Netflixオリジナルアニメ「日本沈没2020」豪華声優陣が決定

26.March.2020 | ANIME&GAME

Netflixは、『DEVILMAN crybaby』で全世界を衝撃に包んだ湯浅政明監督が小松左京氏のベストセラー「日本沈没」の初のアニメ化に挑んだNetflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」を全世界独占配信することを決定。そして今回、メインキャラクターを演じる豪華声優陣が決定、あわせて場面写真も解禁した。

 

2020年、現代の日本が舞台となる本作。これまでの『日本沈没』の映像作品では描かれることの少なかった”ごく普通の家族の物語”を通じて、“いま描かれるべき日本沈没”がリアルに迫ってくる内容になっている。

 

本作の主人公でオリンピックを目指して陸上に打ち込む14歳の少女・武藤歩(あゆむ)役は、「鬼滅の刃」栗花落カナヲなどで知られる上田麗奈が演じる。歩の弟で、オンラインゲームで世界とつながる少年・武藤剛(ごう)役を、「ワールドトリガー」空閑遊真などでも活躍している村中知、元水泳選手で、どんな苦境にも常に前向きな母、武藤マリ役を「ちびまる子ちゃん」のおばあちゃんでもお馴染みの佐々木優子、たくましくて頭も良く頼れる存在の父、武藤航一郎役を「名探偵コナン」遠山銀司郎などのてらそま まさきが務めている。

 

あわせて場面写真も初めて解禁され、東京タワーのような塔が折れ曲がり炎に包まれる街や不安げに遠くを見つめる歩の表情が切り取られ、日本が一変してしまった恐怖と緊張がリアルに伝わってくる。

そんな中、4人の家族がこちらにむけるまなざしには、不安が混じりながらも、生き延びる!という未来への希望がこめられているようにも見え、沈みゆく日本で、否応なく究極の選択を突きつけられた人々が向き合う、現実と再生の物語が果たしてどのように描かれているのか、早くも期待が高まってくる。

 

この一大コンテンツ初のアニメ化に挑戦するのは、『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』等で世界的な評価を受け、現在、NHKで放映中の『映像研には手を出すな!』も話題となっている湯浅政明監督。アニメ表現の限界に挑み絶大な支持を集めた『DEVILMAN crybaby』以来2度目となるNetflixオリジナルアニメシリーズとして、再びアニメ作品ならではのダイナミズム溢れる映像表現で、実写では描くことのできなかった未曽有の天変地異と、いまの日本が向き合うことになるドラマを描く。

上田麗奈コメント

役が決まった時のお気持ちは?

とても嬉しかったのと同時に、ドッと緊張が押し寄せてきました。
オーディションの時から、湯浅監督の中にしっかりとしたイメージが出来上がっているように感じましたし、オーディション用の原稿を読んだだけでも心を掴まれる感覚がありました。

そんな作品に携われることがとても光栄であり、その分プレッシャーも…。
ドキドキしながらも、とにかく全力でぶつかってみよう、と気持ちを整えていきました。

 

Netflixで全世界190カ国へ配信される本作を、これからご覧になる方へのメッセージ

誰にも観せたくない。だけどすべての人に観て頂きたい。そんな風に思った作品に出会ったのは、はじめてかもしれません。

収録時は未完成の状態だったこともあり、本編がどのようなことになっているのか、私もまだ分からないことが多くドキドキしています。
沢山悩みながらの収録でしたが、家族の行く末や、思春期で成長過程な歩だからこその最終話までの道のりに、注目していただけますと幸いです。宜しくお願い致します。

©“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US