【東京ごはん】昭和ノスタルジーを感じる日本生まれのスパゲッティ

06.November.2016 | FEATURES / FOOD

イタリアのナポリにナポリタンがないのは有名な話。では、ナポリタンのルーツは一体どこにあるのかというと、答えは日本だ。いまでは街の喫茶店や洋食店の定番メニューとなったナポリタンの“生みの親”は、横浜にある『ホテルニューグランド』。

戦後、GHQとして接収されたホテルの厨房で、進駐軍がボイルしたスパゲッティにケチャップを絡めて食べていた料理にヒントを得て、当時の料理長が開発したと言われている。ケチャップではなく、フレッシュトマトを使用し、炒めた玉ねぎやにんにく、ハムやマッシュルームを加えたホテルメイドのナポリタンの味が評判を呼び、横浜から全国へと次第にブームが広がっていったのだという。

使う具材や麺、茹で方など、店によってこだわりもさまざま。パスタ料理の本場、イタリアの人々からすれば「パスタにケチャップを使うだなんて!」と反感を買いそうだが、2009年にナポリにナポリタンが初上陸した際には、意外にも高評価を集めたという。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-20-27-11

日本人はノスタルジーを、外国人は新しい! と、感じるナポリタンだが、その“聖地”としてかならず名前が挙がるのが、新橋の『ポンヌフ』。ランチ時は行列ができるほどの人気店で、多くの人のお目当てはもちろん、スパゲッティ・ナポリタン(\598)。もっちり太めのパスタは茹でおきで、ケチャップを配合した自家製ソースは素朴で心がなごむ味。ちょっと贅沢な気分を味わいたいときは肉汁がたっぷりのハンバーグのせ(\782)をオーダーするのもおすすめだ。

%e3%83%8a%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%aa%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%80%80anjin

外国人客利用も多い『代官山 蔦谷書店』に併設する『Anjin』にも、厳選した食材を使ったナポリタンが。東京散策中に一息つきたいときにぴったりなカフェは、落ち着いた雰囲気。ナポリタンの味もどこか上品で洗練されている。基本的な調理法やベースは同じでも、店によって個性が異なるのがナポリタンの魅力。日本オリジナルのスパゲッティを1度味わえば、かならずその虜になるはずだ。

*価格は税抜です。

■カフェテラス ポンヌフ

住所:東京都港区新橋2−20−15 新橋駅前ビル1号館 1F

 

■Anjin

住所:東京都渋谷区猿楽町17−5 代官山蔦屋書店

 

フードライター 小寺慶子

 

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US