きゃりーぱみゅぱみゅ×中田ヤスタカ、きゃりーの誕生日にスペシャルコラボステージを披露!

31.January.2017 | MUSIC

1/18に発売された中田ヤスタカ/きゃりーぱみゅぱみゅによるスプリット盤のリリースを記念して、きゃりーぱみゅぱみゅが24歳の誕生日を迎えた1/28(土)に「ASOBINITE!!! -KYARY PAMYU PAMYU BIRTHDAY SPECIAL- YSTK×KPP CLUB EDITION」を開催。今年11月に東名阪3箇所のみで開催され、各地満員御礼となった中田ヤスタカ × きゃりーぱみゅぱみゅによるツーマンライブツアー「~SPECIAL DJ×LIVE ZEPP TOUR 2016~『YSTK×KPP』」のCLUB EDITIONとして、中田ヤスタカときゃりーぱみゅぱみゅによるスペシャルなライブセットが披露された。

ライブ写真_1

2人のステージが始まる午前2時前からフロアは最高の盛り上がり。そして午前2時になり、この日のために特設されたステージのカーテンが開くと、観客の歓声とともに中田ヤスタカはCAPSULE 「Dancing Planet (remix feat. VERBAL) 」でステージに登場。続いてCapsule 「Hero」でオーディエンスのテンションをさらに高める。

ライブ写真_2

そして、フロアのテンションが完全に高まったところで、赤いドレスに身をまとったきゃりーぱみゅぱみゅがステージに姿を現す。24歳になって1曲目は「CANDY CANDY <Remix Ver>」。きゃりーぱみゅぱみゅ自身もフロアを煽り、もはや文句なしの盛り上がり。

ライブ写真_3

それに続いてきゃりーぱみゅぱみゅは「NO NO NO」、中田ヤスタカの「Motor Force ft.KPP」でフロアとコールアンドレスポンスをしたりと、彼女自身もこの記念日を心から楽しんでいた。そして、「ポリポンポン<PON PON PON ポリリズムmashup」という、中田ヤスタカが手がけるアーティスト2組の曲を見事に混ぜ合わせた、ならではのスペシャルなマッシュアップも披露。ファンが手拍子をしたりタオルを回したりと、ライブが進むごとに会場の一体感は増していく。

ライブ写真_5

「もんだいガール」を歌ったあと、MCへ。20歳へのカウントダウンパーティから5年連続で行われてきたこのバースデーパーティだが、中田ヤスタカは「24歳のお誕生日おめでとう!このパーティは毎年続けていきましょう!」ときゃりーへメッセージ。

ライブ写真_8

そしてきゃりーぱみゅぱみゅは「24歳の抱負は、友達とファンを増やすことです!私は結構控えめな性格をしているんですが、今年はもっと人と接するようにして、楽しい一年にしたい!」と、24歳としての抱負を語り、「にんじゃりバンバン」を歌唱。その後、ファンの間で1.2を争うほどの人気曲、「チェリーボンボン」を披露。続いて、中田ヤスタカ が手がけた映画「何者」のテーマソング「NANIMONO (feat. 米津玄師)」をプレイした後はきゃりーぱみゅぱみゅが「インベーダーインベーダー」「ファッションモンスター」を歌った。

最後にきゃりーは「今日は来てくれてありがとうございます!とても幸せです!」と、この日のために駆けつけたファンに感謝を伝え、1月18日にリリースされたきゃりーぱみゅぱみゅの最新曲「原宿いやほい」を披露、ファンの大歓声に包まれながら2人はステージを去った。きゃりーぱみゅぱみゅ24歳のバースデーパーティは、中田ヤスタカとのスペシャルなコラボステージを前に、フロアを埋め尽くしたファンの熱気に包まれた最高の一夜となった。

■Information

ダブルA面スプリット盤シングル

中田ヤスタカ/きゃりーぱみゅぱみゅ

『Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu) / 原宿いやほい』

2017.01.18 release

−−−

■関連記事:ロンドンの歌姫Charli XCX・きゃりーぱみゅぱみゅをフィーチャーした、中田ヤスタカのソロ最新作「Crazy Crazy」MV解禁

■関連記事:中田ヤスタカ、ソロ最新作「Crazy Crazy」をひっさげラジオ生放送に出演決定

TALENT PROFILE

きゃりーぱみゅぱみゅ

高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US