イケメン3人との恋愛回避に挑む、Netflixアニメ「ロマンティック・キラー」配信

26.September.2022 | ANIME&GAME

Netflixシリーズ「ロマンティック・キラー」が2022年10月27日(木)より全世界独占配信。本作は、オシャレや恋愛には目もくれずゲーム三昧の毎日を過ごしてきた、“非ヒロイン属性”の女子高生・星野杏子(CV:高橋李依)と、“とある目的”で杏子に恋愛をさせるべく突然現れた魔法使いリリ(CV:小松未可子)によって繰り広げられる、ドタバタ青春ラブコメディ。


この度、絶対に恋愛したくない杏子が出会う三者三様のイケメンたち〈学校一のパーフェクトイケメン:香月司〉、〈スポーツ系幼馴染イケメン:速水純太〉、〈金持ちのツンデレイケメン:小金井聖〉が初登場となるドタバタ感満載の本予告と、「“ロマンティック・キラー”に私はなる!」と宣言する杏子の意思を表すようなキービジュアルが解禁。

 


 

 

オフィシャルグッズ

 


解禁された映像では、“アンチ・イケメンパラダイス”と称し、趣味を取り戻すためにリリの仕掛ける恋愛フラグを全て回避すると宣言する杏子の前に、三者三様の魅力的なイケメン〈司〉、〈純太〉、〈聖〉が現れ、男女逆転の床ドンシーンや、イケメンの行動にキュンとした杏子がヒロインらしからぬワイルドな反応を見せる様子が映し出される。一見、少女漫画の王道展開なようでどこか逸れているシチュエーションが次々と杏子の心をかき乱していく。果たして、非ヒロイン属性の杏子は押し寄せる恋愛フラグを回避して平穏な日常を取り戻せるのか。
無理矢理恋愛フラグをたてるリリに対し「言いなりになんて絶対ならない!」と決意した杏子が最初に出会うのは、すれ違う誰もが恋をしてしまうほど完璧な容姿故に幼いころからモテ続けてきたことで、恋愛にうんざりしている〈司〉。そんな学校一のイケメン司を「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」のウェザー・リポートの声などで知られる梅原裕一郎がクールに演じる。

二人目に出会うイケメンは、杏子の幼馴染で、球児界のスーパースター〈純太〉。誰よりも一途に杏子を思い続ける純太を務めるのは「ブラッククローバー」のアスタなどで知られる梶原岳人。
リリが杏子に仕掛ける3人目のイケメンとして登場するのは、大金持ちの御曹司で、女性はみんな自分にくぎ付けだと思っている〈聖〉。そんな聖を演じるのは「鬼滅の刃」の竈門炭治郎などで知られる花江夏樹。
さらに、恋愛に翻弄される杏子とイケメン3人を支えるキャラクターとして津田健次郎が聖の執事役〈土屋〉、石見舞菜香が主人公杏子の親友〈咲姫〉、下野紘が司が心を許すクラスメイト〈真斗〉を演じ、豪華声優陣が集結して物語を彩る。


EDテーマは本作で魔法使い〈リリ〉の声優を務める、小松未可子が歌う「Romantic Love~恋愛しませんか?☆~」。本曲では絶対に恋愛したくない杏子と絶対に恋愛させたいリリの熾烈なバトルを物語るような歌詞を、自身が演じるリリとして歌い上げる。

笑いあり、ときめきあり、新しいドタバタ青春ラブコメをお楽しみに。

 

(C) 百世渡/集英社 (C)Netflix

RELATED ENTRIES

  • Netflix「MAKE MY DAY」SF感満載の予告解禁、追加声優発表も

    30.January.2023 | ANIME&GAME

    動画配信サービスNetflixにて、太田垣康男(「MOONLIGHT MILE」「機動戦士ガンダム サンダーボルト」作者)が原作、河森正治(「マクロス」シリーズの監督・メカニックデザインなど)と押山清高(「DEVILMAN crybaby」「チェンソーマン」デビルデザイン)がメカデザインを務めるというSF界”最強の布陣”が集結し贈る完全新作アニメーションシリーズ「MAKE MY DAY」が2023年2月2日(木)より独占配信される。

     

    本作は、氷と雪に覆われた惑星で過酷な任務に就く者たちが、人間を襲う凶暴なクリーチャーと遭遇し、混沌とした戦いに巻き込まれていくSFアクションサバイバル。

     

    この度、主人公ジム役・山橋正臣、マーニー役・高垣彩陽、ウォルター役・山路和弘、バーク役・大塚明夫ら声優陣の声が吹き込まれた初の映像となる、“最怖”の予告編と場面写真が解禁。
    更に“日本のSF”を代表する「攻殻機動隊」シリーズで、長きにわたり主人公・草薙素子役を務めてきた声優の田中敦子が物語の舞台である惑星コールドウッドの執務官・キャシー役として参加決定だ。原作・太田垣が「『エイリアン2』を意識した」「80年代SFホラーの魅力だったスプラッター表現にも挑戦した」と語っており、数多くのSF要素がふんだんに盛り込まれた作品となっている。

     

    貴重な高エネルギーレア鉱石“シグ”が採掘できる、氷と雪に覆われた惑星コールドフット。
    犯罪のないユートピアを謳う背景には、刑務所の囚人たちを過酷なシグ採掘に使うという実態があった。刑務所の看守アルバイトとして働く青年ジムは、突然起こった鉱山事故の現場に急ぐ。そこで目撃したのは、人間に襲いかかって来る異形のクリーチャーだったー。
    解禁された予告編映像では、田中演じるキャシーによる「大気は有毒、地表はすべて凍結。ここは生き物を拒絶した白い地獄よ。脱走は自殺願望者だけがすること」という強烈なセリフが証明するように、外界から隔絶された過酷な環境で凄惨な事態が巻き起こることを予感させている。
    ジムが事故調査の際に出会った囚人の一人であるウォルターの「地獄の釜が開いちまったかもな…」という言葉通り、一目で超危険とわかる“スワーム”と呼ばれるクリーチャーが容赦なく襲いかかるが、果たして、それぞれの想いや思惑を抱えた人間たちは、絶体絶命の状況下で生き残ることができるのかー?

     

    太田垣は、本作で影響を受けた作品として、「モンスターパニックを描くに当たっては、このジャンルの金字塔であるジェームズ・キャメロン監督の「エイリアン2」は勿論意識しました。80年代SFホラーの大きな魅力だったスプラッター表現にも挑戦しています」と語る。
    現在『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が世界的大ヒット中のキャメロン監督が1986年に送り出したSF映画の金字塔からの影響を挙げる等、SFジャンルへのリスペクトが込められている。

    更に、「展開に関しては主人公ジムから絶対に視点を逸らさない事に注力し、彼の見聞きした事だけで物語が進む事で視聴者が感情移入しやすい様に構成しました。これは一人称視点のアクションRPGからの影響です」とも解説した。

     

    スワームへ立ち向かう手段のひとつは、人間たちが生み出した科学技術。
    映像内でも目を惹くのは、制作陣の代表作である「機動戦士ガンダム サンダーボルト」や「マクロス」シリーズ等を彷彿させる部分もありながら、よりリアリティを感じるようなデザインのメカたち。
    太田垣は、「合理的で現実感のあるメカデザインは私の得意技なので本作でもその方向性は堅持してます。「機動戦士ガンダム サンダーボルト」ではサンダーボルト宙域という舞台から設定し、そこでどんな人間ドラマが展開すれば映えるか、という創作過程を踏みました。本作でも惑星コールドフットという氷の惑星にあるシグ鉱山の舞台設定から構築し、どんな人間が生活しているかを想像する所から始めています。作品にリアリティーを持たせる上でこの工程は欠かせません」と語り、空想的なデザインではなく、現実に地続きのリアルなデザインや設定を意識したことを打ち明けた。果たして、このメカは人間たちの助けとなるのか、それともーー。

     

    映像の中で、「俺が助けるから!」「私たち…何と戦ってるのかしらね…」「信じろ。お前の一歩はもっと大きい」というセリフが物語るように、劇中では、ジムをはじめとする様々な境遇に身を置く者たちの想いが渦巻く人間ドラマも待っている。
    太田垣は、「SFモンスターパニックという題材ではありますが、「MAKE MY DAY」は主人公ジムの成長物語でもあります。過酷な状況からたった1人で這い上がる過程で、友情と愛情を知り、仲間を増やし、責任を背負う力を付け、家族のような絆を結んでいきます」と明かしている。

     

    タイトルの「MAKE MY DAY」とは、「(あなたのおかげで)良い1日だった」「(私を)楽しませてくれ」といった意味の言葉。
    果たして、そこにはどんなメッセージが込められているのかーー。
    SF界の手練が集結して贈る、“最怖”のSFアクションサバイバルを刮目せよ!

  • ついに完結!Netflixシリーズ『アグレッシブ烈子』シーズン5配信決定

    30.January.2023 | ANIME&GAME

    Netflixシリーズ『アグレッシブ烈子』シーズン5の配信開始が2023年2月16日(木)に決定した。配信に先駆けて、キービジュアルと予告編が解禁となった。

     

    予告編

    上司や同僚、世の中への鬱憤を、デスメタルを歌うことで晴らすOL‘烈子’の日常を描いた『アグレッシブ烈子』シリーズ。2018年にNetflixで配信が開始されると瞬く間にワールドワイドな話題作となり、現在第4シーズンまで公開されている。そしてついに完結編となる第5シーズンの配信開始日が近づいている。


    物語は、会社を辞めたハイ田がまるでニートのように遊び惚け、烈子との行く末が心配されるところから始まる。ハイ田は、実家所有のマンションを追い出されネカフェ生活を経験することに…。その生活から救い出す為、烈子はハイ田と同棲生活を始める。そんな二人の元に国会議員を名乗る男、井狩(イカリ)が現れる。わが党から出馬して欲しいとスカウトされる烈子だが…
    今回の舞台は選挙戦?最後に烈子が対峙するものとは?そして、烈子とハイ田の運命はいかに…!?


    結末に向けて怒涛の展開を見せる完結編、お楽しみに!

    また、アグレッシブ烈子の最終シーズンの公開を盛り上げるために、サンリオピューロランド(東京都多摩市)にて、アグレッシブ烈子とOTMGirlsによるイベント「ラストライブ 〜最後だしATM大精算しちゃおう!〜」の開催が決定した。OTMGirlsのATM(Aggressive Team Member)になって、一緒にラストライブを盛り上げよう。

  • 今年日本のNetflixで観られた“100選”が発表!ダニエル・クレイグの日本へのメッセージ映像解禁

    23.December.2022 | ANIME&GAME / MOVIE

    動画配信サービス「Netflix」はこの年末も、『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』(12/23~)、山崎賢人、土屋太鳳ら出演の大ヒットシリーズ「今際の国のアリス」シーズン2(12/22~)、あのゆるすぎる人気キャラが実写化「ぐでたま ~母をたずねてどんくらい~」(配信中)、リリー・コリンズのキュートさ大爆発のシリーズ「エミリー、パリへ行く」シーズン3(12/21~)など、あらゆるジャンルの映画/シリーズを続々独占配信。
    2022年もアクション、ロマンス、サスペンス、コメディ、ミステリーと様々な作品が配信されてきたが、この度、22年に日本のNetflixで最も観られた作品“100選”(※2022年1月1日~2022年12月2日の 日本におけるNetflix週間TOP10に入った週数に基づく)が発表された。
    さらにNetflixが「2022年の面白かった作品」「年末年始に観たい作品」などの項目で一般約100名に実施したアンケートからファンの人気を集めた作品も発表。併せて、配信間近の『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』より、主演のダニエル・クレイグと、ライアン・ジョンソン監督が年末年始の日本に向けてメッセージを贈るインタビュー特別映像も解禁された。

     

    ダニエル・クレイグコメント

    https://youtu.be/YegZa5I9Nw4


    ライアン・ジョンソンコメント

    https://youtu.be/KOoN0zC69XI



    “100選”ではあらゆる実写やアニメ作品が勢揃いで、日本全体で大ブームを巻き起こした作品もラインナップ。
    まず日本からは、米倉涼子、綾野剛、横浜流星が挑む衝撃の問題作「新聞記者」や、篠原涼子、岩田剛典ら共演で贈る禁断の愛を描いた大人のラブストーリー「金魚妻」、中島健人主演、松本穂香共演で贈るはかなくも美しいラブストーリー『桜のような僕の恋人』、千鳥MC・出演の壮絶トークサバイバル番組「トークサバイバー!~トークが面白いと生き残れるドラマ~」などが出揃った。
    そしてアニメ作品では、「ワンピース」「SPY×FAMILY」「チェンソーマン」「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」など社会現象級の人気を集めた作品に加え、Netflixの独占配信作品からは荒木哲郎監督&WIT STUDIO 制作の超大型アニメ映画『バブル』、非ヒロイン属性の女子高生・杏子をめぐる異色のドタバタ青春ラブコメ「ロマンティック・キラー」など珠玉のラインナップ。
    さらに、若年層を中心に幅広い人々の心を掴み、今年は新シーズンとなるシーズン4が配信されたメガヒット作「ストレンジャー・シングス 未知の世界」や、同作でイレブン役を務めたミリー・ボビー・ブラウン主演の探偵ミステリー『エノーラ・ホームズの事件簿2』や、続編の制作も発表されたライアン・ゴズリング&クリス・エヴァンスで贈るノンストップ・アクション大作『グレイマン』など大型海外作品の名前も挙がった。
    そして根強い人気を誇る「愛の不時着」「梨泰院クラス」などの韓国作品からは、今年配信され話題を集めた「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」をはじめとして、「社内お見合い」「還魂」「39歳」「二十五、二十一」「シスターズ」など、あらゆるジャンルを横断した今年配信の韓国作品が名を連ねている。

    2022年12月に約100名に実施したアンケートでも多彩な作品が挙がった。
    【2022年に観て面白かった作品】の項目では『浅草キッド』『呪詛』『ドント・ルック・アップ』「ウェンズデー」『リベンジ・スワップ』…など”100選”にも入っている幅広いジャンルの作品が票を獲得。
    【2022年自分イチオシの作品】の項目で「痺れました」等回答を集めたのは、第一次世界大戦の西部戦線でのドイツ軍兵士の絶望と恐怖を描き出す『西部戦線異状なし』。先日のゴールデングローブ賞でも非英語映画賞にノミネートされ密かな注目を集めている。
    また、「世界観に引き込まれた」等の回答を集めたのは、DCコミック原作「サンドマン」。
    現代神話とダークファンタジーを融合させた新感覚ドラマで、その異色さが多くの人々へ強烈な印象を残した。
    さらに、「温かい気持ちになりました」など回答を集めたのは、ロバート・ダウニー・Jr.が亡き父に捧げるドキュメンタリー「”Sr.”: ロバート・ダウニー・シニアの生涯」。
    映画界のパイオニアとして活躍した父のキャリアと生涯に迫る作品で、こういった”掘り出しモノ”にも注目が集まった。
    そして【年末年始に観たいと思っている作品】の項目で多くの回答を集めたのは、満島ひかり×佐藤健、宇多田ヒカルの楽曲という奇跡のタッグが紡ぎ出す究極のラブストーリー「First Love 初恋」。3つの時代が交錯し、20年余年に渡る、忘れられない“初恋”の記憶をたどる一組の男女の物語。
    アンケートでは「友人たちが”これは見るべき”と口を揃えて言っている。初恋を年末年始に探しに行きます!」「この季節にピッタリの作品。評判がかなり良いので観てみようと思います」など、季節感もバッチリな本作に期待が集まった。

    2023年もNetflixが生み出す、ジャンルに捉われない多彩な作品に期待せずにはいられない。

  • ガメラ、復活!『GAMERA -Rebirth-』新作製作・Netflixにて世界配信決定

    22.November.2022 | ANIME&GAME / MOVIE

    昭和から平成にかけて、世界の怪獣ファンに愛されてきた大怪獣“ガメラ”の、新作『GAMERA -Rebirth-(ガメラ リバース)』の製作が決定した。さらに、Netflixにて世界配信も決定。

    ガメラ復活を記念して、迫力満点のティザービジュアルが2種同時公開された。

     

     

    昭和から平成にかけて、世界の怪獣ファンに愛されてきた大怪獣“ガメラ”の、新作から目が離せない。

     

    ©2023 KADOKAWA/ GAMERA Rebirth Production committee

     

  • Netflixアニメ「ロマンティック・キラー」主人公・星野を演じるCV高橋李依が、異色のラブコメヒロインの魅力を語る特別映像解禁

    02.November.2022 | ANIME&GAME

    2022年10月27日(木)よりNetflixにて全世界独占配信が始まったNetflixシリーズ「ロマンティック・キラー」。非ヒロイン属性の女子高生・星野杏子(CV:高橋李依)が、“少女漫画的展開”の回避に挑む異色のドタバタ青春ラブコメとして、放送開始から話題が絶えない本作。

    この度、恋愛を全力で回避する異色のラブコメヒロインの杏子について、その魅力を声優の高橋李依が語りつくす特別映像が解禁された。

     

    「今までの声優人生の引き出しを色々探りながら、頑張って絵に合うお声を探しました」と数々の作品に出演する高橋を唸らせるほど多彩な表情をもつことや、「自分がピンチの状態の中でも、伝えたいことはしっかり最後まで伝えるところがイケメン!」と実は頼れるヒロインであることなど、杏子の魅力ポイントが次々と飛び出す。映像では、パワフルな杏子にピッタリのハツラツとした高橋の人柄と、唯一無二のヒロイン杏子を紐解くエピソードが映し出される。

     

    本作を「“ロマンティック”という言葉が入っていて、女の子が主人公ということもあって、可愛らしい恋愛物語なのかなと思ったら、全然顔芸ばっかりしていて、この主人公様子が面白いぞ!となりました」と楽し気に語るのは、「ゆるキャン△」の斉藤恵那や「Re:ゼロから始める異世界生活」のエミリアの声で知られ、何色にも染まる稀有な表現力と、唯一無二の透明感あふれる声に定評のある高橋李依。そんな高橋は、杏子に対して「自分のやりたいこと、守りたいものを貫き通すという、その強い意志が超かっこよくて大好きです!」と溢れる愛を語った。

     

    収録中のエピソードを聞かれると、「アフレコの時間帯がすごく朝早かったので、梶原君とコーヒーを入れて朝から頑張るぞ!とやっていました」と、杏子の幼馴染で、恋愛フラグに巻き込まれてしまうイケメン速水純太を演じる梶原岳人との気合あふれる話や、「未可子さんとは、セリフが被りに被るのでリリのセリフが全滅の時もあったのですが、それでも『いいよいいよ~』と(言ってくれる)あたたかいモノ作りの仕方でした」とオーディションの時からタッグを組む小松未可子とのエピソードも明かした。

     

    さらに、杏子の魅力は周りの人と築く絆にもある。原作を読んだ高橋は「今作全部読もうと思って読んだら泣いちゃって…最後の展開がそうなるんだ!そことの絆がまさか生まれて…好きだー!ってなりました。そういう意味で、一対一の人付き合いや、人をちゃんと見ることができる杏子らしさをいっぱい浴びて幸せになりましたね」と王道のラブコメヒロインとは違い、恋愛を主軸にせずに全ての人と対等に向き合うことを大切にしている杏子を絶賛した。

     

    「原作を読んで、面白い!と思った気持ちをどうにかアニメでも表現できたらと頑張りました」と語る高橋が、声優人生のあらゆる経験を演技に落とし込んだ杏子の運命は果たしてどうなるのか!?

    今までになく自然体で等身大のラブコメヒロイン杏子の姿に、誰もが思わず共感してしまうこと間違いなしの、笑いあり!ときめきあり?

    全く新しいドタバタ青春ラブコメがここに誕生!!

     

    (C) 百世渡/集英社 (C)Netflix

  • Netflixアニメシリーズ・ラブコメ「ロマンティック・キラー」の特別映像解禁

    24.October.2022 | ANIME&GAME

    動画配信サービスを提供するNetflixは、Netflixシリーズ「ロマンティック・キラー」を2022年10月27日(木)より全世界独占配信する。主人公は、恋愛に全く興味ナシ、大好きなゲーム・猫・チョコに囲まれた毎日を過ごす女子高生・星野杏子(CV:高橋李依)。しかし、とある理由から杏子にどうしても恋愛をさせたい魔法使いリリ(CV:小松未可子)が突然現れ、3人のイケメンとの“恋愛フラグ”を立てていく。大事な趣味を取り戻したい杏子が、“ロマンティック”な展開を“キル”しようと奮闘する、異色のドタバタ青春ラブコメだ。

    この度、杏子が出会う、“学校一のパーフェクトイケメン”香月司(CV:梅原裕一郎)、“スポーツ系幼馴染イケメン”速水純太(CV:梶原岳人)、“金持ちのツンデレイケメン”小金井聖(CV:花江夏樹)がイケメンボイスを炸裂させながら、胸キュン必至の展開を巻き起こすも、杏子がことごとくフラグを回避しようとするリアクションを見せる、爆笑必至な本編シーンを凝縮した特別映像が解禁となった。

     

     

    平穏な毎日を楽しく過ごしていたのに、可愛いけど“目的”のためには容赦ない魔法使いリリによって、杏子の大好きな趣味は全て没収。

    解禁された映像では、趣味を取り戻すべく、リリが仕掛ける恋愛フラグを全て回避すると宣言する杏子の前に、次々とイケメンとの出会いが訪れる。

     

    まずは、「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」のウェザー・リポート役などで知られる梅原裕一郎演じる、パーフェクトな容姿ゆえに幼い頃からモテ続け、恋愛にはうんざりなクール系男子・司。突然の豪雨に、ぶっきらぼうに「持ってけよ」と優しく傘を差しだすギャップ満点のマストキュン発言が炸裂、脳内シミュレーションで“このままだと仲良くなってしまう”と危惧した杏子は、恋愛展開にならなそうな劇画タッチの激シブ顔で「要らない」と拒否。司を困惑させ、フラグ回避成功となるか?

     

    続いては、「ブラッククローバー」のアスタ役などで知られる梶原岳人演じる、一途に杏子を想う幼馴染という最強設定で、球児界のスーパースターでもある爽やか男子・純太。ある朝突然、イケメン特有のキラキラを纏わせながら「おはよう杏子!寝坊しなかったか?学校行こう!」と登場。普通の青春ラブコメなら、ここでつかず離れずのドキドキ展開が巻き起るだろう。しかし、 “ロマンティック”を避けたい杏子は「どこかで会いましたっけ?」と回避を試みるが、純太はすかさず、「なーに言ってんだ。寝ぼけてんのか?」と頭を撫でて追い打ちをかける。果たしてこの超王道キュン展開から逃れられるか?

     

    最後は、「鬼滅の刃」の竈門炭治郎役などで知られる花江夏樹演じる、大金持ちの御曹司で、女性は皆自分にくぎ付けだと思っているワガママ男子・聖。彼と一緒にコンビニのアイスを食べる展開になった杏子。聖は「随分安っぽい味だな…」と憎まれ口をたたきつつ、「だが…悪くない」と少年のように微笑む。まさにツンデレの見本のような一連の発言に、思わずキュンとしかける杏子。果たして杏子は恋に落ちずにいられるのか?

     

    そして本作の配信を記念して11月 12 日(土)には高橋李依&梅原裕一郎が登壇するイベント開催が決定。当日は劇中の設定・キャラクターにちなんだトークを展開するなど、胸キュンと面白さ満点のイベントをお楽しみに。今までになく自然体で等身大のラブコメヒロイン・杏子の姿に、思わず共感してしまうこと間違いなし。

     

    全く新しいドタバタ青春ラブコメから目が離せない!

     

    (C) 百世渡/集英社 (C)Netflix

  • 完全新作『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』12月よりNetflixで全世界配信決定

    19.October.2022 | ANIME&GAME / MOVIE

    エンターテイメントに特化した世界最大級の動画配信サービスを提供するNetflixは、大人気コミック「七つの大罪」の原作者・鈴木央が描き下ろした完全新作アニメーション映画『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』を12月より全世界独占配信する。

     

    語られるのは、「七つの大罪」シリーズの主人公・メリオダスとその妻・エリザベスの間に生まれた息子・トリスタンの物語。両親から受け継いだ“大きな力”と向き合いながら、妖精族や巨人族をはじめとした仲間たちと出会い、家族のために戦いに挑んでいく。「七つの大罪」と現在「週刊少年マガジン」にて連載中の「黙示録の四騎士」を繋ぐ、まだ誰も見たことのない“七つの大罪”の物語となっている。

     

    先日、主人公のバトンを受け継いだトリスタンの青年期を村瀬歩、少年期を小松未可子が務めることや、メリオダス役の梶裕貴をはじめとするお馴染みの“大罪メンバー”の復帰も発表され、益々ファンからの注目を集める本作。

     

    この度、主人公トリスタンを務める村瀬歩とともに壮大な「七つの大罪」サーガの新キャストとして、妖精役に内山昂輝、プリースト役に興津和幸、トリスタンを支える仲間となるタイロン役に徳留慎乃佑、クルミル役に下地紫野、ミニカ役に小市眞琴が参加。また、「七つの大罪」では仲間のひとりとして戦ったが、本作ではトリスタンらと対峙する存在としてデスピアス役に阿座上洋平が続投することも決定し、さらなる注目が集まっている。

  • Netflixアニメ「エクセプション」、坂本龍一が音楽担当&豪華声優キャスト解禁

    15.September.2022 | ANIME&GAME

    Netflixシリーズ「エクセプション」が2022年10月13日(木)より全世界独占配信する。本作は、小説家・映画監督として活動する安達寛高(乙一)が原作・脚本を手掛け、ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズのキャラクターデザイン等で知られる天野喜孝がキャラクターデザインを務める、“恐怖”のスペースホラーSF。

    本作の音楽は世界的音楽家の坂本龍一、日本語吹替版声優に小林親弘、櫻井孝宏、甲斐田裕子、星野貴紀、種崎敦美(※崎はたつさき)という最強の布陣が務める。そんな各界のトップランナーが集結して紡ぐ本作の“神秘”と“恐怖”が入り混じる予告編とキービジュアルも一挙解禁となった。クリエイターたちの独創性が随所で垣間見え、幻想的な中に恐ろしさを携えた唯一無二の世界観となっている。

    物語の舞台は、はるか先の未来ー。人類は地球を追われ、他の銀河系への移住を余儀なくされていた。宇宙に新たな居住地を求め、惑星の探索をするために派遣された先遣隊のメンバーたち。彼らは、〈生体3Dプリンター〉によって“プリントアウト”された“人間”。オリジナルは安全な場所で冷凍睡眠している。
    映像では、そんな“コピー”された彼らがミッションに挑もうとする姿が描かれるが、閉ざされた宇宙船という空間の中で、“ある恐怖”が彼らへ容赦なく襲い掛かっていく。突如、システムの不具合が発生し、クルーのひとりであるルイス(CV:小林親弘)が“異形の怪物”の姿でミスプリントされてしまう。
    凶暴なルイスに襲われるニーナ(CV:甲斐田裕子)、マック(CV:櫻井孝宏)、パティ(CV:種崎敦美)、オスカー(CV:星野貴紀)の4人と、再び“プリントアウト”されたルイス…。一切逃げ場のない絶体絶命のシチュエーションの中で、恐怖を感じながらミッション終了へのカウントダウンが始まるーー。

     


    映像では、船内を所狭しに駆け巡る恐ろしい姿のルイスが、クルーへ襲い掛かる迫力満点の恐怖が描かれる一方で、「ミス…プリント…」と悲しげな表情を浮かべる一幕も。
    「あれは人間ではない」「害虫や害獣が発生したら殺処分できるきまりだ」と冷酷に語る声もあれば、「害獣だなんてそんな…」「“助けて”なんて言葉、人間しか使いませんよ」と、クルーたちの間に迷いも垣間見える。
    異形のルイスは、“人間”なのかー?“自分とは何か”、“人間とは何か”、そして“命とは何か”…そんな壮大かつ深淵なるテーマも込められている。

    音楽を担当した坂本は、本作へ参加した経緯について、「元々SFが好きなのと、脚本を読んでこの映像を観てみたいと感じたので参加しようと思いました」と振り返り、興味を強く惹かれた物語については、「現代においてクローンなどの遺伝子操作技術が進んでいるが、そこで問われるのは「生」とは何か、「ヒューマニティ」とは何かということだと思います。それを真正面から扱っている作品です」と解説。
    今回制作した楽曲については、「メインテーマは『スターウォーズ』以来のSF映画の定番であるシンフォニックな音楽にしたかった。OST全体としては、暗いアンビエントなものにしつつ、シーンごとではなく、全体を通して一つの楽曲になるように努めたつもりです。とはいっても戦闘シーンなどはある程度激しい音も入れましたが。本人としてはとても気に入ったOSTになりました」と想いを明かす。映像の中でも、坂本の奏でる音楽が、荘厳なテーマを温かく且つ抒情的に彩っている。
    監督は、「Transformers:Titans Return」のサトウユーゾー。アニメーション制作は、タツノコプロ(BAKKEN RECORD)とCGプロダクションの5が担当。

    脚本、キャラクターデザイン、制作、音楽、声と様々な分野でのトップランナーたちが集結し、相互に共鳴することで誕生した、類を見ない「圧巻のクオリティで贈るスペースホラーSF」に注目せずにはいられない。

     

     

    Photo by zakkubalan (C) 2020 Kab Inc.

  • 『雨を告げる漂流団地』× ずっと真夜中でいいのに。 主題歌「消えてしまいそうです」MV解禁

    09.September.2022 | MOVIE / MUSIC

    『ペンギン・ハイウェイ』や『泣きたい私は猫をかぶる』などで、全世界からの賞賛を浴びたアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」。

    その待望の新作長編アニメーション映画第3弾『雨を告げる漂流団地』が2022年9月16日(金)よりNetflixにて全世界独占配信&日本全国ロードショーとなる。

    小学6年生の航祐と夏芽は、団地で育った幼馴染。夏休みのある日、航祐はクラスメイトとともに取り壊しの進む「おばけ団地」に忍び込む。その団地は、航祐と夏芽が育った思い出の家。航祐はそこで思いがけず夏芽と遭遇し、謎の少年・のっぽの存在について聞かされる。

    すると突然不思議な現象に巻き込まれ、気づくと、あたり一面の大海原に団地ごと漂流していて── 果たして元の世界へ戻れるのか?

     

    この度、本作を手掛ける石田祐康監督制作、『雨を告げる漂流団地』新映像をふんだんに使用した「ずっと真夜中でいいのに。」 書き下ろし主題歌“消えてしまいそうです”MVが遂に公開!楽曲制作にあたり石田監督から得た物語としての想いやヒントを基に書き下ろされたという”ずとまよ(=ずっと真夜中でいいのに。)らしい”心の揺れ動く様を的確に捉えた歌詞たちが、ひとつひとつの映像と絶妙にリンクしている点も見どころとなっている。


    またMVとあわせて、本作のキャラクターデザインを手がける永江彰浩氏が新たに描き下ろした公開直前ビジュアルも解禁となった。大海原を漂流する団地の中で、素直になりきれない幼なじみの航祐と夏芽の微妙な関係性を表している1枚となっており、スタジオコロリドならではのハイクオリティな団地の描写とともに、息を吞むほどの空と海の美しさが印象的なビジュアルとなっている。

     

    「消えてしまいそうです」MV

    https://youtu.be/OxcnK1s2Fww

     

    石田祐康監督コメント

    映画は、二人の少年少女の痛みを引き受けながら作っていました。
    この歌も、それを引き受けてくれたと思います。

    旅、道連れ、世は情け、、だから嬉しかったです。
    MVもまた、そういう音と映像の寄り添いになれたらと、作っています。
    どうぞ見て聴いてください。

     

    ©コロリド・ツインエンジンパートナーズ

  • 大人気漫画「君に届け」が実写ドラマ化決定!Netflixにて2023年に全世界独占配信

    09.September.2022 | MOVIE

    大人気漫画「君に届け」が、Netflixとテレビ東京の共同制作にて実写ドラマ化が決定した。主人公の黒沼爽子役を南沙良、風早翔太役を鈴鹿央士が演じ、2023年3月よりNetflixにて全世界独占配信される。

     

    原作は、2006年から2017年まで「別冊マーガレット」(集英社)で連載され、第32回講談社漫画賞(少女部門)を受賞した椎名軽穂の代表作。高校生のリアルで甘酸っぱい恋愛模様が男女問わず人気を集め、アニメ化・実写映画化・ゲーム化など様々なジャンルで魅了し続けている。

     

    本作の監督を務めるのは、「あすなろ白書」や「イグアナの娘」、「僕の初恋をキミに捧ぐ」などの少女漫画原作の恋愛ドラマ、映画を数多く手がけてきた新城毅彦と、「ハローグッバイ」や「望郷」を手がけ実力派として知られる菊地健雄が監督を務める。

     

    大人気「君に届け」の実写ドラマをお楽しみに!

     

  • 漫画『ロマンティック・キラー』がNetflixシリーズとしてアニメ化決定

    25.August.2022 | ANIME&GAME

    Netflixは、集英社「少年ジャンプ+」にて連載されていた百世渡(ももせ わたる)原作の漫画『ロマンティック・キラー』をNetflixシリーズとしてアニメ化し、2022年10月27日(木)より全世界独占配信することを決定した。


    本作は、オシャレや恋愛には目もくれずゲーム三昧の毎日を過ごしてきた、“非ヒロイン属性”の女子高生・星野杏子と、“とある目的”で杏子に恋愛をさせるべく突然現れた魔法使いリリによって繰り広げられる、ドタバタ青春ラブコメディ。
    この度、〈絶対に恋愛したくない杏子〉と〈絶対に恋愛させたいリリ〉の“恋愛”をかけた仁義なき戦いの幕開けを宣言するティザーPVが解禁!併せて、原作者の百世渡も絶賛の表現力をもつ声優陣、高橋李依が主人公の杏子役、小松未可子が魔法使いリリ役のキャストに決定。さらにアニメソング界の新星シンガーYURiKAの「ROMA☆KiRA」が主題歌に決定した。

    さらに今回ティザーPVが解禁!解禁された映像では、可愛い見た目とは裏腹に、杏子の気持ちにはお構いなしで少女漫画のヒロインのような展開を次々と仕掛けるリリと、愛しい趣味を取り戻すため、リリの仕掛ける恋愛フラグを、ヒロインらしからぬ爆笑リアクションで全力回避する杏子の激しい攻防戦の一端が映し出される。果たして“非ヒロイン属性”の杏子は、リリの仕掛ける〈学校一のパーフェクトイケメンの司〉、〈杏子のことが大好きなスポーツ系幼馴染の純太〉、〈超大金持ちのツンツンツンデレイケメンの聖〉らイケメン3人との少女漫画展開をすべて回避できるのか!?

     


    ”恋愛だけがすべてじゃない”と豪語する杏子を演じるのは「ゆるキャン△」の斉藤恵那や「Re:ゼロから始める異世界生活」のエミリアの声で知られる高橋李依。そんな杏子の宿敵(?)ともいえる魔法使いリリは「呪術廻戦」の禪院真希や「鬼滅の刃」朱紗丸などを演じ、幅広い表現力で知られる小松未可子が務める。
    豪華な声優陣に原作者の百世渡も「高橋李依さんはまさに理想の杏子の声ですし、杏子の熱量とスピード感を見事に表現して下さっていて感激でした。小松未可子さんは漫画では憎たらしいリリをめちゃくちゃ可愛く演じてくれてました。」と絶賛している。

     

    9月24日(土)から25日(日)にかけて開催されるNetflixグローバルファンイベント「TUDUM」内で日本のスターたちが集結し各作品の魅力を語り尽くすステージ「TUDUM Japan」の中でも、本作について高橋李依と小松未可子が映像出演し、知られざる魅力を語りつくす予定だ。

    併せて発表された“ロマキラ”らしいポップな主題歌「ROMA☆KiRA」を歌うのは、「BEASTARS」など人気アニメの主題歌も務め、“どこまでも響く歌声を持つ新星アニソンシンガー”としてZ世代からも注目されるYURiKA。「ときめく法則なんて自分で決めるの!」という杏子の気持ちを語るような歌詞も熱く歌い上げる。

    笑いあり、ときめきあり!?全く新しいドタバタ青春ラブコメが誕生する。

     

    ©百世渡/集英社 ©Netflix

  • Netflixシリーズ「リラックマと遊園地」本予告&キービジュアル解禁

    22.July.2022 | MOVIE

    Netflixは、Netflixシリーズ「リラックマと遊園地」を2022年8月25日(木)より独占配信を開始する。


    前作「リラックマとカオルさん」(2019年独占配信開始)では、OLのカオルさんと、いつの間にか彼女の家に住み着いたリラックマ、コリラックマ、キイロイトリとのほのぼの同居生活を描いていたが、今回の新作ではよりテンポ感がアップ!楽しさ満点の遊園地へ遊びに出かけたカオルさんやリラックマたちが、なぜか次々と不思議なハプニングに巻き込まれてしまう、という一日の出来事を描く。


    この度、どんなトラブルが起きてもマイペースなリラックマに癒されまくる本予告とキービジュアルが解禁。併せて、前作に引き続き、主題歌がくるりの新曲「ポケットの中」に決定、さらに追加キャストとして、多部未華子演じるカオルさんが密かに恋心を抱く“ハヤテくん”を山田孝之が続投し、新キャラクターの“遊園地の従業員のお姉さん”を声優の上田麗奈が務めることも決定した。

    解禁された本予告では、にぎやかな遊園地でアトラクションを楽しむリラックマたちの愛らしい姿と、リラックマたちが次々とハプニングに巻き込まれていく姿が描かれている。
    従業員のお姉さんとなぜかカーチェイスをすることになったり、世界的プロゲーマーを目指す女の子エミリとゲームの世界に迷い込んだり!?と予期せぬ展開がたっぷり。でも、どんなにピンチになっても、マイペースで自然と周りを癒すリラックマ。いつもそばに優しく寄り添い笑顔にしてくれるリラックマの姿に、大人も子供も元気をもらえるに違いない。

     

    本予告


    「リラックマとカオルさん」で日本中をほっこりさせたリラックマが、またまたこの夏きっと日本中を癒し、悲しい気持ちもそっと忘れさせてくれるはずだ。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US