King Gnuの内覧動画を公開!Ginza Sony Park『#014 ヌーミレパーク(仮)』開園

22.October.2020 | SPOT

Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)は、2020年10月21日(水)より、実験的プログラム第14弾として、『#014 ヌーミレパーク(仮)』DIRECTED BY PERIMETRON を開催する。*事前予約制。

2019年1月のメジャーデビュー当日にGinza Sony ParkのPark Liveに出演したKing Gnu (キングヌー)と、millennium parade(ミレニアムパレード)をコラボレーターに迎え、PERIMETRON(ペリメトロン)とともに彼らの世界観を詰め込んだこの「カオティックなパーク」は、変化し続ける余白空間であり新店舗オープンに向けて工事中のGinza Sony Parkの “この変化の過程も楽しみに変えたい” という想いへの共感から実現した。

一般公開に先駆けてKing Gnuのメンバーが『#014 ヌーミレパーク(仮)』を内覧、展示を確認しながら楽しむ様子と特別インタビューを収めた動画を公開。内覧を終えた常田大希は、インタビューの中で「本音を言えば、見に来て欲しいけど、このような時期なので、オンラインという形もとった。これも面白いものになると信じてます」と語っている。​

 

King Gnu内覧インタビュー・メイキング

 

主な展示内容

ミュージックビデオの世界から抽出された体感型展示や、ソニー独自開発の超高精細Crystal LEDの大画面による3D映像など、目覚ましい活躍を続ける彼らの楽曲やアートワークが、アクティビティとなってGinza Sony Parkの地下4階まで全園に出現する。

 

PROPS COLLECTION:PARK B1/ 地下1階

King Gnuの楽曲「飛行艇」に登場する少年のお面やマント、millennium paradeの楽曲「lost and found」のコスチュームなど、彼らのミュージックビデオで実際に使用された小道具を展示。

 

飛行艇少年BOY/ HIKOHTEI SHONEN BOY:PARK B2/ 地下2 階

King Gnuの楽曲「飛行艇」のCDジャケットに登場する、お面を被ったHEROの少年が、巨大オブジェとなってパークの地下吹き抜けに出現。

 

Fly with me LIVE 3D:PARK B2/ 地下2階

millennium paradeの楽曲「Fly with me」の3D映像をアップデートし、ライブ外で初公開。Crystal LEDの大画面による3D映像と迫力あるサウンドで、圧巻の没入体験を楽しもう。
*3D映像のため、5歳以下のお子様はご覧いただけません

 

INTO THE PLANKTON:PARK B3/ 地下3階

millennium paradeの楽曲「Plankton」のミュージックビデオから抽出したインスタレーション。映像の中でしか存在しなかった、CGで描かれた車が、ペインティングや内装までも再現された実車となり、パークの地下駐車場に出現。

 

Fly with me -THE GAME-:PARK B3/ 地下3階

millennium paradeの楽曲「Fly with me」のティザー映像で描かれているゲームの世界を忠実に再現したアーケードゲームが登場。ティザー映像の続きがプレイできます。ミュージックビデオの世界とシンクロしたゲームストーリーにも注目してみて。
*体験いただける人数に限りがあり、当日受付時に抽選とさせていただきます。

 

PUPPETS OF SLUMBERLAND:PARK B3/ 地下3階

King Gnuの楽曲「Slumberland」に登場する着ぐるみやパペットたちが潜んでいる。

 

WALL OF RYUSUKE SANO:PARK B4/ 地下4階

King Gnu/ millennium paradeのアートワークコラボレーションでも話題を集める気鋭のアーティスト佐野凛由輔によるウォールアート作品。*他イベントとの関係でご覧いただけない場合あります。

 

コロナ禍で密や混雑を避けるため、本プログラムへの入場は事前予約制になっているが、リアルの場での展示・体験以外にも、オンラインで楽しめるバーチャルツアーやARフィルターを順次公開予定。さらに、King Gnuやmillennium paradeにゆかりのあるアーティストのPark Liveも続々とYouTubeやInstagramの公式チャンネルで配信する。

また、本プログラム限定の商品を含むKing Gnu / millennium paradeのオリジナルグッズのほとんどは、オンラインストアでも購入可能だ。

 

地上フロアから、地下4階の佐野凛由輔によるウォールアート作品まで、“工事中(=未完成で仮の状態)”をキーワードにした、エンターテインメント満載な『#014 ヌーミレパーク(仮)』。

リアルはもちろん、銀座に来られない人でも楽しめるコンテンツとなっているので、ぜひチェックしてみて。

RELATED ENTRIES

  • 映画「太陽は動かない」の主題歌がKing Gnu「泡」に決定!予告編映像も公開

    24.March.2020 | MOVIE / MUSIC

    「怒り」「悪人」などヒット作を生み出し続ける人気小説家・吉田修一のサスペンス・アクション小説「太陽は動かない」が2020年5月15日(金)に全国公開される。世界を股にかけた壮大なスケールと、様々なシチュエーションでのアクションシーンなどから映像化は不可能と言われた巨編を描くため、大規模な海外ロケを敢行。映画と同時進行で、吉田修一監修のオリジナルストーリーによる連続ドラマ版もWOWOWで放送されるという巨大プロジェクトだ。

     

    そしてこの度、本作の主題歌がKing Gnuによる「泡(あぶく)」に決定し、その楽曲が初お披露目となる最新の予告編映像が解禁となった。

     

    予告映像

    今回解禁となった映像では、常に完璧で冷静沈着な秘密組織“AN通信”のトップエージェント・鷹野(藤原竜也)が、同じくAN通信の新人エージェントの田岡(竹内涼真)と共に、ノースタントで約10mの陸橋から走行中の列車にダイブするという冒頭から観るものの度肝を抜くシーンから始まる。
    AN通信のエージェントたちの心臓には、爆弾が埋め込まれ、24時間ごとに死の危険が迫まるという秘密があるが、勢いがあって生意気な半面、死の恐怖が頭から離れない弱さを抱える田岡は「死ぬの怖くないすか?」と問う。対して、どんな危機にも冷静沈着に判断を下し、感情を表に出さないが、実は内側に熱い想いを秘めている鷹野は、「一日を生きるだけだ!」と諭す。

    そして、ある時、AN通信の司令塔の風間(佐藤浩市)から過去最大にして最悪の指令が下る。権力者の誰もが欲しがる「全人類の未来を決める次世代エネルギー」の極秘情報をめぐり、世界各国のエージェントや大国の裏組織と命がけの頭脳戦と肉弾戦を繰り広げる鷹野と田岡。迫る死の危険を抱えながら奔走するも、遂に心臓に埋め込まれたチップの起爆装置が発動・・・!タイムリミットは5分…絶対絶命のピンチが畳み掛けるように続く。初共演にもかかわらず息もぴったりな、藤原と竹内の“バディ感”にも注目だ。

    ハードアクションを吹き替えなしで自ら演じるために、半年に及ぶトレーニングで強靭な肉体を作り上げた藤原。走行中の貨物車の中での格闘シーンにおいて、スタッフ全員が息をのむ中、激しくぶつかったドアのガラスがその衝撃で割れるという大熱演となった竹内。日本で100%不可能なアクションシーンを見事成功させた。「もうこんな生活終わりにしたかったんだよ!」と泣き叫び天を仰ぐ田岡。「一日を生きろ、今を生きろ!」と田岡に語りかける鷹野は、刻々とタイムリミットが迫り来る中、襲い来る数々の困難を乗り越え、明日の太陽を見られるのか!?今後の展開に期待が高まる映像に仕上がっている。そして、本作のために書き下ろされたというKing Gnuが歌う主題歌「泡」は、常に死と隣り合わせの
    鷹野と田岡の心情に寄り添り、映像と見事にマッチしている。

     

    5月15日(金)、これまでの日本映画の域を完全に超えたエンターテイメント超大作でありながら、主人公たちの内面を堀り下げるドラマ要素も存分に味わえる極限のノンストップ・サスペンスが幕を開ける。

     

    ©吉田修一/幻冬舎  ©2020「太陽は動かない」製作委員会

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US