アニメ「SSSS.GRIDMAN」OP・ED主題歌、キャラクターソングを網羅したベストアルバム発売

07.October.2019 | ANIME&GAME / MUSIC

2018年10月6日から放送され人気を博したTVアニメ「SSSS.GRIDMAN(グリッドマン)」が放送開始からちょうど一年という記念すべき日に「SSSS.GRIDMAN BEST ALBUM(グリッドマン ベストアルバム)」の発売を決定した。

新時代のヒーローソングとしての立ち位置を獲得したOxTによるOP主題歌「UNION」、青春の葛藤をエモーショナルに歌い上げた内田真礼によるED主題歌「youthful beautiful」、さらにはキャラクターソングを網羅したアルバムということで、SSSS.GRIDMANファン待望の一枚となっている。

また、ジャケットは描きおろしイラストになるということで、こちらも楽しみにしたい。発売日は2019年12月18日。「SSSS.GRIDMAN」の世界を彩った楽曲の数々を、ぜひこの「SSSS.GRIDMAN BEST ALBUM」で楽しもう。

 

Ⓒ円谷プロ Ⓒ2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

RELATED ENTRIES

  • アニメ「SSSS.GRIDMAN」スペシャルイベントオフィシャルレポート到着!

    29.May.2019 | ANIME&GAME

    2019年5月26日(日)、神奈川県川崎市のカルッツかわさきにて開催された、アニメ「SSSS.GRIDMAN」スペシャルイベント第二弾「SSSS.GRIDMAN SHOW02」。2月に開催された「01」に続き、豪華キャスト総出演、サプライズ盛り沢山でパワーアップして帰ってきた夜の部のレポートが到着した。

     

    今回のイベント開催をうけ、会場に駆けつけたアニメ「SSSS.GRIDMAN」主要キャスト陣たち。担当キャラクターのイラストをバックに、広瀬裕也(響 裕太役)、緑川 光(グリッドマン役)、斉藤壮馬(内海 将役)、宮本侑芽(宝多六花役)、上田麗奈(新条アカネ役)、高橋良輔(サムライ・キャリバー役)、小西克幸(マックス役)、悠木 碧(ボラー役)、松風雅也(ヴィット役)、鈴村健一(アンチ/グリッドナイト役)、三森すずこ(なみこ役)、鬼頭明里(はっす役)、稲田 徹(アレクシス・ケリヴ役)、新谷真弓(六花ママ役)たちが現れると、前回以上に豪華なメンバーに会場は大興奮。

     

    キャスト陣からひと言ずつ挨拶があった後、会場は一旦暗転し、OxTのVo.をつとめるオーイシマサヨシによって披露されたのはオープニング主題歌「UNION」のTV size ver.。この日、Gt.のTom-H@ckは腰痛により出演辞退となってしまったが、会場に来られなかったTom-H@ckの想いを背負ったオーイシのパフォーマンスにより、会場は存分に盛り上げられた。

     

    オープニングが終わると、朗読劇「ラスト・オーダー」がスタート。舞台はガヤガヤとした居酒屋。新世紀中学生の四人と六花ママ、そして何故か連れてこられたアンチらはとりとめのない世間話を始めるが、なかなか来ない注文に、やる気のない接客の店員(演:広瀬)と、どこか様子がおかしい。実は店員は、自分は新条アカネのいなくなった世界での新たな神様だと語る。店員に乗せられ、怪獣態に変身してしまったアンチ。雲行きが怪しくなってきたところで、アニメ本編第10回に登場した怪獣「ナナシB」がステージに登場。 怪獣vs怪獣の本編では見られなかったバトルが始まる。前回に引き続き、もはや“お約束”となったサムライ・キャリバーも応戦。今回はアンチのアシストウェポンとして彼の戦いをサポートする。コンビネーションも最高の二人の攻撃によりナナシBは倒され、彼らの飲み会もお開きとなった。

     

    続くトークコーナーは、「私の考えたオリジナル怪獣」というお題のもと、キャスト陣が制限時間内に絵を描くといった内容。小西の粋な計らいにより、雨宮哲監督によって急遽控室で描かれた「カルツドン」(イベント会場「カルッツかわさき」にちなんだ名前)のイラストが公開されるなど、キャスト陣やスタッフの仲の良さが伝わるコーナーとなった。

    また、スペシャルゲストとして、エンディング主題歌「youthful beautiful」を担当した内田真礼からのビデオメッセージがスクリーンに映し出され、作品への想いが語られる一幕があった。

     

    続いて始まったのは朗読劇の第二部。今回はなんと、二回も朗読劇が楽しめるという豪華な構成。カラオケボックスでおしゃべりをする六花、はっす、なみこ。前回「01」のラストで、”はっすは内海のことが好きなのかもしれない”という話を内海本人にこぼしてしまったなみこ。当のはっすは、なみこの勘違いだと言うが……?内海とアカネ、そして裕太も合流するが、何やら様子がおかしい。裕太はアニメ本編最終回でグリッドマンと別れ、本来の裕太に戻ったはずなのだが、なぜかアニメ本編の裕太とも、本来の裕太の元々の性格ともかけ離れたテンションの高いキャラになってしまった。更に、封印されたはずのアレクシス・ケリヴも加わるが、その姿はどう見てもナナシB。グリッドマンは早速裕太とアクセス・フラッシュし、難なくグリッドビームでナナシBの姿のアレクシスを倒す。

     

    しかし、そう都合よく終わるはずもなく、本来の姿のアレクシスがステージに登場する。先ほどとは打って変わり猛威を振るうアレクシスに押され、グリッドマンは劣勢に。戦いの最中に弱音を吐いてしまう裕太だが、六花のビンタで我に返り、性格も元に戻る。グリッドマンはすかさずアクセスコードの入力を促し、会場の全員で「グリッドマン!」と叫ぶと、まさかの「電光超人グリッドマン」が登場! 会場の全員の応援を全身にうけ、アレクシスを見事に倒した。戦いのあと、アカネと六花はせっかくカラオケに来たのだからと二人で歌うことに。アカネが選曲したのはエンディング主題歌「youthful beautiful」。ここでしか聴けないサプライズ演出に、会場は感動に包まれた。

     

    続くOxTのオーイシマサヨシによるライブでは、「夢のヒーロー」と「UNION」がそれぞれフルバージョンで披露された。最後は、恒例となった出演者と客席の全員での「アクセス・フラッシュ!」でイベントは締めくくられた。

     

    出演者全員が退場した後、スクリーンには各コミカライズ・ノベライズのスピンオフ、そして2020年春舞台化決定の文字が映し出されると、客席からは期待のこもった歓声が上がった。イベント全体が朗読劇の内容と絡み合い、現実の世界でアニメ「SSSS.GRIDMAN」の世界に浸ることができた、夢のようなあっという間の2時間。アニメ放送終了後も次々と新たな展開を見せる「SSSS.GRIDMAN」からは、これからもまだまだ目が離せない!

     

    Ⓒ円谷プロ Ⓒ2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
  • 【イベントレポート】「SSSS.GRIDMAN SHOW01」初のライブイベントは大盛況!イベント第二弾の開催も決定

    07.February.2019 | ANIME&GAME

    TVアニメ「SSSS.GRIDMAN」初のライブイベント「SSSS.GRIDMAN SHOW01」が2019年2月3日(日)、お台場・TFTホールにて開催された。
     
    アニメ本編の名場面をまとめたVTRの上映とともにスタートした本イベント。広瀬裕也(響 裕太役)、緑川 光(グリッドマン役)、斉藤壮馬(内海 将役)、宮本侑芽(宝多六花役)、上田麗奈(新条アカネ役)、高橋良輔(サムライ・キャリバー役)、悠木
    碧(ボラー役)、松風雅也(ヴィット役)、鈴村健一(アンチ/グリッドナイト役)、三森すずこ(なみこ役)のキャスト陣が次々と登壇すると、会場は拍手に包まれた。
     

    高橋良輔、松風雅也のふたりによる司会でイベントは進行された。ライブパートでは広瀬、斎藤、宮本、上田の四人がそれぞれのキャラクターソングを熱唱。響裕太のキャラクターソング「ONLY I CAN」では、広瀬が「まだまだ声出せますか!」と叫び、赤いペンライトで彩られた会場を大いに盛り上げた。
     
    トークショーのコーナーでは、アニメ本編から各キャストがそれぞれのお気に入りシーンを振り返った。鈴村は、第10回「崩・壊」で自身の演じるアンチがグリッドナイトへと変身するシーンを選び、「特撮は昔からダークヒーローが大事だからね(笑)。お陰様で、怪獣の役もヒーローの役もやることができた」とコメントした上で、「実はアンチがグリッドナイトに変身するということを最初は知らなくて、元々はサムライ・キャリバーのオーディションを受けていた」と裏話を明かした。
     
    朗読劇のコーナーでは、稲田徹(アレクシス・ケリヴ役)も「スマートスピーカーになったアレクシス」という設定でゲスト参加した。「TVアニメ『SSSS.GRIDMAN』大反省会」と銘打った会話劇が繰り広げられるなか、ひょんなことから機嫌を損ねてしまった新条アカネが怪獣を召喚してしまう展開に。アレクシスの呼びかけで会場全体が「インスタンス・アブリアクション!」と叫ぶと、なんとTVアニメ『うーさーのその日暮らし』より、主人公のうーさーが登場!? 「このままでは朗読劇としての体裁が保てなくなる」とグリッドマンも実体化してステージに登場したが、戦うことはなく、うーさーを紳士的にエスコートし退場させた。

     
    グリッドマンが現れたことによって自身も戦う気を見せるアンチだが、ボラーに「GRIDMAN製作委員会に着ぐるみを作れる予算なんか残っていない」と指摘されてしまう。しかし、アンチ怪獣態の着ぐるみもステージに登場し、まさかの事態に会場も大興奮。ステージはさながらヒーローショーのような雰囲気に。さらに、サムライ・キャリバーの呼びかけで観客が「アクセスコード・グリッドマンキャリバー」を唱えると、電撃大斬剣・グリッドマンキャリバーがグリッドマンのもとへ転送された。
     
    大迫力の戦いを見せるアンチとグリッドマン。会場の声援を浴びて、見事グリッドマンが勝利し、初の試みである朗読劇+ヒーローショーのコーナーは大成功をおさめた。
     
    続いて、OxTの二人によるパフォーマンスがスタート。特撮版『電光超人グリッドマン』の主題歌『夢のヒーロー』のカヴァーを披露した。
     
    MCでは、「今日はすごく楽しみにしていたんだけど、待機時間が長くて、俺ら名前書いてあるのかな?と不安になった」とGt.のTom-H@ckが語り、Vo.のオーイシマサヨシはわざわざステージ上でチケットの半券を取り出し「ちゃんと名前は書いてあるのにシークレットゲストのような扱いですよね」と笑いを誘った。
     
    二曲目に主題歌『UNION』を披露。客席は手拍子と掛け声で二人のパフォーマンスを盛り上げ、最後はオーイシのアクセスフラッシュのポーズで締めくくられた。
     再びキャストらが登壇し、本日のイベントの続編「SSSS.GRIDMAN SHOW02」の開催が5月26日(日)に決定したことが発表され、会場は大きな拍手と歓声に包まれた。
      
    また、キャストが退場した後、突如スクリーンにはTV本編最終回の実写パートが映し出され、そのまま主題歌『UNION』のMV製作決定が告知された。
     
    沢山のサプライズが発表され、大盛況のうちに幕を閉じたSSSS.GRIDMAN SHOW01。5月に開催される02では一体どのような感動を届けてくれるのか、今から目が離せない。
     

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US