ロザリーナ、アニメ「歌舞伎町シャーロック」ED曲「百億光年」が配信スタート

17.October.2019 | ANIME&GAME / MUSIC

キュートなルックスとエッジの効いたサウンド、そして“忘れられない声”。その才能に触れた関係者・クリエイターたちが挙って絶賛するシンガーソングライター「ロザリーナ」。NHK「みんなのうた」に書き下ろし、8月~9月にかけてNHK総合テレビ・Eテレで連日放送された楽曲や、THE ORAL CIGARETTESとのフィーチャリング曲「Don’t you think feat.ロザリーナ」のリリースを経てSNSを中心に「声がいい」など注目が高まっている。

10月11日(金)より放送開始となった、TBS、MBS、BS -TBS “アニメイズム” 枠TVアニメ「歌舞伎町シャーロック」のEDテーマ「百億光年」の配信ダウンロードが本日スタートした。本作は時の流れを感じさせる壮大なバラードナンバーで、楽曲は亀田誠治によるプロデュース。どのようにアニメを彩っていくのか今後楽しみな1曲となっている。また、配信スタートに合わせ新アートワークも解禁。こちらも合わせて楽曲と一緒にチェックしてみてほしい。

 

亀田誠治コメント

「時に少年のように、時に少女のように響くロザリーナさんの声は魔法のよう。傷つきながらそれでも生きていく。そんな力に満ちた尊い歌声です。」

RELATED ENTRIES

  • ロザリーナ、TVアニメ「歌舞伎町シャーロック」EDテーマ「百億光年」MV解禁&ストリーミング配信スタート

    13.November.2019 | ANIME&GAME / MUSIC

    キュートなルックスとエッジの効いたサウンド、そして“忘れられない声”。その才能に触れた関係者・クリエイターたちが挙って絶賛するシンガーソングライター「ロザリーナ」。彼女が歌う、10月11日(金)より放送中のTBS、MBS、BS -TBS “アニメイズム” 枠TVアニメ「歌舞伎町シャーロック」のEDテーマ「百億光年」のミュージックビデオが解禁され、同時に各配信サイトでのストリーミング配信もスタートした。

     

    ロザリーナ「百億光年」Music Video

    「百億光年」は時の流れを感じさせる壮大なバラードナンバーで、楽曲は亀田誠治によるプロデュース。屋内外問わず様々なシチュエーションで雪が舞う幻想的なカットが魅力のミュージックビデオとなっており、これからの季節にも非常にマッチする内容となっている。

    また、11月15日(金)にはアニメ「歌舞伎町シャーロック」でシャーロック・ホームズ役を務める小西克幸を迎えてのLINE LIVEスペシャル番組の放送も決定。番組内では質問コーナーも予定しており、事前に視聴者からの質問も募集する。募集詳細はロザリーナのスタッフTwitterを確認しよう。ほかにもロザリーナによるライブ、アニメに関するコーナーなど見どころいっぱいの内容になりそうだ。番組予約はこちら

    なお、11月23日(土)からは来春のワンマンライブの一般発売がスタートする。詳細は公式HPなどに掲載されるのでそちらもチェックしてみてほしい。

  • ロザリーナ、10月クールアニメ「歌舞伎町シャーロック」EDテーマに決定

    12.July.2019 | ANIME&GAME / MUSIC

    シンガーソングライター「ロザリーナ」が2019 年10 月よりMBS、TBS、BS-TBS “アニメイズム” 枠にて放送開始となる「歌舞伎町シャーロック」のエンディングテーマを担当することが決定した。曲名は「百億光年」で、アニメの世界観を彩る壮大なバラード曲となっている。

    このアニメはPSYCHO-PASS サイコパスなどのヒット作品の制作を手掛けたProduction I.GとKADOKAWAによるオリジナルテレビアニメーションであり、架空の街「新宿區歌舞伎町」が舞台として描かれる。監督は吉村愛。声優は小西克幸、中村悠一をはじめ、豪華な顔ぶれが並んでいる。

     

    TVアニメ「歌舞伎町シャーロック」第3弾PV

    早くもその楽曲が使用されたPV第三弾も発表されているので、ぜひこちらの動画をチェックしてみてほしい。なお、「百億光年」の楽曲リリースは現状未定となっており、続報に期待したい。

     

    ©歌舞伎町シャーロック製作委員会

  • ロザリーナ書下ろし、アニメ「からくりサーカス」OPテーマのジャケット公開

    昨年からスタートし、今まさに最終クールを放送中の少年サンデー史上で”伝説の名作”と呼ばれたアニメ「からくりサーカス」。オープニングテーマとして、シンガーソングライター・ロザリーナが書き下ろした「Over me」のミュージックビデオが解禁された。「からくりサーカス」の楽曲をロザリーナが手掛けるのは、第1クールのエンディングテーマでもファンの間で大好評だった「マリオネット」に続き二度目となる。

     

    ちょうど一年前の2018年4月11日に全国40以上のラジオ局でパワープレイを獲得し、鮮烈なデビューを飾ったロザリーナが書き下ろした第1クールのエンディングテーマ「マリオネット」。からくりサーカスの主人公の1人「しろがね」の歌として、原作・アニメファンから大きな支持を受けていた。

    通常版

    「マリオネット」リリース時には原作者の藤田和日郎との対談も行い、「からくりサーカス」作品自体はもちろん、広く創作活動について様々な意見を交わしている。今回のオープニングテーマ「Over me」の書下ろしにあたっても、歌詞の内容について藤田和日郎と手紙のやりとりなどをして制作した。サウンドプロデュースは、「マリオネット」に引き続き、海外でも大きな支持を集めるTeddyLoidが務める。

    今回YouTubeで公開されたミュージックビデオは、既にDL販売のみにて先行配信されているアニメVer.のサイズに特別編集されたバージョンとなっている。まるで「マリオネット」の続編の様な冒頭の演出から始まる映像では、全ての登場人物が抱える”過酷すぎる運命に押しつぶされそうになりながらも、一歩でも前に進む”というテーマが、前作に引き続きダイナミックに表現されたものとなっている。

     

    併せて、5月22日(水)にリリースされるCDの収録内容と、期間生産限定盤のジャケットに使われるアニメ書下ろし絵柄も公開された。

    CDのカップリングにはすでに先行配信されている「マリオネット(Piano Ballad Ver.)」と、「からくりサーカス」のラスボスキャラである”白金(バイジン)/フェイスレス”をモチーフに描いた新曲「アネモネ」が収録される。

    期間限定盤

    さらに、期間生産限定盤のDVDには「マリオネット」のミュージックビデオをフルver.で、また「Over me」が使われているアニメオープニングのノンクレジット映像が収録される予定だ。期間生産限定盤ジャケットの書下ろし絵柄も、楽曲のモチーフとなっている「からくりサーカス」の主人公3人の非常に印象的な肖像が用いられている。

    まさにロザリーナにとっての「からくりサーカス」の集大成となるようなパッケージで、ロザリーナのファンはもちろん「からくりサーカス」ファンも見逃せない作品となっている。是非ゲットしてみて!

  • TVアニメ「歌舞伎町シャーロック」OPテーマにEGO-WRAPPIN’新曲「CAPTURE」決定

    23.March.2019 | ANIME&GAME / MUSIC

    TVアニメ「歌舞伎町シャーロック」のオープニングテーマにEGO-WRAPPIN’の新曲「CAPTURE」が決定した。

    「歌舞伎町シャーロック」はProduction I.Gによる、オリジナルTVアニメ。2019年10月より放送がスタートする。本日PV第2弾がYouTubeに公開された。

     

    「CAPTURE」はアニメのために書き下ろされたもの。架空の町・新宿區歌舞伎町を舞台にした物語の世界観にぴったりな、哀愁漂う怪しげなムードを感じるEGO-WRAPPIN’らしい楽曲となっている。

     

    PV第二弾

     

    なお、オープニングテーマに決定した「CAPTURE」は5月22日発売のニューアルバムにも収録される。

  • ロザリーナ、「からくりサーカス」EDテーマを先行配信

    06.November.2018 | MUSIC

    少年サンデー史上で”伝説”と呼ばれ、満を持してのアニメ化作品が絶賛放送中の「からくりサーカス」。

    そのエンディングテーマを、今年デビューした新人アーティストとして最も注目を集めているシンガーソングライター・ロザリーナが担当。新曲「マリオネット」の配信が、2018年11月28日のCD発売に先駆けて”アニメver.”としてスタートした。

    また、ロザリーナによる定期LINE LIVE番組にて、来週11月9日(金)にまた新たな楽曲を配信する事も、本人の口から発表された。

    「マリオネット」は、「からくりサーカス」のヒロイン”しろがね”の歌としてロザリーナが書き下ろした楽曲。その切ないながらも力強いメロディと歌詞、歌声を、世界的に活躍するサウンドプロデューサー・TeddyLoidが激情的にアレンジした。アニメ視聴者や原作ファンの間で名曲と話題になっている。

    また、11月28日に発売されるCDのアートワーク、新しいアーティスと写真も公開された。

    CDの通常盤ジャケットでは、楽曲タイトルを暗示するようなデザインがポップに描かれており、期間生産限定盤(アニメ盤)のデジパック仕様ジャケットには「からくりサーカス」アニメ書き下ろし絵柄が採用された。人形”あるるかん”を操りながら、涙をながすヒロイン”しろがね”の書き下ろし絵柄となっていて、先行配信がスタートした「マリオネット」アニメver.のカバーアートにもなっている。

    さらにアニメ放送前にYouTube上で公開されて話題となった”しろがね”にフィーチャーしたアニメのプロモーションムービーのノンクレジットver.も収録。また、カップリング曲として収録される新曲「Stereo」は来週11月9日(金)より先行配信されることが決定しており、同日にリリックビデオも公開される予定だ。

    CDリリース週にはリリース記念のインストアライブを東名阪で行う事も発表されている。ライブは観覧フリーとなっているのでぜひ参加しよう。

  • ロザリーナ、新曲「マリオネット」がアニメ『からくりサーカス』EDテーマに決定

    07.October.2018 | ANIME&GAME / MUSIC

    少年サンデーの“伝説の名作”であり、この10月から満を持してテレビアニメ化される『からくりサーカス』。来週からいよいよ放送開始となるこの作品のエンディング・テーマを、唯一無二の声を持つシンガーソングライター・ロザリーナが担当する事が発表された。

    10月3日にYouTubeで公開されたアニメの最新PVにて、そのエンディング・テーマ「マリオネット」の音源が一部解禁されている。

    ロザリーナは、今年4月にメジャーデビューシングル『タラレバ流星群』が全国40を超えるラジオ局でパワープレイを獲得し、鮮烈にデビューしたシンガーソングライター。

    今回、ロザリーナ自身が『からくりサーカス』を読み込み、主人公の一人でもある「しろがね」を投影してエンディング・テーマ「マリオネット」を書き下ろした。漫画に熱中し、非常に強い思い入れで制作されたこの楽曲に対して、その込められた思いを語った本人のコメントも届いている。

     

    ロザリーナ コメント
    今回、“しろがね”(エレオノール)の歌としてこの曲を作り始めました。“しろがね”は、笑う事ができない、ずっと自分以外の何かに操られている、自分が無いような気持ちで生きてきた。それって、現実を生きている誰もが、程度の差はあれど感じる事があるんじゃないかと想いました。自分が“マリオネット”、つまり操り人形のように誰かに、社会に、操られているだけなんじゃないか?そう想ったことは私にもあります。
    それでも、自分にしか出来ないコト、自分だけのモノが見つかるかもしれない。それを見つけさせてくれる、感じさせてくれる誰かに会えたら、きっと世界の色は変わって見えるはずなんじゃないかと思います。“しろがね”が、鳴海に出会えて変わったように。

     

    楽曲のアレンジは世界各国に熱烈なファンをもつ気鋭のサウンドプロデューサー・TeddyLoid。唯一無二の声によって紡がれたメランコリックかつ突き抜けたメロディの楽曲を、更に華やかに、激情的に彩っている。
    満を持してのアニメ化に伴い、オープニング・テーマはBUMP OF CHICKENが書き下ろし、豪華な声優陣で制作される『からくりサーカス』。

    10月3日に公開された最新PVは、「マリオネット」同様“しろがね”のキャラクターにフォーカスした映像となっており、アニメ放送に先駆けて「マリオネット」の音源を聴く事が出来る。

    ロザリーナは毎週木曜日23:00~にLINE LIVEにてレギュラー生配信“モクリーナ”を実施しており、10月4日(木)も配信される予定。この番組でも、『からくりサーカス』や「マリオネット」に向けた想いが本人より語られると思われ、『からくりサーカス』のファンにも是非注目してもらいたい。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US