NFTプラットフォーム​​「Kollektion」、MIYAVIのデビュー20周年を記念した「Month of MIYAVI」開催決定

11.January.2022 | MUSIC

NFTを通してアーティストとファンを結ぶグローバルなプラットフォーム「Kollektion(コレクション)」は、2022年1月より、ロックミュージシャンMIYAVIのデビュー20周年を記念したNFT等を販売する「Month of MIYAVI」の開催を決定した。

 

MIYAVIは、2021年10月より、「Kollektion」において自身のNFTを発売しており、多くのファンが購入している。今回の「Month of MIYAVI」では、通常のNFTに加え、FENDERとのコラボレーションで作成された「ギターNFT」などをはじめとする幅広いアイテムを通して、MIYAVIの魅力を世界中のファンに届ける。また、NFTの購入を通してMIYAVI KLKTNパスの保有者となったファンを、非公開のDiscordのチャンネルに招待することで、今までアーティストからファンに対し、一方的にメッセージを届けることが多かった関係性を変え、双方向での関係性構築を目指す。

 

2021年12月25日にMIYAVIがKLKTNとともに、米国や日本をはじめとする全世界のファンに向けて開催する「Virtual Holiday Party」(ファンがオンライン上で参加する、ライブ&トークイベント)において、「Month of MIYAVI」の詳細を発表予定なのでお見逃しなく!

 

1.MIYAVI KLKTN Pass(コレクション・パス)
1月2日に24時間限定で販売されるNFT。購入することで、今後380種類以上のMIYAVIのNFTエアドロップ※へのアクセスが可能になる。また、パスを購入することで非公開Discordのチャンネルへも招待される。

2.Moments(モーメント)
「Moments」 ではMIYAVIの楽曲制作の裏側やオフショットなど、「Kollektion」でしか見ることができない特別な 「瞬間」 をお届け。今回の「Moments」は、レアな度合いが、「コモン」「レア」「レジェンダリー」の3つに分かれている。


3.ArtKards(アートカードセット)
MIYAVIのアルバム「Imaginary」にインスパイアされた、デジタルアートワークをNFTとして発売する。それぞれのアイテムは限定かつシリアルナンバー入り。今回購入の特典として、デジタルサイン入りフォトカードNFTや個人メッセージビデオNFTへの抽選券などが付いてくる。


4.Kodex(コーデックス)
ストリーミング時代の新たな音楽体験として発信するデジタル版ジャケット。従来のCDジャケットに含まれるカバーアートや歌詞、ライナーノーツといった楽曲の側面を彩るクリエイティブを、デジタルでこそ実現可能な形で表現する。


5.Fender Official Guitar NFT (MIYAVI TELECASTER®) 
エレクトリックギターの代名詞ともいえるギターメーカーFENDERとMIYAVIのコラボレーションでできた、ギターNFT。MIYAVIの11個のMomentsを蒐めることで、抽選への参加が可能となり、当選者にはサイン入りリアルギターや、ギターNFTなどがプレゼントされる予定。


6.Special Editions from the Hush Hush Music Video
MIYAVIの楽曲、「Hush Hush」の限定版ミュージックビデオの一部をグッズ化し、販売する。フォトカードや未公開映像の解説などのプレミアム特典付き。

 


Month of MIYAVI」開催において、MIYAVIコメント
「ソロデビュー20周年を記念して、『Kollektion』にて『Month of MIYAVI』を開催することが決まりました。これからも貪欲に新しいことにチャレンジし、テクノロジーの力を使って、ファンのみなさんと一方的にではなく、双方向に繋がる方法を模索してきたいです。今後の活動も、お見逃しなく!」

KLKTNは、ファンとクリエイターの結びつきを深める新たな体験を創り出すことで、ファンの楽しみを増やし、また、クリエイターがより創作活動に楽しめる環境を作ることを目指してまいります。

RELATED ENTRIES

  • 手塚プロダクション初、公式NFTプロジェクト「From the Fragments of Tezuka Osamu」始動

    05.December.2021 | ANIME&GAME / FASHION

    株式会社手塚プロダクションが、初の公式NFTプロジェクト「From the Fragments of Tezuka Osamu(手塚治虫のかけらたちより)」において、シリーズ第一弾「鉄腕アトム」のデジタルアートNFTのチャリティー販売・オークション販売を2021年12月1日(水)から開始する。

     

     

    現在、漫画は日本を代表とするポップカルチャーのひとつとして、文化に貢献し、多くの産業と親和し、世界に大きく発展している。この礎を築いたパイオニア、それが手塚治虫だ。 手塚治虫は医学博士でありながら漫画家の道を選択し、1946年のデビューから生涯をかけて漫画を描き続け、戦後の日本にストーリー漫画を確立させた。彼は物語を通じて生命の尊厳、自然破壊への警鐘、戦争批判など、ややもすると重たくなるテーマを、漫画という読みやすい手法で広く読者に呼びかけ続けた。 生涯に描いた原稿数は15万枚、作品は700タイトルに及び、今でも決して色あせることなく多くのファンの心を掴み続けている。

    そして今回、手塚治虫の漫画原稿を惜しみなく使用したデジタルアートNFTが誕生した。 本プロジェクトでは、手塚治虫の代表作品を題材に、「モザイクアートNFT」「ジェネレーティブアートNFT」の2形態でデジタルアートNFT作品を展開していく。シリーズ第一弾は「鉄腕アトム」。以降「ブラック・ジャック」「火の鳥」の3種を現在企画中で順次展開予定だ。

    手塚治虫は晩年、青年誌での大河作品が順調なときでも、漫画は子供のものであるという想いから、少年誌への執筆を続けた。そんな手塚治虫が100年に1度のパンデミックの世界を経験したらどうしただろう。きっと世界の子供たちの役に立つことを行ったはずだ。手塚プロダクションは、その意の元に本プロジェクトのデジタルアートNFTの純売り上げの20%をユニセフや日本の子供のための組織に寄付する。

     

    作品の背景には、手塚治虫作品の色彩豊かなカラー原画840枚を配置。 うち8枚は大きめのサイズで各作品固有のカラー扉絵を使用。 執筆時のタッチを感じられるように過剰な補正は行わず、原画本来の風合いを残している。 手塚治虫は膨大な原稿を残しているが、白黒が多く、カラー原画は全体の5%程度。 その中から定番の名画だけでなく、単行本未収録の雑誌連載時の扉絵や入手困難なレア画で構成した。 ヒーローものをはじめ、心温まる短編、シリアスな青年漫画、妖艶な美女に至るまで、手塚治虫が生み出した多様なキャラクターや作品を一望することができる。

    モチーフキャラクターには、各作品の4000枚以上の白黒漫画原稿を4万点以上の断片にカットし、モザイク素材として配置。 キャラクターの色合いは、手塚治虫漫画が実際に連載されていた当時のコミック誌で使用されていたカラーせんか紙やカラーインクの色合いのもの。モザイクのひとつひとつを手作業で色味調整した。 遠くから一枚の絵画として鑑賞するのは勿論、拡大すればモザイクの一粒一粒から手塚治虫の漫画への情熱を感じることができる。 世界でたった1点限り、あなただけが体験できる圧巻の世界がここにある。

     

    © 2021 Tezuka Productions, All Rights Reserved.
    Produced by double jump.tokyo Inc.

  • メタバース上のグローバル文化都市「メタトーキョー」が第一弾企画を開始、「Generativemasks」他とのコラボミュージアムを世界へ展開

    22.November.2021 | FASHION

    アソビシステム株式会社、ParadeAll株式会社、Fracton Ventures株式会社の三社は、NFTを活用したオープンメタバース上の文化都市「メタトーキョー(MetaTokyo)」で、日本初となるジェネラティブアートにフォーカスをしたポップアップミュージアムを建設、日本最大級のNFTアートプロジェクト「Generativemasks」他を展示するプロジェクトを開始した。

     

    ジェネラティブアートとは、コンピュータソフトウェアを使い、コードによって生成されるアート作品のことをいう。創造の過程では意図的に偶然性が含まれるプログラムを利用されることがある。

     

    MetaTokyo Pass:メタトーキョーの”デジタル・パスポート”

    Generativemasks

     

    MetaTokyoの建造物は、メタバース/VRクリエイターとして国内外で活躍しているMISOSHITAが手掛けた。内外装をGenerativemasks他とコラボレーションしたデザインにすることでメタバースならではの建造物となった。本企画と並行してメタトーキョーの”デジタル・パスポート”として機能するNFT「MetaTokyo Pass」の販売を行う。「MetaTokyo Pass」所有者には、今後メタトーキョー内で行われる、限定イベント、制限エリアへの入場、所有しているクリエイターへのワークショップなど、様々なアクティビティ、特典を提供していく。

     

    メタトーキョーは、グローバルで新たなカルチャー、エンタメの流通を拡張しているNFTとメタバース、そして新たな社会の在り方を実現するWeb 3.0ムーブメントと文化、都市を結びつける世界初のプロジェクトとしてスタートし、その第1弾として本企画をグローバル向けに実施する。

     

    グローバル文化都市「メタトーキョー」から目が離せない!

  • NFTを活用した次世代メタバース上に、グローバル文化都市「メタトーキョー」を創り出すWeb3.0プロジェクトが始動

    03.August.2021 | BUSINESS

    アソビシステム株式会社、ParadeALL株式会社、Fracton Ventures株式会社の三社は、NFTを活用した次世代メタバース上に”グローバル文化都市トーキョー”を創り出し、国内外の様々なクリエイター、パートナー企業と事業展開を行う世界初のプロジェクト「メタトーキョー」(英語:MetaTokyo)を始動する。

    当プロジェクトは、グローバルで新たなカルチャー、エンタメの流通を拡張しているNFTとその技術基盤であるブロックチェーン、そして新た社会の在り方を実現するWeb 3.0ムーブメントと文化、都市を結びつける世界初のプロジェクト。次世代メタバースの筆頭である「Decentraland」(読み:ディセントラランド)に土地を購入し、建築、アクティビティの準備を開始している。

     

    • デジタル上の文化都市の創出とエリア開発
    • NFTを活用した日本からグローバルへのデジタル文化輸出
    • TOKYO発のグローバル・クリエイター・エコノミーをWeb 3.0で実現

     

    今後、様々なプロジェクトを立ち上げ予定なので、ぜひチェックを。

  • ギタリストMIYAVIと京都・伏見最古の蔵元「月の桂」がコラボ!日本酒ブランド「MIYAVI SAKE」発売

    29.October.2019 | FOOD

    世界へ挑戦し続けるMIYAVIと、酒処、京都・伏見最古の蔵元「月の桂」の四代目当主、増田徳兵衛氏との出会いにより実現したコラボレーション。世界を目指す新しい日本酒ブランド「MIYAVI SAKE」を世界に向けて発信していく。

    MIYAVIはこれまで7度のワールドツアーを成功させ、ハリウッド映画にも出演。世界へ挑戦し続ける中で、常に日本の素晴らしさをもっと世界に発信していきたいと考えていたそう。そんな中、2018年11月京都・伏見最古の酒蔵「月の桂」第十四代目当主 増田徳兵衛と出会い、実際に酒造りの工程を見学する中で、その奥深さ・丁寧さ・「月の桂」が造り出す味・香り・こだわり・伝統・その歴史の重みに感銘を受け、その場で徳兵衛氏と意気投合。共に世界を目指す「MIYAVI SAKE」を創ることとなった。

     

    「MIYAVI SAKE STANDARD」純米大吟醸酒 4,300円(税別)/「MIYAVI SAKE LIGHT」純米酒 3,200円(税別)

    MIYAVIと増田徳兵衛が議論を重ね、満を持して創られた「MIYAVI SAKE」は、純米大吟醸酒を十年もの歳月をかけて熟成させた熟成純米大吟醸酒「MIYAVI SAKE PREMIUM」・ピーチやライチの香りを含みながらすっきりとしたバランスが上品な純米大吟醸酒「MIYAVI SAKE STANDARD」・フルーティで白ワインのような純米酒「MIYAVI SAKE LIGHT」・シャンパンのような純米スパークリング酒「MIYAVI SAKE SPARKLING」の4種。MIYAVI SAKE PREMIUMとMIYAVI SAKE SPARKLINGは2020年に発売予定だ。

    ギターを武器に世界で挑戦し続けてきた MIYAVIと酒蔵「月の桂」のタッグ。「MIYAVI SAKE」は世界中の人たちに愛される、話題の”酒”となることだろう。

  • 映画「Diner ダイナー」主題歌は DAOKO ×MIYAVI「千客万来」に決定

    16.May.2019 | MOVIE / MUSIC

    映像化不可能と言われた原作小説「ダイナー」が、藤原竜也 × 蜷川実花の運命の初タッグで映画化。窪田正孝・本郷奏多・武田真治・斎藤工・佐藤江梨子・金子ノブアキ、さらに、小栗旬・土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら豪華俳優たちが全員“殺し屋”役で集結する。本能を極限まで刺激するノンストップ・エンターテイメント映画「Diner ダイナー」は、2019年7月5日(金)に公開予定だ。

    本作の主題歌にDAOKO×MIYAVI「千客万来」が決定!主題歌入りの予告編映像が公開された。

    昨年、自身7度目のワールドツアー「“DAY2”World Tour 2018」を東京で開幕し、日本全国・ソウル・シンガポール・台湾・上海・北京・香港・ヨーロッパ・ロシア・アメリカ・中南米とツアーを完遂した世界的ギタリストMIYAVI。昨年12月にはアルバム「SAMURAI SESSIONS vol.3」を発売し、大いに話題となった。俳優として国内外で活躍するほか、モデルとして、Yohji Yamamoto, Y-3、最近では、Moncler BEYOND ワールドワイドキャンペーンに抜擢されるなど、各方面で注目を集めている。そんなギタリストのMIYAVIと、ラップシンガーのDAOKOによるコラボが実現。

    DAOKO × MIYAVI「千客万来」が映画「Diner ダイナー」主題歌に決定し、7月3日にデジタル配信リリースすることが決定した。

     

    熱きサムライ・ギタリストの魂は、ラップシンガーのDAOKOの音魂とともに、全国に響き渡らせ、熱くさせるに違いない。DAOKO × MIYAVIの今後の動きに注目してほしい。

     

    蜷川実花 監督 コメント

    まずは夢が叶ったというのが一番の感想で、とにかく嬉しいです。もともと私はお二人それぞれのファンで、「Diner ダイナー」の撮影現場に向かう車の中でもお二人の曲を聴いていました。いつか何かでご一緒できないかなと思っていたんですが、ある日「お二人に映画の主題歌をお願いできたら、なんて素晴らしいだろう!」と思いついたんです。一度そう思ったら、お二人以外には考えられなくて、すぐにお願いしました。実現することができて、本当に幸せです

     

    DAOKO コメント
    私は今回映画のボンベロとカナコのVS感というものを、楽曲の中でもVS感を求められている気がして、MIYAVIさんと、どうやってVS感を出したらいいのかなと思った時に、ラップのフロウであったり、いつもより女の子の芯の通った強さを声で表現したり、ヒロインのカナコの気持ちに寄り添った歌詞を書くことで、自分のフルパワーを使って制作に挑ませて頂きました。

     

    MIYAVI コメント

    蜷川実花ワールド、映画の世界観にどうやってこの曲が寄り添いつつ、その中でバチバチにやれるのかという、ボンベロとカナコの関係性のように、僕自身も突き放しながらも包み込むようなアプローチを意識して制作しました。ロサンゼルスと東京で時差があり、やり取りが大変でしたが、DAOKOさんも歌詞に思いを込めて制作してくれました。映画と共に、この楽曲が全世界で鳴り響くことを楽しみにしています。

     

     

    ©2019 「Diner ダイナー」製作委員会

    ©2019 蜷川実花/映画「Diner ダイナー」製作委員会

  • MIYAVI vs SKY-HI 楽曲『Gemstone』が、TOKYO TRIBEのテーマソングに決定!

    05.September.2017 | MUSIC

    世界的に活躍するギタリスト・MIYAVIが、「TOKYO TRIBE」STAGEの公式テーマソングを提供することが決定した。「TOKYO TRIBE」は、9月末に東京のTSUTAYA O-EASTを皮切りに名古屋、大阪にて上演される。

    「TOKYO TRIBE」STAGEは、架空都市「トーキョー」の中で、シヴヤSARU、ブクロWU-RONZ、ハラヂュクJINGUSのトライブが、「少し違うトーキョー」で巻き起こる抗争を描いた初のステージ化作品。

    d23062-23-887721-1

    原作「TOKYO TRIBE2」は各国で翻訳出版されており、世界中にファンを持つコミックだが、同じく世界で活躍する”サムライ・ギタリスト”MIYAVIが楽曲提供。そして今回、AAA(トリプル・エー)の一員としても活躍する日高光啓a.k.a SKY-HIとのセッション曲「Gemstone」を「TOKYO TRIBE」STAGEの劇中で使用する。

     

    MIYAVIはエレクトリックギターをピックを使わずに全て指で弾くという独自の“スラップ奏法”でギタリストとして世界中から注目を集め、これまでに約30カ国300公演以上のライブと共に、6度のワールドツアーを成功させてきた。

    d23062-23-217602-0

    ▶︎MIYAVIコメント

    「連載当時、『TOKYO TRIBE』は好きで読んでいたので、光栄です。舞台への楽曲提供は初めてですが、今回、SKY-HIくんと制作した『Gemstone』がどのように劇中で使用されるのか、とても楽しみにしています」

     

    本番まで一ヶ月を切る中、今回のテーマソングである「Gemstone」が劇場にていち早くオンエアされるという異例の展開や、そのほかに使用される楽曲も気になるところ。

     

    ラッパー・KEN THE 390のオリジナルラップに加え、演出・伊藤今人と構成・家城啓之の対談、テーマソング『Gemstone』を使用したスポットを合わせた「TOKYO TRIBE」STAGEスペシャルPVも公開中。

     

     

    さらに加速度が増した舞台「TOKYO TRIBE」で「少し違うトーキョー」を体感してみてはいかが。

     

    ■Information

    <東京公演>

    会場:TSUTAYA O-EAST  公演期間:2017年9月29日(金)~10月8日(日)

    チケット代金:指定:6,900円/スタンディング(1F・2F):4,900円(税込)  ※別途当日1ドリンク代500円必要。

    一般発売日:発売中

    【チケット取扱】

    ・チケットスペース 03-3234-9999 チケットスペースオンライン 検索

    ・チケットぴあ 0570-02-9999 【Pコード】(459‐635) http://pia.jp/

    ・ローソンチケット 0570-000-407 【Lコード】(34542)http://l-tike.com/

    ・イープラス http://eplus.jp/

    ・セブンチケット  http://7ticket.jp/ 全国のセブン-イレブン店頭マルチコピー機

    ・TSUTAYA O-EAST 店頭販売のみ(発売初日は電話予約のみ O-EAST03-5458-4681)

    チケットに関するお問合せ:チケットスペース   03-3234-9999

     

    <名古屋公演>

    会場:ZEPP NAGOYA

    公演日時:2017年10月11日(水)19時 ・ 12日(木)19時

    お問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052(320)9100(10時~18時)

     

    <大阪公演>

    会場:松下IMPホール

    公演日時:2017年10月21日(土)13時/18時 ・ 22日(日)13時

    お問い合わせ:キョードーインフォメーション 052(020)0888(10時~18時)

     

    ※未就学児入場不可 ※開場は開演の30分前

     

  • MIYAVIデビュー15周年を記念し、都内15本対バンライブとなる「NTT DOCOMO presents MIYAVI 15th Anniversary Live“NEO TOKYO 15”」ツアースタート

    08.June.2017 | MUSIC

    世界で活躍するギタリストMIYAVIのデビュー15周年を記念し、都内15本対バンライブとなる「NTT DOCOMO presents MIYAVI 15th Anniversary Live“NEO TOKYO 15”」ツアーが、6度目のワールドツアーを終えたばかりの5月21日(日)からスタートした。

    img_130041_1

    このライブは、株式会社NTTドコモが全面協賛し、ドコモが目指す「新体感エンタテインメント」の一環として「通信×音楽」「五感を刺激する新しい体験」をコンセプトに、2つのスマートフォンアプリで新しいライブの楽しみ方を提案している。各会場では、公演中のスマホ利用を歓迎し、専用アプリで更に楽しめるライブ演出を図っているのが特徴だ。

    img_130041_2

    ライブをさらに楽しめる観客向けアプリ…「NEO TOKYOアプリ」
    ライブをより楽しむために会場で使用するアプリ。ライブ中、同アプリを立ち上げておくと、演奏に合わせたスマホ画面の点滅や色の変化、音により、ユニークかつ新しい演出を楽しむことができる。イルミネーション機能では、曲に合わせて観客のスマホ画面が一斉に切り替わり、会場全体をスマホのイルミネーションが包み込み一体感が生まれる他、バイブレーション機能を利用して、MIYAVIのギター演奏に共鳴してスマホが振動したり、アンコールの声の大きさに反応してスマホが振動したりなど、ライブを見るだけでなく、参加する楽しみが加わる。

     

    (2) ライブの熱気を会場外でもバーチャルに体感できるアプリ…「MIYAVIライブVRアプリ」
    ライブ会場にいなくても同アプリをダウンロードすれば、4Kの高画質で360°を見渡せるVR映像、さらに自分で好みのカメラ視点でMIYAVIの映像が楽しめるマルチアングル映像をリアルタイムで視聴することが出来る。また、VRゴーグルを装着すれば、自分の360°全周囲がライブ会場に変貌、実際の会場にいるかの様にライブの熱気をバーチャルに体感することも可能!ゴーグル無しでも最大5台のカメラによるマルチアングル映像配信で、自分の好みの視点でMIYAVIを見ながら、ライブを楽しむことができ、これらはライブ終了後もアーカイブ映像で何度でも視聴可能となっている。

     

    ライブ初日を終えたMIYAVIは、「今回のドコモとのコラボレーションは、ライブの先進的な試みとして、とてもワクワクしています。VRやケミカルライトが自分の演奏と観客の皆さんのさらなる一体感を生んでいるはずです。新しいライブ体験に期待して下さい」とコメント。

     

    会場でMIYAVIを観られる人もそうでない人も、アプリをダウンロードしてライブの世界を堪能しよう!

     

    ※リアルタイム配信はライブ15公演のうち5公演で実施

     

     

    ■Information

    〈MIYAVI×ドコモ スペシャルサイト〉
    https://www.nttdocomo.co.jp/special_contents/miyavi/

    【ライブ日程/アーカイブ配信予定日又はダイジェスト配信予定日】
    日付       :5月21日(日)
    ライブ会場    :赤坂BLITZ
    対バンアーティスト:THE ORAL CIGARETTES
    配信日      :アーカイブ映像 :6月7日(水)
              ダイジェスト映像: – 

    日付       :5月25日(木)
    ライブ会場    :代官山UNIT
    対バンアーティスト:GLIM SPANKY
    配信日      :アーカイブ映像 :6月12日(月)
              ダイジェスト映像: – 

    日付       :5月26日(金)
    ライブ会場    :Zepp DiverCity
    対バンアーティスト:氣志團、ゆるめるモ!
    配信日      :アーカイブ映像 : – 
              ダイジェスト映像:6月5日(月)

    日付       :5月28日(日)
    ライブ会場    :下北沢GARDEN
    対バンアーティスト:LOCAL CONNECT
    配信日      :アーカイブ映像 : – 
              ダイジェスト映像:6月5日(月)

    日付       :6月6日(火)
    ライブ会場    :赤坂BLITZ
    対バンアーティスト:金子ノブアキ
    配信日      :アーカイブ映像 : – 
              ダイジェスト映像:6月10日(土)

    日付       :6月10日(土)
    ライブ会場    :duo MUSIC EXCHANGE
    対バンアーティスト:coldrain
    配信日      :アーカイブ映像 : – 
              ダイジェスト映像:6月14日(水)

    日付       :6月11日(日)
    ライブ会場    :LIQUIDROOM
    対バンアーティスト:Limited Sazabys、魔法少女になり隊
    配信日      :アーカイブ映像 : – 
              ダイジェスト映像:6月15日(木)

    日付       :6月12日(月)
    ライブ会場    :LIQUIDROOM
    対バンアーティスト:SiM
    配信日      :アーカイブ映像 : – 
              ダイジェスト映像:6月16日(金)

    日付       :6月15日(木)
    ライブ会場    :TSUTAYA O-EAST
    対バンアーティスト:Crossfaith
    配信日      :アーカイブ映像 : – 
              ダイジェスト映像:6月19日(月)

    日付       :6月21日(水)
    ライブ会場    :clubasia
    対バンアーティスト:Crystal Lake
    配信日      :アーカイブ映像 : – 
              ダイジェスト映像:6月25日(日)

    日付       :6月22日(木)
    ライブ会場    :TSUTAYA O-WEST
    対バンアーティスト:OKAMOTO’S
    配信日      :アーカイブ映像 :7月10日(月)
              ダイジェスト映像: – 

    日付       :6月24日(土)
    ライブ会場    :渋谷WWW
    対バンアーティスト:Charisma.com
    配信日      :アーカイブ映像 : – 
              ダイジェスト映像:6月28日(水)

    日付       :6月25日(日)
    ライブ会場    :渋谷WWW X
    対バンアーティスト:ちゃんみな
    配信日      :アーカイブ映像 :7月13日(木)
              ダイジェスト映像: – 

    日付       :6月27日(火)
    ライブ会場    :渋谷CLUB QUATTRO
    対バンアーティスト:ACIDMAN
    配信日      :アーカイブ映像 : – 
              ダイジェスト映像:7月1日(土)

    日付       :6月29日(木)
    ライブ会場    :新木場STUDIO COAST
    対バンアーティスト:三浦大知
    配信日      :アーカイブ映像 :7月17日(月)
              ダイジェスト映像: – 

    ※4KVRアーカイブ映像はリアルタイム配信を行います(全5公演)
    ダイジェスト映像のみの回は、リアルタイム配信を行いません(全10公演)

    【ライブのアーカイブ映像 6月7日公開予定】
    自宅などの会場外でもバーチャルにライブを楽しめる4KVRのライブアーカイブ映像が6月7日よりNEO TOKYOアプリにて公開予定です。是非ご視聴下さい。

    【ライブのダイジェスト映像 6月5日公開】
    4KVR映像を撮影していない会場のライブを楽しめる。ダイジェスト映像を6月5日よりNEO TOKYOアプリにて公開予定です。是非ご視聴下さい。

    【NEO TOKYOアプリ 詳細】
    DLサイト: https://www.nttdocomo.co.jp/special_contents/miyavi/

    ライブ会場でアプリを立ち上げておくと、演奏に連動してスマホが作動します。今までにないライブとの一体感や新しいライブの楽しみ方を体験できるアプリです。
    ・MIYAVIの演奏に合わせ、スマホ画面がケミカルライトのように点滅したり、色が変化し、観客のスマホが会場全体の演出の一部となります。
    ・スマホから流れるメロディーに合わせてMIYAVIが演奏でコラボレーションします。
    ・アンコールの声の大きさに反応してスマホが光り、振動します。
    ・ライブ会場限定のスペシャル映像がサプライズで流れたり、豪華プレゼントがその場で当たるスマホでできるスクラッチくじが立ち上ります。

    【MIYAVIライブVRアプリ 詳細】
    DLサイト: https://www.nttdocomo.co.jp/special_contents/miyavi/

    「NTT DOCOMO presents MIYAVI 15th Anniversary Live“NEO TOKYO 15”」の映像を楽しめるスマートフォン用アプリです。
    ・15公演のうち5会場(5/21 赤坂BLITZ、5/25 代官山UNIT、6/22 TSUTAYA O-WEST、6/25 渋谷WWW X、6/29 新木場STUDIO COAST)の4KVR映像、マルチアングル映像をリアルタイム配信。
    ・更に4KVRのアーカイブを閲覧可能です。また上記を除く10会場のアーカイブ映像も楽しめます。
    ・会場にいなくても、ライブの臨場感を360度見渡せるVR映像を4Kクオリティで楽しめます。
    ・自分で好みのアングルを選んで映像を楽しめるマルチアングル映像も見られます。

     

    関連記事:iTunes アルバムロックチャート1位を獲得!MIYAVIのデビュー15周年ベストアルバム『ALL TIME BEST“DAY 2”』

     

    関連記事:世界中で人気のサムライ・ギタリスト、MIYAVIに特別インタビュー!

  • 日本・韓国の人気アーティストが共演するイベントに、MIYAVI・SPYAIRらの出演が決定

    17.March.2017 | MUSIC

    来る7月1日、韓国のソウルJang Chung Arenaでアジア初の韓国・日本バンド組み合わせのRock Fest.「2017韓日SUPER ROCK<Great Meeting>IN SEOUL」が開催される。

    日本からの出演アーティストは「SPYAIR」、「MIYAVI」、韓国からは「FTISLAND」、「EVE」が参加し、オープニングアクトとして日本より「コドモドラゴン」がステージを飾る予定。

    日本の音楽を世界に広げるための海外イベントは今までもいくつか開催されてきたが、韓国・日本バンド組み合わせのロックフェスティバルが開かれるのは初であり、ラインナップ発表と共に両国の音楽ファンの間で話題になっている。

    本イベントの開催場所は韓国ではあるものの、ローチケHMVからもチケットが販売される予定なので、日本からもチケット購入が出来る見通しだ。

    このイベントで最も注目すべきは、ライブ披露だけではなく、両国のアーティストの交流、音楽を通じ日韓交流の懸け橋となるようなイベントであること。海外とはいえ、日本からとても近い韓国。イベントと観光を楽しみに韓国へ出かけてみてはいかが。

    ■Information

    2017韓日SUPER ROCK<Great Meeting>IN SEOUL

    【日付】2017年7月1日(土)

    【会場】JANG CHUNG ARENA

        (韓国 奨忠体育館 241,Dongho-ro,Jung-gu,Seoul,Korea)

    【出演】MIYAVI/EVE(韓国)/SPYAIR/FTISLAND(韓国) *OA:コドモドラゴン

    【主催】B’Forest Korea

    【開場/開演】15:00/16:00

    【チケット】2017年3月28日(火) 20:00(ローチケHMV)

    【Twitter】  https://twitter.com/KROCKxJROCK

    【Facebook】 https://www.facebook.com/KROCKxJROCK

    −−−

    関連記事:世界中で人気のサムライ・ギタリスト、MIYAVIに特別インタビュー!

    関連記事:サムライギタリストMIYAVIと世界的写真家 鋤田正義が渾身のフォト・セッション、写真集『MIYAVI × SUKITA』発売!

  • サムライギタリストMIYAVIと世界的写真家 鋤田正義が渾身のフォト・セッション、写真集『MIYAVI × SUKITA』発売!

    14.September.2016 | MUSIC

    日本を飛び越え世界で活躍するギタリストMIYAVIと、 世界的写真家 鋤田正義(すきた まさよし)による写真集 『MIYAVI × SUKITA』が9月16日(金)より順次発売される。

     

    ■関連記事:世界中で人気のサムライ・ギタリスト、MIYAVIに特別インタビュー!

     

    8/31(水)にニューアルバム『Fire Bird』をリリースし、 9/19(月)からは全国ツアー<MIYAVI Japan Tour 2016 “NEWBEAT, NEW FUTURE”>を開催するMIYAVI。 
    アンジェリーナ・ジョリーが監督を務めた映画 『不屈の男 アンブロークン』でハリウッド俳優デビューを果たし、 スイスのラグジュアリーウォッチ・ジュエリーブランドPiaget(ピアジェ)が選ぶ世界9人の男の一人に選ばれるなど、 その活躍は音楽の枠を飛び越えてグローバルな展開を見せている。

    d16935-70-728840-0

    そんなMIYAVIを、 デヴィッド・ボウイ、 T.REX、 YMOらの写真で知られる世界的フォトグラファー・鋤田正義が撮影。 撮影を終えた鋤田自身が「自分のイメージを自ら壊していくような撮影は本当に久しぶり。 デヴィッド・ボウイ以来だね」と興奮して語った渾身のフォト・セッションが、 一冊の作品としてまとめられることになった。数々の伝説を打ち立てながらも新しいものを求め続けるMIYAVIと鋤田の世代を超えたコラボレーション。 火花散るような緊張感とパフォーマーとしての圧倒的なスケール、 そしてプライベートなパーソナルさが共存する作品群は必見だ。

     

    from MIYAVI & STAFF 

    「全てをぶつけあって、 火花が散りました。 僕たちは男同士だけど、 セックスに似た感覚だったと言えるかもしれない」

     

    真家 鋤田正義

    「MIYAVIくんは、 “自分”を壊すことを全く恐れない。 いつも新たなMIYAVI像を探し続けている。 このフォト・セッションは、 デヴィッド・ボウイ以来の興奮でした」

     

    ■Information

    MIYAVI×SUKITA(単行本)
    発売日:2016年9月16日(金)より順次 全国の書店・CDショップにて販売
    発行元:株式会社 徳間書店
    定価:本体5,300円+税判型:A4変型/128ページ

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US