アソビシステムの新アイドルグループ「FRUITS ZIPPER」7人のメンバーとアーティスト写真公開

01.March.2022 | MUSIC

アソビシステムが先日発足した、日本で成長を続けてきたアイドル文化を世界に向けて発信する新プロジェクト「KAWAII LAB.」より誕生する新アイドルグループ「FRUITS ZIPPER(フルーツジッパー)」の全貌が発表された。また、2022年4月10日(日)には白金高輪SELENE b2にてデビューライブの開催が決定した。

 


グループのコンセプトは「原宿から世界へ」。多様なカルチャーの発信地、個性の集まるファッションの街“原宿”から「NEW KAWAII」を発信していく。
グループ名は、「実を結ぶ」という意味を持つFRUITに、「元気を与える」という意味のZIPを組み合わせ、「FRUITS ZIPPER」と命名された。「アイドル活動を通して成長し、未熟な種から実を結びたい」「世の中に元気を与えるグループになりたい」という想いが込められている。



グループのプロデューサーは、「KAWAII LAB.」の総合プロデューサーを務め、モデル・タレントとして活動する木村ミサ。長年アイドルを愛し、追い続け、自身もアイドルグループむすびズムのリーダーを務めた経験を活かしアイドルグループのプロデュースに初挑戦する。公開されたアーティスト写真は、静止画だけでなく、CGで「動くアー写」となっている。近年、海外のトレンドでもあるこのアー写の制作は、デジタルクリエイティブカンパニー「OFBYFOR TOKYO」所属で、映像監督/Art Director/3DCG ARTISTのYUKARIが手掛けた。動くアー写はグループの公式SNSでぜひチェックをしよう。

 


デビューライブ「FRUITS ZIPPER お披露目ライブ FIRST CONTACT」のVIPチケットの抽選受付は2月26日(土)から開始予定。記念すべきFRUITS ZIPPERのデビューライブに注目してほしい。

 

アイドル界をさらに盛り上げること間違いなしのFRUITS ZIPPERから目が離せない!

 

FRUITS ZIPPER メンバープロフィール

月足天音(つきあし あまね)

 

鎮西寿々歌(ちんぜい すずか)

 

櫻井優衣(さくらい ゆい)

 

仲川瑠夏(なかがわ るな)

 

真中まな(まなか まな)

 

松本かれん(まつもと かれん)

 

早瀬ノエル(はやせ のえる)

 

RELATED ENTRIES

  • FRUITS ZIPPERライブレポート「きっかけは自分で見つけるもの」決意を胸に踏み出した世界進出への第一歩

    16.September.2022 | MUSIC

    TikTokで「わたしの一番かわいいところ」が楽曲視聴数5億回と、この夏バズっている7人組アイドルグループ・FRUITS ZIPPERの「1stワンマンライブ 〜KIKKAKE〜」が、9月12日(月)に恵比寿LIQUIDROOMで開催された。

     

    アソビシステムのアイドルプロジェクト「KAWAII LAB.」から、4月にデビューしたばかりのFRUITS ZIPPERだが、この日のチケットはソールドアウト。「実を結ぶ=FRUIT」に、「元気を与える=ZIP」を組み合わせたグループ名が示すように、短期間で数多のライブを経験し、多くの観客に元気を与えた7人。この暑い夏を乗り越えた彼女たちの努力が、満員の観客という形で実を結んだのだ。

     

    会場が暗転すると、ファンの持つペンライトによって、フロアはメンバーカラーの7色に染まる。ステージに設置されたスクリーンにVTRが流れ、ひとりずつ、ステージに立つことの意味を語る。

     

    「アイドルという存在に救われてきたんです。自分も誰かにとってそういう存在になれたらいいなと思って」(月足天音)

    「キラキラになりたかった。一生懸命がんばりたい」(松本かれん)

    「いろんなカルチャーからパワーをもらった原宿という街。私も誰かのパワースポットになりたい」(真中まな)

    「何度も諦めた夢。ここでなら叶えられると思った。大好きなアイドル、大きく羽ばたきたい!」(櫻井優衣)

    「小さい頃からすぐそばに音楽があって、音楽とずっと関わり続けられる場所を探していたら、FRUITS ZIPPERに出会った」(早瀬ノエル)

    「ずっと私がアイドルとして飛躍することを応援してくれていたファンの人たち」(仲川瑠夏)

    「あのときたしかにそう思った。アイドルをやるまで死ねないって」(鎮西寿々歌)

     

    櫻井と仲川の、かつてアイドルとして経験した挫折を乗り越え、再びここに立っているという決意。月足と真中の「恩返し」の心。松本と早瀬の純粋な願い。そして鎮西の覚悟。彼女たちひとりひとりの思いの切実さが伝わってくる。
    クラップのリズムにあわせ、ステージに現れた7人。SEのEDMサウンドに合わせて舞い、円陣を組み、合わせた手を離すと、全員が花びらのように散っていき、笑顔を振りまいた。

     

    オープニングを飾るのは王道アイドルソング「skyfeelan」。メンバーのツイートをもとに作詞されたこの楽曲。7人は自分の実感のこもった言葉を歌いあげる。初ワンマンライブにも関わらず、硬さはまったく感じられず、しなやかに楽しむ姿が頼もしい。

    続く「君の明るい未来を追いかけて」も爽やかなナンバー。ファンも一緒にサビの振りを踊り、7色のペンライトがフロアのそこかしこで煌めく。

    MCでは櫻井が「今年の4月にデビューしてから4ヶ月半経ったんですけど、全員で今日この日を目標に頑張ってきました。満員のLIQUIDROOMで、私たちの集大成を見せたいです!」と語る。マルチリンガルの早瀬は、配信を通して英語で海外のファンに“NEW KAWAII”を発信した。

    MC明けは、オープニングのアイドル感満載なイメージから一点、「Re→TRY & FLY」「We are Frontier」というクールな楽曲をパフォーマンス。強烈な重低音にも負けない彼女たちの歌声に圧倒される。照明と映像の力も借りながら、楽曲の世界観を柔軟に表現するFRUITS ZIPPER。たった4曲で“NEW KAWAII”を体現してみせた。

     

    メンバーが一旦ステージを後にすると、スクリーンで突如ラジオ番組(?)「ふるっぱーなう」がスタート。この日のライブタイトルにちなみ、「KIKKAKE振り返りコーナー」が行われた。それぞれのメンバーが「FRUITS ZIPPERの活動がきっかけ(KIKKAKE)で変わったこと」をテーマに話した。

    最年少17歳の早瀬は、日傘や日焼け止めを使うようになり、メイクも覚えたと語り、かわいらしさ満点。一方、年長組の真中は「人を信頼して任せることも伸びるための1つ」という実感のこもった気づきを明かし、鎮西は「私たちだけじゃ何の意味もないから。聞いてくれる人、観てくれる人がいるから、意味がある」と気づいたと語る。

    他のメンバーの「変わったこと」も、「社交的になった」(櫻井)「早起きできるようになった」(松本)、「マイクがぶれなくなった」(月足)「エゴサするようになった」(仲川)とユニーク。メンバーの個性の振り幅が大きいのも、FRUITS ZIPPERの魅力だ。

    ラジオが終わると、新衣装を身にまとったメンバーが新曲「世界はキミからはじまる」を初披露。煌めきと切なさが同居したメロディーが印象的なこの楽曲。

    “これからもさっきもずっと一緒だって/忘れられないよう刻むんだ/何度も何度も何度も何度も/何度だって伝えるよ”というフレーズは、FRUITS ZIPPERとファンがこれから紡ぐ数多の思い出について歌っているようだ。

    パフォーマンス後のトークでは、鎮西が「初披露の新曲、『世界はキミから始まる』…」と言った瞬間「始まる」の部分が、ディレイして繰り返し流れてしまうハプニングも。しかしそんなトラブルも鎮西は「どうしよう、次元超えた?」と笑いに変えてしまう頼もしさを見せた。

     

    そしてライブは後半戦へ。マフラータオルを振り回す夏曲「ふれふるサマー!」では、間奏のサンバのリズムに合わせておどけるメンバーがキュートだ。

    続いて、松本が「わたしの一番かわいいところ」と言うと、FRUITS ZIPPERの存在を知らしめたこのアンセムに会場がどよめく。この夏、たくさんの人びとのかわいさを引き出したこの曲だが、本家のかわいさはファンをノックアウトするには、あまりある破壊力だった。

     

    「完璧主義で✩」では、“世界に飛んでいきたいの”、“休むヒマはない”とFRUITS ZIPPERの決意を歌い上げる。そして本編ラストは「RADIO GALAXY」。アレンジ、テンポ、メロディーが万華鏡のように次々と変化していく難易度高いこの楽曲も、余裕で歌い踊る7人が頼もしい。

    鳴り止まない手拍子に応え、ステージに現れたメンバーは、再び新曲「世界はキミからはじまる」をパフォーマンス。その後、雑誌『B.L.T.』でFRUITS ZIPPERの密着連載がスタートすること、そして11月11日に2ndワンマンライブが渋谷 WWW Xで開催すると発表した。

     

    最後のMCで、メンバーそれぞれがこの日のライブの感想を語る。

     

    真中「ここにいるみなさんの視線をこうやって感じてると、より強く、FRUITS ZIPPERとしてひとつになって、これからも活動していきたいと改めて思える、そんな一日でした」

    櫻井「FRUITS ZIPPERに入ってから、たくさんの応援してくださるみなさんがいることを実感することも増えて、私もいつか誰かのきっかけに、誰かがアイドルになりたいって思えるきっかけになれたらいいなって思う気持ちも出てきました」

    仲川「いろんな世界中の(ライブハウスの)楽屋の壁にサインをたくさんいっぱい書いていけるように頑張っていきます」

    月足「この夏満足感と充実感がすごいあって幸せだったので、これからFRUITS ZIPPERとみんなで素敵な季節、四季を過ごしていけたらなって思っています」

    早瀬「FRUITS ZIPPERに入って、きっかけは自分で見つけるものなんだって気づきました。これからもいろんなきっかけとかチャンスを見逃さずに、もっともっと大きな自分になって行けたらなって思います」

    松本「これからはかれんが楽しいって思うだけじゃなくて、みんなが楽しいなって楽しませられるアイドルになりたいなって思います。これからも一生懸命頑張るので見ててください」

    鎮西「私はみんなのおかげで日々支えられて前を向いて生きているので、みんなにとっても、私たちがそういう存在であってくれたらって。お互いにそういう関係にこれからもなっていけたらなって強く心から思います」

    真中や松本、鎮西は感極まって泣き出しそうになる瞬間も。しかし、7人ともしっかりと自分の言葉でファンと対話できる強さを感じさせた。

     

    そして最後は、代表曲「わたしの一番かわいいところ」をパフォーマンス。キャノン砲で色とりどりの紙テープが舞い、7色に染まるフロアをさらに鮮やかに彩った。

    最後に鎮西は「私たちFRUITS ZIPPERは『原宿から世界へ』をモットーに、これからも駆け抜けていくので、今後とも応援よろしくおねがいします」と挨拶。

    この勢いそのままに、FRUITS ZIPPERは、さらなる高みへと駆け上がっていくだろう。7人の煌めきが加速していくにつれ、“嘘じゃない瞬間”を積み重ね、世界を色鮮やかに染めていく。そんなFRUITS ZIPPERの快進撃を目撃するきっかけを見逃さないでほしい。

     

    このライブの模様はZAIKOにてアーカイブ配信中。

    text:安里和哲
    photo:Masayo

  • オールドスクールなバーガーショップ「Jennifer Seven」が東京・原宿にオープン

    07.September.2022 | FOOD / SPOT

    原宿のグルメバーガーショップ「THE GREAT BURGER」、ベーカリーカフェ「The Little BAKERY Tokyo」、ドーナツブランド「GOOD TOWN DOUGHNUTS」など都内でカフェやベーカリー6店舗・ブランドを手がける株式会社LDFS が、原宿の「THE GREAT BURGER」真横にジェネラルストア併設型のオールドスクールなバーガーショップ「Jennifer Seven」をオープンした。


    「Jennifer Seven」は、アパレルグッズやキッチンアイテム、グロサリーなどを販売するジェネラルストアとバーガーショップが一体となったお店。表向きはコーヒースタンドを併設したジェネラルストアだが、奥の扉を開くとシークレットなバーガーショップが現れる、遊び心溢れる空間となっている。自社で展開するバーガーショップの真横にオープンした、斬新なバーガーショップ「Jennifer Seven」では、これまで「THE GREAT BURGER」で展開してきたようなボリューム満点のグルメバーガーではなく、昔ながらのシンプルでクラシックなスタイルのハンバーガーが提供される。

     

     

    ジェネラルストアとは、アメリカの田舎などにある食料品や日用雑貨など、日常生活の必需品を幅広く取り揃えている雑貨店のことで、日本のよろず屋のようなものを指す。「Jennifer Seven」ではヴィンテージテイストのオリジナルアパレルや雑貨、ユーズドリメイクに加え、アメリカで仕入れられた食器をはじめとするヴィンテージ雑貨などを販売。そのほか、系列店で手作りするドレッシングやジャムなどの食物販、産地直送のフレッシュフルーツや野菜、ナチュラルワインなど、自宅用にもちょっとしたギフトや手土産、ホームパーティーの一品などにも役立つアイテムがラインナップ。


    店内に併設するドライブスルーをイメージしたコーヒースタンドでは、系列各店でこれまでも提供してきたオリジナル焙煎コーヒー「GOOD TOWN COFFEE」がテイクアウト用に販売されている。原宿エリアの食べ歩きにも嬉しいチャイニーズアメリカンな中華まん(肉まん・あんまん)も登場。

     

    「Jennifer Seven」で提供するのは、これまで「THE GREAT BURGER」で展開してきたような、ボリューム満点のグルメバーガーではなく、どこか懐かしさをも感じられるシンプルでクラシックなハンバーガー。バンズに挟むのは、パティ、ケチャップ、マスタード、オリジナルバーガーソース、ピクルス、オニオンの極めてシンプルな食材。素朴だけどどこか中毒性のある、古き良きバーガー本来の姿が表現されている。白とヴィンテージウッドを基調にブルーグレーイッシュグリーンをアクセントに加えたシンプルな店内は、アメリカの田舎にあるダイナーや学食からインスピレーションを得てオーナー自らデザインしたクラシックモダンな空間が広がる。

     

    秘密基地のようなバーガーショップ「Jennifer Seven」で古き良きバーガーを楽しんで。

     

  • アイドル界の新星・FRUITS ZIPPERが7thシングル「We are Frontier」リリース

    06.September.2022 | MUSIC

    今年春にリリースした「わたしの一番かわいいところ」がTikTokを中心に人気となり、MVはYouTubeで230万回再生を突破。TikTokでの楽曲再生数が4.5億回を超えるなど、注目度が高まるアイドルグループFRUITS ZIPPERが、4曲連続リリースの第3弾となるニューシングル「We are Frontier」を2022年9月2日(金)より配信開始した。

     

    本作は、「君の明るい未来を追いかけて」や「skyfeelan」など、FRUITS ZIPPERの楽曲を多数手がける早川博隆がプロデュース。普段の“かわいい”曲ではなく、アイドル界という大海原を突き進むFRUITS IPPERの強い意志を歌った、グループ史上一番“かっこいい”楽曲となっている。

     

    また、9月12日(月)に恵比寿LIQUIDROOMで開催される「FRUITS ZIPPER 1st ワンマンライブ 〜KIKKAKE〜」の詳細も発表された。チケットはVIP、一般前売りともに販売直後に完売したが、ファンの熱いリクエストに応えてZAIKOでの生配信が決定。配信チケットは現在販売中なのでお見逃しなく!

     

  • NFTデジタルアイドルプロジェクト『Project B-idol』、アーティストコラボ第一弾発表

    05.September.2022 | MUSIC

    NFTデジタルアイドルプロジェクト『Project B-idol』のアーティストコラボが実施。第一弾として、いま世界で注目を集める音楽アーティストチームである「INIMI」プロデュースによる楽曲NFT「Lumière」が2022年9月1日(木)にリリースされた。

     

    NFTマーケットプレイス『PlayMining NFT Premier』にて、「Azure Melodies」のメンバーが歌うアーティストコラボやコミュニティ発の楽曲など、様々なテーマの楽曲が数量限定で公開されている。また、楽曲NFTを所持することで、『Project B-idol』の活動方針等を決める投票を通じて、彼女たちのプロデュースに参加することも可能だ。

     

    この楽曲NFTは、BNBチェーンに対応したNFTマーケットプレイス『PlayMining NFT Premier』にて数量限定での販売となるのでお見逃しなく。

     

  • アソビシステムが日本で成長を続けてきたアイドル文化を世界に向けて発信する新プロジェクト「KAWAII LAB.」に所属する「IDOLATER(アイドレイター)」は伏木結晶乃、奥田彩友、月代来実、大石楓夏、砂月凜々香の計5人のメンバーで活動している。

     

    今回は2022年8月31日(水)にリリースした「Endless Summer」についてスタッフが紹介します。

     

    「Endless Summer」は5人体制となったIDOLATERにとって初めての楽曲リリースで、以前体制を変更した2021年6月に発表した「DIAMOND」を意識して制作された楽曲です。

     

    テンポの良い四つ打ちを軸に構成された楽曲は今までのIDOLATERには無い軽快さで、メンバーの中でも特に歌唱力に定評がある伏木結晶乃と砂月凜々香の歌声を存分に堪能できる楽曲となっています。

    また、メンバーから今までの夏の思い出をヒアリングし、メンバーそれぞれの夏の思い出が散りばめられた歌詞にも注目です。

     

    「Endless Summer」は8月21日(日)の砂月凜々香生誕祭で初披露しました。

    サビはファンの方も一緒に縦ノリできる曲です。ぜひライブでお待ちしております!

     

    来週はFRUITS ZIPPERが担当します。

    次回のIDOLATER連載もお楽しみに!

     

  • 大人気声優参加の建設業界系アニメ『現場の女神』が新シリーズ発表

    29.August.2022 | ANIME&GAME

    創業117年の総合建設会社「株式会社梶川建設」と、原宿を拠点に世界へ発信するカルチャープロダクション「アソビシステム株式会社」が、従来の建設業界のイメージを刷新すべく立ち上げた「3K(カワイイ・キレイ・キラキラ)プロジェクト」より、オリジナルキャラクターを起用したSNSアニメ『現場の女神』新シリーズが発表された。

     

    『現場の女神』は、建設現場に必要不可欠な道具をモチーフにイメージキャラクターを制作し、Instagramなどで使えるGIFステッカーに落とし込みGIF投稿プラットフォーム「GIPHY」にて公開したところ、公開から約3ヶ月でスタンプの再生回数は全世界で1500万Viewを突破した。

    イメージキャラクターのGIFスタンプに予想を上回る反響があったことを記念し、2020年冬に第一弾シリーズを制作・公開。建設業界をゆるく可愛く描いたアニメは業界だけでなくアニメファンの間でも話題となった。

     

    本作の新シリーズでは、建設業界が実は重要な「防災」を担っていることに着目し、『現場の女神2』として新たなストーリーと新キャラクターを制作。このアニメをきっかけに、少しでも「防災」に関して啓蒙できればという思いも込めて、「防災の日」でもある2022年9月1日(木)17時に現場の女神オフィシャルYouTube・Twitterにて全6話配信される。

     

    新シリーズのテーマは『防災』

    今回のシリーズは『防災』がキーワード。津波や地震など、いつ起こるかわからない自然災害から建物や堤防などの工事現場を支える最新マシン「ジャイロ・パイラー」にインスパイアされた新キャラクター「じゃいろ」が登場する。この新キャラ「じゃいろ」の役を務めたのは声優の武内駿輔(たけうち しゅんすけ)。力強くて少しチャラい性格のキャラクターを見事に演じている。

    アニメキャラが工事現場の“光るバルーン”になって登場

    アニメのキャラクターたちが、実際の工事現場で使われる什器になって登場。今回制作されたのは「バルーン投光器」。工事現場などで使用する投光器を製造する企業ライトボーイ社が3K(キレイ・キラキラ・カワイイ)プロジェクトに賛同する形で制作がスタートした。アニメキャラクターを模したオリジナルデザインのバルーン投光器4体が完成。

    このバルーン投光器は9月3日(土)、4日(日)に代々木公園で行われる防災・減災普及啓蒙イベント『もしもフェス渋谷 2022』にて初披露されるのでお楽しみに!

     

    また、キャラクター投光器はサンプルとしてライトボーイ社のパンフレットに掲載され、企業による購入も可能となっている。

     

     

     

    キャラクター・キャスト紹介

     

    ・すこっぴー(CV.田中あいみ)

    スコップは仮の姿。どんな悩みにもついつい耳を傾けてしまう今風な女神。YouTuber にも興味津々。 

     

    ・こにぃー(CV.芹澤優)

    カラーコーンは仮の姿。口調も冷たく口数少なめのツンデレ女神。しかし、4人の中では一番涙もろい一面も。

      

     

    ・めってぃー(CV.伊達朱里紗)

    ヘルメットは仮の姿。おっとりな性格、喋りもゆっくりで、眠くなっちゃうことも。でも、細かい部分が気になっちゃう繊細さもある。

    ・ぐんぐん&のんのん(CV.山北早紀)

    軍手は仮の姿。双子なのに両極端、意見は右往左往なバラバラ姉妹。白黒(赤青)はハッキリさせたい2人。

     

    ・じゃいろ(CV. 武内駿輔)

    イケメンかつ自信に満ち溢れたオラオラな神様。地球を平穏にするべく女神達の助っ人として工事現場を支える最新マシン「ジャイロ・パイラー」に降臨。最先端の機能で数々の難工事を解決できる能力を持つが、オラオラかつ陽キャな性格が災いし別の問題が多発してしまう・・・助っ人なのか仕事を増やしに来たのかわからないニューヒーロー。

    <あらすじ>

    神様からの使命で様々な問題を解決すべく地球にやってきた女神達。その姿を隠すべく建設現場の様々な道具に降臨し調査を始めるが、未知の地球人に翻弄され、苦戦する女神達は神様に助っ人を要請。やってきたのは、自信満々オラオラ体質のイケメン神。秘めたポテンシャルは凄いけど性格に難ありの助っ人と女神達は身近かつ些細な地球の問題を解決できるのか!?

  • FRUITS ZIPPER初サブスクコミュニティチャンネル『集まれ☆ふるっぱー!』開設

    26.August.2022 | MUSIC

    動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv(オープンレックティービー)」にて、アイドルグループ「FRUITS ZIPPER」による初のサブスクコミュニティチャンネル『集まれ☆ふるっぱー!』の開設が決定した。

    初回放送日は、2022年9月1日(木)20時よりスタート。前半の一部は誰でも無料で視聴できるのでお見逃しなく。

     

    また、開設記念第一弾として「サイン付きグループショットチェキ」が当たる「フォロー&RT」キャンペーンも実施される。第二弾、第三弾もキャンペーンが用意されているのでお楽しみに!

     

     

    開設記念 第一弾『サイン付きグループショットチェキが当たるフォロー&RTキャンペーン』

    FRUITS ZIPPER公式Twitterをフォローし、「#集まれふるっぱー」をつけて、チャンネルでやってほしいことを引用RTした人の中から抽選で「サイン付きグループショットチェキ」がプレゼントされる。

    ・FRUITS ZIPPER 公式Twitterアカウント
    https://twitter.com/FRUITS_ZIPPER
    ※第一弾キャンペーンの投稿はFRUIT ZIPPER 公式アカウントにて投稿。それを引用RTしよう。


    ・プレゼント枚数

    RT数に応じてプレゼント数が変動する。
    RT〜100:3点
    RT100〜200:4点
    RT200〜300:5点
    RT300〜:10点

  • もしもしにっぽんをご覧のみなさま、はじめまして!KAWAII LAB.総合プロデューサーの木村ミサです。

     

    先日、8月9日(火)わたしがプロデュースしているグループ、FRUITS ZIPPERの単独公演「夏休みジッパー!」が横浜1000CLUBで開催されました。

    FRUITS ZIPPERは月1で定期公演を開催しているのですが、ありがたいことに毎回即完売で、めちゃくちゃ嬉しい悲鳴・・・!ですが、少しでも多くの方に単独公演を観ていただきたいという思いから、今回の夏休みジッパー!の開催に至ったのです。今回の連載は、夏休みジッパー!を振り返る回にしたいとおもいます。最後までお付き合いください!

     

    今回のライブのテーマは、「夏休み」。ずっと楽しい気持ちが途切れないまま、最後まで駆け抜けよう!ということで、MCパートを少なめに、自己紹介も曲中の演出として組み込むこと、そして、単独公演では一番の大きな会場でのライブ。FRUITS ZIPPERの定期公演では、毎回違った公演にしているので、今回もなにか新しいことがしたいと思い考えたのがレーザー演出。

    今まで取り入れたことなかったのですが、今回は大きい会場ですし、絶対映える!と導入したのです!

     

     

    そんな今回のセットリストはこちら。

     

    SE long ver.

    1 We are Frontier

    2 Re→TRY & FLY

    3 ふれふるサマー! 自己紹介ver.

    4 君の明るい未来を追いかけて

    MC

    5 わたしの一番かわいいところ

    6 skyfeelan

    〜夏休みジッパー!スッペシャルレーザーショー〜

    7 RADIO GALAXY

    8 完璧主義で☆

     

    アンコール

    わたしの一番かわいいところ

    ふれふるサマー!

     

    序盤のSEからレーザーバッキバキのバッチバチ(るなぴボイス)にしたくて、特別にロングバージョンを作っていただきました。最初はバッキバキのバッチバチに魅せるかっこいい楽曲を。そして、FRUITS ZIPPERの夏曲「ふれふるサマー!」ではサンバのリズムに合わせて自己紹介!メンバーそれぞれの個性が光りまくってて、めちゃくちゃ良かったのではないでしょうか!個人的には、夏休みジッパー!のリハが始まってから、「オレンジ担当の鎮西寿々歌です」が頭から離れなくて大変でした。文章だと伝わりにくいので、なんのこっちゃわからない方は是非おすずに聞いてみてください。

    そして、「ふれふるサマー!」では一体感がほしくて、サビのコーラスを厚めにして、煽りまくるようになりました!メンバーそれぞれの煽りも楽しみにしながら一緒にタオルぶん回してくれたら嬉しいです。

     

    後半戦では、RADIO GALAXYのスッペシャルなレーザーショーを。リハーサルで見させていただいたのですが、メンバーと一緒に大興奮!メンバーがステージからいなくなってもふるっぱー↑の方々の高まりと途切れさせないように、めっちゃかっこいい中にもかわいさがあるFRUITS ZIPPERらしいNEW KAWAII 演出にしていただきました♡

    アンコールの「わたしの一番かわいいところ」では、少し砕けてやってみよう!ということで、すこしラフなバージョンでお届けしましたがいかがでしたか?

    ハイライトは最初の櫻井優衣のパートですかね。きっとそこでメンバー全員がいい意味で砕けることに徹することができた気がします。ありがとう、ゆいちゃん。

     

    今までなかったことに挑戦してみた夏休みジッパー!、夏休みといいつつ、平日にも関わらずありがたいことにSOLD OUTでたくさんの方が来てくれて、楽しかったと感想を教えてくれてとっても嬉しかったです。FRUITS ZIPPERは、ライブで楽しませることを大事にしているので、ワンマン前の単独公演として意味のあるものになったのではないでしょうか。もうすぐに9/121stワンマンライブです。まだまだ止まらずに、夏を駆け抜けてワンマンライブに向けて走り続けていきます。

    書き足りないこともたくさんですが今回はここまでに。それでは、またお会いしましょう♡

     

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

     

  • スタジオジブリ作品をデザインに取り入れた『HARAJUKU COLLECTIVE』期間限定POP UP STOREが原宿にオープン

    17.August.2022 | FASHION / MOVIE / SPOT

    スタジオジブリ作品のライセンスアイテムをアメリカ・カナダで展開しているアパレル企業・HOT TOPICによるアパレルコレクション『HARAJUKU COLLECTIVE』が、2022年8月10日(水)よりオンラインストア(日本国内向け)にて販売開始。本コレクションの発売を記念した期間限定POP UP STOREが原宿にオープンした。

     

    日本オリジナルアイテム

     

    アメリカオリジナルアイテム

    マックロクロスケと小トトロが遊んでいるかのようなカラフルな外観の店舗は、中に入るとトトロの世界観と原宿のイメージをMixしたレインボーカラーの大トトロがお出迎え。“もしトトロの森にカラフルなKAWAIIキノコがあって、どんぐりの雨が降ってきたら、キノコ傘を使う日があるかも?”─そんな想像から生まれたほっこりするカラフルなトトロ。壁面には日本オリジナルアイテムのためにクリエイターが描き下ろしたアートが展示され、スペシャルな空間で実際に商品を見ながら購入できるイベントとなっているのでぜひ足を運んでみては?

     

    © 1988 Studio Ghibli
    © 1989 Eiko Kadono – Studio Ghibli – N
    © 1997 Studio Ghibli – ND
    © 2001 Studio Ghibli – NDDTM
    © 2004 Studio Ghibli – NDDMT

  • FRUITS ZIPPER、夏の特別単独公演『FRUITS ZIPPER単独公演~夏休みジッパー!~』ライブレポート

    17.August.2022 | MUSIC

    アソビシステムが手掛けるアイドル文化を世界に向けて発信するプロジェクト「KAWAII LAB.」より誕生した、櫻井優衣、月足天音、松本かれん、早瀬ノエル、鎮西寿々歌、仲川瑠夏、真中まなの7人組アイドルグループ「FRUITS ZIPPER」(フルーツジッパー、通称:ふるっぱー)。
    “原宿から世界へ”をコンセプトに、多様なカルチャーの発信地、個性の集まるファッションの街・原宿から“NEW KAWAII”を発信していくことを掲げ、現在、「わたしの一番かわいいところ」がTikTokで累計2億回以上再生されるなど、デビューの前後から、“ブレイク必至のアイドル”として、活動をしている。

    そのFRUITS ZIPPERが、2022年8月9日(火)に『FRUITS ZIPPER単独公演~夏休みジッパー!~』を横浜1000CLUBにて開催。今回のLIVEは、夏フェスが続く中で、さらに夏を盛り上げようという意味合いと、9月12日(金)の恵比寿LIQUIDROOMでの1stワンマンLIVEに向けて、グループとしてさらに勢いを付けていくべく開催され、計10曲を披露して、観客を終始、虜にしていた。“今1番注目すべきアイドル”を見ようと、会場には多くの人が集まり、平日にも関わらず、チケットはSOLD OUT。ここからもFRUITS ZIPPERの勢いが伺える。

    開演時間になると、暗転して会場にレーザーが照射。色とりどりな照明が照らされた中で、特別なロングSEが流れた。綺麗な音色の後に、エレクトロニックなダンスサウンドとクラップ音で期待を煽るSE。そして、クラップ音に合わせて、メンバーがゆっくりと行進しながら登場し、サウンドに合わせて華麗に踊る。そして、LIVEがスタートした。
    この夏の単独公演の口火を切ったのは、楽曲「We are Frontier」。赤い照明がステージを照らす中、力強いサウンドに合わせて、熱唱をする7人。カッコ良く、綺麗に全身を使いながらキレキレのダンスを披露し、オーディエンスを魅了。ビートに乗りながら、エネルギッシュに歌い、踊る。そんな7人のパワーが溢れる、クールなパフォーマンスに魅了されて、体を揺らすオーディエンス。スタートから盛り上がりを見せた。

    続いて、楽曲「Re→TRY & FLY」を披露。こちらもクールな楽曲で、リズムに乗りながら端麗なパフォーマンスを魅せた。サビでは、拳を掲げながら、ステージ前方へ進む勇ましい姿を見せ、7人が美しいユニゾン歌唱を奏でた。このクールな世界観に浸るファンに、FRUITS ZIPPERの7人もどんどん気合が満ち溢れていく。

    スタートから熱いステージングを魅せるFRUITS ZIPPERだが、ここからさらにたたみかけた。夏曲の「ふれふるサマー!」では、タオルを持って振りながら、愉しげにパフォーマンス。曲中に自己紹介を行い、メンバーの個性を強調させた。タオルを振り回しながらステージを駆け回り、そのメンバーに合わせて、観客もタオル、サイリウムを振って反応し盛り上がっていた。夏に相応しいお祭りのようなステージで、会場はヒートアップ。
    綺麗なサウンドが特徴の「君の明るい未来を追いかけて」では、ジャンプをしたり、手を振ったり、観客に向かって指を差したりなど、キュートな様子を見せた。真摯に歌い上げながら踊って表現する姿に、FRUITS ZIPPERへの想いの強さを感じた。


     

    MCでは、鎮西寿々歌が「毎月定期公演を行っているんですけれど、ファンの皆様から『ちょっとチケットの抽選が当たらないんだけど』というお声を頂いたので、特別にここ横浜1000CLUBにてスペシャル公演を開催することになりました!」と今回この特別公演を開催する経緯と、平日にも関わらず、チケットSOLD OUT、多くの人に来てもらったことに大きな感謝を述べた。

    そしてLIVEも後半へ。話題沸騰中、多くの人々に聴かれ続け、累計でTikTok2億回も再生されている「わたしの一番かわいいところ」では、全面的にキュートなアクトを展開すると同時に7人それぞれの個性を輝かせた。ステップを踏みながら、ノリノリで踊っていく。クロスステップ、手を上げる、ターンなど、細部まで拘るダンスから、アクティブなダンスまで魅せた。ファンも大きく盛り上がり、愉しげな雰囲気へ。それぞれが、“わたしの一番かわいいところ”を見せつけ、7人が“世界で一番かわいい姿”を魅せて、ファンをさらに虜にしていった。続いて、綺麗なメロディーチューン「skyfeelan」を披露。時にファルセットを用いながら美しく歌唱。この歌声を持ち合わせるFRUITS ZIPPERに、大きなポテンシャルを感じた。

    そして、圧巻だったのがレーザーショーと題した特別演出だ。メンバーが一旦ステージから捌けた後、レーザーがステージに照射されながら、FRUITS ZIPPERのロゴやハートロゴが会場に映し出された。七色に光るレーザーと照明、そして重低音のEDM調のサウンドの中、メンバーが再度登場し、華麗に踊る。そして、次の曲「RADIO GALAXY」へ。「RADIO GALAXY」は、Kawaii Future Bassサウンドの楽曲で、ジャンプしたり、スローモーションになったりなど、緩急のあるアクトを展開。ラップパートや熱く歌い上げるパートがあるなど、多種に渡り楽しみが多い楽曲に、愉しげにするメンバーとファン。その関係がとても素晴らしい。

    本編最後の楽曲は「完璧主義で☆」。疾走感溢れるナンバーに対して、全員でステージを横移動したり、2人で大きなハートを作ったり、ピースしたりと、可憐なパフォーマンスを披露。「大丈夫」「いつも真っ直ぐにいられるのは 君がいるから」「すぐそばにいてね」という歌詞にある通り、FRUITS ZIPPERについてきて欲しいと意思表明をすると同時に安心感をも作り出し、その思いの丈をパフォーマンスに宿らせた。

    本編を終え、会場にはステージを去った7人にファンからのアンコールが響いた。アンコールでは、本編でも披露した「わたしの一番かわいいところ」 「ふれふるサマー!」を再び披露。会場の熱量は最高潮へと達し、『FRUITS ZIPPER単独公演~夏休みジッパー!~』は幕を閉じた。

    FRUITS ZIPPERと共に最高の思い出を。FRUITS ZIPPERは、この灼熱の真夏に、最高のLIVEを見せた。これからもFRUITS ZIPPERは、多くの人々と共に最高の思い出を作っていくだろう。そして彼女たちは、さらに躍進していくことが確信できる。そんな、FRUITS ZIPPERから目が離せない。

     

     

    文:石山喜将
    撮影:Masayo

  • BE:FIRST、プレデビュー記念日に「Shining One (Re-recorded)」の先行配信が決定

    17.August.2022 | MUSIC

    SKY-HI率いるBMSGに所属する7人組ダンス&ボーカルグループ、BE:FIRSTが2022年8月12日(金)に千葉市蘇我スポーツ公園にて開催された音楽フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」に出演し、1st ALBUM「BE:1」のリード曲「Scream」や同日に先行配信された新曲「BF is…」を含めた計9曲を披露、オーディエンスを沸かせた。

    8月12日(金)に突如1st ALBUM「BE:1」から先行配信された楽曲「BF is…」は、これまで4月30日に開催された「VIVA LA ROCK 2022」でのみ披露されたHIPHOPチューンで、メンバー自身も楽曲制作に参加している。

     

    BE:FIRST「BF is…」8月12日 先行配信

    https://BEFIRST.lnk.to/BE1

     

    「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」では、正にアルバムの一曲目に相応しい、”BE:FIRST”を象徴する一曲「BF is…」から彼らのステージは幕を開け、ストリーミング全世界累計再生回数1億回を突破したヒット曲「Bye-Good-Bye」やジョナス・ブルーとのコラボ曲「Don’t Wake Me Up feat. BE:FIRST」、ロックチューン「Brave Generation」、ALBUM「BE:1」のリード曲「Scream」と、彼らの実力、そして音楽を存分にオーディエンスに見せつけた。

    そんなロッキンでのセットリストは各音楽配信サービスにてプレイリストとして公開されている。ぜひチェックしてみてほしい。

     

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022 SETLIST

    https://befirst.lnk.to/RIJF2022_SETLIST

     

    BE:FIRSTは、ちょうど一年前の8月13日に日本テレビ「スッキリ」にてメンバーが発表された。彼らのプレデビュー1周年の記念日である8月16日(火)には、ALBUM「BE:1」にも収録される「Shining One (Re-recorded)」の先行配信が決定。そして同日20時にはYouTubeにて「BE:FIRST / -???????-」のプレミア公開も決定した。

     

    BE:FIRST / -???????-

    待望の1st ALBUM「BE:1」のリリースも近づいてきている彼らの活動にこれからも目が離せない。

     

    ©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022

  • TikTok総再⽣数2億回突破!アイドルグループ「FRUITS ZIPPER」がサマンサベガのシーズンアンバサダーに就任

    05.August.2022 | FASHION

    カワイイと思うモノを提案する「SAMANTHAVEGA(サマンサベガ)」の2022年秋冬最新ビジュアルに、アイドル文化を世界に向けて発信する新プロジェクト「KAWAII LAB.」より誕生した新アイドルグループ「FRUITS ZIPPER(フルーツジッパー)」がシーズンアンバサダーとして就任。FRUITS ZIPPERは、楽曲「わたしの一番かわいいところ」がリリースからわずか2ヶ月でTikTokにて総再⽣数約2億回を突破し、Spotify Japanのバイラルチャートでは1位に輝くなど今日本で一番注目されているアイドルグループと言えるだろう。7月29日(金)には、国内外で人気のトラックメイカーYUC’eが制作した待望の4thシングル「RADIO GALAXY」がリリースされ話題を呼んでいる。

     

    そして今回、世の中に「カワイイ」を提案するファッションブランドとアイドルグループの出会いにより、双方の魅力が最大限に発揮されたビジュアルが完成した。

     

     

    ビジューモチーフハンドバッグ/ビジューモチーフショルダーバッグ 

    リボンモチーフショルダーバッグ/リボンモチーフハンドバッグ

    2Way ボアハンドバッグ

     

    キュートなメンバーが魅せる最高潮の「カワイイ」と、サマンサベガのMODEラインを「クール」に魅せる二面性のある印象的なビジュアルが完成。サマンサベガ公式オンラインショップでは、第一弾として、可愛らしいファンタジーな世界観がテーマの「DAYDREAM Library(デイドリームライブラリー)」特設ページでキュートに魅せる。FRUITS ZIPPERの新たな魅力が溢れ出すサマンサベガのビジュアルから目が離せない!

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US