山下智久のタイムレスな初写真集「CIRCLE」表紙がついに解禁!

19.October.2021 | FASHION

山下智久が自身初となる写真集「CIRCLE」を2021年11月25日(木)に出版する。荒々しい大自然と交差しながら、「100年後に残るタイムレスな表現」を追求した。カメラを構えたのはポーランド出身の気鋭フォトグラファー、 マチェイ・クーチャ。誰も見たことのない山下智久の姿を封入する。

インテリアとしても絵になる、稀有な仕上がりの完全予約生産の豪華限定版(予約締め切り終了)の表紙は、写真の切り抜きをハードカバーに貼り付ける、手作業加工。美術本のようなリッチな見た目と手触りで、お家時間をアートに彩ってくれるだろう。豪華限定版の特典DVDには、メイキングやインタビュー、ティザー動画も収録予定で、海外ファンも楽しめるよう、インタビュー編には英語テロップも入る予定だ。

 

山下智久の新たな魅力と素顔に迫るタイムレスな写真集を手に取ってみては?

 

Ⓒ講談社

 

RELATED ENTRIES

  • ライフスタイルレーベル「BAPE®︎ HOME」がコンセプトショプ 「BAPE®︎ LOUNGE」 を開催決定

    26.April.2022 | FASHION

    2022年4月23日(土)〜5月15日(日)、BAPEXCLUSIVE™️ 青山の2Fフロアにて期間限定コンセプトショップ 「BAPE®︎ LOUNGE」を開催する。

    BAPE®︎のブランディングを配した様々なライフスタイルグッズやインテリア雑貨、一流の家具ブランドとのコラボレーションプロダクトなど、厳選されたアイテムを展示。期間中は展示の家具を観るだけでなく、「BAPE®︎ LOUNGE」での受注会、オンラインストアでは一部商品を注文することもできる。

     

     

    ミッドセンチュリーの物づくりの精神、オリジナルへのこだわりと歴史を受け継ぐインテリアメーカー、MODERNICA(モダニカ)とのコラボレーションプロダクトも「BAPE®︎ LOUNGE」に登場。

    モダニカのシェルチェアは、1950年にオリジナルを誕生させたゼニス工場の機械を使い、当時の技術者を再雇用して製造するなど、プロセスだけでなく技能もミッドセンチュリー期から受け継ぎ、今もなおカリフォルニアで手作りしている。今回登場するシェルチェアはABC CAMOのクッションが座面の形状に沿って張られており、長時間座っても疲れにくい仕様。ポップなカラーリングは木製家具との相性が良く、差し色としても様々なインテリアを明るく演出してくれる。

     

     

    BAPEXCLUSIVE™️ 青山の2Fのディスプレイを一新し開催される「BAPE®︎ LOUNGE」。壁面を埋めるBAPE®︎のアーカイブアイテムとBAPE STA™️、所狭しと展示されたファニチャーとライフスタイルグッズの数々。BAPE LAND所蔵の貴重なアイテムが一堂に会したディスプレイも一見の価値あり!

     

    また、「BAPE®︎ LOUNGE」の開催期間中、同店1Fにてアーカイブアイテムの販売も決定。
    買い逃してしまったレアなアイテムが手に入るかもしれないこの機会をお見逃しなく。

     

  • 国内外で活躍する山下智久が『ヌメロ・トウキョウ』5月号特装版表紙に初登場

    28.March.2022 | FASHION

    2022年3月28日(月)発売の「Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)」5月号本誌特集ページ、特装版カバー&別冊付録に山下智久が初登場。本誌と別冊、合計24ページにわたって山下智久の魅力に迫る。

     

    映画『ザ・マン・フロム・トロント』、主演作『Drops of God/神の雫』や、4月からは『正直不動産』で NHK 連続ドラマに初主演する山下智久。ディオール ビューティー アンバサダーも務めるなど、活躍は多岐にわたる。


     「この1年半、ものすごく忙しかったですね。でも、自分で決めていたんです。少なくとも2年は倒れるまで走り続けようって」「4カ月単身フランスにいて、正直ホームシックになりましたね。“なっが~ !! 帰りたいなー”って(笑)」「海外では自炊なので、炊飯器ひとつで料理をする生活でした。料理中は雑念が消えて、没頭できるから好きですね」

     


    国内外から作品のオファーが相次ぐ中、インタビューでは独立して約1年半、忙しくも濃密な日々で感じたことを語っている。また、インタビューではファンへの感謝と愛が“だだもれ”する言葉も。「心を開ける相手って本当に少なくて。でも、ファンの方たちはいつも圧倒的な味方でいてくれて、無償の愛情を注いでくれるすごい存在。僕からすると、親とか家族みたいな感覚ですね」。さらに本誌では、ディオール ビューティー アンバサダーを務める山下が、世界的フラワーアーティスト東信がディオールのフレグランスをイメージして創作した花に囲まれた、幻想的な撮影を行った。

     



    山下智久コメント

    「東信さんが作る花の世界は、美しくもダイナミックでワイルド。今回こうして共演できて光栄です。アンバサダーとしての活動を通じて、香りが記憶と結びついていることや、香りの奥深さを学んでいます」


    東信コメント

    「ディオールの世界観に、山下さんの持つ世界観を融合して、ただ美しいだけじゃない、野性味や荒々しさも感じる作品を作りました。山下さんはまるで“サムライ”のような印象。花に負けないオーラがにじみ出ていました」

     


    精悍さを増した顔つきに、時折ふっと少年らしさが見え隠れする。そんなアンビバレントな魅力にあふれた撮り下ろし写真にも注目してほしい。

  • 山下智久がブルガリの新作メンズ レザーグッズ コレクションのキャンペーンヴィジュアルに登場

    04.March.2022 | FASHION

    ブルガリは、ラグジュアリーの更なるサステナブルな未来を作る取り組みの一環として、新たなブルガリ メンズレザーグッズ コレクションを発表し、本コレクションのキャンペーンに、ブルガリのアンバサダーであり俳優・アーティストの山下智久が起用した。

     

     

    山下智久コメント

    今回の撮影コンセプトが『山下智久の日常の延長線にあるスタイル』だったので、リラックスして撮影に臨むことができました。実際、自分が普段使っているようなバックパックもあり、既視感と申しますか、撮影中にすでに愛着がわいてきました (笑)。私服ではシンプルなモノトーンを好むことが多いですが、イタリアらしい鮮やかな新色のカラー達は僕のモノトーンのスタイルにもあいそうです。商品開発コンセプトにあるサステイナビリティにも共感しました。『良い靴は履き主を良い場所に連れて行ってくれる』という諺を聞いたことがありますが、良いバッグにも同じことが言えると思います。身軽にバッグひとつだけを持ち、次はどの街へ旅に出ようかと想いを巡らせることがあります。ブルガリのバッグが『人生という旅』において、あなたの夢を叶える場所に連れて行ってくれることを願ってやみません

     

    新たな可能性を模索することにより、環境への影響を最小限に抑えながらも、品質の高さとアイコニックなデザインの両立を具現化する、環境に配慮したコレクションをチェックしよう。

  • MUJI HOTEL GINZA など3会場でヴィンテージ家具展『Life in Art ” TOKYO MODERNISM 2022″』開催

    17.February.2022 | FASHION / SPOT

    インテリアブランド イデー(IDÉE)を展開する良品計画は、2022年2月25日(金)から4月10日(日)までの期間中に、『Life in Art “TOKYO MODERNISM 2022″』を開催する。ミッドセンチュリー期(1940 – 1960 年代)のモダンデザインを中心に扱うヴィンテージショップやギャラリーが日本中から集まり、それぞれの個性が選んだ世界各地の優れたデザイナーが生んだ造形美や機能美を、それらが生まれた時代や背景と共に紹介する。自身の活動の原点の1つに、ミッドセンチュリー期のデザインがあるという中原慎一郎氏(ランドスケープ・プロダクツファウンダー)と、黄金期のモダンデザインを広く伝えようと「MODERNISM SHOW」を開催してきた郷古隆洋(Swimsuit Department) を企画協力に迎え、ATELIER MUJI GINZA(無印良品 銀座 6F)でのエキシビション、IDÉE TOKYO でのオークション、MUJI HOTEL GINZA のショーと、3 部構成の開催となる。

     

    Modernism Gallery

    全国にお店を構える、ミッドセンチュリー期を中心としたヴィンテージ家具やインテリアの素晴らしさを伝えるギャラリー、ショップのオーナーが逸品を出品し、その品に対する想いやデザイナーのストーリーを紹介する展示。

     

    Modernism Auction #Chairs

    “TOKYO MODERNISM 2022” に参加するショップオーナーや、クリエイターやアーティストが、愛着を持って使ってきたチェアを次に繋げるオークション企画。東京駅構内に店舗を構える IDÉE TOKYO が会場となる。

     

    Modernism Show

    国内の約 30 店舗のギャラリーやヴィンテージショップが、MUJI HOTEL GINZA の7〜8階の客室をお店にして展開するスペシャルなショー。アメリカ、ブラジル、北欧、ヨーロッパ、日本を中心に、モダンデザインの名品が一堂に集まる。「TOKYO MODERNISM 2022」のメイン企画。

     

    日本中のヴィンテージショップ、ギャラリーが集結するスペシャルイベントをお見逃しなく!

  • 銀座 蔦屋書店、豪州発「醤油鯛」モチーフのライト「Light Soy」を数量限定販売

    27.January.2022 | FASHION

    東京都 中央区 GINZA SIXの銀座 蔦屋書店は、豪州発のインテリアライト「Light Soy」を数量限定で販売する。ユニークなデザインと近年注目されているSDGs視点の発想によって制作された、日本初上陸のプロダクト。また、オンラインストアにて予約販売開始した。

     

     

    豪州発のインテリアライト「Light Soy」は、日本ではお寿司やお弁当でお馴染みの「醤油鯛」がモチーフとなった、ユニークなデザインが目を引くライト。おやすみ前のリラックスタイムや読書時間をかわいらしく照らす。「Light Soy」は、オーストラリアのシドニーを拠点とする2人のデザイナー、Angus WareとJeffrey Simpsonによるデザインスタジオ「Heliograf」が手掛けるプロダクト。2020年にはオーストラリアのthe Good Design Awards 金賞を受賞した。



    USB充電式で持ち歩くことができ、ライトの明かりはタッチボタンで4段階の調光が可能だ。今回はこの「Light Soy」と、それにスタンド・充電ケーブルが付属され、プレミアムなパッケージに封入された特別版「Light Soy Luxe」も登場した。また、本プロダクトは、SDGs発想で設計されているのもポイント。ライト1個の販売につき2kg相当の海洋プラスチック浄化につながる。パッケージも生分解性でプラスチックフリーの素材を使用し、可能な限り廃棄物が少なくなるようにデザインされており、ライトの魚部分にあたるシェードは、その75%がオーシャンバウンド・プラスチック(※)を再利用してつくられている。
    モチーフとなった醤油鯛は、過剰な消費経済の象徴であるとともに、リデザインされることで「廃棄物が二度と廃棄物にならず、長く愛されるように」という思いも込められている。

  • 家具メーカー・Karimoku x ブルーボトルコーヒーがインテリアを彩るアイテム発売

    23.November.2021 | FASHION / FOOD

    ブルーボトルコーヒージャパンが、カリモク家具とコラボレートした「Karimoku x Blue Bottle Coffee Morning Collection」を2021年12月1日(水)より、ブルーボトルコーヒーの一部のカフェ(*清澄白河フラッグシップカフェ、渋谷カフェ、銀座カフェ、みなとみらいカフェ、京都カフェ、梅田茶屋町カフェ、神戸カフェ)、ブルーボトルコーヒー公式オンラインストア、ポップアップストアにて発売する。

     

     

    ブルーボトルコーヒーでは、美味しいコーヒーを自宅で楽しむためのツールとして、インテリアとしても堪能できるコーヒーグッズを届けたいという想いから、高度な機械の技術と職人の技を融合させ、日本を代表する木製家具メーカーの一つであるカリモク家具とコラボレートした、使いやすさはもちろんインテリアのアクセントにもなる3種のアイテムが誕生した。カリモク家具は、ブルーボトルコーヒーの一部のカフェでも家具を制作しており、そのデザインや手触り、使い心地から好評を得ている。

     

     

     

    Karimoku x Blue Bottle Coffee Morning Collection

    ドリッパースタンド

    フィルターケース  

    カッティングボード     

     

     

    ブルーボトルのカフェから着想を得たシンプルで誠実なデザイン、また木の素材を活かした素朴さと柔らかな曲線が、お部屋に温かみを添えるデザインであるだけでなく、原料には家具づくりで出てくる端材や、使用しにくい短い木材も利用して作られたサステナブルなコラボコレクションとなっている。毎日のコーヒータイム豊かにするこちらのコレクションは、長く使えるデザインで大切な人へのホリデーのギフトにもぴったり。

     

    朝起きてコーヒーを淹れることが楽しみになるような、インテリアを彩るコラボアイテムを手に取ってみては?

     

  • ファッションブランドANNA SUI×インテリアショップ・フランフランがコラボ発表

    01.September.2021 | FASHION

    インテリアショップ「Francfranc(フランフラン)」が、世界的なファッションブランド「ANNA SUI(アナ スイ)」とコラボレーションした商品シリーズ「ANNA SUI HOME Francfranc」を2021年9月3日(金)より全国のFrancfranc店舗、Francfranc オンラインショップにて展開する。

    ラインアップ

    ソファ 2シータ― ダークレッド149,000円(税込)/ソファ 1シータ― ダークレッド79,000円(税込)/オットマン ダークレッド 39,000円(税込)

    サイドテーブル ブラック39,000円(税込)/ラグ M ダークパープル35,000円(税込)

    クッションカバー ロゴ パープル / レトロフラワー ベージュ/ フラワーマルチ / ブラック×ゴールド 各5,000円(税込)

    まくらカバー フラワーマルチ4,000円(税込)/掛け布団カバー フラワーマルチ シングル15,000円(税込)・セミダブル16,000円(税込)・ダブル17,000円(税込)/クッションΦ50 パープル 5,800円(税込)

    リムーバブル ウォールペーパー フラワーパープル / フラワーピンク /スワンブラック 各3,200円(税込)

    ルームウェア ネイビー 10,000円(税込)/ルームシューズ ネイビー ・ブラック 各4,000円(税込)

    巾着バッグ ネイビー /ブラック/レッド/ピンク 各3,000円(税込)

    トラベルジュエリーボックス 各2,500円(税込)/ジュエリーボックス S各7,500円(税込)/ジュエリーボックス L 各10,000円(税込)/マルチボックス 各9,500円(税込)

    ルームフレグランス ブラック/ゴールド /ホワイト 各4,800円(税込)キャンドル ブラック/ゴールド/ホワイト 各3,800円(税込)

    フタ付きマグ フラワー ピンク/フラワー ブルー/レース フラワー レッド/レトロ フラワー ベージュ/ロゴ パープル/ストア ピンク 各2,200円(税込)

    ティーフォーワン パープル・グリーン 各5,000円(税込)/ミニプレートセット3,000円(税込)

     

     

    ANNA SUIとインテリアショップのコラボレーションは世界初の取り組み。2022年7月にFrancfranc創立30周年となるアニバーサリーイヤーを迎えるにあたり、今年の秋から来年の春夏シーズンにかけたスペシャルなコラボレーションが実現した。デビューとなる秋冬シーズンは、部屋のメインになる家具やラグ、インテリアオブジェのようなフレグランスやキャンドル、ANNA SUIのアクセサリーを入れたくなるジュエリーボックス、貼って剥がせるウォールペーパーやギフトにもおすすめのマグカップやミニプレートなど全47SKUをラインアップした。

     

     

    全種類集めたくなるコラボアイテムで自分だけの空間を彩ってみては?

  • 山下智久初のオンラインライブがABEMAにて配信決定

    25.August.2021 | MUSIC

    新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」が、「ABEMA PPV ONLINE LIVE(アベマ ペイパービューオンラインライブ)」にて、俳優で歌手の山下智久による自身初のオンラインライブ「TOMOHISA YAMASHITA First Online Live “Beautiful World”」を2021年9月5日(日)19時より配信することを決定し、現在、ライブチケットを販売中。

     

    俳優、アーティストとして世界を舞台に活躍する山下が贈る、1夜かぎりのスペシャルライブを、ぜひ、「ABEMA」にて楽しもう。なお、本ライブはテレビデバイスで視聴することで、大画面で、迫力のパフォーマンスやライブ会場さながらの臨場感を体験することができる。


    また、本ライブのチケットを販売期間中に「ABEMA PPV ONLINE LIVE」にて購入し、「ABEMA」のプレミアムプラン「ABEMAプレミアム」に登録した人限定で、「ABEMAプレミアム」1か月分(960円相当)をキャッシュバックするキャンペーンも実施中。

     

    山下智久コメント

    「このたび“Beautiful World”という、初めてのオンラインライブを開催させていただくことになりました。
    少しでも早く同じ時間を共有したくて、このような機会を作って頂きました。
    そして、観てくれる方と一緒に音楽に触れられることをいまからとてもワクワクしております。
    1日も早くライブ会場で皆さんに音楽を直接届けていけるように想いを込めて、画面越しではありますが、皆さんにお会いできること楽しみにしています。」

     

    世界的に活躍する山下智久のオンラインライブでおうち時間を充実してみては?

     

  • ツインズユニットAMIAYA×ストリートスナップ誌「STREET」コラボ写真集発行

    24.August.2021 | FASHION

    ツインズユニット・AMIAYAが、ストリートスナップ誌「STREET」とのコラボレーションによる写真集「AMIAYA × STREET TOKYO FASHION 2021ss」を、2021年8月23日(月)よりオンラインストアと一部書店にて発売スタート。

     

     

    AMIAYAは、ストリートファッションをルーツとし、10代の頃からモデルとして活躍している。現在はTOKYOを代表するファッションアイコンとして世界から注目を集めるAMIAYAと、1985年の創刊以来、世界の都市のストリートファッションを発信し続けてきた「STREET」がタッグを組んだ「AMIAYA × STREET TOKYO FASHION 2021ss」は、コロナ禍でファッション業界が大きな影響を受けているいま何ができるのかを共に考え、両者が協同することで日本のファッションを世界に発信すべく、本誌の制作に至った。

    誌面では、原宿を中心としたストリートを舞台に、最新の東京ファッションを身に纏ったAMIAYAを「STREET」編集長兼フォトグラファーの青木正一が一冊丸々撮り下ろし。ファッションの持つ可能性と魅力を改めて感じられる写真集となっているのでチェックしてみては?

     



    AMIAYAコメント


    「東京から世界へコロナ禍で改めて見つめたファッションのこと私達が出来る発信の形。
    日本が誇るファッションブランドにフューチャーし、海外からの支持も熱いSTREETと、日本のファッションシーンを盛り上げていけるような取り組みをしたいと考えました。日本から世界へ繋がっていくたくさんのファッションの可能性を信じ、ファッションの持つポジティブなエネルギーを届けられますように、と願いを込めて。」

     



    ストリート編集室 青木正一コメント


    「コロナウィルスはファッション業界にもかつてないダメージを与えています。日本のファッションを世界に発信することも困難になっています。ファッションは不要不急ではないですが、人類にとって、日本にとっても重要な存在だと信じています。AMIAYAは世界に認知されている日本のファッションアイコンです。コロナ禍の東京のストリートで、リアルとバーチャルの間の様なキャラクターのAMIAYAをモデルに、最新シーズンの東京ファッションを撮り下ろして世界に発信したいと考えました。AMIAYAのスケジュールを調整しながらの撮影で、半年間くらいかかってしまいましたが、ようやく発行できることになりました。小さな活動でもでもたくさん集まれば大きな突破力になると考えています。」

     

    TALENT PROFILE

    AMIAYA

    15歳で上京し原宿のストリートをゼロからスタートした双子の姉妹。青文字系雑誌でモデルを務めすぐに、独創的な着こなしとヘアメイクを真似するファンが急増。一躍、原宿を代表するスターモデルとなる。2010年7月に発売した『AYA AMI BOOK』(祥伝社刊)は計4万部の発行部数を記録。その後も活動の幅を広げ、『NYLON JAPAN』でも表紙を飾り連載をスタートさせるなど多ジャンルのファッション誌で活躍している。モデル業以外では、アパレルブランドド”jouetie”をコンセプターとなり立ち上げ、日本のみならずアジア全域で人気のブランドに上り詰めている。そして2013年、ユニバーサルミュージック ファー・イースタン・トライブ・レコーズより、メジャーデビューミニアルバム「TOKYO POP」をリリース。幼い頃からの夢であったアーティストとしても活動している。

  • オニツカタイガーが山下智久とeスポーツの未来を探索するYouTube動画を公開

    18.July.2021 | FASHION

    日本発のファッションブランド Onitsuka Tigerは、オフィシャルユニフォームを制作するパートナーとして、インテルによるeスポーツの世界大会 「インテル・ワールド・オープン(IWO)」へ参画。また大会期間中、山下智久と協業し、eスポーツによるインクルーシブな社会の発展を推進するYouTube動画シリーズ第一弾を2021年7月13日(火)に発表した。

     

    今大会でオニツカタイガーが提供するオフィシャルユニフォームは全6アイテムになり、eスポーツを心から楽しめる快適性をデザインに取り入れている。ブランドの名作であるトラックスーツをはじめ、Tシャツ、ロングスリーブTシャツ等のアパレルから、今大会の競技であるストリートファイターとロケットリーグのイメージカラーを施したシューズまで、eスポーツにおける新たなスタイルを提案していく。

     

    また、オニツカタイガーが着目するeスポーツによるボーダレスな社会づくりに賛同した山下智久と、7月13日(火)にeスポーツの普及を支援するゲーム企画動画「TOMO’S GAME ROOM」を公開。eスポーツ初心者の山下が幼少期に出会ったストリートファイターに再挑戦し、さまざまな出会いや気づきを通して視聴者と共に成長していくエデュケーション・ジャーニーを提供する。

     

    大会競技の「ストリートファイターⅤチャンピオンエディション」を実際に初めてプレイする回から、大会優勝者との出会いまで、さまざまな動画コンテンツが、オニツカタイガー公式YouTubeチャンネルにて順次公開されるのでお見逃しなく。

     

    GRAPHIC TEE 11,000円(税込)

     

    また、今回のオフィシャルユニフォームのレプリカTシャツを120枚限定で世界各国のオニツカタイガー公式オンラインストアで発売中。こちらもあわせてチェックしてみてほしい。


    オニツカタイガーは、eスポーツにおける年齢、性別、国籍や障害の有無の違いを超え誰もが受け入れられる社会づくりの可能性に着目し、eスポーツの普及とさまざまなチャンスやチャレンジの支援を目指していく。

  • 代官山蔦屋書店にて日本のデザイン文化を追求した天童木工80周年記念フェア開催中

    12.July.2021 | FASHION / SPOT

    代官山蔦屋書店が、2021年7月7日(水)から8月6日(金)までの期間に、天童木工の80周年を記念し、新刊書籍と限定仕様の新作家具を販売するフェア、「天童木工とジャパニーズモダン」を開催している。書籍「天童木工とジャパニーズモダン」を先行販売する他、建築、インテリア、プロダクトの視点から生まれた天童木工の名作家具と、80周年を記念に製作された中村拓志、二俣公一、熊野亘による新作家具を展示、限定販売する。

     

    各デザイナーの署名入りプレート




    天童木工の家具づくりは、戦後、日本の気候風土に根差した建築、デザイン文化を追求した建築家やデザイナーとの協働で大きく発展した。なかでも剣持勇を中心に、日本独自のデザインを探らんとする「ジャパニーズモダン」の思想から大きな影響を受けている。天童木工は、日本の建築史における様々な名作に納められた数多の家具づくりを通じて、多様なコラボレーションを行ってきた。

    2020年に創業80年を迎え、天童木工が協働してきた建築家やデザイナーとの数多くの仕事を時代順に追いかけた書籍「天童木工とジャパニーズモダン」が7月中旬に刊行される。あらためて「ジャパニーズモダン」の普遍性を探りながら、実例とともに天童木工が日本の家具や空間に寄与してきた役割を再考する書籍となっている。時代とともに変わるライフスタイルへの考察と、新作家具開発のプロセスやデザイナーへのインタビューも収録。多彩なビジュアルとともに歴史を振り返り、未来へとつなぐ一冊となるだろう。

     

    なお、この度の先行販売に限り、新作家具には各デザイナーの署名入りプレートが付属している。

     

    ジャパニーズモダンを紐解くフェアへ足を運んでみては?

  • 人気陶芸作家・竹村良訓×journal standard Furnitureコラボランプ数量限定発売

    27.June.2021 | FASHION / SPOT

    人気陶芸作家の竹村良訓が製作した陶器の花瓶をカスタムしたテーブル ランプ が、2021年6月26日(土)よりjournal standard Furniture (ジャーナルスタンダード ファニチャー)日本橋店で販売する。

     

     

    TAKEMURA LAMPアイテム一例

    71,500円(税込)

     

     

    今回、イベントのために製作されたランプベースの陶器は22点。全て竹村の手仕事による作品で、ひとつひとつ丁寧に製作された。


    竹村の作品で一番の魅力は色彩表現。もともと化学好きであった竹村は釉薬の調合を独学で追求し、60色以上の色を使いこなす。一つとして同じものがない竹村の、まるでアートピースのような作品は、お部屋の一角に華を与えてくれること間違いなし。

    独学で学んだ竹村の陶芸作品は全て個性的な一点ものばかり。作りながらイメージを膨らませ、少しずつカタチが出来上がっていくライブ感あふれる作業風景。釉薬の色は独自の手法で調合を行い、個性が尊重された色彩表現が生まれる。木部は陶器の形状に合わせて専門職人による旋盤加工が行われ、作品の魅力が更に引き出される。

     


    Journal standard Furnitureらしい遊び心とクラフトマンシップに溢れたテーブルランプをチェックしてみては?

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US