京都・伊藤久右衛門より “生食感” の「宇治抹茶生水ようかん」新発売

24.April.2019 | FOOD

江戸後期創業、京都・宇治 伊藤久右衛門は、2019年4月24日より新商品「宇治抹茶生水ようかん」を販売開始する。

「宇治抹茶生水ようかん」のこだわりは、口に入れた瞬間スッと溶けてなくなるような「生」の食感。あんにかける熱を極限まで少なくした独自の「本生製法」により、なめらかな食感を実現した。

素材の白あんには、北海道産の手芒豆を使用。種皮の色が白いため、抹茶の鮮やかな緑を最大限美しく見せる。また、寒天は粉寒天ではなく、天然の天草を100%使用した糸寒天を使用。手間ひまはかかるが、糸寒天を使用することで口に入れた時の舌触りが一層なめらかになる。石臼挽き抹茶の豊かな風味、「本生製法」による瑞々しいなめらかさが特長だ。

 

こだわりの食材と製法でつくられたようかんでひんやり涼んでみてはいかが。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US