自然林の森がインタラクティブなアートの空間に!「呼応する森と城跡 – 玖島崎樹叢」

13.May.2017 | SPOT

 玖島城跡(くしましろあと)に鎮座する大村神社にて、チームラボがインタラクティブアート「呼応する森と城跡 – 玖島崎樹叢」を開催する。
玖島崎樹叢(くしまざきじゅそう)は、玖島城が廃城となった後、人の手が入らず、林が自然の状態へと戻り、大木を含む樹叢となった自然林の森。
浮遊する、呼応する球体 – 大村神社 / Floating, Resonating Spheres – Omura Shrine
teamLab, 2017, Interactive Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

 

そんな神秘的な自然の森が現代のテクノロジーと融合する今回のプロジェクト。
木々と城跡の石垣が光り輝き、人が近くを通ると、光の色が変化して音色を響かせる「呼応する森と城跡 – 玖島崎樹叢」、神社の境内に浮遊する光「浮遊する、呼応する球体 – 大村神社」など、大村公園が人々の存在によって変化する、インタラクティブなデジタルアート空間になる。
期間は、2017年6月3日(土)~7月2日(日)となっており、同時期の6月4日(日)11:00から15:00まで「花菖蒲まつり」も開催。九州最大級の規模を誇る花菖蒲園で、171種類約10万株およそ30万本の花菖蒲が6月中旬まで鮮やかに公園を彩る。
呼応する森と城跡 – 玖島崎樹叢 / Resonating Forest and Castle Ruins – Kushimazaki Tree Flora
teamLab, 2017, Interactive Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi

 

 
光の球体が、強く輝いたり消えたりする様子は、まるでゆっくりと呼吸しているかのよう。自然とデジタルが重なり合うインタラクティブなアートの世界を体験しよう。
 

 

■Information
チームラボ 大村の神社に浮遊する球体、呼応する城跡と森
会期: 2017年6月3日(土)~7月2日(日)
会場: 長崎県大村市大村公園内(玖島崎樹叢・大村神社境内)長崎県大村市玖島1丁目45−3
時間: 19:00~22:00(最終入場21:30)
※荒天の場合は中止
※小学生の入場は保護者同伴とし、中高生のみの入場は20:30まで

 

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US