演歌界のスーパースター八代亜紀がデビュー50周年を記念して渋谷PARCOをジャック

26.September.2021 | MUSIC / SPOT

演歌界のスーパースター八代亜紀が芸能生活50周年を記念して、渋谷PARCOの館内各所をジャックする。B1F「ユニオンレコード渋谷」では、店舗外観を丸ごとジャックした「八代レコード」となり、デビュー日でもある2021年9月25日(土)より、アナログ盤「八代亜紀ベストヒット8」をユニオンレコード渋谷のみで限定発売。

 

『八代亜紀ベストヒット8』 ジャケット

ブックレット

ブックレット裏面ポスター&『八代亜紀ベストヒット8』特典: オリジナルブロマイド(2L版サイズ)

2G 限定Tシャツ 7,500円 サイズ:M・L

亜紀観音(全国龍虎会)

「八代亜紀ベストヒット 50」

「八代亜紀ベストヒット 〜ニューレコーディングス&ニューシングルズ〜」



アナログ盤「八代亜紀ベストヒット8」、デビュー50周年記念ベストアルバム「八代亜紀ベストヒット」のジャケットは、アーティスト田名網敬一、フォトグラファーユニットTOKIが描き下ろし、DOMMUNE宇川直宏がアートディレクションを担当した。また、ジャケットのアートワークを使用した限定商品を渋谷パルコ2F「2G」にて販売。さらに、デコトラ界の超有名車“亜紀観音”が1F 公園通り広場に9月24日(金)から9月26日(日)の期間限定で渋谷パルコ1階 公園通り側に登場する。

 

演歌界のスーパースター八代亜紀をリスペクトした期間限定イベントをお楽しみに!

RELATED ENTRIES

  • 新しい学校のリーダーズとPARCOカルチャーフェス「P.O.N.D.」のスペシャルコラボ映像配信

    12.October.2021 | MUSIC

    2021年、アジアのカルチャーを世界に発信するレーベル「88rising」から華麗なる世界デビューを果たし、いま話題沸騰中の4人組ダンスヴォーカルユニット「新しい学校のリーダーズ a.k.a ATARASHII GAKKO!」と、渋谷PARCOを舞台に10日間開催されるカルチャーの祭典〈P.O.N.D.〉のコラボレーション映像が公開!

     

    新しい学校のリーダーズ a.k.a.ATARASHII GAKKO!×P.O.N.D. - Pineapple Kryptonite (SHIBUYA SHORT VER.)



    ビースティ・ボーイズ第4のメンバーと称される世界的なサウンドプロデューサー・Money Markプロデュースによる最新シングル『Pineapple Kryptonite』にのせて、渋谷PARCOに襲いかかる巨大な怪獣とメンバーたちが歌って踊って戦いを繰り広げるパワフルな短編映像が完成した。注目の若手映像監督・小島央大が手がけた本作は、全編カリフォルニアを舞台に撮影された『Pineapple Kryptonite』のMVのアナザーストーリーとしても楽しめる物語に。



    どんな時も“個性と自由ではみ出していく”「新しい学校のリーダーズ」たちが、“新しい次元を切り開く”という〈P.O.N.D.〉のコンセプトに共感し、今回のコラボレーションが実現。映像は「新しい学校のリーダーズ」のYoutubeほか、〈P.O.N.D.〉が開催される10月8日(木)から10月17日(日)までの期間限定で渋谷PARCOの館内や渋谷の街頭ヴィジョンで映像に出会えるチャンスがあるのでお見逃しなく!

     

    メンバーコメント

    巨大な怪獣を倒すべく「行けーーーー!!!!」と大きな声で叫び、沢山競歩でPARCOを駆け回ったので、喉周りと全身が筋肉痛になりました!そして、実験室に置いてあったアボカドとグミとドライアイスが面白かったです!

    PARCO様協力による「Pineapple Kryptonite」ご覧下さい!

    TALENT PROFILE

    新しい学校のリーダーズ

    模範的なヤツばかりが評価される時代、くだらない不寛容社会から、個性と自由ではみ出していく 踊るセーラー服と奇行癖。その名も「新しい学校のリーダーズ」 攻めの利いたダンスとサウンド、独特なキャラクターとMCを武器に2015年7月から全国各地でライブ活動する傍ら、コイケヤ、UNIQLO、GooglAndroid、ロッテFit’s等の企業と、はみ出し具合が絶妙なコラボや出演を重ね、じわり若者に刺さりはじめているらしい。むむむ。

  • 国内の繊維産地に焦点を当てたファッションショー「The “O.SHIRO” Collection」Vol.2が名古屋城を舞台に配信

    09.October.2021 | FASHION / SPOT

    伊藤忠ファッションシステムが、1957年に米国で創刊し、現在21の国と地域で発行する雑誌『GQ』の日本版、『GQ JAPAN』(コンデナスト・ジャパン発行)と共に、2021年10月4日(月)よりGQ JAPAN WEB内特設サイトおよびGQ JAPAN公式YouTubeにて、国内の繊維産地にフォーカスしたファッションショー「The “O.SHIRO” Collection」(ザ・オシロコレクション)Vol.2の動画を公開した。

     

    「The “O.SHIRO” Collection」は、モノづくりに強いこだわりを持って国内外で活躍する日本のファッションブランドの協力のもと、日本の繊維産地にフォーカスしたコラボレーション・コレクション。2019年にデニム産地に位置する岡山城で開催された第1回目に続き、第2回目となる今回は毛織物産地として有名な尾州産地のお膝元である名古屋城で開催。今回の「The “O.SHIRO” Collection」は、「SDGs」「エシカル消費」をテーマに掲げ、尾州(毛織物産地)、三備(デニム産地)、関西(和歌山・ニット産地)の国内繊維産地で生まれたファブリックとともに、プレゼンテーション形式でルックの披露をおこなう。第2回目は、世界でも注目を浴びる「ANREALAGE(アンリアレイジ)」、「beautiful people(ビューティフル ピープル)」、「sulvam(サルバム)」の3ブランドが登場する。モデルには、桜田通、長谷川ミラ、中山咲月、そしてTaiki&Noahを迎え、スペシャルエディションで届ける。

     

    10月4日(月)には「ANREALAGE」×尾州産地のテキスタイルを使ったパッチワークコレクションが登場し、10月7日(木)に「beautiful people」×和歌山&尾州産地のテキスタイルを活用したコレクション、さらに10月14日(木)に「sulvam」と岡山・広島のデニムをメインとしたコレクションの公開を予定している。また、「The “O.SHIRO” Collection」に登場したコレクションの一部を、国内繊維産地(尾州、三備、関西)の紹介と共に、渋谷PARCO3階にて特別展示する。

     

    『GQ JAPAN』Illustration by Koji Toyama (C) 2021 Conde Nast Japan. All rights reserved.

  • 活動30周年!増田セバスチャンが渋谷パルコに続き六本木ヒルズで期間限定ショップ開催

    21.September.2021 | FASHION / SPOT

    1990年代に演劇・現代美術で活動を開始し、1995年に原宿で6%DOKIDOKI(ロクパーセントドキドキ)を立ち上げ、2000年代からは海外にも活動の幅を広げて日本のKAWAIIを牽引するアーティストとなった増田セバスチャンが、今年で活動30周年を迎える。2021年秋から2022年にかけて東京と大阪で開催される展覧会に先駆け、9月に渋谷パルコと六本木ヒルズで作品展示とポップアップショップを開催。

     

    2021年9月23日(木)から10月17日(日)までの期間限定で、増田セバスチャンのアートグッズブランド「Sebastian Masuda ART」が、六本木ヒルズウェストウォーク3階にある森美術館のショップにてポップアップをオープンする。今回初披露となる「Inner Voyage」シリーズをはじめとした最新アートグッズのほか、増田セバスチャンのアート作品も展示販売。過ごす時間が多くなった自宅やオフィスを彩るカラフルなアートを手に入れることができる。

     

    また、同じ六本木ヒルズ森タワーの52FにあるTOKYO CITY VIEWでは、9月17日(金)から2022年1月10日(月・祝)までの期間限定で「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」が開催。会場内に増田セバスチャンが本展のために制作した作品「Unforgettable Tower」も展示され、展覧会期間中は会場内の特設ショップや同フロアにある東京シティビューショップでも増田セバスチャン関連商品が販売される。六本木ヒルズの3階と52階、それぞれのカワイイの世界をぜひ合わせてお楽しみに!

     

    森美術館 ショップ     

    ステッカー 550円2,860円(税込)

    Inner VoyageTシャツ 7,480円(税込)

     作品「Microcosmos -Tattoo Pink & Me-」
         

     

    「増田セバスチャンと6%DOKIDOKIのショップ 1995→2021」

    Mesh Top 10,450円(税込)

    Long Sleeve T-Shirt 8,250円(税込)

    DOKI DOKI ピアス・イヤリング  4,290円(税込)/
    Logo Plate ネックレス 7,590円(税込)/6%ロゴポシェット 6,050円(税込)

     

    チャーミーポーチ Kawaii Company 2,860円(税込)/増田セバスチャン STUDIO COLOR PALETTE 4,400円(税込)フェリシモ

     

    渋谷パルコのほぼ日カルチャんでは、「増田セバスチャンと6%DOKIDOKI 1995→2021」と題したイベントが9月17日(金)より10月3日(日)までの期間限定で実施され、 26年目を迎えたショップ・ブランド「6%DOKIDOKI」をメインに、90年代の原宿と2021年を繋ぐファッションアイテムを販売する。

     

    色を見失いやすい2021年、増田セバスチャンが生み出すアートワークやカラフルなアイテムで、日常に彩りを加えてみては?

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • バスケットボールカルチャーを発信「TOKYO 23」が原宿キャットストリートにリニューアルオープン

    18.September.2021 | FASHION

    バスケットボールカルチャーを発信するセレクトショップ「TOKYO 23(トーキョー23)」が、⼤型ショップとして2021年9⽉18⽇(⼟)よりリニューアルオープンする。

     

    TOKYO23 ×JUN INOUE TEE  BLACK / WHITE  各5.500円(税込)

     

    「無駄を省いて価値を最⼤化する 」を念頭に広い空間を使⽤し、バスケットコートが空間の中央に象徴的に鎮座。その⼤胆な空間の構成に対し、「マテリアル」と「カラー」のバランスで全体をまとめ、「東京のストリートを思わせる建材と、アップサイクル素材を組み合わせるデザインとし、「カラー」では、TOKYOの都市をイメージさせる⾊味を「TOKYO GRAY」と表現し、⼀様なグレートーンではなく、「⽇本特有の奥⾏きのある⾊味」の多様さ、繊細さを表現している。

     

    また東京らしさを表現する「アートカルチャー」を店内に点在させることで、TOKYO23らしいオリジナリティを演出、アーティストには⽶・オレゴン州ポートランドにあるナイキ本社への壁画制作や、ブランド「MIHARAYASUHIRO(ミハラヤスヒロ)」のパリコレクションの舞台にてJUN INOUEコラボ新作の発表など、海外でも活動する井上純⽒や、ロサンゼルスを拠点に活動するレイナ コヤノのアート作品が店内に点在させることで、TOKYO23らしいオリジナリティを演出する。

     


    店内には創業江⼾寛政年間⼩嶋商店に依頼した提灯のデザインをJUN INOUEが担当、TOKYO23らしい⼤胆なストリートカルチャーと、⽇本的な「細部へのこだわりと気づかい」の掛け合わせを豹変。また、店内では来店者が寛げる空間の場として、Coffee space「LATTEST」を常設している。リニューアルオープンを記念しJUN INOUE×TOKYO23 TEEも販売されるので、この機会に、新しく生まれ変わったTOKYO23を訪れてみては?

     

  • 渋⾕のアイコン・ハチ公がモチーフ「adidas Originals × atmos SHIBUYA PACK 第三弾」登場

    17.September.2021 | FASHION

    スニーカーセレクトショップ「atmos」が、「adidas Originals」とコラボレートし、渋⾕のアイコンであるハチ公をモチーフにした、adidas Originals SUPERSTAR DOG atmos “HACHIKO” をSHIBUYA PACK第三弾として発売する。本作は2021年9⽉18⽇(⼟)にA.T.A.D、atmos各店、atmosオンラインにて先⾏発売、9⽉14⽇(⽕)より抽選受付を開始した。また2021年9⽉25⽇(⼟)よりアディダスアプリ、アディダスオンラインショップでも発売開始。

    adidas Originals SUPERSTAR DOG atmos “HACHI” 15,400円(税込)

     

    adidas Originalsの不朽の名作であるSUPERSTARに、ハチ公らしさを表現した⽑並みをハラコで表現。シュータン部分には、シルバーのプレートを採⽤したトレフォイルロゴが刻印されている。ミッドソールにはハチ公の銅像が建てられていたアドレスがレタリングされ、インソールにはハチ公をイメージしたデザインが⼊った特別な仕様に仕上がっている。また、「渋⾕区公認スーベニア事業」に賛同し、渋⾕未来デザイン公式認定「YOU MAKE SHIBUYAスーベニア」ロゴマークも⼊れることで収益の⼀部を渋⾕のまち・社会に還元する。

     

    渋谷のアイコン、ハチ公をモチーフにした限定シューズをチェックしてみては?

     

  • 「増田セバスチャンと6%DOKIDOKI 1995→2021」期間限定ショップが渋谷PARCOにオープン

    15.September.2021 | FASHION / SPOT

    渋谷PARCO4Fの「ほぼ日カルチャん」のなかに、2021年9月17日(金)から10月3日(日)までの期間限定で「増田セバスチャンと6%DOKIDOKI」ショップのオープンが決定した。「6%DOKIDOKI」は、増田が1995年に原宿でオープンし、今年26年目を迎えたショップ・ブランド。1998年には渋谷PARCOクアトロにも店舗があり、2011年のポップアップ以来10年ぶりに渋谷PARCOにカムバックする。今回のショップでは、最新のファッションアイテムのほか、90年代のデザインを使用した復刻版ポスターが先行発売。オープン当時の写真や商品カタログの一部が展示されるほか、商品デザインの元となったアート作品も披露される。90年代から現在に続くカラフルで力強い“Kawaii”の変遷に触れることができる機会となっている。

     

    展覧会、映画、演劇、音楽など、東京のおすすめを紹介する文化の案内所「ほぼ日カルチャん」で、KAWAIIカルチャーを牽引する「増田セバスチャンと6%DOKIDOKI」を体感してほしい。

     

    増田セバスチャンよりコメント

    「1995年、25歳だった自分が全く想像しなかった未来がやってきました。それでも、ファッション・カルチャー・アート全部入りのショップだということは26年間変わっていません。最近、カラフルなものは足りてますか?初めましての人も久しぶりな人も、ぜひ覗いていってください。」

     

     

    9月17日(金)午前11時からはWEBサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」上で、増田セバスチャンのインタビューも公開予定なのでそちらもお楽しみに。

     

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • フランス人アーティスト・ジャン・ジュリアンが「SHIBUYA PARCO ART WEEK 2021」メインビジュアル担当

    10.September.2021 | FASHION / SPOT

    渋谷PARCOが、昨年好評を博したART企画「SHIBUYA PARCO ART WEEK 2021」を、2021年9月17日(金)より開催する。今年はフランス人アーティスト、Jean Jullien(ジャン・ジュリアン)がメインビジュアルを担当し、渋谷PARCO 2Fの「NANZUKA 2G」と4F「PARCO MUSEUM TOKYO」にて展覧会を実施。

     

    「SHIBUYA PARCO ART WEEK 2021」内容

     

    『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』Martin Margiela: In His Own Words

    © 2019 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata Productions

     

     

    「#ホテルカワシマ」

     

     

    Kensaku Kakimoto Exhibition 時をかけるCollaboration with Luke Bubb, Piotr Stopniak

     

    物百×くらちなつきPOP UP

     

     

    大河紀の個展「GOOD BOY, もっと酔い」

     

     

    一乗ひかるの展示「CHIDORI ASHI」、モチーフは“お酒に浮かれた人たち”

     

     

    日々の揺らぎを描き出す、榎本マリコの個展『モーメント』

     

     

    オザキエミによる個展「Good something for you」

     

     

    青山哲士の作品展「21XX A Future Odyssey ~百年後のいつか~」

     

     

    「VOILLD」×FACE氏によるエクスクルーシブなコラボ商品を販売

     

     

    小見山峻 写真展『風が応える』by MIDORI.so Gallery

     

     

    A group exhibition ‘’ DONOKO? ‘’ Portrait series Curated by TOKYO URBAN ART

     

     

    “Welcome back to your “Home Position” – 「好き」で選ぶアートをインテリアに



    8F「WHITE CINE QUINTO」ではマルタン・マルジェラを追った貴重なドキュメンタリー映画「『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』Martin Margiela: In His Own Words」を公開。8F「ほぼ日曜日」ではお笑いコンビ・麒麟の川島明がホテルの支配人になる、というテーマの体験型展示会「#ホテルカワシマ」が開催される。期間中は館内放送の声が川島の声に変更し渋谷PARCO館内に響く。

    また、GALLERY等の対象店舗で配布している「ART PASSPORT」には、館内各所のART イベント情報が記載されている他、ART PASSPORTだけのお得な特典も。ジャン・ジュリアンのインタビュー記事も掲載されているので、お見逃しなく!

     

     

     

     

    Jean Jullien Exhibition「PAPER PEOPLE」/「POCKET PARENTS」

    ©Jean Jullien Courtesy of NANZUKA

    ©Jean Jullien Photo by Shigeru Tanaka Courtesy of NANZUKA

    ©Jean Jullien Photo by Shigeru Tanaka Courtesy of NANZUKA

     

     

    4F PARCO MUSEUM TOKYOで行われるJean Jullienの「PAPER PEOPLE」は、ペラペラの紙状のアーティストが、創作活動を行う様相を表したインスタレーション形式の展覧会。日本の漫画文化にも造詣の深いジュリアンならではの、コミカルでユーモアに満ちた感性を本展の幹として持ち込みながら、何気ない日常の素晴らしさを再認識させる美しい情景を描き出す。彼の故郷ブルターニュの美しい海、風に揺られる麦畑、魚や動物などの生物たち、庭から見える何気なく美しい風景、子供のオモチャなど、ジュリアンの描く作品の1点1点から、みずみずしいストーリーを読み解くことができる。こうした作品は全てコロナ禍に見舞われたこの1年間で生まれ、本展では、およそ50点程度もの大小様々なペインティングが一堂に会して展示予定。また、本展覧会に合わせて、シルクスクリーンのEdition Print作品「PAPER PEOPLE」を限定販売する。

     

    また、2F  NANZUKA 2Gで行われる新作個展「POCKET PARENTS」では、「PAPER PEOPLE」とはまた別の視点で作られた作品を通じて、ジュリアンの家族、また彼自身が親としての経験をもとに、歳を重ねることや、増してゆく責任をユーモラスに物語として展開していく。ジュリアンはインタビューの中で、あるものを違う媒体で表現するビジュアルトランスレーションについて、「原作とはまた違ったものが新たに作り出されることが興味深い」と言及。本展「POCKET PARENTS」では小さな銅像と、その息子のキャラクターが登場し、様々な媒体によって制作された作品で世界観を伝える。

     

    それぞれの個性に触れる渋谷パルコアートウィークへ足を運んでみては?

  • スマホケースなどで大人気L.A発CASETiFY東日本初店舗が渋谷PARCOにオープン

    06.September.2021 | FASHION / SPOT

    カスタムできるスマートフォンケースやアップルウォッチバンドが海外セレブや国内外の著名人・インフルエンサーの中で話題となり、SNS投稿から人気に火が付いた、L.A発グローバルライフスタイルブランド「CASETiFY(ケースティファイ)」が、2021年9月10日(金)に東日本初となる常設店「CASETiFY STUDiO」を渋谷PARCOにオープンする。

    今回オープンする「CASETiFY STUDiO」は、その場でCASETiFYのシグネチャーであるカスタムケースを作れるだけでなく、人気のプリントデザインを取り揃え、店内にはプロモーション動画が流れる特大LEDパネルを設置。今回のオープンに際し、2020年に発売され大好評のうちに完売した「Yu Nagaba x CASETiFY コレクション」が渋谷PARCO限定でリストックされる。この商品は最新機種に対応しているだけでなく、インパクトケース 、ウルトラインパクトケース、ウォーターボトルやAirPodsケースなどでコレクション初登場となるカラーを取り揃えた。オープン以降、目玉コラボや、新型iPhone対応ケースなども続々と登場予定だ。

     

    また、CASETiFYのサスティナブルな社会の実現を目指す取り組みの一貫で発表された商品を、実際に手にとって体験できるよう、店内に特別ディスプレイを設置する。ここでは堆肥化可能で、生分解性のあるコンポスタブルケースや、ウォーターボトルなどを展示。さらにパッケージにリサイクル素材を使用した3層構造プロテクションマスクもチェックすることができる。

     

    渋谷PARCO店では、ルクア大阪店に続き、使わなくなったケースを新たな製品に生まれ変わらせ、プラスチック廃棄物を削減する取り組みである「RECASETiFY」を実施し、店頭にある「RECASETiFY」のボックスにケースを戻した人には、次回の買い物が15%オフになるクーポンを提供し、使わなくなったケースを安全に処分し、リサイクル、寄付することで廃棄物のない未来を目指す。

     

    お気に入りの一点を見つけてスマートフォンやアップルウォッチを自分らしくカスタマイズしてみては?

     

  • 和歌山の魅力を発信するイベント「紀の国わかやま文化祭2021 in 渋谷」開催

    03.September.2021 | FEATURES / SPOT

    アソビシステム株式会社は、文化庁主催「紀の国わかやま文化祭2021 in 渋谷」を2021年10月3日(日)に渋谷キャストにて開催する。

     

    「紀の国わかやま文化祭2021 in 渋谷」は、2021年10月30日(土)〜11月21日(日)の期間で行われる和歌山県で開催される文化芸術活動の発表・競演・交流などを行う国内最大の文化の祭典「紀の国わかやま文化祭2021(第36回国民文化祭・わかやま2021、第21回全国障害者芸術・文化祭わかやま大会)(以下:国民文化祭)」を広く知っていただくために開催されるイベント。渋谷・原宿の中心に位置する商業施設渋谷キャストをイベント会場とし、新型コロナウイルス感染症の防止対策を徹底しながら、タレントゲストによるトークショー、物産品販売ブースなどを展開する。

     

     

    渋谷の街全体で「国民文化祭」をPR!

    イベント会場とする渋谷エリア最大のメディアである「SHIBUYA TELEVISION」と全面的にタイアップ。和歌山県制作の国民文化祭PR動画が渋谷エリアの8箇所の街頭ビジョンで9月27日(月)から10月3日(日)の1週間の間放映される。また、渋谷にある飲食店では、和歌山の食材を使った期間限定メニューの提供を行うなど、渋谷の街でまるごと和歌山キャンペーンが実施される。

     

     

    イベントオリジナルグッズ「和歌山パンダマスクカバー」を来場者限定でプレゼント!

    イベント当日に来場頂いたお客様限定で、アソビシステムがプロデュースしたイベントオリジナルグッズ「和歌山パンダマスクカバー」をプレゼント。※数量限定

     

     

     

    和歌山の魅力を感じられるイベント「紀の国わかやま文化祭2021 in 渋谷」にぜひ足を運んでみて。

  • 国⺠的アーティスト・ゆずと総勢 24 名の作家による「ピクセルアート」特別企画展開催

    02.September.2021 | FASHION / SPOT

    アートプロジェクトプロデュース集団「WATOWA GALLERY(ワトワギャラリー)」がプロデュース参画する、「YUZU × Shibuya Pixel Art 『YUZUTOWN Special Exhibition』」が、2021年9月15日(水)から9月30日(木)までの期間限定で、渋谷二丁目のオルタナティブスペースelephant STUDIOで開催。

    世界最大級のピクセルアートコンテスト&フェスティバル「SHIBUYA PIXEL ART」は、ピクセルアートの芸術的な側面にスポットを当て、1990年代後半に“ビットバレー”と呼ばれた渋谷を舞台に、2017年から毎年開催されている芸術祭。今回、コロナ禍の人々の気持ちに寄り添い、渋谷から勇気を届けることをテーマに行われる「Shibuya Pixel Art Reboot」のメインイベントとして、国民的アーティスト「ゆず」の最新アルバム「YUZUTOWN」と今春開催されたオンラインライブ「YUZU ONLINE LIVE 2021 YUZUTOWN / ALWAYS YUZUTOWN」のオマージュ企画「YUZUTOWN Special Exhibition」が開催される。日本を代表するファンタジーRPGのドット絵を手掛けた渋谷員子や、MoMAに永久収蔵されている“emoji”の生みの親 栗田穣崇、「YUZUTOWN」のアルバムジャケットを手掛けたeBoyなど、総勢24名の作家によるピクセルアート作品を展示販売、会期終了後にはデジタル作品のNFTオークションを実施する。

     

    アニメーション、ゲーム、彫刻、絵画など様々なレイヤーを用意し、ピクセルアートの奥行きを感じられる企画展「YUZUTOWN Special Exhibition」へ足を運んでみては?

  • カフェ&ギフトショップ「Disney HARVEST MARKET By CAFE COMPANY」がプレオープン

    18.August.2021 | FOOD / SPOT

    ⼈にも社会にも地球にもヘルシーな「未来へつなぎたい『⾷』」を、ディズニーの世界観を通じて、おいしく、楽しく、提案する「ヘルシーテイメント」にフォーカスした新店舗のカフェ&ギフトショップ「Disney HARVEST MARKET By CAFE COMPANY」が、2021年8月12日(木)より、完全事前予約制でプレオープンした。

     

    メニュー 一例

    アフタヌーン ティーパーティー ¥3,200/1名様 *注文は2名〜
    季節のフルーツ、パンケーキ、オープンサンド等とドリンクがセットになったアフタヌーンティーセット。

     

     

    写真下から:おとぼけバリスタのカフェラテ ¥770/陽気な農園主のジャンボマッシュルームバーガー ¥2,530/ほくほくドギーポテト カレー風味 ¥935/キュートな料理研究家のピンクベリーパンケーキ ¥2,200/おしゃれパティシエのダブルベリーグラス ¥1,980/うっかりフィッシャーマンの全粒粉カルボナーラ ¥2,200

     

     

    メニューには、ミッキーマウスやミニーマウスをはじめとするキャラクターの世界観やストーリーを反映し、大人も子供も楽しめるデザインを施している。また、「Japan Local」というコンセプトのもと、日本の四季を感じられる限定メニューや、日本ならではの季節行事をイメージしたメニュー表なども登場予定。日常的な「食べる」という行為に、ディズニーの世界観を通じた「エンターテインメント」を掛け合わせ、「おいしく、楽しい」食体験を提案する。

     

     

     

    Oh!みやげ 〜GOODS EXPERIENCE〜

    カフェに併設するギフトショップでは、「お土産」から着想した「oh!みやげ」を合言葉に、日本各地の信頼できる作り手と共に作るここにしかないオリジナル商品や伝統工芸等のセレクト商品を取り揃え、自分や相手を思いながら、選ぶ楽しみ、買う楽しみ、贈る楽しみ、使う楽しみがぎゅっと詰まった体験を提供していく。

     

     

    ディズニーの世界観を通じて「ハーベスト」な体験を

    店名に冠した「ハーベスト」は「収穫」を意味する。ウッドやグリーンを基調とした店内では、ただ新しいモノを多用するだけではなく、まだまだ使用可能な廃材も使用。

     

     

    メニュー表には、ミッキー&フレンズなどをイメージしたデザインに日本文化や自然のモチーフを組み合わせ、日本の四季を表現している。

     

    また、店内奥には、ミッキーマウスをイメージした高さ2.7mの真っ白なスタチュー(像)を配置した。スタチューは、四季に合わせて装いやディスプレイを変更し、店のシンボルとしてゲストを迎える。今後、スタチューが身につける手ぬぐいやマフラー等と同じデザインを採用したオリジナル限定グッズの販売も予定している。

     

    BGM

    カフェで過ごすひとときにぴったりな、時代を超えて愛される楽曲を集めた店内BGMを作成。シャーマン兄弟やアネットなど往年のディズニー・レジェンドの楽曲をはじめとする、1950年代以降に⼈気を博した「Disneyland Records」や「Buena Vista Records」より発売された幻のレコード商品などから楽曲を選出し、さらにミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダックなどの仲間たちが歌うレアトラックスも収録したプレイリストとなっている。

     

     

    ディズニーの世界観を通じて表現される「ヘルシーテイメント」を体験しよう。

  • 日本のサステナブルに触れるマーケット・エキシビション「Meguriwa展」開催

    12.August.2021 | FASHION / SPOT

    日本のサステナブルを発信するプロジェクト「Meguriwa (めぐりわ)」が、2021年11月12日(金)と11月13日(土)の二日間限定でマーケット・合同展示会イベントを開催する。会場予定地は、渋谷駅南街区の、再開発で賑わいを見せるエリアに、時を忘れたかのようにひっそりと佇む邸宅。伝統的な和の雰囲気と西洋のモダンな様式が混在し、どこか懐かしさを感じる空間が広がる。

     

     

    間伐材をつかった商品や、売り上げの一部をつかって環境保全活動を行うプロダクト、再生デニムなど、循環型のモノヅクリにとりくむ全国のつくりて、企業が手掛ける作品、商品、素材が一堂に会する。人間は社会構造が大きく変化するうねりの中で、「無目的な自然(気候変動、ウィルスや地震など)」と共生を続けなければならない。そこで、Meguriwaは、自然との境界をつくらず、自然を恐れ感謝する「当たり前の経済」を再考すべき今、「サーキュラー・バイオエコノミー」が社会に示せるビジョンは大きいと考える。

     
    古来の営みと変わることのなく「地球に生きること」に向き合い、共に学び、楽しみながら未来をつくる場になってほしいとの想いが込められた本イベントでは素材の商談ができる素材展示も同時開催。さらに、オンラインセミナー「めぐりわのまなびば」が、事前イベントとして1ヶ月前より毎週で開催される。

     

    モノヅクリをとりまく地域文化を表現するイベントへ足を運んでみては?

     

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US