星のや東京人力車と貸切舟から夜桜を楽しむ「東京・夜桜舟あそび」開催

08.February.2020 | SPOT

日本旅館「星のや東京」は、2020年3月25日〜4月10日の期間、人力車と貸切舟から夜桜を楽しむ「東京・夜桜舟あそび」を開催する。

 

隅田川から東京の夜景と桜を眺める舟あそび

東京・夜桜舟あそびは、星のや東京から車で約5分の日本橋桟橋から出発し、日本橋川から隅田川に抜け、佃島沿岸や大横川沿いの桜の見所を貸切舟で巡る60分間のナイトクルーズ。春らしい淡い色合いの花見弁当とスパークリング日本酒を味わいながら、夕闇に浮かび上がる桜が都会の夜景とともに川の水面に映る、幻想的な景色を眺めることができる。

 

江戸時代から続く”舟からの花見”

江戸の町が物資や人を運ぶための高度な水運機能を持つ「水の都」として栄える中で、人々は水辺に多くの楽しみを見出していく。四季折々の豊かな水辺の風景を舟から眺めて楽しむ「舟あそび」がその一つだ。春には、江戸の徳川将軍家が隅田川沿いに植えた桜が咲き誇り、また、幕府が庶民の行楽を奨励したことから、人々は舟から花見を楽しんだと言われている。

星のや東京では、江戸の風情を感じつつ、日常から離れて優雅で贅沢な春のひとときを過ごしてほしいという思いから、このアクティビティを開発した。

 

1:舟の上から夜桜と東京の夜景を鑑賞

貸切舟で日本橋川から隅田川へ向かい、佃島沿岸や大横川沿いなど、数ある桜の見所の中から、潮位や開花状況に合わせて、その日に見頃となっているスポットを舟で巡る。日が暮れるにつれて、川沿いの夜桜とともにライトアップされた永代橋や東京スカイツリーなど、観光名所の夜景が楽しめるのも嬉しい!また、舟を運航する「舟遊びみづは」のガイドが、橋や町の歴史など周囲の観光名所について紹介してくれる。

 

2非日常感を味わう人力車からの花見

往路は、星のや東京から日本橋桟橋まで人力車で移動。日本銀行などの歴史的建造物が建ち並ぶ「江戸桜通り」といった桜の見所を巡る片道約30分の道のりで、人力車の上から普段とは違った目線の高さで桜を眺めることができる。

 

3: 老舗の花見弁当と花見酒

夕食は、神田明神下に店を構える老舗料亭「新開花」の花見弁当。ほんのりと桜色をした鯛の昆布〆と、黒酢を使った酢飯の入った弁当の軽やかな味わいに合わせて、口当たりの良いスパークリング日本酒も提供される。さらに復路では、花見と共に点出しの抹茶とお茶菓子を楽しむことができる。

 

オプション:春を彩る着物の貸出しと着付け

さらに特別なひとときを楽しみたい人に向けて、正絹(しょうけん)着物一式の貸出しと着付けを実施する。事前に選んだ着物を星のや東京の館内で着付けし、ヘアメイクをしてもらうことができる。早めの時間から着付けをすれば、日中に着物で東京の桜の名所を訪ねることも!
要予約/1名50,000円~ *着物によって料金が異なります。

 

星のや東京で、特別な”桜の季節”を楽しんで。

RELATED ENTRIES

  • コーヒーペールエールが楽しめる!「ブルーボトルコーヒー 広尾カフェ」オープン

    07.June.2020 | FOOD

    ブルーボトルコーヒージャパンは、2020年6月11日(木)に「ブルーボトルコーヒー 広尾カフェ」を、東京・広尾商店街に位置する「THE RESTAURANT」内にオープンする。

    「THE RESTAURANT」は、ビジネスパーソンに向けたワークカルチャーに食とウェルネスが 融合した新施設「EAT PLAY WORKS」の1階・2階に位置する、稀代の料理人が集うフードホール。国内外で注目を集める銘店17店舗が 集結し、一流の味をカジュアルに楽しめる業態で展開する。

     

    「THE RESTAURANT」グランドオープンの7月20日に先駆けて、6月11日にオープンする「ブルーボトルコーヒー 広尾カフェ」は、既存店同様に一杯ずつ丁寧にハンドドリップしたスペシャリティコーヒーはもちろん、ブルーボトルコーヒーとして初めて三重県伊勢角屋麦酒のブリュワリーと共同開発した「ブルーボトルコーヒー ペールエール」が先行登場。

    COFFEE PALE ALE ブルーボトルコーヒー ペールエール 750円

    定番ブレンド「スリーアフリカズ」のコーヒー豆を、世界のビールコンテストでも数多くの賞を受賞している伊勢角屋麦酒のペールエールに漬け込み、香りと味を引き出した。口を近づけるとシトラスのフレッシュなアロマが香り立ち、コーヒーのロースト感とビールのシャープな苦みがあわさった、爽やかで飲みやすい夏にぴったりなペールエールとなっている。ドラフトで提供されるペールエールは、タルティーヌサンドとの相性も抜群!

     

    また、広尾カフェ限定のエコバッグやカカオ本来の味が楽しめるチョコレートなども販売される。

     

    店内でのブランチや、お散歩の合間にラテをテイクアウトするのもオススメ。夏にぴったりのペールエールを仕事帰りに楽しんでみては。

  • 自然派ライフスタイルブランド「N organic」、初の直営店を有楽町マルイにオープン

    06.June.2020 | FASHION

    自然派ライフスタイルブランド「N organic(エヌ オーガニック)」は、ブランド初となる直営店を2020年6月11日(木)有楽町マルイ1階にオープンする。

    「N organic」は、「暮らしを豊かに」というコンセプトのもと生まれた自然派ライフスタイルブランド。2017年8月のブランド誕生以来、公式通販サイトでのWeb販売を中心に行っていたが、お客様の暮らしに寄り添えるようなOne to Oneのコミュニケーションを叶えるため、直営店をオープンした。有楽町マルイ店では、暮らしを豊かにするTipsを提供していく。

     

    直営店では、ソニーの肌解析Beauty Explorer TMサービスを用いて肌状態を測定し、専用カルテを作成。専用カルテは、公式サイトよりマイページにログインすると自宅でも閲覧することができ、店舗だけでなくオンラインでのサポートを通じ、長期的に顧客の肌に向き合う。

     

    さらに「N organic」 では、暮らしを豊かにする一つとして、エコに向き合うきっかけを日常に取り入れてもらいたいという発想のもと、他ブランドを含む使用済みの化粧品容器を店舗内で回収するキャンペーンを実施する。今回オープンする有楽町マルイ店では、N organicローション・セラム の空き瓶を砕いて製造した大理石(テラゾー)を店内 の床やシンク等へリサイクル利用している。

     

    日々の暮らしの中に紐づくような自然派スキンケアで、自分のお肌と向き合おう。

  • 可愛すぎて飾りたくなる!瓶スイーツが充実のプリン専門店が代々木八幡にオープン

    06.June.2020 | FOOD

    いつの時代も人気のスイーツ〝プリン〟!6月1日、代々木八幡駅横に可愛すぎるプリン専門店「プディングカフェ448」がオープンしました。こちらのお店を手がけるのは、カフェから徒歩圏内にあるチョコレート専門店「テオブロマ」。この街を豊かに・活気がある、人が集まり楽しい場所にしたいという思いが詰まってのオープンです。

    基本になるのは、幸せが口いっぱいに広がる、とろとろなめらかなプリン。プレーンタイプから、はちみつ、ローズ、チョコレートなどなど、美味しそうなプリンがたくさんあるので選ぶのが大変。懐かしい固めの〝昭和プリン〟もあるので固めが好みの方もしっかり堪能できます♪


    そして!プリンだけでも種類はいろいろあるのですが、充実すぎる瓶スイーツたちが必見!
    ケーキ、コンフィチュール、焼き菓子、おいりなども瓶に詰められていて見ているだけでも華やかな気持ちになれます。

    2階はカフェスペースになっているので、購入したプリンやドリンクを店内でもいただけます。

    数ある可愛い瓶スイーツ、選ぶのに悩んだ時はひとつ食べながら何を買うか考えてみるのも素敵ですね。

  • クリーンな和コスメ「MAKANAI」が神楽坂にオープン

    01.June.2020 | FASHION

    東京・神楽坂を拠点とする和のクリーンビューティーブランド「MAKANAI(マカナイ)」が“進化する、クリーンな和コスメ。”というコンセプトのもと神楽坂本店を2020年6月5日(金)にオープンする。

    細部にまでこだわり抜いた神楽坂本店は、ブランドのルーツである吉鷹金箔本舗とブランド独自の美容成分“KaESS”(カエス)をイメージした日本画を新進気鋭の日本画アーティストが制作。

    金箔の装飾を施した特別な壁画・天井画が見事な店内は、ブランド発祥の地、石川県の伝統工芸品「九谷焼き」の製造時に傷がついてしまった破片を内装に使用するなど、サスティナブルな取り組みにも力を入れている「MAKANAI」ならでは。


    さらに樹齢数百年の菩提樹の切り株を中央メインテーブル(リチュアルバー)と店頭のディスプレイオブジェに使用するなど店舗素材にもこだわっている。10年、20年経った時にも美しい表情が残せる木目を生かした内装は、商品と同様に手触りの良い自然素材。時間と共に美しさが増す魅力的な店舗、シンプルで落ち着いた雰囲気の店内にはついつい長居してしまいそう。

     

    さらに、最新のAIで肌診断を行えるスマートミラー「ハイミラー」の設置や、“Pure Beauty Rituals”「美は意識である」という「MAKANAI」のスキンケアの基本作法体験ができるワークショップなども今後実施される予定となっている。

    デビュー記念!MAKANAI幕開けセット 非売品トートバッグつき10,000円(税別)

    オープンに伴い数量限定で発売する「デビュー記念!MAKANAI幕開けセット」は、「MAKANAI」の“クリーンビューティー”が体感できる、「うるつや化粧水」、「さらりと潤う美容オイル」、「叶えるフェイスクリーム」の通常13,000円(税抜)のスキンケア3種を、限定のトートバッグ付き10,000円(税抜)で販売。なんともお得なセットは「MAKANAI」のスターターキットとしてもおすすめ。

     

    「MAKANAI」のブランドコンセプトである、”進化する、クリーンな和コスメ。” 独自の美の作法である “リチュアル” を、ぜひ店舗で体感してほしい。

  • 京都のクラフトチョコレートメーカーが初の常設店となる「Dari K大丸東京店」をオープン

    31.May.2020 | FOOD

    京都のクラフトチョコレートメーカーDari Kは、東京初の常設店Dari K大丸東京店を2020年6月1日にオープン。おいしい・ヘルシーだけでない、生産者にも環境にも配慮した“エシカル・スイーツ”を広く発信していく。

     

    この常設店は、「カカオを通して世界を変える」を企業ミッションとし、カカオ農家に対して高品質なカカオ豆を栽培するための技術指導や仲買人を通さないダイレクト・トレードを行うことで、現地農家の所得向上を実現するなどSDGsの取り組みを行ってきた、Dari Kの発信拠点として位置付けられる。

     

    カカオの栽培に加えて、ココナッツやマンゴー、パイナップルなど複数の作物を混植するアグロフォレストリー農法を導入し、多様な生態系を守りつつ、気候変動への適応策として農家の安定的な収入の確保も図っているため、看板商品のフレッシュなカカオ豆を使用した商品だけでなく、ドライフルーツを取り扱っているのが特徴。契約農家から直送したカカオ豆で作るチョコレート・トリュフ「カカオ・バル」や、南国で生産されるドライフルーツやナッツの「TROPIS(トロピス)」を新たにラインアップする。

    カカオ・バル (1箱3粒入税込1,350円)


    TROPIS (10種、各税込432円)

    新商品である「カカオ・バル」の「バル」は、インドネシア語で「新しい」を意味し、Dari Kの東京進出を記念に作り込んだ商品。濃厚なカカオのガナッシュのまわりはカカオ豆を粗く砕いたカカオニブをまとい、カカオ豆の濃厚な香りとザクザクした食感をまるごと味わえるユニークな商品になっている。

     

    一方、「TROPIS(トロピス)」は同じくインドネシア語で「トロピカル」を意味し、マンゴーやココナッツなどの南国のドライフルーツやカカオ豆、カシューナッツなどのナッツ類を揃えた新シリーズで、10商品をラインアップ。

     

    生産者や環境に配慮したDari Kの “エシカル・スイーツ”をこの機会にゲットしてみて。

  • 麻布十番の新たなシンボル「MAXPLAN AZABU10」今秋オープン

    31.May.2020 | SPOT

    株式会社マックスプランは、非日常体験が出来る個性的で新たなシンボルとなるスポット「MAXPLAN AZABU10」を、麻布十番に2020年10月22日(木)にオープンする。

    株式会社マックスプラン 代表取締役 中村鈴子

    このプロジェクトは世界的な建築家 隈研吾さんのお力をお借りすることができ、また共に推進できたことを大変嬉しく思っております。「麻布十番開発プロジェクト」となる本建物は共同的な価値生成の起こる新しい価値を見つけ出し社会と自己の接点の場、すなわち「創造と共生の場」として文化的な価値観が生まれる場所「幸福社会=WELL BEING」を目指していきたいと思っております。社会と個人が互いに共振しあい、刺激され、あふれるような創造的空間へと展開していく。こういうことが、これからの私たちの生きるイメージにつながることを心より願っております。

    建築家 隈 研吾

    東京の未来と伝統のインターセクション、麻布十番の交差点に「ゆらぎ」のある街のシンボルをつくろうと考えました。
    高さ、厚み、テクスチャーの異なる様々なサイズのパネルを集積させることによって、街の多様さとエネルギーを表現し、この街に相応しい「ゆらぎ」を創造しようと考えました。
    従来のスタティックなファサードにかわる新しいファサードによって「ゆらぎ」のある小さな立体的な都市を作ろうと考えました。

     

    麻布十番の未来と伝統が詰まった新たなシンボルのオープンが待ち遠しい。

  • 東京たらこスパゲティから、だしと明太とろろを使った「冷やしスパゲティ」登場

    31.May.2020 | FOOD

    たらこスパゲティ専門店「東京たらこスパゲティ」が、初夏の献立「山形だしと明太とろろのたらこスパゲティ」を2020年5月29日(金)より期間限定で販売する。

     

    東京たらこスパゲティとは

    2020年1月31日にオープンした東京たらこスパゲティは、「進化系たらこスパゲティ」が楽しめる和食ファストフード店。希少な国内産硬質小麦を使用したパスタはもちもちの食感はもちろん、風味や味わいにもこだわっている。

    進化系「冷やしスパゲティ」

    山形だしと明太とろろのたらこスパゲティ 1,090円(税抜)

    今回登場する「山形だしと明太とろろのたらこスパゲティ」は初となる期間限定メニュー。山形県に伝わる郷土料理「山形だし」と明太とろろ、みょうがやシソ、オクラなどの薬味がたっぷりとのった冷たいたらこスパゲティだ。独自の極細タピオカ入り生パスタは、もちもちの食感とつるっとしたのどごしが味わえ、夏の暑い日にぴったり。

     

    また、東京たらこスパゲティでは「炙りたらこのお出汁スパゲティ」など人気の3品限定でテイクアウトもスタートした。進化系たらこスパゲティをご賞味あれ。

  • フルーツのフルコースを提供する銀座「フルーツサロン」がマンゴーメニューを提供

    30.May.2020 | FOOD

    Beauty Connection Ginza(ビューティーコネクション銀座)」は、新型コロナウイルスの影響により、2020年4月8日(水)より営業を中止していた、同施設内2Fのフルーツコース専門店「フルーツサロン」にて、2020年6月1日(月)から6月30日(火)まで、旬のマンゴーを使用した新メニューの提供を開始する。

     

    洋梨・柑橘・いちごに続き、登場するのは、今が旬の宮崎県産マンゴーを贅沢に使用した4品のコース。芳醇な香りとさわやかな味わいで、ビタミンをたっぷり含んだ栄養豊富なマンゴーを多彩な美味しさで提供する。

    マンゴーのフルコース ¥4,400(税込)

     


    1st. plate 「テリーヌ」


    2nd. plate 「エアリータルト」

    豊かな甘味と濃厚な舌触りのマンゴーが、口の中でみずみずしく広がり、1皿目から初夏の気分を存分に味わうことができるフルーツスウィーツのフルコースに仕上げた。


    3rd. plate 「パフェ」


    4th. plate 「ドライフルーツ / ミニャルディーズ / 食後のドリンク」

    3皿目の宝石のような美しさが目を引くパフェは、マンゴーのジェラートを中心に個性豊かなパーツが集まり唯一無二のハーモニーを奏でる。あえて作ったグラスの余白に、食べ進むにつれて上と下の素材が少しずつ混ざり合い、刻一刻と味の変化を楽しむことができるのも嬉しい。90分制のフルコースで、見て、食べて、五感を満たす、贅沢なひとときを楽しんでほしい。

     

    ひと皿ごとに新しい出会いがあるマンゴーのフルコースを楽しもう!

  • BOTANIST Tokyo限定メニュー♡ボタニカルドリンク3種を提供開始

    27.May.2020 | FOOD

    「BOTANIST(ボタニスト)」のフラッグシップショップ、表参道にある「BOTANIST Tokyo」は、2020年6月1日(月)より営業を再開。同日から 2020年7月12日(日) の期間中、2FのBOTANIST cafe にてBOTANISTリフレッシュシリーズにインスパイアされた限定メニューを提供する。

     

    BOTANISTリフレッシュシリーズに着想を得た、爽やかなドリンク3種が期間限定で登場。リフレッシュシリーズの香りであるアップルミントや、保湿成分として配合されているグレープフルーツなどを食材に使用。すべてテイクアウトも可能となっている。

     

    REFRESH MENU


    リフレッシュソーダ 600円(税込)

    グレープフルーツのゼリーと、弾ける炭酸が爽やかなドリンク。青りんごの優しい甘さと、ほのかな酸味が口いっぱいに広がる。

    ボタニカルメロンソーダ 800円(税込)

    2種のメロンをブレンドしたスムージーと、懐かしい味わいのメロンソーダを重ねた。メロンゼリーの食感も楽しいデザートドリンク。

    リフレッシュスムージー バナナ&アボカド 720円(税込)

    バナナとてんさい糖のやさしい甘みに、アボカドのまろやかさが加わったフレッシュスムージー。アップルミントの爽やかなアクセントが、初夏にぴったり。

     

    さらにレギュラーメニューを改訂し、新スイーツ3種を提供。ギルトフリーのヴィーガンワッフルをはじめ、カフェタイムにうれしいチーズケーキや、食後のデザートにぴったりのプリンを取り揃えた。

     

    REGULAR MENU


    ヴィーガンワッフル 800円(税込) ドリンク付き

    ギルトフリーで身体に嬉しい、ヴィーガン仕様のワッフル。ソイホイップやメープルシロップ、お好みのフルーツやソースを絡めて召し上がれ。*トッピング可能(フレッシュフルーツやソースなど)

    レモンチーズケーキ 1,000円(税込)ドリンク付き

    サクサクのクッキー土台と、クリーミーなチーズが相性抜群。クセになるほのかな塩気と、爽やかな酸味を楽しんで。

    自家製濃厚プリン 500円(税込)

    素材の恵みを活かした自家製プリン。卵のコクを引き出した味わいと固めの食感、ソイホイップの優しい甘さを味わって。

     

    また、期間中、BOTANIST Tokyoでリフレッシュシリーズを含む商品を4,000円(税込)以上購入すると、「リフレッシュソーダ」をプレゼントするキャンペーンも実施(※予定数に達し次第、終了する可能性あり)。

    表参道で買い物した後は、体に優しい爽やかなドリンクを楽しんでみてはいかが?

  • 台湾 星のやグーグァン、米旅行雑誌の「2020 Hot List」に選出

    25.May.2020 | SPOT

    星野リゾートが運営する「星のやグーグァン」は、2020年5月5日に富裕層向けの米国旅行雑誌『コンデナスト・トラベラー(Condé Nast Traveler)』において、旅行業界で権威のあるランキングの一つと言われる「2020 Hot List」に選ばれた。

     

    『コンデナスト・トラベラー』は、旅行・ホテル・レストラン・買い物の最新情報を紹介する、北米富裕層向けの米国旅行雑誌。「2020 Hot List」とは、2019年に世界34の国と地域で開業した宿泊施設の中から、同誌の編集者によって選ばれたリストとなっており、星のやグーグァンは「The Best New Wellness Resorts in the World」に選ばれている。

     

    星のやグーグァンは、日本国内外で42施設を運営している星野リゾートが、台湾で初めてプロデュースするラグジュアリー温泉リゾート。「現代を休む日」をコンセプトに非日常の滞在を提案する「星のや」ブランドの海外2軒目の施設として、2019年6月30日に台湾第二の都市、台中の郊外にある温泉地・谷關(グーグァン)に開業した。深い渓谷がもたらす湧水と豊かな温泉を活かした、自然に共鳴するような建築・ランドスケープデザインが特徴。全室半露天風呂付の客室と、風と水を感じる開放的なパブリック空間、滞在シーンに合わせた料理など、谷關の自然を身近に感じられる滞在を提案するほか、谷關の自然と文化を楽しむプログラムも用意している。

     

    台湾に出かける際は、星のやグーグァンでリゾート気分を味わってみては?

  • 星のや京都 梅雨の情景を日本料理と楽しむ京会席の提供開始

    16.May.2020 | FOOD

    京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2020年6月1日(月)〜7月31日(水)の期間、ダイニングにて「初夏の涼を味わい、梅雨の情景を楽しむ」をテーマにした全9品の会席料理を提供する。6月は水無月と呼ばれるほど日中は暑くなるが、夕暮れ時は涼しく、涼暮月(すずくれづき)とも呼ばれる。旬の食材のみずみずしさだけでなく、料理が表現する梅雨の情景や初夏の緑の香りからも涼を感じることができるだろう。

     

    星のや京都のダイニングのコンセプトは「五味自在(ごみじざい)」。五味は甘酸辛苦の5つの味を指し、五色五法と合わせて日本料理の基礎とされている。祇園の割烹料理店の長男に生まれ、海外でも修行を重ねてきた総料理長の久保田は、日本料理の基礎を重んじながらも食材や調理法を自在に取り合わせ、次世代を担う日本料理を提供している。

     

    初夏の情景を目で見て楽しむ八寸「涼暮月の肴核」

    八寸は初夏の情景を表現しており、6月に京都市内の寺社で行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」をイメージした。この八寸では、夏越の祓の時期に暑気払いで食べられる和菓子の「水無月」を香り高い胡麻豆腐で表現し、鮎の出汁とジュンサイでさっぱりと仕立てられている。
    他には、笹に蛍が留まった様子を表現した「蛍羹(ほたるかん)」や、食感のよい蓮根とスモークしたサーモンをあわせた「蛇籠蓮根」などがあり、初夏の情景を目で見て楽しむことができる。

     

    初夏の野菜の甘みを味わう先付「賀茂茄子の涼味寄せ」

    先付では、初夏の野菜のみずみずしい旨味を味わう。たっぷりと出汁を含ませた賀茂茄子に、焼いて甘みを引き立たせたパプリカをアイスクリームにして合わせ、濃厚な甘みが特徴の赤雲丹や生姜のフォーム、食感のアクセントとして新蓮根を添えた。器は佐々木伸佳氏の「レース紋様鉢」。複雑で繊細なレース紋様が特徴だ。ガラスの器が料理の涼しさを演出する。

     

    紫陽花の花に見立てた椀物「鱧紫陽花見立て」

    椀物は、脂がのった鱧の上に鱧のすり身と葛水仙を乗せて紫陽花が咲く様子に見立てた。梅雨明けが旬の鱧は、梅雨の水を飲んで美味しくなると言われており、7月にある京都の祇園祭りは鱧祭りとも呼ばれる。吸地は鰹と鮪、昆布で取ったこだわりの出汁に鱧の焼き骨を加え、香ばしく仕上げる。

     

    青々とした緑の香りを味わう焼き物「若鮎塩焼き」

    焼き物は初夏を代表する食材である鮎を塩焼きにして提供。鮎は香魚とも呼ばれ、初夏の緑の青々とした香りを味わえるのが特徴。炭火で時間を掛けて焼きあげることで、頭と尾は香ばしく身の部分はふっくらと仕上がる。

     

    初夏の自然からの贈り物を味わうデザート「サクランボのミルフィーユ」

    デザートのミルフィーユは、初夏の自然からの贈り物であるサクランボを使う。サクランボは、香りが柔らかいアカシアのハチミツと和えてローストし、甘みを凝縮。サクランボの香りがほのかに香る生クリーム、アーモンドのビスキュイ、カスタードクリーム、食感のよいパイが重ねられ、さまざまな食感を楽しむことができる。ミルフィーユに添えているのは、トンカ豆のアイス。トンカ豆はサクランボと同じバラ科で香りの相性がよいため、香りの調和を楽しむことができる。

     

    梅雨の時期ならではの味わいを「星のや京都」で楽しもう。

  • 国立科学博物館が動画配信スタート!企画展「ボタニカルアートで楽しむ日本の桜 ー太田洋愛原画展ー」

    18.April.2020 | SPOT

    国立科学博物館は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため開催中止となった、企画展「ボタニカルアートで楽しむ日本の桜 ー太田洋愛原画展ー」の展示紹介動画をYouTube(国立科学博物館公式 かはくチャンネル)で無料配信する。

     

    新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解等を受け、国立科学博物館(上野本館)は2020年2月29日より当面の間、臨時休館している。企画展「ボタニカルアートで楽しむ日本の桜 ー太田洋愛原画展ー」は、2020年3月14日(土)〜4月12日(日)の期間で開催を予定していたが、臨時休館にともない残念ながらまだ一度も公開されていない。
    そこで、本企画展を監修者の解説と共に多くの人に観てほしいと考え、展示紹介の動画を制作。3本の動画を国立科学博物館公式YouTube(【国立科学博物館公式】 かはくチャンネル)にて配信する。

     

    動画は3編構成で、監修者の植物研究部長 樋口正信が、「ボタニカルアート」「日本の桜」「太田洋愛」の3つのテーマに沿って展示を解説した。

    #1では、本企画展の概要とテーマのひとつである「日本の桜」について紹介。日本植物分類学の父、牧野富太郎が採集した桜の標本が見どころのひとつ。


    #2では、太田洋愛がどのような人物であったのか、「日本桜集」の共著者である大井次三郎がどのような人物であったのかを紹介する。


    #3では、一番の見どころである太田洋愛の描いた桜図を、その描画の素材となった品種の標本とともに紹介。 科学的に正しく記録されたボタニカルアートは芸術性も兼ね備えている。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US