世界が注目する日本のイラストレーター150名を掲載、『ILLUSTRATION 2022』刊行

12.November.2021 | FASHION

世界が注目する日本のイラストシーンの今を収録し、シリーズ累計11万部を誇る「ILLUSTRATION」シリーズ。2021年12 月6 日(月)に発売される『ILLUSTRATION 2022』では、多種多様なポップカルチャーから刻々と変化するネットカルチャーまで、日本のイラストシーンを横断した実力派作家150名を掲載した。掲載作家の9割超が前書『ILLUSTRATION 2021』から入れ替わり、現代イラストレーションの最先端に触れることができる。
 

ILLUSTRATION 2022 通常版

ILLUSTRATION 2022 特別版

 

今回カバーイラストを手掛けるのは、YOASOBIのキービジュアルも担当する話題のイラストレーター、古塔つみ。ブックデザインは、多くの作家が信頼を寄せる気鋭デザイナー、有馬トモユキが担当する。

 


巻末には、YOASOBIの仕掛け人として知られるソニー・ミュージックエンタテインメントの屋代陽平、バーチャルシンガー花譜、ボカロPカンザキイオリらを擁するクリエイティブ集団「KAMITSUBAKI STUDIO」の統括プロデューサーPIEDPIPERのインタビューを収録するほか、本書カバーデザインの制作過程を古塔つみと有馬トモユキの両者が語る特別対談を収録している。

 

作家それぞれが持つ世界観の魅力、色使いや筆致を隅々まで堪能いただくため、画集やアートプリントに特化した最新の印刷技術「ブリリアントパレット」を採用した。また、本書の刊行を記念し、別仕様カバーの特別版をAmazonとSEshopにて数量限定で販売予定なのでこちらもチェックしてほしい。

 

RELATED ENTRIES

  • hotel koe tokyo主催アーティストの個展をサポートする「ima no koe」、イラストレーター田中かえの個展開催

    29.November.2021 | FASHION / SPOT

    「hotel koe tokyo(ホテル コエ トーキョー)」は、2021年11月26日(金)より12月10日(金)までの期間中に、最近では乃木坂46や内田理央などのコラボレーションが話題となっている、イラストレーター・田中かえの個展を開催する。

     

    コラボアイテム

    オーバーオール

    オーバーオール

    ソックス

    フーディー

    トートバック

    抽選販売「かえちゃんソフビ」別注カラー

     

     

    田中 かえ

    hotel koe tokyoでは、今年1年を通してピックアップアーティストの個展をサポートし、見逃しがちなアーティストの“今”をしっかりと切り取り、発信していく展示会「ima no koe」を実施している。

    今回は、Tumblrを主体とし、SNSを通して数多くの反響を呼んできたイラストレーター・田中かえを迎え、全新作イラストを展示する個展「SELECT」を開催。
    また、本個展を記念して、koeとのコラボグッズを発売する。フランスのファクトリーブランド「Le Pigeon Voyageur(ル ピジョン ヴォワイヤジュール)」のアイテムに、特別に描き下ろししたイラストをプリントしたジェンダーレスで楽しめるアイテムとなっている。そのほか、メディコム・トイからリリースされた「かえちゃんソフビ」の別注カラーも抽選販売されるのでお見逃しなく。

    さらに12月9日(木)には、本人が在廊し、似顔絵イベントが実施されるので、この機会に「SELECT」へ足を運んでみては?

     

  • 米国アパレルFruit of the Loom× イラストレーター「Nah」「火曜び」コラボアイテム登場

    09.November.2021 | FASHION

    フルーツロゴがネームにプリントされた世界有数の米国アパレル/アンダーウェアメーカー「Fruit of the Loom(フルーツオブザルーム)」と、ポップなイラストがZ世代を中心に支持されるイラストレーター「Nah」「火曜び」のコラボレーションによる最新カプセルコレクションが、2021年11月12日(金)よりZOZOTOWN内「ROOP TOKYO」にて販売開始。

     

    Nah コラボアイテム(一部)

     

    Nah
    2018年より本格的に活動を開始し、インスタグラムを中心に10代20代に支持される福岡在住24歳のイラストレーター。ODDBALL(変わり者)をコンセプトに描く、ちょっぴりセクシーでキュートなイラストは、パステルポップな色使いが特徴的。誰もが一度は憧れるような、一歩先を行く手の届かない女の子を繊細に描いている。
    Instagram:https://www.instagram.com/nah_ill_/
    HP:https://asobisystem.com/talent/nah/

     

    火曜び コラボアイテム(一部)

    火曜び
    現代の今っぽさと80〜90年代のノスタルジーを感じるちょっぴり懐かしいニューレトロな絵柄が魅力。アパレルブランドとのコラボや、CDジャケットのデザイン提供など幅広く活動中。
    Instagram:https://www.instagram.com/__tuesday__9/
    HP:https://asobisystem.com/talent/kayoubi/

     



    今回のコラボレーションのために描き下ろされたイラストデザインは、女の子の『好き、かわいい』を詰め込んだモチーフやフルーツカラーをセレクトし、プリントと刺繍で表現した。アイテムはパーカー、Tシャツ、バケットハット、トートバッグなどをラインナップする。ここでしか手に入らないスペシャルコラボコレクションをゲットしてみて。

     

  • 初披露の原画含め約300点を展示!「ハムスター助六の日常展」池袋PARCOにて開催

    07.November.2021 | SPOT

    2021年11月12日(金)より、PARCO FACTORY(パルコファクトリー)にて、日本だけでなくアジアで大人気の「ハムスター助六の日常」の、日本初の大型展覧会「ハムスター助六の日常展」を開催する。

     

    本展は、イラストレーターGOTTEが描く、リアルで微笑ましい「ハムスター助六の日常」の日本初の大型展覧会。 会場では、本展覧会の為にGOTTEが描き下ろした作品や、初披露の作品、過去にSNSで発表された作品などを含む、約300点の原画を展示する。

     

     

    ひまわり畑をイメージした空間で、ひまわりをモチーフとした原画を集めたコーナーも登場するほか、展覧会初となる「助六の部屋」の一部を再現したコーナーでは、作品ができるまでのメイキング映像や、作中にも登場するさまざまなコスプレ衣装を着た助六のマスコットの展示も行う。

     

    会場内ショップでは、複製原画の販売の他、今回描き下ろした作品のアートを使用したグッズも登場予定。

     

    日本初の「ハムスター助六の日常」大型展覧会で、助六にゆるりと癒やされてみては。

     

  • アニメーター/イラストレーションアーティスト米山舞「START ART FAIR 2021」に日本人アーティストとして選出

    31.October.2021 | ANIME&GAME

    アニメーター/イラストレーションアーティスト米山舞が「START ART FAIR 2021」に日本人アーティストとして選出された。同展は、コンテンポラリーアート分野で最も有名なギャラリーの一つであるロンドンのサーチギャラリーにて開催、25カ国70人以上のアーティストと世界中のギャラリーが参加している。米山舞の出展作品は、彼女自身の来歴を象徴するかのような作品『00:00:00:00(シーケンス)』。世界のキュレーターが集うSTART.artに名を連ね、エルミタージュ美術館のキュレーターも務めるDimitri Ozerkovのチームが認めた作品として「START ART FAIR 2021」の注目作の一つとなっている。

     

    A LOT, 2021

    Es, 2021

    Id, 2021

    DISCOVER, 2021

    silk moss, 2020

    VISIONS, 2020

     

    米山は、『新世紀エヴァンゲリオン』を担当したアニメ制作会社ガイナックスにてアニメーターとしてキャリアをスタートした。その後、日本国内外から高い評価を受けるアニメ制作会社トリガーにて『キルラキル』作画監督や『キズナイーバー』キャラクターデザイン等を担当し頭角を現し、2019年に日本で大ヒットしたアニメ映画『プロメア』ではヴィジュアルデベロップメント等の中心的役割を務めるなど、アニメ・イラスト業界において確かな存在感を発揮している。さらに、エヴァンゲリオンアパレルブランド『RADIO EVA』にてメインビジュアル等を手掛けるなど、イラストレーターとしての活躍も目覚ましい。今年2月にはカネボウ化粧品「KATE」綾波レイ編において、作画のみならず、CM監督や撮影を務めたことでも注目を集めた。また、2019年に個展「SHE」、2021年には個展「EGO」を開催し、アーティストとしての活動も本格化している。

    日本のみならずアジアの要素を含む広く深い感性と、アニメーター出身ならではの卓越した技術に裏打ちされたシチュエーションを伝える表現力が融合した、感情や動きの流れを感じさせる描写が特徴だ。

     


    「START ART FAIR 2021」における米山の出展作品『00:00:00:00』(シーケンス)は、16枚の作品から成る集合作で、それぞれが1枚の作品として完成しながらも、全体で流れを構成する。タイトルの読みである「シーケンス」という語は、アニメを含む映像業界等において、シーンが集まって一つの物語として成立するものといった意味で使われる用語。タイトルに用いられたこの語には、「シーケンスはどんな瞬間にも存在にしていて、誰にも、みんなにも自分にも存在する。瞬間を捉えているモノの連続それ自体が作品」との意味が込められているという。作品のコンセプトについて米山は、「自分にとってアニメーションを描くということは、一瞬の尊さというものを再認識させてくれる行為です。1フレームの瞬間を拡張させそれを何枚も用意し、それを行ったり戻ったりして動きの流れを成立させることで、全ての瞬間がお互い作用しあっている状態が好きなのでそれを作品にしました。」と述べている。

     

    本作品は、まず初めに16の花々とその意味が決められ、それからすべてが描かれている。背景に象徴の花を、前面に少女を配する、この重ねて表現する手法は、アニメーター時代に培った技術や観点が応用されており、単なる絵にとどまること無く、息遣いや感情、生き様、空間など存在そのものが伝わりくるその様は、まさしく「Animator:生命を吹き込む者」のなせる業だ。少女の、フリージアの花言葉の如くあどけなさを残した様子から、無垢でありながらも威厳を湛え、百合の花言葉を体現したような姿へと変わりゆく様を、それぞれの花言葉に添いながら1枚1枚描き出している。どの瞬間も思わず目を惹くような可憐さや美しさを感じさせる完成度であるが、その連なりこそが本作品の真骨頂であり、16枚が並ぶ様は見る者が魅入られ、その場で立ち尽くすほどに壮観だ。

     

    米山を象徴する作品と言える『00:00:00:00』は、世界中のキュレーターが集まるSTART.artにも名を連ねるDimitri Ozerkovのチームに認められたことで話題を呼んでいる。Dimitri Ozerkovは、ロシアの美術史家かつキュレーターであり、2007年以来、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館で現代美術部門の責任者を務め、伝統的な美術館で現代美術を収集して展示するエルミタージュ20/21現代美術プロジェクトの責任者でもある。世界有数の美術館であるエルミタージュのキュレーターであり、一目置かれる存在であるOzerkovに認められたとして、数々の作品が集まる「START ART FAIR 2021」において注目作の一つとなっている。

     

    誇るよりも、先達のお陰で今の自分が在るといった謙虚な姿勢が印象的な米山であるが、その目指すところは、「自分が自分のままで人の心を動かすこと」だという。絵を言語として、絵でコミュニケーションをする者として、言葉や時代、あらゆる境界を超えていくのだろう。アニメーター/イラストレーションアーティスト米山舞の歩みに今後も目が離せない。

     

    ©MAI YONEYAMA

  • イラストレーター・Hiten初個展「Claire」がpixiv WAEN GALLERYにて開催

    31.October.2021 | FASHION / SPOT

    クリエイターの作品を展示するギャラリー「pixiv WAEN GALLERY by TWIN PLANET × pixiv」は、2021年10月22日(金)より11月10日(水)までの期間限定でHiten初個展「Claire」を開催する。

     

    販売グッズ

    サイン入り保証書付き複製原画/オリジナルマグカップ/ロングTシャツ等

     

    本個展ではHitenがこれまで手掛けたイラスト約70点を展示する。見どころは、今回の展示のためにHiten監修で製作した大型のアクリルアートの展示。四季をイメージしたイラストを中心に5枚を製作した。Hitenの透明感のある光の表現と、アクリルの透明な素材がマッチした美しい作品を会場にて鑑賞してほしい。
    またアクリルアートは現品1点限りの抽選販売を予定しており、その他にも複製原画やアクリルスタンド、複製原画などのグッズも販売される。



    また、今回もpixivFANBOXと連動したコラボキャンペーンを実施。Hitenの「pixivFANBOX」支援者に先着300名限定で「ファンカード型イラストカード」をプレゼントする。さらに会場内を撮影した写真のSNS投稿で特製ステッカーを配布するなど、様々な企画が盛り沢山な本個展をお楽しみに。

     

    Hitenの世界観に触れることができる初個展「Claire」へ足を運んでみては?

     

  • 築90年超の銭湯をリノベしたカフェ「レボン快哉湯」×イラストレーター宮岡千賀コラボ展覧会開催

    13.October.2021 | FASHION / SPOT

    東京都台東区にある銭湯カフェ「レボン快哉湯」は、2021年10月10日(日)「銭湯の日」から10月24日(日)までの期間中に、イラストレーター宮岡千賀とのコラボレーションエキシビジョン「ゆ」を開催する。

     

    築90年超の銭湯をリノベーションした「レボン快哉湯」は、木札の靴箱、番台、格天井、古時計、富士山のペンキ絵など銭湯だった当時の面影と温かみが残る空間で、自家焙煎のスペシャリティコーヒーと自家製アイスクリームのマリアージュが楽しめるカフェ。「記憶をつなぐカフェ」をコンセプトに、たくさんの人の想いがつまったこの空間を次の時代に繋ぐべく、再び地域の人々の憩いの場となることを目指しており、東京メトロ日比谷線入谷駅から徒歩5分の下町情緒あふれるエリアにあり、座席数16席のこじんまりとした店内にはいつもゆったりとした時間が流れている。

     

    コラボ展覧会では、銭湯をモチーフにした全点描き下ろしイラストを展示する。宮岡の優しく柔らかいタッチが魅力のイラストは、まさに「ゆ」に浸かるように心をほっと和らげてくれること間違いなし。銭湯の面影を色濃く残すカフェで、温かいコーヒーとともに心までゆったりとほぐれる時間を過ごしてみては?

  • VTuberグループ「ホロライブEnglish」1周年企画「hololive English Art Battle」開催

    26.September.2021 | ANIME&GAME

    英語圏向けVTuberグループ「ホロライブEnglish」の1周年企画として、イラスト、マンガ、小説作品の投稿コミュニケーションプラットフォーム「pixiv」が、2021年9月13日(月)よりイラストコンテスト「hololive English Art Battle」を開始した。

    1st Stage:Mori Calliope
    2ndStage:Takanashi Kiara
    3rd Stage:Ninomae Ina’nis
    4th Stage:Gawr Gura
    5th Stage:Watson Amelia

     

    投稿者と閲覧者で一丸となって全ステージクリアを目指す、バトル型イラストコンテスト。塔の番人としてステージごとに立ちはだかる「ホロライブEnglish」の5人を、投稿イラストの合計閲覧数によって、ダメージを与え攻略していく。開催期間内に全ステージをクリアした場合、報酬として、参加者全員に本企画の優秀作品を掲載した電子画集「hololive English×pixiv FAN ARTBOOK」を配布する。また、ステージのクリア時には各ステージごとに10作品をMVPとして表彰。MVPはpixiv公式Twitter(@pixiv)にて作品を紹介するのでお見逃しなく!

     

    参加方法は、テーマに合わせてイラストを描き、指定されたタグ「hololiveENArt」を設定した上で、pixivに投稿。MVPとは別に各メンバー賞が用意されており、 受賞賞品には、対象メンバーそれぞれの複製サイン入りのアクリルブロックを各1名にプレゼントする。 受賞作品の選定は各メンバーが行う。



    「ホロライブEnglish」の1周年を記念する特別企画に参加して自身のタレントを表現してみては?

  • デビュー25年MK オム×イラストレーターオリタケイがコラボTシャツ発売

    27.July.2021 | FASHION

    メンズファッションブランド「MK ミッシェルクラン オム(以下、MKオム)」が、ブランドデビュー25年の節目にあたり、多くの人々に長年愛顧された感謝を伝え、さらにファッションを通じて普段の日常生活やこれからの未来に向けてできることを改めて考え、この度、制菌加工材である「BIO SHIELD」を使用した防災キットの作成、備蓄および現物寄付・支援などが活動の一つである「MIZICA PROJECT(みじかプロジェクト)」に賛同し、共にこのプロジェクトを継続して推進する運びとなった。

     

     

    イラストテーマ 「WHITE」「ご機嫌いかが」各5,940円(税込)

    イラストテーマ 「monotone」5,940円(税込)

     

    2021年7月23日(金)MKオム全店にて、イラストレーターであるオリタケイとのコラボレーションによるTシャツを発売し、売り上げの一部はプロジェクトの活動の一つである防災キットの制作・寄付を行う活動に充てられる。

     

    コットン100%の生地を使用した、男女兼用のリラックスなサイズ感が楽しめる限定コラボTシャツをお見逃しなく。

     

  • 10周年台湾発Pinkoi ×人気イラストレーターNoritakeコラボ限定アイテム登場

    07.July.2021 | FASHION

    「優れたデザインを通して、自分らしいライフスタイルへ」をビジョンに掲げる、台湾発アジア最大級のグローバル通販サイト「Pinkoi」が、台湾本社設立と同サイト開設が10周年を迎えるにあたり特別プロジェクトを始動した。コラボレーションアイテムは2021年6月30日(水)から7月25日(日)の期間に予約販売が実施され、7月26日(月)より一般発売が開始される。

    Pinkoi × Noritakeビールグラス 3種セット8,930円(税込)

    Pinkoi × Noritake PVC ビニールバッグ 全3種 各5,070円(税込)

    Pinkoi × Noritake クラシック・マンデリン・ブラジルドリップコーヒー 10袋入り 全3種 各3,440円(税込)

    Pinkoi × Noritake クリアファイル マスクケース 全3種 各1,200円(税込)

    Pinkoi × Noritake iPhone 12 スマートフォンケース 全3種 各4,460円(税込)

    Pinkoi Navy(Pinkoiネイビー)

    Pinkoi Salmon(Pinkoiサーモンピンク)


    第一弾は日本の人気イラストレーター「Noritake(ノリタケ)」を迎えての「Pinkoi × Noritake 限定コラボレーション」を実施。「In The City」をテーマに、東京、台北、香港の3つの都市をモチーフに各地域を代表するアイコンをイラストに描き下ろし、さらにコラボレーションアイテム「Pinkoi × Noritake コレクション」の商品開発を「Noritake」が監修した。また、Pinkoiは世界的な地位を確立するパントン・カラー研究所と提携し、Pinkoiの2つのブランドカラー“Pinkoiネイビー”と“Pinkoiサーモンピンク”を定義。モノクロドローイングが特徴のNoritakeがこの2色を用いて描いたPinkoiでしか手に入らないコラボレーションアイテムをお見逃しなく。

     

    今回のコラボで行われたインタビューでは「いつか、多種多様で美しいイラストレーションがあふれる都市に暮らしてみたいですね。」とNoritakは回答。Noritakの都市やデザイン、ライフスタイルを深掘りしたインタビュー記事も公開されたのでそちらもチェックしてみては?

  • niko and … LINE絵文字でおなじみのイラストレーターとのコラボアイテム発売

    01.July.2021 | FASHION

    スタイルエディトリアルブランド「niko and …(コアンド)」が、ロンドンを拠点に活躍するイラストレーター・アニメーターの「Dan Woodger(ダン・ウッジャー)」とのコラボレーションアイテムを2021年6月18日(金) より、公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」と、全国の「niko and …」店舗にて発売開始。

     

    プリントタオル 1,980円(税込)/タオルハンカチ 880円(税込)

    缶クージー 1,540円(税込)/ワッペンキーホルダー 550円(税込)

    ランチボックス 1,980円(税込)/箸セット1,100円(税込)

    ガラスプレートM 528円(税込)ガラスプレートS 418円(税込)/メラミントレー 1,540円(税込)

     

     

    ダン・ウッジャーは、ロンドンを拠点に活躍するイラストレーター・アニメーター。彼が描くユーモラスでカラフルなイラストは世界的な人気があり、LINEアプリの絵文字をはじめ様々な媒体で使用されている。今回のコラボレーションでは、ちょっとしたお出かけやスポーツの際に便利なタオルや缶クージーから、メラミントレーやガラスプレートなど食卓を楽しく彩るアイテムまで、暑い夏も楽しく過ごせるようなアイテムが豊富にラインアップされた。可愛いキャラクターたちが大運動会を行う様子が描かれたイラストは、今回のコラボレーションのために特別に描き下ろされたデザインになっている。

     

    可愛らしいコラボアイテムでピクニックを楽しんでみては?

  • 大人気キャラクター「ちいかわ」初の大型展覧会が札幌PARCOにて開催決定

    27.June.2021 | FASHION / SPOT

    パルコが、札幌パルコ7Fスペース7にて、2021年7月3日(土)より、大人気キャラクター「ちいかわ」初の大型展覧会「ちいかわの森」を開催する。

     

     

    エントランスフォトスポット

    ちいかわ診断

    労働「草むしり」体験ゲーム

    バイバイフォトスポット

    メッセージボード

    入場特典 ポシェット型チケット

    労働「草むしり」特典 草むしり検定ステッカー

    展覧会限定ショッパー 

    イベント限定商品

    カプセル商品 缶バッジ 全10種

    ちいかわの森 ポストカードブック展覧会限定版

    ちいかわの森 ポストカードブック通常版

     

    展覧会記念商品

    クリアファイル

    大きめハンドタオル 2種

    フェイスタオル

    アクリル時計

    フラットな大きめトート

    Tシャツ

    パズル

     


    イラストレーターのナガノが描く「ちいかわ」。Twitterに投稿される漫画は、ちいかわ・ハチワレ・うさぎ達の何気ない日常を描いており、ゆるかわな絵柄やほのぼのとしたストーリーと、たまの毒気のギャップが人気となっている。会場では、今回の展覧会の為に描き下ろした作品の世界に入り込み、ちいかわ診断や初公開の映像をはじめ、キャラクターのフォトブースを設置。また、作中にある労働の「草むしり」体験ができるゲームや、ちいかわ達へのメッセージを書けるコーナーも登場する。会場内ショップでは、描き下ろしのビジュアルを使用した展覧会記念商品や、ポストカードブックの先行販売行われる。さらに、会場内ショップにて税込2,200円以上購入の下人に展覧会限定ショッパー 1枚をプレゼント。

     

    期間限定の「ちいかわの森」をお楽しみに!

  • 日本で最初にヘアドネーションを始めたジャーダック初の監修本発売

    24.June.2021 | FASHION

    書籍の出版を行っているKuLaScipが、ヘアドネーションを日本で最初に始めた特定非営利活動法人Japan Hair Donation & Charity(ジャーダック)初の監修本「31cm」を2021年6月18日(金)に発売する。

     

    「私たちの見る目が変われば、誰もが生きやすい社会は必ず来る」

    脱毛症や欠乏症、小児がんの治療など、何らかの事情で髪に悩みを抱える子どもたちにウィッグを贈るため髪の毛を寄付するヘアドネーション。日本では2009年にジャーダックが開始。最初は「ヘアドネーション」という言葉すら知られていなかったが、現在では大人から子どもまで、年間10万人以上の人が参加する活動になっている。

     

    ある調査によると、日本人女性の4人に3人、男性でも半分近くの人が「ヘアドネーション」を認知しており、10代、20代では、4割弱がヘアドネーションをやったことがある、又はやってみたいと回答している。活動開始から12年目を迎え、多くの人に知られるようになった今だからこそ、「髪を切って、贈る」その一歩先、脱毛当事者やヘアドネーションに関わる人たちの本当の思いを知って欲しい。そう考え、ジャーダック初の監修本「31cm 」〜ヘアドネーションの今を伝え、未来につなぐ〜 が発売される。

     

    ジャーダックが目指すのは「必ずしもウィッグが必要ではない社会」だ。それはウィッグをつけている人にとって、ウィッグをつけることもつけないことも自由に選択できる社会。暑い夏や、今日はちょっとウィッグつけたくないなぁと思った時、ウィッグをつけずに過ごせる、そんな社会。

     

    子どもたちの中には、本当はつけたくないのに、ウイッグをつけている子もいる。

    「周りの視線が気になるから」「髪がないことを気づかれたくないから」「ウィッグをつけないと親が心配するから悲しむから、安心して欲しいから」。今はまだウィッグをつけないと不安になる社会かもしれない。でも、もしヘアドネーションが広がっていったら、ウィッグをつけやすくなるかもしれない。ウィッグのスタイルも、今日はロング、明日はショートなど好きに選びやすくなるかもしれない。そしてそれはウィッグを使っている人だけでなく、ウィッグを使わない人たちにとっても、今以上に見た目から解放され、過ごしやすい社会だと考える。

     

    そのためにも、まずは知って欲しい。どんな子どもたちが、どんな思いでウィッグを受け取っているのか。何のためにウィッグをつけているのか。そして、何のためにヘアドネーションをしているのか。

     

    私たちの見る目が変われば、誰もが生きやすい社会は必ず来る。本書では、今まで語られることがなかった脱毛当事者、髪を贈るドナー、美容師、医療者、ジャーダック。ヘアドネーションに関わる16名のインタビューを、著名なイラストレーターの個性豊かなビジュアルと共に届ける。ヘアドネーションという活動に興味がある、なしに関わらず、全ての方に読んで欲しい一冊となっている。

     

    ヘアドネーションに様々な立場で関わる16名のインタビュー(一部)

     

    友だちが心配するからとウィッグをつけている脱毛症の中学生

     

    結婚が決まってもなかなか夫に言えなかったという無毛症の女性

     

    ネタのひとつにでもなれば、とヘアドネーションをした男性

     

     

    ヘアドネーションを深く知るための9つのコラム

     

     

    イラスト一覧

    ヘアドネーションに賛同する15名のイラストレーターの個性豊かな美しいビジュアルで、1人1人のインタビューページが構成された。ヘアドネーションの持つ明るさ、良さを感じてもらえる、読み込んでも面白く、眺めるだけでも楽しいデザインに仕上がっている。

     

    ヘアドネーションについて深く知ることができるこの一冊を手に取ってみては?

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US