青森の魅力を発信する「BEAMS EYE on AOMORI」期間限定開催中

09.January.2022 | FASHION / SPOT

ビームスが日本の魅力を発信するBEAMS JAPAN(ビームス ジャパン)は、昨年度に続く2度目となる青森県との協業で、公募で選ばれた13の事業者と共に約100種類の商品を企画・開発した。「BEAMS EYE on AOMORI(ビームス アイ オン 青森)」と題して、12月20日(月)よりBEAMS公式オンラインショップで、2022年1月19日(水)より新宿のBEAMS JAPANの店舗で商品を一挙お披露目し、販売する。

 

BEAMS EYE on AOMORI 販売商品一例

BEAMS JAPANのバイヤーたちが青森へ出向き、それぞれの事業者のもの作りに込められた情熱をさらに多くの人々へ届けるため、知恵と工夫を出し合い、試作とブラッシュアップが重ねられた。青森県の豊かな自然と伝統を五感で感じられる、どこか懐かしくも新しい、約100の自信作が揃った。ライフスタイルを彩るものから美味しいものまで並ぶ「BEAMS EYE on AOMORI」へ足を運んでみては?

RELATED ENTRIES

  • リラックマが青森・秋田・宮城・岩手で「アンサンブルツアー」開催

    13.June.2022 | SPOT

    日本全国を縦断するリラックマ20周年記念イベント「アンサンブルツアー ~ 一緒に広げよう♪ごゆるりSDGs ~」が2022年9月8日(木)から10月31日(月)にかけて、東北4エリア(青森、秋田、宮城、岩手)で開催する。東北4エリアは北海道3エリア会場*に続く第2弾会場となる。

     

     

    東北エリア限定アート♪

     

     

    本ツアーは、リラックマをアイコンに北から南まで、日本全国を縦断するイベントだ。リラックマをアイコンに、環境に配慮した素材のオリジナル商品や、各地のご当地デザイン商品などを販売。また、併設スペースでは、リラックマを通じたSDGs訴求活動を展開し、ツアーと連動したゴミ拾いイベントやこども食堂のサポートなど、様々なSDGsアクションを繰り広げながら、約1年半をかけて、北海道から沖縄まで全国各地を縦断していく。

    今回、その第2弾の会場として東北4エリアで開催することが決定した。

     

    リラックマ史上最大規模の「アンサンブルツアー ~ 一緒に広げよう♪ごゆるりSDGs ~」に参加しよう!

    ©2022 SAN-X CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

  • ビームスがプロデュースする音楽フェス『BE FES!!』の振替開催決定

    11.April.2022 | FASHION / FES

    ビームスは、2022年1月に延期を発表した“BEAMS MUSIC FESTIVAL 2022『BE FES!!』”を、2022年7月5日(火)〜8月10日(水)の期間内に、札幌・東京・名古屋・大阪・福岡のコンサートホール「Zepp」にて、会場ごとに順次振替開催する。
    振替開催に伴い、アーティストのラインナップ及び出演会場を一部変更。今聴きたい、今逢いたい、珠玉のアーティストが参加予定で、ビームスならではの多彩なラインナップとなっている。また前回先行予約販売が行われていたオフィシャルTシャツもBEAMS公式オンラインショップにて再販売を開始した。

     


    会場や会場近くのエリアでは、ビームススタッフの繋がりを駆使して企画されたコンテンツが多数展開。ビームススタッフがおすすめする地域周辺の飲食店や商業施設と提携し、さまざまなサービスが受けられる“BEAMS HAPPY TICKET(ビームス地域振興券)”も配布予定。本フェスティバル内にとどまらず、地域一丸となってムードを盛り上げていく。
    また、会場に足を運べない人にはオンラインで楽しめるように、リアルタイムで公演を視聴できるライブ配信が予定されている。



    「音楽が大好きなビームスが音楽を通じて皆様にハッピーをお届けしたい」というビームスの想いから発足したプロジェクト“BEAMS MUSIC FESTIVAL 2022『BE FES!!』”に参加してポジティブなエネルギーを感じよう。

     

  • 福島県×BEAMS「ふくしまものまっぷ」第33弾にウルトラマンのお面など三春張子の別注商品登場

    25.March.2022 | FASHION / SPOT

    ビームスが日本の魅力を発信するBEAMS JAPAN(ビームス ジャパン)は、福島県と共同で県の魅力を発信するプロジェクト「ふくしまものまっぷ」第33弾として、福島県の伝統的工芸品に指定されている三春張子の工人とのコラボレーションで企画したウルトラマンのお面など別注商品4種と、高柴デコ屋敷を代表する郷土玩具4種を、2022年3月15日(火)より販売開始。

     

    高柴デコ屋敷 本家大黒屋 BEAMS JAPAN別注商品

    高柴デコ屋敷 本家大黒屋

     

    だるま、起き上がり小法師、赤べこなど、日本でよく知られる張子は、福島県を代表する民芸品。高柴デコ屋敷と呼ばれる張子工人たちの集落は、福島県の伝統的工芸品に指定されている「三春張子」の発祥の地で、木型を彫り、和紙を張り、絵付けをするといった手仕事が300年もの間、受け継がれている。現在もここで郷土玩具を作り続ける工房とBEAMS JAPANとのコラボレーションで、この度4種の特注品が完成した。福島が輩出したウルトラマンの生みの親、円谷英二氏に因んで、高柴デコ屋敷を代表するひょっとこのお面と腰高虎にウルトラマンをデザインした、史上初の特別企画となっている。

    ビームス ジャパン(新宿)店内では同じく3月15日(火)より、ポップアップショップ「ふくしまものまっぷ総集編2022」がスタート。会津本郷焼、土湯温泉の湯庵プリン、ふくしままっぷブランケット、ブランド米「福、笑い」、日本酒、牛乳など、今年度に紹介された商品の多くが勢揃いする貴重な機会をお見逃しなく!

     

  • 星野リゾート 青森屋、肌寒い青森の春でもぬくぬく桜を楽しむイベント「花見こたつ」開催

    21.March.2022 | SPOT

    青森の文化を満喫できる宿「星野リゾート 青森屋」は、2022年4月1日(金)から5月31日(火)までの期間中に、こたつで温まりながら花見酒を楽しめるアクティビティ「花見こたつ」を実施する。肌寒い青森の春、快適に花見ができるように桜の木の下にこたつを設置し、綿入りはんてん、湯たんぽも貸し出される。2年目を迎える今回は、花びらの舞う仕掛けで花見気分を盛り上げる「桜柄の和傘」と、お好みの地酒と酒器を選び自分だけのオリジナル花見酒セットを作れる「花見酒タワー」が新登場。

     

    青森の4月は暦上は春だが、平均気温が10度を下回る日が多いため、肌寒い。それでも青森の人々は寒い冬を乗り越え、待ち焦がれた春の訪れを満喫するため、花見に力を注ぐ。

     

    花見を楽しむための3つのポイント

    1 「桜柄の和傘」と花びらが舞う仕掛けで桜の景色をより一層楽しめる

    各こたつの横には桜の絵が描かれた和傘が立ち並び、辺り一面に桜の景色が広がる。また、開くと桜が降ってくる仕掛けで、まるで満開の桜の下にいるような気分を味わうことができる。

     

    2 好きな地酒と酒器を選び自分だけの「花見酒タワー」

    好きな地酒と酒器を3つずつ選び、枡の中に入れると自分だけの「花見酒タワー」が完成する。香りや味わいの異なる10種類の青森の地酒から選ぶことができ、酒器は青森の伝統工芸品である津軽びいどろ、津軽金山焼(つがるかなやまやき)、八戸焼(はちのへやき)がある。こたつで温まりながら、目でも舌でも楽しめ、花見の時間をより一層引き立たせる。

     

    3 桜柄の綿入りはんてんと湯たんぽでさらに温かく

    こたつで足元を温め、さらに上半身も温かくなるように、桜柄の綿入りはんてんと湯たんぽが貸し出される。こたつに入り、はんてんを羽織り、湯たんぽを抱えると、全身温かく花見を楽しむことができる。

  • 青森屋「みちのく祭りや」にて6名のねぶた師と青森の四大祭りを楽しむショー開催

    25.February.2022 | FASHION / SPOT

    目一杯青森の文化を満喫できる宿「星野リゾート 青森屋」にある、6名のねぶた師の作品と青森の四大祭りを楽しめるショー会場「みちのく祭りや」は、2022年4月1日(金)のオープンに向けて、予約受付を開始した。ショーに特化した「みちのく祭りや」は、ステージと客席の距離を近づけ、観客と演者の一体感が生まれる設計となっている。ショーの演出は祭りの世界観に引き込ませるため、新たに映像演出を加えた内容に変わる。また、ねぶた師が手掛けたさまざまな作品が一同に会し、ショーを盛り上げる。

    青森屋は、「のれそれ(青森の方言で目一杯という意味)青森 ~ひとものがたり~」というコンセプトを掲げた、祭りや方言などの青森の文化を体験し、目一杯満喫できる温泉宿だ。

     

     

    青森の祭りで運行される、色鮮やかで圧倒的なスケールを誇るねぶた山車を間近に観賞できるのは、ショー会場「みちのく祭りや」の特徴の一つ。制作に携わるのは、北村(きたむら)麻子(あさこ)氏、竹浪(たけなみ)比呂央(ひろお)氏、手塚(てづか)茂樹(しげき)氏、内山(うちやま)龍(りゅう)星(せい)氏、立田(たつた)龍(りゅう)宝(ほう)氏、北村(きたむら)春(しゅん)一(いち)氏の6人のねぶた師。ショーで運行される大小のねぶたはもちろん、入口や通路にも立体ねぶたや白ねぶた、木製ねぶたの切り絵が観客を迎える。また、祭りへの情熱を表す、ねぶたの技法でできた「火の玉」も演出の一環として登場し、祭りの神髄を感じられるさまざまな作品が一堂に会し、ショーをより一層盛り上げる。

     

    青森県の伝統に触れることができるスペシャルイベントをお楽しみに!

     

    制作に携わる6人のねぶた師

     

    北村麻子

     

    竹浪比呂央

     

    手塚茂樹

     

    内山龍星

     

    立田龍宝

     

    北村春一

     

    青森の四大祭り

     

    青森ねぶた祭(青森市)

     

    八戸三社大祭(八戸市)

     

    五所川原立佞武多(五所川原市)

     

    弘前ねぷたまつり(弘前市)

  • スイーツブランド「RURU MARY’S 」と「BEAMS COUTURE」のコラボアイテム登場

    07.February.2022 | FASHION / FOOD

    アップサイクルとハンドメイドをコンセプトに掲げるビームスのレーベル 「BEAMS COUTURE(ビームス クチュール)」と、スイーツブランド「RURU MARY’S 」のスペシャルコラボレーションが実現した。

     

     

    ドレス

    ニット

    バッグ(大)

    バッグ(小)

    ポシェット

    ショコラサブレ

    RURU MARY’Sのパッケージで用いられているアイコニックな花のイラストを商品に落とし込んだ今回のコレクション。トートバッグとポシェットは、チョコレートの持ち運びができるように保冷素材を使用し、ニットのポケットにもRURU MARY’Sのスイーツを入れることが可能だ。また、コラボレーションアイテムには、ステッカー仕様の薔薇のイラストがデザインされたタグが付属されているので、こちらも注目してほしい。

  • 青森県弘前市のビール醸造所「Be Easy Brewing」とUNITED ARROWSがコラボクラフトビール発売

    17.January.2022 | FASHION / FOOD

    ユナイテッドアローズは、国内外からセレクトしたお酒を販売する「UNITED ARROWS BOTTLE SHOP」において、青森県弘前市にあるビール醸造所「Be Easy Brewing/ビー イージー ブルーイング」と初めてコラボレーションしたクラフトビールを発売。クラフトビール「Apple Pie Ala Mode」は2022年1月2日(日)にユナイテッドアローズ 原宿本店 1F UA BARとエイチ ビューティ&ユース、カリフォルニア ジェネラルストアにて販売を開始した。

     

    青森県弘前市にて創業したクラフトビール醸造所Be Easy Brewingは、常により良いビールを求め、決まった醸造スタイルをもたず進化を遂げている。原料にこだわり、りんご、いちご、津軽のお米など青森の食材をふんだんに使用したクラフトビールは、華やかなホップの味わいが特徴のIPAや味わい深いスタウト、すっきり飲みやすいウィートエールなど様々なスタイルを提供する。ユナイテッドアローズがBe Easy Brewingの高いクオリティとセンスに魅了されたことからコラボレーションが実現した。

     

    「Apple Pie Ala Mode」は、軽い酸味のあるベルリーナ ヴァイセをベースに、りんご果汁、シナモン、バニラなどを加え、アップルパイにバニラアイスを添えたような甘酸っぱいテイストに仕上げた。冬のこの時期に自宅でゆっくり飲んでほしいデザートビールをお見逃しなく。

  • 岡山県の魅力を発信「BEAMS EYE on OKAYAMA」が東京・新宿にて開催、台湾・台北にも登場

    06.January.2022 | FASHION / SPOT

    ビームスが日本の魅力を発信するBEAMS JAPANは、岡山県の11事業者と開発した新しい名産品を紹介するイベント「BEAMS EYE on OKAYAMA」を、2021年12月22日(水)から東京・新宿の店舗「ビームス ジャパン」で開催し、同店と「ビームス 公式オンラインショップ」での販売に加え、2022年2月から、台湾・台北の「ビームス ジャパン ポップアップストア 誠品生活南西店」でも一部商品を取り扱うことが決定した。

     

    開発商品(一部)

    温暖な気候と豊かな自然に恵まれた岡山県にある、11の事業者とBEAMS JAPANが開発したのは、デニムの生産地ならではのアイテムや手仕事が感じられる製品、受け継がれる伝統的工芸品、さらには「くだもの王国」岡山の白桃をモチーフにした商品など全81種のバリエーション。



    岡山県では、創業168周年の「菅公学生服」と、同社倉敷工場でつくられるセーラー服やチェックスカートのディテールを生かしたバッグ類を、学生服と同じ縫製技術を用いて制作した。さらに、麦わら帽子発祥の地域にある「襟立製帽所」とは、実際の帽子と同じマニラ麻素材、高度なブレード技術を駆使した、帽子型のランプシェードや、白桃がすっぽり入るサイズでネーミングもユニークな「 ”食べられない桃”の小物入れ」などを製作しているほか、新宿、渋谷、京都の店舗「ビームス ジャパン」に来店する、都市生活者や一人暮らしの若者の好みを反映させた商品開発なども行われた。


    開発した商品の一部は、台湾・台北で開催中の「ビームス ジャパン ポップアップストア 誠品生活南西店」で、2022年2月24日(木)から2022年3月13日(日)の期間限定で取り扱う。岡山と台北の両都市は、直行便約3時間で結ばれており、互いに身近な存在だったが、新型コロナウィルス感染拡大の影響で行き来が難しい状況のなか、本ポップアップを通じて、台北の人々にも岡山の新しい名産品を伝えたいという、岡山県とBEAMS JAPANの願いで実現した。

  • 雪と氷の芸術に出会う青森県『奥入瀬渓流氷瀑ツアー』5年目の開催決定

    22.October.2021 | SPOT

    地方創生を目指し、観光産業活性化に取り組む組織「一般社団法人十和田奥入瀬観光機構」は、20211217日(金)から202236日(日)までの期間限定で奥入瀬渓流氷瀑ツアーを実施する。2017年から始まって5年目の開催となる。

     

    冬の奥入瀬氷瀑ナイトツアー©十和田奥入瀬観光機構

    冬の奥入瀬ネイチャーガイドツアー©十和田奥入瀬観光機構

     

     

    青森県と秋田県をまたがる十和田湖から焼山までの約14kmにわたって流れる「奥入瀬渓流」は十和田八幡平国立公園内に位置し、特別保護地区に指定されている。冬になると、渓流の随所にある滝は極寒の寒さのなか凍り付き、水が流れたまま時を止めたような大迫力の氷瀑や氷柱となる。奥入瀬の冬景色をネイチャーガイドと一緒に巡るこのバスツアーでは、日中は白銀の景観を、夜はライトアップした氷瀑や氷柱を鑑賞する。

     

    ナイトツアーでは、専用のライトカーがツアーバスと一緒に運行し、奥入瀬渓流の氷瀑や氷柱など5か所をライトアップ。鑑賞するスポットごとに、ライトアップの演出コンセプトがあり、光の色や変化を楽しむことができる。

     

    冬にしか見ることのできない氷の芸術に触れてみては?

     

  • 竜泉寺の湯名古屋守山本店でBEAMS監修オロポグッズ 期間限定販売中

    18.September.2021 | FASHION / SPOT

    温浴施設「竜泉寺の湯 名古屋守山本店」が、2021年9月16日(木)から9月26日(日)までの期間限定で、BEAMS(ビームス)監修のアフターサウナの定番ドリンク『オロポ』をテーマにしたTシャツやバッグ、フェイスタオルなどグッズを販売中。

     

     

    販売するグッズは、「オロポグッズ」。サウナー御用達のドリンク「オロポ」に焦点を当てたグッズは、黄金率で配合できる目盛付きのオロポジョッキやポップアップストアキャラクター“オロポくん”がプリントされたTシャツなどオロポファン垂涎のグッズとなる。今回は新商品として“オロポキーホルダー”も加わった。グッズ購入特典には、オロポステッカーをプレゼントする。またグッズ販売期間中には、オロポ専用ジョッキでの「オロポ」が館内提供され、かき氷の女王 原田 麻子がレシピ考案の“オロポかき氷”も販売されるのでこちらもお見逃しなく!

     

  • BEAMSがバーチャルマーケット6に出店しバーチャル銭湯体験を世界へ発信

    02.August.2021 | ANIME&GAME / FASHION

    バーチャル世界とアクセスを提供するHIKKYが、2021年8月14日(土)から8月28日(土)までの期間限定で開催する世界最大級のVRイベント「バーチャルマーケット6」にてビームスのブースが登場。ビームスとのxR領域における業務提携のもと、昨年に続く2度目の出店ではリアルで実施中の人気イベント「銭湯のススメ。」をバーチャル店内に再現し、HIKKYが独自に開発するWeb to VRの技術で、VR機器を使わずとも、より多くの人がスマホやPCからアクセスできる環境を実現した。今回もBEAMS社員がリアルタイムで操作するショップスタッフのアバターが、店内を案内する。

     

     

    バーチャルマーケット6・BEAMSブース内「銭湯のススメ。2021」内観

    バーチャルマーケット6・BEAMSブース内「銭湯のススメ。2021」内観

    BEAMSブース内「銭湯のススメ。2021」で無料配布するタオル姿のVケットちゃんの3Dアバター

     

     

    東京・東上野の銭湯、寿湯で9月まで開催中の人気企画「銭湯のススメ。2021」をバーチャルで再現し、湯けむりに包まれる銭湯体験を、BEAMS JAPANと牛乳石鹸のコラボレーションで届ける。番台に立つのは、バーチャルマーケット公式アバター、Vケットちゃん。牛乳石鹸や「銭湯のススメ。」コラボグッズも購入可能となっている。無料配布するタオル姿のVケットちゃんの3Dアバターに着替えれば、来場者が誰でも、タオルを巻いたVケットちゃんの姿で入浴気分を楽しむことができる。

    漫画家・文筆家ヤマザキマリの描き下ろしによる大迫力の銭湯画を眺めながら、スポーツの夏を、世界のユーザーと語り合ってはいかが?店舗屋上には銭湯の煙突を設置し、ユーザーが自らの操作で花火を打ち上げられる仕掛けになっており、バーチャルマーケット6全体のお祭りのテーマを盛り上げ、日本の夏を満喫できるアトラクションが実現した。

     

    日本が誇るアニメやマンガ作品とBEAMSのコラボレーション商品が販売される。ほぼ全てがバーチャルマーケット6のために企画したもので、バーチャルマーケット6のオフィシャルグッズは今回もMerch by Amazonのサービスを通して世界7ヵ国日本、アメリカ合衆国、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペインへ発送される。

     

    躍進し続けるバーチャルマーケットから目が離せない。

  • サウナ後の定番ドリンク「オロポ」BEAMS監修グッズが「竜泉寺の湯」にて登場

    26.July.2021 | FASHION / SPOT

    オークランド観光開発が運営する温浴施設「竜泉寺の湯」にて、2021年7月22日(木)から9月26日(日)までの期間限定で、ビームス監修のアフターサウナの定番ドリンク「オロポ」をテーマにしたTシャツやバッグ、フェイスタオルなどのグッズが販売される。

     

    オロポストア

    オロポかき氷

     

    オロポTシャツ 全3種類 白 2,500円(税抜)/黒 2,500円(税抜)/グレー 3,500(税抜)円

    オロポトートバックブルー/生成り 全2種類 各2,700円(税抜)

    オロポフェイスタオル 1,000円(税抜)

    オロポハンドタオル ブルー/白 全2種類 各900円(税抜)

    オロポジョッキ 2,500円(税抜)

     

    「オロポ」は、サウナ愛好家に愛されているアフターサウナの定番ドリンク。オロナミンCでポカリスウェット割ったドリンクで、サウナ浴で失われた水分・ビタミン・ミネラル・塩分・糖分を同時補給することができる。サウナー界では“ととのいメンテナンスドリンク”と言われている。

     

    サウナー御用達の「オロポ」に焦点を当てたグッズは、黄金率で配合できる目盛付きのオロポジョッキやポップアップストアキャラクター“オロポくん”がプリントされたTシャツなどオロポファン垂涎のグッズがラインアップ。

     

    またグッズ販売期間中には、オロポ専用ジョッキでの「オロポ」が館内提供され、「かき氷の女王」原田麻子がレシピを考案した“オロポかき氷”も販売される。

     

    サウナ愛好家必見のレトロでカワイイ限定アイテムをチェックしてみては?

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US