シャチのパフォーマンスや飼育員とのディナータイム!千葉・鴨川シーワールド「大人のナイトステイ」

22.October.2019 | SPOT

鴨川シーワールドでは、2019年12月7日(土)から2020年1月18日(土)までの期間中、指定の5日間限定で18歳以上(高校生を除く)を対象に、ひと味ちがった水族館を満喫できる「大人のナイトステイ」を開催する。

「大人のナイトステイ」では、ベルーガの柔らかなおでこにタッチして記念写真を撮影できる人気のふれあい体験「ベルーガにタッチ」をはじめ、ナイトステイの参加者と鴨川シーワールドホテルに宿泊の方のみが観覧できる「シャチ スペシャルパフォーマンス」を実施。また、夜の水族館探検(ナイトアドベンチャー)など、通常体験することのできない特別なプログラムに参加できる。

さらに夕食は、日本で唯一シャチの姿を見ながら食事ができるレストラン「オーシャン」で、飼育員・トレーナーとの会話を楽しみながら、2016年に「レ・ディシプル・ド・オーギュスト・エスコフィエ」の称号を授与された山本総料理長が考案した、房総の旬の食材を活かしたセミコースディナーを提供。

食事の後は、幻想的な大水槽「無限の海」の前で、ゆったりとした時間を過ごそう。

 

【1日目】

・トロピカルアイランド裏方見学

・ベルーガにタッチ (記念写真付き)

・シャチ スペシャルパフォーマンス見学

・飼育員、トレーナー同席でのセミコースディナー

・夜の水族館探検(ナイトアドベンチャー)

・入浴(鴨川シーワールドホテル 又は近隣宿泊施設)

・トロピカルアイランド「無限の海」水槽前でのステイ

(12月7日(土)のみロッキーワールド地階)

 

【2日目】

・朝のサーフスタジアム イルカ観覧

・レストラン「オーシャン」での朝食

・解散後は園内自由見学

 

 

鴨川シーワールドならではの「大人のナイトステイ」で素敵な一夜を過ごしてみては?

RELATED ENTRIES

  • アートと生き物が融合した新感覚水族館「アトア」が神戸に誕生

    12.August.2021 | SPOT

    神戸・新港突堤西地区に位置する都市型アクアリウム「átoa(アトア)」が2021年10月29日(金)に誕生する。アートと生物展示が融合した新感覚の水族館の全貌が明らかになった。

     

    施設名「átoa(アトア)」は、Aquariumu(水族館) to(と) Art(アート)が掛け合わさった造語。その名のとおり、デジタルアートや舞台芸術を駆使したアート空間の中に約100種類3,000点ものいきものたちが共存する。

    現代アート美術館のような外観の神戸ポートミュージアム

    洞窟の入口のような階段を登り、探検気分で2階入場口へ

    海中世界を体現した「MARIN NOTE-生命のゆらぎ」

    霧が立ち込める樹海の森「EREMENTS-精霊の森」

    切り絵作家 酒井敦美氏による光の切り絵のショー

    日本庭園の上を歩く不思議な体験

    宇宙空間や深海の世界を体現する「PLANETS」

    インスタ映え間違いなしのFOOD&DRINK

    神戸ベイエリアを一望できる絶景ポイント

    átoa(アトア)オリジナルの商品も販売が予定

     

     

    神戸市が位置する六甲の地は100万年前以上の遥か昔、大地の隆起と水の浸食により形成されたと言われおり、átoa(アトア)が収容される施設・神戸ポートミュージアム(KPM)は、そんな神戸の地の成り立ちを体現したアート作品のような外観で訪れる人の目を惹きつける。

     

     

    átoa(アトア)の館内は計8つものゾーンにわかれており各ゾーンのテーマに沿った展示と空間演出がなされている。入場口を入ると「CAVE-はじまりの洞窟」が来館者を出迎える。鏡面加工を施された壁面と床面に魚群型の照明が乱反射し、万華鏡の洞窟を歩いているかのような錯覚に陥りながら奥へ奥へと入っていく。

    幻想的な洞窟を抜けると海中世界を体現した「MARIN NOTE-生命のゆらぎ」が広がる。空間全体を覆うウェーブ照明と潮の香が漂う香りの演出、さらには円柱型の水槽にトラフザメやチンアナゴなどの海のいきものが展示され、まるで海中を浮遊しているかのような感覚を楽しむことができる。

     

    2階の展示の目玉のもう一つである「EREMENTS-精霊の森」は、霧が立ち込める樹海の森、まるでおとぎ話の世界に入り込んだかのような世界が広がり、淡水魚やアルダブラゾウガメなどの両生類、さらには水族館では珍しいウッドチャックなどの可愛いいきものたちとも出会うことができる。átoa(アトア)ではこうした従来の水族館施設では出会うことのないユニークないきものが展示されていることも大きな特徴となっている。

     

     

    3階では“劇場型アクアリウム“を存分に楽しめる2つのゾーン「MIYABI」と「PLANETS」に注目してほしい。日本の風光明媚な和の世界を表現するゾーン「MIYABI」では、切り絵作家・酒井敦美による光の切り絵のショーを楽しむことができるほか、足元ではガラスで覆われた床のすぐ下に魚が泳ぎ、まるで日本庭園の上を歩いてるかのような不思議な感覚を味うことができる。

     

    「PLANETS」では宇宙空間や深海の世界が体現されており、ゾーンの中央に鎮座する直径3メートル・日本最大級の球体水槽「AQUA TERRA」、床に埋め込まれた光ファイバーと天井から降り注ぐレーザーとミストにより、空間全体が無数の星と光のベールに包まれる。

     

    4階の屋外展示「SKYSHORE 空辺の庭」では開放的な空の下、フンボルトペンギンやコツメカワウソなどの可愛い海獣類たちとの出会いに心が癒されること間違いなし。また、4階にはアトアカフェが併設され、思わず写真を撮りたくなるようなインスタ映え間違いなしのフードやドリンク類がラインアップ。

     

    さらに、展望デッキ「ROOF TOP」では神戸の絶景が広がり、ハーバーランドやメリケンパークが一つの構図の中に収まり、昼はもちろん夜には神戸ベイエリアの美しい夜景を楽しむことができる。可愛いいきものたちのぬいぐるみのほか、神戸らしいátoa(アトア)オリジナルの商品が並ぶミュージアムショップもお見逃しなく!

  • チームラボが千葉「ちばアート祭2021」にてパブリックアートを公開

    27.July.2021 | SPOT

    アート集団チームラボが、千葉県千葉市で開催される「ちばアート祭2021」で、人々のふるまいや、風や雨など自然の影響を受けて光や音がインタラクティブに変化する作品空間を、千葉ポートパークに展示する。千葉ポートパークというパブリックな場所が、夕方から夜にかけて、誰でも無料で体験できる没入的なアート空間に変わる。新しい作品の公開も決まっており、2021年7月31日(土)から9月5日(日)までの期間限定で開催される。

     

     

    自立しつつも呼応する生命と呼応する木々, teamLab, 2017.

     

    ちばアート祭で展示する作品空間は、自然の中で吹く風や雨、そこにいる人々のふるまいの影響を受けながらインタラクティブに変容し、自然と人々を作品の一部にしていく。それにより、作品と人々と自然、それから自分と他者が、境界なく連続し合う。向こうの方から光や音が押し寄せてくれば、向こうに人がいるのかもしれないし、もしくは、風が吹いたのかもしれない。人々はきっと、同じ空間にいる他の人々の存在を、そして自然環境のふるまいを普段より意識することになるだろう。

    ちばアート祭は、千葉県主催の文化プログラムの一つ。東京オリンピック・パラリンピック競技大会は、スポーツの祭典だけでなく文化の祭典でもあり、各地で様々な文化プログラムが実施される。ちばアート祭はその一環として、ちばの多彩な文化的魅力を存分に感じ楽しんでもらえるよう、千葉の文化的魅力を集めた「次世代に残したいと思う『ちば文化資産』」を会場や作品テーマに開催する。期間中は、チームラボ作品展に加え、千葉県立美術館などで、千葉県にゆかりのあるアーティストの屋外作品や一般公募した絵画・写真作品も展示される。

     

    千葉ポートパークが、人々の存在、そして自然のふるまいによって変化するアート空間へ訪れてみては?



    ※ 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、来場は千葉県内在住者に限定した上で事前予約制となります。

  • 光とアートがテーマのナイトエンターテインメントが千葉公園で開催

    07.July.2021 | SPOT

    椿森コムナと千葉市が共催するYohaSが、2021年7月6日(火)から月10日(土)までの5日間にかけてリアルとバーチャルで同時開催する。

     

    ライティングアート ※画像はイメージです。当日の演出とは異なります。

    2019年の様子

     

    「YohaS」とは、千葉市が進める「ナイトタイムエコノミー」の活性化を図るため、千葉市の花「大賀ハス」をシンボルとしたイベント「大賀ハス祭り」の夜の部として2018年に立ち上がったナイトエンターテインメント。今年で4回目となるYohaSだが、昨年はコロナ禍によりオンラインでの開催となった。今年はコロナ禍前と同様、千葉公園を会場とし感染拡大防止対策を徹底した上で観客ありでの開催を決定した。本企画のテーマは「silent LIPS」。マスクで顔が隠れ、他人の笑顔や唇が見られなくなってしまった今だからこそ静かに楽しめ、人が集まっても飛沫は最小限に抑える「来場者がしゃべらない会場」を創り上げる。

     

    YohaS 2021のタイトルは「Night Park Gallery」と題し、夜の千葉公園全体をアートギャラリーに見立てる。フィンランド発、「Sun Effects」社が手がける光で空間をデザインするライティングアートにより、荒木山が華やかに浮かびあがり、元シルク・ドゥ・ソレイユ演者の熊谷拓明オリジナルプロデュースの「ダンス劇」が6つのステージで上演される。どのステージからみても、何のステージをみても、最後のファイナルステージで完結するストーリーが見どころ。また、ダンス劇夜ハスな人々」が平日限定7月6日(火)から9日(金)で公開される。さらに、ドネーショングッズには光るYohaSバンドやTシャツ、除菌スプレーなど限定グッズが登場する。

     

    今年のYohaSは自宅のパソコンやスマートフォンからも楽しめる「バーチャルYohaS in 千葉公園」も開催。現地のダンス劇を鑑賞したり、自分でデザインしたハスの花をバーチャル世界にて咲かせることが出来る。こちらも参加無料になっているので、気軽に参加してみては?

     

  • JR千葉駅にて日本酒プレミアムラウンジがオープン

    12.April.2021 | FOOD / SPOT

    昨年秋、ペリエ千葉えきうえひろばで好評を得たイベント「一献風月」が、たくさんの要望に応えて、ペリエ千葉 チバコトラボ3Fに、2021年4月28日(水)より常設オープンすることが決定。空港ラウンジのように過ごせる落ち着いた空間は、旅の始まりや日常に上質なひとときをプラスする。

     

    CHIBASAKE.COM SHOP with PERIE Onliine SHOP

     

     

    スマートフォンやタブレットを活用したお酒選びや購入が可能な、県産日本酒のセレクトショップが、同時オープン。ラウンジで気に入った銘柄の購入や、ここでしか買えないCHIBASAKE.COMオリジナルの限定酒、RIEDELの純米グラスをはじめ酒器や地域産品の肴などが勢揃い。また、日本酒の豊かでふくよかな「うまみ」を味わってもらうために、創業260年ワイングラスの老舗RIEDEL社が8年かけて開発した純米酒専用グラスで、サービスを提供する。更に、イタリアンレストランEST! Prossimoが、千葉県産食材や、千葉県産酒を用いたオリジナルメニューを開発。千産千消型イタリアンとのマリアージュを堪能することができる。

     

    大人のためのラウンジで旅をスタートしてみては?

     

  • すみだ水族館 月と星がシンクロする冬限定の空間演出「月とクラゲ」開催

    09.November.2020 | SPOT

    すみだ水族館は、冬企画として2020年11月20日(金)~2021年2月14日(日)の期間、満月のようなクラゲが夜空に輝く月や星とシンクロし、物語を織りなす空間演出「月とクラゲ」を開催する。

     

    本企画は、2020年7月に誕生した約500匹のクラゲが漂う水槽「ビッグシャーレ」での初の期間限定演出。クラゲを上から見ることで“海月”の漢字の由来でもある“海中に浮かぶ満月”のような丸い姿を見ることができる、「ビッグシャーレ」ならではの演出となっている。

    水槽が設置されたエリアの天井には、満ちていく月と成体になるまで形を変化させていくクラゲがシンクロしていくような映像を展開。壁面や床面に投影する映像では、星型に見える形をしたクラゲの赤ちゃん“エフィラ”が流れ星となったり、星座を紡いだりとクラゲの一生を星々に重ね、一年で最も空気が澄んでいる美しい冬の夜空を舞台にした物語仕立ての映像を投影する。さらに、星の瞬きに合わせて変化する水槽照明や、クラゲの拍動のリズムをベースにしたオリジナルの音楽が加わり、空間全体で神秘的な没入感を味わうことができる。

    12月の金・土・日曜日には、クリスマスを楽しむ特別プログラムとして、音楽に合わせてペンギンプールの底面にクリスマスイルミネーションのように色とりどりの映像を投影するプロジェクションマッピング「ペンギンキャンディ」も同時開催。

    さらに、ペンギンカフェでは「月とクラゲ」をイメージした冬季限定のホットココアを発売。クラゲの食感をイメージしたタピオカが入ったホットココアの上に、青いミント味のホイップクリームと、月をプリントしたマシュマロを浮かべた。

     

    今年の冬は、光と音楽でロマンチックな館内を夜まで楽しめる「すみだ水族館」へ足を運んでみて。

  • 「市原ぞうの国」がぞうの魅力溢れる動物園へリニューアル!2021年春オープン

    20.October.2020 | SPOT

    “国内最多のゾウが群れで暮らす動物園”「市原ぞうの国」では、ゾウがより楽しく暮らすことができ、リフレッシュできる住環境の整備を進めるため開園以来初となる大規模リニューアルを行うことを発表した。2021年春、今よりももっと楽しいぞうの国へと生まれ変わる準備を一部営業を続けながら進めている。

    千葉県のほぼ中央に位置する市原ぞうの国には、国内最多飼育数のゾウ12頭をはじめ、レッサーパンダ、ビーバー等約80種類の動物たちが暮らしている。ぞうの背中に乗ることが出来る「ぞうさんライド」や鼻にぶら下がることができる「ぞうさんリフト」など、ぞうと触れあうことができる様々なアトラクションを開催。また、カピバラ、カバなど園内にいるほとんどの草食動物たちに直接エサをあげることができ、より身近に動物たちとのふれあいができる。2005年夏に公開された映画「星になった少年」は市原ぞうの国の園長、坂本小百合氏が原作者であり、映画のモデルとなったアジアゾウのランディも暮らしている。

    「市原ぞうの国」は、”日本一多くのゾウが暮らす動物園”として子供から大人まで多くの人々が来園。今回のリニューアルでは、老朽化が進んでいたゾウ舎の新設をはじめ、ゾウの運動場、ゾウの水遊び場の整備など、これまで以上にゾウの魅力が見る人に伝わる動物園づくりを目指す。

    「動物と人との心地よい距離感」「動物たちの豊かな表情」といったこれまでこだわりを持って作り上げてきたものを体感できる場所づくり、訪れた人がエントランスを抜け“トビラを開けたらゾウがいる!”光景が目に飛び込んでくる体験ができる施設になる予定だ。

    さらに、ゾウ達が大好きな水遊び場「エレファント スプラッシュ」をクラウドファンディングによって進めるプロジェクトを2020年10月27日(火)よりスタート。発案のきっかけは、1歳と2歳の子ゾウ達「ら夢」と「もも夏」が、2頭で水遊びをしている姿に夢中になる来園客を見て、もっと楽しい姿を見てもらえたらと思ったことからプロジェクトをスタートすることになった。プロジェクトに協力すると、「リニューアル記念ぞうさんと一緒に夜桜パーティ参加券(お土産付き)」、「ゾウに体の上をまたがれる券」など、ゾウが大好きな人に嬉しいリターンメニューが9種用意されている。プロジェクトの締め切りは、2019年に誕生した「ら夢」2歳の誕生日である2021年1月15日(金)。リターンメニューは今後も順次追加される予定だ。

     

    リニューアルによって、ゾウの魅力が今まで以上にたっぷり詰まった場所に生まれ変わる「市原ぞうの国」。春のオープンが待ちきれない。

  • 生命の宿る神秘的な美術館、日本橋に「アートアクアリウム美術館」が誕生!

    07.October.2020 | FEATURES / SPOT

    金魚を使った幻想的なアート作品を展示する「アートアクアリウム」。これまで東京を中心に期間限定イベントとして開催され、累計来場者数は1,000万人という大人気展示です。初となる常設展「アートアクアリウム美術館」が、日本橋に8月28日(金)にオープン。モデルの矢部ユウナちゃんがひと足お先に遊びに行ってきました!

    場所は、これまでもアートアクアリウムの東京展が行われていた日本橋。江戸時代に金魚文化が開いた伝統ある場所でもあります。

     

    作家・総合プロデューサーの木村英智氏が手掛けるアートアクアリウムは、アート・デザイン・エンターテインメントとアクアリウムを融合させた新感覚の展覧会。金魚の数は約3万匹、これまでの展覧会を超える圧倒的なスケールの美術館です。


    広い展示空間ではエリアごとにテーマを設けていて、それぞれの世界観が楽しめます。注目は、アートアクアリウムの代表作品の「花魁」。江戸時代の遊郭を表現した巨大な金魚鉢が並びます。

    江戸時代に最も華やかな場所だった花街においても最もきらびやかで象徴的な瞬間「花魁道中」をイメージした豪華絢爛な展示は圧巻です。

    もうひとつの注目スポットは、「金魚の社」。等身大以上の水柱が森のように立ち並び、金魚が泳ぐ神秘的な世界を鑑賞できます。

    常にライティングや音楽が変化し、全く別の空間のように変化。一瞬として、同じ瞬間はありません。

    また2階から見下ろせるようになっており、ダイナミックな3D映像と相まって神秘的で幻想的な空間に。映像は季節によって変わるので、訪れるたびに新しい景色が見られます。

    他にも金魚アートは数え切れないほど展示されていて、見応えたっぷり。好きな展示を見つけてくださいね。

    老松エリア「水戯庵ラウンジ」 

    また、食事ができるラウンジも併設されています。「水戯庵ラウンジ」は、江戸時代に狩野派が描いたと言われる文化財である老松を眺めながら、飲食ができるラウンジ。舞台では伝統芸能のパフォーマンスがされることも。

    (右から)「天地始粛」、「楓蔦黃」、「雪下出麦」各1,200円(税抜) 

    水戯庵ラウンジでは、5日ごとに変わるカクテルを提供しています。日本にはかつて春夏秋冬を二十四の節気に分類し、そこからさらに5日ずつ七十二の季節に分け、二十四節気七十二候と呼んで、季節の移り変わりを繊細に感じる文化がありました。二十四節気七十二候のカクテルで、訪れるたびに違う味覚が味わえます。

    愉悦エリア「華魚繚乱」

    もうひとつのカフェラウンジ「華魚繚乱」では、有名店とのコラボなど本格的なスイーツが楽しめます。

    左端から時計回りに「金魚更紗」750円、「Palet D’ or の透明なカカオソーダ」900円、「福砂屋のエシレバター&クリームカステラ」800円、「lohasbeans coffeeの抹茶ティラミス」850円、「金魚ゼリー」750円(税抜) 

    アートアクアリウムの余韻の中で、どこか懐かしい日本を感じるひとときをカフェラウンジメニューともに楽しめます。金魚をモチーフにしたスイーツやコラボスイーツの他にも伝統的な日本料理なども提供されます。

    ぬいぐるみ出目金 L、ぬいぐるみ土佐金 L 各3,200円(税抜)

    ここでしか買えないお土産も充実。キュートな金魚のぬいぐるみはさまざまなサイズが展開。オリジナルのお菓子やコラボ商品など、大切な人に渡したいお土産もたくさん揃っています。

    「金魚、音、光、空間、すべてが幻想的でした! 金魚の種類もたくさんいて、水槽もいろんな形があって、インスタ映えスポットもたくさん。江戸の文化をイメージしてるから、日本の良さも感じられるよ。常に金魚は泳いでるから、二度と同じ瞬間がなくて、何回行っても新鮮な気持ちになれそう」とユウナちゃん。

     

    見どころ満載のアートアクアリウム美術館に、ぜひ遊びに行ってみて。

    TALENT PROFILE

    矢部ユウナ

    「Zipper」や「HR」を中心に活躍する類まれなるファッションセンスを持つ静岡が誇るファッショニスタ。 15歳の時「Zipper×ASOBISYSTEM専属モデルオーディション」でグランプリを獲得。 ファッションだけでなくメイクや、自身での動画編集なども得意とし、同世代への影響力も高い。最近ではMVへの出演なども務めるなど活躍の幅を広げており、今後さらなる活躍が期待される。

  • サンシャイン水族館、生き物の性に関する特別展示「もっと♡性いっぱい展」開催

    16.August.2020 | SPOT

    サンシャイン水族館は、昨年実施し話題になった生き物の性に関する特別展示「性いっぱい展」をさらにパワーアップして実施する第2弾として、夜のサンシャイン水族館「もっと♡性いっぱい展」を2020年9月12日(土)~11月5日(木)の期間に夜間特別営業(18:30~22:00)として開催する。


    様々な角度から学ぶ性いっぱい展をコンセプトに、かわいいイラストとともに生き物の性について解説するパネルをはじめ、普段はなかなか知ることができない生き物の性に関する魅力を体感できる多様なコンテンツが揃った。また、水族館全体の展示水槽や照明をピンクにすることで、日頃訪れるサンシャイン水族館とは違った大人な雰囲気を楽しむこともできる。

    今回は来館者全員に「愛のトキメキ♡プロップス」と「性いっぱい袋とじ」の2つをプレゼント!「愛のトキメキ♡プロップス」は大人の雰囲気に一変したサンシャイン水族館での撮影に最適なアイテムに。また、昨年好評だった「性いっぱい袋とじ」は中身をパワーアップ。サンシャイン水族館でしか手に入らない貴重な袋とじは必見だ!

     

    視覚

    ♡“性” 解説パネル

    通常営業時の生き物に関する解説キャプションとは別に、その生き物の“性”に関する解説パネルを設置。二次元コードからお客様自身のスマートフォンでかわいいイラストとともに、生き物のマル秘解説を観ることができる。

     

    ♡動画放映

    館内5箇所で、通常展示ではなかなか見ることのできない「交尾」の瞬間をおさめた貴重な動画を公開。

     

    ♡館内照明

    館内がピンク一色に・・・♡

    今回は屋外エリア「マリンガーデン」や今夏オープンした新クラゲエリア「海月空感(くらげくうかん)」までピンクに染まるそう。ムーディーで“映える”こと間違いなし!

     

    聴覚

    ♡館内BGM

    夜間特別営業となる大人な雰囲気のサンシャイン水族館をイメージしたメロディが流れるなど、通常営業とは異なる水族館を耳からも感じることができる。生き物の色んな声も聞けるかも!?

     

    触覚

    ♡ツンツンの壁

    生き物の生殖器にまつわる解説のほか、硬さを体感できるコンテンツ。
    入場時に配布される「愛のトキメキ♡プロップス」を使用して様々な感触を楽しみながら学んでみよう。最後は「愛のトキメキ♡プロップス」を使って、幻想的な水族館をバックに思い出の一枚の撮影をお忘れなく!

     

    嗅覚

    ♡クンクンの壁

    ペダルを踏んだら、生き物が自らの存在や性をアピールする匂いを嗅ぐことができる。

     

    味覚

    ♡愛がいっぱい♡性いっぱいドリンク

    販売場所:ショップ アクアポケット 300円(税込)


    サンシャイン水族館オリジナル商品として、期間限定でピンクのエナジードリンクを販売。

     

    オンラインでも もっと♡性いっぱい展

    さらに、会場に遊びに行けない人や、もっとディープな生き物の“性” を知りたい人に向けて、今回新たにオンラインでも“もっと♡性いっぱい展”をお届けする。

     

    ♡デジタル袋とじ(有料)

    オンライン上で生き物達の交尾・交接行動や生殖器等に着目したオリジナル動画や画像のコレクションをご紹介。話題になった「性いっぱい展」第1弾のコンテンツを復習できるほか、新たに編集した特典映像も解説を交えながら紹介する。

     

    ♡性いっぱいトークオンライン(有料)

    昨年会場で実施して多くの反響があり、追加回まで登場した、飼育スタッフによる性いっぱいトーク。普段なかなか聞くことが出来ない生き物たちの「性」にまつわるあんなことやそんなことについてクイズなどをふまえながら楽しく紹介する。一度聞いたらやみつきになってもっと聞きたくなっちゃうかも。
閲覧方法や開催日時などの詳細はOfficial siteを確認しよう。

     

    なかなか知ることができない、生き物たちの性の魅力を体験しにでかけよう。

  • 15時以降の来館がお得に!京都水族館「#15時から楽しむ、放課後水族館」開催

    02.August.2020 | SPOT

    京都水族館は、2020年7月23日(祝・木)〜9月30日(水)までの期間限定で、オフピークの来館でノベルティなどをプレゼントする企画「#15時から楽しむ、放課後水族館」を実施する。

    この取り組みは、新型コロナウイルス感染の拡大防止策として、館内が比較的混雑しやすい日中の時間帯を避け、15時以降のオフピークに来館してもらい、ゆったりと館内を楽しんでもらえるよう企画した。ゆっくりと館内でいきものを観察したいという人や、日中の京都観光の後に水族館を楽しみたいという人にピッタリのイベントとなっている。

    イベントでは、ゆっくりと館内を楽しむだけでなくプレゼントも!18時閉館日には、2020年7月16日(木)にオープンしたクラゲの新展示エリア「クラゲワンダー」の公開を記念して制作した京都水族館オリジナルのシールを、20時閉館日には、オリジナルのクリアファイルに加えて、通常の約3分の1サイズのミニソフトクリームまたはミニドリンクがプレゼントされる。

     

    密を避けた京都水族館で、お得にいきもの観察を楽しもう!

  • すみだ水族館、夏の夜の水族館でマッピング「ペンギン花火」を開催

    28.July.2020 | SPOT

    すみだ水族館は、2020年7月23日(祝・木)から8月30日(日)の期間中の土日祝日に、プロジェクションマッピングを用いた夏のショープログラム「ペンギン花火」を開催する。

     

    今夏全国で多くの花火大会の開催中止が決定しているなか、すみだ水族館では日本の夏の風物詩である花火を楽しみにしていた人たちに、水中でペンギンと花火が共演するすみだ水族館ならではのプログラムをお届けする。

    「ペンギン花火」は屋内開放型ペンギンプールの底面全体に、花火をイメージした映像をプロジェクションマッピングで映し出す、約8分間のショープログラム。花火の打ち上げ音を楽しめるオリジナルの音楽とともに、水中でペンギンが花火と戯れる幻想的な光景を映し出す。ペンギンたちが投影された花火を追いかけて泳いだり、花火を目掛けて潜り、啄もうとしたりする姿がとってもキュート!

     

    来年の夏は再び花火が楽しめるようにとの願いを込めて。この夏はすみだ水族館で花火を楽しもう。

  • 日本橋に「アートアクアリウム美術館」オープン

    26.July.2020 | SPOT

    アートアクアリウム製作委員会は2020年8月28日に「アートアクアリウム美術館(ART AQUARIUM MUSEUM)」をオープンする。

    作家・総合プロデューサー木村英智が手掛けるアートアクアリウムは、新しい音響・照明システムを取入れた映像演出でアップデートし、過去最大規模の展示空間と今回初披露となる新作の数々、体験エリアを追加し大きく進化した。
今回は最新情報として、会場内それぞれのエリアコンセプトや新作の詳しい情報を紹介していく。

     

    エリアコンセプト

    過去最大規模の展示空間を活用し、エリアごとにテーマを設け、それぞれの世界観で楽しめる新感覚の美術館。

     

    水端(みずはな)

    水と戯れる非日常世界の始まり。アートアクアリウム所蔵作品から不定期に過去の人気作を選び展示する企画エリア。季節ごとの変化を楽しんで。

     

    浮世(うきよ)

    アートアクアリウムの基本コンセプトである、現代における江戸の花街を象徴するエリア。豪華絢爛な煌びやかな世界と表裏一体にある美しくも儚い物語を、花魁達の生き様を通して感じてみて。

     

    神秘(しんぴ)

    そこは人間の知恵では、はかり知ることのできない異次元の世界。圧倒的なスケールが成し得る、異世界の境界が曖昧な不思議な感覚を体験しよう。

     

    老松(老松)

    江戸時代に狩野派が描いたと言われる文化財である老松を眺めながら、ゆっくりと日本の美学を感じられる。舞台にて伝統芸能のパフォーミングアーツも上演される予定。(軽飲食有)

     

    愉悦 (ゆえつ)


    人間の五感の中で一番身近な存在である味覚。アートアクアリウムの余韻の中で、どこか懐かしい日本を感じるひとときを、オリジナルのカフェラウンジメニューと共に楽しんで。

     

    土産(みやげ)


    訪れた場所の記念の土産は欲しいもの。記憶に残る素敵な想い出になるよう、ここでしか手に入らないオリジナルグッズを揃えた。

  • 涼を感じる水族館!横浜・八景島シーパラダイス「シーパラの夏 2020」開催

    26.July.2020 | SPOT

    「横浜・八景島シーパラダイス」では夏イベントとして、2020年7月23日(木・祝)~8月31日(月)の期間「シーパラの夏2020」を開催。朝から夜まで快適に水族館を過ごせるよう営業時間を延長し、また特定日にはWEB整理券を導入する。

    700種12万点の生きものたちが生活する日本最大級の水族館。1階の大水槽「大海原に生きる群れと輝きの魚たち」では国内最多飼育数5万尾のイワシの大群泳が美しくキラキラと泳ぐ。3階には深海生物やサメ、クラゲなどがお出迎え。さらに4階へ進むと、水辺や陸で暮らす生きものたちを展示するエリア「フォレストリウム」が目の前に広がり、レッサーパンダやカピバラ、カワウソ、フラミンゴなどがのんびりと暮らしている。5階では、今夏新たに両生類のベルツノガエルやキオビヤドクガエルを展示し、自然あふれるジャングルを再現する。

    営業時間を延長することにより、ナイトショー「LIGHTIA」を7月23日(木・祝)より再開する。「LIGHTIA」は、プロジェクションマッピングやレーザー、ムービングライトを駆使し、デイショーとはがらりと雰囲気が異なる幻想的なパフォーマンス。イルカ、トレーナー、視覚演出の3つがトライアングルを形成するようにシンクロし、イルカと人との奇跡の絆を実現する。

    他にもアーチ型の水槽で悠々と泳ぐイルカを見られる「ドルフィン ファンタジー」や、海の生きものたちとふれあうことができる「ふれあいラグーン」などシーパラならではのプログラムが盛りだくさん!夏期限定で、海の生きものたちが皆さまに涼をお届けするイベントも予定しているそうなので、お出かけ前にオフィシャルサイトをチェックしよう!

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US