京都におだしのテーマパーク「京都離宮 ~おだしとだしまき~」オープン

08.August.2022 | FOOD / SPOT

持続可能なおだしの魅力を伝えるべく、京都・伏見におだしのテーマパークとして「京都離宮 ~おだしとだしまき~」が2022年8月8日にオープンした。

 

 

お店に足を踏み入ると、店内に広がるおだしの香りが臭覚を刺激する。次に視覚に訴えるのは8mものショーケース。そこにはおだしの魅力、料理レシピや和食の魅力など、あらゆる角度からおだしのある生活を紹介。だしパックの魅力を伝える4mのショーケースでは、実際に使用している天然素材が並んでいる。

 

 

また、入口横のオブジェには実際に天然素材を手に取って、香りや触感などを楽しめるスペースも用意。コロナ収束後はおだしの試飲も予定しており、おだしを楽しむ体験が詰まった施設となっている。

 

 

「だしまき御膳と釜たきごはん」1,980円(税込)

 

施設内では飲食も可能。

4種類の利きだし(離宮のおだし、京さわら、あご、本枯節)から好みの出汁を選び、選んだ出汁でつくるだしまき御膳を食べることができる。最後の〆はだし茶漬けを提供。(夏季は冷やしだし茶漬)

 

 

京都離宮での体験を通じて「おだしの文化」を楽しみ、おだしを取り入れる生活、おだしを意識した生活を始めてみては?

RELATED ENTRIES

  • ネイキッド、京都の世界遺産・二条城にてアート展『NAKED FLOWERS 2022 秋 世界遺産・二条城』開催

    05.October.2022 | SPOT

    ネイキッドは、2022年10月28日(金)から12月4日(日)までの期間限定で、世界遺産・二条城にて、花の体感型アート展『NAKED FLOWERS 2022 秋 世界遺産・二条城』を開催する。リアル(フィジカル)での体験型アートと、メタバース二条城でのバーチャル体験がクロスオーバーする、次世代型アート体験イベントとなっている。

     

    二条城の唐門に描かれている鳳凰が道先案内人となり、ネイキッドのアートに彩られた秋の二条城を体験しながら五感で巡る本展。国宝の二の丸御殿や重要文化財の東大手門、唐門などの歴史的建造物を有する二条城の幻想的な夜の姿を楽しむことができる。今回はコロナ禍以降、三密をなるべく避けるため簡略化されていた重要文化財である唐門へのプロジェクションマッピングショーが復活。門だけでなく床面も含め、鳳凰が優美に飛ぶ姿から秋の訪れを表現する。内堀の石垣では、一面に広がる鳳凰のプロジェクションマッピングショーや自分のお花が内堀に反映される参加型のデジタルアートを展開。台所前庭では、代々木公園の人気カフェTREE by NAKED yoyogi park秋のスイーツ&ホットドリンクが楽しめる飲食屋台も登場する。

     

    台所前庭では、アーティスト村松亮太郎と華道家元池坊 次期家元 池坊専好氏のコラボ作品が展示される。本コラボ作品はリアル(フィジカル)とメタバースの二条城どちらにも展開。リアルではいけばな制作に来場者が自分のデジタルフラワーで参加できるインタラクティブアートに。メタバースでは池坊専好氏のバーチャルいけばなに、来場者のデジタルフラワーが生けられていく永遠に咲き続けるバーチャルいけばな作品を共創する。リアルではその瞬間のいけばなとデジタルフラワーとの融合で一期一会のいけばなアートを楽しみ、メタバースでは、バーチャルだからこそ多くの人が参加可能となり、永遠に未完成のまま咲き続けるバーチャルアートを堪能してみてはいかが?

     

     

    重要文化財・唐門
    プロジェクションマッピング


    特別名勝・二の丸庭園
    ライトアップ


    内堀
    インタラクティブ体験/プロジェクションマッピングショー


    香雲亭
    ライトアップ


    NAKED感染症予防対策アート
    『NAKEDつくばい®︎』


    清流園
    ライトアップ


    台所前庭
    DANDELION PROJECT


    台所前庭
    村松亮太郎×華道家元池坊 次期家元 池坊専好
    コラボ作品(リアルとメタバース連動体験)

  • アニメ「響け!ユーフォニアム 」× 京都タワーホテル コラボルーム期間限定登場

    16.September.2022 | ANIME&GAME / SPOT

    京都タワーホテルは、アニメ「響け!ユーフォニアム」シリーズとのコラボ企画として、「響け!リズと青い鳥ルーム」を販売する。京都タワーホテルアニメコラボルーム第二弾となるこの客室は、2022年9月12日(月)より2023年8月31日(木)までの期間、1日1室限定で宿泊することができる。

     

    武田綾乃氏の小説「響け!ユーフォニアム」を原作とし、京都アニメーション制作でTV・劇場アニメ化された本作は、京都府宇治市とその周辺が背景の舞台になっている。TVシリーズでのワンシーンには、京都タワーが登場した。今回のコラボルームは、劇場アニメ「リズと青い鳥」、そして「響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」のコンクール課題曲としての「リズと青い鳥」をテーマとしている。

     

     

    描きおろしの4人のキャラクター

    ポンポン・ドラムメジャーバトンを再現

    スクリーンで作品を鑑賞

    絵本「リズと青い鳥」を模した本

     

     

    ※写真はすべてイメージです。

    描きおろしキービジュアルのクリアファイル

    ※ご宿泊1名につき1枚のお渡しです。(添い寝のお子様分は含みません)
    ※なくなり次第終了いたします。


    ウォールアートには、登場キャラクター(傘木希美・中川夏紀・吉川優子・鎧塚みぞれ )の新規描き下ろしイラストや、TVシリーズ第1期から最新作までの中から選り抜きのシーンの数々、キャラクターのサインや、それぞれの描く「青い鳥」を展示している。

    また、作中で登場した「ドラムメジャーバトン」「ポンポン」(劇場アニメ「響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」・サンライズフェスティバル)や、絵本「リズと青い鳥」を模した本(劇場アニメ「リズと青い鳥」より)、北宇治高校の譜面隠し&譜面台を再現。さらに、「響け!ユーフォニアム」シリーズTV・劇場放映作品(※)のブルーレイディスクとホームプロジェクターが登場。客室内で作品を鑑賞することができる。

     

    さらに、「響け!リズと青い鳥ルーム」に宿泊した人には先着400名限定で、オリジナルグッズ「描き下ろしキービジュアルのクリアファイル(全1種)」がプレゼントされるのでお見逃しなく!

     

  • 日本和文化振興プロジェクト「第2回日本和文化グランプリ」結果発表

    12.September.2022 | FASHION

    各分野の企業、協会、自治体が協業し、持続可能な日本の和文化発展の仕組みを構築・確立するため、2020年5月に設立された一般社団法人 日本和文化振興プロジェクトは、「第2回日本和文化グランプリ」を開催し、計5作品の受賞を発表した。

     

    元文化庁長官の近藤誠一が陣頭指揮をとり、副代表にユナイテッドアローズ名誉会長 重松理と、400年の歴史を誇る伊場仙14代目当主 吉田誠男が脇を固める一般社団法人 日本和文化振興プロジェクトは、国籍居住地、年齢を問わず、和文化に携わる企業・団体・個人を対象に、日本が誇る優れた作品を顕彰するイベントとして当グランプリを開催。審査委員はシャネル合同会社 会長リシャールコラスや、モデルの秋元梢など、各界で活躍する11名が務め、栄えある5作品を選出した。

     

    グランプリ

    塵取り・箒「Chiritori×Houki」

    羅琪(ロ チ)

    ちりとりは、一本一本を手で松本箒の特別な形と合わせて形を整え、それに徳島の天然染料『藍』で染色したものです。箒は、第三代の職人さんが長年の経験を積み重ねた技術とこだわりをもって、自家栽培したホウキモロコシを材料として作った、世界で一つだけの箒です。箒の取手部分とちりとりを完璧に合わせるため、何度も微調整を繰り返すことで、唯一無二の吊れる松本箒ちりとりセットを生み出しました。

     

    準グランプリ

    漆芸「Ether」

    佐々木岳人

     

    【講評】
    伝統と革新。和文化の精神と本賞のパーパスが形になって現れたような作品である。ファスナーは開かない。表面は革製品に見えて、革ではない。蓋を開けると、艶やかな漆が広がる。思い込みはあっさりと裏切られた。そして触れる人、使う人の想像力を広げるパワーに満ちている。作り手はこの様子を想像して、にんまりしているのではないか。多くの気配りを施しながら、見事な匠の技が軽やかに決まっている。楽しい驚きを受けた。(田中里沙)

    酒器「和nagomiの酒器」

    藤田和

     

    【講評】
    アールヌーボーの、植物に対する観察や繊細な造形化を透明なガラスの生命感と重ねていく精神との共通点をもっている。「和なごみ」では植物の線的な表現はよりライトだがそれがいくつものレイヤーや形の重なりあいによって、その場の雰囲気に浸透していくような共鳴を生み出している。漆や箔などの伝統技法をさりげなく幾重にもつかいながら、そこに「植物という生」のいきづかいをもたらす。現代的なエコロジーのとりこみといえる。(長谷川祐子)

     

    優秀賞

    カウンターテーブル
    「Floating Boat Counter -舟のように浮かぶカウンターテーブル-」

    児玉理文(一級建築士)石川大樹(一級大工技能士/二級建築士)

     

    【講評】
    日本建築の伝統的技術である「舟肘木」をモチーフに、住まいの中心である家族のくつろぎの場所で建築と家具を一体化する実用性と日本の木構造の美しさを現代に生かした優れた作品である。舟肘木は日本の伝統的建築の中で住居系の建築、京都御所清涼殿、園城寺光浄院客殿等で使われ、寺社建築の斗栱とは異なる優美で品格のある構造意匠である。その美しく洗練された舟肘木をモチーフに建築と一体化したテーブルとして立体的に構成し、住まいの中心として家族が楽しく集まる美しい空間を作り出している。(堀越英嗣)


    折りたたみ式正座補助椅子
    「patol stool SEIZA」

    平山日用品店 平山和彦・真喜子

     

    【講評】
    折りたたみ式の正座補助椅子であり、すぐにでも実用化できそうなコンセプトで、審査員からも好評であった。畳文化を気軽に楽しむのには、うってつけの補助器具で、めっきり正座の機会の減った現代人には強い味方になりそうだ。椅子の高さやサイズ感、それに細かく折りたためる収納あたりが、いい塩梅で、今までにはなかったものである。身体のサイズに対応したバリエーションや蝶番のデザイン性の検討など、さらに美しくなる可能性を秘めた傑作である。(秋元雄史)

     

    日本の伝統文化と未来の伝統に繋がるアートワークから目が離せない。

     

  • 京都・伊藤久右衛門「宇治抹茶モンブランパフェ&栗スイーツプレート」期間限定提供 

    08.September.2022 | FOOD / SPOT

    江戸後期創業、京都・宇治 伊藤久右衛門は、伊藤久右衛門各茶房にて2022年9月1日(木)より『宇治抹茶モンブランパフェ』『栗スイーツプレート』の提供を開始する。

    宇治抹茶モンブランパフェ&栗スイーツプレート

     

    くるくると絞り出したモンブランクリームの頂に渋皮栗をあしらい、黄色い栗の甘露煮と白色が眩しいメレンゲの焼き菓子を添えた「宇治抹茶モンブランパフェ」。中には、薄いクッキー生地をくだいたロイヤルティーヌ、自家製の宇治抹茶ゼリー、コリコリとした寒天、宇治抹茶&渋皮栗のアイスクリーム2種、宇治抹茶蜜を使用している。和栗の余韻を残しつつ、宇治抹茶の味を堪能できる秋限定のパフェとなっている。「栗スイーツプレート」は、秋限定の栗抹茶ロールケーキと栗抹茶だいふくに、宇治ほうじ茶チーズケーキ、宇治抹茶&ほうじ茶生チョコレート、宇治抹茶ミニパフェ、宇治抹茶&マロンアイスクリームなど、8種のスイーツを一度に楽しめる特別メニューだ。お茶屋ならではの秋限定スイーツプレートが楽しめる。

     

     

    宇治抹茶モンブランパフェ

    栗スイーツプレート

  • 「泊まれるギャラリー」がHOTEL SHE, KYOTOに期間限定オープン

    05.September.2022 | FASHION / SPOT

    アートのサブスクリプションサービス「Casie(かしえ)」を運営する株式会社Casieは、ホテル「HOTEL SHE, KYOTO」とコラボレーションし、2022年9月17日(土)から10月16日(日)の期間限定でアート展示「GALLERY HOTEL SHE,」を開催する。

     

     

    期間中、HOTEL SHE, KYOTOの宿泊者は、チェックイン後にホテル内に今回特別にアレンジされた一室のギャラリーにて展示されているアート作品からお気に入りの一枚を選び、宿泊する客室に飾り、プライベートな空間で一晩じっくりと鑑賞することができる。アートを飾って客室で過ごす時間になぜその絵を選んだのかを考えたり、魅力を感じるポイントを一緒に宿泊する人と語り合えるように、捉え方が自由な作品を中心にキュレーションする。

     

    本企画の実施背景として、「アートを美術館などで観ることはあっても、自ら好きな作品を選んで飾るという体験をする機会はなかなかありません。宿泊体験を通して、『自分でアートを選び、飾る』という能動的にアートに関わる体験を提供し、暮らしの楽しみの1つの選択肢になることを目指します」という思いが込められている。

  • 京都にて“ハロウィンおばけ”がテーマの期間限定アフタヌーンティー登場

    30.August.2022 | FOOD / SPOT

    結婚式場「アートグレイス ウエディングヒルズ」は、2022年9月から10月の特定日に、ハロウィンの可愛いおばけをアイコンにした『~Trick or Treat~ハロウィンオータムアフタヌーンティー』を販売する。

     

     

    いたずらおばけのハロウィンパフェ イメージ

    スイーツイメージ

    フードイメージ

     


    秋の味覚の洋梨やりんご、栗、かぼちゃ、さつまいもなどを使用した、見た目にも愛らしいおばけやハロウィンカラーのスイーツが登場。テーマを象徴する『いたずらおばけのハロウィンパフェ』は、カシスムースとブラッドオレンジジュレでさっぱりとした仕上げに。魔女の帽子を被りおばけに見立てたマシュマロが可愛らしい一品となっている。


    秋の食材と可愛いおばけモチーフのスイーツとともに、心ときめくひとときを過ごしてみては?

  • 月の名所である京都・嵐山にて、「観月の夜奏会」開催

    18.August.2022 | SPOT

    京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2022年10月1日(土)~10月31日(月)の期間中に、月の名所・嵐山で雅楽の音色に包まれ、秋の月を愛でる「観月の夜奏会」を開催する。空に光り輝く月の下、雅楽の演奏に耳を傾けながら月見酒を味わうアクティビティとなっている。

     

    嵐山は平安貴族が別荘を構えて自然を愛でた風光明媚(ふうこうめいび)な場所。かつて平安貴族は美しい秋の月を眺めながら酒を酌み交わし、管弦楽に興じながら秋の夜長を楽しんでいた。

     

     

    古くから嵐山は月の名所とされ、嵐山の名所「渡月橋(とげつきょう)」は、鎌倉時代に亀山上皇が「くまなき月の渡るに似る(「曇りのない夜空に、満月が橋を渡っていくようだ」の意味)」と述べたことが名前の由来。星のや京都が位置する奥嵐山は街の光が届かない場所にあるため、昔から変わらない月明かりを眺めることができる。

     

    「観月の夜奏会」では、月を眺めながら雅楽の生演奏を楽しむことができる。雅楽は平安時代に確立し、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている日本の伝統文化で、古くから宮中の儀式などで演奏されてきた。本アクティビティで奏でられる龍笛(りゅうてき)は、軽やかで透き通るような音色を持つ横笛だ。平安貴族がかつて月を愛でながら管弦楽に興じていた風情そのままに、奥嵐山の静かな渓谷にこだまする龍笛の音色に耳を傾けてみよう。

     

    月見酒は「月賞(げっしょう)」という日本酒で、京都市嵯峨地域で栽培された酒米「祝(いわい)」でつくられた純米大吟醸酒。月賞という名前は、平安貴族が嵐山の地で月を鑑賞しながら酒を酌み交わしていたことに由来している。静かな奥嵐山の月明りの下、月見酒を味わうことで、平安貴族さながらに優雅な時間を過ごしてみてはいかが?

     

  • “ちいかわ”のオフィシャルショップ 「ちいかわらんど 京都四条河原町店」グランドオープン

    27.July.2022 | FASHION / SPOT

    株式会社キデイランドは、キデイランド京都四条河原町店内に、”ちいかわ”のオフィシャルショップ「ちいかわらんど 京都四条河原町店」を2022年7月29日(金)にオープンする。

    「ちいかわ」は、イラストレーターのナガノさんが、twitter上で発表したキャラクター。その後、2020年12月から商品化されて、公式オンラインストア「ちいかわマーケット」をオープンし、twitterに投稿していた漫画も書籍になった。その独特な世界観とストーリーが多くのファンを生み、現在ではフォロワーも110万人を超え、コラボカフェや展覧会「ちいかわの森」、さらには、「めざましテレビ」(フジテレビ系列)内でもアニメが放送され、今一番注目されている作品だ。

    昨年8月に2店舗同時にオープンした原宿店と大阪梅田店、月オープンした福岡パルコ店の「ちいかわらんど」は、連日たくさんのゲストが来店している。その人気を受け、”ちいかわ”のオフィシャルショップ4店舗目「ちいかわらんど 京都四条河原町店」をオープンすることになった。

     

     

    左 クリアファイル 2種 各385円(税込) 右 アクリル卓上時計 3,080円(税込)

    アクリルペンスタンド 1,320円(税込)

     

     

    お買上特典:ホログラム缶バッジ、フライングディスク(ダッ!)、ホログラムステッカー (いずれも非売品)

     


    「ちいかわらんど 京都四条河原町店」には、「ちいかわらんど」のために描き起こしたイラストを使用した限定商品をはじめ、お買い上げ特典、専用ショッパーやオープン記念スタンプを用意。ぜひこの機会に、キデイランドへ”ちいかわ”達に会いに行こう。

     

    ©nagano / chiikawa committee

  • デジタル花火などが登場「NAKED 夏まつり2022 世界遺産・二条城」開催 

    11.July.2022 | SPOT

    この夏、世界遺産 二条城では、夜間に夏まつり気分を満喫できる「NAKED 夏まつり2022 世界遺産・二条城」が2022年7月22日(金)から8月21日(日)までの期間限定で開催することが決定した。

     

    縁日屋台(イメージ)

    スマホを利用したバーチャルコンテンツ(イメージ)

     

     

    今回は、重要文化財・唐門や特別名勝・二の丸庭園のライトアップ、内堀の石垣に打ち上げるデジタル花火のほか、明るい時間でも楽しめる縁日コンテンツがラインアップ。
    また、昨年に引き続き、「NAKEDつくばい™️」や「NAKEDディスタンス提灯®︎」など、感染症予防も兼ねたアート体験も登場し、安心安全に二条城の夏まつりを楽しむことができる。

     

    二条城でひと夏の思い出を作ろう!

     

  • クラゲ風鈴が涼やかに奏でる京都水族館の夏イベント「くらげと風鈴」スタート

    05.July.2022 | FASHION / SPOT

    京都水族館は、2022年7月1日(金)~9月30日(金)の期間、130個のクラゲを模した手作りの風鈴と、クラゲの多様性や魅力を伝える「クラゲ川柳」を楽しめるイベント「くらげと風鈴」を開催する。

     

    本イベントは、2021年に初めて開催した夏季限定イベント。ミズクラゲやタコクラゲなど21種のクラゲをモチーフにした「クラゲ風鈴」を、「京の里山」エリアを中心に展示する。

     

     

    「クラゲ風鈴」は、新潟県にあるガラス工房「TAKU GLASS」で作られ、飼育スタッフ監修のもと、形や色などクラゲの種類ごとに異なる個性を再現したオリジナル作品。風鈴には、飼育スタッフがクラゲにまつわる特徴などを川柳にした短冊が吊るされる。また、展示エリアでは、モチーフとなったクラゲの特徴や風鈴にする過程でこだわった部分を解説する「くらげ風鈴図鑑」の登場や、イベント期間中の限定フードとして、タコクラゲを表現した「タコクラゲ発生!ミックスソフト」も。京都水族館ならではのクラゲづくしの展示で、多種多様なクラゲの魅力を楽しもう。

     


    また、「夜のすいぞくかん」の開催日には、午後5時以降に風鈴をライトアップし、涼しげな夏の夜を演出。暗い外に淡い光で照らされて浮かび上がる「クラゲ風鈴」は、日中とは違う趣を感じられること間違いなし!



    クラゲ風鈴が織りなす京都の夏の涼を、風情を感じながら過ごしてみては。

  • バンヤンツリー・グループの新ホテルブランド 「ギャリア・二条城 京都」オープン

    26.June.2022 | SPOT

    世界有数の独立系ホスピタリティグループの一つである「バンヤンツリー・グループ」は、世界に先駆けて京都に初となる新たなブランド「ギャリア・二条城 京都」を、2022年6月17日(金)にグランドオープン。当グループのホテルとして日本初上陸を飾る。

     

    ホテル外観イメージ

     

    世界遺産・二条城の南隣に佇み、美しい冬の花の名を冠した「ギャリア・二条城 京都」は、シンプルな美しさや自分自身を充電する空間を提供する、モダンでミニマルなスモールラグジュアリーホテル。

     

    ウェルビーイングルーム

     


    今回のグランドオープンでは、ブランドフィロソフィーのウェルネスや瞑想を体感できる「ウェルビーイング・ルーム」を新設した。
    近くの庭園や寺社をゆっくり散歩したり、歴史的名所のツアーに参加したり、館内で過ごす際には「ウェルビーイング・ルーム」で瞑想やヨガなどを嗜むなど、日常の喧騒から離れてリチャージ(充電)の時間を過ごすことができる。


    また、フレンチレストラン「眞蔵(シングラー)」が届ける、生産者や素材にこだわった料理でもゲストの心身のリラックスをサポートしていく。

    心身共に休まる穏やかな空間で、新しい京都旅を堪能してみては。

  • 次世代型街歩きプロジェクト「NAKED GARDEN -ONE KYOTO-」今秋始動

    06.June.2022 | SPOT

    株式会社ネイキッドは、京都府京都市・宇治市、「古都京都の文化財」の一つとして世界遺産に登録されている比叡山延暦寺を有する滋賀県大津市と共に、京都の城や神社仏閣などの歴史的建造物を舞台に、リアルとメタバースのヴァーチャル世界がクロスオーバーする次世代型街歩きプロジェクト「NAKED GARDEN -ONE KYOTO-」を今秋より本格始動する。

     

    これまでネイキッドと京都市は、2017年より二条城の夜間イベントやコロナ禍での「ヴァーチャルお花見」VRプロダクトなどを通しての新たな文化発信と観光体験の創出を行なってきた。昨年は、アートプロジェクト「DANDELION PROJECT」を通して、平和祈願のリレーを、世界遺産・賀茂別雷神社(上賀茂神社)よりスタート。世界遺産・仁和寺、清水寺、平安神宮など、宗教や宗派を越えて京都を繋げてきた。

    2022年は、ネイキッドと京都市、宇治市、大津市、そして、各市の観光協会である公益社団法人京都市観光協会、公益社団法人宇治市観光協会等とも協力し合い、これまでのリアルでの体験型アートイベントのみならず、京都をヴァーチャルで楽しむメタバースが誕生する。ネイキッドならではの特徴は、リアルとヴァーチャルがクロスオーバーする体験づくり。リアルのイベントに参加した人が体験したアートがメタバース上で反映されたり、メタバース上での体験がリアルのイベントに参加するとリアルならではの形で楽しむことができる。「NAKED GARDEN -ONE KYOTO-」の公式サイトは、今夏開設予定だ。

     

    京都の歴史的建造物を舞台に、リアルの自分とアバターの自分が連動しながら楽しむ次世代型の文化発信とアート・エンタメを体験しよう。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US