映画「貞子」、女王蜂が担当する主題歌「聖戦」とのコラボ予告映像解禁

17.May.2019 | MOVIE / MUSIC

1998年、‷見た者は1週間後に呪い殺される‴という「呪いのビデオ」の恐怖を描いた鈴木光司のホラー小説を、中田秀夫監督が映画化した「リング」。そんな日本ホラー映画史上No.1「リング」シリーズの最新作「貞子」が2019年5月24日に公開される。

 

今回、女王蜂が担当する主題歌である「聖戦」とのコラボ予告が解禁された。映像には、ベッドの脇で座り込み怯える様子の茉優(池田エライザ)や、必死の形相で叫ぶ切迫した様子の茉優、何者かの瞳に映る赤ん坊の姿など、これまで解禁されている映像には含まれない新映像が。

中田秀夫監督は「聖戦」について、「映画『貞子』は『リング』から20年来のJホラー的、そして現在の映画としての“エンターテイメントな怖さ”を追求しつつ、“血の繋がったもの同士としての情愛”のヒューマンドラマの側面も強いです。それが女王蜂による主題歌「聖戦」と余韻豊かなマッチングをしていると思っています。」と主題歌「聖戦」を絶賛。女王蜂のライブで生演奏を聴いた際は「とめどなく涙が溢れてきました。」とコメントした。

茉優という役に極限まで気持ちを作って臨んだ池田エライザの熱演と、映画のドラマ性をより美しく色づける「聖戦」のコラボ予告をぜひ映画鑑賞前にチェックしてほしい。

 

©2019「貞子」製作委員会/配給:KADOKAWA

RELATED ENTRIES

  • 女王蜂、映画「東京喰種【S】」主題歌「Introduction」のMV公開

    11.July.2019 | MOVIE / MUSIC

    女王蜂「Introduction(イントロダクション)」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。

     

    「Introduction」は女王蜂が5月に発売したニューアルバム「十(ジュウ)」に収録され、7月19日(金)に公開される映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」の主題歌にもなっている楽曲。

     

    女王蜂 「Introduction」Official MV

    今回公開されたミュージックビデオは「HALF」「催眠術」「火炎」「聖戦」に続き、中根さや香監督とタッグを組んだ作品。ぜひチェックしてほしい。

     

    ©️2019「東京喰種【S】」製作委員会 ©️石田スイ/集英社

  • 女王蜂、映画「東京喰種【S】」主題歌を担当

    11.June.2019 | ANIME&GAME / MOVIE / MUSIC

    7月19日(金)に公開される映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」の主題歌を女王蜂が担当する事が決定した。これは、先ほど窪田正孝・山本舞香・松田翔太など主要キャスト・スタッフが登壇し恵比寿ザ・ガーデンホールにて行われた”映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」TOKYOプレミア”にて主人公・金木研(カネキ)を務める窪田正孝の口から発表された。

    今回主題歌となるのは、5月に女王蜂が発売したニューアルバム「十」収録の「Introduction(イントロダクション)」。会場では「Introduction」を使用した特報映像もいち早く公開された。女王蜂はこれまでにもTVアニメ「東京喰種トーキョーグール:re」にて楽曲「HALF」でエンディングテーマを務めており、“東京喰種”に楽曲を提供するのはこれが2作品目。新しいアーティスト写真も公開された。

    アヴちゃん(女王蜂)コメント
    アルバム「十」にまつわる総ての音と写真、そして映像を録り終えたある日、今回のお話を頂きました。
    100%女王蜂として好きに作った曲(そもそもそれでしかわたしたちは作れない)なのですが、前回のHALF同様シンクロ率が異様に高く…とにかく聴いて観て頂けたら!と思うばかりです。

    「Introduction」、アルバム「十」最後の一曲。
    女王蜂の十年で辿り着いた一曲が、光栄にも映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』の主題歌として始まります。
    是非おたのしみになさっていてください。

     

    ©️2019「東京喰種【S】」製作委員会 ©️石田スイ/集英社

  • 人気YouTuber「水溜りボンド」が映画「貞子」に参戦!場面写真公開

    23.May.2019 | MOVIE

    1998年、‷見た者は1週間後に呪い殺される‴という「呪いのビデオ」の恐怖を描いた鈴木光司のホラー小説を、中田秀夫監督が映画化した「リング」。そんな日本ホラー映画史上No.1「リング」シリーズの最新作「貞子」が2019年5月24日に公開される。

    清水尋也演じる動画クリエイターが、ある動画を動画配信サイトに投稿したことから貞子の呪いが拡散していく本作。

    この度、実際に超人気YouTuberの水溜りボンドが本作に出演していることが明らかにされた。

    水溜りボンドはカンタとトミーのコンビで結成された2人組YouTuber。2015年からYouTubeを始め幅広い年齢層のから人気を集めている。都市伝説・検証・実験・ドッキリなど幅広いジャンルの動画を毎日欠かさず投稿し、今年1月「本気でチャーハン作るドッキリwwwwww」動画が940万回再生、カンタが大鍋を振るって大波のようなチャーハンをつくる姿はその衝撃的なインパクトで世界中で拡散、米「TIME」誌にも掲載された今最も話題のYouTuberだ。

     

    本編でも本人役で出演している二人は、他のクリエイターが投稿した動画を再生中、異様なものが映り込んでいるのを発見する。貞子の呪いが動画投稿サイトに蔓延している様子を目の当たりにする恐怖を熱演する。

     

    カンタ氏 コメント

    このような歴史的な作品に参加させていただけたこと大変嬉しく思います。

    呪いのビデオで当時子供だった僕は震え上がり、見事に貞子にトラウマを植え付けられました。その貞子が中田監督によって現代に再び現れたときにビデオからネット動画に変化していることに喜びを感じました。やはり馴染み深いものにこそ人は恐怖を感じるし、日本に住んでいたら日本らしい間取りや和室にこそ恐怖を感じるように、貞子も姿を変えていていつの時代も怖い貞子で、本当に素晴らしい作品だなと感じました。

     

    トミー氏 コメント

    貞子のような国民的ホラー映画に僕らが出る日が来るなんて思ってもいませんでした。そして自分が出演するタイミングの題材が自分の職業であることもとても嬉しく思います。ネットを使う事の増えた若い世代の子たちに是非この作品を見てほしいです。とても怖いですが、一度観るべき素晴らしい作品だと思います。

     

    中田秀夫監督 コメント

    水溜りボンドのお二人(カンタさん、トミーさん)の出演シーンは、さすが大人気YouTuber、カメラを前に快活に、カジュアルに喋るのはお手のもので、たいへんスムーズに行きました。ロケ撮影でしたが、通りがかった塾帰りの中学生たちに、大注目されてましたね。彼らは、我々が見よう見まねで作った「ストリート系?」動画を見ている設定なのですが、その出来映えを激賞してくださり、「これなら100万回再生行きますよ!」と。(笑)我々は大喜びでした。映画の中では、彼らの見ているスマホ画面の中に「呪いの動画」のひとコマが…

     

    (C)2019「貞子」政策委員会

  • 女王蜂、新曲「聖戦」のMVで貞子と共演

    22.May.2019 | MOVIE / MUSIC

    女王蜂約2年ぶりとなるニューアルバム「十(ジュウ)」が5月22日(水)に発売。今回、映画「貞子」の主題歌となっているアルバムリード曲「聖戦」のミュージックビデオが公開され、このミュージックビデオにて女王蜂と貞子の共演が実現した。

     

    ”映画『貞子』×女王蜂「聖戦」コラボレーション映像”

    映画「貞子」は、常に日本のホラー映画界を牽引してきた「リング」シリーズ最新作として、若手実力派女優として躍進著しい池田エライザをヒロインに迎え、中田秀夫監督率いるオリジナルチームの手で新たに映画化され、5月24日に全国公開となる。

     

    今回公開されたミュージックビデオは「HALF」「催眠術」「火炎」から引き続き中根さや香監督とタッグを組んだ作品で、映像内には映画のホラーヒロイン”貞子”も印象的に出演。どのように出演しているのかはぜひ映像を見てチェックしてほしい。
    「聖戦」は現在各配信ストアにて先行配信中。

    ニューアルバム「十」は、最高傑作とうたわれた前作アルバム「Q」の続編として制作。映画「貞子」主題歌となる「聖戦」に加え、数量限定の完全生産限定盤が市場から一瞬で消えた「催眠術」、配信ヒットを記録したTVアニメ「東京喰種:re」エンディングテーマ「HALF」、TVアニメ「どろろ」オープニングテーマ「火炎」というヒットシングルをそれぞれアルバムverとして収録した計10曲の内容となる。

    女王蜂は『全国ツアー2019「十」-火炎-』を開催中。こちらもぜひ楽しみにしていて欲しい。

     

    (c)2019「貞子」製作委員会

  • 映画「貞子」最新映像”きっと来る編”と”本当に怖い貞子編”を公開

    10.May.2019 | MOVIE

    1998年、‷見た者は1週間後に呪い殺される‴という「呪いのビデオ」の恐怖を描いた鈴木光司のホラー小説を、中田秀夫監督が映画化した「リング」。そんな日本ホラー映画史上No.1「リング」シリーズの最新作「貞子」が2019年5月24日に公開される。今回、本編の最新映像が解禁となった。

     

    きっと来る編
    聞いてしまったらその瞬間、誰もが貞子の姿を脳裏に呼び覚ましてしまう、きっと来る~♪の「feels like “HEAVEN”」。本作ではミステリアスなバンド・女王蜂による現代風なアレンジが、史上最も容赦ない恐怖を煽る“きっとくる編”。

     

    本当に怖い貞子編

    さらに井戸から這い出て、バキバキとこの世のものではない奇態な音を立てながら、目と鼻の先まで迫る貞子と、その恐怖に巻き込まれた人間たちの絶叫の渦は、ついに史上最も容赦なく恐ろしい貞子の脅威を予感させる“本当に怖い貞子編”。

     

    本当に怖い貞子が、この令和元年、さらなる進化を遂げ再び観客に襲い掛かる。お見逃しなく!

     

    (C)2019「貞子」製作委員会 /配給:KADOKAWA

  • 女王蜂、「貞子」主題歌となるアルバム収録曲「聖戦」を先行配信!アルバム詳細も解禁

    08.May.2019 | MUSIC

    女王蜂が今月5月22日に発売する約2年ぶりとなるニューアルバム「十(ジュウ)」。そのリード曲となる「聖戦」がアルバム発売を前に明日5月9日0:00から先行配信される事が決定した。

     

    「聖戦」は日本のホラー映画界を牽引してきた「リング」シリーズ最新作として5月24日に全国公開となる映画「貞子」主題歌となっている。更には同時刻よりiTunesにて「十」のプリオーダーもスタート。また、本日21:00から放送のJ-WAVE(81.3 FM)「SONAR MUSIC」では配信に先駆けていち早く「聖戦」がラジオオンエアーされる事も決まった。

    併せて、「十」のトラックリスト・収録内容も公開。CDには、映画「貞子」主題歌となる「聖戦」に加え、TVアニメ「東京喰種:re」エンディングテーマとなった「HALF」、更には完全生産限定盤が即完売した「催眠術」、そしてTVアニメ「どろろ」オープニングテーマとなった「火炎」の、各シングルを含む計10曲を収録。各シングルはそれぞれシングルverとは異なるアルバムverが収録される。

     

    初回生産限定盤には今年2月7日に開催され、チケットが即完売で話題を呼んだ女王蜂主催対バン企画「蜜蜂ナイト4 〜:re〜」の模様を収録したDVD、そして女王蜂のビジュアルを存分に楽しむ事の出来る84ページの豪華ブックレット、更には特製のステッカーシートが付属となる豪華仕様となる。

     

    また、各店頭特典の詳細も解禁。”TOWER RECORDS特典”、”Amazon特典”、”全国ツアー2019 「十」−火炎−”会場特典”となっているドキュメンタリー視聴カード①、②、③に関しては、先日初の台湾LIVEとなった「2019 大港開唱 MEGAPORT FESTIVAL」に密着した、メンバーのオフショットやインタビューが収録されたここでしか見る事の出来ないドキュメンタリー映像がそれぞれ内容違いで見る事が出来る。”TSUTAYA RECORDS特典”は「十」ジャケット絵柄ステッカー、”応援店特典”は女王蜂ロゴステッカーが付属となる。早めに予約をしてCDと店頭特典を確保してほしい。

    同時に、アルバム「十」に紐づく新アーティスト写真も公開された。そんな女王蜂は『全国ツアー2019「十」−火炎−』を開催中。ぜひ楽しみにしていて欲しい。

  • 映画「貞子」最新予告映像を解禁!主題歌を女王蜂が担当

    08.April.2019 | MOVIE / MUSIC

    1998年、‷見た者は1週間後に呪い殺される‴という「呪いのビデオ」の恐怖を描いた鈴木光司のホラー小説を、中田秀夫監督が映画化した「リング」。そんな日本ホラー映画史上No.1「リング」シリーズの最新作「貞子」が2019年5月24日に公開される。このたび、最新の予告映像が解禁となった。

     

    予告映像

    またプロモーション楽曲「feels like”HEAVEN”」の斬新なカバーが大きな話題となった女王蜂が、新曲「聖戦」で主題歌を務めることも決定。予告の中で解禁されたエモーショナルなメロディが、弟を救いたい主人公・茉優の切なる心情を映し出し、中田監督が描きだす深い人間ドラマの果てにある恐怖と哀しみを助長する。

     

    更に「聖戦」を収録したNew Album「十」も映画公開直前5月22日に発売される事が決定した。

    併せて解禁された本ビジュアルは、スマホのシャッターをきろうとする茉優の背後から不気味に手を差し伸ばす貞子の姿・・・。まさにポスターだけでも呪われてしまいそうな戦慄のビジュアルに仕上がっている。

     

    豪華キャストで制作されたリングシリーズ最新作、公開が待ち遠しい。

  • 映画「貞子」主題歌 “来る〜きっと来る〜♪” 現代ver.を女王蜂が担当

    27.March.2019 | MOVIE / MUSIC

    見ると1週間後に呪い殺されるという「呪いのビデオ」の恐怖を描いた鈴木光司のホラー小説を原作に、中田秀夫監督が映画化した「リング」(98)。ビデオテープを介して呪いが拡散されていくという衝撃的な設定は全観客を震撼させ、Jホラーブームの火付け役となった。さらに、長い黒髪に白いワンピースをまとい井戸やテレビから這い出る“貞子”の姿は「日本で最も有名な怨霊」として全世代に圧倒的な知名度を誇る存在となった。

    それから20年―、時代の変化と共に恐怖の形状を変えながら、「リング」シリーズ最新作「貞子」が、池田エライザをヒロインに迎え、中田秀夫監督率いる伝説のオリジナルチームの手で新たに映画化。2019年5月24日に全国公開される。

     

    今回、ドラマや映画の主題歌を手掛け、幅広く活躍するアーティスト・女王蜂が「リング」の主題歌であり、貞子の代名歌となった「feels like “HEAVEN”」をプロモーション使用楽曲としてカバーしていることが明らかにされた。


    すでに公開されている特報映像では、「リング」で日本中の人々に貞子の恐怖を植え付けた「きっと来る~♪」のメロディーが現代的にアレンジされた新しい「feels like “HEAVEN”」が披露されており話題となっている。

     

    女王蜂は国籍・性別共にミステリアスな現代的アーティストであり、オリジナリティ溢れるアレンジで魅せる新しさの中に、「リング」に通ずる貞子の恐怖を思い出させる。さらに、ボーカルのアヴちゃんが白髪に黒い衣装に身を包んだ“逆貞子”に扮したビジュアルも解禁。本プロモーション使用楽曲は明日3月28日(木)0:00~iTunesなど各ダウンロードストアにて配信をスタートする。

    ボーカル アヴちゃんコメント
    貞子。日本ホラー映画界きってのスーパースター。

    彼女の生い立ちやカリスマ性にリスペクトを込めて、アートワークを作成し、代表曲をカバーしました。

    貞子の呪いを拡げる為の、お手伝いをはじめます。

     

    来る。きっと来る。

    あなたのもとへ

     

     

    中田秀夫監督コメント

    初めて出かけた女王蜂のライブで、私は十代の思春期に戻ったような感覚に襲われていました。アヴちゃんの

    歌詞、歌声には思春期特有の、繊細さ=傷つきやすさとともに、メンバーが奏でるエネルギッシュな楽曲もあって、

    「どんなことがあっても生きていくんだ」というような生の全面的肯定が感じられ、その共存ぶり、引っ張り合う

    磁力がすごいなと感じ入りました。アヴちゃんとお会いしたとき、「リング」の世界観及び貞子の持つパワーに魅せられた

    とのことで、「feels like “HEAVEN”」も元々オリジナル曲を聞いていたと聞きました。今回彼女らの個性と見事に融合した

    カバーをしていただきとてもゾクゾクしています。

  • 「リング」呪いの生き証人が、20年の時を経て最新作「貞子」に登場

    15.March.2019 | FASHION

    1998年、‷見た者は1週間後に呪い殺される‴という「呪いのビデオ」の恐怖を描いた鈴木光司のホラー小説を、中田秀夫監督が映画化した「リング」。そんな日本ホラー映画史上No.1「リング」シリーズの最新作「貞子」が2019年5月24日に公開される。

     

    初代「リング」(98)で貞子と遭遇しながらも奇跡的に生き残る女子高校生・倉橋雅美役を演じた佐藤仁美が、「リング」(98)「リング2」(99)以来20年ぶりに同役でシリーズに再登場することが発表となった。

    今回「貞子」では、主人公の秋川茉優(池田エライザ)が勤める精神病院の患者で、茉優に異常な執心を燃やす女性として登場。中田秀夫監督が“天性の演技力”と絶賛するとおり、佐藤仁美が貞子の呪いの生き証人を圧倒的な迫力で演じきっている。

    その実力について中田監督は「日常的な自然な演技とホラーならではテンションマックスのお芝居の双方を見事に演じきっていただきました」とコメント。一方、佐藤も「(中田監督は)全然ブレてなくて、あの時のままでした(笑)ずっと喋ってる(笑)」と証言。相思相愛の信頼関係に期待が高まる。

    呪い底から這い上がった生存者が、再び貞子の呪いと出会った時、一体何が起きるのか―!?

    先日解禁された、茉優のすぐ背後に迫る貞子のメインカットのほか、茉優の弟で心霊動画を撮影しその動画を配信する和真(清水尋也)、茉優と薄暗い洞窟の入り口で怪訝な表情を浮かべる祐介(塚本高史)、不気味な人形を抱える謎の少女、(姫嶋ひめか)、茉優の職場の精神科医である藤井(桐山漣)、今にも火を灯そうとマッチを手に無機質な表情で佇む祖父江初子(ともさかりえ)、佐藤仁美演じる雅美の登場も解禁され、「リング」で日本中を恐怖のどん底に落とした貞子の呪いが、今再び迫りくる恐怖を予感させる。

     

    佐藤仁美/倉橋雅美(くらはしまさみ)役 コメント 

    オファーをいただいてびっくりしました。そういえば私!生きてた!!!と、すごく嬉しかったのと同時に、20年前の生き残りが出てきたら、面白いとも思いました。20年ぶりの生き残りがどうなったのか、楽しみにしててください。

    中田監督の作る作品は、怖いからなぁ。。。楽しむというより、思う存分、怖がって下さい(笑)

     

    監督:中田秀夫 コメント 

    『リング』での冒頭のシークエンスの出演を終えた佐藤さんが、「もっと長く出たかったです!」と私に訴えてくれたのがとても嬉しく、ならばと、『リング2』では「貞子を目撃した生き証人」として、重要な役を担っていただきました。そして今作、20年の時を経ても「生き証人」としての鮮烈な貞子のイメージは、佐藤さんからエライザさんにビビッドに伝播していきます。『リング』の大勢のオーディションでは、十代だった佐藤さんの天性の演技力を見た瞬間に、この子だ!と決めました。最近もドラマや舞台等で勘所を捉えたお芝居を拝見して来ていたので、是非3度目のタッグをと、お願いしました。今回も同性のエライザさんに執着心を持ってしまうという役を、日常的な自然な演技とホラーならではテンションマックスのお芝居の双方を見事に演じきっていただきました。

  • 映画「リング」シリーズ最新作「貞子」の特報映像が解禁

    27.February.2019 | MOVIE

    「リング」シリーズ最新作「貞子」が5月24日に公開されるにあたり、特報映像が解禁となった。

    見ると1週間後に呪い殺されるという「呪いのビデオ」の恐怖を描いた鈴木光司のホラー小説を、中田秀夫監督が映画化した「リング」。

     

    ビデオテープを介して、呪いが拡散されていくという衝撃的な設定は、観た者の「自分の元にも…」という恐怖を掻き立て大ヒットを記録。のちに続くJホラーブームの火付け役となった。また、長い黒髪に白いワンピースをまとい、井戸やテレビから這い出る “貞子”のキャラクター像は、「日本で最も有名な怨霊」として全世代に圧倒的な認知を持つほどの存在となった。

     

    それから20年―、時代の変化と共に恐怖の形状を変えながら、常に日本のホラー映画界を牽引してきた「リング」シリーズ最新作「貞子」が5月24日に公開となる。

    今回公開された映像では、主演の池田エライザ演じる心理カウンセラーの茉優(まゆ)の弟で、YouTuberの和真(かずま/清水尋也)が火事で焼け焦げた団地の一室へと潜入する自撮り映像から始まる。立ち入り禁止の室内で壁一面に貼られたお札が映し出された直後、和真が何かを発見し、驚いた表情を最後に、映像が乱れる―動画サイトでその映像を見ていた茉優が映像をコマ送りで巻き戻すと、和真の背後に何やら怪しい影が……そこに写っていたのは長い黒髪に白い衣装をまとった貞子の姿だった!

     

    そして「きっと来る~♪」でおなじみの初代『リング』の主題歌を現代的にアレンジした「feels like`HEAVEN’」が流れ出すと、貞子が井戸から這い出す “呪いのビデオ”が映し出される。さらに不気味な日本人形、道路に横たわる女の死体、茉優と一緒に和真を救い出そうとする祐介(塚本高史)の必死の形相、洞窟の中に佇む謎の少女の姿…次々と現れる不穏な映像。ラストシーンでは白い手が恐怖に慄く茉優の顔をわしづかみにする!見たら呪われる『リング』から、撮ったら呪われる『貞子』へ― 恐怖は、進化する。また「feels like`HEAVEN’」を圧倒的に歌い上げるアーティストは一体誰なのか!?今後の発表に期待が高まる!

  • 映画「リング」シリーズ最新作「貞子」のティザーポスター解禁

    18.February.2019 | FASHION

    「リング」シリーズ最新作「貞子」が5月24日に公開されるにあたり、ティザーポスターが解禁となった。

    見ると1週間後に呪い殺されるという「呪いのビデオ」の恐怖を描いた鈴木光司のホラー小説を、中田秀夫監督が映画化した「リング」。

     

    ビデオテープを介して、呪いが拡散されていくという衝撃的な設定は、観た者の「自分の元にも…」という恐怖を掻き立て大ヒットを記録。のちに続くJホラーブームの火付け役となった。また、長い黒髪に白いワンピースをまとい、井戸やテレビから這い出る “貞子”のキャラクター像は、「日本で最も有名な怨霊」として全世代に圧倒的な認知を持つほどの存在となった。

     

    それから20年―、時代の変化と共に恐怖の形状を変えながら、常に日本のホラー映画界を牽引してきた「リング」シリーズ最新作「貞子」が5月24日に公開!

     

    消えかけた「撮るな」という文字の下には、暗闇の中、不気味に浮かび上がる井戸。その井戸の中からは、黒髪が気持ち悪く垂れ下がり、不穏な空気が張り詰める。果たして、「撮るな」の文字が意味するメッセージとは…?

    さらにこの度、主演の池田エライザをとりまく豪華共演者も解禁となった!池田演じる心理カウンセラーの秋川茉優(まゆ)と共に事件に巻き込まれ、解決へと導いていく石田祐介役には、数々のドラマや映画で活躍する塚本高史。茉優の弟で、貞子の呪いを呼び起こすきっかけとなるYouTuberの秋川和真を演じるのは、多数の映画・ドラマの話題作への出演が続く実力派俳優・清水尋也。記憶を無くし茉優の病院で保護される謎の少女役には、オーディションで監督をはじめ制作陣一同の満場一致で選び抜かれた新人子役・姫嶋ひめか。茉優の同僚の精神科医・藤井稔役には「新宿スワンⅡ」、「曇天に笑う」の桐山漣。そして少女の母親、祖父江初子役には映画やドラマ、舞台と幅広く活躍する実力派女優のともさかりえが顔を揃え、迫力の演技を見せる。

     

    また、2月18日より新宿駅地下と阪急梅田駅地下通路にて大型街頭広告を掲出中。「撮ったら呪われる」という本作の設定にちなみ、スマホカメラでフラッシュ撮影すると何かが起こる!?驚きの仕掛けが施されている。

     

    日本を代表するホラー映画シリーズ最新作の公開を期待して待とう!

  • 女王蜂、TVアニメ「どろろ」OPテーマ「火炎」のMV公開

    07.February.2019 | ANIME&GAME / MUSIC

    女王蜂が先週発売したNewシングル「火炎」。こちらのミュージックビデオがYouTubeで公開された。「HALF」「催眠術」に続き、今回も中根さや香監督とタッグを組んだ作品となっている。

     

    火炎(FIRE)Official MV

     

     

    そんなニューシングル「火炎」はTVアニメ「どろろ」のオープニングテーマ。限定枚数の完全生産限定盤のDVDにはチケットが即完売で話題を呼んだ全国ツアー2018「H A L F」ツアーFINALとなるZepp Tokyo公演の後半の模様が収録され、通常盤初回仕様限定のスペシャル応募特典として“女王蜂「火炎」リリース記念 Acoustic Live”の応募ハガキが封入されている。

     

    各配信およびサブスクリプションサービスでの配信/ストリーミングも実施中なので、こちらもぜひチェックしてほしい

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US