原宿「MOSHI MOSHI ROOMS」ルーフトップで手ぶらBBQ!季節の食材を堪能しよう

25.October.2019 | FEATURES / FOOD / SPOT

昨年原宿に誕生し、かわいすぎる民泊施設として話題になっている「MOSHI MOSHI ROOMS(もしもしルームス)」のルーフトップにて、手ぶらでBBQができる新プランが登場しました。

MOSHI MOSHI ROOMSは原宿駅から徒歩8分の場所にあり、1Fにあるネオンサインが目印。こちらのビルのルーフトップでBBQを楽しむことができます。

屋上は青と黄色のポップなデザイン。カワイイ空間にいるだけでもテンションがあがります。近くに高い建物がないため、ルートップからの眺めも最高です!

 

BBQプランには炭・皿・コップなどBBQの基本セットと、食材、アルコールがついています。ビールサーバーも完備なのでいつでも冷たいビールを飲むことが可能!ワイン・ウィスキーなどのアルコールや、ソフトドリンクも含まれています。また飲みたいドリンクがない場合、自分たちで買ってきたドリンクを持ち込むこともOK。MOSHI MOSHI ROOMSの近くにはファミリーマート、まいばすけっとがあるので、原宿で購入するのがオススメです。

BBQセット 6,000円/1人 (税別) *写真は5名セットの一部

食材は肉・魚・野菜・焼きおにぎり・スイーツとかなり豪華なラインアップ!肉は和牛もついてきます。和牛の他にもチキン・ポーク・ラム・ソーセージなど、その時期、その日に一番美味しく食べられる食材をご用意。色々な種類のお肉を食べられるので満足感もすごいです。

まずは和牛から・・・!炭は火がついた状態になっており、食材にも既に味付けがされているので、自分たちで簡単においしいBBQができます。

乾杯してさっそくいただきます。焼き上がったお肉がこちら!

炭火で焼いた和牛は、ふっくらとした焼き上がり。一口食べたら口のなかに甘みのある脂が広がり、柔らかいお肉と共に溶けていきます。噛むとじゅわーっと出てくる肉汁にうっとり♡

チキンはピリ辛で酸味のある味付け。外はカリッと、お肉はふわっとしています。ラムはしっかりと味付けされているので独特のクセはマイルドになっていますが、ラム肉らしい深みのある味わいでした。

魚や野菜も季節ごとに旬のものを提供します。今回食べた魚はBBQでおなじみ鮭のホイル焼きと、旬の魚として出てきたカツオのたたき。鮭はバター醤油でまろやかな味付けに。炭で時間をかけて調理されたかつおは、旨味がぎゅっと凝縮されていて身もぷりぷり。ゆずぽんでさっぱりといただきました。

こちらは初めて食べた大きいオクラ。大きいオクラもこの時期ならではの野菜だそう。いつも食べるオクラよりも身に弾力があり、噛んだときのジューシーさも抜群でした。

もうお腹いっぱいだ・・・となった後に出てくるのがスイーツ!炭火でじっくり焼いた芋を使ったスイーツです。

芋にバニラアイスと紅茶のアイスをトッピングし、上からコーンフレークをふりかけたら出来上がり!映える!

ほっくほくの芋と、冷たいアイスクリームが口の中でとろけます。焼き芋のやさしい甘みとクリーミーなアイスクリームのマリアージュ。お腹いっぱいだと思っていたけどやっぱりデザートは別腹でした。

焼き場には屋根が取り付けられるので雨が降っても大丈夫。この屋根のほかに、テントも貸し出し可能です。

 

原宿が一望できるルーフトップで、こだわり食材を使ったBBQを楽しもう!

 

Writer:Sayuri Mizuno(MOSHI MOSHI NIPPON)

RELATED ENTRIES

  • 花や木々で彩られたデジタルデトックスカフェ「HANARIDA」が原宿にオープン

    03.September.2021 | FOOD / SPOT

    スマホやPCを当たり前に使いこなすZ世代。生活は確かに便利になり、友達とすぐに繋がれるのに、それと同時になぜか虚しさも感じたことはないだろうか?総務省によると、20代の若者は、毎日平均4〜5時間を画面の前で過ごすそう。たまにはスマホを置いて、お茶を飲みながら目の前の友達と向き合う時間があっても良いのではないか、そんな思いが込められた、2021年9月8日(水)にオープンする、「HANARIDA原宿店」はお花や木々で彩られた大人の秘密基地。ドライフルーツ入りのハーブティーや、お花と茶葉で作られたドライフルーツシーシャなどとともに、都会の喧騒から離れた非日常を体験することができる。

     

     

    毎週日曜日はデジタルデトックスデーとなり、スマホ・PCの使用はNG。携帯を預けると、ドリンク一杯無料などのサービスも展開している。カフェに見えないその内装とボードゲームなどの仕掛けで、スマホが無くても自然と会話が弾み、まるで自宅のような空間が広がる。

     

    プロのフラワーアーティストによって彩られた店内の花や木々は全て本物で、自然の光が差し込む日中と、暖色系のライトで照らされた夜で異なる雰囲気を味わうことができ、一日居ても飽きない居心地の良い空間を堪能することができる。

     

    お茶やHANARIDAが独自に開発したお花と茶葉のドライフルーツシーシャ「花煙(はなけむり)」とともに、花の移り変わりを五感で楽しみながら、都会の喧騒から離れたくつろぎを体験してみては?「花煙」はノンニコチン・ノンタールのため、普段シーシャや煙草を吸わない人でも使用可能。

     

    2021年のバレンタインではSNS上で話題となり即完売となった、ドライフルーツたっぷりのお茶「咲茶」を始め、各種ドリンクもラインアップしているので、こちらもお見逃しなく。

     

  • 日本の夏のお祭りからインスパイアを受けたatmos×NIKE コレクション登場

    10.August.2021 | FASHION

    スニーカーセレクトショップatmos(アトモス)が、日本の夏の風物詩であるお祭りからインスパイアを受けたRETRO SUMMER PACKを発売する。発売を記念して、2021年8月9日(月)よりPOP UP SHOP「アトモスヤ」を期間限定で原宿にオープン、同日に一部店舗を除くatmos各店、atmosオンラインストアにて販売開始。また2021年8月4日(水)よりatmos-tokyo.comにて抽選受付を開始した。

     

     

     NIKE AIR MORE UPTEMPO ʻ96 20,900円(税込)

    NIKE WMNS AIR FORCE 1 ʻ07 LV8 13,200円(税込)

    NIKE WAFFLE TRAINER 2 12,100円(税込)

    NIKE AS M NSW TEE MAX90 TD RESU 4,950円(税込)

     

    日本を代表する浮世絵師の一人、歌川国芳の代表作“相馬の古内裏”を落とし込んだAIR MORE UPTEMPO、日本の伝統的な、菊、花菱、松葉、豆紋のパターンを用いたAIR FORCE 1、かき氷をテーマにレモン、メロン、イチゴ、ブルーハワイのカラーを配したWAFFLE TRAINER 2とTシャツがスタンバイ。

     

    「アトモスヤ」では”MY RETRO(マイレトロ)”をキーワードにレトロスニーカーのストーリーを展開。店内にはBRS時代などのレトロなアーカイブが展示され、昭和の日本をイメージした空間に射的などの夏祭りを彷彿とさせる懐かしいコンテンツが満載だ。ここでしか手に入らないアイテムも登場するのでお見逃しなく。RETRO SUMMER PACKを盛り上げるスペシャルなイベントをこの機会に楽しもう!

  • あらゆるライフスタイルに合わせた豊富なラインナップを展開するカジュアルフットウェアブランドのクロックス・ジャパンとスニーカーセレクトショップ アトモスピンクが、期間限定のポップアップイベント「アトクロ夏祭り」を、アトモスピンク フラッグシップ 原宿店とオンラインを軸に2021年7月31日(土)から8月9日(月)までの10日間限定で開催する。

     

     

    日本の夏の風物詩である「夏祭り」をモチーフに、日本から世界のスニーカーシーンを牽引するアトモスと、夏の定番フットウェアブランドとしてその独自の地位を確立するクロックスが様々なコンテンツを発信する。メイン会場となるアトモスピンク フラッグシップ原宿では、史上最大規模のバリエーションのジビッツ™ チャームを展開。近年ティーンを中心に市民権を得つつあるジビッツ™ チャームを使った自分だけの1足をより幅広いバリエーションからつくることができる特設スペースや、夏祭りを模した屋台が出現する。ポップアップ期間限定特典として、来場者全員へのくじ引きや購入者限定の豪華特典を用意した数量限定のプレゼントキャンペーンも実施される。

    8月2日(月)を皮切りにスタートするオンラインライブでは、FAKY、ゆるふわギャング、ELLE TERESA、カメレオン・ライム・ウーピーパイ、新しい学校のリーダーズといったクロックスと所縁のあるアーティストが登場。お家のテレビでもスマホ楽しむことができるコンテンツをアトモスピンク フラッグシップ 原宿からatmos pink channelより生中継で配信する。

     

    クロックス×アトモスピンクの世界観が広がる夏祭りをお見逃しなく!

    TALENT PROFILE

    新しい学校のリーダーズ

    模範的なヤツばかりが評価される時代、くだらない不寛容社会から、個性と自由ではみ出していく 踊るセーラー服と奇行癖。その名も「新しい学校のリーダーズ」 攻めの利いたダンスとサウンド、独特なキャラクターとMCを武器に2015年7月から全国各地でライブ活動する傍ら、コイケヤ、UNIQLO、GooglAndroid、ロッテFit’s等の企業と、はみ出し具合が絶妙なコラボや出演を重ね、じわり若者に刺さりはじめているらしい。むむむ。

  • キデイランド原宿店・大阪梅田店に 「ちいかわ」初公式ショップオープン

    29.July.2021 | FASHION

    キデイランドが、キデイランド原宿店と大阪梅田店に、「ちいかわ」の初のオフィシャルショップ「ちいかわらんど」を2021年8月7日(土)に2店舗同時オープンする。

     

    ちいかわらんど限定商品

     

    スマホに貼れるサイズなゆるカットステッカー 3種 各385円(税込)

     

    レイヤーアクリルスタンド 3種 各770円(税込)

     

    缶バッジ 3種 各330円(税込)

     

    アクリルキーホルダー 3種 各660円(税込)

     

    大きめハンドタオル2種 各770円(税込)

     

    マグカップ 1,650円(税込)

    Tシャツ ポップコーン/ゴーカート/ちいかわカー 各3,080円(税込)

     

     

    予約商品 

     

    ちいかわ アートフレーム 雲 16,500円(税込)

    ちいかわ アートフレーム FACE 16,500円(税込)

    ちいかわ アートフレーム ラーメン16,500円(税込)

     

     

    購入特典

     

    「ちいかわらんど」商品購入金額合計税込1,100円毎に、「うまい棒(3種)」をランダムで1本プレゼント

     

     

    「ちいかわらんど」商品購入金額合計税込3,300円~5,499円「ホログラム缶バッチ(むちゃうマン)非売品」1個プレゼント

     

    「ちいかわらんど」商品購入金額合計税込5,500円以上の人には、非売品の「保存容器(4種)」か、「ぬいぐるみバッジ(5種)」の中からランダムで1個を=プレゼント

     

    「ちいかわらんど」のショッパー

     

     

    新フォトスポット

     

     

    オープン記念のスタンプ 原宿店/大阪梅田店デザイン


    「ちいかわ」は、イラストレーターのナガノが、twitter上で発表したキャラクター。その後、2020年12月から商品化されて、公式オンラインストア「ちいかわマーケット」をオープンし、twitterに投稿していた漫画も書籍になった。その独特な世界観とストーリーが多くのファンを生み、現在ではフォロワーも55万人を超え、コラボカフェや展覧会「ちいかわの森」も連日大盛況、今一番注目されている作品だ。

    キデイランドでも原宿店や大阪梅田店を中心に商品販売が大変好調なことを受け、今回、「ちいかわ」初のオフィシャルショップ「ちいかわらんど」がオープンした。今回のために描き起こしたイラストを使用した限定商品をはじめ、購入特典、専用ショッパーや、フォトスポット、オープン記念スタンプが用意されている。

     

    「ちいかわ」の世界観広がる初のオフィシャルショップへ足を運んでみては?

     

    ©nagano

  • 原宿「MOSHI MOSHI ROOMS 」第4弾!原宿のカワイイがテーマの’HARAJUKU’ルーム登場

    20.July.2021 | SPOT

    原宿カルチャーを世界に発信しているアソビシステムがプロデュースするホームシェアリング施設 “MOSHI MOSHI ROOMS”第4弾「HARAJUKU」 を、ユニークな民泊物件の運営を目指しているロクヨンがオープンした。

     

    「MOSHI MOSHI ROOMS」は、既存のホテルやホームシェアリング施設には無いオリジナリティ溢れるコンセプトルームとして宿泊サービスを提供している。その第4弾ルームのコンセプトは「HARAJUKU」。日本を代表する文化の一つである「KAWAII」が詰まった部屋は、アーチをくぐり、部屋の中に1歩足を踏み入れると、絵本の世界に迷い込んだような景色が広がる。異次元に迷い込んだ非日常感を味わうことのできる「原宿」のような空間をデザインし、どこを切り取っても絵になる、アートな部屋が完成した。

     

    今回の「HARAJUKU」オープンにより、ビル1棟がMOSHI MOSHI ROOMSとなった。MOSHI MOSHI ROOMS – SAKURA・ORIGAMI・DOSUKOI・HARAJUKU – の4部屋はAirbnbで予約可能となっており、国内外からの旅行者の宿泊先としてはもちろん、ステイケーション(気軽に自宅や近場で休暇を過ごすこと)や親しい仲間同士での女子会や誕生日会など、様々な目的に応じて、利用することができる。なお、ゲストが安心して利用し用できるように、検温の実施、アルコール除菌剤の設置、清掃時のアルコール消毒が行われている。

     

    玄関のアーチは不思議な世界への入口。足を踏み入れた瞬間からワクワク感が高まること間違いなし。

    リビングルームにはミュージアムを連想させるようなカラフルな装飾や動物たちが配置されている。お気に入りのオブジェや動物を見つけて写真撮影を楽しんでみては?

    ベッドルームにはクイーンサイズが設置されており、リビングのソファーベッド、エアベッドと合わせると、最大で4名宿泊可能。

    シャワールームにはシャンプー・コンディショナー・ボディソープなどのアメニティを設置。洗面台は独立しており、トイレはウォシュレット式のトイレが導入されている。

    キッチンには電子レンジ・冷蔵庫など生活必需品が完備されている。より部屋の世界観を堪能できるように「KAWAII」をイメージしたカラフルな食器が並ぶ。

     

    MOSHI MOSHI ROOMS

    第1弾「SAKURA」

    国内のみならず世界各国からの旅行者から高い評価を得ている。

    日本を象徴する桜の花のモニュメントがベッドルームの天井を埋め尽くし、ゴージャスでユニークな空間を演出している。

     

    第2弾「ORIGAMI」

    日本文化の象徴の一つである折り紙をテーマにした一室。

    リビングルームには茶屋をイメージしたベンチや、スツールを設置。天井を見上げると、いくつもの和傘が空間を彩る。

     

    第3弾「DOSUKOI」

    日本の伝統文化である”銭湯”と”相撲”を掛け合わせた。

    相撲をイメージした力士の手や、銭湯をイメージした大きな風呂が見る者を惹きつける。

    壁に描かれたペンキ絵は日本に3人しかいない銭湯絵師の1人、丸山清人の作品。

     

     

    屋上

    ゲストが利用できる屋上は、原宿を一望できるスペースが広がる。テントサウナやBBQなどのイベントでも利用することができる。屋上のみレンタルスペースとしても貸出されている。

     

     

    ここでしか体験できない様々なコンセプトの世界観が広がるMOSHI MOSHI ROOMSで自分だけのストーリーを作ってみては?

  • 原宿「6%DOKIDOKI」創業25周年記念「プーリップ」とのコラボドール発売

    01.July.2021 | FASHION

    1995年にアーティスト増田セバスチャンが原宿で立ち上げたブランド「6%DOKIDOKI(ロクパーセントドキドキ)」が昨年創業25周年を迎え、これを記念して「Pullip(プーリップ)」シリーズとのコラボレーションドール『プーリップ/DOKI DOKI (ドキドキ)』を販売する。

    本商品は完全受注生産商品として、プーリップドール各取扱店舗および6%DOKIDOKIオンラインショップにて2021年7月1日まで受注を受け付け。その後、2021年9月中旬より一般発売を開始。6%DOKIDOKIオンラインショップからは海外への発送も行う。

    海外にも多くのファンを持ち、世代を超えて愛されるブランド6%DOKIDOKI。コロナ禍によって海外から日本への渡航が難しくなり、好きなファッションで外出する事も容易ではなくなった時代でも、「原宿」と「KAWAII(カワイイ)」を身近で感じることが出来る最高のアイテムを届けたいという思いを込め、今回の発売にたどり着いたという。

     

    『プーリップ/DOKI DOKI (ドキドキ)』

    ドールの全身写真

     

    ドールの上半身とヘアメイク

     

    プーリップは、大きな頭と沢山の可動域があるボディが特徴。瞳を左右に動かしたり、ウインクしたりといろいろな表情が作れるほか、自由自在なポージングが楽しめるドール。

    『プーリップ/DOKI DOKI』は、「違う国で違う言語で生きている私たち。 でも共通言語は”色”。 ”色”が放つパワーに私たちのプライドを託して、今こそカラフルにドレスアップしよう…..そんな気分」をコンセプトとしている。

    自分らしくハッピーに生きる人物像を体現したような、今までにない魅力を持つ『DOKI DOKI』。そのカラフルな存在はきっと所有者の日常に勇気やパワーを与えてくれるはず。

     

    ©Cheonsang cheonha.All Rights Reserved. Ⓒ6%DOKIDOKI

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • ヘルシーな朝食をテーマにしたピーナッツカフェが原宿に7月オープン

    21.June.2021 | FOOD / SPOT

    スヌーピーをテーマにした「PEANUTS Cafe 」などを展開する、ポトマックが、2021年7月末に東京都渋谷区原宿駅前の「WITH HARAJUKU」内に、PEANUTS Cafeブランドの新業態となる朝食をテーマにしたヘルスコンシャスな食事が1日中楽しめる「PEANUTS Cafe SUNNY SIDE kitchen(ピーナッツ カフェ サニーサイドキッチン)」をオープンすることを発表した。

     

    ピーナッツは2021年日本国内で、“AND I LOVE ME”と “LOVE EACH OTHER”をテーマにさまざまなマーケティング活動を展開している。充実したしあわせな日々の基本は、自己を知り心身の充実をはかり、他者をよく知り尊重してよい関係を築くことであるということをコミック「ピーナッツ」で描かれているスヌーピーや個性的なピーナッツ・ギャングの姿に学んでいこうという提唱だ。

    「PEANUTS Cafe SUNNY SIDE Kitchen」はそのテーマに共感し、一日をしあわせにするすこやかな食、そして環境に配慮したサステナブルな商品を届ける。特に提供するメニューも一日のスタートからヘルシーをコンセプトに米粉を使用したノンフライのドーナッツ、オーガニックな素材を厳選したオリジナルブレンドのグラノーラや新鮮な野菜をふんだんに使用したオープンサンドなど、ヘルスコンシャスな朝食をテーマにラインアップされている。またショップエリアは、ヘルシーな食生活を提案する食品や食器、環境に配慮したサステナブルなオリジナルグッズも展開する。

     

    ピーナッツの世界観あふれる店内で、おいしくヘルシーな食の時間を楽しんでみては?

    (C) 2021 Peanuts Worldwide LLC

     

  • 渋谷区公認「バーチャル渋谷」第二弾開催で新エリアの原宿がオープン

    15.May.2021 | BUSINESS / SPOT

    バーチャル上で大規模イベントの開催を行うクラスターが運営するバーチャルSNS「cluster」上に、渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトを運営する、KDDI、渋谷未来デザイン、渋谷区観光協会の3社が、渋谷区公認配信プラットフォーム第二弾として、神宮前交差点エリアを中心とした新エリアの原宿を2021年5月25日(火)よりオープンする。

     

    昨年5月に誕生した国内初となる自治体公認配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」に続く第二弾として、新エリアの原宿が登場。原宿のなかでもラフォーレ原宿と東急プラザ表参道が向かい合う「神宮前交差点エリア」を中心にバーチャル空間内でリアルな街並みを再現した。

     

    さらに、原宿の街でオリジナリティのあるファッションで注目を集め、ストリートスナップをきっかけにアーティストデビューし、日本のポップアイコンとして世界中から支持されているきゃりーぱみゅぱみゅが「スペシャルサポーター」に就任。デビュー10周年を迎える今年、リアルとバーチャル両方で原宿の発展のため、自身の原点である原宿カルチャーの新たな可能性を共に発信していく。

     

    バーチャルな世界で新たな原宿の魅力を発見してみては?

  • 原宿で泊まれるアート展や家具店監修の宿泊プランが誕生

    07.May.2021 | FASHION / SPOT

    渋谷区を中心にMOSHIMOSHIROOMS等のユニークな民泊プランなどを手がけるロクヨンが、ブランドやアーティストのファンが泊まってその世界観及び作品を堪能、そして体験できる新しい事業をスタートした。

    事業開始にあたってロクヨンは所有するマンション「Yados神宮前」の大規模リニューアルを実施。202号室では各界若手アーティストが月替わりで出展する「原宿夜ふかしアート展」、301号室においては家具店が始める民泊「セカイクラス」の運用が始まった。

     

    Yados神宮前202号室 「原宿夜ふかしアート展」

     

    リビングルーム

    ベッドルーム

    アーティストルーム

     

    出展予定アーティスト

    CHiNPAN

    4月23日(金)~5月30日(日)

    2008 年 国立新美術館「アジア創造美術展」への入選をきっかけに水墨画家としてのキャリアをスタート。「融合」をテーマに、紙だけに留まらず水墨表現の可能性を追求している。店舗内装やファッション、音楽関連のビジュアル制作等、幅広く活躍中。

     

    BANBU

    6月10日(木)~7月19日(月・祝)

    現在24 歳、国内のアートの専門学校を卒業後、カナダ、ニューヨークへのアート留学を経て東京を中心に活動。三つ目の青いキャラクターモチーフを反復し使用するカラフルでキャッチーなグラフィックで、現代の多様性を訴える。

     

    「民泊×アーティスト」 泊まれる個展

    202号室では「夜ふかしアート展」として1~2か月毎にイラストレーター、動画クリエイター、フォトグラファー等のアーティスト、クリエイターとコラボし、各々のファンに向けた期間限定の宿泊空間を提供。お気に入りのアーティストの個性溢れる非日常的な空間で作品を楽しみながら、鑑賞だけではない宿泊ゲストが主体となって作品や空間作りに参加できるよう、アーティストと共に空間をデザインする。

     

     

    Yados 神宮前301 号室 「セカイクラス」 

    民泊×ファニチャー

    左官や漆喰によって作り出される、極限まで削ぎ落とされたジャパンブラックな空間。そんな閑かな空間に、世界中から集められたヴィンテージ家具やアートが配置され、“世界の暮らし”に触れ合うことのできる空間が誕生する。展示されている家具や雑貨、アートなどは全て購入可能で、実体験を通じた新しい小売の提案も行う。家具やアートは定期的に入れ替えを行い、常に新たな発見を楽しめる空間となっている。

     

     

    アーティスの世界観が広がる宿泊で作品を独り占めしてみては?

  • 妖怪アマエビになったコジコジ・次郎がテーマのフェア開催

    30.April.2021 | ANIME&GAME / FASHION

    日本アニメーションが、「コジコジ」のキャラクター「次郎」のグッズを販売する「アマビエ次郎フェア」を、2021年4月29日(木)から、キデイランド原宿店内の「まる子とコジコジストア」にて開催。

     

     

    先行販売商品一覧

     

    ノベルティ

     

    「アマビエ」は、江戸時代末期に現在の熊本県、「肥後国」に現れたとされる日本古来の妖怪で、「疫病が流行した際は、私の姿を描いた絵を人々に見せよ」と言い残し海へ消えたと伝えられている。昨年、「コジコジ」に登場する半魚鳥の「次郎」が「アマビエ」に似ているとSNS上で話題に。同フェアでは、「次郎」がアマビエ姿になった「アマビエ次郎」のアートを使用した新商品を販売する。また、「まる子とコジコジストア」にて商品を税込8,000円以上購入すると、オリジナル手ぬぐいがプレゼントされる。

     

    半漁鳥の次郎がアマエビになった可愛らしいオリジナルアイテムをお見逃しなく!

  • ラフォーレ原宿にて「LAFORET GOLDEN WEEK」開催

    24.April.2021 | FASHION / SPOT

    ラフォーレ原宿では、2021年春の GOLDEN WEEK に際し、2021年4月 24日(土)から5月9日(日)までの期間、GOLDEN WEEK 特別企画「LAFORET GOLDEN WEEK」を開催する。

     

    本企画では、館内約60店舗がGOLDEN WEEK のためのスペシャルな企画を実施。4F「Charles Chaton」では、音楽プロデューサー/DJ の Night Tempo、漫画「スローモーションをもう一度」の作者・加納梨衣とトリプルコラボした限定アイテムを発売、1.5F「FRAPBOIS」では、オサムグッズと初コラボしたTシャツやシャツ、スウェットワンピースなどのアイテムが登場するなど、各店舗にて限定イベントやコラボレーション、限定アイテムなどスペシャルなコンテンツを用意する。

     

    The Little Cat Shop by MILKBOY

    4月30日(金)~5月9日(日)1F entrance space

    「MILK」「MILKBOY」「LAND」の3ブランドが集結し、「ネコ」をテーマにしたリトルショップ「The Little Cat Shop by MILKBOY」をオープンする。過去のヒットモチーフに加え、新作も目白押し。それぞれのブランドらしさあふれるウェアはもちろん、アクセサリーや雑貨、ラフォーレ原宿限定のソフビトイなども発売する。また、IZUMONSTER や小夏屋などの名だたるソフビアーティスト達とのコラボトイも抽選発売。さらに、今回のオープンを記念して 10,000円(税込)以上のお買上げでオリジナルステッカーをプレゼント!

    Cat eyes dress 32,450円/CAT EYES SHIRTS 19,250円/CAT TOWER TEE 8,800円/MISCHIEF cat フリル TEE 13,200円/Ribbon CAT TEE 7,920 円(税込)

     

    加賀美健”初”の絵本「くっつけてみよう」刊行記念 POP UP SHOP

    5月1日(土)~5月16日(日)2F POP UP SHOP SPACE

    現代美術作家の加賀美健による初の絵本「くっつけてみよう」刊行記念 POP UP SHOP を開催する。加賀美健が言葉と絵をユーモア溢れるセンスで「くっつけて」生まれた、ユニークなストーリーとキャラクターで展開される絵本「くっつけてみよう」。子供だけでなく大人も楽しめる、ナンセンスな魅力溢れる 1 冊だ。POP UP SHOP では、絵本と関連グッズをはじめ、先行販売となる新作のポーチやバッグなどのアイテムも登場。期間中にはサイン会も予定している。

     

    絵本「くっつけてみよう」1,650円/マグカップ 2,750円/トートバッグ 4,180円/Tシャツ 4,950円(税込)

     

     

    ABEMA 5周年記念 ラフォーレ原宿限定キャンペーン

    ABEMA の 5周年を記念し、人気の「恋とオオカミには騙されない」「ブラックシンデレラ」など3番組とタイアップした限定キャンペーンを実施する。期間中、館内対象店舗で 2,000円(税込)以上のお買上げで、「ブラックシンデレラ」限定ステッカーと「恋とオオカミには騙されない」オンラインイベント参加券がもらえるほか、館内で 2,000 円(税込)以上お買上げのレシートで3番組の出演者のサイン付きグッズを抽選でプレゼント。

     

     

    原宿ショッピングウィーク 2021

    4月28日(水)~5月7日(金)

    対象店舗にて 1,000 円(税込)以上のお買上げでスクラッチカードを進呈。削って当たると次回より使用できる1,000円金券となる。

     

     

    UNDER GROUND SNAP 撮影会

     

    4月29日(木)~5月8日(土)12:00~16:00

    B1.5F にて、スナップ撮影会を開催する。撮影した写真は6月上旬頃にラフォーレ原宿が発行する限定タブロイドに掲載するほか、情報サイト「HARAJUKU POP WEB」への掲載も予定。参加方法などの詳細は、「LAFORETGOLDEN WEEK」特設サイトを確認しよう。

     

    ラフォーレ原宿で特別企画「LAFORET GOLDEN WEEK」を楽しもう!

  • ラフォーレ原宿が春のリニューアル、ニューショップ続々OPEN

    22.April.2021 | FASHION / SPOT

    ラフォーレ原宿では、2021年春のリニューアルを順次実施する。今回のリニューアルでは、年齢や性別を問わずファッションやカルチャー好きの人に、これまで以上にラフォーレ原宿が楽しめるよう、クリエイションやものづくりにこだわった高感度なブランドやショップを揃える。

     

    circle in circle(3.5F)

    4月23日 NEW OPEN

    「circle in circle」は、“l’atelier du savon”“CHILD WOMAN”などのブランドをセレクトした、アンビデックスが展開する新業態のショップ。“服とのとっておきの待ち合わせ場所”をテーマに、毎月さまざまな人とコラボレーションした商品を展開し、子供の頃のようなワクワク感を提案する。オープン時には写真家・細谷謙介とのコラボレーション商品やポストカード゙を販売。

     

    LIBERTY TOKYO(1.5F)

    4月9日 NEW OPEN

    「LIBERTY TOKYO」は、「欲しいやつが手に入れたらいい、着たいやつが着ればいい、全てにおいて『自由』だけ」を「東京」から世界に向けて発信するブランド。メッキとアクリルを軸としたオリジナルアクセサリーや、メッキとファッションを融合させたアパレルやグッズを販売する。また、店頭では洋服やステッカー、グッズなどの製作を行う。オーダーメイドで世界に1つしかないアイテムを作ったり、購入者の表現したいものを形にしたりと、気軽に相談できるカスタムセレクトショップだ。さまざまなアーティストやブランドとのタイアップも展開する。

     

    OSEWAYA TOKYO(5F)

    3月12日 NEW OPEN 

    OSEWAYA TOKYOは、ベーシックからトレンドまでを取り揃えるアクセサリーショップ。「bring your happiness.(ちょっとした幸せを自分に!)」をテーマに最新のトレンドアイテムからマストなデイリーアイテムまで、アクセサリー専門店ならではの豊富な商品をラインアップする。

     

    GLAZE KOHL × NUTTY VINTAGE(B0.5F)

    4月9日~6月6日 NEW OPEN

    「GLAZE KOHL × NUTTY VINTAGE」は“シック(Chic)”をテーマに展開する大阪発のアパレルブランド「GLAZE KOHL」と、1995年創業の老舗ヴィンテージショップ「NUTTY」のコラボレーションショップ。今回のPOP UP SHOPでは、2021年春の新作をはじめ、VINTAGEバイヤーでもあるデザイナー自らがピックアップしたヴィンテージアイテムでさらなる個性を提案する“GLAZE KOHL add VINTAGE”コーナーも設置する。さらに、NUTTYVINTAGEからは、選りすぐりのオーセンティックヴィンテージアイテムも多数用意。また、ラフォーレ原宿出店を記念して個数限定プチギフトを用意している。

     

    マンションミクラ(4F)

    5月22日~6月4日 NEW OPEN

    原宿キャットストリート裏に佇む、マンションミクラ。マンションの部屋は全てテナントとなっており、雑貨から古着までを扱う「SAUCE」、vintageの品揃えのトップランカー「STEP A HEAD」、マニアックアイテムを取り揃える「side car charlie」、ロックンローラー御用達の「vintagesheets」の合計4店舗の古着屋がマンションミクラを飛び出してラフォーレ原宿に集結、登場する。

     

    SAUCE(4F)

    6月5日~7月25日 NEW OPEN 

    キャットストリート裏に佇むVINTAGE STORE「SAUCE」。今回のオープンでは、入荷の度に即完売する「Antage×SAUCE」のコラボハットや、ヴィンテージをリメイクした「SAUCE」オリジナルの洋服などのアイテムを多数販売する。ヴィンテージ、雑貨、ラグなど海外から集めたアイテムを一挙放出。

     

    vanilla(B0.5F)

    5月22日~5月30日 NEW OPEN 

    「vanilla」は、世界各地から買い付けた日本初上陸ブランドを集め、日本の感覚にはないトゥーマッチ感の服や、今までありそうでなかった服など、オリジナル感の強いファッションを提案。今回は香港発の新進デザイナーで大阪で人気を集めている「att production」のリメイクブランドを多数用意するほか、room boy ponyやphemesaccessoriesなども販売する。

     

    おちゃめデパートメント(B0.5F)

    5月31日~6月6日 NEW OPEN

    「おちゃめデパートメント」は、「ただカワイイだけじゃつまらない。人と同じじゃつまらない。持っているだけでウキウキ、心に笑顔の魔法をかけてくれる」、そんな茶目っ気たっぷりのファッション雑貨を集めたショップだ。ハンドメイド、少量生産で作られた商品ならではの遊び心は、年代問わず女子の心をほっこりさせてくれる。

     

    CLEAN KEEPERS レギュラーメンバーユニフォーム衣替え

    「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに誕生し、毎週土曜日にラフォーレ原宿付近の清掃活動を行うプロジェクト「CLEAN KEEPERS」。そのレギュラーメンバーが着用するユニフォームが、2021年2月より、B1F ehka sopoプロデュースのブルゾンとワンピースに衣替えした。

    掃除するときも女の子らしくてかわいい服が着たい!をテーマにデザインした。ブルゾンはレトロな雰囲気の大きめのセーラーカラーがポイント。ワンピースは、19世紀のイギリスのメイド服をヒントに、ロング丈のワンピースに同生地のエプロンを付けている。

     

    CLEAN KEEPERS活動詳細

    毎週土曜10:30~12:30(要事前申込/雨天中止)

    開催当日10:20分にラフォーレ原宿前に集合

    申込みはこちらから。

     

    ラフォーレ原宿に新登場するオリジナリティ溢れるブランドや遊び心のあるショップを楽しもう!

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US