きゃりーが5年前にひっそりと「TV Bros.」で始めた連載『きゃりーぱみゅぱみゅ あたしアイドルじゃねぇし!!!』1月21日(土)発売

22.January.2017 | MUSIC

「TVガイド」や「TV Bros.」等の雑誌を発行する、株式会社東京ニュース通信社より『きゃりーぱみゅぱみゅ あたしアイドルじゃねぇし!!!』が、1月21日(土)に発売される。

PastedGraphic-1

2011年7月、『PONPONPON』をYouTubeで発表し、颯爽と世の中に現れた、きゃりーぱみゅぱみゅ。独特な世界観と、言いにくい名前でたちまち話題となり、デビューから5年経った今では、ツイッターのフォロワー数が460万人を超え、「現代のアイコン」として活躍している。

そんな彼女が、今からちょうど5年前の2012年1月に、ひっそりと雑誌「TV Bros.」で始めた連載、それが『あたしアイドルじゃねぇし!!!』。

 

「紙メディアはネットと打って変わって実に平和な世界が広がっています。コピペができなかったり、買わないと読めないものなので、あまり炎上しないからです」「そんなわけで、TV Bros.で連載を続けていくうちに、だんだんいろいろ考えないようになって、好き勝手なことばかりを書いてしまうようになってしまいました。そのまんまの素の私がここにいます」

この5年の間に、すっかりスマホ社会になった日本。 ネットやテレビでは明かされない、彼女の本音が詰まった一冊となっている。彼女の周りはどう変わってきたのか?フォロワー数を460万人も抱えている彼女には、いったいどんな世界が見えているのか?

幾多もの炎上を乗り越えてきた彼女は、しこしこと自分のことをエゴサーチばかりしている現代人に向けて、こう言います。

「『日本人よ、もっと自由になれ!』と伝えたい。一度だけの人生です。この時代の変化を一緒に楽しもうじゃありませんか!」

(本書「はじめに」より抜粋)

(※内容が変更になる場合もございます)

■Information

きゃりーぱみゅぱみゅ あたしアイドルじゃねぇし!!!

発売日: 2017年1月21日(土)※一部、発売日が異なる地域がございます

定 価:本体1,389円+税

販売:全国の書店、ネット書店

---

■関連記事:きゃりーぱみゅぱみゅ『原宿いやほい』のMV解禁。「いやほい」という謎の言葉で盛り上げる、不思議なお祭りソング

■関連記事:きゃりーぱみゅぱみゅの誕生日を祝うイベント「ASOBINITE!!! KYARY PAMYU PAMYU BIRTHDAY SPECIAL」開催決定

TALENT PROFILE

きゃりーぱみゅぱみゅ

高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US