「攻殻機動隊 SAC_2045」がTwitterの絵文字となって登場

10.April.2020 | ANIME&GAME

1989年に『ヤングマガジン増刊 海賊版』にて士郎正宗が原作漫画を発表、連載開始以来、押井守監督による「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」をはじめ、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群を構成し、世界中に驚きと刺激を与え続けてきた『攻殻機動隊』シリーズ。最新作「攻殻機動隊 SAC_2045」は、『攻殻』史上初となるフル3DCGアニメーションとなり、「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズを手掛けた神山健治と、「APPLESEED」シリーズを手掛けた荒牧伸志によるダブル監督、Production I.GとSOLA DIGITAL ARTSによる共同制作スタイルの作品でNetflixにおいて2020年4月23日(木)より、全世界独占配信される。

 

STORY

2045年。全ての国家を震撼させる経済災害「全世界同時デフォルト」の発生と、AIの爆発的な進化により、世界は計画的且つ持続可能な戦争へと突入した。だが人々が、AIによる人類滅亡への危機を日常レベルで実感できるまでには衰退の進んでいない近未来――。内戦・紛争を渡り歩き、廃墟が横たわるアメリカ大陸西海岸において、傭兵部隊として腕を奮っている全身義体のサイボーグ・草薙素子とバトーたち元・公安9課のメンバー。そんな草薙率いる部隊の前に、“ポスト・ヒューマン”と呼ばれる驚異的な知能と身体能力を持つ存在が突如として現れる。彼らは如何にして生まれ、その目的とは。大国間の謀略渦巻くなか、いま再び“攻殻機動隊”が組織される――。

人気キャラクター“タチコマ”ってどんなキャラクター?設定画も解禁!

新映像、新情報が解禁される度に「タチコマかわいい!」「タチコマ欲しい!」とファンの心を掴んで離さない多脚思考戦車“タチコマ”。多脚思考戦車でありながら公安9課のメンバーと共に戦い本作でも抜群のコンビネーションで大活躍となっている。
その活躍は画面の中だけにとどまらず現実世界でも健在で、ドイツ・ベルリン発の雑誌『HIGHSNOBIETY』で、オープニングテーマを担当した常田大希(millennium parade、King Gnu)と表紙に起用、アクションフィギュアほか各種グッズの発売など、タチコマが関わるコラボレーションが続々登場した。

そんな人気キャラクター“タチコマ”の「攻殻機動隊 SAC_2045」での設定は、<高さ1.3メートル、幅2.0メートル、奥行2.2メートル>従来のサイズよりもひとまわりコンパクトになり“バトー”がギリギリ乗れるサイズに生まれ変わった。本編でも第一話から大好きな“バトー”との息の合った掛け合いはもちろん、激しい銃撃戦を含むアクションシーンは見応えたっぷりな内容となっている!

配信を記念して制作された“実物大タチコマ”が、先月、生配信番組でお披露目されると監督、キャスト陣からも、細部に渡る忠実さを絶賛され興奮を隠せない様子でみんなから愛されているキャラクターであることを証明する形となった。

4月9日(木)より3カ月間の期間限定でTwitter絵文字となって登場!

そんな世界中から愛される“タチコマ”が4月9日(木)より3カ月間の期間限定でTwitter絵文字となって登場する。<#攻殻機動隊SAC_2045><#GhostInTheShellSAC_2045><#渋谷攻殻><#タチコマ><#tachikoma>のいずれかのハッシュタグで登場する仕組み。全世界配信まで“タチコマ”に会うのが待てないという方もそうでない方もTwitterで一足早く“タチコマ”と電脳空間にダイブしてみて欲しい。


世界中のカルチャーに多大な影響を与え続けてきた『攻殻機動隊』シリーズ。「攻殻機動隊 SAC_2045」ではどのような世界が表現されているのか!?Netflixオリジナルアニメシリーズとして4月23日(木)攻殻機動隊の歴史に新たな1ページが刻まれる。

 

Ⓒ士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

RELATED ENTRIES

  • 攻殻機動隊の世界観を表現したバーチャル渋谷に出かけよう

    20.May.2020 | ANIME&GAME / SPOT

    「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」は、2020年5月19日にオープンした渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」を舞台に、『攻殻機動隊 SAC_2045』を含む「攻殻機動隊」シリーズのファンである、SEKAI NO OWARI “DJ LOVE”、にじさんじ所属バーチャルライバー アンジュ・カトリーナ、渋谷未来デザイン フューチャーデザイナー 若槻 千夏、S/U/P/E/R(スーパー) DOMMUNE(ドミューン) 代表 宇川 直宏らがアバターとして登場する、LIVEトークイベント「#渋谷攻殻NIGHT by au 5G」を開催した。

     

    イベントに登場した若槻千夏は、「本物そっくりの渋谷に感動した!今渋谷に行けないので、久しぶりにホームに戻ってきた感じでした」と驚きながら、久しぶりの渋谷の光景に喜びを隠せない様子。DJ LOVEは、「バーチャル渋谷でライブができたら面白そう!」と、アーティストならではのバーチャル渋谷の活用方法をすでに構想した。ゲストと共に集まった5万人以上のユーザーたちも渋谷の街でのイベントに終始興奮が冷めないまま、次なるイベントへの期待と共に第1回イベントの幕を閉じた。

     

    リアルに再現された渋谷で街ブラトーク

    沢山の攻殻機動隊ファンが集結

    このテーマでなければ絶対に集結しない異色ゲスト、SEKAI NO OWARI “DJ LOVE”、にじさんじ所属バーチャルライバー アンジュ・カトリーナの他、渋谷未来デザイン フューチャーデザイナー 若槻 千夏、S/U/P/E/R(スーパー)DOMMUNE(ドミューン)代表 宇川 直宏らがアバターとして登場。

    リアルに再現された渋谷に攻殻機動隊の世界が重なる

    今回が初対面となる4人だが、攻殻機動隊の魅力を語ったり、渋谷の街を自由にぶらぶらしたりなど、ファンに負けず劣らず楽しんでいた。

     

    登壇者 コメント

    ・渋谷未来デザイン フューチャーデザイナー 若槻千夏
    思い入れのある渋谷がとてもリアルに再現されていて感動しました!初めてのアバター操作に、初めてお会いする方々と “初めて” 尽くしで、当初は難しいかなと思ったのですが、意外と緊張せず、未来のエンターテイメントの形を参加者の方々と共に一緒に楽しむことができました。
    これから先、au5Gが普及して、エリアが広がったり、できることが増えたりと自分自身もタレントとして、ママとして様々なことに挑戦し、この「バーチャル渋谷」を盛り上げていければと思います!

     

    ・SEKAI NO OWARI“DJ LOVE”
    大好きな『攻殻機動隊』の世界にダイブした感覚で、とっても楽しく、夢が広がる素敵なイベントでした。これから更に進化していくのを楽しみに、いつかは音楽ライブもできればいいなと思います。そこでは、今まで物理的に会場に足を運べなかった人にも楽しんで貰えるものを作りたい。参加したお客さん同士でコミュニケーションをとれると面白くなるんじゃないかなと思います。

     

    ・アンジュ・カトリーナ
    普段知っている渋谷の街並みが攻殻機動隊の世界に染められ、大好きなタチコマも出没するなどと、攻殻ファンの自分も大興奮のひと時でした!今回は自宅からの参戦ということで途中まさかの、自身が消えてしまうというトラブルが起きましたが、それもバーチャルイベントならではの醍醐味というか、緊張が解けるきっかけになり楽しむことができました(笑)

     

    イベントの様子は、渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトの公式youtubeチャンネル似て公開中。

    攻殻機動隊の世界観を表現したバーチャル渋谷は、5月31日まで体験できるので、ぜひ遊びに出かけてみて!

  • 渋谷区公認、配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」をオープン

    17.May.2020 | SPOT

    渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトは、渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」を2020年5月19日(火)からオープン。

    新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、経済や文化などさまざまな活動が制限される中、先端テクノロジーを活用して、エンターテイメントの活動を止めることなく、自宅からさまざまなイベントの開催・参加が可能となる。

    プロジェクトのコンセプトは、自宅に居ながらも活動を止めることなく、アーティストのライブやアート展示、トークイベントなど「渋谷」らしいコンテンツを発信・体験できること。5Gや最先端のテクノロジーを駆使し、バーチャルイベント会場とリアルな渋谷の街を連携することで、同一コンテンツを表現するデジタルとリアルが融合する世界を実現する。

     

    1:オンラインイベント

    バーチャルイベント会場で開催されるさまざまなオンラインイベント。自宅からスマートフォンやPC、VRデバイスを使ってイベント会場となる「バーチャル渋谷」に参加が可能だ。アバターを使って会場内を動き回りながら、多くの観客と同じ空間を共有し、インタラクティブなオンラインイベントを楽しむことができる。イベントの様子は動画配信サービスなどでも配信し、渋谷の新たなイベント会場・発信スタジオとして展開する。イベント会場は、現実の渋谷にバーチャルならではの演出や装飾を加えた特別な空間となっている。

     

    2:XRアート

    これまで実際に渋谷に行かなければ体験できなかったXRコンテンツ。「バーチャル渋谷」では、リアルな渋谷と繋がったもうひとつの渋谷を回遊しながら、さまざまなXRコンテンツを楽しむことができる。XRコンテンツは、リアルとバーチャルがそれぞれ渋谷の同じ場所で、同一のものを展開。渋谷の「デジタルツイン」として、リアルとバーチャルの双方をエンターテイメントで拡張していく。

    2020年5月19日にはオープニングイベントとして、「バーチャル渋谷」上のスクランブル交差点にて、「攻殻機動隊」シリーズのファンである、SEKAI NO OWARI “DJ LOVE”や、にじさんじ所属バーチャルライバー アンジュ・カトリーナの他、渋谷未来デザイン フューチャーデザイナー 若槻 千夏、S/U/P/E/R(スーパー)DOMMUNE(ドミューン)代表 宇川 直宏らがアバターとして登場するLIVEトークイベント「#渋谷攻殻NIGHT by au 5G」を実施予定。デジタルツインにおけるイベントは今夏を予定している。

     

    広大なネット空間に広がる、もう一つの「渋谷」へ訪れてみてはいかが?

  • Netflixオリジナル「攻殻機動隊 SAC_2045」、制作過程に迫ったメイキング解禁

    02.May.2020 | ANIME&GAME

    1989年に『ヤングマガジン増刊 海賊版』にて士郎正宗が原作漫画を発表、連載開始以来、押井守監督による「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」をはじめ、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群を構成し、世界中に驚きと刺激を与え続けてきた『攻殻機動隊』シリーズ。最新作「攻殻機動隊 SAC_2045」は、『攻殻』史上初となるフル3DCGアニメーションとなり、「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズを手掛けた神山健治と、「APPLESEED」シリーズを手掛けた荒牧伸志によるダブル監督、Production I.GとSOLA DIGITAL ARTSによる共同制作スタイルの作品でNetflixにおいて配信がスタートした。

     

    全世界独占配信が開始されるや否やSNS上では「あぁぁ攻殻機動隊最高。」「あー攻殻機動隊かなりいい…最高味がある」「やっぱり攻殻機動隊好きだ」など絶賛のコメントが相次ぎ、その熱狂は海を越え世界中で賞賛の声が沸き起こっている。
    そして、世界中を虜にし興奮冷めやらない中、神山健治 × 荒牧伸志 両監督が本作の誕生秘話を語るインタビュー&メイキング映像が解禁!錚々たる声優たちのアフレコ現場、脚本会議の模様、一流のアクターたちによるモーションキャプチャ収録風景など「攻殻機動隊 SAC_2045」を創り上げた現場が垣間見える貴重な映像を交え “両監督のタッグがどのように実現したか?” “テーマや時代設定に隠された真意” “フル3DCGだからこそ得られた利点” が両監督の力強い言葉で語られている。

     

    「攻殻機動隊 SAC_2045」インタビュー&メイキング映像

    メイキング映像を観て、「攻殻機動隊 SAC_2045」をさらに深く感じてみて。

     

    Ⓒ士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

  • Netflixオリジナルアニメ「攻殻機動隊 SAC_2045」“タチコマ”が駆け巡る本編映像解禁

    24.April.2020 | ANIME&GAME

    1989年に『ヤングマガジン増刊 海賊版』にて士郎正宗が原作漫画を発表、連載開始以来、押井守監督による「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」をはじめ、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群を構成し、世界中に驚きと刺激を与え続けてきた『攻殻機動隊』シリーズ。最新作「攻殻機動隊 SAC_2045」は、『攻殻』史上初となるフル3DCGアニメーションとなり、「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズを手掛けた神山健治と、「APPLESEED」シリーズを手掛けた荒牧伸志によるダブル監督、Production I.GとSOLA DIGITAL ARTSによる共同制作スタイルの作品でNetflixにおいて2020年4月23日(木)よりスタートした。

    世界独占配信がついにスタートした中、先日、Twitter絵文字のニュースがトレンド上位にランクインするなど不動の人気を誇るタチコマ大活躍の本編映像が解禁!公安9課が保有していた多脚思考戦車で、現在は草薙素子率いる傭兵部隊において運用されているタチコマ。マニピュレータと擲弾発射器及び熱光学迷彩等を備え、人工ニューロチップを用いたAIを搭載し、自ら思考し自律的に行動するタチコマの勇姿を目に焼きつけよう。

     

    全ての国家を震撼させる経済災害「全世界同時デフォルト」の発生と、AIの爆発的な進化により、計画的且つ持続可能な戦争“サスティナブル・ウォー”へと突入した世界の荒廃した街を草薙素子と共に駆け巡る。その疾走感は見応え十分でAI搭載のドローンや戦車からの攻撃もしなやかにかわし華麗に反撃を繰り広げる、愛くるしさと力強さを兼ね備えたタチコマの活躍をチェックしてみて。

     

    世界中のカルチャーに多大な影響を与え続けてきた『攻殻機動隊』シリーズ。「攻殻機動隊 SAC_2045」ではどのような世界が表現されているのか。Netflixオリジナルアニメシリーズとして攻殻機動隊の歴史に新たな1ページが刻まれる。

     

    Ⓒ士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

  • Netflixオリジナルアニメ「攻殻機動隊 SAC_2045」ついに本編映像初解禁!

    20.April.2020 | ANIME&GAME

    1989年に『ヤングマガジン増刊 海賊版』にて士郎正宗が原作漫画を発表、連載開始以来、押井守監督による「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」をはじめ、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群を構成し、世界中に驚きと刺激を与え続けてきた『攻殻機動隊』シリーズ。最新作「攻殻機動隊 SAC_2045」は、『攻殻』史上初となるフル3DCGアニメーションとなり、「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズを手掛けた神山健治と、「APPLESEED」シリーズを手掛けた荒牧伸志によるダブル監督、Production I.GとSOLA DIGITAL ARTSによる共同制作スタイルの作品でNetflixにおいて2020年4月23日(木)より、全世界独占配信される。

    また、シーズン2の制作が決定していることが明らかになった。新たな「攻殻機動隊 SAC_2045」の物語がいま世界へ、幕をあける。

     

    ついにベールを脱いだ!本編映像初解禁

    全世界独占配信を間近に控え、ついに本編映像が初解禁!計画的且つ持続可能な戦争“サスティナブル・ウォー”へと突⼊した世界で、再結成した公安9課が立ち向かうのは、正体不明の存在“ポスト・ヒューマン”。彼らは、驚異的な知能と身体能力を兼ね備えた未知の存在で、社会を転覆させるような不可解な事件に直接的または間接的に関わっているようだが、目的は明らかになっていない。

    その“ポスト・ヒューマン”との激しいバトルの末にアームスーツから引きずり出し、その動きを電脳錠で封じようとする草薙素子。だが・・・様子がおかしい。そのまま電脳空間に引きこまれてしまい、卓越した電脳・戦闘スキルを持つ彼女でも太刀打ち出来ない状況に。その異変は周囲にも影響を及ぼしはじめる。果たして彼女たちは無事帰還することが出来るのか?未知なる驚異“ポスト・ヒューマン”は如何にして生まれたのか?その目的とは・・・?

     

    『攻殻機動隊 SAC_2045』本編映像「草薙素子を襲う未知なる脅威”ポスト・ヒューマン”」

    世界中のカルチャーに多大な影響を与え続けてきた『攻殻機動隊』シリーズ。「攻殻機動隊 SAC_2045」ではどのような世界が表現されているのか!?Netflixオリジナルアニメシリーズとして4月23日(木)攻殻機動隊の歴史に新たな1ページが刻まれる!

     

    Ⓒ士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

  • Netflixオリジナルアニメシリーズ「攻殻機動隊 SAC_2045」2020年4月全世界配信決定

    28.January.2020 | ANIME&GAME

    1989年に「ヤングマガジン増刊 海賊版」にて士郎正宗が原作漫画を発表、連載開始以来、押井守監督による『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995年)をはじめ、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群を構成し、世界中に驚きと刺激を与え続けてきた「攻殻機動隊」シリーズ。

     

    最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』が、「攻殻」史上初となるフル3DCGアニメーションとなり、『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズを手掛けた神山健治と、『APPLESEED』シリーズを手掛けた荒牧伸志によるダブル監督、Production I.GとSOLA DIGITAL ARTSによる共同制作スタイルの作品でNetflixにおいて全世界独占配信される。

    この度、本作におけるメインキャスト、音楽およびオープニングテーマアーティストが発表となった。メインキャストを務めるのは田中敦子(草薙素子役)、大塚明夫(バトー役)、山寺宏一(トグサ役)他。神山健治監督による『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズにおいて同役を演じたオリジナルキャストが公安9課を再び演じる。劇伴の音楽を手掛けるのは、戸田信子と陣内一真。これまで『METAL GEAR SOLID』シリーズ等の音楽を担当し、『ULTRAMAN』(2019年)に引き続き、神山・荒牧両監督の作品世界を彩ります。

    そして、オープニングテーマを手掛けるのは常田大希(King Gnu)によるプロジェクト、millennium parade(ミレニアムパレード)。millennium paradeは常田大希が主催する、「世界から見た東京」をテーマに、デジタルネイティブなミレニアル世代を中心としたミュージシャン、映像ディレクター、CGクリエイター、デザイナー、イラストレーター等々、様々なセクションを内包した気鋭のクリエイティブ集団。 オープニングテーマとなる「Fly with me」は本作をイメージした書き下ろし楽曲となり、既に自身のライブでは本作のオープニングテーマという内容は伏せて披露されていました。本楽曲におけるアーティスト名は、コラボレーション名義として「millennium parade × ghost in the shell: SAC_2045」と名付けられている。

     

    最新予告編

     

    併せて、キャストによる劇中台詞、音楽およびオープニングテーマを使用した最新予告編を公開。また、本作のキャラクターデザインを手掛けるイリヤ・クブシノブによる主人公・草薙素子と公安9課メンバーが描かれたティザービジュアル第2弾と、謎に包まれていたストーリーも公開。作品公式サイトも本日1月27日(月)17時よりリニューアルされた。そして、本作のNetflixにおける配信開始時期が2020年4月となることが発表となった。

     

    また、本作のAnimeJapan 2020の参加も決定した。 3月21日(土)14:00~14:30に、BIRD BLUE STAGEにおいて開催される、<Netflixアニメ ステージ>では本作が大きくフィーチャーされ、神山・荒牧両監督と共にメインキャストである田中敦子、大塚明夫、山寺宏一の登壇が予定されており、更なる作品情報が公開される。

    常田大希(millennium parade)コメント

     

    攻殻機動隊の主題歌を作って欲しいというオファーを頂いた時、

    身体中の血が湧き上がったのを今でも覚えている。

    なぜなら俺たちがmillennium paradeで作ろうとしている世界観は

    攻殻機動隊から多大なる影響を受けているから。

    二つ返事でやらせて欲しいと伝えた。

    今回主題歌に決定したmillennium paradeのFly with meという曲は、

    攻殻機動隊 SAC_2045の主題歌であると同時に

    俺たち自身の主題歌でもある。

    そのくらい愛着と思い入れのあるこの楽曲が、

    攻殻機動隊の一端を担える事をとても幸せに思います。

    2020年春、全世界同時配信。

    楽しみに待っていてください。

     

    Ⓒ士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US