AmPm、TVアニメ「フルーツバスケット」のアニメ素材を使ったリリックビデオを公開

09.April.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

2017年3月に現在3,300万回以上再生されているデビュー曲「Best Part Of Us feat. Michael Kaneko」をリリースして以降、世界各国のリスナーを幅広く獲得してきた日本人覆面ユニットAmPm(アムパム)が、歌声が異才と評される17歳のシンガー”みゆな”をボーカルに起用した新曲「プリズム feat. みゆな」をリリースした。

 

今作は全世界コミックスの累計発行部数が3000万部を突破するなど世界各国で人気のTVアニメ「フルーツバスケット」2nd seasonオープニングテーマとしてオンエア中の楽曲となっている。リリースに合わせて「フルーツバスケット」のアニメーション素材を使用したリリックビデオも公開された。

 

AmPm 「プリズム feat. みゆな」

グローバルにリスナーを抱えるAmPmが自身初となる全編日本語詞と、新進気鋭のアーティストみゆなのボーカルが組み合わさった今作。ぜひチェックしたい。

また、AmPmはこれまで世界各国の音楽市場と関わる中で得た知見を、彼らの目線でまとめたものをnoteで公開している。音楽業界の今を知る上で非常に役立つ情報が満載となっているのでこちらもぜひ参考にしてみて欲しい。

 

©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

RELATED ENTRIES

  • TVアニメ「フルーツバスケット」OPテーマ「Chime」をAmPmがリミックス

    08.October.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    世界中でその楽曲が聴かれている日本人覆面ユニットアーティストAmPm(アムパム)が手掛けた大塚 愛の「Chime(AmPm Remix)」が2020年10月7日に発売。リリースにあわせて、ミュージックビデオも公開された。

     

    大塚 愛が様々なジャンルの音楽プロデューサーやトラックメーカーを迎え入れ、8月から毎月自身のリミックス楽曲をリリースしていく企画の第3弾。
    第1弾はTomggg(トムグググ)を迎えた「PEACH (Tomggg Remix)」を、第2弾ではANIMAL HACK(アニマルハック)を迎えた「金魚花火 (ANIMAL HACK Remix)」をリリース。第3弾として、今回リミックスを手がけたAmPmは、国内ではV6や平井堅の楽曲プロデュースを、海外ではアフロジャックやニッキー・ロメロといった超大物アーティストのリミックスを手掛けるなど、世界で最も注目されている日本人アーティストだ。

     

    原曲の「Chime」は2019年にTVアニメ「フルーツバスケット」1st season第2クールのオープニングテーマとして起用された。「フルーツバスケット」は、海外でも非常に人気の高いアニメであることから、ジャパンカルチャー好きな海外のリスナーからも当時注目された楽曲。
    その「Chime」のリミックスを世界中のリスナーから支持を得ているAmPmが手掛けたことで、さらに多くのリスナーに聴かれる楽曲になることだろう。

    リリースに合わせて公開されたミュージックビデオは、童話「醜いアヒルの子」をモチーフに、自信を持てない自分から、新しい自分を見つけ羽ばたいていけるような、“スタートライン”や始まりの”ファンファーレ”を感じさせるようなミュージックビデオとなっている。
    AmPmによって新たに生まれ変わった「Chime (AmPm Remix)」がどのように耳を楽しませてくれるのかじっくりと音源を聴きつつ、あわせてミュージックビデオもチェックしてみて。

     

    Chime (AmPm Remix) -Music Video-

     

    AmPm コメント

    Remixについては、色んな楽曲を担当させていただきましたが、今回が一番難しいRemixでした。
    原曲の持つ疾走感、大塚さんの芯のある歌声…「いじるところあるかな?」「そもそも完成するかな?」と、いつになく試行錯誤して制作しました。TVアニメ「フルーツバスケット」1st season第2クールのOP曲として起用された楽曲ですが、今回のRemixでED曲のような感じに仕上げています。
    原曲が始まりのChimeだとしたら、このRemixは終わりのChime。ただ終わるだけじゃなくて、明日に繋がる終わりのChimeとして聴いてもらえると嬉しいです。同じ楽曲でも、原曲とRemixでは歌詞の捉え方も変わると思うので、そのあたりも聴き比べてもらえると“Remix”という存在がより楽しんでもらえると思います!

  • 土岐麻子、TVアニメ「フルーツバスケット」OPテーマのMVを公開

    01.September.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    現在放送中のTVアニメ「フルーツバスケット」2nd season 第2クールオープニング主題歌となっている「HOME」のミュージックビデオが土岐麻子Official YouTube Channel にて公開となった。

    本楽曲は、「フルーツバスケット」のために書き下ろした一曲となっており、家族や友達、仲間、恋人など、人々の心の「HOME」を信じる気持ちを描いた、温かいミディアムバラード。

    本映像では、”HOME”へ帰る人たちの歩みや、歌詞に出てくる多摩川の街並みが絵画のように美しく切り取られている。
    また、土岐が部屋で過ごすシーンでは、実際に使用している韓国語の本や、コスメ、アナログレコードの他、ファンにはお馴染みのひよこのキャラクターグッズなど、本人所縁の品々が映像を彩る。さらにリモートシーンでは、実際に北海道のラジオ番組に生出演中の様子を撮影するなど、リアルな土岐麻子の“HOME”に注目してもらいたい。

    土岐麻子の優しく温かい歌声と共に流れるオープニング映像を楽しんでほしい。

     

    ©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

  • 土岐麻子、TVアニメ「フルーツバスケット」OPテーマ「HOME」のアニメバージョンMV公開

    13.July.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    2020年7月6日深夜より放送がスタートしたTVアニメ「フルーツバスケット」2nd season 第2クールオープニング主題歌となっている「HOME」が、7月7日に配信リリースされたばかりの土岐麻子。

    本日、「フルーツバスケット」のオープニング 映像を使用した歌詞入りのミュージックビデオが土岐麻子Official YouTube Channel にて公開となった。

     

     

    本楽曲は、「フルーツバスケット」のために書き下ろした一曲となっており、家族や友達、仲間、恋人など、人々の心の「HOME」を信じる気持ちを描いた、温かいミディアムバラード。

    本映像では、「フルーツバスケット」キャラクターたちと「HOME」の世界が繋がるような、とても美しい作品となっているので是非ご覧いただきたい。

     

    土岐麻子の優しく温かい歌声と共に流れるオープニング映像を楽しんでみて。

     

    ©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

  • MONKEY MAJIK、TVアニメ「フルーツバスケット」EDテーマを配信リリース

    08.July.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    今年バンド結成20周年を迎えたMONKEY MAJIK。2020年7月6日から放送になった人気TVアニメ「フルーツバスケット」2nd season第2クールのエンディング主題歌として書き下ろした楽曲「Eden(エデン)」が、配信限定でリリースとなった。

    全世界で最も売れている少女漫画としてギネス認定されたこともあるコミックスのアニメ化として、幅広い層から圧倒的な支持を受けている「フルーツバスケット」。これまでも数多くのドラマや映画、アニメの主題歌をつとめたMONKEY MAJIKだが、少女漫画に向けた楽曲に携わるのは今回が初めてとのことで、登場人物の心情を想像しながら書き下ろしたという。

     

    メンバーコメント

    多くの人から愛される本作のエンディング曲を担当させていただき光栄です。主題歌制作をきっかけに作品を見ましたが、人生で大事にしたいことが詰まっていると言っても過言ではないほど、心に留まる言葉やシーンに溢れた作品だと感じました。主人公たちの心を想像しながら作った楽曲ですので、アニメと一緒に楽しんでもらえればと思います。

     

    YouTubeチャンネルでは、Eden 【TVアニメ「フルーツバスケット」2nd Season 第2クール ED ver.】をチェックすることができる。


    また、 7月11日(土)には「MONKEY MAJIK 20th Anniversary online fan meeting」と題したオンラインイベントを開催。当日予定していた20周年記念ライブは新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催中止となったが、楽しみにしてくれていたファンへ20年分の感謝を伝えたいとの想いから実施することにした。MONKEY MAJIKのSNSサイトから生配信される予定だ。

     

    さらに、20周年を記念した特設サイトでは、サンドウィッチマンや小田和正、吉田兄弟や稲垣潤一など、MONKEY MAJIKと親交の深いミュージシャンや著名人からの祝賀コメントを掲載、今後も続々と公開される。

    同サイトでは、メジャー以降に発表したミュージックビデオ45作品を一挙に見ることができる「Music Video Gallery」なども公開中。

    ⓒ高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

  • THE CHARM PARK、TVアニメ「フルーツバスケット」EDテーマのリリックビデオ公開

    14.April.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    ASIAN KUNG-FU GENERATION、V6、三代目 J SOUL BROTHERSボーカリスト登坂広臣などに楽曲提供やMONKEY MAJIKとコラボでも注目を集めるなど、今話題沸騰中の新世代ポップスのマエストロ“THE CHARM PARK (ザ・チャーム・パーク)”。

    現在放送中のTVアニメ「フルーツバスケット」2nd season エンディング主題歌となっている新曲「ad meliora」リリックビデオが公開された。

     

    THE CHARM PARK / ad meliora (Lyric Video)

    今回のリリックビデオは、歌詞がより染みるハートウォーミングな内容に。

    また、新曲「ad meliora」はTHE CHARM PARKの持つ、優しいメロディーと心地良い歌声が特徴的。

     

    日本語歌詞となっており、“人を信じる”“ 守りたい”と本人の優しさが溢れる書き下ろしの一曲で、TVアニメ「フルーツバスケット」2nd seasonの世界観を更に引き立てていると話題になっている。是非チェックしてみてほしい。

     

    ©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

  • THE CHARM PARK、TVアニメ「フルーツバスケット」EDテーマのアニメバージョンMV公開

    07.April.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    ASIAN KUNG-FU GENERATION、V6、三代目 J SOUL BROTHERSボーカリスト登坂広臣などに楽曲提供やMONKEY MAJIKとコラボでも注目を集めるなど、今話題沸騰中の新世代ポップスのマエストロ“THE CHARM PARK (ザ・チャーム・パーク)”。

    2020年4月6日(月)より放送のTVアニメ「フルーツバスケット」2nd season エンディング主題歌「ad meliora(アド メリオラ)」は、THE CHARM PARKの持つ、優しいメロディーと心地良い歌声が特徴的。日本語歌詞となっており、“人を信じる”“ 守りたい”と本人の優しさが溢れる書き下ろしの一曲で、TVアニメ「フルーツバスケット」2nd seasonの世界観を更に引き立てていると話題になっている。

    その「ad meliora」が4月7日(火)から配信スタートされるとともに、TVアニメ「フルーツバスケット」2nd season エンディング映像を使用した歌詞入りのミュージックビデオが公開された。

     

    THE CHARM PARK / ad meliora -TVアニメ「フルーツバスケット」2nd season エンディング ver.-

    また、併せて最新ビジュアルも公開された。アニメの世界観を彩るMVに注目して。

     

    ©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

  • AmPm、TVアニメ「フルーツバスケット」2ndシーズンOPテーマに決定!ボーカルは”みゆな”を起用

    30.March.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    2017年3月に現在3,300万回以上再生されているデビュー曲「Best Part Of Us feat. Michael Kaneko」をリリースして以降、世界各国のリスナーを幅広く獲得してきた日本人覆面ユニットAmPm(アムパム)が、海外でも人気のTVアニメ「フルーツバスケット」2nd seasonオープニングテーマに決定した。

     

    今回オープニングテーマに決定したのはAmPmが2020年4月8日(水)にリリースする新曲「プリズム」( AmPm feat. みゆな)。ボーカルには昨年以降、各所から高い評価を獲得しファンを拡大中、歌声が異才と評される17歳のシンガー“みゆな”を起用し、AmPmとしても初となる全編日本語詞という特別な楽曲となっている。

    「フルーツバスケット」(原作・高屋奈月)は「花とゆめ」(白泉社)において、1998年から2006年まで連載された大人気少女漫画。全世界コミックスの累計発行部数は3000万部を突破するなど世界各国で人気の作品。2001年にテレビ東京系でTVアニメ化され(全26話放送)、2009年には舞台化を展開。2019年4月より新スタッフ&キャストにより全編アニメ化となり、テレビ東京ほかにて1st seasonが放送(2019年4月~9月)されるなど、連載が終了し15年以上経った今でも根強い人気を誇る作品だ。エンディング主題歌はTHE CHARM PARKが担当する。

     

    「プリズム」(AmPm feat. みゆな)は「フルーツバスケット」2nd seasonの初回となる4月6日オンエアにて解禁となるので、ぜひ番組でチェックして欲しい。

     

    ©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

  • THE CHARM PARK、新曲がTVアニメ「フルーツバスケット」2ndシーズン EDテーマに決定

    28.March.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    ASIAN KUNG-FU GENERATION・V6・三代目 J SOUL BROTHERSボーカリスト登坂広臣などに楽曲提供やMONKEY MAJIKとコラボでも注目を集めるなど、今話題沸騰中の新世代ポップスのマエストロ・THE CHARM PARK (ザ・チャーム・パーク)。

    そんな彼らの新曲「ad meliora(アド メリオラ)」が2020年4月6日(月)より放送のTVアニメ「フルーツバスケット」2nd season エンディングテーマに決定した。

    本楽曲は、THE CHARM PARKの持つ、優しいメロディーと心地良い歌声が特徴的。日本語歌詞となっており、“人を信じる”“ 守りたい”と本人の優しさが溢れる書き下ろしの一曲となった。放送タイミングの4月7日(火)よりデジタルリリースされる。

    「フルーツバスケット」(原作・高屋奈月)は「花とゆめ」において、1998年から2006年まで連載された大人気少女漫画で、全世界コミックスの累計発行部数は3000万部を突破。2019年4月より新スタッフ&キャストにより全編アニメ化となり、テレビ東京ほかにて1st seasonが放送され、待望の2nd seasonが2020年4月6日(月)よりテレビ東京ほかにてついに放送開始となる。

    この発表に寄せて、THE CHARM PARKよりコメントが到着した。

     

    ロサンゼルスで過ごした高校生時代に、周りからのおすすめで「フルーツバスケット」を観ていました。

    とても心が暖かくなり、たまに切なくなり、未だに忘れられない作品ですね。

    日々を大切に過ごすのは、当時も今も変わりませんが、もっと頑張りたいという気持ちを込めて作った曲です。

    その当時の好きなテーマ曲にもインスパイアされ軽いオマージュもさせて頂きました。

     

    — THE CHARM PARK

     

    THE CHARM PARKの「ad meliora(アド メリオラ)」がTVアニメ「フルーツバスケット」2nd seasonを、どう彩るのか楽しみにしてほしい。

     

    ©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

  • AmPm、マレーシアアーティストTalitha. とのコラボ楽曲をリリース

    05.March.2020 | MUSIC

    2017年のデビュー以降、瞬く間に世界中のリスナーを獲得し楽曲総再生回数が5000万回を突破、昨年は自身主催イベントの開催や各種フェスティバルへの出演などで話題となったアーティスト・AmPm(アムパム)が新曲「Is This A Game feat. Talitha., Chocoholic & Evanturetime」を2020年3月4日(水)にリリースした。

    AmPm – Is This A Game feat. Talitha., Chocoholic & Evanturetime

    今作はクアラルンプール出身23歳のPOP アーティストTalitha. (タリータ)をボーカルに招いた作品で、AmPmの真骨頂である綺麗なチルダンスなトラックにソウルフルだが甘く透き通る歌声を持つTalitha. をフューチャーし、南国マレーシアの冬をイメージした涼しいダンスチューンに仕上がっている。

    “Is This A Game” というタイトルには「私たちの関係は遊びなの?」という意味が込められており、恋愛におけるもどかしさを透き通る歌声でTalitha.が歌い上げ、盟友Chocoholic、Evanturetime と共にAmPmが葛藤を表現するトラックで援護するトロピカルダンスチューンだ。

     

    昨年発表した、シンガポールで注目を集めるR&B/FUNKトリオ brb.(ビーアールビー)とのコラボ作品「Sorry That I Love You」に続く、アジアの新進気鋭アーティストとのコラボ作品にぜひ注目したい。

     

    なお、AmPmはこれまで世界各国の音楽市場と関わる中で得た知見を、彼らの目線でまとめたものをnoteで公開している。音楽業界の今を知る上で非常に役立つ情報が満載となっているのでこちらもぜひ参考にしてみて欲しい。

  • 楽曲総再生数5000万回を突破!覆面ユニットAmPm(アムパム)新曲リリースを発表

    01.November.2019 | MUSIC

    2017年のデビュー以降、瞬く間に世界中のリスナーを獲得し楽曲総再生回数が5000万回を突破するなど、話題のアーティスト”AmPm(アムパム)”が新曲「Sorry That I Love You feat. brb. & Chocoholic」を11月6日(水)にリリースすることを発表した。

    今年5月にリリースし、各所で高い評価を得た「more feat. DedachiKenta & FUNTYME」

    に続く2019年2作目のリリースとなる今作は、シンガポールで注目を集めるR&B/FUNKトリオ”brb.(ビーアールビー)”と日本人トラックメイカー”Chocoholic”とのコラボ楽曲となる。

    「Sorry That I Love You(好きになってごめん)」というタイトル通り、これまでの作品で最も甘酸っぱい内容の歌詞に、AmPmが得意とするチルダンストラックとbrb.のR&Bサウンドが巧みに融合した楽曲に仕上がっている。

     

    6月にはV6のシングルに楽曲提供するなど、今まさに注目のアーティストAmPm(アムパム)の楽曲は主要配信サービスで聴くことができるのでぜひチェックして欲しい。

  • 大塚愛、新曲「Chime」がアニメ「フルーツバスケット」OPテーマに決定!

    04.July.2019 | ANIME&GAME / MUSIC

    7月から中国4都市と台湾にてアジアツアーを控えている大塚 愛が、新作のリリース情報を発表。

     

    TVアニメ「フルーツバスケット」オープニングテーマのために書き下ろした新曲「Chime」が、7月5日(金)深夜のアニメ放送からオンエア開始となり、自身26枚目のシングルとして9月4日(水)に発売されることが決定した。

    新スタッフ&キャストによる全編アニメ化として、4月から放送が始まり話題を呼んでいる「フルーツバスケット」は、「花とゆめ」において、1998年から2006年まで連載された大人気少女漫画。全世界コミックスの累計発行部数は3000万部を突破し、2001年にテレビ東京系でTVアニメ化され、2009年には舞台化を展開。女性を中心に幅広い層から圧倒的な支持を受けており、連載が終了し10年以上経った今でも根強い人気を誇る作品。7月からは放送が2クール目に入り、物語やキャラクターの内面が徐々に深まっていき目が離せない展開となっている。

     

    第2クールのオープニングテーマとなる「Chime」は、大塚 愛としては久々のアップチューン。「フルーツバスケット」に出てくるキャラクター達のように、変わりたいけれど新たな一歩がなかなか踏み出せない人達へ、“始まりのチャイム”を鳴らしてくれるようなポジティブな楽曲に仕上がっている。本楽曲は、7月5日(金)から各配信サイトにてDL・サブスクリプションの先行配信が開始される。

     

    また、7月6日(土)には、フランスのパリにて「JAPAN EXPO2019」に出演。なんと、このJAPAN EXPOのステージで「Chime」を初披露予定とのことで、どんなパフォーマンスをしてくれるのか楽しみだ。

     

    ©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

  • AmPm、新曲はDedachiKentaがボーカルとして参加!

    15.May.2019 | MUSIC

    AmPm(アムパム)が新曲を5月22日(水)にリリースすることが決定。先日、人気グループV6の楽曲を手掛けることでも話題となった彼らが今回リリースする新曲「more feat. DedachiKenta & FUNTYME」は、あのDedachiKentaをボーカルに招いた作品となっている。

    ロサンゼルス在住の19歳、シンガーソングライターのDedachiKentaは昨年11月にオフィスオーガスタの新レーベル“newborder recordings”の第1弾アーティストとしてリリースしたデビュー曲「This is how I feel」「Memories」が全国各地のFM29局においてパワープレイを獲得した他、YouTubeの“Artists to Watch”に選出されるなど今まさに注目のアーティスト。若き才能とAmPmとのコラボレーションが実現した。

     

    今回リリースされる「more feat. DedachiKenta & FUNTYME」は、これまでのAmPmの楽曲とはテイストが異なり、キャッチーなメロディに爽快感溢れるトラックが印象的。そこにDedachiKentaの清廉な歌声が組み合わさった、一足先に夏を感じさせる作品に仕上がった。

    さらに、5月25日(土)GREENROOM FESTIVAL’19のAmPmステージにDedachiKentaもゲスト出演することが決定した。リリースしたばかりの新曲を早くもライブで楽しめるというまたとない機会となる。4月に初のワンマンライブを成功させたばかりのAmPmが見せるステージに、新たな注目ポイントが加わった形となり、これまで以上に期待が高まる。詳しくはイベントオフィシャルサイトでチェック!

     

    (C) (P) PLAY RECORDS & Avex Entertainment Inc.

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US