【もしもしグルメ】思い出横丁ではしご酒はいかが?

03.December.2016 | FOOD

居酒屋呑みの楽しみ方のひとつに、路地裏にある横丁のはしご酒がある。東京にも吉祥寺「ハモニカ横丁」や渋谷「のんべい横丁」、赤羽「OK横丁」など、酔い横丁があるが、今回は、その中から、新宿・西口にある「思い出横丁」をご紹介。

omoideyokochou

 賑やかに電飾されたゲートをくぐると通りのど真ん中に位置するうなぎの串焼き「カブト」。ここは路地がちょうどクランクになっている場所で、まさしくランドマーク的酒場にもなっている。オープンエアー式に開け放たれたカウンター席には早い時間から呑んべえさんたちが鈴なり。ここでは、まずは「ひととおり」を頼むのがベター。そうすると、エリ、ヒレ、肝などうなぎの各部位7串が自動的に出て来る。それらをつまみにキンミヤ焼酎をぐいっとあおったところで、アペリティフ、終了。

bakadeaho

s_soihed

お次は、「つるかめ食堂」へ。昔から腹ペコ学生たちのお腹を満たしてきた食堂、当然、がっつりメシが食える。「バカでアホでフラメンキン」やら「バカコンポジャ」などのおもしろネーミングの酒肴をつまみに、酎ハイぷは~っ。ここでのあたしのお気に入りは「ソイヘッド」。大豆をカレー味に仕立てた酒肴は、ちょいちょいっとつまむのにもってこい。

s_naikanminoaru

 s_ballminoaru

s_otoshiminoru

 

 がっつりメシにちょいつまみ酒肴でお腹が満たされたところで、〆の酒。地下へ通じる階段を千鳥足でおりていくと、そこには「みのる」。昭和の香りがぷんぷん漂う老舗バー。ここでおふくろ的ほっこりお通しをつまみに、看板酒の角ハイをすい~っと。各酒場ともに徒歩わずか1分ほどの距離。それだけの小さな世界で、こんなにも見事に泥酔できる。横丁は酒呑みパラダイス。

 

※「バカでアホでフラメンキン」はにんにく味の牛肉の天ぷら、「バカコンポジャ」は牛すじをささみで挟んだフライ。それぞれ、スペイン語に由来するネーミング。

 

■新宿思い出横丁

住所:東京都新宿区西新宿1−1−1

 

 

倉嶋紀和子(「古典酒場」編集長)

 

■関連記事:【もしもしグルメ】インパクト抜群の創作メニューに出合える、純喫茶めぐりvol.1

■関連記事:【MOSHI MOSHI GOURMET】老舗の名物を食べに行こう!

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US