“キレイさ”重視の人にオススメ!銀座徒歩圏内のオシャレホテル 京橋「an/other TOKYO」

15.May.2019 | FEATURES / FOOD / SPOT

旅行でホテルを探す時、私にとって一番重要なのは「キレイさ」。どんなにラグジュアリーなホテルでも古びたホテルより、新しくできたキレイなビジネスホテルのほうが良かったりします。もちろんサービスとか、部屋の広さとかそういうのも気になりますが、古びた水回りとか、掃除では取りきれない汚れとかがすごく苦手なんです。

 

そんな私と同じように「キレイさ」重視でホテルを選ぶという人にオススメしたいホテルが、最近オープンした「an/other TOKYO(アナザー トウキョー)」。

東京駅から徒歩8分、銀座も徒歩圏内というすばらしい立地。そして内装や家具にもこだわっているオシャレなホテルです。

外観はこんな感じ。外にはテラス席があり、1Fの「CAFÉ an/other」で購入したコーヒーをゆったりと飲むことも可能。こちらのコーヒーは中目黒の人気コーヒースタンド「サイドウォーク・スタンド」の豆を使用していて、シェフが腕をふるったヘルシーな軽食類なども販売されます。

・オープン時間:7:00〜23:00(L.O. 22:30)

 

階段を上がっていくと、レセプションがあります。レセプションには最新鋭のデジタルサイネージを設置。五感に訴えるインフォメーションボードの秘密はカウンターにあるサイコロ・・・?!ぜひカウンターで確認してみてください。

キャビン

コンパートメント/S

コンパートメント/ L

部屋はキャビンとコンパートメント(個室)タイプがあります。どちらもS/M/Lというサイズになっていて、ドリンクかよって感じですが、個人的には「シングル」「ツイン」「ダブル」とか言われるより感覚的に分かりやすいかなと思いました。Sはちょいせま、Mは快適、Lは広め、という感じです。

 

キャビンは値段が安い分、シャワーやトイレが共同になっていて、部屋の仕切りもカーテン。1部屋ごとで鍵はかかりませんが男女はフロアが別になっているので、コスト重視の方はキャビン、怖がりの方はコンパートメントをオススメします。

部屋には一通りの必要なものが揃っていました。シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・パジャマ・消臭スプレー・「Brew Tea Co.」のリーフティー。また急な泊まりにも嬉しい、メイク落としや化粧水なども。コンパートメントの部屋は洗面所が広く取られているので、夜のケアや朝の準備が捗ります。

そして部屋にはシンプルだけど存在感のある照明や、バルミューダのポットも。とにかく部屋にあるものすべてがオシャレ!家具・家電好きな人は、部屋の隅々までチェックしてみてください。

 

今回は2Fにあるレストラン「EAT an/other」で夕飯も食べました。西洋の食文化を日本的に解釈することで生まれた”洋食”がコンセプト。

懐かしさを感じるメニューが多い中、カルパッチョ・アヒージョなどのメニューも並びます。

メインディッシュはサーモンとアジのフライとステーキを注文しました。フライはサクサクの衣にホクホクのお魚がおいしい♡ステーキの肉も柔らかく、付け合せのポテトまでペロリです。

レストランで特に注目してほしいのはモダンなインテリア!こちらにもHAYの家具が使われているほか、照明はトム・ディクソン!どこから切り取っても、とってもオシャレ・・・。

こちらのレストランでは朝食も食べられるので、宿泊の際はぜひ利用してみてください。

・オープン時間:朝 7:00〜10:30 昼:11:30〜15:00 夜:17:30〜23:00

 

駅チカでキレイなホテルというのはだいたい値段が高いのが相場ですが、こちらのホテルは素泊まりでキャビン3,900円〜、コンパートメント10,600円〜とリーズナブル。

 

銀座で夜遅くまで遊びたい!便利な場所に宿泊したい!そして何よりキレイでオシャレなホテルに泊まりたい!という方は「an/other TOKYO」での宿泊をオススメします。今はオープンを記念した特別プランも提供中なので、ぜひWebsiteをチェックしてみて!

 

Writer:Sayuri Mizuno(ASOBISYSTEM)

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US