“現代を休む日”をコンセプトにした「星のや」ブランドが海外初進出!「星のやバリ」開業

07.October.2016 | BUSINESS / SPOT

全国にリゾート施設を展開する星野リゾートが、軽井沢・京都・竹富島・富士・東京に続き、2017年1月20日(金)「星のや」海外一軒目となる「星のやバリ」を、バリ文化・芸術の中心地であるインドネシア・ウブドに開業する。
現代を休む日をコンセプトとした「星のや」は、客室にテレビがなく、いつもの忙しさをすっかりと忘れてしまえる空間。
圧倒的な非日常を堪能できる宿泊施設として日本でも人気を博している。

初の海外店舗となる「星のやバリ」は世界遺産が広がるスバックのほとりにバリ伝統のヴィラを連ねている。
エメラルドグリーンのプールはヴィラから直接入ることができる特別な空間。
「星のやバリ」で日本の”おもてなし”を体験しよう。

 

■Information
星のやバリ
所在地:Br. Pengembungan, Desa Pejeng Kangin, Kecamatan Tampaksiring, Gianyar 80552 Bali, Indonesia
客室:全30室(ヴィラタイプ)
チェックイン:15:00/チェックアウト:12:00
料金:1泊1室70,000円~
交通:デンパサール空港(バリ国際空港)より車で70分
公式ページ:http://hoshinoyabali.com/

ーーー
■関連記事:今年も外国人は入場無料!MOSH MOSHI NIPPONまであと2ヶ月、去年のフェスを振り返ろう!
http://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/19500

■関連記事:前代未聞の「日本刀フェア」、戦国や幕末モチーフの居酒屋にて開催決定!
http://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/19186

RELATED ENTRIES

  • 「界 ポロト」星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」として2022年1月開業予定

    21.October.2020 | SPOT

    日本の伝統や文化を活かしたおもてなしを追求し、国内外に42施設を運営する星野リゾートは、北海道・白老(しらおい)町と2018年6月28日に締結した「パートナーシップ協定書」に基づき温泉旅館を開業し、その施設名称を「星野リゾート 界 ポロト」に決定した。

     

    界 ポロトは、星野リゾートが全国で16施設を展開する温泉旅館ブランド「界」として19軒目、北海道では占冠村にある「リゾナーレトマム」、旭川市にある「OMO7旭川」に続き3軒目。界 ポロトは、2022年1月に開業を目指しており、設計は建築家の中村拓志(なかむらひろし)氏が手掛ける。 

    (Hiroshi Nakamura&NAP)

    世界的にも珍しい植物由来の有機物を含有する「モール泉」が湧出する白老温泉。界 ポロトは、野鳥等も生息する北海道の天然林に囲まれたポロト湖畔に面し、全客室レイクビューとして、宿泊施設からでも四季折々に色づく景色を楽しむことができる。

    界 ポロトは、白老町及び隣接する民族共生象徴空間「ウポポイ」の関連団体と連携をとりながらアイヌ文化を尊重し、ゲストがアイヌ文化や異なる民族との共生を体感することのできるよう、こだわりのおもてなしを提供していく。

     

    民族共生象徴空間「ウポポイ」

    2020年7月12日、北海道白老町のポロト湖畔に誕生する民族共生象徴空間「ウポポイ」が開業した。ウポポイは、存立の危機にあるアイヌ文化の復興・発展の拠点となるナショナルセンター。主な施設としては、「国立アイヌ民族博物館」と「国立民族共生公園」がある。国立アイヌ民族博物館は、先住民族アイヌを主題とした日本初の国立博物館で、アイヌ民族の視点で語る多彩な展示で歴史や文化を紹介する。国立民族共生公園は、多様なプログラムを通じてアイヌ文化を学ぶことができるフィールドミュージアム。ユネスコ無形文化遺産に登録されているアイヌ古式舞踊の上演、木彫や刺しゅうなどの製作体験、食や伝統芸能体験などのアイヌ文化を体感することができる。

     

    設計は建築家・中村拓志氏が担当

    設計は建築家の中村拓志氏が手掛ける。ポロトとはアイヌ語で大きな湖を意味し、界 ポロトは、この湖を敷地内に大胆に引き込んだ湖上の建築。白樺林のロビーでは湖から樽前山へと続く雄大な風景がゲストを出迎える。ラウンジではアイヌの人々の生活の中心であった囲炉裏の火を眺めながらゆったりとくつろいでほしい。湖に浸かっているかのような露天風呂は、モール泉を心行くまで満喫でき、「ココロカムイ」(温泉の神)に感謝を捧げる神聖な空間に。アイヌの人々の暮らしや自然観、家族観から学び、現代にあった新しい形で再現したデザインとなっている。

     

    豊かな自然とアイヌの文化を体験し、学ぶことができる「界 ポロト」。開業する日が待ち遠しい。

  • 星のや沖縄、温かいプールで特別な時間を過ごせる「星空ホットプール」を開催

    17.October.2020 | SPOT

    沖縄県・読谷村の滞在型リゾート「星のや沖縄」では、2020年12月1日(火)~2021年2月28日(日)の間、冬の星空の下で温かいプールが楽しめる「星空ホットプール」を開催する。

     

    冬でも15℃を下回ることが少ない沖縄の温暖な気候。寒さから屋内に籠りがちな季節も、沖縄では屋外でも心地よく過ごすことができる。記念日やイベント事が多いこれからの時期だからこそ、開放的な場所で大切な人と過ごすかけがえのない時間を楽しんでほしいという思いから「星空ホットプール」の開催が決定した。

     

    星のや沖縄の屋外プールは加温することができるため、冬でも快適に利用できる。波音が聞こえるインフィニティプールで温かい水中に身体を預けて漂えば、海や空と一体になる感覚が味わえそう。さらに、沖縄は全天88の星座のうち80以上の星座を観ることができる星空観察にも最適。冬の夜は空気が澄んでいて、星も一層きれいに見える。温かいプールに浮かんで星空を眺めて過ごす、非日常の時間を体験してほしい。星空ホットプールの3つの魅力を紹介しよう。

     

    ランタンが灯る幻想的な景色

    日没をすぎるとプールサイドにランタンが置かれ、暖かい光に照らされる。プールに光が揺れる幻想的な景色の中で、特別なひとときを過ごしてみて。

     

    プールサイドでホットカクテルを楽しむ

    ランタンが灯る時間に合わせて、プールではバータイムがスタート。南国らしいフルーツをベースにしたリフレッシュドリンクや、身体が温まるホットドリンクを揃え、プールサイドで過ごす時間に彩りをそえる。

     

    星空を眺めながら波音を聴く「浮遊浴」

    波音が聞こえるインフィニティプールでは、水中で楽に身体を浮かせることができるポールの貸し出しも。浮力のあるポールを背にあてて漂うように浮かべば、心地よい浮遊浴が楽しめる。頭上に広がる澄んだ星空と波の音、体温に近い水の温度が、深いリラックスへと導く。

     

    また、隣接する国内最大規模の海カフェ「星野リゾート バンタカフェ」では波が輝く新感覚のイルミネーション「イルミーバンタ」も開催される。バンタカフェの前に広がる海がライトアップされ、波が青白く輝き、刻一刻と光が形を変える、幻想的な景色を鑑賞できる。通常夜は営業していないカフェエリアもライトアップされるので、日中とは異なる雰囲気のバンタカフェを楽しんで。

     

    さらに、散策をより楽しめるように、ランタンの貸し出しと、フルーツを使った期間限定スイーツの販売も。お気に入りの席を見つけて、自然の美しさを照らし出すライトアップを堪能してほしい。

     

    温かい「星空ホットプール」と幻想的な景色を楽しめる「イルミーバンタ」で特別な冬の思い出作りを。

  • 星のやグーグァン、『ミシュランガイド台北・台中』で「4パビリオン(赤)」として掲載

    11.September.2020 | SPOT

    星野リゾートが運営する「星のやグーグァン」は、2020年9月4日(金)発売の『ミシュランガイド台北・台中2020』ホテル部門において、「4パビリオン(赤)=最上級の快適さで、特に魅力的である」として掲載された。

    星のやグーグァンは、日本国内外で45施設を運営している星野リゾートが、台湾で初めてプロデュースするラグジュアリー温泉リゾート。「現代を休む日」をコンセプトに非日常の滞在を提案する「星のや」ブランドの海外2軒目の施設として、2019年6月30日に台湾第二の都市、台中の郊外にある温泉地・谷關(グーグァン)に開業した。

     

    星のやグーグァンは、深い渓谷がもたらす湧水と豊かな温泉を活かした、自然に共鳴するような建築・ランドスケープデザインが特徴。全室半露天風呂付の客室と、風と水を感じる開放的なパブリック空間、滞在シーンに合わせた料理など、谷關の自然を身近に感じられる滞在を提案する。また、谷關の自然と文化を楽しむプログラムも人気だ。

     

    星のやグーグァン総支配人 田川直樹 コメント

    台中エリアが初めてミシュランガイドの対象となった年、また私どもにとっては開業からちょうど1年という大切な節目において、4パビリオン(赤)に選ばれましたことを大変嬉しく思います。これもひとえにお客様や、開業から星のやグーグァンを創り上げてくださった関係者の皆様、そしてスタッフのおかげです。今後も地域の皆様にご支援いただきながら、スタッフと共に台湾の魅力的な地域文化を発見し、訪れる皆様に喜んでいただけるような滞在の演出を創造していけるよう一層努めてまいります。

     

    台中へ遊びに行くときは、日本のおもてなしを感じられる「星のやグーグァン」へ足を運んでみて。

  • 星のや東京がプロデュース!東京を存分に楽しむアクティビティ誕生

    21.August.2020 | SPOT

    大手町にある温泉旅館「星のや東京」は、普段から東京に慣れ親しんでいる人々にこそ知ってもらいたい、いつもとは違う目線で東京を楽しめる複数のアクティビティを2020年8月6日(木)以降、順次提供する。

     

    江戸情緒残る東京を楽しむ「お江戸マイスター」 8月20日〜

    江戸情緒を現代に残す「日本橋・神田・人形町」の3エリアの遊び方を知り尽くした「お江戸マイスター」がゲストの希望に合わせて、おこもりスタイルからお出かけスタイルまで、一人ひとりに合わせた滞在を提案。例として、館内では日本橋創業の小津和紙の和紙を使った和小物づくりや老舗のこだわりの味を楽しむことができる。また、お出かけ派には、1673年に呉服店として創業した「日本橋三越本店」の歴史や裏側を知るプライベートツアー、江戸総鎮守の「神田明神」での参拝マナー講座やご祈祷など、様々な体験を用意。

     

    オープントップバスで東京の街を巡る「ナイトバスクルーズ」8月20日〜

    2階建てのオープントップバスから、いつもより高い目線で夜景が楽しめる約1時間の「ナイトバスクルーズ」。星のや東京宿泊者貸切で、3密を避けるため最大10組20名で運行する。日没後大手町を出発し、皇居や国会議事堂のある霞が関、虎ノ門エリアを抜け、東京タワーへ。バスは10分ほど停車し、ライトアップされた東京タワーの造形美を間近に楽しむことができる。日々進化している東京の新たな魅力に気づいたり、慣れ親しんだ東京の街を更に好きになること間違いなし。

     

    東京の絶景を眺めながら呼吸を調える「天空深呼吸」8月6日〜

    朝の時間帯には、東京の中心・大手町の地上160メートルのビルの屋上で、眼下に広がる大都会を眺めながら深呼吸をするアクティビティを楽しめる。東京にいながら、空を近くに感じ、朝の清らかな空気を身体いっぱいに取り入れる爽快感は格別。現代の東京を象徴するビル群や東京スカイツリーといった近代的な景色を楽しめる。3密を避け、安全に楽しめるように、1日6名限定での開催。

     

    東京の夜景との味を楽しむ「お江戸のご褒美舟あそび」8月20日〜

    日本橋桟橋を出発し、日本橋川から隅田川を経由、東京の夜景を楽しむ90分のクルーズ。貸切の舟の上では、日本橋「弁松総本店」の弁当、神田「豊島屋酒店」の日本酒、人形町の名店の甘味(「重盛永信堂」の人形焼き、「彦九郎」のとらやき)を用意。途中、浜離宮恩賜庭園横の穏やかな場所に停泊し食事や酒をゆっくりと楽しめる。3密を避け、安全に楽しめるように、1組2~4名限定での開催。

     

    東京都民限定の特典も

    旅費の一部経費を国が負担する「Go toトラベルキャンペーン」の対象外となっている東京都民限定で、宿泊への感謝の気持ちを込めた特典を用意。宿泊への感謝の気持ちを込めて、星野リゾートオリジナルTシャツをプレゼントするほか、通常3,500円の「ナイトバスクルーズ」を特別価格の2,500円で提供する。

     

    普段東京に住んでいてもなかなか味わうことができないディープな東京観光。なかなか遠くへ旅行をすることが難しい時期だからこそ、新しい東京の魅力を堪能してみては?

  • 紅葉を見ながらスケートを楽しむ!軽井沢星野エリア「ケラ池スケートリンク」

    15.August.2020 | SPOT

    星野リゾートが運営する日帰り商業施設「軽井沢星野エリア」は、森に囲まれた屋外スケート場「ケラ池スケートリンク」の紅葉シーズンの営業を2020年10月16日に開始。軽井沢では10月中旬からモミジの紅葉が始まり、遷(うつ)り変わりを経ながら11月上旬までカラマツの黄葉が続くため、紅葉とスケートを長く同時に楽しむことができる。

     

    森を感じるスケートリンク

    ケラ池スケートリンクは、森の中にある池が凍ってできる。軽井沢野鳥の森に隣接し、周辺には多くの野鳥や動物が生息しているため、スケーティングと共に周辺の自然も楽しんほしいと考え、森を感じるスケートリンクをコンセプトとした。今年は、芸術の秋にちなんで、色彩豊かな紅葉をアートとしても楽しめるコンテンツを新たに用意している。

     

    紅葉&黄葉に囲まれたリンク

    標高1000メートルの高原に位置する軽井沢では、10月中旬から紅葉が始まる。真っ赤なウルシやモミジに続き、11月になるとカラマツの黄葉が見ごろに。全国で最も早い時期にオープンする屋外リンクのため(星野エリア調べ)、紅葉や黄葉を眺めながらスケートもできる点が軽井沢の森にあるリンクならではの特徴。黄葉は11月10日頃まで楽しむことができる。

     

    フォトジェニックな紅葉コンテンツ

    無料のソリ付き椅子は、初心者や小さな子供でも気軽にスケートを楽しむことができる、ケラ池スケートリンクの人気アイテム。今年は、色彩豊かな紅葉を感じられるよう、紅葉の色にペイントしたソリ付き椅子が登場!

     

    ガラス窓に紅葉のオリジナル装飾

    リンクサイドのカフェは、幅2.5メートルの大きなガラス窓が6枚並んでいるのが特徴。そのガラス窓に、全6種類の紅葉をデザインしたオリジナル装飾を施している。実際にリンク周辺で見られる紅葉をモチーフにし、その個性的な葉の色とかたちをデザインしている。

     

    モミジとカエデの「紅葉カフェラテ」

    紅葉がひときわ美しい「イロハモミジ」と「コハウチワカエデ」をデザインした「紅葉カフェラテ」を提供する。「モミジ」と「カエデ」の葉の違いを比べられるように、1杯のカフェラテの中にラテアートとして、並べて表現した。カボチャパウダーを使用し、ほんのり甘い秋の香りが漂うカフェラテ。

     

    「ケラ池スケートリンク」で秋の紅葉とスケートリンクを楽しもう!

  • 星のや京都、屋形船で嵐山の紅葉を独り占め「朝のもみじ舟」を開催

    08.August.2020 | SPOT

    京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2020年11月20日~12月5日の期間、一日一組限定の「朝のもみじ舟」を開催する。2020年9月に完成したばかりの当館専用の屋形舟「翡翠(ひすい)」を貸し切って、目の前を流れる大堰川(おおいがわ)を進みながら、朝日に輝く小倉山や嵐山の紅葉を鑑賞するアクティビティ。屋形舟の中では鳥のさえずりに耳を澄ませながら、季節をかたどった和菓子でお盆の上に情景を描く盆景菓子を、抹茶とともに味わうことができる。錦の絹織物のような景色のなか行う朝の静かな紅葉狩りは、奥嵐山に宿泊するからこそできる体験だ。

     

    屋形舟から朝日に輝く紅葉を独り占め

    「星のや京都」の目の前を流れる大堰川を貸し切りの屋形舟で進み、朝日に輝く小倉山や嵐山の紅葉を独り占め気分で鑑賞できるプラン。両岸に位置する小倉山と嵐山は斜面が急なので、赤や黄へと鮮やかに色づく木の一本一本が際立ち、その景色はまるで錦の絹織物のよう。往来する舟の少ない早朝に屋形舟に乗るため、朝日に輝く紅葉が静かな水面に映し出される様子を眺めることができる。宿泊するからこそ体験できる、朝の静かな紅葉狩り。

     

    和菓子で描く奥嵐山

    屋形舟の中では抹茶とともに、季節をかたどった和菓子でお盆の上に情景を描く盆景菓子を味わう。「星のや京都」の紋をかたどった落雁のほか、モミジ、イチョウ、松葉や猪といった色とりどりの和菓子で、屋形舟から眺める一期一会の景色をお盆の上に描いていく。和菓子は1803年創業の和菓子店「亀屋良長」がこのアクティビティのために作り、抹茶は京都・宇治の茶舗「利招園(りしょうえん)茶舗」が、星のや京都のために茶葉を厳選し、挽いたもの。茶の一服が旅の「記録」になるようにとの思いと、大堰川の澄んだみどり色にちなみ、「録碧(ろくへき)」と名付けられている。野点籠を使って自分で抹茶を点てることで、旅の思い出を深めてみては。

     

    屋形舟「翡翠」で過ごす優雅な時間

    アクティビティでは、星のや京都専用の屋形舟「翡翠」を貸し切る。翡翠は、御簾(みす)や錺(かざり)金具など、京都の職人の技が随所にあしらわれた雅な舟。スイッチで屋根の色を白から透明に切り替えることができ、渓谷を染める紅葉と抜けるような青空を見上げて楽しむことができる。

     

    雅な翡翠から朝日に輝く紅葉を眺めることで、平安貴族の舟遊びのような優雅な時間を過ごそう。

  • 星野リゾート、夏でも涼しい軽井沢をオシャレに楽しむ夏旅を提案

    12.July.2020 | SPOT

    「若い世代にもっと旅をしてほしい」という思いから、星野リゾートの5つ目のブランドとして誕生した「BEB(ベブ)」。「居酒屋以上 旅未満 仲間とルーズに過ごすホテル」をコンセプトにした若い世代のためのホテル、「星野リゾート BEB5(ベブファイブ)軽井沢」がこの夏、避暑地の軽井沢で、暑さを忘れてオシャレに楽しむ夏旅を提案する。

     

    開放的な空間でまったり過ごす

    広々としたソファの上にベッドスペースがある「ヤグラルーム」は、ソファでおしゃべりを楽しんだり、秘密基地のようなベッドスペースで静かに本を読んだり、自由気ままに過ごすことができる。スタイリッシュなデザインのパブリックスペース「TAMARIBA(タマリバ)」は、中庭、ラウンジ、カフェ、ライブラリーから成り、24時間利用可能。大きな窓からは軽井沢の爽やかな風が吹き抜け、オシャレで開放的な空間はずっと滞在したくなってしまう居心地の良さ・・・!カフェでは、量り売りのワインも販売されていて、一人飲みにも仲間飲みにも重宝すること間違い無し。飲食物の持ち込みもOKなので、仲間たちとお気に入りを買い込んで、ミニパーティースタート!

     

    避暑地ならではのレンタルアイテム

    麦わら帽子、虫かご、ポータブルスピーカー、高原の風を増し増しにする首掛け扇風機、装いに優雅さを加えてくれる肩掛けカーディガンなど、避暑地を満喫できる5つのアイテムが滞在中は何度でも無料でレンタルし放題!気になるものはどんどん試して、軽井沢の夏を楽しみつくそう。期間:2020年7月13日~8月31日

     

    豊かな自然に囲まれたホテル

    BEB5軽井沢は、清流が流れる森に囲まれた「軽井沢星野エリア」の一角に位置し、徒歩圏内には16の個性的な店舗が並ぶ「ハルニレテラス」や源泉かけ流しの「星野温泉 トンボの湯」などが点在する。

     

    星野温泉 トンボの湯

    野生動植物の専門家集団「ピッキオ」のネイチャーツアーに参加してムササビに出会うもよし、源泉かけ流しの温泉でまったりするもよし、清流近くのベンチで豊かな自然を感じながらのピクニックもおすすめ。軽井沢ならではの夏でも清々しい空気が心地よく、最高の気分転換に。

     

    軽井沢は日本を代表する避暑地のひとつ。東京から新幹線でわずか1時間と、首都圏から気軽にアクセスが可能なことも人気の理由だ。スタイリッシュなデザインの日常を離れて、さわやかな夏を満喫してみては。

     

  • 星のや東京、「World’s Best Awards 2020 Top Hotels in Tokyo」で1位に初選出

    11.July.2020 | SPOT

    星野リゾートが運営する日本旅館「星のや東京」は、2020年7月8日に米国大手旅行専門誌「トラベル・アンド・レジャー(Travel+Leisure)」が発表した「World’s Best Awards 2020 Top Hotels in Tokyo」において、1位に初選出された。

     

    高所得者を読者に持つ米国大手旅行専門誌「Travel+Leisure」の「World’s Best Awards」は、同誌の読者の評価に基づくランキング。ホテル部門では、施設や立地、サービス、食事などが総合的に評価される。

    星のや東京は、2016年7月に東京都千代田区大手町に開業した、地下2階、地上17階の縦の空間に旅館の要素を組み込んだ「塔の日本旅館」。館内の大半は畳敷きで、和のしきたりを踏襲しており、玄関では靴を脱ぐ。客室は日本家屋に使われる畳や障子、竹や栗など自然素材を用いながらも、現代の生活にあわせた快適性も兼ね備えた。今後も多くのゲストに満足してもらえるよう、日本の歳時記に合わせた室礼、日本文化を身近に感じられる体験や日本旅館らしいおもてなしを提供していく。

  • 「星野リゾート界」ご当地かき氷2020今年も開催

    28.June.2020 | FOOD

    星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」が、暑い夏にぴったりのかき氷が楽しめる「界のご当地かき氷 2020」を開催する。2017年から毎年夏に開催されており、4年目となる今年もシロップや盛り付けで地域の魅力を表現したかき氷が登場。中でも特にオススメのかき氷を紹介!

     

    界 日光 見たまんまいちごかき氷(栃木県・中禅寺温泉)

    いちごの収穫量がなんと50年連続一位の栃木県。甘酸っぱいいちごのシロップとほろ苦い抹茶ソースがかけられたいちごのかき氷を、中禅寺湖や男体山など奥日光の絶景を眺めながら、標高1300メートルの避暑地で涼やかなひとときと共に味わって。

     

    界 箱根 あじさいかき氷(神奈川県・箱根湯本温泉)

    標高差のある箱根エリアは、長い期間にわたってあじさいを楽しむことができる。見ごろを迎える時期の箱根登山電車は「あじさい電車」と称され、観光名所の一つに。ゼリーやシロップであじさいを表現したかき氷は見た目も爽やか。

     

    界 仙石原 アートかき氷(神奈川県・仙石原温泉)

    周辺に美術館が多い界 仙石原では、いちごや青みかんなど鮮やかな色合いのシロップを絵の具のように使い、自分好みのかき氷を楽しめる「アートかき氷」が登場。キャンバスに見立てた真っ白な氷を、好みの色のシロップで自由に彩って、芸術的なかき氷を。

    界 アルプス りんご尽くしかき氷(長野県・大町温泉)

    信州は、全国でも有数のりんごの名産地。「りんご尽くしかき氷」は、ごろっとした果肉の食感を味わえるシロップと香り豊かな青りんご「ブラムリー」のシロップを氷で覆い、最後に上から「紅玉」のシロップがかけられたその名の通り“りんご尽くし”な一品。

     

    界 出雲 生姜かき氷(島根県・玉造温泉)

    風味、香り、爽やかな辛味が特徴の生姜。「娘やるなら出西郷へ、生姜の匂いで風邪ひかぬ」と島根の民謡で唄われており、風邪の予防に使われてきた。甘さの中にピリッと香るシロップで暑い夏も乗り越えよう。

     

    界 阿蘇 トマト尽くしかき氷(大分県・瀬の本温泉)

    夏に旬を迎えるトマトを使ったかき氷。甘酸っぱい味と鮮やかな赤色がなんとも印象的。トマトは低カロリーでさまざまな栄養成分が豊富な健康野菜で、ビタミンCやビタミンEなどがバランス良く含まれている。トマトのパワーで爽やかな夏が過ごせそう。

     

    他にも気になるかき氷が目白押し。「星野リゾート 界」に是非足を運んで。

  • 絶景カフェ!沖縄の海カフェ「星野リゾート バンタカフェ」オープン

    27.June.2020 | SPOT

    星野リゾートは、沖縄県・読谷村に圧倒的な絶景とスケールを誇る海カフェ「星野リゾート バンタカフェ」を2020年7月1日にグランドオープン。
    海を見渡す崖の上から浜辺へと続く敷地内には個性豊かな4つのエリアがあり、その日の気分で見つけたお気に入りの場所で、マンゴーにパイナップル、黒糖などを使ったスイーツや、気軽に味わえるフードを楽しむことができる。

     

    海を見渡す崖に立つ国内最大級の海カフェ

    バンタカフェは、那覇空港から車で1時間ほど沖縄県中部エリア、読谷村の西海岸沿いに位置する。沖縄の方言で魚の影を見つけるために登る崖や大きな岩を「イユミーバンタ(魚を見る崖)」と呼び、海に面したイユミーバンタの上に立つことから、「バンタカフェ」と名付けられた。崖の上からは、どこまでも広がる水平線を一望でき、崖の下に降りれば波が足元に迫る臨場感を楽しむことができる。敷地面積は1600㎡を有する国内最大級の海カフェ(星野リゾート調べ)。

     

    その日の気分で選ぶ個性豊かな4つのエリア

    入り江に沿うように広がる敷地には、水平線を臨む崖の上や浜辺へと続く崖の斜面、浜辺の植物が生い茂る岩陰など、自然海岸の地形を活かした4つのエリアがある。エリア内には、回遊できる散策路もあり、お気に入りの席を探せるほか、そのまま浜辺へ出ることもできる。

     

    パノラマの絶景が迎える「大屋根デッキ」

    エントランスの先には、絶景が広がる「大屋根デッキ」。水平線を一望できる半屋外のフロアは、船のデッキにいるような非日常感がある。大屋根デッキでは、深い庇が心地よい日陰をつくり、波の音と風の音が響き渡る。

     

    のんびりと海風を感じる「海辺のテラス」

    崖の上から浜辺へと続く散策路にある「海辺のテラス」は、海との距離が近く開放感のあるエリア。琉球畳をモチーフにした床材に座布団が置かれたカバナが点在し、海を眺めながらのんびりとおしゃべりを楽しむ、沖縄らしい時間を過ごすことができる。

     

    荒々しい自然の中に潜む「岩場のテラス」

    自生する植物に囲まれた「岩場のテラス」は、自然によってつくられた秘密基地のような空間。気軽に腰かけられる段差のあるウッドデッキやロッキングチェア、大きな岩が張り出す岩陰のテーブル席など、大人もワクワクした時間を楽しもう。

     

    ソファに寝転んで海を眺める「ごろごろラウンジ」

    壁一面に広がる窓から海が眺められる「ごろごろラウンジ」では、ゆったりとしたソファでゴロゴロしながら寛ぐことができる。窓に沿って長いテーブルもあり、地図やガイドブックを広げて旅の計画を立てるのもオススメ。

     

    沖縄らしさを感じる鮮やかなカフェメニュー


    ぶくぶくソーダジュレ

    ふわふわの泡とカラフルな水玉模様が特徴の「ぶくぶくジュレソーダ」は、沖縄の伝統的なお茶「ぶくぶく茶」からアイデアを得たドリンク。レモングラスやミントなどハーブが香るソーダの中に、マンゴーやハイビスカスのジュレが浮かび、南国らしい味わいとぷるぷるの食感を楽しんで。

    ちゅらーと

    ジェラートと沖縄の方言の「ちゅら(美しい)」をかけて名付けた「ちゅらーと」は、パイナップルやグァバ、黒糖に落花生(ジーマーミ)など、沖縄で親しまれている食材を使ったジェラート。紅芋やゴーヤのチップス、ちんすこうなどのトッピングを使ってデコレーションが楽しめる。

     

    フードメニュー


    ほろ苦いゴーヤがアクセントのチーズたっぷりな「うちなーピザトースト」、沖縄のソウルフードともいえる「ポーク玉子おにぎり」、ジューシーなソーセージを挟んだ「ホットドック」などの片手で気軽に味わえるメニューの他、マンゴーソースで味わう小エビのフリットやフライドチキンなどのスナックも揃う。

     

    日の入りに合わせた営業時間


    バンタカフェの自慢は、サンゴが育つ自然海岸を臨む絶景。どこまでも広がるコバルトブルーの海や、波に削られた大きな奇岩、そして目の前の海に日が落ちる夕刻のドラマチックな景色も格別!営業時間は、日の入りの時間に合せて変わり、サンセットタイムには夕焼けを映し出したカクテルを提供する。

     

    「星野リゾート オールーグリル」を併設


    バンタカフェに併設して、本格的なグリルレストラン「オールーグリル」をオープン。「オールー」とは沖縄の言葉で「青い」という意味。どこまでも続く青い海を臨む店内では、泡盛や黒酢を合わせたオリジナルソースで味わう薪焼きのステーキにシーフード、ランチでは肉厚ジューシーなパティのハンバーガーが楽しめる。

     

    沖縄らしさを存分に楽しめる「星野リゾート バンタカフェ」で、新しい沖縄の魅力を感じてみて。

  • イギリス・フランスで「BULK HOMME」公式オンラインストアがオープン

    28.May.2020 | BUSINESS / FASHION

    メンズスキンケアブランド「BULK HOMME(バルクオム)」は、新型コロナウィルス感染症の感染拡大による影響でイギリスおよびフランスでの販売を延期していたが、2020年5月26日(火)より、公式オンラインストアでの販売を開始する。

    販売開始に伴い、英語・フランス語に対応したグローバルブランドサイトをオープンした。なお、イギリス・フランスともに店舗での販売日はロックダウンの影響のため現状未定だ。

    また、フランス国内向けの男性コスメ専用のECサイト「MenCorner」「Comptoir de l’homme」の2サイトでも販売。両サイトともにフランス国内では大手の男性コスメECサイトである。

    THE FACE WASH

    THE SCALP SERUM

    フランス・イギリスでの販売製品一覧(2020年5月26日時点での販売製品)

    THE FACE WASH(洗顔料)/THE TONER(化粧水)/THE LOTION(乳液)/THE SHAMPOO(シャンプー) /THE TREATMENT(トリートメント)/THE SCALP SERUM(頭皮美容液)/THE BUBBLE NET(洗顔ネット)

    *他の製品については、順次展開予定。

  • 台湾 星のやグーグァン、米旅行雑誌の「2020 Hot List」に選出

    25.May.2020 | SPOT

    星野リゾートが運営する「星のやグーグァン」は、2020年5月5日に富裕層向けの米国旅行雑誌『コンデナスト・トラベラー(Condé Nast Traveler)』において、旅行業界で権威のあるランキングの一つと言われる「2020 Hot List」に選ばれた。

     

    『コンデナスト・トラベラー』は、旅行・ホテル・レストラン・買い物の最新情報を紹介する、北米富裕層向けの米国旅行雑誌。「2020 Hot List」とは、2019年に世界34の国と地域で開業した宿泊施設の中から、同誌の編集者によって選ばれたリストとなっており、星のやグーグァンは「The Best New Wellness Resorts in the World」に選ばれている。

     

    星のやグーグァンは、日本国内外で42施設を運営している星野リゾートが、台湾で初めてプロデュースするラグジュアリー温泉リゾート。「現代を休む日」をコンセプトに非日常の滞在を提案する「星のや」ブランドの海外2軒目の施設として、2019年6月30日に台湾第二の都市、台中の郊外にある温泉地・谷關(グーグァン)に開業した。深い渓谷がもたらす湧水と豊かな温泉を活かした、自然に共鳴するような建築・ランドスケープデザインが特徴。全室半露天風呂付の客室と、風と水を感じる開放的なパブリック空間、滞在シーンに合わせた料理など、谷關の自然を身近に感じられる滞在を提案するほか、谷關の自然と文化を楽しむプログラムも用意している。

     

    台湾に出かける際は、星のやグーグァンでリゾート気分を味わってみては?

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US