バーチャルシンガーYuNi、TVアニメ「宇崎ちゃんは遊びたい!」EDテーマをリリース配信

13.July.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

2018年6月にYouTubeで活動を開始し、(自称)世界初のバーチャル・シンガーとして活躍中のYuNiが、2020年7月10日よりオンエアがスタートしたTVアニメ「宇崎ちゃんは遊びたい!」のエンディングテーマ「ココロノック」を8月14日(金)に各ダウンロード、ストリーミングサイトにて配信することが発表された。

楽曲は明るく振る舞ったりふざけたりして隠してしまいがちな女の子の本音と乙女心を描いたミドルバラードとなっており、美しいストリングスの調べと心地よいリズムの中、YuNiの優しい、透明感溢れた歌声が穏やかに語りかけてくれる。作詞・作曲・編曲は国内外で活躍中の音楽プロデューサー・アーティストのYUC’eが担当している。

YuNiは6月に活動開始2周年を迎え、自身のYouTubeチャンネルにてアニメのエンディングテーマを担当することと、今後の活動についてファンに自ら報告。ファンの歓喜の声がSNS上で飛び交った。

 

秋にはワンマンライブも予定しているというYuNi。今後も精力的に活動し、ますますシンガーとして名を馳せていくだろうYuNiに期待が高まる。

RELATED ENTRIES

  • 宇崎ちゃんは遊びたい!、炎炎ノ消防隊がランクイン 2020夏アニメ原作本ランキング

    03.July.2020 | ANIME&GAME

    大日本印刷株式会社(DNP)が株式会社丸善ジュンク堂書店、株式会社文教堂及び株式会社トゥ・ディファクトと共同で運営するハイブリッド型総合書店「honto」は、hontoサービス実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂などと、hontoサイトで購入された書籍や電子書籍の販売データをもとに集計した「2020年夏アニメ原作本ランキング」を、2020年7月2日(木)に発表した。

     

    honto広報担当コメント(honto広報担当 伊藤)

    いよいよ、2020年夏アニメの放送がスタートします。ステイホーム中にアニメを見る機会が増え、新作に期待が高まっている方も多いのではないでしょうか。そこでhontoでは、2020年夏にアニメ放送される原作コミックス・ライトノベルのランキング(※各単行本最新刊の2020年上半期販売冊数)を発表します。ランキング順位と年代別の購入割合から、注目の作品を紐解いていきましょう。

     

    ランキング発表!

    堂々のランキング第1位は「宇崎ちゃんは遊びたい!(4)」。ウザカワ系後輩宇崎ちゃんとのドタバタラブコメ作品。SNSで話題となり、原作コミックスも100万部を突破している。年代別の購入割合を見ると、30代の購入が多いのが特徴的。特に同世代の方は、アニメも注目してみてはいかが?

    第2位には、「週刊少年マガジン」で連載中の漫画「炎炎ノ消防隊(22)」がランクイン。購入割合からは、20代からの人気の高さがうかがえる。今期アニメは2019年に放送された作品の続編なので、前作のアニメファンからの注目度も高い作品。

    第3位の「ソードアート・オンライン(24)」は、原作の文庫シリーズが全世界累計2,000万部を突破した大人気ライトノベル作品。原作が2009年より続いていることから、最新刊も10~30代に加え、40~60代の購入割合が高い結果となった。アニメも2012年より放送されており、今期アニメも幅広い世代から支持されることが予想される。

     

    4位以降にランクインした作品も含め、今年の夏もコミックス・ライトノベル原作のアニメ作品が多く放送予定だ。

     

    「2020年夏アニメ原作本ランキング」トップ10

    第1位:「宇崎ちゃんは遊びたい!(4)」
    第2位:「炎炎ノ消防隊(22)」
    第3位:「ソードアート・オンライン(24)ユナイタル・リングⅢ」
    第4位:「彼女、お借りします(14)」
    第5位:「バキ道(5)」
    第6位:「Re:ゼロから始める異世界生活(22)」
    第7位:「放課後ていぼう日誌(6)」
    第8位:「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(14)」
    第9位:「ド級編隊エグゼロス(9)」
    第10位:「とある科学の超電磁砲(15)とある魔術の禁書目録外伝」
    (ハイブリッド型総合書店honto調べ)

     

    ぜひ原作をチェックして、夏アニメをさらに楽しんでほしい。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US