「ずとまよ」×『雨を告げる漂流団地』書き下ろし挿入歌Special Movie公開

22.September.2022 | ANIME&GAME / MUSIC

2018年『ペンギン・ハイウェイ』で第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞、ファンタジア国際映画祭 今敏賞(ベストアニメーション賞)を受賞。2020年長編映画第2弾『泣きたい私は猫をかぶる』はNetflixにて全世界独占配信され、世界30カ国以上で再生回数の多い映画ランキングTOP10に入るなど、全世界からの賞賛を浴びたアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」。その待望の新作長編アニメーション映画第3弾『雨を告げる漂流団地』が、9月16日(金)よりNetflixにて全世界独占配信&日本全国ロードショーとなる。

 

本作の主題歌&挿入歌を担当するのは、アニメ初タイアップとなる「ずっと真夜中でいいのに。」。作詞・作曲・ボーカルのACAねを中心に活動する音楽バンドで、YouTube総再生回数6億回超え、チャンネル登録者200万人突破など、若年層から絶大な支持を集めており、主題歌&挿入歌アーティスト発表当初から、スタジオコロリドとの化学反応にファンから期待の声も多く、先日解禁された本作の本編映像のみで構成された主題歌「消えてしまいそうです」のMVは解禁後YouTube急上昇にランクイン、6日間で100万再生に到達するなど大いに盛り上がりを見せた。

 

そしてこの度、主題歌とあわせて「ずっと真夜中でいいのに。」が書き下ろした挿入歌「夏枯れ」のSpecial Movieも遂に解禁される。ずとまよ(=ずっと真夜中でいいのに。)のMVでお馴染みのキャラクター“ニラちゃん”が本作の世界観と完全コラボしている。

 

解禁されたSpecial Movieは、ずとまよのMVではお馴染みのオリジナルキャラクター“ニラちゃん”が、とあるカメラを通して『雨を告げる漂流団地』の世界を垣間見るような内容で、先日解禁された主題歌「消えてしまいそうです」のMVとはまた異なる雰囲気となっている。

また本Special Movieは、4月に解禁した【挿入歌「夏枯れ」PV】を手がけた“ハイパーボール”が引き続き制作。さらに、アニメーションは“niL、”はまふぐ”、“津田”、“しまりすゆきち”といった有名クリエイター陣が担当するなど、本Special Movieでしか見られない豪華コラボが実現している。そして、終盤にかけニラちゃんの体に起こる変化が本作に隠された秘密を示唆しており、映画本編もますます気になる内容となっている。

RELATED ENTRIES

  • 『雨を告げる漂流団地』× ずっと真夜中でいいのに。 主題歌「消えてしまいそうです」MV解禁

    09.September.2022 | MOVIE / MUSIC

    『ペンギン・ハイウェイ』や『泣きたい私は猫をかぶる』などで、全世界からの賞賛を浴びたアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」。

    その待望の新作長編アニメーション映画第3弾『雨を告げる漂流団地』が2022年9月16日(金)よりNetflixにて全世界独占配信&日本全国ロードショーとなる。

    小学6年生の航祐と夏芽は、団地で育った幼馴染。夏休みのある日、航祐はクラスメイトとともに取り壊しの進む「おばけ団地」に忍び込む。その団地は、航祐と夏芽が育った思い出の家。航祐はそこで思いがけず夏芽と遭遇し、謎の少年・のっぽの存在について聞かされる。

    すると突然不思議な現象に巻き込まれ、気づくと、あたり一面の大海原に団地ごと漂流していて── 果たして元の世界へ戻れるのか?

     

    この度、本作を手掛ける石田祐康監督制作、『雨を告げる漂流団地』新映像をふんだんに使用した「ずっと真夜中でいいのに。」 書き下ろし主題歌“消えてしまいそうです”MVが遂に公開!楽曲制作にあたり石田監督から得た物語としての想いやヒントを基に書き下ろされたという”ずとまよ(=ずっと真夜中でいいのに。)らしい”心の揺れ動く様を的確に捉えた歌詞たちが、ひとつひとつの映像と絶妙にリンクしている点も見どころとなっている。


    またMVとあわせて、本作のキャラクターデザインを手がける永江彰浩氏が新たに描き下ろした公開直前ビジュアルも解禁となった。大海原を漂流する団地の中で、素直になりきれない幼なじみの航祐と夏芽の微妙な関係性を表している1枚となっており、スタジオコロリドならではのハイクオリティな団地の描写とともに、息を吞むほどの空と海の美しさが印象的なビジュアルとなっている。

     

    「消えてしまいそうです」MV

    https://youtu.be/OxcnK1s2Fww

     

    石田祐康監督コメント

    映画は、二人の少年少女の痛みを引き受けながら作っていました。
    この歌も、それを引き受けてくれたと思います。

    旅、道連れ、世は情け、、だから嬉しかったです。
    MVもまた、そういう音と映像の寄り添いになれたらと、作っています。
    どうぞ見て聴いてください。

     

    ©コロリド・ツインエンジンパートナーズ

  • 長編アニメ「雨を告げる漂流団地」NFTでアニメを盛り上げるOtaku Culture Studioとのコラボ決定

    18.August.2022 | ANIME&GAME

    2018年『ペンギン・ハイウェイ』で第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞、ファンタジア国際映画祭 今敏賞(ベストアニメーション賞)を受賞。2020年『泣きたい私は猫をかぶる』がNetflixにて全世界独占配信され、世界30カ国以上で再生回数の多い映画ランキングTOP10に入るなど、全世界からの賞賛を浴びたアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」。その待望の新作長編アニメーション映画第3弾「雨を告げる漂流団地」が2022年9月16日(金)よりNetflixにて全世界独占配信&日本全国ロードショーとなる。

     

    この度、Web3事業として立ち上がったNFTプロジェクト「Otaku Culture Studio」の第一弾として「雨を告げる漂流団地」の発売が決定となった。

    NFTで日本アニメを盛り上げるOtaku Culture Studioとは、日本のアニメ・マンガ・ゲームコンテンツをWeb3.0化して、ファンとクリエイターが共に作品を盛り上げる世界を目指し、Otaku Culture Studioを通じて才能あるクリエイターを支援。ファンが制作に関われる機会を創造するプロジェクト。既にさまざまな日本コンテンツとのNFTコラボが決定しており、日本産コンテンツの魅力を、このプロジェクトを通してグローバルに発信している。

     

    Otaku Culture Studioで販売するNFTには、ARアプリで表示できるオリジナルARフィギュアが付属したり、NFT保有者限定のコミュニティに招待するなどの特典があるほか、NFT保有者限定グッズの制作・販売なども検討されているそう。詳細はぜひ販売サイトでチェックしてみてほしい。

     

    ©コロリド・ツインエンジンパートナーズ

  • 長編アニメーション映画『雨を告げる漂流団地』完成披露舞台挨拶レポート

    12.August.2022 | ANIME&GAME / MOVIE

    2018年『ペンギン・ハイウェイ』で第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞、ファンタジア国際映画祭 今敏賞(ベストアニメーション賞)を受賞。2020年『泣きたい私は猫をかぶる』がNetflixにて全世界独占配信され、世界30カ国以上で再生回数の多い映画ランキングTOP10に入るなど、全世界からの賞賛を浴びたアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」。その待望の新作長編アニメーション映画第3弾『雨を告げる漂流団地』が2022年9月16日(金)よりNetflixにて全世界独占配信&日本全国ロードショーとなる。

     

     

    小学6年生の航祐と夏芽は、団地で育った幼馴染。夏休みのある日、航祐はクラスメイトとともに取り壊しの進む「おばけ団地」に忍び込む。その団地は、航祐と夏芽が育った思い出の家。航祐はそこで思いがけず夏芽と遭遇し、謎の少年・のっぽの存在について聞かされる。すると突然不思議な現象に巻き込まれ、気づくとあたり一面の大海原に団地ごと漂流していて──果たして元の世界へ戻れるのか?

     

    公開がおよそ1ヶ月後に迫ったこの度、本作初となるイベントとして完成披露舞台挨拶が実施された。イベントには主人公・航祐役の田村睦心、夏芽役の瀬戸麻沙美、物語の鍵を握る謎の少年・のっぽ役の村瀬歩ら人気実力ともに兼ね備えた豪華声優陣、そして世界に誇るスタジオコロリド・石田祐康監督が揃って登壇。

     

    34歳という若さで長編映画第2作目となる石田監督。舞台袖では緊張していたというが、「この御三方と一緒にこの日を迎えられたことを光栄に思います」と、ついに本作を観客に届けられたことに安堵の表情を見せた。そして本作のシンボルでもある団地については「団地自体は様々な映画で描かれたモチーフですけど、団地が漂流するというのは聞いたことがないなと思って。船や空母といったかっこいいものが漂流するのはイメージできるのですが、あえて団地を漂流させる少しおバカな感じが気に入ってそのまま映画にしてしまいました!」とお茶目に明かす。さらに団地に魅了され、ついには団地に住み始めたという石田監督。まさに作品で夏芽の見ていた団地からの景色は、石田監督の見た景色から作られたという並々ならぬ「団地愛」エピソードには、他の登壇者も驚きの声をあげた。

     

    特徴的なハスキーボイスで数々の“少年”を演じてきた田村は、本作で演じる航祐というキャラクターについて「航祐はかっこいいし可愛い少年だなと思ったんですけど、根は優しいのに夏芽だけじゃなく、友人たちにもぶっきらぼうでとにかく素直じゃなくて不安になったんですよ」と意外なコメント。「声優という職業は感情を外に発散することが多い中で、航祐は内に内にいってしまうのでとても苦戦したんですが、監督や音響監督の方とお話する中でだんだんと航祐になることが出来ました」とアフレコの裏話を語る。瀬戸も「夏芽は抱えているものをあえて表現しないというか、自分を追い込んでしまう子だったので監督や音響監督の木村さんとも丁寧に役を作っていきました」と語ると、謎の少年・のっぽを演じた村瀬も「監督やいろんな人の持つのっぽというイメージの集合体みたいなものがあるんだけど、それをどうやって表現するかをすごくディスカッションしたんです。その時に監督やスタッフさんもすごく向こう側でのっぽについて深く考えてくれていたのが分かって、僕だけじゃなくみんなで作り上げたキャラクターって感じがして、大好きなキャラクターになりました…っていうのを今日一番話したかった!」と熱弁!各キャストだけでなく、スタッフも一丸となって愛すべき子供たちのキャラクターが作り上げられた制作秘話が語られた。

     

    公開へ向け一層期待が高まる『雨を告げる漂流団地』に注目してほしい。

     

    ©コロリド・ツインエンジンパートナーズ

  • 長編アニメーション「雨を告げる漂流団地」本予告映像&場面写真が解禁

    16.July.2022 | ANIME&GAME / MOVIE

    2018年『ペンギン・ハイウェイ』で第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞、2020年長編映画第2弾『泣きたい私は猫をかぶる』はNetflix にて全世界独占配信され、世界30カ国以上で再生回数の多い映画ランキングTOP10に入るなど、全世界からの賞賛を浴びたアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」。

    その待望の新作長編アニメーション映画第3弾「雨を告げる漂流団地」が、2022年9月16日(金)にNetflixにて全世界独占配信&日本全国ロードショーとなる。

     

    小学6年生の航祐と夏芽は、団地で育った幼馴染。夏休みのある日、航祐はクラスメイトとともに取り壊しの進む「おばけ団地」に忍び込む。その団地は、航祐と夏芽が育った思い出の家。航祐はそこで思いがけず夏芽と遭遇し、謎の少年・のっぽの存在について聞かされる。

    すると突然不思議な現象に巻き込まれ、気づくと、あたり一面の大海原に団地ごと漂流していて── 果たして元の世界へ戻れるのか?
    今回、大海原を漂流する団地でこどもたちに立ちはだかる様々なピンチを切り取った場面写真、本予告が解禁となった。

     

     

    さらに、本予告とあわせて初解禁となるのは、アニメ作品初のタイアップとなる「ずっと真夜中でいいのに。」が、本作のために書き下ろした主題歌「消えてしまいそうです」。
    すでに解禁されているもう一方の書き下ろし挿入歌「夏枯れ」は、ひと夏の思い出を連想させるノスタルジーで爽やかな楽曲だったが、主題歌「消えてしまいそうです」は一転、ドラマティックな曲調が印象的なまさに「ずとまよ」らしい1曲。物語の後半、少年少女たちに様々な困難が押し寄せるなか、彼らが仲間たちと共に力を合わせ、ひと夏を通して子供から大人へと少しずつ成長していく姿をよりエモーショナルに彩る。

     

    本予告映像  

     

    漂流団地に隠された秘密、そして、謎の少年・のっぽの正体とは?少年少女たちの“ひと夏の別れの旅”が始まる── 

  • 日本初Amazon Original映画「HOMESTAY」の主題歌をずっと真夜中でいいのに。が担当

    30.January.2022 | MOVIE / MUSIC

    Prime Videoは、森絵都の名作小説「カラフル」を実写映像化したAmazon Original映画「HOMESTAY(ホームステイ)」が2022年を2月11日(金)より、プライム会員向けに世界同時配信する。


    本作は、一度死んでしまった高校生・小林真の身体に乗り移る(ホームステイする)ことになった魂・シロが、100日間という期限の中で真の“死の真相”を探ってゆく感動のミステリー。Amazonが製作する初の邦画作品の主演を務めるのは長尾謙杜(なにわ男子)。出演作が相次ぐ注目の女優 山田杏奈と八木莉可子を共演に迎え、瀬田なつきが監督を務める。この度、特定の形をもたない音楽バンド ずっと真夜中でいいのに。が書き下ろした新曲「袖のキルト」が、本作の主題歌に決定したことを発表した。

    死んでしまった高校生 小林真の体に乗り移った主人公シロの心の成長を鮮やかに彩るのは、2018年に動画投稿サイトで発表されたミュージックビデオ「秒針を噛む」のヒット以降、デビューと同時に快進撃を続けているずっと真夜中でいいのに。。時代を代表するアーティストである彼らが、「HOMESTAY(ホームステイ)」の為に新曲「袖のキルト」を書き下ろした。「袖のキルト」は、作詞・作曲・ボーカルを務めるACAねが本作を鑑賞し、そこから生まれるイメージを楽曲に落とし込んだもの。透明感溢れる歌声と、若者の心の機微を繊細に綴った歌詞が、主人公のシロが体験する数奇な運命と人生の美しさをドラマチックに演出する。

    今回の楽曲提供は、若者の孤独感や揺れ動く感情をありのままに表現してきたずっと真夜中でいいのに。と、本作のミステリアスで感動的な世界観がマッチしたことにより実現した。

     

    ACAね は、本作に関して「原作の『カラフル』は学生の頃、強く影響を受けた小説のひとつでしたので今回映画『HOMESTAY』として主題歌を担当させて頂きとても嬉しかったです。」と原作との想い出を語りながら、「シロのおかげで編み出された感情がありました。話せた喜びもうまく話せない蟠りも、全部ひっくるめて、耐久も保温も強めな僕の意志です。当時思い悩んでた覚束ない自分にも観せたい作品でした。是非曲も合わせてごらんください。」と「袖のキルト」に込めた思いと作品の感想を明かしている。


    感受性豊かな高校生の心の旅路をユニークな視点で描き、普段気付くことのできない人の想いや絆の大切さを綴った、Amazon製作で贈る日本初のオリジナル映画「HOMESTAY(ホームステイ)」。2月11日(金)、真の身体にホームステイすることになったシロの不思議な運命が、世界中を爽やかな感動に包み込む。

     

    ©2022 Amazon Content Services LLC

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US