日本初!商業施設と『ストリートファイターII』がコラボ あべのキューズモールで10月1日より

25.September.2022 | ANIME&GAME

日本初となる商業施設と『ストリートファイターII』のコラボレーション「ABEENO FIGHTERII」が、2022年10月1日(土)から10月31日(月)までの期間限定で大阪市のあべのキューズモールにて開催される。館内を「ストツー」キャラクターがジャックする。あべのキューズモール館内のいたるところに「ストツー」のキャラクター達が登場するほか、強敵を倒して豪華景品をゲットできる参加型のゲーム対戦チャレンジなど、あらゆる世代の方が楽しめるイベントとなっている。

 

あべのキューズモールらしい、「おもろい」仕掛けも多数。エントランスには『ストリートファイターII』のメインキャラクター『リュウ』と『ケン』が、必殺技『波動拳』を放つ姿が来館者をお出迎え。さらに、『リュウ』と一緒に写真撮影ができる「ARフォトスポット」が設置されるほか、サイネージ、エスカレーター、レジ付近など、館内のいたるところに「ストツー」のキャラクターやステージが登場する。また、「ストリートファイターチャレンジ」と題した、参加型のゲームイベントでは、館内で3,000円以上(税込)お買い上げの方を対象に、実際に『ストリートファイターシリーズ』をプレイしていただき、対戦に勝利すると500円のキューズモールギフトカードがプレゼントされるという。幅広い世代に愛される格闘ゲームの金字塔『ストリートファイターII』とのコラボレーションを通して、あべのキューズモールらしさ満載の「おもろい」を届ける企画となっている。

 

© CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

RELATED ENTRIES

  • ホテル・都シティ大阪天王寺、人気の「動物スイーツ」が堪能できるウィンターアフタヌーンティーを販売

    06.December.2022 | FOOD / SPOT

    都シティ 大阪天王寺は、2023年1月4日(水)から2月28日(火)までの期間、ウインターアフタヌーンティー ~Rouge et Blanc 紅と白~ を販売する。
    新春にふさわしく紅白に彩られたスイーツとセイボリーを、吉野杉のオリジナルスタンドでゆっくりと堪能してみてはいかが?
    毎回好評の「動物スイーツ」は、干支にちなみ「うざぎ」が登場。冬の“なにわの伝統野菜”の代表「天王寺蕪」のピクルスも提供されるのでお楽しみに。

     

    メニュー

    スイーツ

    上段
    イチゴのプティショートケーキ/ショコラブランに閉じ込めた濃厚なアプリコットペーストウサギのイメージ

    中段
    ベリーコンフィチュールを入れたケイク/ラズベリークーリーと焼き菓子を閉じ込めたローズ感じるムース 雪の結晶飾り

    下段
    湖畔に見立てたグラスデザート グリオットチェリーのアクセント/オーバルマカロン紅茶のガナッシュとラズベリーバターのハーモニー/プレーンスコーン別添 クロテッドクリーム、ハチミツ

     

    セイボリー

    ローストビーフ モッツァレラチーズ 苺のピタパン/紅玉リンゴ スモークトラウトサーモン クリームチーズのカネロニ仕立て

    有頭海老とホタテ貝のカクテル/真鯛のマリネ トマトのベールに包まれて/天王寺蕪と紅イモのピクルス

  • 『最遊記』漫画シリーズの原画展イベント「最遊記25th EXHIBITION」詳細解禁

    01.December.2022 | ANIME&GAME / SPOT

    漫画・アニメのオリジナルグッズを販売する「AMNIBUS」は、『最遊記』シリーズの連載25周年を記念した原画展イベント「最遊記25th EXHIBITION」を開催する。

     

    2022年12月30日(金)より、大阪・東京・福岡にて「最遊記25th EXHIBITION」の開催が決定した。
    なんばマルイにて2022年12月30日(金)~2023年1月15日(日)、有楽町マルイにて2023年5月12日(金)~5月28日(日)、博多マルイにて2023年8月11日(金・祝)~9月3日(日)の3箇所にて開催する。また、他の地域での追加開催も予定されている。

    峰倉かずやの描く『最遊記』とは、「西遊記」をモチーフに大胆アレンジしたファンタジー・ロードムービー漫画作品であり、原作コミックスはシリーズ累計2,500万部を突破。過去4度に渡るTVアニメをはじめ、OVAや劇場アニメ、ミュージカルなどの様々なメディアミックスを展開し、25年以上の長きに渡りムーブメントを作り続けている。

     

     

    スペシャル入場チケット特典

     

    イベント限定特典キャンバスボード

    イベント限定特典レプリカチケット

    入場特典: SNS風クリアカード(全7種)

     

    グッズ一覧

     

    グッズ購入特典:ショッパー

    「公式パンフレット」購入特典:SNS風クリアカード(全7種)


    本展では、峰倉かずやによる漫画の生原稿・カラー原画をはじめとする、ファン必見の資料展示が実施される。また、本展のために描き下ろされた三蔵一行の新規カラービジュアルなどを使用したオリジナルグッズが登場するのでお楽しみに!

    ※追加会場や大阪会場以外のチケット情報、その他追加情報は後日発表いたします。

     

    ©峰倉かずや/一迅社

  • 『最遊記』シリーズの原画展イベント「最遊記25th EXHIBITION」が大阪・東京・福岡にて開催決定

    30.October.2022 | ANIME&GAME / SPOT

    漫画・アニメのオリジナルグッズを販売する「AMNIBUS」は、『最遊記』シリーズの連載25周年を記念した原画展イベント「最遊記25th EXHIBITION」を2022年12月30日(金)より、大阪・東京・福岡にて開催する。なんばマルイにて2022年12月30日(金)~2023年1月15日(日)、有楽町マルイにて2023年5月12日(金)~5月28日(日)、博多マルイにて2023年8月11日(金・祝)~9月3日(日)の3箇所にて開催する。また、他の地域での追加開催も予定されている。

    峰倉かずやの描く『最遊記』とは、「西遊記」をモチーフに大胆アレンジしたファンタジー・ロードムービー漫画作品であり、原作コミックスはシリーズ累計2,500万部を突破。過去4度に渡るTVアニメをはじめ、OVAや劇場アニメ、ミュージカルなどの様々なメディアミックスを展開し、25年以上の長きに渡りムーブメントを作り続けている。

    本展では、峰倉かずやによる漫画の生原稿・カラー原画をはじめとする、ファン必見の資料展示が実施される。また、本展のために描き下ろされた三蔵一行の新規カラービジュアルなどを使用したオリジナルグッズが登場するのでお楽しみに。


    ※追加会場や展示内容の詳細、チケット・物販情報、その他追加情報は後日発表いたします。

     

    ©峰倉かずや/一迅社

  • グランフロント大阪、「ハリー・ポッター」コラボのクリスマスイベント開催

    28.October.2022 | MOVIE / SPOT

    グランフロント大阪は、「ハリー・ポッター」魔法ワールドとコラボレーションしたクリスマスイベント『Grand Wish Christmas 2022~「ハリー・ポッター」 魔法ワールドクリスマスへの招待状~』を2022年11月10日(木)から12月25日(日)までの期間限定で開催する。

     

    通常時のイメージ

    演出時のイメージ

    「ハリー・ポッター」モチーフの特別装飾イメージ

     

    「ハリー・ポッター」魔法ワールドの物語に登場するモチーフが各所に散りばめられた約13mのメインクリスマスツリー『Floating Magic Tree 浮遊する魔法の樹』がナレッジプラザに登場。期間中は、「ハリー・ポッター」魔法ワールドのクリスマスパーティへの招待状から物語が展開する幻想的な光と音のライティングショーも毎日開催予定だ。まるで魔法にかけられたように空中を浮遊する不思議なツリーが、訪れる人々を魔法ワールドの世界へと誘う。

     

    「テッド・イベール」装飾イメージ

    スタンプラリー台紙イメージ

    フラッグ装飾イメージ

    タリーズコーヒーとハリー・ポッターコラボグッズ

     

    また、フランス現代アート界の鬼才、ファブリス・イベールの作品であり、梅田のシンボルとして親しまれているアートオブジェ「テッド・イベール」の特別装飾や、「ハリー・ポッター」魔法ワールドの最新情報を紹介するパネル展、グッズが当たるInstagramフォトキャンペーンなど、期間中に展開される全てのコラボレーションコンテンツも登場しコラボレーションを盛り上げる。

     

     

    今年のクリスマスは、「ハリー・ポッター」の魔法ワールドで思い出を作ろう。

  • 日本最大級 ドローン800機×4万5000発の花火ショー開催

    01.October.2022 | SPOT

    世界を舞台に自社開発のドローン自動制御技術を使った完全オリジナルなドローンショーを提供するSKYMAGIC LIVE PTE. LTD. は、大阪・夢洲で2022年9月25日(日)に行われた“レッツゴー万博2025カウントダウン3夢洲超花火”にて、日本国内イベントとしては最大規模となる800機のLED搭載ドローンが夜空を舞う関西初となる大規模な屋外ドローンショーを実施した。

    3年後に迫る大阪・関西万博の会場・夢洲にて、歴史的パンデミックを乗り越えて日本を元気にする未来に「希望」を繋げ、世界に向けて万博をアピールを目的に開催された“レッツゴー万博2025カウントダウン3夢洲超花火”。当日は、悪疫退散の願いもこめられた国内最大級となる4万5000発の花火が打ち上げられ、日本初の花火とドローンショーのコラボレーションで、大阪・夢洲の会場の夜空が彩られた。

     

    イベントでは、花火打ち上げに向けたショーが始まると、無数のドローンが上空に向けて続々と飛び立ち、眩い光を放ちながら一気に夜空を鮮やかに彩った。自在に形と光を変えながら華麗に舞っていたかと思うと、高さ135メートル、横幅80メートルの大きさの大阪・関西万博の公式キャラクター「ミャクミャク」が登場。そして、夜空での巨大カウントダウンが始まり盛大に花火が打ち上がると、レッツゴー万博2025のロゴが大きく夜空に浮かび上り、花火とのドローンの壮大なコラボレーションに会場からは大きな歓声が沸き起こった。

    当日の様子は、アーカイブされているライブ配信の様子から楽しむことができる。

     

    本イベントの実行委員長の白濱良太氏は、「日本復活の狼煙をあげる。下を向いている世の中を上を向ける。さらには未来まで視点を向けてしまおう!という想いで、企画を進めました。パンデミックもありましたが、ドローンショーの演出にあった『不死鳥』のように、見ていただいた方が上を向き、新たな一歩を進めるキッカケになって欲しいと思います。」とコメントを寄せた。

  • ネイキッド、平和を祈るアート『DANDELION PROJECT』展示を大阪・梅田にて開催

    26.September.2022 | SPOT

    ネイキッドは、平和の祈りを世界中につなげる、村松亮太郎/NAKED名義のアートプロジェクト『DANDELION PROJECT(ダンデライオン プロジェクト)』に繋がる参加型のアートオブジェ『DANDELION』を、うめきた外庭SQUAREにて、2022年10月7日(金)〜10月9日(日)の期間限定展示する。

     

    2020年7月、大阪・梅田に誕生した1000日間限定の芝生広場「うめきた外庭SQUARE」。“「みどり」のリビングラボ”をコンセプトとした、未来のまちづくりに向けた屋外型の実証フィールドだ。このコンセプトに通じるアートとして、現代ならではのテクノロジーとネットワークで、平和の祈りをアート化した『DANDELION PROJECT』を展示する。大阪での本作の展示は、昨年12月に開催された『OSAKA光のルネサンス2021』の中之島エリアで公開されて以来、2度目となる。
    『DANDELION PROJECT』は、分断が進みつつある昨今、あらゆる垣根を超えて繋がる「平和🌼 でいっぱいの世界」をコンセプトに、これまで、東京タワーや世界遺産・二条城、比叡山延暦寺の根本中堂など国内19箇所、パリ、シンガポール、サンフランシスコ、上海など国外6箇所の全25箇所で発表している。タンポポのアートオブジェ「DANDELION」を世界中に植樹し(設置し)、「DANDELION」を体験した人たちが世界に平和の願いをデジタルの花として世界中にリアルタイムに届け合うネットワーク型のアートプロジェクトとなっている。「DANDELION」を通して、体験者が飛ばすデジタルのタンポポの綿毛がネットワークを通して各地へと繋がり、世界に平和の花のアートが咲いていく。

    また、本展示は、2022年9月15日(木)〜12月25日(日)まで京都をリアル×バーチャルで楽しむ次世代型アートプロジェクト『NAKED GARDEN ONE KYOTO』のサテライト会場となり、本プロジェクトの参画エリアのひとつとなっているのでお楽しみに。

  • 「Roots of Kawaii」内藤ルネの生誕90周年特別展が開催

    24.September.2022 | FASHION / SPOT

    「Roots of Kawaii」と称されるマルチクリエーター、内藤ルネの生誕90周年を記念した特別展示が阪神梅田本店にて開催される。同氏は、1951年に中原淳一氏が主宰する「 ひまわり社」に入社後、1959年に『ジュニアそれいゆ』の表紙を担当し、大ブレイク。その後も多くの雑誌でイラストレーターとして活躍し、1960年代以降は雑誌の付録、キャラクターをデザインしたファンシーグッズ、手芸やインテリ アの提案など、自由な発想で活動の幅を広げた。同展示では同氏が大切にしていた言葉「生活のなかにファンタジックな夢を」をテーマに、初出展作品を含め、貴重な原画や昭和に数々のブームを起こしたふろくやファンシーグッズ、男性画など、約300点が展示される予定。さらに物販コーナーも登場するなど、内藤ルネ氏の生誕日11月20日を祝して開催されるメモリアルイベントとなっている。入場料は一般1000円、大学・高校生700円、中学生以下無料(前売り割引あり)。詳細、チケット予約は公式ウェブサイトにて。

  • 大人気漫画『のだめカンタービレ』の展示会が東京・大阪にて2022年秋開催

    20.September.2022 | ANIME&GAME / SPOT

    既刊累計3800万部(電子含む)を突破する、二ノ宮知子が描く大人気漫画『のだめカンタービレ』。2021年連載20周年を迎えた本作の展示会が東京2022年10月8日(土)~10月23日(日)、大阪2022年11月23日(水・祝)~12月5日(月)の期間に開催する。

     

    限定グッズ(バンドル)

    うこん箱入りミニタオル

     

    イベントのために、二ノ宮知子が描き下ろした、のだめと千秋のイベントビジュアルは必見!連載当時の貴重なネームや完成原稿など、のだめの物語を振り返る展示が登場する。さらに作品の世界を体感できる展示や記念グッズの販売も予定されている。チケット情報、展示内容の詳細、記念グッズ等の最新情報は公式サイト・公式Twitterにて随時発表されるのでお見逃しなく!

     

    (C)二ノ宮知子/講談社

  • 増田セバスチャンによる参加型ライブパフォーマンス作品が発表

    16.September.2022 | FASHION / SPOT

    アーティスト・増田セバスチャンによる参加型ライブパフォーマンス作品「Polychromatic Skin -身につける、脱ぎ捨てる-」が、2022年9月30日(金)から10月2日(日)までの3日間、大阪・北加賀屋のkagooで開催される。

    ニューヨークに拠点を移した増田が一時帰国して発表する本作は、自身の原点とも言える90年代の演劇やストリートの空気感をまとった、カラフルで実験的な参加型ライブパフォーマンス。タイトルは「多色性の皮膚」という意味で、ジェンダーに代表される自由と平和の前に立ちはだかる無意識下の固定観念を突き破る・解放するための作品シリーズで。本作は六本木アートナイト2022に展示する「Polychromatic Skin -Gender Tower-」「Polychromatic Skin -Gender Wall-」の連作に続く第2弾となる。

     

    作品のテーマは「身につけることで脱ぎ棄てる」。ライブパフォーマンス参加者である観客は、アンドロギュノス(人間が二つの性に分かれる以前の体)をモチーフにしたマスク、トップス、ボトムスを身に付けて作品に参加。Polychromatic Skin -Gender Tower-が展示された空間に入ると、ドラムやヴァイオリンなどの生演奏と映像によって様々な事象が生み出され、それに個々が反応していくことで、その場限りのライブパフォーマンスを完成させる。各回の所要時間は60分で、ライブパフォーマンスへの参加は事前予約制。パフォーマンスに参加せずに作品を鑑賞する鑑賞券は当日会場で販売される。

    会場は大阪のアートエリア・北加賀屋にある元倉庫のスペースkagoo。エントランスの無料エリアでは、増田セバスチャンのアートグッズブランド「Sebastian Masuda Art」と、1995年に原宿でオープンしてから今年27周年を迎えるアパレルブランド「6%DOKIDOKI」のポップアップショップが同時開催されるのでお楽しみに。

     

    <増田セバスチャンコメント>
    「2018年のニューヨーク・ブルックリン。とあるクラブでトイレに入ろうとすると、2つのドアにある男性・女性を意味するサインは潰され、『non-gender』という張り紙が。予想外の指示に困惑しつついつも通りの色のドアを開けると、普段とは全く違う光景があり、また違う困惑を覚えました。自分の中に無自覚に眠る固定観念があることに気づき、ショックを受けながらフロアに戻ると、そこには変わらず楽しい空間が広がっています。それからというもの、この自分の中の固定観念をどうにか壊すことはできないのか?と、ずっと考えています。

    壁を取りのぞくことだけが近道なのか。
    正解は自分の中にあるに違いない。
    身につけることで見えてくることもある。
    自己をかなぐり捨てよ、脱ぎ棄てよ。」

     

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • 阪急大阪梅田駅にミッフィーのコラボチーズケーキ登場

    13.September.2022 | FOOD

    「miffy and Hankyu」のコラボレーション企画で、阪急沿線の駅ナカ・駅チカ店舗限定で販売しているコラボフードに、2022年9月22日(木)より期間限定で新商品が追加販売される。

     

    阪急梅田2階中央催事店に期間限定で初出店する「Dick Bruna TABLE POP-UP SHOP in 阪急大阪梅田駅」にて、新たなコラボフード「チーズケーキバー ミッフィーマルーンカラーバージョン」が登場。ディック・ブルーナのイラストと共にワインと食事が楽しめるワインバル&カフェレストラン「Dick Bruna TABLE 神戸店」で大人気のミッフィーチーズケーキバーと阪急電車のマルーンカラーの夢のコラボが実現した。さわやかなカシスの香りとベリーの濃厚チーズケーキ。定番のホワイトと2本セットで楽しもう。

     

    可愛らしいミッフィーのチーズケーキバーを堪能してみては?

  • 『ストリートファイター6』とOnitsuka Tigerがコラボレーション発表 

    12.August.2022 | ANIME&GAME / FASHION

    カプコン「ストリートファイター」シリーズ最新作『ストリートファイター6』とOnitsuka Tigerは様々な形でコラボレーションを展開していく。

    カプコンとOnitsuka Tigerは、同じ日本発祥のブランドとしてカルチャーを作り、古きを称えつつ新しさを加え昇華していく姿勢に敬意を払い、2019年の「ストリートファイターV アーケードエディション」コラボレーションシューズ発売に続き、2回目のコラボレーションとなる。

     


    今回は、「春麗」と『ストリートファイター6』の新キャラクター「キンバリー」のオリジナルビジュアルが誕生。世代を超えた新旧キャラクターのタッグに合わせ、「春麗」はOnitsuka Tigerのアイコン的モデルである「MEXICO 66」、キンバリーはアーカイブシューズのエッセンスを組み合わせつつ、現代デザインに昇華したモデル「DELECITY」を着用している。また、「春麗」と「キンバリー」のオリジナルビジュアルがプリントされたコラボレーションTシャツが作成された。CAPCOMオンラインストア「イーカプコン」およびカプコンストア(東京・大阪)限定で販売開始。

    さらに、Onitsuka Tigerから、タイの漫画家、ウィスット・ポンニミット(Wisut Ponnimit)が「春麗」と「キンバリー」を描き起こしたオリジナルビジュアルのコラボレーションアイテムを2023年前半に販売予定だ。ウィスットは、「マムアンちゃん」の生みの親として知られ、「マムアンちゃん」は日本をはじめ、世界中で人気のキャラクターの一つと言えるだろう。

     

     

    今後のさまざまな、カプコンとOnitsuka Tigerのコラボレーションプロジェクトに期待しよう。

  • 夜の長居植物園がアート空間に、「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」オープン

    31.July.2022 | FASHION / SPOT

    アート集団チームラボが、大阪府大阪市の長居植物園にて、夜の常設展「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」を2022年7月29日(金)にオープンした。作品周辺を実際に飛ぶ鳥や吹く風が、周辺の環境に連続的に与えるエネルギーをリアルタイムに描き続ける作品『風の中の散逸する鳥の彫刻群』など、複数の新作を含む現地映像も公開された。

     

    生命は闇に浮かぶまたたく光 – ヒマワリ

     

    また、オープン当日には、20,000株のひまわりが咲き誇る「ライフガーデン」にて、闇の中で咲き、輝くひまわりの作品『生命は闇に浮かぶまたたく光 – ヒマワリ』の期間限定公開が始まった。公開は8月5日(金)頃までを予定している。

     

     

    長居植物園は、広さ約24万㎡、約1,200種類の植物が生い茂り、草花や木々が季節と共に移り変わる。チームラボは、この空間を、自然のふるまいや人々の存在によってインタラクティブに変化するアート空間に変えていく。

    今後は、春夏秋冬、季節と共に移り変わる植物を生かした、季節限定の作品も随時登場する予定とのこと。

     

     

    ツバキ園の呼応する小宇宙 – 固形化された光の色, Sunrise and Sunset

    大池に浮遊する呼応するランプ

    チームラボは、非物質的であるデジタルテクノロジーによって、自然を破壊することなく「自然そのものが自然のままアートになる」というアートプロジェクト「Digitized Nature」を行っている。

    光色の草原 – カピラリス

     


    「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」では、昼間は植物園である場所が、夜になるとそのまま作品空間となる。その作品空間は、自然の中で吹く風や雨、そして、この場所に訪れる鳥や人々のふるまいの影響を受けながらインタラクティブに変容し、人々を自然とともに作品の一部、そして、長い時間の一部にしていく。それにより、作品と人々と自然、自分と他者、過去、現在、未来が境界なく連続していく。

     

    植物園が作品空間へと生まれ変わる「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」で心を癒してみては?

     

    ©チームラボ

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US