ブルーレイ&DVD「ジブリがいっぱいSPECIALショートショート1992-2016」特別映像解禁

16.June.2019 | ANIME&GAME

ウォルト・ディズニー・ジャパンは、「ジブリがいっぱい SPECIAL ショートショート 1992-2016」を、2019年7月17日(水)にブルーレイとDVDで発売、DVDレンタルも開始する。

 

1992年にスタジオジブリが初めて手がけた短編作品「そらいろのたね」から、2005年制作の最新アニメーションPVまでの、全22作品を収録した「ジブリがいっぱい SPECIAL ショートショート」(2005年発売)。今回2005年以降に制作された11作品を新たに収録、全33作品を収録した「ジブリがいっぱい SPECIAL ショートショート 1992-2016」として装いも新たに登場!今回が初のブルーレイ化となる。

これらのショートショートを作った監督/アニメーターには、宮崎駿をはじめ、近藤喜文・百瀬義行・稲村武志・田辺修・橋本晋治の6名のほか、新たに収録された作品を担当した大塚伸治・近藤勝也・宮崎吾朗も名を連ね、スタジオジブリを支える監督/アニメーター たちが集結している。

さらに“超ショート”な特別映像が解禁。スタジオジブリ・プロデューサー鈴木敏夫氏からの「長篇ばかりがジブリじゃない。あれもこれも、正真正銘、ジブリ作品でした。」というメッセージを皮切りに、今回本作に新たに収録された11作品のうち、LAWSON「崖の上のポニョ」チケット販売告知スポット、読売新聞企業 CM ふうせんガムすけ編などの、さらに“ショート”な映像の一部が公開された。

 

加えて、「三鷹の森ジブリ美術館」チケット販売告知スポット、「スタジオジ ブリ原画展」TV スポットのほか、音楽と原案を中田ヤスタカ(capsule)が担当し、絵コンテと監督をスタジオジブリの百瀬義行(百瀬ヨシユキ名義)が手掛けたコラボレーション作品のcapsule「空飛ぶ都市計画」ミュージック・クリップの映像など、さまざまな短編作品を通じて、名だたる長編アニメーション映画を世に送り出してきたスタジオジブリの意外な一面を垣間見ることができる。

 

ファン必見のスペシャルコンテンツをチェックしよう!

 

(C)2019 Studio Ghibli

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US