ、パイロット版映像など

     

    クレイの部屋

    ピングーの伸縮自在で愉快な体の動きは、クレイならではの特性を活かした表現で、物語をより豊かにしている要素の一つ。グーンと伸びたり、平たく潰れたり、自由に表現された体の動きを「時間オブジェ」として紹介。
    また、作品を彩るクレイの小道具も展示し、ピングースタジオのスタッフ手作りのクレイを一堂に展示する。
    展示物:時間オブジェ(変形するクレイフィギュア)、小道具やのクレイ作品、ピングースタジオの内部映像など

     

    3DCGアニメーションとこれからのピングー

    2017年より日本で制作された3DCGアニメーション「ピングーinザ・シティ」は、クレイの質感やコマ撮りの動きなどの特徴を追求しながらピングーの世界観をCGで作り上げている。CGならではの躍動感と子供が共感しやすい職業をテーマに、一層魅力を増したピングーの世界を映像や最新のデジタル技術を使いピングーと楽しく触れ合うことができる。 展示物:オリジナル編集映像、AR体験など

     

    さらに、本展覧会限定の「ピングー」オリジナルグッズや、他のショップでは買うことが出来ない先行商品を販売するグッズショップが登場。ぜひお気に入りの「ピングー」グッズを探してみて。

     

    ピングー展 アートディレクター 祖父江慎さんコメント(本展の展示構成・メインビジュアル制作担当)

    スイス、イギリス、日本へと国境を越えて作り続けられているピングーの初の本格的な展覧会です。
    なぞのピングー語、コミカルな動きとストーリー、落ち着くことのないユーモアの原点にたっぷり触れていただけるように時間や笑いを丁寧に分解して、ハッピーに展示いたします。
    撮影に使われたたくさんの本物ピングーとともにお待ちしていますので、ぜひ遊びに来て下さいね。

    祖父江慎

     

    グッズショップ

    展覧会限定グッズや先行商品など、お買い物をお楽しみいただける。
    ※グッズの詳細は改めてお知らせ。

    ©2020 JOKER

  • 日本文化にインスピレーションを得たドレスなど展示。大阪「ディオール、パリから日本へ」展

    06.March.2020 | FASHION

    2020年3月1日(日)~3月22日(日)まで、大阪 阪急うめだ本店にて「ディオール、パリから日本へ」展を開催中。

    豊かな日本文化にインスピレーションを得たオートクチュールのドレスから、さまざまなアーティストの再解釈による「レディ ディオール」バッグまで、メゾンが誇るサヴォワールフェールを通して伝える、ディオールと日本の絆に焦点を当てたエキシビションになっている。

    併設のギフトショップでは、記念アイテムも発売中。さらに、本展ではファッションのジャパン アンバサダーに就任した女優・新木優子と俳優・横浜流星がナビゲーターを務めるオーディオガイドも用意。

     

    「ディオール」のエキシビションでパリと日本のカルチャーを感じてみて。

  • 国内外で人気のイラストレーター“Chocomoo”大規模展が原宿で開催!インタビュー公開

    23.January.2020 | SPOT

    2020年8月20日(木)から9月28日(月)まで、WITH HARAJUKU HALLにてChocomoo(チョコムー)の展覧会「Chocomoo EXHIBITION -OUR SECRET PARTY- Supported by WITH HARAJUKU」が開催される。

    ポップで独創的な作品をモノトーンで描く、京都府出身のChocomoo(チョコムー)。アパレルブランドや企業とのコラボレーション、アーティストへのアート提供など日本国内外で活躍をし、10~20代の女性を中心に人気を集める今注目のイラストレーターだ。今回、そんなChocomooのインタビューが公開された。

     

    Chocomoo インタビュー

     

    「子どもの頃から絵を描くのが好きで、ノートやスケッチブックに描いていました。初めてニューヨークに旅をした時も、絵日記を描くように、公園で絵を描いていたんです。そうしたら、ギャラリーを運営しているおじさんに声をかけてもらって、『うちで展示してみる?』と言われたんです」。

     

    いくつか作品を展示したうち、1枚の絵に買い手がつきました。

    「初めて絵が売れたんです。アーティスト活動をしていない、“普通の人”が描いた絵が売れた。確か30ドルぐらいだったんですけど、それでも、凄く嬉しかった」。

     

    ニューヨークでの出会いをきっかけに、Chocomooは、イラストレーターとしての道を歩み始めます。

     

    自らの絵をブログやSNSに投稿していたところ、作品を見たシンガーソングライターから連絡が来たことも。その縁で、ツアーグッズの制作やアルバムのイラストを手がけました。近年ではイタリアを代表するカーブランドFIATとコラボレーションを果たし、100台限定で車のデザインを手がけたり、イラストを散りばめたビニール傘が全国のファミリーマートで販売されたり。仕事の幅は広がり続けています。

     

    「作品を作るときは、ポジティブな言葉を入れることが多いです。私の作品を見た人が元気になってくれるように」

    彼女のイラストの特徴の一つは、ほとんどがモノトーンで描かれること。なぜモノトーンにこだわるのか問うと、Chocomooは「小学生から高校生ぐらいまで書道をやっていて、黒で描くということに凄く魅力を感じていました。黒の中でも、墨だったら少しマットになったり、ペンキだったら光沢があったり。その影響があるんだと思います」と話します。京都で生まれ育ち、昔から日本の伝統文化に触れてきたことも作風に影響しているのかもしれません。

     

    今回の展示会は、Chocomoo史上最大規模の展示になります。新作を作りつつ、展示内容を精査している段階ですが、「自分なりの色使いを進化させてみたいなと思っています。見に来てくれた人が、新しいなと刺激をもらってもらえるようなものを目指しています」と話します。

    OUR SECRET PARTYというタイトルは「私の個展ですが、Partyのようにみんなに楽しんでほしい。そして、そこに来ないと分からない、新しい発見があると思うので、Secretとつけました」。

     

    最後に、これからの夢や目標を尋ねると、Chocomooは「今までと変わらずコツコツ自分に出来る事を続けていくのですが、たくさんの子どもたちに向けて発信をしたいなぁと思っています。私の絵に塗り絵をしてくれるのも嬉しいし、子ども向けの映像なんかにも挑戦したいと思います。それから、車をペインティングしたから、次はもっと大きく飛行機もやってみたい!」。笑顔で語ってくれました。

     

    インタビュー・文=五月女菜穂、写真=大黒屋 Ryan 尚保

     

    幅広いシーンで活躍しているChocomoo。展覧会ではどんな世界観を見せてくれるのか、ますます期待が高まる。

     

    ©2020 Chocomoo

  • 池袋サンシャインシティにて開催中「刀剣乱舞-本丸博-2020」多彩な展示がラインナップ

    07.January.2020 | ANIME&GAME / SPOT

    「刀剣乱舞-本丸博-2020」製作委員会は、PCブラウザ&スマホアプリゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』のサービス開始五周年を記念して、2020年1月5日(日)~1月19日(日)池袋サンシャインシティにて、公式展示イベント「刀剣乱舞-本丸博-2020」を開催している。

    「刀剣乱舞-本丸博-」は、『刀剣乱舞-ONLINE-』リリース二周年を機に2017年に全国5大都市で開催され、好評を博した公式展示イベント。

    3年ぶりの開催となる今回は、更にその内容をパワーアップ。それぞれテーマを持った間(部屋)を設け、五周年を迎えるゲームをはじめとした、アニメ・舞台 ・ミュージカル・映画などのメディアミックス展開も含めた多彩な展示を行っている。

    跪坐や立ち姿などの刀剣男士に彩られた展示の間や、本丸博の為に制作された「とある本丸」空間を1/100ジオラマで再現した展示の間。近年見つかった五条國永の在銘の太刀を含めた真剣展示の間。その他、五周年を記念した特別展示企画も開催となる。1月11日(土)19:00 ~には、池袋サンシャインシティアルパB1噴水広場にて『刀剣乱舞-ONLINE-』五周年記念トークイベントも予定されている。

     

    さらに、物販も多数登場。

    刀剣乱舞-本丸博-2020おっきい こんのすけパスケース 1,100円(税込)

    刀剣乱舞-本丸博-2020 ラバーストラップ 660円(税込)

    刀剣乱舞-本丸博-2020 アクリル キーホルダーコレクション5(全9種)880円(税込)

    この他にも、多数の物販が登場。ファンにはたまらない展示会にぜひ足を運んでみて。

     

    ©2015-2020 DMM GAMES/Nitroplus

  • ホテル雅叙園東京、東京都指定有形文化財“百段階段”にて「百段雛まつり 2020」開催

    30.December.2019 | SPOT

    日本美のミュージアムホテル、ホテル雅叙園東京では、 2020年1月24日(金)から3月15日(日)まで「百段雛まつり2020 出雲・因幡・萩ひな紀行」を、館内にある東京都指定有形文化財「百段階段」にて開催する。日本各地の歴史ある雛人形が集結する本展は、過去10回の開催で、延べ60万人を超える来場者数を記録する都内最大級の雛人形展。

     

    「百段雛まつり」初!全会場写真撮影を解禁

    展示品保護のため写真撮影を制限していた本展だが、今回初めて、500体以上の座敷雛をはじめ、江戸・明治・大正・昭和・平成・令和の各時代を象徴する時代雛など、すべての部屋が撮影可能に。また、エレベーターホールではNPO法人「日本つるし雛協会」による出雲のうさぎをモチーフにした一面のつるし飾りが出迎えてくれる。さらに今回より雛の世界観に入り込める絢爛豪華な「打掛」を用意。羽織って撮影可能なフォトスポットなど、体験型のコンテンツも充実している。 ※一部展示を除く

     

    初の地域!鳥取・島根・山口のひな紀行

    歴史や神話の舞台となった土地や、かつて城下町として栄えた風光明媚な山陰の町々から、お雛さまたちが初お目見え。鳥取県米子市の大きさ2メ ートルにもおよぶ大型御殿飾りや旧家伝来の雛人形、鳥取県北栄町の手のひらに乗るほど小さな土人形・れんべい人形など、さまざまな人形が文化財に集う。雛御殿の中にいるかのような、絢爛豪華な雛まつりの世界が堪能できる。

     

    外部初公開!石谷家住宅のお雛さま[鳥取・智頭]

    鳥取県の南東部に位置し、山々に囲まれた趣深い町・智頭(ちづ)。江戸時代には参勤交代で江戸へと向かう鳥取藩の宿泊や休憩の場となる宿場町として栄えていた。因幡街道に面して建つ石谷家住宅は、敷地面積4000坪40あまりの部屋によって構成され、近代和風建築の集大成として国の重要文化財に指定されている。巨大な梁組を持つ広大な土間や各座敷から眺められる池泉式庭園などが配された、山林経営に相応しい大規模な邸宅の中では、早春の季節になると伝来の雛人形が飾られる。衣裳の刺繍も鮮やかな明治期の雛人形や、華やかな段飾り、石谷家で雛まつりのお祝いの際に使用された雛椀ほか、時を越えて春の訪れを寿ぐ外部での公開は本展が初となる“石谷家のお雛さま”を見ることができる。

     

    百段雛まつりメモリアル!500体以上の座敷雛[福岡・飯塚]

    福岡県飯塚市はかつて炭鉱の町として栄え、石炭産業の中心地として賑わっていた。2300坪の総面積を誇る「旧伊藤伝右衛門邸」は、筑豊の炭鉱王・伊藤伝右衛門の栄華を今に伝える旧宅。毎年雛まつりの時期に開催される「いいづか雛のまつり」では、町中の16の地域が雛人形で彩られる。旧伊藤伝右衛門邸は「いいづか雛のまつり」のメイン会場の一つであり、座敷いっぱいに雛人形が集まった「座敷雛」が飾られる。百段雛まつりでは過去2回展示され、いずれも圧巻の展示で人気を集めた座敷雛を「百段雛まつりメモリアル」として特別展示。今年のひな紀行のテーマに合 わせた、出雲や因幡の神話モチーフが随所にちりばめられた座敷雛の世界を堪能しよう。

     

    同時開催!「雛のしつらい」テーブルコーディネート

    「雛のしつらい」をテーマに、国内外で活躍するインテリアコーディネーター石橋とみ子氏による桃の節句のテーブルコーディネートや、自宅のリビング・玄関でも飾れる雛飾りを紹介。展示の一部はミュージアムショップでも販売。展覧会鑑賞の思い出にお気に入りのお雛さまを購入でき自宅でもしつらいが楽しめる。また同部屋にて、初の取り組みとして、1月24日(金)~2月14日(金)期間限定でお茶とお菓子が楽しめる「ひな茶房」をオープン。雛インテリアの中で特別な時間を体験しよう。

    雛人形協力:人形の東玉 インテリアコーディネート:石橋とみ子(アトリエ連主宰)

     

     

    第11回目の開催となる今回も、日本ならではの美しい展示物の数々に触れてみてほしい。

  • 池袋パルコで人気ドラマ「きのう何食べた?」展・東京凱旋を開催!

    07.December.2019 | SPOT

    池袋パルコ本館7階 PARCO FACTORYでは、2019年12月28日(土)-2020年1月13日(月祝) 「きのう何食べた?」展・東京凱旋が開催される。

     

    2019年4月クールに、ドラマ24枠にて放送されたドラマ「きのう何食べた?」。 西島秀俊、内野聖陽のダブル主演でドラマ化決定の情報解禁直後から大きな反響を呼び、初回放送では、「きのう何食べた?」がTwitterの世界トレンド1位を獲得、最終回放送終了後には“何食べロス”となる人々が続出するほどの人気を集めた。

     

    ドラマの放送中に、渋谷・ギャラリーXバイパルコにて開催した「きのう何食べた?」展は、ドラマと原作の世界観が交差する内容で、小さなスペースながら前売りチケットは全日完売、その後、名古屋、大阪にも巡回展をし、3か所で約36,000人を動員、その後池袋パルコのコラボカフェ“THE GUEST”で “『きのう何食べた?』のごはん処“も開催され、連日行列をつくるなど、大きなムーブメントとなった。

    そんな中、ドラマ続編を望むたくさんの声を受け、2020年1月1日(水・祝)、満を持してドラマ 「きのう何食べた?正月スペシャル2020」の放送が決定!リリース当日にネットニュースやSNSで話題に上がるなどその人気は衰え知らずで、ドラマシリーズの元日一挙再放送も決定した。 そこでドラマの元日特別放送を記念して、3都市を巡回した展覧会「きのう何食べた?」展が、正月スペシャル版の要素を加えた完全版として、池袋パルコに帰ってくる!新たな限定グッズの販売などもあり、 前回展覧会を見逃してしまった方はもちろん、何度足を運んでも楽しめる空間になっているのでぜひ訪れてみてほしい。

  • アンディ・ウォーホル大回顧展「ANDY WARHOL KYOTO」主要展示作品一部発表

    20.November.2019 | SPOT

    2020年9月19日(土)より京都市京セラ美術館にて開催される、「アンディ・ウォーホル・キョウト」に、100点以上もの日本初公開作品を含む約200点と映像15作品が出展されることが明らかになった。

    日本初公開作品 アンディ・ウォーホル 《三つのマリリン》 1962年 <アンディ・ウォーホル美術館所蔵>

    この展覧会はアンディ・ウォーホルの出身地、アメリカ・ピッツバーグにあるアンディ・ウォーホル美術館所蔵品のみで構成され、その半数以上が日本初公開。

    アンディ・ウォーホル 《最後の晩餐》 1986年 日本初公開作品

    アンディ・ウォーホル 《ツナ缶の惨事》 1963年 日本初公開作品

    アンディ・ウォーホル 《孔雀》 1957年頃 日本初公開作品

    門外不出のキャンバス作品《三つのマリリン》、「死と惨事」シリーズから 《ツナ缶の惨事》、大型作品《最後の晩餐》、ウォーホルが生み出したブロッテド・ライン技法に日本の金箔の技法を取り入れた《孔雀》など、本展ならではのラインナップを通して、複雑と言われてきたウォーホルの内面に肉薄する。

    アンディ・ウォーホル 《京都(清水寺)1956年7月25日》 1956年

    さらに本展では、これまで語られてこなかった京都とウォーホルの関係についても目を向ける。1950年代の世界一周旅行で訪れた際のスケッチ《京都(清水寺)1956年7月25日》をはじめとした作品を通して、若き日のウォーホルの心をとらえた京都の姿に思いを馳せてみてほしい。

     

    *すべてアンディ・ウォーホル美術館所蔵

    © The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York

  • 「刀剣乱舞-本丸博-2020」キービジュアル発表&全国開催決定

    30.October.2019 | ANIME&GAME / SPOT

    「刀剣乱舞-本丸博-2020(とうけんらんぶ ほんまるはく)」製作委員会は、PCブラウザ&スマホアプリゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』のリリース五周年を記念して、2020年1月5日(日)〜1月19日(日)サンシャインシティ(東京・池袋)のほか、全国にて公式展示イベント「刀剣乱舞-本丸博-2020」を開催。今回イベントのキービジュアルが発表されました!

    「刀剣乱舞-本丸博-」は、『刀剣乱舞-ONLINE-』リリース二周年を機に2017年に全国5大都市で開催され、好評を博した公式展示イベントです。3年ぶりの開催となる今回は、更にその内容をパワーアップ。それぞれテーマを持った間(部屋)を設け、五周年を迎えるゲームをはじめとした、アニメ・舞台 ・ミュージカル・映画などのメディアミックス展開も含めた多彩な展示を行います。また、池袋・サンシャインシティでの開催後は、大阪・愛知・福岡・広島・新潟・石川など、全国各地にて巡回開催予定。さらに今後も巡回場所が追加される予定なので、続報を待とう。

     

    チケットは全日日時指定制で、10月25日(金)12:00より『刀剣乱舞-ONLINE-』ゲーム内で10月31日までチケット先行抽選販売を実施中。今後も「刀剣乱舞-本丸博-2020」公式サイトにて、新情報が公開されるのでお見逃しなく!

  • 広瀬アリス・広瀬すずの姉妹写真展「OH MY SISTER! –広瀬姉妹・写真展–」 池袋パルコで開催

    22.October.2019 | SPOT

    池袋パルコ本館7階 PARCO FACTORY*にて2019年11月15日(金)から12月2日(月)の期間、女優・モデルでもある広瀬アリス・広瀬すずの姉妹写真展「OH MY SISTER! –広瀬姉妹・写真展–」が開催される。

    本写真展では二人の気鋭の写真家、藤代冥砂・川島小鳥により撮りおろされた写真を春夏秋冬の4つのゾーンに分けて展示。

    *2019年11月22日に渋谷パルコにPARCO MUSEUM TOKYOがオープンすることを受け、本展覧会よりPARCO MUSEUMから PARCO FACTORYに改称致します

    B2サイズポスター 6種・各900円

    A5サイズ図録

    オリジナルTシャツ 2種・各3,900円

    また、会場内には新規で制作された等身大カットや彼女たちと一緒に撮影できるフォトスポットを用意している他、パルコ限定のオリジナルグッズも販売されるのでお見逃しなく。

     

    ※価格は全て税抜きです ※商品はイメージです。デザインが変更になる場合がございます

  • 新生渋谷パルコ「GALLERY X」オープニングシリーズはAKIRA・オートモアイ・JUN INAGAWAなど

    17.October.2019 | SPOT

    2019年11月22日にリニューアルオープンする渋谷パルコの地下1階にギャラリー「GALLERY X(ギャラリーエックス)」が開業する。2016年の渋谷パルコの建て替えによる閉館に伴い渋谷・スペイン坂に「GALLERYX BYPARCO」として拠点を移設していた「GALLERY X」が新生渋谷パルコに帰ってくる。

    2020年5月まで続くGALLERY Xのオープニングシリーズの第一弾は、日本を代表するマンガ家・映画監督である大友克洋の代表作「AKIRA」の展覧会「AKIRA ART OF WALL Katsuhiro Otomo × Kosuke Kawamura AKIRA ART EXHIBITION」。

     

    「AKIRA ART OF WALL Katsuhiro Otomo × Kosuke Kawamura AKIRA ART EXHIBITION」は、渋谷パルコ4F「PARCO MUSEUM TOKYO」との連動企画。約2年に渡り渋谷の街と共存してきた「ART WALL」を工事現場から再発掘し、時間と共にダメージを受けた仮囲いを再度コラージュを施した巨大作品、当時の貴重な原画やポスター、AKIRA作中に登場するオブジェをリアル再現等、芸能山城組のAKIRA音楽が鳴り響く中でネオトーキョーに入り込んだような体験ができる。GALLERY X では巨大立体物を展示するインスタレーションを実施する。

    オートモアイ(2019年12月予定)

    飯尾和樹(ずん)(2019年12月予定)

    たなかみさき(2020年2月-3月予定)

    JUN INAGAWA(2020年4月予定)

     

    以降も強力なラインナップでお茶の間からハイカルチャーやオタクコンテンツなどバラエティー豊かなラインナップを展開していく。

    ※上記の内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

    エンタテインメント性、独自性を追求した新しいカルチャー発信拠点「GALLERY X」に期待しよう。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US