注目の台湾出身トリリンガル・シンガー「ASA Wu」KMプロデュースでデビュー

07.April.2021 | MUSIC

ほぼ無名の新人であるにも関わらず、EVISBEATSやLEX、banvoxといった気鋭のラッパー/アーティスト作品にフィーチャーされるなど、独自の歌唱スタイルと表現力で聴くものに強烈なインパクトを残してきたシンガー、ASA Wu(アサ・ウー)。

その歌唱力に加え、日本語、中国語、英語を操り、既にモデルとしても活躍するなど、ストリートで群雄割拠するZ世代アーティストたちの中にあっても頭抜けたポテンシャルを示してきた彼女は、2021年4月2日、満を持してデビュー曲「Bloomer」を発表する。

 

 

現在、日本語ラップ・シーンでもっとも勢いのあるプロデューサーといっても過言ではないKMが手掛ける同曲は、乾いたアコースティック・ギターの旋律とトラップビートが刻むグランジな質感の R&B チューン。トラックは余計な装飾を剥ぎ落とし、恋人との離れていく距離感への葛藤や憔悴を、ときに切なく、妖艶に、パワフルにと緩急自在に表現する ASA Wu のボーカルを聴かせるエモーショナルな仕上がりに。何かとてつもない才能が開花する、その予兆や予感ともいうべき前夜の空気感が充満した、聞き流せない力を持った楽曲となっている。

 

今後リリースされるEPに関してもすでにKMの全面プロデュースが決定しており、2021年のニューカマーの中でも、大きな期待を集めるプロジェクトとなりそうだ。

また、本作のジャケット、アーティスト写真など、アートディレクションは、OWNCEAN (UNA+MATCHA)が務めている。

 

KM コメント

「常に対極が見え隠れするような、感情の揺れ動きと、不安も期待もどちらも背負ったまま力強く前進するような世界観。Verse2では、ASA Wuさんのリリックに寄り添うようにコードを組み直しました。ルートは常に不安定で、聴いてると心がざわざわするので気に入ってます。ラストのHookでは色んな感情が咲き乱れるような感じで音作りしました。」

 

注目のアーティスト「ASA Wu」のデビュー曲「Bloomer」を聴いて彼女の活躍を応援しよう。

 

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US