セカオワがEnd of the World名義のファーストアルバム 「Chameleon」リリース

28.October.2020 | MUSIC

SEKAI NO OWARIがグローバルプロジェクトとして活動するEnd of the Worldがフルアルバム「Chameleon」を完成。7年間の挑戦と追求をまとめたアルバムには全13曲が収録され、2020年11月27日にリリースする。

イギリスのエレクトロバンドClean Banditや、シンガーソングライターGabrielle Aplinをフィーチャリングに迎えたシングルを含む全13曲。SEKAI NO OWARIとして活動しながら、別名義End of the Worldとしても独立した活動を続けてきた彼らが自分たちのサウンドを追求し、納得のいく作品を追求してきた日々は7年間にも渡る。

 

各国に足を運びプロデューサーやソングライターと顔をあわせることを大切に取り組んできた。音楽の聞かれ方・作り方・言語・文化・ルーツと全てが異なるマーケットでの経験は時に混乱を招き、時に刺激と自信を与えるものとなった。様々な感情を抱きながら乗り継いできた、いくつものフライトでの思いを表現したピアノ曲 「Airplane」から始まる彼らの記録のようなアルバムである。

 

CDの販売はAmazonサイトにて限定発売となり、10月27日 10:00 〜 11月8日 23:59までの予約にはメンバーの直筆サインが入ったメガジャケットの購入特典も。*サイン者の指定は不可
またAmazon Prime Videoにて配信中の「BAD MODD」アニメーションのテーマ曲となっているEnd of the World 「Fangs」がAmazon Musicにて10月27日より先行配信となっているので、こちらもあわせてチェックしてみて。

RELATED ENTRIES

  • SEKAI NO OWARI、初ベストアルバム「SEKAI NO OWARI 2010-2019」リリース決定

    24.November.2020 | MUSIC

    SEKAI NO OWARI初のベストアルバム「SEKAI NO OWARI 2010-2019」のリリース日が決定した。新型コロナウイルスの影響によりリリースを延期していたベストアルバムだが、彼らのデビュー日となるメモリアルな日付の、2021年2月10日にリリースする事となる。また、このタイミングで同時にアートワークと収録楽曲&特典内容も公開された。

    ジャケット写真はメンバーのFukaseがアイディアを出し、2020年初頭実際にノルウェーに行き、Fukase本人が撮影した幻想的な木の写真になっている。
    収録曲はメンバーとスタッフがデビューアルバム「EARTH」から、最新アルバム「Eye」、「Lip」までの楽曲の中からセレクトした全30曲の2枚組。また、このCDでしか聞けない音源がBonus Trackとして収録される。

    完全生産限定プレミアムBOX、LIVE DVD付き初回限定盤、2CD通常盤の3形態でリリースされ、完全生産限定プレミアムBOXには『History of SEKAI NO OWARI』と名付けられた約368ページに及ぶ、デビュー前から現在までの歴史を追体験できる図鑑を収録。

     

    メンバー自らが作り上げたライブハウス”clubEARTH”の制作エピソード、初期の楽曲制作秘話など、彼らが歩んできた歴史を1年ごとに追体験できる内容となっており、SEKAI NO OWARIの10年の歴史が収められた貴重な作品となっている。また初回限定盤と同じLIVE DVDを収録するほか、スペシャルコンテンツも同封した、数量限定のプレミアムBOXとなっている。

     

    初回生産限定盤に同梱されるLIVE DVDには、過去のライブ映像作品から厳選した映像をはじめ、デビュー当時の貴重な夏フェス出演時の映像や、台風で最終日が中止となった為、今までリリースされず未公開だった2014年の「TOKYO FANTASY」のライブ映像、ファン待望の「INSOMNIA TRAIN」未収録楽曲など、22曲のライブ映像が収められる。

     

    2021年第一弾リリースとなる本作でSEKAI NO OWARIの歴史を堪能しよう!

  • End of the World ニューシングル “Forever feat.NIKI” をリリース

    14.November.2020 | MUSIC

    SEKAI NO OWARIがグローバル展開を目的とする新プロジェクト End of the Worldのアルバム収録シングル「Forever feat.NIKI」が配信開始となる。

     

    コラボレーション相手はインドネシア出身のシンガーソングライター兼プロデューサーのNIKI。アジアのルーツをもつアーティストコレクティブ88 Risingに所属し、最新アルバム「MOONCHILD」でさらにその名を世に広めたアジアの歌姫だ。
    「Forever feat.NIKI」は”変わらないために変わり続ける”というコンセプトのもと永遠をテーマに描かれたラブソング。Cass LoweそしてNIKIとともにNakajinが作詞作曲を担当した。FukaseとNIKIの歌声が響き合う美しい楽曲となっている。

     

    NIKIコメント

    この曲をついにリリースできて嬉しい。このコラボレーションが実現する前からEnd of the Worldのこと気になっていたから、Nakajinに声をかけられたときとても嬉しかった。Zoomコールから始まったこの曲も、ついに世界中で聴けるようになったわ。この曲は全てのファンに捧げるオードで、ずっと支え合っていきたい。気に入ってくれると嬉しいわ!

    アジアの歌姫NIKIとEnd of the Worldが作り上げた楽曲に注目してみて。

  • SEKAI NO OWARI Fukase原案・デザインのアニメプロジェクト 「BAD MOOD」が世界配信スタート

    22.October.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    SEKAI NO OWARI(End of the World)Fukaseとクリエイティブディレクターの和田直希が手がけるアニメーションプロジェクト 「BAD MOOD(バッド ムード)」 がAmazon Prime Videoにて2020年10月21日(水)に全世界配信をスタート。アニメーション配信を記念して3月に発売され即日完売したatmos x BAD MOOD のTシャツも限定数発売される。

    何気ない落書きから始まった、「BAD MOOD」。5人のキャラクターFishman、Butt、Rabbit、UFO、Moth からなる架空のバンド”The Pink Elephants”が皮肉なメッセージで世の中を風刺的に描くアニメーションだ。

    Fukaseが原案とデザイン監修を行い、クリエイティブディレクターの和田直希がクリエイティブディレクションを手掛けた。「BAD MOOD」 YouTubeチャンネルで紹介されたエピソード0に続き、Amazon Prime Videoにて、6エピソードが順次配信される。

     

    Fukaseコメント

    BADMOODとは自分にとってのクリエイティブの源を意味しています。作品が生まれる瞬間はいつも、清々しい青空を見た時ではなく、気持ちの良い朝食をとった時でもありませんでした。自分にとってクリエイティブとはある種の防衛本能的なものであると同時にネガティブな状況から前へ進む為の前向きなものでした。実際、このアニメーションプロジェクトを思いついた時は、ただ仕事の為にこれから音楽を続けていくなら辞めてしまおう、SEKAI NO OWARIである必要が無いのなら解散しようと考えていた時でした。BAD MOODでは、自分が音楽では伝えられなかったメッセージを、自分の言葉ではなく、アニメーションで表現していています。物語に出てくる発言やシチュエーションは自分の空想の中の物で、決して自分の意見を代弁させているわけではないので、こういう時代だからこそ是非、寛大で、おおらかな目で見ていただけたらと思います。

     

    ストーリー、映像、音楽を通して「BAD MOOD」Fukaseが表現する世界を堪能しよう。

  • SEKAI NO OWARIベストアルバム「SEKAI NO OWARI 2010-2019」発売延期

    12.May.2020 | MUSIC

    2020年5月27日(水)に発売を予定しいた「SEKAI NO OWARI 2010-2019」は、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言延長を受け、発売を延期が決定した。ベストアルバムの新たな発売日については、詳細が決まり次第発表される。

     

    予約済みの商品に関しては、予約した店舗によって対応が異なるそう。予約した各店舗にて、確認をしてほしい。

  • SEKAI NO OWARI、初ベストアルバム「SEKAI NO OWARI 2010-2019」リリース

    13.March.2020 | MUSIC

    2020年2月10日にデビュー10周年を迎えたSEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)。彼らの10年のメモリアル作品として、初のベストアルバムが5月27日にリリースすることが決定した。情報解禁時はタイトルを「Box」と発表していたが、制作過程でタイトルを「SEKAI NO OWARI 2010-2019」に変更。メンバーとスタッフが厳選した、10周年に相応しい楽曲達をパッケージする。

     

    インディーズ時代のデビューアルバム「EARTH」から、最新アルバム「Eye」と「Lip」までの楽曲を集めた、デビュー後10年間の集大成。今作品は完全生産限定プレミアムBOX、LIVE BEST DVD付き初回限定盤、2CD通常盤の3形態でリリースする。

    完全生産限定プレミアムBOXには『History of SEKAI NO OWARI』と名付けられた約368ページに及ぶ、デビュー前から現在までの歴史を追体験できる図鑑を収録。メンバー自らが作り上げたライブハウス”club EARTH”の制作エピソード、初期の楽曲制作秘話など、彼らが歩んできた歴史を1年ごとに追体験できる内容となっており、SEKAI NO OWARI 10年の歴史が収められた貴重な作品となっている。また初回限定盤と同じLIVE BEST DVDを収録。さらにスペシャルコンテンツも同封した、数量限定のプレミアムBOXとなっている。

     

    初回生産限定盤に同梱されるLIVE BEST DVDには、過去のライブ映像作品から厳選した映像をはじめ、デビュー当時の貴重な夏フェス出演時の映像や、台風で最終日が中止となった為、今までリリースされず未公開だった2014年の「TOKYO FANTASY」のライブ映像、ファン待望の「INSOMNIA TRAIN」未収録楽曲など、約20曲以上のライブ映像が収められる。通常盤は全30曲収録する。

     

    デビュー曲の「幻の命」から、ヒットソング「スターライトパレード」、「RPG」、「炎と森のカーニバル」、「Dragon Night」、「Hey Ho」、「RAIN」などを含む全30曲2枚組CDには、このCDでしか聞けない音源もBonus Trackとして収録された。合わせて各CDショップでの購入者特典も解禁。さらにベストアルバム発売と同日に、ユニバーサルミュージックより、ニューシングルもリリースされる。

    9月にはドームツアー「Du Gara Di Du」も控え、ついに走り出した10周年のアニバーサリーイヤー。今年もSEKAI NO OWARIが織りなすエンターテインメントに注目しよう。

  • SEKAI NO OWARIデビュー10周年!新アーティスト写真公開&ベストアルバムリリース発表

    10.February.2020 | MUSIC

    2010年2月10日「幻の命」リリースから10年を経て、2020年2月10日にSEKAI NO OWARIがデビュー10周年を迎えた。そんなアニバーサリーイヤーの始まりとして、新しいアーティスト写真が公開された。この写真は、メンバーのFukase自らがカメラマンとして撮影を行っており、SEKAI NO OWARIとしてはメンバーが撮影した写真をアーティスト写真として使用するのは今回が初となる。10周年のスタートを象徴する、メンバー同士でしか撮影出来ない印象的な写真を、リニューアルされたオフィシャルホームページでチェックしてみてほしい。

     

    また、10周年の記念日に合わせて、ベストアルバムのリリースが決定した。SEKAI NO OWARI自身初となるベストアルバムのタイトルは「Box」。このアルバムの詳細は3月13日に発表を予定している。いよいよ十周年のアニバーサリーイヤーがスタートしたSEKAI NO OWARI。

     

    9月に行われるDOME TOUR2020「Du Gara Di Du」のファンクラブ先行チケットも発売中なので、詳細はツアー特設サイトでチェックしてみて。

  • SEKAI NO OWARI、アジア公演のドキュメント映像を含むBlu-ray & DVD「The Colors」リリース

    04.February.2020 | MUSIC

    2020 年2 ⽉10 ⽇に⼗周年を迎えるSEKAI NO OWARI(セカイノオワリ) のBlu-ray & DVD「The Colors」が2020年2 ⽉5 ⽇よりリリースとなる。

    これは、2019 年に⾏われたSEKAI NO OWARI 史上最⼤規模のツアー模様を収めたライブ映像作品。7 ⽉に⾏われた「The Colors」幕張メッセ国際展⽰場公演が完全収録されている他、特典映像として「The Colors」アジア公演の模様を収めたドキュメント映像なども収録されている。

     

    そして、2020 年9 ⽉より全国4 都市にて開催されるDOME TOUR 2020「Du Gara Di Du(ドゥガラディドゥ)」のファンクラブ先⾏チケットの発売が本⽇2 ⽉4 ⽇18 時より開始予定。圧倒的な世界観で、⽇本屈指のライブエンターテインメントを作り上げてきたSEKAI NO OWARI のライブを10 周年のアニバーサリーイヤーに是⾮体験してほしい。

  • SEKAI NO OWARI、2020年に福岡・東京・名古屋・大阪を回るドームツアーが決定

    29.November.2019 | MUSIC

    先日11月18日の北京公演を持って、自身史上最大規模となる17会場32公演のべ29万人を動員したTOUR 2019「The Colors」の幕をおろした SEKAI NO OWARI。来年2020年にはデビュー10周年をむかえる SEKAI NO OWARI が、ドームツアー「Du Gara Di Du(ドゥガラディドゥ)」 の開催を発表した。

     

    これは、11月27日に放送された日本テレビ「ベストアーティスト 2019」内で初めて明かされたもので、 2020年9月5日の福岡ヤフオク!ドームを皮切りに福岡・東京・名古屋・大阪の4都市を回るドームツアーとなる。

    また、本ツアーの発表と共に DOME TOUR 2020「Du Gara Di Du」特設サイトも公開された。 圧倒的な世界観で数々のエンターテイメント空間を作り上げてきた SEKAI NO OWARI が繰り広げる新たなライブツアーの最新情報を随時チェックしてみて!

  • SEKAI NO OWARI「The Colors」アジア公演の模様を収めたBlu-ray & DVDがリリース決定

    21.November.2019 | MUSIC

    SEKAI NO OWARIの、2019年10月台北TICCを皮切りにアジア4都市に及ぶTOUR 2019「The Colors」アジア公演が無事終了した。

    「The Colors」の一環として台北、ソウル、上海、北京の4都市で展開されたこのアジア公演。SEKAI NO OWARI を心待ちにし温かく迎えてくれたファンと1つになり、各会場を熱気で満たして、7ヶ月間のべ約29万人を動員した SEKAI NO OWARI 史上最大規模のツアーが幕を下ろした。そんな熱気冷めやらぬ中、TOUR 2019「The Colors」の模様を収めたライブ映像作品が、来年2020年2月5日にリリースされる。

    毎回メンバー発案の元、細部までこだわったセットと演出で観客を魅了してきた彼らのライブだが、「The Colors」と銘打った今回のツアーは、「監視社会の中、自分の色を見つけていく」というテーマに沿ったもの。これまで作り上げてきたファンタジー色の強い世界観とは一転して、よりリアルでシリアスな、人間的かつ音楽的な要素が色濃く表現されたエンターテイメントとなっている。

    メインステージに配置されたおびただしい数のテレビモニター。その前には不気味に吊り下げられた規格外に巨大なシャンデリア。センターステージには四方を囲む形の「檻」を連想させる巨大ビジョン。これらのアイテムが、彼らの奏でる音楽をより一層彩り、会場を一体化させる。ライブ冒頭に披露された「Witch」をはじめ、Fukaseはベースを持ちDJ LOVEはドラムを叩くというバンド形態で披露された「蜜の月」。めまぐるしい照明の演出が散りばめられ、美しい光がステージを包んだ「スターゲイザー」、オーディエンスの腕に巻きつけられたスターライトリングが鮮やかに光り輝いた「スターライトパレード」など、披露されたステージが余すことなくフルセットリストでパッケージされている。

    本公演は、7月24日、25日に行われた幕張メッセ国際展示場4〜6ホール公演を完全収録。特典映像として「The Colors」アジア公演の模様を収めた映像や、恒例となったメンバーによる副音声も収録予定。また、ツアーショットが収められたスペシャルフォトブックも同梱されている。さらに早期予約特典として、対象期間中に商品を予約した方には「The Colors B3 ポスター」がプレゼント。詳しくはオフィシャルホームページにてチェックしてほしい。

  • SEKAI NO OWARI 幕張公演レポート!秋からはアジアツアーを開催

    26.July.2019 | MUSIC

    SEKAI NO OWARIの全国ツアー「The Colors」が7月24日、25日の2日間に渡り、幕張メッセ 4〜6ホールにて開催された。

    前作「Tree」から約4年ぶりとなるアルバム「Eye」「Lip」を2019年2月27日にリリース。 その後4月からスタートした全13会場28公演に及ぶ自己最多本数となる「The Colors」。 さらに秋からは台北、ソウル、香港、上海、北京でも同タイトルのアジアツアーが開催されるなど、バンド史上類を見ない規模の展開になっている。

    幕張公演は2日間で約3万2千人を動員し、さらなる進化を遂げたSEKAI NO OWARIのステージを展開した。

     

    この日はツアータイトルを掲げて披露したアルバム曲『Witch』、Fukaseのベース、DJ LOVEのドラムでのバンド形態で披露した『蜜の月』。

    めまぐるしい演出が散りばめられ美しい光がステージ彩った『スターゲイザー』、オーディエンスの腕に巻きつけられたスターライトリングが鮮やかに光った『スターライトパレード』などが披露された。

    Fukase(Vo.)は「今回のツアー24公演目となります、実はあとで気が付いたのですが、このツアーはSEKAI NO OWARI史上最長最大となります。気がつかないうちに記録を更新していて嬉しいです。ありがとうございます。来年か再来年でぼくたち、10周年を迎えるので、楽しいことをまだまだ考えてますので、ぜひよろしくお願いします。」とファンに感謝を述べた。

     

    この模様は9月14日にWOWOWにて放送が決定している。

    残り4公演となった本ツアーも、日本での最終公演は8月24日、25日三重県・サンアリーナをもって千秋楽となる。(総動員数28万人予定)

     

    また、グローバル展開を開始するプロジェクトEnd of the Worldの新曲「LOST / ロスト」が本日より全世界配信リリース。こちらもあわせてチェックしてみてほしい。

     

    Photo:太田好治、立脇卓、鳥居洋介

  • SEKAI NO OWARI「Eye」「Lip」のストリーミング配信開始

    05.April.2019 | MUSIC

    明日、4月6日より全国13会場28公演に渡るツアー「The Colors」をスタートさせるSEKAI NO OWARI。ツアーに先駆け、本日4月5日より約4年ぶりに2枚同時リリースしたアルバム「Eye」「Lip」全楽曲のストリーミングサービスを各音楽配信サイトにて開始した。

     

    オリコン週間アルバムランキングで堂々の1位・2位を独占したこの2作は、「ANTI-HERO」からのシングル、「SOS」「Hey Ho」「RAIN」「サザンカ」「イルミネーション」はもちろん、新曲やライブのみで披露されていた楽曲「Monsoon Night」や「Mr.Heartache」「ラフレシア」などを含む、13曲×2枚の全26曲が収録され、ストリーミングサービスでもこのアルバムを余すことなく全て楽しめる。

     

    まだアルバムを聴いていない方はぜひこの機会に一度チェックしてみて。

  • SEKAI NO OWARI「Witch」が”アサヒスーパードライ”CM楽曲に決定

    02.April.2019 | MUSIC

    SEKAI NO OWARI「Witch」が「アサヒスーパードライ 瞬冷辛口」新TVCMに使用される。

     

    「のどを冷やしにやってきた。瞬冷辛口」篇

    「Witch」は SEKAI NO OWARI が2月に2枚同時リリースした約4年ぶりとなるアルバム「Eye」「Lip」の「Eye」に収録された楽曲。商品特性である冷涼感・爽快感・キレと雪山の世界観、犬ぞりのスピード感で表現された映像を、この楽曲の疾走感あるメロディーがより一層引き立てているCMに仕上がっている。

     

    CMは本日4月2日より全国でテレビ放送され、アサヒビールの公式 YouTube アカウントでも公開されているのでチェックしてみて。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US