東京2020オリンピック”聖火リレー”を走れるチャンス! 「アクエリアス」サマーキャンペーン

14.June.2019 | SPOT

コカ・コーラシステムは、スポーツ飲料ブランド「アクエリアス」のサマーキャンペーンを2019年6月17日(月)から全国でスタートする。

 

「仲間とチャレンジして熱くなれ。そのときアクエリアスが最高においしい!」をキーメッセージに、東京2020オリンピック聖火リレーのグループランナーを公募する「#アクエリチャレンジ」キャンペーンとして、サッカーの堂安律選手やマラソンの大迫傑選手が登場する新TVCM「全力って、おいしい。ボールをつなぐ」篇・「全力って、おいしい。たすきをつなぐ」篇(各15秒)の全国放映などのさまざまな活動を展開するほか、「アクエリアス」500g缶聖火リレーグループランナー募集告知デザインも同日から一部地域を除いて発売する。

東京2020オリンピックがいよいよ来年に迫り、オリンピック競技のスポーツを自分もやってみたい、仲間と一緒にオリンピックを楽しみたいという気持ちが日本中で高まりつつある。

“#アクエリチャレンジ”では、応募したグループの中から東京2020オリンピック聖火リレーのグループランナーを推薦。推薦されたグループランナー候補者を東京2020組織委員会が選考、当選グループランナーを決定するというもの。

 

6月17日(月)から、キャンペーン特設サイトで、東京2020オリンピックで実施される全33競技にちなんだ33種類のチャレンジの内容を公開。好きなチャレンジを選び、10人以内のチームで挑戦し、その様子を動画で撮影しよう。8月31日(土)までの期間中、その動画をTwitterにハッシュタグ「#アクエリチャレンジ」と「走りたい都道府県名(#東京など)」の2つのハッシュタグを付けて投稿すると、東京2020オリンピック聖火リレーのグループランナーの枠に応募できる。ぜひチェレンジしてみて!

RELATED ENTRIES

  • 「マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック™」ゲーム情報第5弾が公開!

    27.September.2019 | ANIME&GAME

    Nintendo Switch™用ソフトウェア「マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック™」について、東京2020年競技の一部を紹介する、ゲーム情報第5弾が公開された。

    【東京2020年競技「100m」】

    オリンピックの花形競技とも言える、陸上「100m」。スタートからゴールまでの100mの間、ボタン連打で加速し続けて1位を目指そう。スタート時に溜めたパワーをタイミングよく解き放つことでスタートダッシュ!超加速する「スペシャルダッシュ」を発動すれば、さらにタイムを縮めることができる。

    【東京2020年競技「ラグビー」】

    スピーディーな展開と強烈なタックルが繰り広げられる、7人制「ラグビー」。パスやタックル、キックなど様々な戦術を駆使して相手のゴールラインにボールを運び、トライすることで点が得られる。スペシャルゲージがMAXになると、オフェンス時は高速で走る「スーパーダッシュ」、ディフェンス時は相手からボールを奪える「スーパータックル」が使え、大逆転を狙える。

    この競技には、ゲストキャラクターとして「ディディーコング」が登場する。

    【東京2020年競技「カヌー」】

    レースの緊張感とペアならではのシンクロ感が醍醐味の「カヌー」。2人のタイミングがシンクロすると加速するので、2人プレイでは、プレイヤー同士でタイミングを合わせる工夫をする楽しみも。ラストスパートでパドルをたくさん漕ぐと、最後の追い上げができる。

    【東京2020年競技「障害馬術」】

    様々な障害に挑む馬の姿が躍動感にあふれる「障害馬術」。「個人戦」と「団体戦」があり、どちらも障害物とコーナリングに注意しながらゴールタイムを競う。加速するとスタミナを消費するが、障害物のジャンプに成功するとスタミナが回復。うまく障害物をクリアし続ければ何度も加速できるので、より良い記録を狙える。また、レース中は1度だけ「スペシャルダッシュ」を使うことができる。「スペシャルダッシュ」中は、一定時間曲乗りをしながら加速し続けられる。

    この競技には、ゲストキャラクターとして「ラリー」が登場。

    【東京2020年競技「卓球」】

    「卓球」では、1対1で対戦する「シングルス」と、タッグチームを組んで対戦する「ダブルス」が遊べる。移動は自動で行われ、ドライブ、左右サイドスピン、バックスピンやスペシャルショットなどの駆け引きを楽しもう。また、パワーを溜めて打つことにより球の速さ、スピン具合が変わるのもポイント。

    この競技には、ゲストキャラクターとして「ザズ」が登場する。

     

    みんなで楽しく東京2020年競技をプレイしよう!!

     

    TM IOC/TOKYO2020/USOC 36USC220506. © 2019 IOC. All

    Rights Reserved. © NINTENDO. ©SEGA.

  • 東京2020″公式アートポスター”を制作するアーティストに荒木飛呂彦・浦沢直樹・大竹伸朗らが決定

    01.August.2019 | SPOT

    東京2020組織委員会は、開催都市契約※に定められた要件の一つとして実施する「東京2020公式アートポスター・プロジェクト」において、公式アートポスターとなる作品を制作するアーティストを決定した。

    ※開催都市契約:開催都市に決定後(2013年9月7日)、国際オリンピック委員会(IOC)と東京都、日本オリンピック委員会(JOC)が締結した大会の準備・運営に関する契約書のこと。

     

    公式アートポスターとは、国内外のアーティストにオリンピックまたはパラリンピックをテーマにした芸術作品を制作してもらい、それらを東京2020大会のポスターとして機運醸成に活用していくもの。

    アーティストの選定に際しては、「アーティスト選定委員会」を設置し、本プロジェクトを管轄するオリンピック文化遺産財団とともに議論を重ね、決定された。

    浦沢直樹

    大竹伸朗

    大原大次郎

    金澤翔子  ©sho

    オリンピックをテーマとする作品の制作者は、日本からは人気漫画「YAWARA!」を描いた漫画家・浦沢直樹、画家として世界で活躍する大竹伸朗、グラフィックデザイナーの大原大次郎、書家の金澤翔子らが決定。

    テセウス・チャン

    海外からは、アートディレクターのテセウス・チャン、写真家のヴィヴィアン・サッセンら11名が決定した。

     

    パラリンピックをテーマとする作品の制作者は、「ジョジョの奇妙な冒険」を描いた漫画家・荒木飛呂彦、写真家だけではなく映画監督としても有名な蜷川実花ら8名が決定した。

     

    その他にも、数々の有名アーティストが参加。どんな作品が出来上がるのか、期待が高まる。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US