BAND-MAID・小鳩ミクのソロプロジェクト「cluppo」インタビュー:新曲「With you」に込めた思い

21.July.2022 | ANIME&GAME / MUSIC

メイド服を身にまとい、その華麗な姿からは想像できないほどのパワフルなパフォーマンスで日本のみならず、海外の“ご主人様”と“お嬢様”(BAND-MAIDファンの呼称をも魅了しているガールズロックバンド・BAND-MAID。

 

千葉・幕張メッセにて2022年8月14日(日)に開催される、英国の世界的ロックフェスティバル「DOWNLOAD FESTIVAL」の日本版「DOWNLOAD JAPAN 2022」にてオープニングアクトを務める他、10月より始まる全米ツアー「BAND-MAID US TOUR 2022」では、全13公演のチケットのほとんどが完売するなど、その勢いはとどまるところを知らない。そんな、今夏に全世界待望の新作EPの発売も発表され注目を集めるBAND-MAIDのギタリスト/ボーカルの小鳩ミクのソロプロジェクト「cluppo(くるっぽ)」の新曲「With you」が7月7日(木)にリリースされた。3月9日(水)にリリースされた1stEP「hatofull」に続く、新曲シングル「With you」は、TVアニメ「咲う アルスノトリア すんっ!」のエンディングテーマに起用され、アニメをさらに盛り上げているのはもちろんのこと、cluppoの新たな才能を垣間見ることができる作品となっている。

 

cluppo「With you」

 

今回は、ソロプロジェクトでも聴く人々の心に寄り添い、多彩な才能を輝かせるcluppoに、新曲シングル「With you」に込めた思いと、彼女の楽曲制作について紐解くべく、インタビューの機会を得ることができた。

 

──TVアニメ「咲う(わらう)アルスノトリア すんっ!」のために書き下ろした楽曲「With you」のインスピレーションはなんですか?

 

cluppo:もともと、TVアニメ化する「咲う(わらう)アルスノトリア すんっ!」のエンディングテーマとして、「ぜひcluppoさんに」っていうお話をいただいてから、楽曲を書くことになったんですっぽ。それからまず、アニメチーム側と、どういう雰囲気なのか、どういう曲調のものがいいのかとか、そういう打ち合わせをオンラインでやらせていただいたんですっぽ。

 

そのときに、今までのcluppoからイメージされる激しい元気な感じだったりとか、こう、まさに「HIPPIE-POPPO(ヒッピーポッポ)」 と自分のジャンルとして言ってるんですけども、そのイメージっていうよりは、新しい、今までにない雰囲気のcluppoさんの曲にして欲しいと言われたんですっぽ。優しい、可愛らしい雰囲気だったり、語り口調があるような楽曲だと嬉しいです、ということだったので、そこからCrowさん達(“カラス”と名付けられた、cluppoの楽曲制作チーム名)に、私はハトで「世界平和」がテーマなので、カラスさんたちと仲良くするっていう意図のもと、曲を作っていただきましたっぽ。歌詞に関しては、元々そのTVアニメの題材になったのが携帯ゲームだったので、実際に私もやってみたんですっぽ。ゲームの中のストーリーがすごくしっかりしていたので、そこからインスピレーションを受けてイメージを膨らませて、「このワードはきっと大事だっぽね」とか、「これを歌詞に入れたらきっと原作のゲームをしているときからの人も、『あっ』て気になってくれるかな」とか、そういうことを考えながら、書いていきましたっぽ。

 

──アニメ側と打ち合わせして、cluppoの中で、楽曲のコンセプトを見つけられましたか?

 

cluppo:楽曲に関しては、アニメチーム側の方のこだわりが最初からあったので、何回か楽曲デモのやりとりをして、最初にあった楽曲とは、ゴロッと雰囲気が変わったり、何転かしていきましたっぽ。

 

──歌詞に込めたメッセージはなんですか?

 

cluppo:やっぱり一番は歌詞の最後にいつも言っている「アイは負けない」ってところですっぽ。そこを一番大事にしていると言いうか、そもそも「咲う(わらう)アルスノトリア すんっ!」のキービジュアルに「魔法(かわいい)は負けない」ってあったんですっぽ。それが打ち出されていたので、最初は「かわいい」っていうのって一般的な、物語も可愛らしい子たちがキャピキャピするようなイメージがあったんですっぽね。でも、実際に自分もゲームをやらせてもらって、やっているうちに「かわいい」だけではなくて闇の部分だったりとか、結構暗い部分もあるんだなと思った時に、「かわいい」って多分きっと、自分達のことなんだろうなって。

強い気持ちだったり、そのまっすぐ向いてる気持ちだったりっていうのも含めて「かわいい」にしているんだろうなって思ったんですっぽ。「咲う(わらう)アルスノトリア すんっ!」に登場する彼女たち自身が負けないって気持ちでやってるんだって思ったときに、それを「アイ」って、わざとカタカナにして、愛情の「愛」と自分自身「I」を掛け合わせて「アイは負けない」って言葉を考えつきましたっぽ。これは絶対に使おうって、最初に決めたワードなんですっぽ。

 

──楽曲とそのアレンジを担当されたCrowとの楽曲について、どのように取り組みをされましたか?どのようにアイデアを広げられたのかすごく気になります。

 

cluppo:そうですっぽね、今回はそのcluppoのイメージっていうよりも、アニメスタッフ側と、これはどうかあれはどうかっていうのをたくさんやりとりしたので、cluppoは、「あっ、なるほど!なるほど!」と聞いてるというか、「なるほど、そうなるんですっぽね!」って言ってるようなことが多かったですっぽね。出来た楽曲のこの歌詞の部分は、「こういう譜割にちょっと変えていいですか?」とか、「こういう風な歌の感じにしていいですか?」っていう部分はあったんですけど、それ以外の全体的な雰囲気に関しては、今回はCrowさんにお任せしましたっぽ。

 

──コラボレーションですね!

 

cluppo:そうですっぽね!「hatofull」など今まで出した楽曲で、私の好みや、イメージをすごく理解してくださってて、私以上にcluppoの雰囲気を考えてくださっていたので、すごく安心して、お任せできましたっぽ。

 

──楽曲の歌詞を制作するにあたり、心がけていることや信念はありますか?

 

cluppo:そうですっぽね、やっぱり一番はcluppoとして、大きな目標が「世界平和」なので、歌詞の中にも絶対その雰囲気を出せるようにしたいって気持ちはありますっぽ。

 

──アイデアの源はなんですか?

 

cluppo:そうですっぽね、色々あるんですけど、よく寝ることって言ってますっぽ!(笑)

 

──歌詞を制作するにあたっての、ファーストステップは何ですか?いつもどのように作業を始められますか?

 

cluppo:まずは、歌詞を先に書くことっていうのが基本ないので、曲先行なんですっぽね。なので、曲をたくさん、いっぱい聞きますっぽ。ずっと、通勤中でも、どこ行くにしても寝る前にしても延々聴いていることが多いですっぽ。

まずはその歌の雰囲気だったり、生活の中に歌を落とし込むというか、メロディーが浮かんで、「今この言葉をあそこの部分に入れたら、良くなるかも」とか、考えつくことも多いので。そういうときにメロディーとかが染み込んでないと、パッ!と出てこなかったりするので、たくさん聴くところから絶対に始めますっぽ。

 

──cluppoさんが普段思っている気持ちが、曲を聴いている時に、ふと思い返されたりすることはありますか?

 

cluppo:そうですっぽね、ありますっぽ、ありますっぽ。「あ〜この部分はゲームのあのシーンやりながら浮かんだっぽね」とか、そういうのはありますっぽ。

 

──「世界平和」がテーマのcluppoのプロジェクトに対するご自身の夢と思いを聞かせてください。

 

cluppo:そうですっぽね、元々エイプリルフールの企画としてcluppoが始まったので、当初こんなに続くと考えていなかったっていうのも一つですし、こうやってアニメのエンディングテーマにしていただいたりっていうのは、もうすごくびっくりの連続で。そして、「世界平和」を大きなテーマにしているので、それを踏まえて、cluppoだからこそ出来ることが、きっとたくさんあるなと思っていて。BAND-MAIDの小鳩ミクだと出来ないことを敢えて、cluppoでは挑戦していけたらいいなって考えていますっぽ。

 

──BAND-⁠MAIDとしての活動では今年10月に2万人動員のUSツアーを控えていらっしゃいますが、cluppoとして海外での活動は考えていますか?

 

cluppo:何も考えてないですっぽ!(笑)

よくBAND-MAIDの海外のご主人様・お嬢様から、cluppoはライブしないの?アメリカではcluppoは観れないの?って、嬉しいことに言っていただいたりはするんですけど、なにせ格好から違うので、ずっとここは「どうしたらいいもんかな」とは思っていますっぽ。

でもいつか、そういう皆さんの前に立ってcluppoもそのうち海外でも何か出来たらいいなって思ってますっぽ!

 

──最後の質問になりますが、「もしもしにっぽん」の読者の皆さんにメッセージをお願いいたします!

 

cluppo:はい!もしもしにっぽんは、BAND-MAIDとしては、もうずいぶん前からお世話になっているので、こうしてcluppoとしても取り上げていただけるのが、すごく願ったり叶ったり・・・っていうとちょっと日本語おかしい気がするんですけどっぽ(笑)たくさんの方にもっともっとcluppoを知ってもらって、海外に向けて、日本の文化の一つとしてcluppoの可愛いは、BAND-MAIDの可愛いと、またちょっと違うと思うので、両方できるんだよっていうのを、もっともっと知っていただいて、海外に羽ばたいていけるように頑張りたいなと思っていますっぽ!応援よろしくお願いしますっぽ!

 

 

誰かの記憶の中にいるようなノスタルジックで暖かい雰囲気が漂うcluppoの新曲「With you」は、聴く人々の心を、背中を押すように、力強くも優しく抱きしめてくれるだろう。アニメのエンディングテーマとして書き下ろされたが、一歩を踏み出す人の希望と勇気が満ち溢れた、何かが始まる予感を感じさせる楽曲になっている。

また、楽曲の世界観を表現したミュージックビデオでは、今にでも空に向かって羽ばたいていきそうなcluppoが、暖かく「アイは負けない」と心強いメッセージを届ける。

 

cluppoが届けるメッセージと歌声は、人々を肯定し自信へと導いてくれるだろう。

RELATED ENTRIES

  • BAND-MAID新作EPからリード曲「Unleash!!!!!」先行配信開始&MV公開

    15.August.2022 | MUSIC

    いま海外で最も人気のあるガールズバンドBAND-MAIDが、2022年9月21日(水)発売の新作EP『Unleash』より、リード曲「Unleash!!!!!」を8月10日(水)に配信開始した。描き下ろしアニメ映像と実写をミックスした同曲のミュージックビデオと、新しいアーティスト写真も公開となった。「Unleash!!!!!」MVは、突如出現した正体不明の”黒いモヤ”に、BAND-MAIDのパフォーマンスパワーで立ち向かうストーリー仕立ての描き下ろしアニメーションと、BAND-MAIDの実写がミックスされた見応えたっぷりの作品となっている。なお、新アー写ではメイド服を一新した。荒野に佇むメンバーが遠くを見据えた力強い目線が印象的なものとなっている。

    また、「Unleash!!!!!」先行配信開始を記念して、各サブスクリプションサービスでの再生キャンペーンも開始した。一部海外からの参加も可能なキャンペーンとなっているので、国内はもちろん、全世界のご主人様・お嬢様(BAND-MAIDのファンの呼称)も是非チェックしよう。



    そして、2023年1月9日(月・祝)に開催される、バンド史上最大規模となる東京ガーデンシアターでのお給仕(単独公演)も8月10日(水)より抽選先行販売がスタートした。バンドの目標である「世界征服」へ突き進む彼女たちから、目が離せない!

     

    「Unleash!!!!!」Music Video

     



    小鳩ミク(Gt.&Vo.) 「Unleash!!!!!」MVへのコメント

    今回、MVにキャラクター化したメンバーの映像が入るのは決まった時からわくわくで楽しみにしてましたっぽ!私達の個性がそれぞれしっかりと反映されていて、とっても素敵なキャラクターになれて嬉しいですっぽ!!過去から未来へ、世界征服へ向けての更なる進化をアニメと実写のコラボにより素敵に表現できていると思うので、皆様にお届け出来るのが楽しみですっぽ。

     

  • BAND-MAID、小鳩ミクのソロ歌唱曲「サヨナキドリ」アコースティック映像を公開

    20.July.2022 | MUSIC

    いま海外で最も人気のあるガールズバンドBAND-MAIDが、2021年12月25日(土)のクリスマスに合わせ配信を行った『BAND-MAID ONLINE ACOUSTIC』より、「サヨナキドリ」演奏映像をYouTubeで公開した。

     

    「サヨナキドリ」は、BAND-MAIDの中心人物である小鳩ミクのソロ歌唱曲となっている。小鳩ミクのソロプロジェクトcluppo「With you」のデジタルシングルリリースを記念した期間限定の公開なので、見逃さないようチェックしよう。

     

     

    BAND-MAID「サヨナキドリ」

     


    なお、上記発表に合わせ、2023年1月9日(祝・月)に開催される、バンド史上最大規模となる東京ガーデンシアターでのお給仕(単独公演)のチケット先行発売も開始となった。BAND-MAIDにとって結成10周年となる2023年の幕開けを飾るお給仕となり、コロナ禍により中止となった日本武道館のリベンジとしても期待が高まる。チケット争奪戦が予想されるため、ご主人様・お嬢様(BAND-MAIDファンの呼称)は早めに公式ホームページで確認しよう。


    また、現在チケット発売中の全米ツアー『BAND-MAID US TOUR 2022』は、先日追加公演がサプライズ発表され、最終日となるシカゴ公演は発売即日に完売した。現在13公演中、既に10公演がチケット完売となっており、改めて米国を筆頭に海外での爆発的な人気の高さを証明している。


    バンドの目標である”世界征服”へ突き進む彼女たちから、目が離せない。

     

  • cluppo、TVアニメ『咲う アルスノトリア すんっ!』EDテーマ「With you」の配信開始

    08.July.2022 | MUSIC

    cluppo(くるっぽ)の新曲「With you」が、2022年7月7日(木)七夕の日に配信開始され、同時にミュージックビデオもオフィシャルYouTubeにて公開となった。


    cluppoは、全世界的な支持を得るメイド姿のハードロックバンドBAND-MAIDの小鳩ミク(Gt.&Vo.)によるソロプロジェクトだ。同曲は、2022年7月6日(水)よりTOKYO MX・BS日テレにて放送開始となったTVアニメ『咲う アルスノトリア すんっ!』エンディングテーマとして書き下ろされた楽曲。「With you」配信と同時に公開となったMVは、移り行く空模様を背景に、切ない表情を浮かべるcluppoが儚げに歌う映像となった。浮かんでは消える歌詞の表示も、cluppo初のミディアムバラード曲を一層印象付ける演出となっている。

     

    cluppo「With you」Music Video


    また「With you」の配信を記念し、LINE MUSICでの再生応募キャンペーンも開始となった。気になる賞品のラインナップは、「With you」配信ジャケットの水彩画をCDサイズに印刷したアートカードをはじめ、達筆なcluppoによる「直筆毛筆書」、更には“鳩賞”と称し、「Flapping Wings」MVや小鳩ミクによるTikTok動画でも度々登場している鳩フィギュアを、1名の方に抽選でプレゼントするという。応募に関する詳細は、オフィシャルHP及びSNSでチェックしよう。

    BAND-MAIDとしての活動では、今年2022年10月に2万人超動員のUSツアー、来年2023年1月に最大キャパの国内公演が控えており、そちらにも注目したい。BAND-MAID、そしてcluppoとしても羽ばたき続ける小鳩ミクから、目が離せない。

     

  • BAND-MAID小鳩ミクのソロ・プロジェクトcluppo、アニメ「アルスノ」ED曲「With you」をリリース

    04.July.2022 | ANIME&GAME / MUSIC

    全世界的な支持を得るメイド姿のハードロックバンドBAND-MAIDの小鳩ミク(Gt.&Vo.)によるソロプロジェクト・cluppo(くるっぽ)の新曲「With you」が、2022年7月7日(木)七夕の日に配信リリースされることが決定した。あわせて、ジャケットも公開。


    同曲は、2022年7月6日(水)よりTOKYO MX・BS日テレにて放送が開始されるTVアニメ『咲う アルスノトリア すんっ!』エンディングテーマとして書き下ろされた楽曲で、cluppo初のアニメタイアップとなっている。公開された配信ジャケットは、「With you」のふわっとしたイメージを水彩画にできたらとcluppo自ら発案したという。「キラキラした雰囲気がありながらも、明るさだけではなく、暗い部分も出したかった」というcluppoの言葉通り、柔らかな印象の空に、雲間に描かれた虹がきらめくドリーミーな水彩画となっている。リリース毎にアプローチの異なる楽曲を次々と繰り出すcluppoの、多彩な魅力を味わおう。


    BAND-MAIDとしての活動では、今年2022年10月に2万人超動員のUSツアー、来年2023年1月に最大キャパの国内公演が控えており、そちらにも注目したい。BAND-MAID、そしてcluppoとしても羽ばたき続ける小鳩ミクから、目が離せない。

     

  • RPG「咲う アルスノトリア すんっ!」アニメ化決定!豪華キャストを迎え7月放送

    31.May.2022 | ANIME&GAME

    本当の魔法を探すRPG『咲う(わらう)アルスノトリア』のTVアニメ化が決定した。2022年7月6日(水)23時からTOKYO MX、24時からBS日テレにて放送開始する。

     

    メインキャストは、アプリと同じく、アルスノトリア役を久野美咲、メル役を花井美春、小アルベール役を富田美憂、ピカトリクス役を幸村恵理、アブラメリン役を松井恵理子が担当する。ティザービジュアルにはアニメオリジナルキャラクターも登場し、6月には詳細が発表予定なので続報を待とう。

     

    ティザーPV

     


    さらに、本作のコミカライズとノベライズが決定。コミカライズは、『月刊ドラゴンエイジ』にて6月9日(木)より「はっとりまさき」による連載で、アニメ本編をピックアップする構成となり、放送に先駆けてストーリーが楽しめる。
    まだ謎に包まれているアニメオリジナルキャラクターを中心としたスピンオフストーリーとなる。

     

    気になるアニメストーリーは7月までのお楽しみ!



    あらすじ
    「魔法(フリガナ:ひみつ) の 花園(フリガナ:がくえん)へ、ようこそ」
    ここは全寮制の魔法学園都市:アシュラム。〈真の淑女〉を目指し、学んで励んでお茶会をして・・・学寮生活を送る少女たちの、仲良く・楽しく・賑やかな日常をお届けします!

     

    ©NITRO PLUS/GOOD SMILE COMPANY, Inc.
    ©Smile of the Arsnotoria the Animation Partners

     

  • BAND-MAID、今夏に待望の新作EPを発売決定

    13.May.2022 | MUSIC

    ガールズバンド・BAND-MAIDが、2022年5月10日の「メイドの日」に合わせ、ご主人様・お嬢様(BAND-MAIDファンの呼称)へ向け公開したスペシャル動画の中で、2つのサプライズニュースを発表した。

     

    1つ目は、今夏に全世界待望の新作となるメジャー2nd EPをリリースすること。2つ目は、2023年1月9日(月・祝)に、東京ガーデンシアターでのお給仕(BAND-MAIDライブの呼称)開催が決定したことをアナウンスした。

     

    新作EPについては「世界征服の第2弾をテーマに制作した」とSAIKIが語るなど、気合十分。コロナ禍で様々なことが止まってしまっていた期間のモヤモヤ感を爆発させるような作品を予定しているとのこと。楽曲・発売についての続報を楽しみに待とう。

     

    また、2023年1月9日(月・祝)の開催が決定した東京ガーデンシアターでのお給仕は、BAND-MAIDにとって結成10周年となる2023年の幕開けを飾るお給仕となる。コロナ禍により中止となった日本武道館のリベンジ公演とのことでさらに期待が高まるだろう。

    なお、今夏日本4都市5公演で開催される有観客お給仕「BAND-MAID PRE US OKYUJI in JAPAN」チケットは、平日開催が大半ながらも申し込み殺到により既に入手困難な状態となっている。10月より開催する2万人超動員の全米ツアー「BAND-MAID US TOUR 2022」においても、全13公演のうち既に9公演が完売するなど、改めて米国を筆頭に海外での人気の高さも証明しているため、東京ガーデンシアターでのお給仕はチケット争奪戦必至となるだろう。

     

    2つのサプライズが発表されたスペシャル動画では、メンバーによるトークのほか、プレゼント企画やサプライズでのスタジオライブなどを実施。動画は5月15日(日)23:59まで5日間のみの限定公開となるため、ご主人様・お嬢様は見逃さないよう、早めにチェックしよう。

     

    BAND-MAID “THE DAY OF MAID” SPECIAL TALK *5月15日(日)23:59までアーカイブ配信

     

    新作発表、国内外でのお給仕と、精力的に全世界を股にかけ活躍を続けるBAND-MAID。バンドの目標である「世界征服」へ突き進む彼女たちから、目が離せない。

  • BAND-MAID、全米ツアー直前に日本公演開催!人気ハリウッドドラマの挿入歌にも決定

    21.April.2022 | MUSIC

    ガールズバンド・BAND-MAIDが、2万人超動員の全米ツアー直前に開催する、国内公演の詳細を発表した。BAND-MAIDにとって実に2年半ぶりとなる有観客お給仕(BAND-MAIDのライブの呼称)は、大阪、愛知、宮城、東京の4都市5公演で行われる。全米ツアー前哨戦かつ久しぶりの有観客での国内公演ということで、チケット争奪戦必至の公演となりそうだ。ファンクラブ先行抽選販売は2022年4月15日より始まったので、詳細は公式HPをチェックしよう。

     

    また、10月より開催する先日追加公演が発表された全米ツアー「BAND-MAID US TOUR 2022」では、最終日のシカゴ公演は発売即日で完売となった。全13公演のうち、既に9公演も完売となっており、改めて米国を筆頭に海外での爆発的な人気の高さを証明している。


    さらに、4月15日からU-NEXTにて配信予定の、DCコミックス原作・ハリウッド作品「ピースメイカー」の挿入歌に、BAND-MAID「Choose me」が劇中歌で採用されることが決定した。
    来る5月10日の「メイド」の日には、You Tubeにてトーク配信を実施予定であることも発表!詳細は後日発表とのことでこちらも注目だ。


    全世界を股にかけての活躍を続けるBAND-MAID。バンドの目標である「世界征服」へ突き進む彼女たちから、目が離せない。

     

     

     

  • BAND-MAID、世界的フェスを皮切りに過去最大規模の全米ツアー開催

    03.March.2022 | MUSIC

    2022年10月、BAND-MAIDが過去最大規模の全米ツアーを開催する。海外で人気のあるメイド姿のハードロックバンド・BAND-MAID。YouTubeの総再生回数は1億3000万回以上、リアクション動画など関連動画の総再生回数は3000万回を超える。4度開催したワールドツアーはいずれもソールドアウトで、配信公演では全世界60か国以上からの視聴を記録し、アメリカではツイッタートレンド入りを果たすなど全世界的な人気を獲得している。

     

    そんなBAND-MAIDが、全米ツアー単独としては初、3度目となるアメリカでのツアーを開催。今回は世界的プロモーターである「LIVE NATION」と、世界的エージェンシーの「United Talent Agency」がタッグを組み、自身過去最大規模となる8州11都市での開催となる。チケット発売日や詳細はオフィシャルHPで確認しよう。

     

    また本ツアーは、カリフォルニア開催の音楽フェスティバル「AFTERSHOCK」への初出演を皮切りにスタートとなる。本フェスにはKISSやSlipknotなどを筆頭に世界的人気のアーティストが多数出演が決定している。世界規模での躍進を続けるBAND-MAIDから、今後も目を離せない。

     

  • BAND-MAID、米カリフォルニアの世界的超大型フェス「AFTERSHOCK FESTIVAL」に出演決定

    26.February.2022 | FES / MUSIC

    全世界的な人気を得ているハードロックバンドBAND-MAIDが、アメリカ・カリフォルニア州サクラメントで行われる世界的人気フェスティバル「AFTERSHOCK FESTIVAL」に出演することが決定した。

    「AFTERSHOCK FESTIVAL」は、2022年10月6日(木)~9日(日)の4日間開催される、全世界的な人気を誇る超大型音楽フェスティバル。KISSやSlipknotなど、世界的人気を誇るアーティストがヘッドライナーに名を連ね、今年で10周年のアニバーサリーとなる。海外で人気のあるガールズバンドとしても知られるBAND-MAIDは、同フェスでも注目を集めそうだ。


    BAND-MAIDは、2022年中の全米ツアーの開催も発表しており、ツアーに関しては追ってアナウンスされるとのこと。世界規模での躍進を続けるBAND-MAIDに今後も注目しよう!

     

     

  • BAND-MAID小鳩ミクのソロ・プロジェクトcluppo、新曲「POGO!」のMV公開

    25.February.2022 | MUSIC

    全世界的な支持を得るメイド姿のハードロックバンドBAND-MAIDの小鳩ミク(Gt.&Vo.)によるソロ・プロジェクトcluppo。そんなcluppoが2022年3月9日(水)に発売する1st EP「hatofull(ハトフル)」から、新曲「POGO!(ポゴ)」を2月23日(水)より先行配信、同時にMVをプレミア公開した。


    古き良き70年代を再解釈し「HIPPIE-POPPO(ヒッピーポッポ)」と銘打った、新たな音楽ジャンルを創造しているcluppo。ラブリーでピースフルな印象はそのままに、新曲「POGO!」ではラップ調のヴォーカルにも挑戦するなど、進化し続けるcluppoの意欲作となっている。新曲の先行配信に併せてcluppo Official YouTubeチャンネルでミュージックビデオもプレミア公開となるため、こちらも見逃さないようチェックしよう。

     

    cluppo 「POGO!」MusicVideo 


    なお、「POGO!」先行配信を記念し、サブスクリプションサービスでの再生キャンペーンやライブラリ追加キャンペーンも開始となる。さらに、1stEP「hatofull」の先着購入者特典として、メガジャケやオリジナルA5クリアファイルを用意するほか、商品に封入されている応募券でエントリーできる「発売記念キャンペーン」では抽選でファン垂涎のプレゼントを用意するなど、各種キャンペーンも盛りだくさん。各々詳細はcluppo公式HPで確認をしよう。BAND-MAID、そしてcluppoとしても羽ばたき続ける小鳩ミクから、目が離せない。

     

     

    cluppo コメント

    前回までの2曲とはまた全然違ったcluppoに仕上がった今回の『POGO!』は、かっこよさと可愛さとカラフルさの融合になっていますっぽ。MVは色合いのカラフルさもですが、情報量が沢山なので、何回も見てほしいですっぽ。まさに『POGO!』してるっぽ!!

     

  • BAND-MAID小鳩ミク&SAIKI、YOSHIKI CHANNELに出演決定

    17.February.2022 | MUSIC

    メイド姿のハードロックバンドBAND-MAIDの小鳩ミク(Gt.&Vo.)とSAIKI(Vo.)が、2022年2月25日(金)19時30分より、YOSHIKI CHANNELへ出演することが発表された。


    BAND-MAIDのYOSHIKI CHANNELへの出演は、2019年以来、約3年ぶりとなり、2回目の出演となる。前回出演時はSAIKI×YOSHIKIの即興セッションなどで盛り上がったため、今回も話題となること必至だ。2022年の全米ツアー開催を発表するなど世界規模での躍進を続けているBAND-MAIDと、長年アメリカを拠点とし、世界各国で活躍するYOSHIKIとのグローバルトークも見逃せない。

    なお、BAND-MAIDは、メンバー完全監修となるBAND-MAID『Unseen World』オフィシャルバンドスコアブックを先月発売したばかり。バンドスコアとしてはもちろん、撮り下ろし写真やインタビューは全文英訳し収載など、全世界的な人気を得ているBAND-MAIDならではのアイテムとなっている。
    また、全世界50か国以上が視聴したという初のオンライン配信公演『BAND-MAID ONLINE ACOUSTIC』のチケットも現在発売中だ。バンドのテーマである世界征服に向け、2022年も動き続けるBAND-MAIDから目が離せない。

  • TVアニメ「プラチナエンド」2ndシリーズ放送スタート!ノンテロップOP・EDテーマ解禁

    31.January.2022 | ANIME&GAME

    『DEATH NOTE』『バクマン。』を生み出した大場つぐみ・小畑健の強力タッグが原作を手がけるTVアニメ「プラチナエンド」。 2022年1月20日の深夜に2ndシリーズが放送スタートし、ノンテロップOP・ED映像が公開された。

     

    OPテーマは、1stシリーズより大好評のBAND-MAID「Sense」が続投となるが、映像と歌詞を一部リニューアル。新たなキャラクターが多数登場し、見応えのある映像となっている。各キャラクターが抱える背景や今後の展開へぜひ想像を膨らませてほしい。

     

    また新たな歌詞が披露された「Sense」は、現在ここでしか聴けない音源となっている。どこが新しくなっているのか、そこに込められた意味など、ぜひチェックしていただきたい。

     

     

    2ndシリーズ ノンテロップOP

     

    待望の2ndシリーズ ノンテロップEDは、絵コンテ/演出を末澤慧、作画は黄瀬和哉・末澤慧が担当。浜辺を登場人物たちが往来し、表情を変える光が印象的な映像が、空白ごっこの心に沁みるような歌声と相まって、心象風景のような非常に美しい仕上がりとなっている。

    「プラチナエンド」の世界観にピッタリの映像となっているので、こちらもぜひチェックしてほしい。「ラストストロウ」TV sizeは1月21日より配信スタートしている。

     

    2ndシリーズ ノンテロップED

     

    また、YouTubeにて「6分でわかるプラチナエンド1stシリーズ」が公開された。1stシリーズのダイジェストということで、後半戦が始まったこのタイミングで是非、見逃してしまった人も、物語を振り返りたい人も、ぜひ活用してみて。

     

    6分でわかるプラチナエンド1stシリーズ

     

    メトロポリマンこと生流奏との戦いが終結し、主人公たちの思いが深く掘り下げられていく2ndシリーズ。3月のフィナーレに向け、ますます盛り上がるTVアニメ「プラチナエンド」から今後も目が離せない。

     

     

    ©︎大場つぐみ・小畑健/集英社・プラチナエンド製作委員会

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US