映画『ぼくらの7日間戦争』完成報告会見で制作エピソード・楽曲情報が明らかに

21.November.2019 | ANIME&GAME / MOVIE

1985年から絶え間なくシリーズ出版が続き、累計発行部数は2,000万部を突破。宮沢りえデビュー作の実写映画の記憶が色褪せない名作をついにアニメ映画化!『ぼくらの七日間戦争』を原作としたアニメ映画「ぼくらの7日間戦争」は、12月13日(金)より全国公開。宮沢が演じた中山ひとみが廃工場に立てこもり大人たちをやっつけた少年少女たちの“七日間戦争”から30年ほどの時が流れた2020年の北海道が舞台となり、原作のスピリットを受け継いだ新たなストーリーがアニメーション映像によって展開される。

 

この度、W主演の北村匠海、芳根京子に加え、劇中でふたりのクラスメイトを演じた人気声優の鈴木達央、そして本作のメガホンを取った監督の村野佑太が登壇し、映画の完成報告会見&ヒット祈願が実施された。

《子どもたちが古い石炭工場を秘密基地に、大人から離れて1週間のバースデーキャンプを過ごす》という物語になぞらえ、今回の会見はまるで映画の中に入り込んだような廃工場風のスタジオで実施。主人公・守の声を演じた北村はスタジオの雰囲気に触れ、「ワクワクしますね。彼らも映画の中でこんな感じだったんだなぁと実感しています。不思議な感じですね(笑)」とコメント。ヒロイン・綾の声を演じた芳根も「作品の世界に自分が飛び込めた感じがしますし、とても嬉しいなと思います」と語り、2人のクラスメイト・壮馬を演じた鈴木は「普段僕らはスタジオの中で画面を観ながら想像することが多いので、リアルに何かを用意して頂けるというのは中々無いのですごく嬉しいですね!」と語った。

 

今作が映画デビューとなった村野監督は、劇中の風景を再現したかのような会見セットに、「映画のロケハンに行ったことを思いだしますね。懐かしい(笑)」とコメント。今回の作品に込めた思いについて聞かれると、「原作やかつての実写映画で育った世代と、主人公の守君たちと同じ10代の子ども達、そのもっと下の世代、それぞれの世代で色んなメッセージを受け取れる映画になっているんじゃないかと思います。守君たちは特別な力を持った子ども達ではありません。だからこそ今の子ども達に向けて、“あなたたちに向けた映画です”と伝えられるものになっていると思います」と語った。

 

MCから、実写映画『ぼくらの七日間戦争』の主題歌、TM NETWORKの「SEVEN DAYS WAR」のアレンジ版が劇中の重要な場面で使用されていることが語られ、その意図を聞かれた村野監督は「主題歌は別の方にお願いさせて頂いているんですけど、前作へのリスペクトもありますし、一ファンとして7日間戦争といったら「SEVEN DAYS WAR」 は欠かせないだろうというのが自分の心の中にあって。色んなところにお願いして今回実現したので、嬉しく思っています」と楽曲への熱い想いを語った。

今回登壇したメンバーの印象について聞かれた北村は「監督はお話した時にとても物腰が柔らかくて、『もう守の声を聞いてるよ』って言って下さったのが心の支えになりました。その言葉を聞いてきっと温かい現場なんだろうなと思えましたね。芳根さんは芯があってすごくいい声だなと思って、現場ではプロの声優さんに囲まれている中で2人で支え合っていました(笑)。鈴木さんにはアフレコのノウハウを何から何まで教えて頂いて本当に助かりましたし、声優さんって本当にすごいなと思いました」とコメント。

 

芳根は「リハーサルの時にマイクとの距離も映像を観ながらどうやったらいいのかも分からない時に監督が本当に優しく指導して下さって、そのお蔭で色んな不安が解消されたので、本番を楽しく迎えられたのは監督のお蔭だと思っています。北村さんとは本当に支えあってましたね(笑)鈴木さん達声優さんはちょっと悩んでいるとそれを感じ取って後ろから声をかけて下さって、皆さんの力があって乗り越えられました」と語った。

 

鈴木は「一番最初にオーディションでこの役を頂いたんですけども。お2人と一緒に録れると聞いて、メインメンバーが集まって収録出来る事って少ないんですね。音響チームからもお2人が気持ちよくいつものようにお芝居できるよう、パイプ役をやって欲しいとも言われていたので、より現場の空気感を大事にしてやっていましたね。監督達が話し合っている時間は芳根さんに美味しいご飯屋さんを聞いたりとかもしてました(笑)」と語り、アフレコ時のエピソードを明かした。アニメ好きで知られる北村は共演者の声優やたまたま通りかかった別作品の声優に対してテンションが上がりっぱなしだったらしく、北村は「あの声なんですね…!っていう感じで。アフレコ自体は2日間だったので、“2日間戦争”だったんですけど、“2日間感激”でもありましたね(笑)」と嬉しそうに語った。

 

最後に鈴木は「ぼくらが精いっぱい積み上げた青春の1ページを是非劇場でご覧ください!」とコメント、芳根は「歴史のある、たくさんの方に愛されている作品に携わることが出来て、本当に嬉しく思っています。たくさんの方に楽しんで頂ける作品になっていると思います」と語った。北村は「小学生の時に小説が図書室にあって、当時親とか先生に対して抱いていたモヤモヤした気持ちを代弁してくれている作品だなと思っていました。今回アニメーション映画に僕が出させて頂いているというのは本当に有り難いことだと思っていますし、あの時小学生だった僕に勇気を与えてくれたように、どこかにモヤモヤしたものを抱えた10代の皆にこの作品が届いて、語り継いでいって貰えればと思います」と挨拶し、イベントは幕を閉じた。

RELATED ENTRIES

  • 映画『ぼくらの7日間戦争』北村&芳根がアニメキャラクターに!TOHOシネマズマガジン特別ビジュアル解禁

    15.November.2019 | ANIME&GAME / MOVIE

    1985年から絶え間なくシリーズ出版が続き、累計発行部数は2,000万部を突破。宮沢りえデビュー作の実写映画の記憶が色褪せない名作をついにアニメ映画化!「ぼくらの七日間戦争」を原作としたアニメ映画『ぼくらの7日間戦争』が、12月13日(金)より全国公開となる。宮沢が演じた中山ひとみが廃工場に立てこもり大人たちをやっつけた少年少女たちの“七日間戦争”から30年ほどの時が流れた2020年の北海道が舞台となり、原作のスピリットを受け継いだ新たなストーリーがアニメーション映像によって展開される。日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した経歴を持つ北村匠海と芳根京子の日本を代表する若手実力派俳優二人が夢の初共演でW主演。さらに1988年に公開された実写映画の『ぼくらの七日間戦争』で女優デビュー&初主演を飾った宮沢りえが、“2020年の中山ひとみ”役として実写映画と同じキャラクターを演じることも明らかとなっており、すでに大きな注目を集めている。

    この度、劇中のキャラクターが北村匠海&芳根京子と同じポーズを取る特別ビジュアルが解禁された!

    この画像は11月14日(木)より全国のTOHOシネマズにて無料配布されるTOHOシネマズマガジン内の人気企画である「POP!映画館とポップコーンと私」と「ぼくらの7日間戦争」のスペシャルコラボによるもの。映画館とポップコーンの思い出を語る「POP!映画館とポップコーンと私」に、「ぼくらの7日間戦争」の声優を務める北村匠海さんと芳根京子さんが登場。2人がポップコーンを手に取る姿を、本作のコミカライズ版の漫画家・笹木あおこが描き下ろしている。

    このスペシャル企画について北村は「僕らの姿を描き下ろしていただけるなんてうれしいです!自分が守に見えたらいいなと思います」、芳根も「ぜいたくな企画に参加させていただけて、本当にうれしいです。頑張って綾の声を吹き込んだかいがありました!」とコメント。更に今回の企画に因んでポップコーンに関する思い出を聞かれると、北村は「僕は映画館に行ったら、キャラメルポップコーン、チュリトス、ドリンクをぜんぶ買うタイプです」、芳根は「私はポップコーンとウーロン茶。幼なじみと行くと、塩&キャラメルが半分ずつのペアセットを頼みます。親や兄と一緒の時はいつも取り合いになります(笑)」と語った。

     

    第1作の刊行から34 年、初映像化から 31 年、日本を代表する青春エンターテインメントの金字塔として愛されてきた原作が、アニメーション映画としてどの様に、現代の子ども達に向けた作品として生まれ変わったのか。この冬是非、劇場へ足を運ぼう!

     

    TM& ©️2019 TOHO CINEMAS LTD, ALL RIGHTS RESERVED.  写真:RiEamano

  • アニメ映画「ぼくらの7日間戦争」北村匠海&芳根京子 名作シリーズのW主演声優に決定

    25.September.2019 | ANIME&GAME / MOVIE

    1985年から絶え間なくシリーズ出版が続き、宮沢りえデビュー作の実写映画の記憶が色褪せない名作をついにアニメ映画化!2,000万部を発行するベストセラー小説『ぼくらの七日間戦争』シリーズを原作としたアニメ映画「ぼくらの7日間戦争」が、12月13日(金)より全国公開することが決定した。

     

    そしてこの度、本作の豪華声優キャスト陣が解禁。学校では目立たない歴史マニアの守を演じるのは、『君の膵臓をたべたい』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『君は月夜に光り輝く』などで若者の絶大な支持を受け、ダンスロックバンド「DISH//」のVo./Gtとして幅広い活躍を魅せる北村匠海。

    守が片思いしている本作のヒロイン綾には、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」のヒロインを務めあげ、2018年には『累 -かさね-』と、『散り椿』での演技が評価され日本アカデミー賞新人俳優賞受賞し、今やその透明感溢れる美しさと伸び盛りの演技に主演作のオファーが殺到する芳根京子。

     

    2人の起用理由についてKADOKAWAは「大人に戦争を仕掛ける”という物語に現実的な説得力を持たせられる俳優さんに守と綾を託したいと思っていました。北村さんと芳根さんなら、これまでの出演作を拝見してきた中で、心に想いを秘める繊細さと大胆な行動力の相反する要素を持ち、守と綾の真意を理解して声を吹き込み、誰もが応援したくなるキャラクターにしてくださると思いオファーしたのですが、リハーサルではお二人のあまりのフィット感にスタッフ全員が驚きました。」とコメント。日本を代表する若い世代に人気の実力派若手俳優が夢の初共演を果たし、新時代の「7日間戦争」を作り上げる。

    アニメ好きを公言し、オファーの前から原作を読んでいたという北村は「10代特有の悶々した感情を代弁してもらっている感覚で読んでいたので、今回オファーいただいた時に迷わず『ぜひ、やりたいです』と言わせて頂きました。」と語り、芳根も「小学生の時から図書館にあった作品で、たくさんの方に愛されている作品にこうして携われることが出来て嬉しいです。」と名作シリーズ参加への喜びを語った。また、初共演となるお互いの印象について、北村は「本番に入る前に声を聞いた時、声で引き込む力のある方だと思いました。」とベタ褒めし、負けじと芳根も「北村さんは、とにかく多才だな、と思いました。お芝居やられて、歌もやられて、声のお仕事まで!」と褒め返し、息のあったコンビネーションをみせた。

     

    原作「ぼくらの七日間戦争」は、それぞれの時代に沿った共感できるストーリーが大きな魅力のひとつでもあるが、北村は「原作はその当時の学生運動とかバックボーンがあるなかで、今回の彼らの“戦争”は現代的でもありながら、この世代の繊細な“吐き出せない想い”を描いていると思います。最後の最後には大きな玉手箱がありますし…!読んでいて本当にワクワクする脚本でした。」と、アニメーション化にあたり現代版にアップデートされた名作シリーズの物語にも期待が高まるコメントを寄せた。

     

    第1作の刊行から34年、初映像化から31年、日本を代表する青春エンターテインメントの金字塔として愛されてきた原作が、ついにアニメーション映画作品で生まれ変わる本作に注目が高まる。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US