ドンキホーテ、香港島に「DON DON DONKI パールシティ店」オープン

27.June.2020 | SPOT

総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」などを運営する株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスグループの株式会社パン・パシフィック・リテールマネジメント(香港)は、2020年7月7日(火)「DON DON DONKI パールシティ店」を、香港島の商業施設「Pearl City」内にオープンする。

DON DON DONKIは、日本製もしくは日本市場向けの商品を低価格で提供するジャパンブランド・スペシャリティストアをコンセプトに、シンガポール・タイ・香港に多店舗展開を進めている。香港では、2019年7月に香港随一の繁華街、尖沙咀(チムサーチョイ)に1号店を、同年12月にOPモール本店をオープンし、品質と安全性の高い日本の食材をはじめとする幅広い品揃えで、地元の支持を集めてきた。

 

今回香港3号店目として、香港島に初進出となるパールシティ店は、高級ブランド店や複合商業施設が多く立ち並び、トレンドに敏感な若い世代で賑わう繁華街の銅鑼湾(コーズウェイベイ)に多層階店舗として出店。

 

日本産の生鮮(青果・鮮魚・精肉・惣菜)を中心とした食品を豊富に取り揃えるほか、化粧品・生活雑貨・日用消耗品などの品揃えも強化。スキンケア用品やお菓子といった実需性の高いアイテムは、お買い得感のある価格均一コーナーにおいても展開する。同コーナーは随時商品を変えることで、来店するたびに新しい・面白い商品を発見する楽しさを演出し、幅広い年代にお買い物のワクワク・ドキドキを提供。

 

さらに、日本産フルーツの詰め合わせや、北海道土産として人気ブランドの花畑牧場の豚丼など、DON DON DONKIならではのアイテムを集めた贈答品や手土産品に最適なギフトコーナーを展開し、こうした商品は専用のギフトバッグや包装紙に鮮やかなデザインを用意。“ちょっと贅沢”で特別な用途のお買い物ニーズに対応する。

 

香港島で日本ならではの商品を手に入れたい際は「DON DON DONKI」に足を運んでみて。

RELATED ENTRIES

  • IKEA渋谷、 2020年冬にオープン

    18.June.2020 | SPOT

    「より快適な毎日を、より多くの方々に」をビジョンとするスウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニー イケアの日本法人イケア・ジャパン株式会社は、IKEA原宿に続く都心型店舗の2店舗目となるIKEA渋谷を、2020年冬に開業することを発表した。

    IKEA渋谷は、JR渋谷駅から徒歩5分髙木ビルディングの1階から7階にて、新たな都心型店舗として展開する予定。渋谷スクランブル交差点から渋谷センター街を望むその中心にあるランドマーク的存在であり、渋谷センター街と井の頭通りの2方道路を有する、アクセスの良い場所となっている。

     

    代表取締役社長 兼 Chief Sustainability Officer ヘレン・フォン・ライスは、次のようにコメント。
    「都心部への出店が続き、さらに多くの東京の皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。渋谷は東京の発展の中心で、未来が創造される場所です。私たちはその一部になることができ、とてもうれしいです。この7フロアに渡るショップは、先日オープンしたIKEA原宿の都心型店舗のコンセプトの延長線上にあります。ホームファニッシングのアイデアや都市での暮らしに便利な商品のお買い物を、店頭でもオンラインでもお楽しみいただけます。また、サステナブルなフードも楽しめます。渋谷のショップをどうぞお楽しみに!」

     

    渋谷には、2020年2月にイケア・ジャパン初の法人・ビジネスオーナー向けのプランニングスペースであるIKEA for Businessがオープンした。イケア・ジャパンでは、このIKEA for Business、6月8日にオープンしたIKEA原宿、そしてIKEA渋谷にて、デモクラティックデザインの商品を通して、都市部の暮らしのニーズにあったソリューションを提供していく。

     

    また、IKEA渋谷オープンに向けて、約170名の正社員(短時間正社員を含む)を募集。6月18日(木)以降、順次募集を開始予定なので、気になる方はインフォメーションのリンクをチェックしてみて。

  • 神楽坂にPEANUTSの公式メンズショップ 「PEANUTS TRAILER SHOP」オープン

    08.June.2020 | ANIME&GAME / FASHION

    「PEANUTS」(以下 ピーナッツ)の日本国内エージェントである株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツは、公式メンズショップ「PEANUTS TRAILER SHOP(ピーナッツ トレーラー ショップ)」を期間限定でオープンする。

    東西線 神楽坂駅から徒歩3分、屋敷跡など遺跡が多数ある由緒正しい新宿区矢来町。おしゃれな飲食店やギャラリーが点在する等「奥神楽坂」と呼ばれる注目のエリアに「PEANUTS TRAILER SHOP」はオープンする。住宅街に突如あらわれるアメリカ製のトレーラーは、まるで「大人の男性の隠れ家」のよう。

    イギリスのファニチャーメーカーの「BISLEY(ビスレー)」のキャビネットやロッカー。マディソン・スクエア・ガーデンをはじめ、スタジアムや学校等で使用されているアメリカのチェアメーカーの「CLARIN(クラリン)」の折り畳みチェア。フランスのブルターニュ地方の、マリンをイメージした着心地の良いアイテムし提案し、フランス海軍にも起用されたことがある「Le Minor(ル ミノア)」のボーダーカットソー。一貫して国内生産にこだわる、老舗カバンメーカーの吉田カバンとのコラボレーションライン「JOE PORTER」のバッグやウォレット。世界ではじめて強化ガラスの食器を製造したと云われるフランスのキッチンメーカーの「Duralex」のアルミ溶着のコップなど、こだわりの詰まった、衣料品や生活雑貨等、さまざまな日用品を取り扱うショップは、男性に限らず、女性が気になる商品も多数揃えている。

     

    本ショップは、ゆっくり買い物を楽しめるよう予約制となっており、ホームページより申し込むことができる。ファッションアイテムやオシャレな雑貨を取り揃えるプ「PEANUTS TRAILER SHOP」でお気に入りのアイテムを探してみて。

     

    ©2020 Peanuts Worldwide

  • 自然派ライフスタイルブランド「N organic」、初の直営店を有楽町マルイにオープン

    06.June.2020 | FASHION

    自然派ライフスタイルブランド「N organic(エヌ オーガニック)」は、ブランド初となる直営店を2020年6月11日(木)有楽町マルイ1階にオープンする。

    「N organic」は、「暮らしを豊かに」というコンセプトのもと生まれた自然派ライフスタイルブランド。2017年8月のブランド誕生以来、公式通販サイトでのWeb販売を中心に行っていたが、お客様の暮らしに寄り添えるようなOne to Oneのコミュニケーションを叶えるため、直営店をオープンした。有楽町マルイ店では、暮らしを豊かにするTipsを提供していく。

     

    直営店では、ソニーの肌解析Beauty Explorer TMサービスを用いて肌状態を測定し、専用カルテを作成。専用カルテは、公式サイトよりマイページにログインすると自宅でも閲覧することができ、店舗だけでなくオンラインでのサポートを通じ、長期的に顧客の肌に向き合う。

     

    さらに「N organic」 では、暮らしを豊かにする一つとして、エコに向き合うきっかけを日常に取り入れてもらいたいという発想のもと、他ブランドを含む使用済みの化粧品容器を店舗内で回収するキャンペーンを実施する。今回オープンする有楽町マルイ店では、N organicローション・セラム の空き瓶を砕いて製造した大理石(テラゾー)を店内 の床やシンク等へリサイクル利用している。

     

    日々の暮らしの中に紐づくような自然派スキンケアで、自分のお肌と向き合おう。

  • 世界初の”スウェーデンコンビニ”も併設!「IKEA原宿」ついにOPEN

    05.June.2020 | SPOT

    原宿駅の目の前に位置する WITH HARAJUKU(ウィズハラジュク)内に、2020年6月8日(月)イケア・ジャパン初の都心型店舗「IKEA原宿(イケアハラジュク)」がオープンする。

     

    IKEA 原宿の特徴

    『暮らしのニーズ』によって売場を構成

    「眠る」、「整える」、「くつろぐ」、「料理する」都市部の暮らしのニーズを反映した4つをテーマに、売り場をレイアウト。また、一人暮らし向けの部屋や低価格で実現する部屋など、限られたスペースで暮らす人へもライフスタイルを提案している。

     

    スウェーデンコンビニ

    都市部での忙しい暮らしの中、より便利な買い物をサポートするため、1階には世界初の「スウェーデンコンビニ」を展開。エコバッグや植物由来の素材でできたフリーザーバッグISTAD/イースタード、プラントラーメンなど、お手ごろでサステナブルな商品がスピーディーに購入できる。

     

    IKEA原宿 限定!「TUNNBRÖD/ツンブロード」

    コンビニ内のコーヒースタンドでは、シナモンロール、プラントベースのソフトアイスやサンデーなどのテイクアウトも可能。また2階の「スウェーデンカフェ」で販売する「TUNNBRÖD/ツンブロード」は、スウェーデン伝統のフラッドブレッドに具材をのせた、「IKEA 原宿」限定の新メニュー。クレープや食べ歩きカルチャーの発信地としての原宿と、スウェーデンの文化の融合を図って作られた。カフェスペースを楽しみにIKEA 原宿に足を運ぶ人も多そうだ。

    オープンにあたり、新型コロナウイルスの感染予防・拡大防止策として混雑緩和のため、店頭のチケットシステムにて入場整理券を発行。店内の状況により、入場制限を行う場合がある。また、従業員のマスクの着用、必要に応じてフェイスシールドを着用して接客するなどの対策を実施する。顧客に対しても、開店前の行列や長時間の滞在の自粛、小人数での来店、マスク着用、ソーシャルディスタンスの確保の協力を求めている。

     

    おうち時間も増える中、居心地のよい部屋を目指す人も増えているはず。理想の部屋づくりを楽しんでみては?

  • “BAPE STORE® COMME des GARCONS OSAKA” がコムデギャルソン大阪内にオープン

    02.April.2020 | FASHION / SPOT

    移転リニューアルオープンする「コムデギャルソン大阪店」内に、「BAPE STORE® コムデギャルソン大阪」が2020年4月3日(金)にオープンする。

     

    大阪・心斎橋の御堂筋沿いに移転リニューアルオープンする「コムデギャルソン大阪店」の1階には、「A BATHING APE®」としては初となる「コムデギャルソン」でのショップインショップ、「BAPE STORE®コムデギャルソン大阪」が登場。

     

    日本が誇る世界的ファッションデザイナーである川久保玲と、彼女が1969年に初めて設立したブランド「COMME des GARCONS」。「COMME des GARCONS HOMME PLUS」など世界を魅了する多くのブランドの輩出、国内外屈指のブランドが集う「DOVER STREET MARKET GINZA」の展開など、日本のファッションシーンを語る上では欠かせない存在だ。そんな川久保玲が大阪・心斎橋の御堂筋沿いに、店舗を移転リニューアルオープンする。大阪は東京に次ぐ日本第二の都市であり、関西地方の経済や文化の中心地として古来より栄えてきた西日本最大の都市。その大阪の中でも同店が居を構えるのは、心斎橋の御堂筋沿い、多くのブランドショップが軒を連ね、世界の一流ブランドが日本最大級の直営店をオープンさせる大阪の新名所だ。

    今回、「コムデギャルソン」店内に初めて「BAPE®」を迎え入れ、新しいコンセプトによる「BAPE STORE®コムデギャルソン大阪」がオープンする。BAPE STORE®としては昨年の京都店リニューアル以来、1年ぶりの関西での展開となり、川久保玲が内装を手掛けた、既存のBAPE STORE®とは趣の異なる「BAPE®」の世界観は必見。オープンを記念して「COMME des GARCONS」と「A BATHING APE®」のコラボレーションアイテムが同店限定で発売されることも決定している。

     

    日本のみならず、世界的に話題になるであろう「コムデギャルソン大阪店」の移転リニューアル、そしてその店内にオープンする「BAPE STORE®コムデギャルソン大阪」。両者による初めてのコラボレーションアイテムに注目が集まる。

     

    BAPE STORE®

  • 神楽坂「AKOMEYA TOKYO in la kagū」1周年を記念した商品を発売

    16.March.2020 | FASHION / FOOD / SPOT

    2019年3月末にオープンした「AKOMEYA TOKYO in la kagū(アコメヤ トウキョウ in ラカグ)」がオープンから1年を迎える。そこで2020年4月8日(水)より1周年を記念し、よりゲストに楽しんでもらえるような新たな商品展開。パワーアップする新たな「AKOMEYA TOKYO in la kagū」をチェックしよう。

    旗艦店である「AKOMEYA TOKYO in la kagū」が1周年を迎え、商品ラインナップも新にパワーアップ。昨年末、渋谷に登場した「AKOMEYA食堂」のオープンや、新鮮野菜の取り扱い、AKOMEYA TOKYO初となるお洋服の取り扱いもスタート。

     

    1F

    “食の館”としてスタートした、AKOMEYA TOKYO in la kagūは、さらに暮らしに寄り添えるようにバリエーションを増やした。

     

    4月1日オープン!AKOMEYA食堂 神楽坂 

    季節の小鉢膳 ¥2,200(税抜)

    鶏と野菜の黒酢あん御膳 ¥1,500(税抜)

    羽釜炊きの白ごはんと共に、こだわりの調味料や食材を使った「季節の小鉢膳」やニッポンの食卓に馴染みのある「定食メニュー」をカジュアルなセルフスタイルで。

    スイーツ ¥700(税抜)~

    AKOMEYA食堂 神楽坂はティータイムに楽しめるスイーツも登場する。神楽坂散策や買い物途中のひとやすみに、ぜひ立ち寄ってみて。(AKOMEYA厨房の営業は3/29(日)まで。3/30(月)・3/31(火)は改装に伴いお休み。)
    https://www.akomeya.jp/shop/pg/1lakagukouji

     

    香り高い燻製商品集合

    特別な製法でしっかりと香り付けた、こだわりの燻製アイテムを20種類以上一挙にラインアップ。カシューナッツ・ピスタチオ・スパイスやコーヒー豆は、素材に熱を入れず味を活かしたまま燻製加工を行い、さらにドラム型燻製機を使って攪拌(かくはん)燻製することで素材一粒一粒まで煙をいきわたらせまんべんなく香り付けを行った。さらに醤油・オイル・ドレッシングは、非常に小さな煙の気泡を液中に放出。気泡の内側燻蒸することで自然な燻香を液体全体にいきわたらせる。どれも芳醇な燻製の香りを楽しむことができる。

     

    The Hive and Barrowの野菜

    2010年、英国より千葉県へ移住した「The Hive and Barrow」のご夫婦。農業経験なしで山を切り開き、豊かな自然の中で育った無農薬の野菜を多品種で作っている。 目の覚めるようなきれいな色合い、そして香り高い野菜たちは二人に大切に育てられている証拠。この美味しい新鮮な野菜を毎日販売するほか、フレッシュな野菜をそのまま使った絶品フムスや、スープベース、ピクルスなどの加工品も販売する。

     

    2F

    日本の暮らしと雑貨をテーマに、もっと暮らしが豊かになる、笑顔が増えるアイテムをラインアップ。”えらぶたのしさ”を届ける。

     

    日々の暮らしを彩る洋服たち

    トレンドに左右されない、上質で洗練された日々の暮らしの服飾。日本製を中心に、作り手のこだわりを感じるブランドを展開。AKOMEYA TOKYOのお福分けのこころをテーマに、着ることで幸せを感じる、好きな自分になれるスタイルを提案する。

    取り扱いブランド
    Alwel/ANSPINNEN/Catworth/dahl’ia/fruits of life/JOHN SMEDLEY/les Briqu’a braque/MANTERO/MATRIOCHIKA/NAPRON/R&D.M.Co-/Yarmo

     

    日本のアクセサリー

    日本各地の伝統・技術を結晶させた、アクセサリーブランドを集めた。職人達による丹念で丁寧なモノづくり。既成概念にとらわれない自由な発想で、日々の生活に寄り添うアクセサリーを生み出していく。

    取り扱いブランド
    HARIO Lampwork Factory/NAGAE+/TRIPLE O

     

    4月8日(水)からは1周年キャンペーンも実施。 AKOMEYA TOKYO in la kagūで3,000円(税込)以上購入した人に、限定のかや生地ふきんをプレゼント。無くなり次第終了となるので気になる方は早めの来店を!

     

    さらにパワーアップした「AKOMEYA TOKYO in la kagū」で、自分好みの”日本の良いもの”を探してみて。

  • 劇場・カフェバー・日本食レストランも!「渋谷PARCO(パルコ)」11月オープン

    03.July.2019 | FEATURES / SPOT

    「渋谷 PARCO」が2019年11月下旬にグランドオープンすることが発表されました。ビルのコンセプトは、世界へ発信する唯一無二の“次世代型商業施設”。渋谷の新しい観光スポットとして、今から注目を浴びています。

    これまでの商業施設の枠を超え、デザイナー・クリエイターなどと新たな取組を行うことで新しい刺激や楽しさの体験価値を提案。グローバルに情報発信するビルを目指しているそうです。デザイン・アート・エンタテインメント性の高い専門店を軸とし、渋谷PARCO ならではの独自性を高めていく施設とあり、期待も膨らむばかり!

     

    新生・渋谷PARCOには、約180の個性あふれる魅力的なショップが出店予定。「FASHION(ファッション)」「ART&- CULTURE(アート&カルチャー)」「ENTERTAINMENT(エンターテイメント)」「FOOD(フード)」「TECHNOLOGY(テクノロジー)」の5本の柱で構成され、それぞれのジャンルをミックスし、お互いの魅力を引き出しあうフロア構成になっています。

     

    今回は「ENTERTAINMENT」「FOOD」「TECHNOLOGY」の3コンテンツをご紹介。

    前回の記事はこちら:ポケモンセンターや任天堂ショップが登場!11月「渋谷PARCO(パルコ)」オープン

    新生・渋谷PARCOでは、「PARCO劇場」が旧劇場の約1.5倍に拡張し、オールS席で鑑賞できるプレミアムな空間へ生まれ変わります。世界に向けてアピールできるプレミアムシアターとして、年間の公演を100%自主プロデュースし、360度の演劇ビジネスを展開するという力の入れよう!

    さらに、パルコ自社運営のミニシアター「CINE QUINTO」がオープン。ジャンルを問わない個性的で良質な作品を上映するほか、海外ミュージカルなど“映画以外”の作品も積極的に上映し、カルチャー好きが満足できる企画が実施される予定。新生パルコは、さらにカルチャー感を感じる施設になりそうです。

    吉祥寺駅近くにあるミュージックカフェ&バー「QUATTRO LABO」は移転し、渋谷PARCOの地下1階へ移転オープン。ハイエンドオーディオと3,000枚を超える膨大なレコードコレクションを誇っています。「CLUB QUATTRO」 や隣接する「GALLERY X」とともに、サテライト展示やイベントなど、連動した企画も定期的に行っていくそう。

    メインレストランフロア「CHAOS KITCHEN」では、「食・音楽・カルチャー」をコンセプトに、ミシュランビブグルマンを獲得した名店の新業態、うどん屋・ジビエ・昆虫料理・純喫茶・MIXバーまで、多様なジャンルの21の飲食店に加え、レコードショップやフェスグッズショップなどを“ごちゃ混ぜ”にした、“CHAOS”な飲食ゾ ーンに!昆虫料理と純喫茶とレコードショップが共存するフロア、どんな空間になるのか楽しみです。

     

    「CHAOS KITCHEN」の他にも、レストランやカフェが登場します。

    7階には回転寿司、天ぷら、焼肉、ラーメンなどの日本食や、ヴィーガン料理専門店などを展開。国内の方はもちろん、海外観光客も楽しめるラインナップが嬉しいです。

    4階ダイニングには、森枝幹シェフのレストラン「chompoo」がオープン。 フレッシュハーブをふんだんに使った体が喜ぶタイ料理屋です。

    1階の路面部には物販併設のカフェや日本酒・ビアスタンドに加え、フードカルチャーを発信する食のギャラリー「COMINGSOON」、フラワーショップに不定期で登場するワインバーなど、街歩きをしながら楽しめるコンテンツも登場します。

    さらに新生・渋谷PARCOは、デジタル化時代における “新しい買い物のあり方” を提案。

    館内のサイネージでは、手持ちのスマートフォンへ直接データを転送し、店頭にはないオンライン上の商品をいつでも買うことができ、その場でストレスなく買い物ができる仕組みも整えられます。

     

    渋谷の新しい観光スポットでもあり、”次世代”にふさわしい店舗が盛りだくさんな「渋谷PARCO」オープンが今から楽しみですね。

  • ポケモンセンターや任天堂ショップが登場!11月「渋谷PARCO(パルコ)」オープン

    28.June.2019 | FEATURES / SPOT

    「渋谷 PARCO」が2019年11月下旬にグランドオープンすることが発表されました。ビルのコンセプトは、世界へ発信する唯一無二の“次世代型商業施設”。渋谷の新たな観光スポットとして、今から注目を浴びています。

    これまでの商業施設の枠を超え、デザイナー・クリエイターなどと新たな取組を行うことで新しい刺激や楽しさの体験価値を提案。グローバルに情報発信するビルを目指しているそうです。デザイン・アート・エンタテインメント性の高い専門店を軸とし、渋谷PARCO ならではの独自性を高めていく施設とあり、期待も膨らむばかり!

     

    新生・渋谷PARCOには、約180の個性あふれる魅力的なショップが出店予定。「FASHION(ファッション)」「ART&- CULTURE(アート&カルチャー)」「ENTERTAINMENT(エンターテイメント)」「FOOD(フード)」「TECHNOLOGY(テクノロジー)」の5本の柱で構成され、それぞれのジャンルをミックスし、お互いの魅力を引き出しあうフロア構成になっています。

     

    今回は「FASHION」「ART&CULTURE」の2コンテンツをご紹介。

    ファッションフロアは、ラグジュアリー・モード・ストリート・カジュアル・ヴィンテージなど東京の様々なジャンルを代表する約100の魅力的なショップが集結!

    次世代ファッションデザイナーやブランドのインキュベーションに力を入れるファッションフロアには、ブランド育成を目的とした売場を展開。3階「GEYSER PARCO」は、ショップネーミング・ロゴ・ヴィジュアルのアートディレクションを YOSHIROTTEN 氏率いるクリエイティブチーム YAR が手掛けました。

     

    さらに洋服を大切に扱うファッショニスタへのサービスとして、環境に配慮した水洗いクリーニングや、専門家による洋服類のお直し、そして目利き力のある買取専門店もオープンします。洋服を買うだけでなく、買ったものを大切に、長く使うためのサービスは嬉しいですね。

    世界へ向けたCULTURE発信を行う「PARCO MUSEUM TOKYO」は、アート・デザイン・ファッションをメインに、何もないところから独自の目線で新しいモノやコトの企画展を創り出し、国内外へ向けて情報を発信するミュージアム。

    ロゴは、デザイン集団 TOMATOが、内装は新進気鋭 のインテリアデザイナー山本大介氏と天水義敬氏からなる de:sign が起用されました。

    渋谷スペイン坂よりギャラリー「GALLERY X」が地下1階へ移転オー プン。アートカルチャーからアニメ・ゲーム・ミュージックまでボーダレスに、パルコ編集によるエッジの効いたキュレーションで様々なカルチャーの魅力を引き出します。

     

    旬なCULTUREを体感できる多種多様なギャラリーとして、美術専門誌「美術手帖」が今伝えたい“現代アート”を発信する初直営店「OIL by 美術手帖」や、「ほぼ日刊イトイ新聞」による東京のカルチャーを紹介する“文化の案内所”「ほぼ日カルチャん」、“常になにかたのしいことに出会える”「ほぼ日曜日」、中目黒M.I.U.のギャラリー「M.I.U. N°2」など、ギャラリー型ショップもオープンします。

    様々なカルチャーと触れ合うことができる、自分の好きなものだけでなく新しいカルチャーにも触れ合うことができる場所になりそうです。

     

    6階には、JAPAN CULTUREを発信するゾーンが登場。「Nintendo TOKYO」や「ポケモンセンターシブヤ」、 「刀剣乱舞万屋本舗」など日本を代表するコンテンツが集結します。ゲーム・アニメ・eスポーツ・アート・ファッション・フードがジャパンキャラクターコンテンツと融合。単にグッズを買うだけでなく、五感でその世界観を体感できる、いままでになかった JAPAN CULTUREフロアになりそうです。海外からの旅行者にもオススメしたいですね!

     

    別の記事で「ENTERTAINMENT」「FOOD」「TECHNOLOGY」の3コンテンツも紹介するのでぜひチェックしてみてください。

  • 「Afternoon Tea TEAROOM」香港の大型商業施設”K11 MUSEA”に今秋オープン

    01.June.2019 | FOOD / SPOT

    Afternoon Tea TEAROOMが、香港・九龍尖沙咀に開業する「K11 MUSEA」に今秋初出店する。

     

    「K11 MUSEA」は、香港とアジア地域で「アート」「カルチャー」「リテール」を融合した最新大型商業施設として、香港屈指の有力商業施設ディベロッパー「K11グループ」が今秋にオープンする予定のもの。同社が運営する商業施設の中でも最上級の施設として位置づけられている。

    Afternoon Tea TEAROOMでは、“お茶とともに過ごす豊かな時間”の提案をし、ポットにたっぷりの紅茶やスイーツ、個性的なサンドイッチやパスタをゆったりとした空間で楽しめる。

    おいしい紅茶と季節感あふれる彩り豊かなフードやスイーツとともに、日本と変わらない“お茶とともに過ごす豊かな時間”を楽しもう!

  • 一風堂、香港・九龍エリアにある繁華街「ネイザンロード」沿いにオープン

    08.May.2019 | BUSINESS / FOOD / SPOT

    中国の香港・九龍エリアにある「Eaton Hotel Hong Kong(イートンホテル香港)」内に5月3日(金)、一風堂Eaton Hotel店がグランドオープンした。

    横浜家系豚骨 80HK$/1,136円

    一風堂ポークバンズ 28HK$/397円

    ラーメンは「白丸元味」「赤丸新味」「一風堂からか麺」といった日本でもおなじみの豚骨ラーメンに加え、ガーリックオイルと黒胡椒のスパイスが効いた「黒」、香港内では当店限定の豚骨と鶏白湯のスープを使用した「横浜家系豚骨」などを用意。ラーメンの他にも「一風堂ポークバンズ」や「一風堂餃子」、「黒豆入り抹茶ぷりんどら」などの一品料理を種類豊富に揃えている。

    「Eaton Hotel」は港鉄(MTR)荃湾(せんわん)線の佐敦(ジョーダン)駅から徒歩約5分という駅近で、さらに夜市で知られる市場「男人街(ナイヤンガイ)」や「女人街(ノイヤンガイ)」といった香港・九龍エリアの人気スポットも徒歩圏内。多くの観光客や周辺住民が行き交う賑わいのある場所にある。また1つ下の階となるLGフロアには複数の飲食店が出店しており、「Eaton Hotel」には食事をしに日々多くの人が訪れる。ラーメンを始めとする日本の食文化を広げる一風堂を応援しよう!

  • ドン・キホーテにハローキティ×ドンペン オリジナルグッズ登場

    05.April.2019 | ANIME&GAME / SPOT

    ドン・キホーテとサンリオは、2019年3月にドン・キホーテ1号店の開業から30周年を迎えたことを記念して、ドン・キホーテのキャラクター「ドンペン」とサンリオ「ハローキティ」との新たなコラボデザインの新作グッズを発売する。発売日は4月15日(月)で、全国のドン・キホーテ(一部店舗を除く)で順次発売予定。

     

    本コラボデザインのテーマは、“パジャマパーティー”。お互いのトレードマークであるドンペンの “ナイトキャップ”と、ハローキティの “リボン”をかけあわせ、サンリオデザインプロデュースによる絵本タッチの世界感を表現している。

    マフラータオル 各798円(税抜)

     

    A6メモ 298円(税抜)

    商品のラインアップは、マフラータオルやメモ帳など、身近に使える生活雑貨を中心に、全11アイテム(19SKU)を展開。

    お近くのドン・キホーテのドンペングッズコーナに是非立ち寄ってみて。

     

  • 2019年秋、Afternoon Tea TEAROOMが香港に一号店をオープン

    30.November.2018 | FOOD

    “お茶とともに過ごす豊かな時間”の提案をしてきたAfternoon Tea TEAROOMが香港に一号店をオープンする。

    ポットにたっぷりの紅茶やスイーツ、個性的なサンドイッチやパスタをゆったりとした空間で楽しめるAfternoon Tea TEAROOMは日本国内においては86店舗を展開中。(2018年10月末現在)

    日本でも大人気のAfternoon Tea TEAROOM。香港の出店が今から楽しみ!

    TALENT PROFILE

    UNA

    アーティスト、モデルとしてもエッジー&クールなルックスで原宿の“イット・ガール”として人気を博し、原宿ストリートを体現する独自のファッションは多方面から熱い支持を得ている。 デビュー前にフランスでライブ、2014年にはロサンゼルス・サンフランシスコでLIVE出演するなど、世界中で活躍。2015年7月、LITTLE(KICK THE CAN CREW)とコラボ、7月30日にはVERBAL(m-flo)プロデュースによる名曲のカバー「Shimauta」を配信リリースし、新しい島唄としてストリートシーンで話題をよんでいる。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US