TVアニメ「スライム倒して300年、 知らないうちにレベルMAXになってました」2021年春より放送決定

11.October.2020 | ANIME&GAME

シリーズ累計150万部突破のライトノベルが原作のTVアニメ「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」が2021年春に放送することが決定した。併せて2種類のキービジュアルとPV、メインスタッフも解禁となった。

「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」は、2016年から小説投稿サイト「小説家になろう」で連載されている森田季節によるライトノベル作品。2017年からはGAノベルで書籍化(イラスト:紅緒)され、「ガンガンONLINE」(スクウェア・エニックス)ではシバユウスケの作画でコミカライズも連載されている。

 

あらすじ

主人公・相沢梓(CV.悠木 碧)は仕事漬けの社畜OL。やがて過労死してしまった彼女は、異世界で不老不死の魔女アズサとして転生、過労死の反省から、平和な高原でのんびりスローライフを楽しんでいた。しかしそれから300年後。日課で倒し続けていたスライムのせいで、アズサは知らないうちにレベルMAX(世界最強)になってしまっていた。
最強の噂はすぐに広まり、高原にはさまざまな訪問者(トラブル)が訪れるようになるのだが・・・。

 

PVには主人公のアズサ(CV.悠木 碧)のほか、レッドドラゴンのライカ(CV.本渡 楓)、スライムの精霊姉妹ファルファ(CV.千本木彩花)とシャルシャ(CV.田中美海)、エルフの調薬師ハルカラ(CV.原田彩楓)、上級魔族のベルゼブブ(CV.沼倉愛美)と、本作のメインキャラクターが次々と登場する。
あわせて解禁となったキービジュアル①には、6人のメインキャラクターが高原で楽しそうにピクニックをしている様子が、キービジュアル②には、ピクニックの後草原で昼寝をする様子が描かれた。

 

本作のアニメーション制作は、TVアニメ『バビロン』などを手掛けるREVOROOT。監督は、『つり球』『ガッチャマンクラウズ インサイト』などの演出を手掛けた木村延景。シリーズ構成は、『エロマンガ先生』『ラーメン大好き小泉さん』の髙橋龍也、キャラクターデザインは、『Fate/Grand Order -First Order-』『バビロン』の後藤圭佑など実力派スタッフが担当する。
さらに、10月9日18時より、ライカ役の本渡 楓、ファルファ役の千本木彩花による約1分のラジオ番組「スライム倒して300分、知らないうちに300分話してました」が配信スタート!本渡楓と千本木彩花が、様々なお題にチャレンジしていく番組となっており、毎日公式TwitterとYouTubeチャンネルで配信していく予定となっている。

 

TVアニメ『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』は2021年春放送!今後も本作の続報に期待しよう。

 

©森田季節・SBクリエイティブ/高原の魔女の家

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US