星野リゾート 界、雪国の冬の風物詩を楽しむ「かまくら体験」青森・長野で開催

17.November.2019 | SPOT

星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」は、2020年2月1日~29日、雪国ならではの非日常体験を提供する、界 津軽・界 アルプスの2施設にて「かまくら体験」を開催する。

 

津軽「こぎんかまくら」で楽しむ こぎん尽くし体験 

南津軽・大鰐に位置する青森県の温泉旅館「界 津軽」では、「こぎんかまくら」で楽しむこぎん尽くし体験を開催。

Koginデザイナーの山端 家昌(やまはた いえまさ)氏がデザインした「こぎん燈籠」に沿って進んでいくと、かまくらに辿り着く。約50個の燈籠は、小さいものから大きいものまであり、それぞれに「花こ(津軽弁で花)」や「こごり(津軽弁で雪)」など、さまざまな津軽こぎん刺しのもどこ(模様)が施されている。美しい雪景色と、こぎんの幾何学模様のコラボレーションを楽しもう。

かまくらではゆったり過ごせるよう、地元の洋菓子店が作った、こぎん模様のかわいらしいチョコレートを提供。また、青森県が生産量全国1位を誇るりんごを使ったホットカクテルを提供。お酒が苦手でも楽しめるノンアルコールカクテルも用意されている。

かまくらの中では、津軽こぎん刺しのもどこで神経衰弱をする「こぎん合わせ」を楽しめる。「こぎん合わせ」は界 津軽のスタッフが考案したオリジナルのカードゲーム。こぎん刺しは津軽地方に伝わる刺し子技法だ。農民の着物が麻布に限られていたため、農家の女性達は荒い布目を糸で埋め、擦り切れを予防し、保温性を高める工夫をしていた。ゲームをとおして、寒い冬を快適に過ごす津軽の人々の暮らしの知恵に触れることができるのも魅力的。

 

アルプス 童心に返って雪国の暮らしを楽しむ「信州かまくら雪ん子体験」

長野県・大町温泉の温泉旅館「界 アルプス」では、童心に返って雪国・信州ならではの暮らしを楽しむ「信州かまくら雪ん子体験」を開催。

 

雪深く寒さ厳しい信州では、暮らしの知恵として、蓑(みの)や半纏(はんてん)などを防雪・防寒具として身につけていた。界 アルプスでは、そんな信州の文化を感じつつ、童心に返って遊べるように「雪ん子」の装いを貸し出。思いっきり遊んでいると、いつの間にか寒さを忘れている、そんな不思議な感覚を懐かしく思いながら雪遊びを楽しむことができる。

かつての日本家屋では、家族や親戚、友人が集う場として囲炉裏があった。界 アルプスのパブリックスペース・土間にある囲炉裏にも、薪が燃えるぱちぱちという音や、火の温かさ、かまどからあがる湯気の香りなど、穏やかでゆったりとした時間が流れている。冬の期間は、昔ながらのあたためアイテム「お汁粉」と「カイロ」を用意している。

 

かまくらをとおして雪国の文化や情緒に触れる冬ならではの体験を楽しんでみては?

RECOMMENDED ENTRIES

  • 東京タワーとビルの灯りの美しい融合「品川シーズンテラス イルミネーション 2019」

    10.November.2019 | SPOT

    品川シーズンテラスでは12月1日(日)~25日(水)の期間に「品川シーズンテラス イルミネーション 2019」が開催される。

    品川シーズンテラスイルミネーションでは、広大な芝生広場に点灯する青いイルミネーションを都会の夜景をバックに楽しめる。昨年は約17,000人が来場した人気イルミネーションイベントとなっている。

    4回目を迎える2019年度は、入り口の大階段と2階に広がる芝生広場の2箇所でイルミネーションを展開。東京タワーと都会の夜景を正面に構えた品川シーズンテラスイルミネーションは、無料で楽しめる。

     

    品川駅港南口からオフィスビル街を通り抜けると、10パターンもの光の演出がなされる「光の大階段」が来場者を迎える。1階から2階までの階段に施された躍動感のある光の演出は圧巻。そして、「光の大階段」を上がった先の芝生広場には一転して青の空間が広がり、奥の小高い丘は写真スポットとしても楽しめる。

     

    都会の喧騒から離れて静かに煌めくイルミネーションで穏やかな時間を過ごしてみては?

     

    ※写真は全てイメージです。

  • 本格ドイツ料理やオーナメントなど約2,000種類登場!六本木ヒルズ「クリスマスマーケット 2019」

    12.November.2019 | FOOD / SPOT

    六本木ヒルズでは、20191111日(月)に行われた六本木けやき坂通りのイルミネーション点灯式を皮切りに、クリスマスイベント「Roppongi Hills Christmas 2019」がスタートしました。

    400m続くけやき坂通りは、“SNOW&BLUE”のLEDが点灯した瞬間から、樹氷のように光り輝く冬の散歩道に変身。今年は、けやき坂の中央に長場雄描き下ろしのイラストを用いたフォトスポットが初登場するほか、ウェストウォークには個性的なドレープのクリスマスツリーが出現。1115日(金)からは、毛利庭園の池に反射する幻想的な風景が楽しめるイルミネーションや、66プラザのライトアップがスタートします。どれも遅い時間まで楽しむことができるため、夜のデートスポットとしてもオススメです♡

    さらに、1130日(土)からは、本場ドイツの雰囲気を再現した「クリスマスマーケット 2019」と生のもみの木を販売するショップを展開。また、レストランやカフェでは、1115日(金)よりクリスマスケーキやスイーツ、ディナープランなどクリスマス限定メニューもラインナップし、クリスマス気分がより一層高まります!

     

    クリスマスマーケット 2019

    今年で開催13年目を迎える六本木ヒルズのクリスマスマーケットは、国内でも有数の老舗クリスマスマーケット。世界最大と言われるドイツのクリスマスマーケットを再現した会場には、屋根の上に豪華なデコレーションが施された屋台が11店舗軒を連ね、ドイツ製のクリスマス雑貨や、グリューワイン、ソーセージといった本格ドイツ料理など、約2,000種類以上の商品が集合します。

     

    クリスマスケーキ&クリスマス気分を盛り上げる限定スイーツ 

    ローラズ・カップケーキ 東京 (上)クリスマス・ショーガール ¥3,672 (下)クリスマス・ツリー ¥10,800 

    館内のレストランやカフェでは、11月15日(金)〜12月25日(水)の期間、聖夜の食卓を彩る特別感たっぷりのクリスマスケーキをはじめ、可愛くて食べるのがもったいない限定スイーツや、贈り物や手土産にも最適なメニューを提供。

    家族や恋人、友人同士でシェアしながら味わいたい、クリスマス当日まで気分を盛り上げるメニューが勢揃いです!

     

    六本木ヒルズでしか体験できない特別なクリスマスを楽しんでみてくださいね♪ 

  • 夢と魔法が詰まった♡東京ディズニーランド®のクリスマスパレード&デコレーション

    12.November.2019 | FEATURES / SPOT

    東京ディズニーリゾートのクリスマスが今年も始まりました。
    1年のイベントの中でも、1番キラキラしている「ディズニー・クリスマス」は、2019年11月8日〜12月25日まで開催されます。

    今回は一足先に「ディズニー・クリスマス」を楽しんだMOSHI MOSHI NIPPON編集部が、イベントの魅力をたっぷり紹介します。

    クリスマスコスチュームを着たキャラクターによるクリスマスパレード


    絶対にチェックしてほしいのは、”ディズニー・クリスマス・ストーリーズ”。ミッキーや仲間たち、アナ雪やトイストーリーなど、様々なキャラクターがクリスマスらしいフロートに乗って登場します。

    スティッチが届けるハワイのクリスマスや、クリスマス装飾した船型のフロートに乗って登場するドナルドダックなど、それぞれのキャラクターに合ったフロートになっているのがカワイイ♡


    フロートが止まり、ダンスのスタート!

    シンデレラ城前では、ミッキー・ミニー・チップ&デールなどがダンスをスタート。

    クリスマスならではの衣装に身を包んだキャラクターやダンサーたちと一緒に、ゲストもダンスに参加します。

    ダンスが終わるとフロートが動き出し、ハラハラと雪も降ってきて、ホワイトクリスマスを過ごしているかのよう。

    雪が舞う中のパレードは幻想的です。

    お気に入りのキャラクターと一緒に、東京ディズニーランドならではのクリスマスをお祝いしよう。

     

     

    高さ15メートルのクリスマスツリー

    入口からワールドバザールに向かって歩きだすとすぐ見えてくるのが高さ約15メートルのクリスマスツリー!夜にはクリスマスツリーのイルミネーションと映像が連動して変化する演出も楽しむことができます。音楽と光に包まれる幻想的な空間をぜひ味わってみてください。

     

    クリスマスを楽しむキャラがカワイイ♡フォトロケーション

    シンデレラ城前には、ディズニーの仲間たちがクリスマスを楽しんでいるようすがフォトロケーションとして設置されています。

    フォトロケーションでは、カメラマンによる撮影を実施していることもあるので、クリスマスの思い出に記念撮影をしてみるのもいいかも。

    カメラマンに撮影してもらった写真を購入すると、オリジナルイラストの台紙などが付いてきます♪

    パーク内を歩いているだけでもワクワク楽しい気持ちになる「ディズニー・クリスマス」。今年のクリスマスも、東京ディズニーランドでかわいくて、ロマンティックな夜を過ごしてみては?

     

    Writer:Sayuri Mizuno(MOSHI MOSHI NIPPON)

RELATED ENTRIES

  • 日本初!氷瀑がそびえる露天風呂「氷瀑の湯」が青森「奥入瀬渓流ホテルに登場」

    26.November.2020 | SPOT

    奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」に、2020年12月18日、冬限定「氷瀑(ひょうばく)の湯」が登場。眼下に渓流を望む露天風呂で、ここでしか見ることのできない、露天風呂にそびえる氷瀑を眺めながらの湯浴みが楽しめる。

     

    星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

    渓流が目の前に広がる露天風呂や岡本太郎作の巨大暖炉が印象的なロビーが癒しの空間を醸し出す「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」。「渓流スローライフ」をコンセプトに、心から満たされる滞在を演出している。

     

    2月中旬の氷瀑の湯

    氷瀑とは、厳しい寒さで氷結した滝のこと。全長約14kmの奥入瀬渓流には14本の滝が点在し、様々な形の氷瀑を見ることができる。光が差し込むとアイスブルーに輝く氷瀑は、冬にしか見ることのできない絶景だ。そんな冬の風物詩を「奥入瀬渓流ホテル」の館内でもゆっくり楽しめるようにと、2017年より長い冬と厳しい寒さなどの気候条件を生かし、露天風呂の壁に氷瀑を再現してきた。毎年改良を重ね今年で4年目を迎える。

     

    時間をかけて作り上げる氷瀑

    渓流露天風呂では、12月上旬から両側の壁に霧状の水を吹き付け、時間をかけて氷瀑を作り上げ る。厳しい寒さで凍った水しぶきが少しずつ重なっていき、1月中旬頃には、高さ約3.5m、幅約16mの氷瀑を再現。日照・気温・風向きにより氷の形が変わるため、氷瀑は常に変化し、日々異なる表情を見せる。

     

    奥入瀬渓流ならではの景色を眺めながら、露天風呂で癒やしの時間を過ごしてみて。

  • 北海道「星野リゾート トマム」に氷の街・アイスヴィレッジがオープン

    18.November.2020 | SPOT

    北海道最大級の滞在型スノーリゾート「星野リゾート トマム」が、幻想的な氷の街「アイスヴィレッジ」を2020年12月10日(木)から2021年3月14日(日)まで開催する。アイスヴィレッジは3.2ヘクタールの敷地に10棟の氷でできたドームが立ち並ぶ氷の街。最低気温が氷点下30度にも達するトマムだからこそ実現できる幻想的な氷の世界を体感することができる。

     

    毎年、冬の夜にだけ現れるアイスヴィレッジは、トマムの冬の風物詩。1998年の冬に誕生して以来、寒いからこそ楽しめる体験を提案し続けている。今年は新型コロナウイルスの影響により北海道内では冬のイベントが相次いで中止になっていることを受けてより多くの人々が幻想的な氷の世界を楽しめるよう、宿泊者だけでなく日帰りの人でもアイスヴィレッジに入場可能。今年は、氷のMilk Cafeと氷のフルーツショップが新しくオープンし、オリジナルメニューをテイクアウトして「氷のテラス」でゆっくりと過ごしたり、「氷のホテル」や「氷の教会」で幻想的な氷の世界を鑑賞するなど、思い思いの過ごし方ができる。

     

    濃厚なトマム牛乳を味わう氷のMilk Cafe

    氷でできた高さ1メートル、横幅50センチメートルの「氷のミルク瓶」が登場するMilk Cafeでは「アイスミルク」を注文した人限定で、冬に特に濃厚な味わいになるトマム牛乳がたっぷり入った氷のミルク瓶の蛇口から、氷のグラスに直接ミルクを注ぐ体験ができる。氷の板の上で混ぜながら作るミルクジェラートづくりにも参加してみて。
    時間:17:00~22:00(21:30 ラストオーダー)

     

    ひんやりフルーツを楽しむ氷のフルーツショップ

    凍らせたフルーツをまるごと削るフルーツ氷や、フルーツをふんだんに使ったフローズンフルーツドリンクなどが楽しめるフルーツショップが新しく誕生する。串に刺したフローズンフルーツ串など手軽に楽しめるメニューも用意されており、好みのメニューをテイクアウトして、氷のテラスで楽しむのがオススメ!
    時間:17:00~22:00(21:30 ラストオーダー)

     

    幻想的な氷の世界を眺めながら過ごす氷のテラス

    氷でできたテーブルとイスが設えてあるテラスでは、幻想的な氷の世界を眺めながらテイクアウトしたドリンクなどをゆっくりと楽しむことができる。テラスを囲む氷には雪の結晶をデザインも。
    時間:17:00~22:00

     

    氷でできた本格的なバー「氷のBar」

    氷のバーカウンター、セラーを設え、本格的にアルコールをたしなむことができるバーでは、50種類以上のメニューを氷のグラスで楽しむことができる。幻想的な景色を眺めながら透き通った氷のグラスで飲むカクテルは格別な味わい。
    時間:17:00~22:00(21:45ラストオーダー)

     

    氷のホテルで愛犬も一緒に宿泊体験

    天井、壁などが全て氷でできており、氷のベッドやイスが設えられているドームで1日1組限定の宿泊体験を提供する氷のホテル。白樺の森に囲まれた「氷の露天風呂」や「氷の湯上がり処」でも氷の世界を存分に楽しむことができる。今年は愛犬も一緒に宿泊が可能で、ドームのそばには氷のミニドームやドッグランが広がる。寒くないように愛犬用の防寒具も用意されており、白樺の森に囲まれた氷のホテルで、愛犬と一緒に幻想的な世界を楽しもう!
    期間:2021年1月18日~2月28日
    予約:公式サイトより7日前まで要予約

     

    継ぎ目のない一枚氷で造られた氷の教会

    “2人の純粋な気持ちが、途切れなく続く”という想いを込め、継ぎ目のない一枚氷で造られた氷の教会では、祭壇、十字架、バージンロード、イスなど全てが氷と雪でできている。挙式後には新郎新婦を祝福する花火があがり、氷の街を彩る。
    期間  :2021年1月18日~2月14日
    見学  :17:45、19:45、21:45、各回約10分間
    挙式時間:14:00~、17:00~、19:00~、21:00~

     

    氷のクラフト体験ができる「氷のアトリエ」&SHOP「氷の雑貨屋」

    氷のアトリエでは、氷を削ってオリジナルのグラスを作成する「氷のグラスづくり」をクラフト体験できる。
    また、氷や雪をテーマにしたグッズを取りそろえた氷の雑貨屋では、氷の棚に北海道の作家が作った雑貨、クラフトやアクセサリー、アイスヴィレッジオリジナルのマグカップなどが並び、思い出の品として購入できる。
    時間:17:00~22:00

     

    子どもから大人まで楽しめる「氷の滑り台」&「アイスリンク」

    アイスヴィレッジの入り口には街全体を見渡せる展望台があり、そこから街へと滑り降りていく氷の滑り台、その先にはアイスリンクが広がり、どちらも子どもから大人まで楽しめる人気のアクティビティとなっている。
    氷の滑り台/時間:17:00~22:00
    アイスリンク/時間:17:00~21:45(21:30最終受付) 料金:スケート靴レンタル大人1,000円、小学生500円(いずれも税別)

     

    今年の冬は、幻想的な氷の街「アイスヴィレッジ」へ出かけてみては?

  • THE NORTH FACEが長野県「ANA ホリデイ・インリゾート」とマウンテンリゾートを共創

    14.November.2020 | SPOT

    ブランド「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」は、2020年7月に長野県大町市に開業した「ANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん」とコラボレーションし、自然の中でのアクティビティ体験を通じて地球環境を身近に考えるきっかけをつくる、新しいマウンテンリゾートの形を共創する包括的な取り組みを開始。コラボレーション施策の第一弾として美しい山々に囲まれた大町市の環境を活かし、これからの新しい働き方を模索する方やその家族を対象に「THE NORTH FACE」の契約アスリートが監修するアクティビティが体験できるプランを実施する。

    「THE NORTH FACE」は、立山黒部アルペンルートで働くスタッフのオリジナルユニフォームを提供しており、隣接する長野県白馬村では、豊富なアイテムを揃え四季を通じてアウトドアアクティビティの魅力を発信するショップ「THE NORTH FACE GRAVITY HAKUBA(ザ・ノース・フェイス グラビティ ハクバ)」を展開するなど、この地域において親和性の高い取り組みを以前から行っている。一方で「ANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん」は、豊かな自然に恵まれた長野県大町市に位置し、雄大な自然の中での滞在が可能な日本屈指のマウンテンリゾート。ブランドコンセプトのひとつとして、人と人とのリアルヒューマンコネクションを重視しており、サービスを通じて笑顔を増やし、この地域のハブスポットとしての機能を担うべく運営している。

     

    THE NORTH FACE×ANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん」

    今回のコラボレーションでは、家族が自然の中で過ごす新しいライフスタイルの提案をはじめ、1年を通じ多種多様なアクティビティに適したフィールドが整っている大町市の豊かな自然環境でのアウトドアアクティビティの提供、その体験を通じて地球環境について考えるきっかけをつくるなど、多くの価値を提供していく。また、ホテル内で使用するものやワークショップで使用するアイテムなども自然環境へ配慮し組み合わせ、大町市で活動する企業や団体とのサステイナブルな取り組みも継続的に実施。一連の活動を通じ豊かなフィールドを持つ大町市の地域活性化・環境保全も推進していく。

     

    ワーケーションプラン

    都会の喧騒から離れた空気や水の澄んだマウンテンリゾートでの滞在に、北アルプスの自然の中で楽しめる特別なアクティビティの要素を加えることで、非日常のレジャー体験や体力向上のだけでなく、その前後の仕事の効率性、創造性やモチベーションを向上させ、オンオフともに充実する「well-being」を実現するワーケーションプラン。ホテルは、館内のどこからでも外の森を見渡せる設計になっており、自然を感じられる快適な環境のもと、リラックスしながらワークできるスポット(Wi-Fi、電源スポット完備)、オフタイムのリフレッシュメント(露天風呂、スパ、フィットネス等)も豊富だ。今後、ウィンターシーズンを見据えたファミリー向けの共創プランも計画をしており、子どもと一緒に楽しめるスノーハイク、ファミリースキーやスノーシュー体験などのプラン展開も予定している。

     

    長野県の自然に囲まれ、様々な体験を通して多くのことを学ぶことができるワーケーションプラン。仕事や学校のリフレッシュに最適なプランをぜひ活用してみて。

  • 北海道「星野リゾート OMO7旭川」にシロクマがテーマの客室オープン

    31.October.2020 | SPOT

    旭川を楽しみ尽くす都市観光ホテル「星野リゾート OMO7旭川」に、シロクマ(ホッキョクグマ)をテーマにした新客室「シロクマルーム」が誕生。旭山動物園で有名な旭川ということもあり、人気のシロクマを客室中に設えた。2020年10月26日(月)から予約を開始し、11月1日(日)より宿泊を開始する。

     

    旅のテンションを上げる「シロクマルーム」

    シロクマのモフモフ感が感じられるベッドカバーや可愛いシロクマが描かれた備品が多数用意されている室内。細部までシロクマ尽くしになっており、ルームキー・スマホスタンド・歯ブラシ置きまでシロクマ!さらに、シロクマが主人公の漫画本も楽しむことができる。哺乳類最強と言われているシロクマだが、癒やし力もたっぷりだ。

     

    旭山動物園で使用されていた看板を設置

    旭山動物園の至る所にある可愛らしい看板は、全て飼育員の手描きで、毎年春に制作され翌春まで掲示される。今回、特別に旭山動物園の協力を得て、手描きの看板を客室の中に展示。

    看板には、生態の話など勉強になることが描かれているのでて、動物園に行く前の予習になること間違いなし!

     

    何頭いるかな?一緒に泊まるシロクマの数を数えてみよう

    客室にたくさんいるシロクマたち。数をかぞえて、チェックアウト時にフロントスタッフへ伝えてみよう。当たっていたら何かいいことがあるかも?

     

    旭川ならではの楽しみ方ができる「星野リゾート OMO7旭川」で、シロクマに囲まれた空間を堪能してみては。

  • 「界 ポロト」星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」として2022年1月開業予定

    21.October.2020 | SPOT

    日本の伝統や文化を活かしたおもてなしを追求し、国内外に42施設を運営する星野リゾートは、北海道・白老(しらおい)町と2018年6月28日に締結した「パートナーシップ協定書」に基づき温泉旅館を開業し、その施設名称を「星野リゾート 界 ポロト」に決定した。

     

    界 ポロトは、星野リゾートが全国で16施設を展開する温泉旅館ブランド「界」として19軒目、北海道では占冠村にある「リゾナーレトマム」、旭川市にある「OMO7旭川」に続き3軒目。界 ポロトは、2022年1月に開業を目指しており、設計は建築家の中村拓志(なかむらひろし)氏が手掛ける。 

    (Hiroshi Nakamura&NAP)

    世界的にも珍しい植物由来の有機物を含有する「モール泉」が湧出する白老温泉。界 ポロトは、野鳥等も生息する北海道の天然林に囲まれたポロト湖畔に面し、全客室レイクビューとして、宿泊施設からでも四季折々に色づく景色を楽しむことができる。

    界 ポロトは、白老町及び隣接する民族共生象徴空間「ウポポイ」の関連団体と連携をとりながらアイヌ文化を尊重し、ゲストがアイヌ文化や異なる民族との共生を体感することのできるよう、こだわりのおもてなしを提供していく。

     

    民族共生象徴空間「ウポポイ」

    2020年7月12日、北海道白老町のポロト湖畔に誕生する民族共生象徴空間「ウポポイ」が開業した。ウポポイは、存立の危機にあるアイヌ文化の復興・発展の拠点となるナショナルセンター。主な施設としては、「国立アイヌ民族博物館」と「国立民族共生公園」がある。国立アイヌ民族博物館は、先住民族アイヌを主題とした日本初の国立博物館で、アイヌ民族の視点で語る多彩な展示で歴史や文化を紹介する。国立民族共生公園は、多様なプログラムを通じてアイヌ文化を学ぶことができるフィールドミュージアム。ユネスコ無形文化遺産に登録されているアイヌ古式舞踊の上演、木彫や刺しゅうなどの製作体験、食や伝統芸能体験などのアイヌ文化を体感することができる。

     

    設計は建築家・中村拓志氏が担当

    設計は建築家の中村拓志氏が手掛ける。ポロトとはアイヌ語で大きな湖を意味し、界 ポロトは、この湖を敷地内に大胆に引き込んだ湖上の建築。白樺林のロビーでは湖から樽前山へと続く雄大な風景がゲストを出迎える。ラウンジではアイヌの人々の生活の中心であった囲炉裏の火を眺めながらゆったりとくつろいでほしい。湖に浸かっているかのような露天風呂は、モール泉を心行くまで満喫でき、「ココロカムイ」(温泉の神)に感謝を捧げる神聖な空間に。アイヌの人々の暮らしや自然観、家族観から学び、現代にあった新しい形で再現したデザインとなっている。

     

    豊かな自然とアイヌの文化を体験し、学ぶことができる「界 ポロト」。開業する日が待ち遠しい。

  • “日本一の星空” 長野県阿智村にて「天空の楽園 雲海Harbor」開催

    02.September.2020 | SPOT

    長野県阿智村のスタービレッジ阿智誘客促進協議会は、2020年10月25日(日)から2020年11月23日(月)までの期間中、富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはらにて、遠く南アルプスまで広がる雲海と、日本一の星空を楽しむことができる「天空の楽園 雲海Harbor」を開催する。

    自然豊かな信州阿智村にある富士見台高原ヘブンスそのはら。全長2,500m、高低差600m、 所要時間約15分のゴンドラと、展望台リフトを乗り継ぎ、標高1,600mの展望台へ。そこ には遠く南アルプスまで広がる “雲海”。天空の楽園と呼ぶに相応しい感動の絶景を体感することができる。

    そして、もう一つの魅力は ”星空”。環境省が実施する全国星空継続観察で「星の観察に適していた場所」の第一位(平成18年)にも選ばれた満天の星空を、晴れた日には見ることができる。 星が瞬く静寂の夜から、暖かな光が辺り一面を包み込む朝へと移りかわる姿、10月から山々を紅く 染める紅葉、11月には南アルプスの冠雪。多くの感動の瞬間に出会える特別営業となっている。

     

    この時期ならではの長野県阿智村の魅力を「天空の楽園 雲海Harbor」で感じてみて。

  • 予約制で三密回避!癒やしの庭園 長野「ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデン」

    27.August.2020 | SPOT

    長野県大町市にある「ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデン」は、新型コロナウイルス感染拡大対策を実施し、三密を回避した予約制で2020年のお盆期間中も休まず開園する。

    「ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデン」は、ヘアケアブランド‘La CASTA’のブランドコンセプト「植物の生命力と癒し」をそのまま生かした、美と癒しの庭園。ガーデン内に流れ落ちる北アルプスの天然水の滝、四季折々の花々や樹々の間をゆったりと散策すれば、ラ・カスタの世界観である自然の恵みの素晴らしさや、植物のエネルギーなどを、五感を通して体感することができる。

    シーズンガーデンが目の前に広がる「ヒーリング カフェ」は、オープンカフェとなっており、季節の花々を愛でながら癒しのカフェタイムが楽しめる。夏のオススメメニューはライムの酸味にレモングラスが爽やかに香るさっぱりと飲みやすいハーブソーダ「ハーブコーディアル‘ライム&レモングラス’」と、口に入れた瞬間やさしいハーブの香りが広がるガーデンオリジナルのジェラート「オリジナルジェラート‘カモミール ミルク’」。

    さらに、庭園以外にも体験教室も併設!La CASTA Factory内の「アロマの体験工房」ではアロマテラピーを応用し、好きな香りを自身で調合し、世界に一つだけのオリジナル製品を作ることができる。

     

    三密を回避しながら、長野県の自然に囲まれた穏やかな時間を過ごしてみては。

  • 紅葉を見ながらスケートを楽しむ!軽井沢星野エリア「ケラ池スケートリンク」

    15.August.2020 | SPOT

    星野リゾートが運営する日帰り商業施設「軽井沢星野エリア」は、森に囲まれた屋外スケート場「ケラ池スケートリンク」の紅葉シーズンの営業を2020年10月16日に開始。軽井沢では10月中旬からモミジの紅葉が始まり、遷(うつ)り変わりを経ながら11月上旬までカラマツの黄葉が続くため、紅葉とスケートを長く同時に楽しむことができる。

     

    森を感じるスケートリンク

    ケラ池スケートリンクは、森の中にある池が凍ってできる。軽井沢野鳥の森に隣接し、周辺には多くの野鳥や動物が生息しているため、スケーティングと共に周辺の自然も楽しんほしいと考え、森を感じるスケートリンクをコンセプトとした。今年は、芸術の秋にちなんで、色彩豊かな紅葉をアートとしても楽しめるコンテンツを新たに用意している。

     

    紅葉&黄葉に囲まれたリンク

    標高1000メートルの高原に位置する軽井沢では、10月中旬から紅葉が始まる。真っ赤なウルシやモミジに続き、11月になるとカラマツの黄葉が見ごろに。全国で最も早い時期にオープンする屋外リンクのため(星野エリア調べ)、紅葉や黄葉を眺めながらスケートもできる点が軽井沢の森にあるリンクならではの特徴。黄葉は11月10日頃まで楽しむことができる。

     

    フォトジェニックな紅葉コンテンツ

    無料のソリ付き椅子は、初心者や小さな子供でも気軽にスケートを楽しむことができる、ケラ池スケートリンクの人気アイテム。今年は、色彩豊かな紅葉を感じられるよう、紅葉の色にペイントしたソリ付き椅子が登場!

     

    ガラス窓に紅葉のオリジナル装飾

    リンクサイドのカフェは、幅2.5メートルの大きなガラス窓が6枚並んでいるのが特徴。そのガラス窓に、全6種類の紅葉をデザインしたオリジナル装飾を施している。実際にリンク周辺で見られる紅葉をモチーフにし、その個性的な葉の色とかたちをデザインしている。

     

    モミジとカエデの「紅葉カフェラテ」

    紅葉がひときわ美しい「イロハモミジ」と「コハウチワカエデ」をデザインした「紅葉カフェラテ」を提供する。「モミジ」と「カエデ」の葉の違いを比べられるように、1杯のカフェラテの中にラテアートとして、並べて表現した。カボチャパウダーを使用し、ほんのり甘い秋の香りが漂うカフェラテ。

     

    「ケラ池スケートリンク」で秋の紅葉とスケートリンクを楽しもう!

  • 絶景カフェ!沖縄の海カフェ「星野リゾート バンタカフェ」オープン

    27.June.2020 | SPOT

    星野リゾートは、沖縄県・読谷村に圧倒的な絶景とスケールを誇る海カフェ「星野リゾート バンタカフェ」を2020年7月1日にグランドオープン。
    海を見渡す崖の上から浜辺へと続く敷地内には個性豊かな4つのエリアがあり、その日の気分で見つけたお気に入りの場所で、マンゴーにパイナップル、黒糖などを使ったスイーツや、気軽に味わえるフードを楽しむことができる。

     

    海を見渡す崖に立つ国内最大級の海カフェ

    バンタカフェは、那覇空港から車で1時間ほど沖縄県中部エリア、読谷村の西海岸沿いに位置する。沖縄の方言で魚の影を見つけるために登る崖や大きな岩を「イユミーバンタ(魚を見る崖)」と呼び、海に面したイユミーバンタの上に立つことから、「バンタカフェ」と名付けられた。崖の上からは、どこまでも広がる水平線を一望でき、崖の下に降りれば波が足元に迫る臨場感を楽しむことができる。敷地面積は1600㎡を有する国内最大級の海カフェ(星野リゾート調べ)。

     

    その日の気分で選ぶ個性豊かな4つのエリア

    入り江に沿うように広がる敷地には、水平線を臨む崖の上や浜辺へと続く崖の斜面、浜辺の植物が生い茂る岩陰など、自然海岸の地形を活かした4つのエリアがある。エリア内には、回遊できる散策路もあり、お気に入りの席を探せるほか、そのまま浜辺へ出ることもできる。

     

    パノラマの絶景が迎える「大屋根デッキ」

    エントランスの先には、絶景が広がる「大屋根デッキ」。水平線を一望できる半屋外のフロアは、船のデッキにいるような非日常感がある。大屋根デッキでは、深い庇が心地よい日陰をつくり、波の音と風の音が響き渡る。

     

    のんびりと海風を感じる「海辺のテラス」

    崖の上から浜辺へと続く散策路にある「海辺のテラス」は、海との距離が近く開放感のあるエリア。琉球畳をモチーフにした床材に座布団が置かれたカバナが点在し、海を眺めながらのんびりとおしゃべりを楽しむ、沖縄らしい時間を過ごすことができる。

     

    荒々しい自然の中に潜む「岩場のテラス」

    自生する植物に囲まれた「岩場のテラス」は、自然によってつくられた秘密基地のような空間。気軽に腰かけられる段差のあるウッドデッキやロッキングチェア、大きな岩が張り出す岩陰のテーブル席など、大人もワクワクした時間を楽しもう。

     

    ソファに寝転んで海を眺める「ごろごろラウンジ」

    壁一面に広がる窓から海が眺められる「ごろごろラウンジ」では、ゆったりとしたソファでゴロゴロしながら寛ぐことができる。窓に沿って長いテーブルもあり、地図やガイドブックを広げて旅の計画を立てるのもオススメ。

     

    沖縄らしさを感じる鮮やかなカフェメニュー


    ぶくぶくソーダジュレ

    ふわふわの泡とカラフルな水玉模様が特徴の「ぶくぶくジュレソーダ」は、沖縄の伝統的なお茶「ぶくぶく茶」からアイデアを得たドリンク。レモングラスやミントなどハーブが香るソーダの中に、マンゴーやハイビスカスのジュレが浮かび、南国らしい味わいとぷるぷるの食感を楽しんで。

    ちゅらーと

    ジェラートと沖縄の方言の「ちゅら(美しい)」をかけて名付けた「ちゅらーと」は、パイナップルやグァバ、黒糖に落花生(ジーマーミ)など、沖縄で親しまれている食材を使ったジェラート。紅芋やゴーヤのチップス、ちんすこうなどのトッピングを使ってデコレーションが楽しめる。

     

    フードメニュー


    ほろ苦いゴーヤがアクセントのチーズたっぷりな「うちなーピザトースト」、沖縄のソウルフードともいえる「ポーク玉子おにぎり」、ジューシーなソーセージを挟んだ「ホットドック」などの片手で気軽に味わえるメニューの他、マンゴーソースで味わう小エビのフリットやフライドチキンなどのスナックも揃う。

     

    日の入りに合わせた営業時間


    バンタカフェの自慢は、サンゴが育つ自然海岸を臨む絶景。どこまでも広がるコバルトブルーの海や、波に削られた大きな奇岩、そして目の前の海に日が落ちる夕刻のドラマチックな景色も格別!営業時間は、日の入りの時間に合せて変わり、サンセットタイムには夕焼けを映し出したカクテルを提供する。

     

    「星野リゾート オールーグリル」を併設


    バンタカフェに併設して、本格的なグリルレストラン「オールーグリル」をオープン。「オールー」とは沖縄の言葉で「青い」という意味。どこまでも続く青い海を臨む店内では、泡盛や黒酢を合わせたオリジナルソースで味わう薪焼きのステーキにシーフード、ランチでは肉厚ジューシーなパティのハンバーガーが楽しめる。

     

    沖縄らしさを存分に楽しめる「星野リゾート バンタカフェ」で、新しい沖縄の魅力を感じてみて。

  • 6千坪の数寄屋庭園を無料開放 長野県 笹植物園「笹離宮」

    11.June.2020 | SPOT

    一般財団法人蓼科笹類植物園では、本格的な6千坪の回遊式数寄屋庭園と120種以上のコレクションを誇る笹植物園が一体となった「笹離宮」を、2020年に限り6月5日(金)より10月31日(土)まで無料開放する。

    一年を通じて竹笹類の最も美しい姿を見ることができる6月より、多くの人にこの景観を楽しんでもらおうと無料開放することを決定した。

     

    晴れの日は初夏の光を受けた笹の葉の鮮やかな緑色を見ることができ、梅雨には露を受けて艶々と美しく葉が輝く。美しい笹を背景に、初夏には紫陽花の小道が出現し、菖蒲や様々な花々、秋には美しい紅葉が訪れるものの心を晴れやかにしてくれる。

     

    また、笹離宮のもう1つの魅力である本格的な数寄屋庭園は、伝統建築家 安井 清氏による設計。京に生まれ粋人たちが守り続けた数寄屋造。そして、その形も香りも日本人の心に深く刻まれた笹。古く、そして新しい美が調和する地を堪能してほしい。

     

    笹離宮

    雄大な八ヶ岳に抱かれた蓼科高原。広大な敷地に広がる、国内及び海外の笹類を中心に120種以上のクマザサの仲間を集めた笹類専門の植物園。これほど多くのクマザサの仲間を集めた植物園は他に類を見ず、世界一の笹類植物園をめざし、笹の未知なる可能性を引き出し地域文化に貢献することをめざしている。

    笹類植物園エリア(約4,000坪)

    植物園としてだけではなく、このエリアには世界最大の降り蹲(つくばい)「隋月泉(ずいげつせん)」、走り大黒を祀った校倉造の板倉「神坐(かみくら)」が配され、数寄屋庭園エリアと一体に。また、地域に栄えた中期縄文文化を具現化した笹葺き縄文竪穴住居「縄文窠(じょうもんか)」も見どころのひとつ。

     

    数寄屋庭園エリア(約2,000坪)

    数寄屋庭園エリアは、竹笹類を随所に取り入れた数寄屋建築と数寄屋庭園により構成され、桂離宮の昭和の大改修や、国宝の茶室如庵、待庵の移築・修復などで有名な安井 清氏によって設計された。蓼科高原の風土に同化させた匠の発想は、一見すると植物園と思えないデザインとなっている。

     

    薬用植物園:薬用植物園エリアでは、長野県に見られる薬用植物を中心に、貴重な薬用植物の標本としてだけではなく、季節ごとに薬用植物の美しい花も楽しめるように設計されている。

    自然に囲まれた美しい景色を無料で楽しめる今の時期をお見逃しなく。

     

  • 日本で唯一「ワイン用ぶどう」が育つ塩尻駅で芽吹き作業スタート

    01.June.2020 | FOOD / SPOT

    長野県中部に位置する人口6万7千人(2020年4月現在)の地方都市、塩尻市。観光地としての知名度はそれほど高くはないが、日本随一の品質を誇るワイン用ぶどうとそのぶどうを使ってワインを作る市内17(2020年4月現在)のワイナリーがある。

    また、江戸時代の街並みを色濃く残す奈良井宿、漆器の町として知られる木曽平沢漆工町、日本三大遺跡の一つである平出遺跡、近年はアニメやドラマの聖地として名が知られる高ボッチ高原や、ローカルグルメ「山賊焼」など、豊かな観光資源を抱える町だ。

     

    そんな塩尻のぶどうとワインをPRするために1988年に駅構内でぶどうの栽培を始めた塩尻駅は、日本でただ一つの駅ナカぶどう園として話題に。今は、ワイン用の品種「メルロー」と「ナイアガラ」を栽培している。

     

    世界的にも評価の高い「桔梗ヶ原メルロー」を筆頭に、塩尻市で生産されるワイン用ぶどうは、日本国内でも高い評価を得ており、塩尻駅ではこれまでもボランティアの参加者と共にホーム上のぶどうの栽培を行なってきた。今年は5月29日(金)に初回作業として、誘引結束と芽吹き作業を行う予定で、秋の収穫までの様子を塩原観光協会の公式SNSアカウントおよび公式Webサイトを通じて発信をしていく。また、8月には昨年度収穫したメルローで醸造したワインが出来上がり、こちらもSNSを通じて情報発信を行なっていくそう。是非最新情報をチェックしてみて。

  • 「星のや京都」で京文化に触れる、3密のない優雅な一日

    19.May.2020 | SPOT

    京都市内から車で約30分、京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館・星のや京都が、ストレスを感じる日々が続く中、久しぶりに優雅な時間を過ごし、元気を取り戻してほしいという想いから、奥嵐山という立地を生かし3密のない滞在を提案。車で行ける範囲で少し気分転換をと考えている人々のために、館内で京文化を楽しめるおもてなしを提供している。

    ホテルの入り口である舟待合から専用の舟に乗り、窓を開放して心地よい風と景色を楽しみながら部屋に向かう。チェックインも客室で行うので、他の宿泊客と関わることがない環境。

    続いては客室。星のや京都が位置する嵐山は、かつて平安貴族の別荘地として栄えた場所となっており、庭を中心として設計された25室の客室全てが大堰川(おおいがわ)に面したリバービュー。窓を開けると渓谷を流れるさわやかな風を感じることができる。伝統文様が美しい「京唐紙」の壁紙や、星のや京都オリジナルの「畳ソファ」など、いたるところに京文化がちりばめられている客室は、快適性だけでなく優雅な滞在を演出してくれる。

    また、気持ちを整える「写経」、作法を気にせず好きな場所で抹茶を楽しむ「野点籠(のだてかご)」の貸出なども行っており、気分に合わせたアクティビティを通して、他人を気にせず京文化に触れることができる。

    夕食はメインダイニングもしくは客室内でとることができる。半個室のメインダイニングでは、「五味自在」をコンセプトにした、奥嵐山の季節の情景を写した全9品の会席料理を提供。一方客室内での食事は、八寸や炊き合わせなどの一品料理に加え、おひつに入ったお米や出汁にこだわった椀など、旬の食材を使った料理を詰め合わせた「松花堂弁当」が味わえる。また、朝食はたっぷりの旬野菜を料理長特製の出汁で味わう朝鍋が客室にて提供される。

    開放的な自然の中で京文化を楽しめるアクティビティも魅力的。これからの季節は北山杉で作った糸を使用した柔らかな風合いの蚊帳を設置し、呼吸法と瞑想を取り入れたストレッチ「水辺の夜坐(やざ)」を開催予定。行動が制限される今、大きな移動を伴わずに足が運べる奥嵐山。のんびり景色を眺め、美味しい食事を食べて優雅な時間を過ごしてみては。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US