ロザリーナ、新曲「マリオネット」がアニメ『からくりサーカス』EDテーマに決定

07.October.2018 | ANIME&GAME / MUSIC

少年サンデーの“伝説の名作”であり、この10月から満を持してテレビアニメ化される『からくりサーカス』。来週からいよいよ放送開始となるこの作品のエンディング・テーマを、唯一無二の声を持つシンガーソングライター・ロザリーナが担当する事が発表された。

10月3日にYouTubeで公開されたアニメの最新PVにて、そのエンディング・テーマ「マリオネット」の音源が一部解禁されている。

ロザリーナは、今年4月にメジャーデビューシングル『タラレバ流星群』が全国40を超えるラジオ局でパワープレイを獲得し、鮮烈にデビューしたシンガーソングライター。

今回、ロザリーナ自身が『からくりサーカス』を読み込み、主人公の一人でもある「しろがね」を投影してエンディング・テーマ「マリオネット」を書き下ろした。漫画に熱中し、非常に強い思い入れで制作されたこの楽曲に対して、その込められた思いを語った本人のコメントも届いている。

 

ロザリーナ コメント
今回、“しろがね”(エレオノール)の歌としてこの曲を作り始めました。“しろがね”は、笑う事ができない、ずっと自分以外の何かに操られている、自分が無いような気持ちで生きてきた。それって、現実を生きている誰もが、程度の差はあれど感じる事があるんじゃないかと想いました。自分が“マリオネット”、つまり操り人形のように誰かに、社会に、操られているだけなんじゃないか?そう想ったことは私にもあります。
それでも、自分にしか出来ないコト、自分だけのモノが見つかるかもしれない。それを見つけさせてくれる、感じさせてくれる誰かに会えたら、きっと世界の色は変わって見えるはずなんじゃないかと思います。“しろがね”が、鳴海に出会えて変わったように。

 

楽曲のアレンジは世界各国に熱烈なファンをもつ気鋭のサウンドプロデューサー・TeddyLoid。唯一無二の声によって紡がれたメランコリックかつ突き抜けたメロディの楽曲を、更に華やかに、激情的に彩っている。
満を持してのアニメ化に伴い、オープニング・テーマはBUMP OF CHICKENが書き下ろし、豪華な声優陣で制作される『からくりサーカス』。

10月3日に公開された最新PVは、「マリオネット」同様“しろがね”のキャラクターにフォーカスした映像となっており、アニメ放送に先駆けて「マリオネット」の音源を聴く事が出来る。

ロザリーナは毎週木曜日23:00~にLINE LIVEにてレギュラー生配信“モクリーナ”を実施しており、10月4日(木)も配信される予定。この番組でも、『からくりサーカス』や「マリオネット」に向けた想いが本人より語られると思われ、『からくりサーカス』のファンにも是非注目してもらいたい。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US