京都・伊藤久右衛門より “生食感” の「宇治抹茶生水ようかん」新発売

24.April.2019 | FOOD

江戸後期創業、京都・宇治 伊藤久右衛門は、2019年4月24日より新商品「宇治抹茶生水ようかん」を販売開始する。

「宇治抹茶生水ようかん」のこだわりは、口に入れた瞬間スッと溶けてなくなるような「生」の食感。あんにかける熱を極限まで少なくした独自の「本生製法」により、なめらかな食感を実現した。

素材の白あんには、北海道産の手芒豆を使用。種皮の色が白いため、抹茶の鮮やかな緑を最大限美しく見せる。また、寒天は粉寒天ではなく、天然の天草を100%使用した糸寒天を使用。手間ひまはかかるが、糸寒天を使用することで口に入れた時の舌触りが一層なめらかになる。石臼挽き抹茶の豊かな風味、「本生製法」による瑞々しいなめらかさが特長だ。

 

こだわりの食材と製法でつくられたようかんでひんやり涼んでみてはいかが。

RELATED ENTRIES

  • 興聖寺夜間拝観に合わせて『DANDELION PROJECT』が京都・宇治で期間限定公開

    30.November.2021 | FASHION / SPOT

    ネイキッドは、村松亮太郎 / NAKEDによる参加型アートプロジェクト「DANDELION PROJECT(ダンデライオンプロジェクト)」が、今秋の2021年10月27日(水)より上賀茂神社を皮切りに、清水寺、平安神宮など、本作の想いに賛同した京都7箇所を巡っている。今回、12月3日(金)から12月5日(日)までの期間限定で興聖寺の夜間拝観とあわせて京都・宇治市に植樹され、一般公開される。

     

     

    興聖寺は、参道を含む境内が京都府指定名勝となっている、紅葉で有名なお寺。宇治川に面した表門より山門に通じるゆるやかな勾配の参道沿いに流れる湧き水が琴の音色に聞こえることから「琴坂」と呼ばれ、永く親しまれている。イベントでは興聖寺の夜間拝観が可能で、お寺や庭園のライトアップのほか、宇治の街に源氏物語をモチーフにした行灯が設置される「京都・宇治灯りのみち」が同時開催。共に秋の宇治を盛り上げる。また、参道までの宇治川沿いでは、「NAKEDディスタンス提灯®」を持ってソーシャルディスタンスを意識しながら光の演出に参加でき、興聖寺入り口では「NAKEDつくばい™」で手指のアルコール除菌が体験できる。モチーフは「DANDELION」のたんぽぽと、源氏物語の宇治十帖にゆかりがあり、興聖寺でも花を咲かせる椿で演出。また、ネイキッドの大人気商品「NAKED花みくじ™」を購入することも可能となっている。

     

    現代アートと歴史ある興聖寺のコラボをお見逃しなく!

     

  • 没入型アート体験イベント「ワントゥーテン 二条城夜会」が京都の世界遺産・元離宮二条城にて開催

    10.November.2021 | SPOT

    2021年11月5日(金)から、12月8日(水)を除く12月12日(日)までの期間限定で、京都府京都市にある世界遺産・元離宮二条城にてクリエイティブAIによる国内最大級のインタラクティブ・ランドアートや、京都の名店の食の数々を楽しめる没入型アート体験イベント「ワントゥーテン 二条城夜会」が開催中。

    クリエイティブAIによる約400㎡の巨大インタラクティブ・ランドアートは、来場者の密度や位置、周辺の天候などの環境情報をAIが解析し、より自然現象に近い予測できない感覚的なインタラクティブアートを創り出す。また、会場内を満たす光と音は、重要文化財の唐門や特別名勝の二の丸庭園など、二条城が持つ情景や造形美の魅力を引き立たせ、二条城の持つ本質的な価値の再発見を促し、京都の名店が集う食のコーナーも登場。伝統と革新を融和させ日本文化を再発見するワントゥーテンの「夜会」が、京都で初開催となった。

     

    京都は古くから風水をもとに作られた都市で、二条城の地下には「良い気を運ぶ水のエネルギーが流れている」など、数々の言伝えがある。歴代の徳川将軍も、その後、離宮として使用された皇室や招かれた要人たちも、このエネルギーを感じていたかもしれない。これらの言伝えから着想を得て、二の丸御殿の前の庭を使い、徳川将軍や皇族たちがエネルギーを感じていたであろう情景を約400㎡の巨大な没入型インタラクティブ・ランドアートで表現した。
    二条城の地下を流れる気の流れを、悠々とした龍で表現し、さらに、そのエネルギーを感じ取っているということを、来場者の足元に広がる光のサークル演出で表現している。悠久の時を越え、徳川将軍も感じたであろう二条城に宿るエネルギーとシンクロする体験を楽しんでほしい。

  • 創業1803年の京菓子「鶴屋吉信」にてハロウィン限定和菓子登場

    14.October.2021 | FOOD

    和菓子製造販売の鶴屋吉信(つるやよしのぶ)は、2021年10月31日(日)の「ハロウィン」の日にさきがけて、ハロウィンを楽しむ和菓子を2021年10月中旬より店頭販売限定にて発売する。

     

    生菓子 ハロウィン パンプキン/ ハロウィン ゴースト

    お干菓子詰合せ ハッピーハロウィン

     

    古代ケルト民族の儀式を起源とした、カトリック教会の祝祭であるハロウィン。秋の収穫を祝い、仮面をかぶって悪霊を追い払ったのが元になっているとか。現代では、子どもたちがみんなで仮装したり「トリックオアトリート(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)!」を合言葉にお菓子をねだる、そんな光景もほほえましい行事となっている。

     


    「生菓子 ハロウィン パンプキン」と「生菓子 ハロウィン ゴースト」では、にやりと笑うパンプキン(かぼちゃ)と、ピンクのほっぺが愛らしいゴースト(おばけ)が期間限定の生菓子になって登場。ちょっぴり風変わりな生菓子は、ハロウィンのお茶時間の人気者になること間違いなし。



    「お干菓子詰合せ ハッピーハロウィン」は、ハロウィンならではの、かぼちゃの落雁・おばけの和三盆入落雁を詰め合わせた可愛い小箱。わいわい楽しく集まった、おばけの表情は全部で4種類と表情豊か。怪しく飛びかうコウモリの生砂糖(きざと)を添えた、期間限定のお詰め合わせをぜひお手にとってみてほしい。口ですっと溶けゆくシンプルで上質な甘みは、日本茶、お抹茶だけでなく、紅茶やコーヒーのおともにもぴったり。



    小箱に添えたハロウィン限定のイラストカードは、裏面が白紙なので、メッセージカードとしても使え、プレゼント用にもおすすめの一品となっている。ホームパーティを楽しく、友だちや子どもへのプレゼントにもおススメな、可愛く楽しい和菓子を手に取ってみては?

     

  • 通常非公開の京都・くろ谷 金戒光明寺を拝観できる特別プラン登場

    12.October.2021 | SPOT

    幕末に京都守護職が本陣を構えた「くろ谷 金戒光明寺」は、2021年11月12日(金)から秋の特別拝観を開催する。幕末に京都守護職(会津藩)の本陣となった金戒光明寺は、新選組ゆかりの寺院。法然上人(浄土宗)が最初に念仏を唱えた寺院で、浄土宗第一号の寺院として念仏発祥の地ともいわれている。

     

    【夜】紫雲の庭

    【昼】山門と紅葉

    【昼】紫雲の庭

    【夜】山門と紅葉

    夕暮れ時の境内

    虎の間

    大方丈庭園

    御影堂

    琴の生演奏

    五劫思惟阿弥陀仏(アフロ仏

     

    秋の特別拝観では、日中夜間ともに普段非公開の書院と紅葉に彩られた回遊式庭園「紫雲の庭」を公開。書院では、伊藤若冲筆「群鶏図押絵貼屏風(ぐんけいずおしえばりびょうぶ)」や富岡鉄斎筆の屏風などの寺宝や、襖を開閉すると虎の数が変わる「虎の間」などを観覧することができる。「アフロ仏」としてメディアで話題の「五劫思惟阿弥陀仏(ごこうしゆいあみだぶつ)」も有名で、気の遠くなるような長い時間修行をした結果、伸びた髪の毛が渦高く積み重なったという珍しい姿をしており、「寿限無寿限無、五劫の擦り切れ」はここからきている。

     

    日中拝観では、御影堂・大方丈・庭園に加え、市内を一望できる「山門」も特別公開。天気の良い日には大阪のあべのハルカスまで見渡せる山門上からの眺望は絶景だ。また、山門の楼上内部に安置された釈迦三尊像と十六羅漢像、天井一面に描かれた大迫力の「蟠龍図」も観覧可能となっている。

     

    夜間拝観では、毎日3回「お琴や篠笛などの邦楽の生演奏」が方丈前庭園にて行われる。期間中の金・土・日には、通常よりも30分早く入場できる「プレミアム拝観プラン」を開催(ホームページにて事前予約が必要)。御用達職人もしくは庭園コンシェルジュ(植彌加藤造園)の案内つきで拝観することができる例年人気のプランだ。また、「紫雲の庭」の水面に映るライトアップされた紅葉も必見なのでお見逃しなく。

  • よーじや初!化粧雑貨店舗とカフェ店舗合同フェア「ゆずフェア」実施

    07.October.2021 | FASHION / FOOD / SPOT

    よーじやは、2021年10月9日(土)より、化粧雑貨店舗・カフェ店舗合同でゆずフェアを実施する。化粧雑貨店舗では限定のゆずのあぶらとり紙や、人気のはんどくりーむのゆずの香りなどが登場し、カフェ店舗ではスイーツからドリンクまでゆず尽くしのメニューがラインアップ。よーじやの各店舗で思う存分ゆずの魅力を堪能することができる。

     

    化粧雑貨店舗商品 

    あぶらとり紙ゆず

    はんどくりーむ ゆず

    よーじや はんどくりーむせっと

    ゆず湯オイル

    あろまうっど

    カフェ

    ゆずパフェ

    ゆずチーズ大福

    ゆずマリトッツォ

    ゆず生チョコレートシェイク

    お茶のクレープ ゆず茶

    Twitterリツイートキャンペーン 先着500名限定「よーじやゆずロゴステッカー」

     

    よーじやでは、昨年は新型コロナウイルス感染拡大に伴い毎年販売しているゆずシリーズの販売を断念した。毎年楽しみにしている人も多く苦渋の決断だったが、当時から2021年の秋には感染拡大も落ち着きゲストを安心して出迎える状態が戻ることを信じ、今まで以上に喜んでもらえるような商品を1年の期間をかけて準備した。従来のゆずシリーズよりさらにパワーアップしたゆずフェアとなっている。

     


    今回は「よーじやで“柚子(ゆず)る”~美も食もゆずに染めよう~」をコンセプトに、各部署から集まったプロジェクトチームのもと、よーじや初となる化粧雑貨店舗とカフェ店舗合同の企画を実現した。限定商品の発売に加え、ゆずフェアの魅力をより多くの人に伝えるため様々なキャンペーンも実施されるのでそちらもお見逃しなく。



    今年の秋はよーじやのゆずフェアでおなかも心もゆずで満たしてみては?

     

  • グループ滞在に最適「THE JUNEI HOTEL 京都」が全館貸切プラン開始

    06.October.2021 | SPOT

    スモールラグジュアリーホテル「THE JUNEI HOTEL 京都 御所西」が、2021年9月より全館貸し切りプランを開始した。

     

    THE JUNEI HOTEL 京都 御所西「客室」

    THE JUNEI HOTEL 京都 御所西「浴室」

    THE JUNEI HOTEL 京都「バンブースイートルーム」

    THE JUNEI HOTEL 京都「バンブースイートルーム 浴室」

    THE JUNEI HOTEL 京都「スタンダードルーム」

    THE JUNEI HOTEL 京都「スタンダードルーム 浴室」

    THE JUNEI HOTEL 京都「肉割烹ふたご 朝食」

    THE JUNEI HOTEL 京都「肉割烹ふたご」

    THE JUNEI HOTEL 京都「肉割烹ふたご 夕食」

    嵐山ゆうさい亭

    嵐山ゆうさい亭

    貴船川床

    保津川下り

    THE JUNEI HOTEL 京都「屋上庭園 清水寺ライトアップ」

    THE JUNEI HOTEL 京都「屋上庭園 観月会」

     

    ホテル全館貸し切りプランでは、全8室から11室という「THE JUNEI HOTEL」の規模感を活かしホテルのホスピタリティを残しながら完全プライベート空間での滞在が可能となっている。最大約40名までの宿泊が可能で、結婚式や披露宴など特別な家族の集まり、友人との同窓会・卒業旅行、企業様の懇親旅行や海外からのゲストの家族旅行などグループ滞在に最適だ。

     

    THE JUNEI HOTEL 京都 御所西は、「日本の美しさを世界内外に」をビジョンに掲げ、全8室の地域密着型スモールラグジュアリーホテルとして、2017年7月に1号店をオープンした。ただ泊まるだけではなく、地場のパートナーや観光協会と連携し、京都の「伝統」、「文化」を伝えることで、一生忘れない、唯一無二の感動的で特別な体験を提供することを目指している。

     

    2020年3月には、「竹と月」をコンセプトに、2号店「THE JUNEI HOTEL 京都」を開業。「THE JUNEI HOTEL 京都」での滞在は、人と人の縁を象徴する竹と、京都・東山のなだらかな山並みを煌々と照らす月に囲まれており、竹をランドスケープとして建つホテル内には、デザイン性に優れた竹の伝統工芸品を用いた内装や客室を設え、竹の持つ美しさを館内に配している。館内や客室には、光を受けて輝く太陽の染物と言われている「夢こうろ染」を設えた。

     

    併設レストラン「肉割烹ふたご」のコンセプトは「落ち着いた大人の“IKI”」。“IKI”という音には「粋」「息」「意気」「活」などの意味が込められている。割烹仕立てのコースメニューでは、四季折々の滋味溢れる京野菜や芳醇な旬の食材を使用し、多彩な調理法で肉本来の旨味、味わいを奏でる逸品を提供。京都の季節の移ろいが如く、毎月変わるコースメニューで繰り広げられる匠の“IKI”を心ゆくまで堪能することができる。また、宿泊者は、京都の魅力を感じることができる嵐山祐斎亭を貸し切りで、披露宴やお茶会、写真撮影など、様々なシーンで利用可能。さらに、THE JUNEI HOTEL 京都(東山区)屋上庭園での観月会、ホテルから出発する人力車観光、貴船川床、保津川下り、和菓子作りなど、夏に叶わなかった体験も楽しむことができる。

    大切な家族や友人たちと、完全プライベート空間が広がるTHE JUNEI HOTELで至福のひとときを過ごしてみては?

  • 見逃せない!この秋おすすめのアート展示会6選

    28.September.2021 | FASHION / SPOT

    自粛生活が続き思うように出かけることができない今、密を避けて安全に楽しめるアート展示会をピックアップしてご紹介。自然の中で楽しむ現代アートや、日本の歴史を紐解き、その文化を垣間見ることができる日本画展など幅広いジャンルの展示会が勢揃い!

     

     

    【新潟県】さどの島銀河芸術祭 作品『状景を紡ぐ』展示

    佐渡ヶ島における山の生産システムや佐渡金山の歴史的な繋がりを想起させるアート作品。

    展示期間:2021年10月2日(土)まで

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/497623

     

     

     

    【北海道】JOZANKEI NATURE LUMINARIE-WATTER LIGHT VALLEY-

    今年6年目の開催となるライトアップイベントでは、自然の美しさと秘められた生命観を演出している。ナイトウォークも開催中。 

    開催期間: 2021年10月20日(水)まで

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/487179

     

     

     

    【京都府】京都国立近代美術館「発見された日本の風景 美しかりし明治への旅」

    ヒトやモノが国境を越えて流動した19世紀後半、日本の近代の始まりの時代である明治にフォーカスし、当時の油彩画・水彩画を通してその時代を紐解く。

    開催期間:2021年10月31日(日)まで

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/497368

     

     

     

    【佐賀県】「ボルボ チームラボ かみさまがすまう森」

    アート集団チームラボが九州「御船山楽園」で開催中の、大自然アート展「ボルボ チームラボ かみさまがすまう森」が期間限定で秋の装いに変わる。

    開催期間:2021年11月7日(日)まで

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/496134

     

     

     

    【兵庫県】『六甲ミーツ・アート芸術散歩2021』

    神戸市六甲山上にて六甲山上を周遊しながら、点在する現代アート作品を自然の中で楽しむことができる。一部の作品は開催期間中もアーティストによって作品に手が加えられ変化していく。

    開催期間:2021年11月23日(火・祝)まで

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/498401

     

     

     

    【東京都】江戸東京博物館「ひきつがれる都市の記憶-江戸東京3万年史」

    旧石器時代から現代まで、人々が暮らす東京の歴史を、それぞれの当時を物語る遺構や資料を通して振り返る。2022年4月より大規模改修工事開始のため、休館予定。

    開催期間:2021年12月5日(日)まで

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/498009

     

     

     

    TEXT:Natalie(MOSHI MOSHI NIPPON)

  • 京都の紅葉を愛でる 京都ブライトンホテルの朝活プラン販売開始

    27.September.2021 | SPOT

    京都ブライトンホテルが、ホテルの宿泊者のためだけに寺社仏閣を、2021年11月17日(水)から11月30日(火)までの期間中に貸し切りで案内する宿泊プランの販売を開始した。

     

    宝厳院

    安楽寺

    北野天満宮

            

    高台寺

    詩仙堂

    退蔵院

    東寺

     

    全国でも有数の紅葉の名所が数多くある秋の京都で、一般拝観の開門前、鮮やかに彩られた紅葉を貸し切りでゆっくりと楽しめる特別拝観プラン。少人数で秋の京都の素晴らしさを体験できる特別プランを提案する。

     

    京都ブライトンホテルが提案する“朝活”。凛とした早朝の空気の中、密を避けて静かな時間を過ごせることが何よりの魅力である当企画は、約20年続く人気のプランだ。貸し切りの贅沢はもちろんのこと、住職や神職の人による丁寧な案内も魅力となっている。寺社からホテルへ戻った後は、地元の食材を和洋にアレンジした特別朝食「京の朝ごはん」を味わうことができる。早朝の空気で身も心も清めた後の朝食はまた、格別と言っても過言ではない。

     

    この秋は、紅葉に包まれながら心を清める“朝活”に参加してみては?

     

  • あぶらとり紙でお馴染み「よーじや」カフェにて人気パフェ3種リニューアル

    14.September.2021 | FOOD

    あぶらとり紙でお馴染みの「よーじや」が、展開する「よーじやカフェ」が、2021年9月13日(月)より、定番メニューであるロゴマークの京女性の顔を描いた人気の「顔パフェ」をリニューアルし、きなこ・抹茶・ミルクティーの3種を販売開始。すべてのパフェにソースが別添えされており、好みの味に変えながら最後まで飽きることなく味わうことができる。

     

    きなこパフェ 1,200円(税込)

    抹茶パフェ 1,200円(税込)

    ミルクティーパフェ 1,200円(税込)

     

     

    よーじやカフェは、現在祇園店と嵯峨野嵐山店の2店舗営業しており、買い物や観光の合間にほっと一息つける空間を提供している。

     

    今回、リニューアルし登場したのは、きなことメープルシロップの和と洋の組み合わせが絶妙な「きなこパフェ」、オリジナルの抹茶アイスや抹茶ゼリー、抹茶クッキーなど抹茶の味を堪能できる「抹茶パフェ」や、濃厚な和紅茶と爽やかなアールグレイの2種類のアイスクリームを使用した「ミルクティーパフェ」の3種。

     

    お気に入りの味を見つけに、よーじやカフェへ足を運んでみては?

  • 京都・祇園の町屋甘味処「eXcafe祇園新橋」が土日限定で人気の朝食再スタート

    03.September.2021 | FOOD / SPOT

    祇園に佇む落ち着いた雰囲気の町屋甘味処「eXcafe祇園新橋」が、2021年9月4日(土)より土日限定で人気の朝食メニュー「イクスカフェの朝ごはん(三毛猫)」を再スタートする。古都の魅力が詰まった祇園の旅を朝食から気持ちよくスタートするのも良し、朝の祇園散策の途中に立ち寄ってみては?

     

     

    eXcafeは現在、京都にある「京都嵐山本店」と「祇園新橋」「祇園」に加え、今夏にオープンした「祇園八坂」の3店舗にて営業中。中でも、「eXcafe祇園新橋」は、四季とともに息づく祇園の魅力を景観とともに味わうことのできる場所に立地している。週末でも晴れた午前中の祇園は人通りも少なく、透き通った空は写真も映え、旅の思い出の一枚も鮮やかに写る。

     

    再スタートする朝食メニュー「イクスカフェの朝ごはん(三毛猫)」の自身で七輪にて焼いて味わう「ねこねこ食パン」は“三毛猫”をモチーフとした炭火焼きトースト。ふわふわの生地を分厚くカットしており、あんこ・バター・ホイップクリーム・フルーツの中から好きなものをトッピングすることができる。セットには、ドリンクとデザートとしてのみたらし団子も付いているので、旅のスタートや早朝観光の一息にゆったりとした大人の時間を過ごすことができる。

     

    この時期の午前中の祇園散策は良いことづくめ。残暑の時期には特に清々しく感じ、八坂神社へのご参拝にもお勧め。また、祇園の名所「巽橋」の下をゆったりと流れる白川のせせらぎや石畳への水打ちは、より一層涼しさを与えてくれる。そんな風流なエリアにあって、石畳の路地でつながる伝統的な木造の町屋として馴染むカフェ「eXcafe祇園新橋」で落ち着いた空間を堪能してほしい。

  • 秋の収穫祭をテーマにしたアフタヌーンティーがフォーシーズンズホテル京都にて登場

    30.August.2021 | FOOD / SPOT

    フォーシーズンズホテル京都が、旬を迎える秋の果物・野菜をふんだんに使用した「オータム・ハーベスト・アフタヌーンティー」を2021年9月13日(月)から11月30日(火)までの期間限定で登場する。ミシュランの星付きレストランや世界4軒のフォーシーズンズホテルで経験を積んだ、ペストリーシェフ・横田怜子が手がけるこの秋のアフタヌーンティーのテーマは「秋の収穫祭」。さつまいもやかぼちゃ、柿やリンゴなど、旬の食材を贅沢に使った心にも身体にも優しいラインナップとなっている。

     

     

    オータム・ハーベスト・アフタヌーンティー

    秋の食材をふんだんに使用し、野菜や果実が持つ本来の美味しさを引き出した5種類のスイーツ

    秋の畑をイメージした器に4種類のセイボリーをレイアウト。秋の恵みを掘り起こす楽しさを味わえる

    洋栗と和栗を贅沢に食べ比べる、秋のプレミアムパフェ

    栗やかぼちゃなど秋の食材を使った温かみあふれる数々のアイテムが、ご自宅のテーブルを彩ります

    期間限定販売のハロウィンカップケーキはお手土産にもおすすめ

    庭園「積翠園」の紅葉を臨む「庭園テラスダイニング」はフォーシーズンズホテル京都ならではの体験



     スイーツには、秋らしい食材をふんだんに使った5種類のメニューを展開。野菜や果実が持つ本来の美味しさを引き出したジュレやタルトタタン、クレームブリュレなどが並ぶ。また、シェフ横田が幼少期を過ごしたアメリカ・テキサス州の収穫祭からインスパイアされて生まれた「ハラペーニョ コーンブレッド」は、コーンの甘味とハラペーニョが効いたユニークな一品で、横田ならではのオリジナリティが光る。そして、レストラン「ブラッスリー」料理長の古賀隆稚が担当するセイボリーは、「収穫」そのものを体感してほしいとの思いで、秋の畑をイメージした器に4種類のアイテムをレイアウトしたユニークな演出で用意。スプーンをスコップに見立て、自身で秋の恵みを掘り起こす楽しさを味うことができる。またドリンクでは、フォーシーズンズホテル京都オリジナルブレンドティーを含む、ドイツのロンネフェルト社のプレミアムティーセレクションを味わうことができる他、秋限定のティーモクテル2種も登場する。旬の食材が織りなす美しい色合いに、黄金色の麦畑をイメージした装花も加わり、見た目にも美しいアフタヌーンティーを、秋の恵みを存分に味わいながら、ゆったりくつろいでみては?

    一日限定10食のプレミアムパフェには、秋の味覚を代表する「栗」を心ゆくまで堪能できる、2種類のモンブランパフェを使用。リッチで芳醇な味わいの「洋栗」と、優しく繊細な甘味の「和栗」。それぞれの特徴を活かした、食べ比べも楽しめるメニューとなっている。「洋栗 ラム酒とカシスのモンブラン」は、フランス産の洋栗の濃厚な甘味にラム酒を合わせた大人のパフェ。洋梨のコンポートやカシスジュレなどで各層を織り成した、見た目にも美しいクラシカルなパフェに仕上げた。また「和栗 宇治抹茶と柚子のモンブラン」は、和栗本来の繊細な味わいに、京都宇治・丸久小山園の抹茶を贅沢に使用した抹茶プリンや、爽やかな柚子ソルベなどを加えた、京都らしい一品。ペストリーシェフ横田怜子が手掛ける、栗の魅力の詰まった2種類のシックなパフェをお楽しみに。

     

    自宅にて楽しめるペストリー&ベーカリーでは、秋の食材を使った温かみあふれる数々のアイテムが並ぶ。定番のスイーツアイテムであるグラスデザートのヴェリーヌには、素材の甘味をしっかり味わう「モンブラン」や「苺のミルフィーユ」のほか、開業以来好評を得ている秋限定販売の「さつまいものショートケーキ」が今年も登場。また、季節のパウンドケーキでは、大人気の「栗とラム酒のパウンドケーキ」と最高級紅茶ロンネフェルト社の茶葉を使用した「オレンジとアールグレイのパウンドケーキ」を味わってみては?きのこやかぼちゃなど、秋の野菜をたっぷり使った食べ応えあるベーカリー2種はランチやおつまみにぴったり。

    さらに、今年は10月15日(金)から10月31日(日)までの期間限定で、ハロウィンカップケーキも初登場。オレンジと白のハロウィンらしい2色のクリームでデコレーションした「かぼちゃとクリームチーズのカップケーキ」と、甘酸っぱくキュートな「ショコラとフランボワーズのカップケーキ」は見た目も可愛らしい。

     

    艶やかな紅葉に染められた日本庭園「積翠園」で京都ならではの風景を愛でながら、秋の甘い味覚を堪能しよう。

     

  • 星のや京都、源氏物語の紅葉の宴を優雅に楽しむ特別イベント開催

    30.August.2021 | SPOT

    京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」が、2021年11月29日(月)と11月30日(火)の2日間限定で、「星のや紅葉賀」を開催。樹齢約400年のオオモミジの木が広がる奥の庭で、源氏物語の紅葉の舞を鑑賞する内容となっている。嵐山は平安貴族が愛した自然が今なお残っており、秋には深紅に染まる紅葉が美しく彩る。紅葉賀とは紅葉のころに催される会で、源氏物語では光源が紅葉の下でという舞を舞う優美な場面が描かれている。

     

     

    特徴1

    源氏物語の紅葉賀では、紅葉が散りかう中での光源氏の舞が描かれている。嵐山は古くから紅葉の名所として知られ、「大井川 ふるき流れを たづねきて 嵐の山の もみぢをぞ見る」(白河上皇)など、歌枕にも多く詠まれている場所であり、その嵐山に位置する星のや京都の奥の庭には、樹齢約400年のオオモミジの木が枝を広げ、対岸の小倉山を彩る紅葉と共に、景色を錦の絹織物のように染め上げる。奥の庭から眺める景色と、光源氏が優美な舞を披露した場面が重なり、源氏物語に描かれる風流な一幕へと誘われる。

     

     

    特徴2

    源氏物語に描かれる光源氏の雅な舞「青海波」は、見る人が涙したと表現され、物語の中で繰り返し回想の形で登場するほど優美で印象的なもの。その一幕が、奥の庭に響く雅楽器の幽玄の音色と、その音に合わせて華やかな装束がゆれる優美な舞によって目の前で表現される。波とともに96羽もの千鳥がすべて異なる姿で隅々まで刺繍されている装束をまとい、ゆるやかに袖を打ち返す所作で、寄せては返す波を表現し、青海波の舞でのみ用いられる美しい萌黄色の装束が深紅の紅葉の下でゆれ、舞手の姿を一層優美に演出する。雅楽は平安時代のころに確立し、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている日本の伝統文化だ。

     

     

    源氏物語でも登場する印象的な紅葉賀を体験してみては?

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US