「富士急ハイランド」を彩る2万株の花畑ピンクガーデン登場

16.June.2019 | SPOT

入園無料化一周年を迎える富士急ハイランドでは、7月上旬~8月末の期間「リサとガスパール タウン」にて、約2万株のピンク色の花々が咲き誇るイベント「ピンクガーデン」を開催する。

本イベントは、国内外から富士山観光に訪れる多くの人に、“富士山と花”という自然が織りなす絶景をもっと気軽に楽しんでもらいたいという思いから実施。6月23日まで開催中のイベント「イエローガーデン」に続く花企画の第二弾。満開時には、タウンのシンボルである高さ13mのエッフェル塔の周りを囲むように、メイン広場一帯がペチュニアやインパチェンスなど夏に咲く4品種、約2万株のピンクの花々で埋め尽くされる。夏の雄大な青富士とエッフェル塔、咲き誇るピンクの花々の競演という、ここでしか見ることのできない色鮮やかな絶景が広がる。なお、見頃は7月下旬以降を見込んでいる。

また、「リサとガスパール タウン」では、6月29日(土)~9月6日(金)の期間、瑞々しいフルーツをテーマにしたイベント「フルーツフェスタ」も同時開催。カラフルな花々とビタミンカラーのフルーツモチーフで鮮やかに装飾されたタウン内では、ホテルパティシエ特製のデコラティブなかき氷をはじめ、暑い夏にぴったりの爽やかなドリンクや味も見た目も楽しめる可愛いスイーツなど、フルーツ王国・山梨の味覚を存分に楽しめる。

夏休みは、“富士山と花”の絶景を入園無料で楽しめる富士急ハイランドへ遊びに行こう!

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US