BUMP OF CHICKEN、新曲がアニメ映画「思い、思われ、ふり、ふられ」の主題歌に決定

04.August.2020 | MOVIE / MUSIC

BUMP OF CHICKENの新曲「Gravity」が2020年9月18日(金)公開のアニメーション映画「思い、思われ、ふり、ふられ」の主題歌に決定した。

「思い、思われ、ふり、ふられ」は、「ストロボ・エッジ」・「アオハライド」で知られる咲坂伊緒が描いた大人気少女コミック。2014年に「アオハライド」が実写映画化&テレビアニメ化、15年に「ストロボ・エッジ」が実写映画化されるとティーンを中心に社会現象となり、咲坂伊緒の世界に日本中がときめき、青春した。そして2020年、両作の系譜を継ぐ「咲坂伊緒 青春三部作」の最終章、累計部数500万部を突破する「思い、思われ、ふり、ふられ」が満を持して映像化される。

 

本作はA-1 Pictures が制作を手掛けるアニメーション版。声優は、恋愛に対して現実的で積極的だが本当の気持ちを表現するのが苦手なヒロイン【山本朱里】を潘めぐみ、朱里の義理の弟で、ある葛藤を抱える【山本理央】を島﨑信長、由奈の幼馴染で真っ直ぐな好青年だが、どこか周囲を冷静に見てしまう【乾 和臣】を斉藤壮馬が演じる。また朱里とWヒロインとなる夢見がちで恋愛に対して消極的な【市原由奈】を、オーディションにて満場一致で選ばれた大注目の新人声優、鈴木毬花が熱演し、人気と実力を兼ね備えているのはもちろん、各キャラクターにシンクロしたキャスティングが実現した。

 

主題歌情報の解禁に合わせて、新曲「Gravity」が使用された本予告映像も公開された。

 

4人の高校生たちの青春と等身大のラブストーリーが凝縮された期待感溢れる内容になっているので、是非チェックしてみて欲しい。

 

アニメーション映画「思い、思われ、ふり、ふられ」本予告映像

 

BUMP OF CHICKEN コメント

僕たちの新曲「Gravity」を主題歌に起用して頂き、ありがとうございます。公開前に一足先にメンバー全員で楽しく観させて頂きました。

登場人物たちの瑞々しいそれぞれの思いと、繊細で色鮮やかな美しい背景の描写がマッチして、とても眩しい世界が広がっていました。

公開を楽しみにしています!

 

© 2020 アニメ映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会  © 咲坂伊緒/集英社

RELATED ENTRIES

  • BUMP OF CHICKEN、新曲「Gravity」のアニメ映画「ふりふら」版スペシャル映像公開

    14.September.2020 | MUSIC

    BUMP OF CHICKENの新曲「Gravity」の、アニメーション映画「ふりふら」版のスペシャル映像が公開された。

    「Gravity」はBUMP OF CHICKENにとって約1年振りの新曲で、2020年9月10日に配信リリース&MVが公開され大きな話題となっている楽曲。

     

    そして、今回は主題歌を担当している9月18日(金)公開のアニメーション映画「思い、思われ、ふり、ふられ」バージョンのスペシャル映像が公開された。

     

    4人の高校生が過ごす何気ない日常や、ときに傷つき、必死になりながらも、自分の想いと素直に向き合おうとするキャラクターたちの瑞々しい表情が印象的。「Gravity」の優しく美しい旋律と歌声、映像とシンクロするかのような歌詞の数々にのせて、4人の恋愛模様が映し出される、映画と「Gravity」の世界観が融合したスペシャル映像に仕上がった。

     

    「Gravity」アニメーション映画「思い、思われ、ふり、ふられ」版スペシャル映像

    さらに11月4日に発売する事がアナウンスされた最新のライブ映像作品「BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark TOKYO DOME」の初回限定盤の特典映像から、Zepp Osaka Bayside公演の「虹を待つ人」のライブ映像も公開された。

     

    「虹を待つ人」  from BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark Zepp Osaka Bayside


    情報解禁直後に即完し、大きな話題となった豪華グッズ付きの初回限定盤は9月22日(火・祝) 23:59まで受注での追加生産を受け付けているので、欲しい人は是非チェックしてほしい。

     

    © 2020 アニメ映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会  © 咲坂伊緒/集英社

  • BUMP OF CHICKEN、新曲「Gravity」配信リリース&MV公開

    10.September.2020 | MUSIC

    2020年9月18日(金)公開のアニメーション映画「思い、思われ、ふり、ふられ」の主題歌にもなっている、BUMP OF CHICKENの新曲「Gravity」が配信リリースされ、同時にMVも公開された。

    「Gravity」はBUMP OF CHICKENにとって約1年振りの新曲。先日公アニメーション映画「思い、思われ、ふり、ふられ」の本予告映像で初解禁され、リリースが待ち望まれていた。歌詞・サウンド含めてBUMP OF CHICKENの世界観が強く押し出された、人々を優しく包み込んでくれるようなバラードソングに仕上がっている。

    MVのディレクターを務めたのは林響太朗。「Aurora」・「流れ星の正体」・HUNGRY DAYS × BUMP OF CHICKEN 「記念撮影」に続き、BUMP OF CHICKENと4作目のタッグになる。

     

    楽曲を聴いて企画を考案した同監督によって描かれた本作は、静かに佇む塔が舞台。少年は目を覚ますと、聳え立つ塔に閉じ込められている。外へと続く出口はなく、ただ上に続く螺旋階段があるばかり。この塔に自分を知っている人がいる予感と、微かに聞こえる音楽に導かれるように少年は階段を登り続ける。

     

    人は止まることのない時間の中で、自分を見失う事なく成長する事は出来るのか。変化する日常に戸惑い、怖気付いてしまう人々の心に「大丈夫」と語りかけるような、優しさと温かさが詰まった映像に仕上がった。

     

    「Gravity」MV

    そして、11月4日に最新のライブ映像作品「BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark TOKYO DOME」をリリースする事も決定した。昨年の7~11月にかけて行われ、約35万人を動員したBUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora arkのTOUR FINALとなった11月4日の東京ドーム公演を完全収録したもの。TOURを通じて成長していったアルバム「aurora arc」収録の楽曲、そして彼らの輝かしいキャリアの中で生み出されてきた「天体観測」・「車輪の唄」・「Butterfly」・「GO」・「ray」などの代表曲が惜しげもなく披露されたツアーファイナルからちょうど1年後の11月4日にリリースされる。

    ライブ映像のディレクターは「Gravity」のMVと同じく林響太朗が担当。TOURの熱量をそのまま閉じ込め、BUMP OF CHICKENの魅力が詰まった素晴らしい映像作品となった。そして、ライブのオープニングを飾った「Aurora」のライブ映像もリリースに先駆けて公開されている。

     

    「Aurora」ライブ映像

    ジャケットのアートワークは昨年リリースされたアルバム「aurora arc」同様にデザイナーVERDY氏とカメラマンの太田好治氏のタッグで制作された。初回限定盤は、ライブハウス公演シリーズからZepp Osaka Bayside公演のセレクト映像、VERDY氏デザインのフォトTシャツ(フリーサイズ)・ラゲージタグが付く、旅の贈り物をイメージした超豪華スペシャルパッケージとなる。初回限定盤は期間限定の先着予約数量限定になるので、欲しい人はいち早く各販売店のサイトをチェックしよう。

     

    そして、今回の映像作品は11月4日のパッケージリリースに合わせてNetflixでのアジア圏(一部地域を除く)の各国でも一斉配信がスタートする事も決定している。

     

    今回の情報解禁に合わせて、抜け感のある空を背景に4人が佇む温もりがある新しいアーティストビジュアルも解禁され、バンドの今後の益々の活躍が期待される。

     

    © 2020 アニメ映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会  © 咲坂伊緒/集英社

  • BUMP OF CHICKEN、ライブ映像を期間限定公開!未公開MVも公開

    07.May.2020 | MUSIC

    BUMP OF CHICKENが2017年~2018年に開催した全国ツアー「BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER」のライブ映像がBUMP OF CHICKENの公式YouTubeチャンネルで期間限定公開された。

     

    BUMP OF CHICKEN TOUR 2017~2018 PATHFINDERは全29公演で約30万人を動員したバンド史上最長の全国ツアー。今回公開された映像は2018年8月にリリースされた埼玉スーパーアリーナ公演のアンコールを除く本編全てが見られるものとなっている。

     

     

    更にこれまでYouTubeで公開されてこなかった楽曲のMVも一挙公開された。今回公開された楽曲は「ダイヤモンド」・「ハルジオン」・「メロディーフラッグ」・「Stage of the ground」・「バイバイサンキュー」・「オンリー ロンリー グローリー」・「アルエ」・「スノースマイル」・「ロストマン」・「メーデー」・「花の名」・「プラネタリウム」・「supernova」・「涙のふるさと」・「ギルド」・「三ツ星カルテット」・beautiful glider」・「真っ赤な空を見ただろうか」・「ゼロ」・「Smile」・「firefly」・「グッドラック」の22作。これらのミュージックビデオをチェックして、彼らの足跡をたどってみよう

  • BUMP OF CHICKEN「流れ星の正体」がストーリーを彩る『じゃらん』30周年特別記念フィルム完成

    30.March.2020 | MUSIC

    旅行情報サービス『じゃらん』は、 2020年3月30日(月)より、『じゃらん』30周年特別記念フィルムとして、ウェブ動画「ここではないどこかで」を公開した。

     

    旅行情報誌『じゃらん』は、1990年の創刊から今年30周年を迎えたことを記念し、30年間『じゃらん』を応援してくれた方々への感謝を込めた特別記念フィルム「ここではないどこかで」を制作。

    監督・脚本は、映画『君の名は。』のプロデュースなどで知られる川村元気が務め、「旅」をテーマに企画・制作した。『じゃらん』が30年間見てきた旅・地域の魅力を、「旅に行く人」と「旅を受け入れる人」を通して表現しており、旅先での経験で気付かされる”ここ”の尊さを、複数の旅先と登場人物で描く感動とサプライズに満ちたストーリーとなっている。

    東京在住の大学生「光」役を成田 凌、東京へ旅をする女子高生「雪」役を森 七菜、一人旅をする女性「真知子」役を板谷 由夏、宿泊施設で働く「道夫」役を犬山 ヴィーノが演じた。

    主題歌はBUMP OF CHICKEN『流れ星の正体』。昨年リリースされたアルバム「aurora arc」のラストを飾るナンバーで、今回の約10分のフィルムに凝縮された物語に優しくも力強く彩りを添えている。

     

    『じゃらん』30周年特別記念フィルム「ここではないどこかで」特設サイト

     

    今は旅行へ行くこともなかなか難しい状況だが、いつかまた”旅をする”日を想像しながら、動画をチェックしてみてほしい。

  • アニメーション映画「思い、思われ、ふり、ふられ」アフレコ現場からレポート到着

    05.February.2020 | ANIME&GAME / MOVIE

    咲坂伊緒が描いた大人気少女コミック「ストロボ・エッジ」と「アオハライド」。2014年に「アオハライド」が実写映画化&テレビアニメ化、15年に「ストロボ・エッジ」が実写映画化されると,ティーンを中心に社会現象となり、咲坂伊緒の世界に日本中がときめいた。そして2020年、両作の系譜を継ぐ「咲坂伊緒 青春三部作」の最終章、「思い、思われ、ふり、ふられ(ふりふら)」が満を持して映像化。

    史上まれにみるアニメーション&実写での連動W映画化プロジェクトが始動しており、アニメーション映画『思い、思われ、ふり、ふられ』は2020年5月29日(金)に公開する。※実写版『思い、思われ、ふり、ふられ』は2020年8月14日(金)に公開。

    豪華スタッフ&声優陣

    監督は黒柳トシマサ、アニメーション制作は、大ヒットシリーズ「ソードアート・オンライン」のA-1 Pictures。脚本には『ヒロイン失格』、『センセイ君主』の吉田恵里香、音楽を担当するのはスタジオジブリ作品『耳をすませば』、『猫の恩返し』などで高い評価を受けている野見祐二と、豪華スタッフが集結した。

    声優には、恋愛に対して現実的で積極的だが本当の気持ちを出すのが苦手なヒロイン【山本朱里】に潘めぐみ、朱里の義理の弟で、ある葛藤を抱える【山本理央】を演じるのは島﨑信長、由奈の幼馴染で真っ直ぐな好青年だが、どこか周囲を冷静に見てしまう【乾 和臣】を演じるのは斉藤壮馬、朱里とWヒロインとなる夢見がちで恋愛に対して消極的な【市原由奈】を、オーディションにて満場一致で選ばれた大注目の新人声優、鈴木毬花が演じる。

     

    本作のメインキャラクター4人の声優陣が揃った、アフレコ収録の様子をお届け

    本作で初めてヒロイン役に抜擢された鈴木はメインの役どころが初めてということもあり緊張を隠せない様子だったが、もう一人のヒロイン朱里を演じた潘が「大丈夫だよ」、「緊張してる?」と先輩声優として優しく声をかけるなど収録は和やかにスタート。朱里が由奈をフォローしていく劇中での2人の関係性のように、かけあいでも潘が鈴木をリード。鈴木も回数を重ねるごとに役をどんどんつかんでいき、その吸収力と天性のピュアでみずみずしい声に黒柳監督も感心していた。4名からはそれぞれコメントが届いている。

     

    潘めぐみコメント:掛け合いの中で生まれてくるものを大切にしようと思ったので、あまり固めていきませんでした。

    実際に、由奈、理央、和臣、そして家族やまわりの人たちから想いを受け取ることで、朱里の心の輪郭が見えきたように思います。朱里の器用でいて不器用なところや素直になり切れない葛藤と向き合っていく中で、鈴木さんの真っ直ぐさに、島﨑さんの優しさに、斉藤さんの心強さに、幾度となく救われました。

     

    鈴木毬花コメント:マイク前で掛け合いをするのが初めてでとても緊張していたのですが、皆さんお優しくて、私が何度も録り直しをして焦ってしまっていた時に空気を変えようと違うお話をして下さり、その優しさがとても嬉しかったです。先輩方と演じる中で、掛け合いの難しさ、先輩方の凄さを感じ、自分の未熟さにショックを受けましたが収録の度に課題を見つけ、前回よりも良いお芝居ができるよう頑張りました。この収録を通して、先輩方に追いつけるように自分自身の力をもっとつけたいと思うとともに、このような作品に関われて幸せだと感じました。

     

    斉藤壮馬コメント:本線が何日かに分かれている劇場版のアフレコはあまり経験したことがなかったのですが、ぼくの参加初日に偶然4人が揃って収録ができたので、とてもありがたかったです。やはりオーディションやPVのときとは異なり、実際に掛け合いをするからこそ生まれ得る表現や感情が心地よかったですね。終始穏やかな収録でしたが、もっとこのメンバーで掛け合っていたい!と4人とも言っていました。とにかく刺激的で豊かなアフレコでした!楽しかったです!

     

     

    島﨑信長コメント:理央の外見ではなく中身を、人間くささを大切にできればという思いで演じさせていただきました。とても素敵なスタッフ・キャストの仲間たちのおかげで、フィクションではあるのですが、“そこに生きている”理央を感じることができた気がします。みんなのおかげで、とっても楽しくお芝居させていただきました。出来上がりが本当に楽しみです。

     

    本アフレコによって、確かな実力を持つ4人の豪華声優陣による掛け合いによって生み出されたリアルな表現や感情、そして今後の続報にも期待してほしい。

  • BUMP OF CHICKENがテーマソング!カップヌードル新CM 「HUNGRY DAYS ワンピース ゾロ篇」がOA開始

    23.May.2019 | FOOD / MUSIC

    BUMP OF CHICKENの楽曲「記念撮影」がCMソングとして流れる、日清食品「カップヌードル」の新CM「HUNGRY DAYS ワンピース ゾロ篇」が本日5月22日より全国でオンエアされる。

     

    2017年にスタートした同CMシリーズ。「記念撮影」は「魔女の宅急便篇」「アルプスの少女ハイジ篇」「サザエさん篇」でCMソングとして使われ、大きな注目を集めた。

    最新作「ワンピース ゾロ篇」は、「もしONE PIECEのキャラクターが高校生活を送っていたら?」というパラレルワールドを舞台に、主人公ルフィ率いる「麦わらの一味」の仲間・ゾロが過ごす青春時代のアナザーストーリーが描かれる。
    キャラクターデザインはこれまで同様、マンガ家の窪之内英策が担当。また、ルフィ役の田中真弓、ゾロ役の中井和哉をはじめ、アニメ版「ONE PIECE」の声優陣がそのままキャスティングされている。さらにナレーションは林原めぐみによるものだ。CMは全国のテレビでオンエアされるほか、YouTubeでも視聴能。15秒と30秒バージョンがあるのでぜひ視聴してみよう。

     

    BUMP OF CHICKENは7月10日にニューアルバム(タイトル未定)をリリース。その後7月12日よりアルバムリリースツアーに乗り出す。リリースおよびツアーの詳細情報は特設ページで随時更新しているのでチェックをお忘れなく!

    BUMP OF CHICKENコメント
    僕たちの楽曲「記念撮影」をカップヌードルのCMシリーズ「HUNGRY DAYS」に再び起用して頂くことになりました。
    前回に引き続き窪之内先生とご一緒出来ること、そして10数年前に映画主題歌を担当させて頂いた当時も今もメンバー皆ずっと大好きな「ONE PIECE」と再びご一緒出来ること、とても嬉しく思います。
    CMは相変わらず細部まで作り込まれていて、皆で一時停止しながら何度も見直して「あそこにあいつが!」と大騒ぎして楽しませて頂きました。

  • 漫画「思い、思われ、ふり、ふられ」実写&アニメーションでW映画化!

    23.April.2019 | ANIME&GAME / MOVIE

    この度、漫画「思い、思われ、ふり、ふられ」(通称:ふりふら)が、史上初となる実写&アニメーションでW映画化することが決定。

     

    原作は「ストロボ・エッジ」、「アオハライド」でお馴染みの咲坂伊緒。その繊細で瑞々しい物語が高く評価され、ジ電子版も含むシリーズ累計部数は、4月現在、既刊11巻で450万部を突破している。

    この大人気原作を映像化するにあたり、実写にするかアニメーションにするか2つの選択肢がある中で、どちらか一方ではなく、今回は同時に両方の映像化をするべきだと確信を持てたことが、このプロジェクトのスタートに。

     

    原作者の咲坂伊緒が「私が、キャラクターやひとつひとつのシーンに込めた思いやどうしてもいれてほしいポイントを双方の脚本家の方達、スタッフの皆さんと共有しながら脚本の成立に関わることができたのはとても貴重な機会でした。時には実写ならでは、アニメーションならではの見せ方の違いに感心することもありました。」とコメントするように、プロットの段階から原作者が深く関わった形でそれぞれ映像化される。

     

    物語は、4人の高校生男女の切なくすれ違う恋模様を瑞々しく描いた傑作青春ラブストーリー。そして、最大の魅力は、4人全員が違った個性を持つ主人公であり、秘密や葛藤を抱えた彼らが恋愛や友情を通して、自分自身・他者と向き合いながら成長していく、上質なヒューマンドラマとなっている。

     

    またアニメーションにおいては、「劇場版 ソードアート・オンライン‐オーディナル・スケール‐」のA-1 Picturesが、咲坂伊緒の生み出した世界観とキャラクターに命を吹き込む。思春期の特別な時間にある彼らの、ときめきや切なさといった細やかな感情、ささやかな成長を、アニメの魔術によってよりドラマチックに描ききるだろう。

    実写映画「ふりふら」の1人目のヒロイン・山本朱里を演じるのは、「君の膵臓をたべたい」(17年)で圧倒的な透明感をスクリーンに焼き付けた、今最も輝く若手女優・浜辺美波。

     

    2人目のヒロイン・市原由奈を演じるのは福本莉子。由奈役をオーディションで勝ち取り、役柄同様に成長していく姿をスクリーンに刻む。

     

    そして朱里の血のつながらない弟であり、由奈に片想いされる男子・山本理央を演じるのは、「君の膵臓をたべたい」(17年)で、その繊細な演技で多くの観客の涙を誘った実力派俳優・北村匠海。見た目とは裏腹な理央の抱える葛藤を、丁寧に演じる。

     

    最後に、由奈の幼馴染で、やがて理央や朱里のよき理解者となっていく、乾和臣を演じるのは、「仮面ライダービルド」にてクローズ役を演じ注目を集める新星・赤楚衛二。

     

    2020年、原作×実写映画×アニメーション映画の3つをもって完結「ふりふら」をお見逃しなく。

     

    Ⓒ2020映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 ©咲坂伊緒/集英社

  • BUMP OF CHICKEN「月虹」がTVアニメ「からくりサーカス」EDテーマに

    05.April.2019 | ANIME&GAME / MUSIC

    BUMP OF CHICKENの曲「月虹」が、4月11日(木)よりスタートするTVアニメ「からくりサーカス」第3クールのエンディングテーマに起用された。

     

    「月虹」は、2018年10月~12月に放送された同アニメ第1クールのオープニングテーマとして使われたナンバー。特徴的な音階のアコースティックギターやアコーディオンの音色が疾走感あふれるギターサウンドと混ざり合い、これまでにない新しい印象をもたらす曲だ。

     

    作詞作曲を手がけた藤原基央(Vo, G)をはじめバンドメンバー全員が原作のマンガ「からくりサーカス」の大ファンであることもあり、作品世界を体現したような、それでいて普遍的な覚悟が表現された歌詞とサウンドスケープに、アニメの初回放送直後から絶賛の嵐が巻き起こっていた。

    同じ曲がひとつのアニメのオープニングとエンディング、両方のテーマとしてオンエアされるのは極めて異例。それが実現するほど、曲と作品が相思相愛の関係であることが窺い知れるだろう。第3クールのエンディングテーマとして流れるのは、「月虹」の2番部分。新しい歌詞と深化したアンサンブルで、終幕に向かって進む物語を力強く支える。

     

    TVアニメ「からくりサーカス」第6弾アニメーションPV

     

    YouTubeで公開された最新アニメーションPVにて早速 「月虹」エンディングテーマバージョンが公開されたのでぜひチェックしてほしい。

  • BUMP OF CHICKEN、新曲「Aurora」をドラマ「グッドワイフ」主題歌として書き下ろし

    07.January.2019 | MUSIC

    BUMP OF CHICKENが新曲「Aurora」を、2019年1月13日(日)夜9時より放送がスタートするTBS系 日曜劇場「グッド ワイフ」の主題歌として書き下ろした。

    TBS系日曜劇場「グッドワイフ」は、常盤貴子が19年ぶりにTBS系日曜劇場で主演を務める作品。夫がスキャンダルで逮捕され、16年ぶりに弁護士に復帰する女性が主人公だ。 仕事のブランク、夫への疑惑、そして同期との再会……子どものために覚悟を決めて数々の困難に諦めず立ち向かう爽快な姿が描かれる。共演には小泉孝太郎、水原希子、吉田鋼太郎、唐沢寿明と、実力派が名を連ねた、2019年の幕開けを飾る話題作だ。

     

    主題歌「Aurora」は、藤原基央(Vo, G)が詞曲を書き下ろしたナンバー。芯の強さを感じさせる歌詞と、優しく背中を押すような藤原の歌声、軽やかで爽快なサウンドスケープが耳に残る曲。ドラマのストーリーをいっそう盛り上げる作品に仕上げられた。

     

    あわせて、TBSの公式YouTubeチャンネルでは予告動画を公開。常盤貴子演じる蓮見杏子が、幸せな日常から夫の逮捕により生活が急転直下で変化し、もがきながらも弁護士へと復帰していく様子をダイジェストで追っている。「Aurora」を聴くこともできるので、ドラマの放送前に、まずはこちらをチェックしてみてほしい。

     

    「グッドワイフ」スペシャルロング予告動画

     

    BUMP OF CHICKENコメント

    日曜劇場『グッドワイフ』の主題歌オファーをいただきまして、大変光栄に思いました。トレーラー映像の時点で凄くわくわくしました。本編の放送を楽しみにしています。

     

    塚原あゆ子監督コメント

    日曜日の夜に、優しい元気をくれる曲だと感じました。そして、力強く明日へ踏み出すためのエールを。 叶わなかった願いに、もう一度挑むための勇気をもらえます。 映像の世界観とともに、是非、ご家族でお楽しみください。

     

    番組プロデュース・東仲恵吾コメント

    “最悪な状況”に立ち向かう主人公に寄り添いながら、そっと背中を押してくれる曲をと考えた際に、真っ先に BUMP OF CHICKENにお願いしたいと思いました。以前から、不条理な現実でもその中にある優しさや力強さを紡ぎあげる歌詞や曲、そして藤原さんの声がとても好きでした。今回快くお受けくださり、しかも藤原さんと話して作品の世界観を直接お伝えした上で、作っていただきました。まさにこのドラマのテーマである“理不尽と戦う主人公への最高の応援歌”となっています。ぜひお楽しみください。

  • BUMP OF CHICKEN最新シングル収録「Spica」のリリックビデオ公開

    19.November.2018 | MUSIC

    BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)が、2018 年11月14日にリリースした最新シングル「話がしたいよ / シリウス / Spica」に収められている「Spica」のリリックビデオを公式YouTubeチャンネルで公開した。

     

    BUMP OF CHICKEN 「Spica」リリックビデオ

     

    「Spica」は今年4月から9月にかけて放送されたTVアニメ「重神機パンドーラ」のエンディング主題歌として制作されたナンバーで、温かみのあるシンセサイザーの音色から始まり、徐々にゴスペルのような展開につながる壮大なミディアムバラード。リリックビデオは宇宙空間を移動する様子に歌詞が浮かぶシンプルな映像で、じっくりと歌詞を堪能できる。

     

    シングル「話がしたいよ / シリウス / Spica」は全国のCDショップやECサイトで販売中。またiTunes Store、レコ チョクを始めとする各音楽配信サービスでもダウンロード販売が始まっているので、未聴の人はぜひチェックしてみてほしい。

  • BUMP OF CHICKEN、新曲「話がしたいよ」先行配信& MV公開

    16.October.2018 | MUSIC

    BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)が、11月14日に新曲「話がしたいよ / シリウス / Spica」をリリース。今作に収められる「話がしたいよ」の先行配信が、10月15日より各音楽配信サービスでスタートした。また同曲のミュージックビデオも公式YouTubeチャンネルで公開されている。

    「話がしたいよ」は、映画『億男』のために藤原基央(Vo, G)が書き下ろした新曲。清涼感とぬくもりを聴き手の胸に残すバラードだ。

    MVは、曲が持つ作品世界を最大限に表現するために、昨今のBUMP OF CHICKENのMVとしては珍しくシンプルな構成が採用された。街中やスタジオで同曲を歌う藤原と優しくも力強く演奏するメンバーの姿を丁寧に捉えたことで、「歌」をじっくり楽しむことができる、落ち着きある映像に。また、宇宙の絵が書かれたフェナキストスコープ、宇宙船から見た景色、そこから見た地球と展開されていく背景画で、時間や時代に左右されない普遍的な美しさが表現されている。

  • BUMP OF CHICKEN新曲「月虹」がアニメ「からくりサーカス」のOPテーマに決定

    27.September.2018 | ANIME&GAME / MUSIC

    BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)が、10月11日よりスタートするTVアニメ「からくりサーカス」のオープニング・テーマとして新曲「月虹」を書き下ろしたことを発表した。

    TVアニメ「からくりサーカス」は1997年から2006年まで「週刊少年サンデー」にて連載されていた藤田和日郎による同名マンガを原作とした新作TVアニメ。父親の事故死によって莫大な遺産を手にしたために命を狙われることになった小学5年生の主人公・才賀勝と、彼を助ける青年・加藤鳴海、巨大な操り人形・懸糸傀儡(マリオネット)を手にした銀髪の少女・しろがねの3人を中心とした、幻想的かつ熱血あふれるダークファンタジーだ。

    熱狂的な人気を誇るマンガのアニメ化とあり、制作が発表された際には大きな反響を巻き起こした。また先日、第1弾アニメーションPVが公開されると、原作の作品世界を丁寧かつ大胆に描写した映像に、本編への高い期待が集まった。

     

    新曲「月虹」は、藤原基央(Vo, G)が詞曲を書き下ろして制作。特徴的な音階のアコースティックギターやアコーディオンの音色が、疾走感あるギターサウンドと混ざり合って、これまでにない新しい印象を与えるナンバーに仕上げられた。

     

    「からくりサーカス」第2弾アニメーションPV

     

    YouTubeで公開された第2弾アニメーションPVでは、早速「月虹」もフィーチャーされている。アニメの主要キャラクターが動き、心情を吐露する様子も含め、放送開始が楽しみになる映像だ。

    BUMP OF CHICKENコメント

    僕らは藤田和日郎先生の作品の大ファンです。

    10代で「うしおととら」に出会い夢中になって読み耽り、今は今で「双亡亭壊すべし」の新巻を心待ちにしています。

    新作が発表されるごとに大騒ぎです。

    当然「からくりサーカス」も僕らにとって大切で大好きな作品で、簡単に言葉にするのは難しいですが、沢山の感動をもらいました。

    今でも事あるごとに「うしおととら」や「からくりサーカス」の話をして盛り上がっています。

    その「からくりサーカス」がこの度アニメ化される事になり、オープニング・テーマのオファーを頂いた時は、本当にびっくりしました。

    心から嬉しく、光栄に思いました。10代の頃の僕らに聞かせてあげたいです。

    一ファンとして、しっかりと務めを果たさせて頂きたいと思います。

    アニメの完成を心から楽しみにしております。

     

    TVアニメ「からくりサーカス」は10月11日(木)よりTOKYO MXとBS11にて毎週木曜に放送。またAmazonPrime Videoにて全世界独占配信される。なお、9月30日(日)にはアニメ本編第1話が誰よりも早く観られるプレミア先行上映イベントが開催。こちらのチケットは残りわずかなので、「月虹」が流れるオープニング映像を大画面で楽しみたい人はチェックしてみよう。

     

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US