ガメラ、復活!『GAMERA -Rebirth-』新作製作・Netflixにて世界配信決定

22.November.2022 | ANIME&GAME / MOVIE

昭和から平成にかけて、世界の怪獣ファンに愛されてきた大怪獣“ガメラ”の、新作『GAMERA -Rebirth-(ガメラ リバース)』の製作が決定した。さらに、Netflixにて世界配信も決定。

ガメラ復活を記念して、迫力満点のティザービジュアルが2種同時公開された。

 

 

昭和から平成にかけて、世界の怪獣ファンに愛されてきた大怪獣“ガメラ”の、新作から目が離せない。

 

©2023 KADOKAWA/ GAMERA Rebirth Production committee

 

RELATED ENTRIES

  • Netflixアニメシリーズ・ラブコメ「ロマンティック・キラー」の特別映像解禁

    24.October.2022 | ANIME&GAME

    動画配信サービスを提供するNetflixは、Netflixシリーズ「ロマンティック・キラー」を2022年10月27日(木)より全世界独占配信する。主人公は、恋愛に全く興味ナシ、大好きなゲーム・猫・チョコに囲まれた毎日を過ごす女子高生・星野杏子(CV:高橋李依)。しかし、とある理由から杏子にどうしても恋愛をさせたい魔法使いリリ(CV:小松未可子)が突然現れ、3人のイケメンとの“恋愛フラグ”を立てていく。大事な趣味を取り戻したい杏子が、“ロマンティック”な展開を“キル”しようと奮闘する、異色のドタバタ青春ラブコメだ。

    この度、杏子が出会う、“学校一のパーフェクトイケメン”香月司(CV:梅原裕一郎)、“スポーツ系幼馴染イケメン”速水純太(CV:梶原岳人)、“金持ちのツンデレイケメン”小金井聖(CV:花江夏樹)がイケメンボイスを炸裂させながら、胸キュン必至の展開を巻き起こすも、杏子がことごとくフラグを回避しようとするリアクションを見せる、爆笑必至な本編シーンを凝縮した特別映像が解禁となった。

     

     

    平穏な毎日を楽しく過ごしていたのに、可愛いけど“目的”のためには容赦ない魔法使いリリによって、杏子の大好きな趣味は全て没収。

    解禁された映像では、趣味を取り戻すべく、リリが仕掛ける恋愛フラグを全て回避すると宣言する杏子の前に、次々とイケメンとの出会いが訪れる。

     

    まずは、「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」のウェザー・リポート役などで知られる梅原裕一郎演じる、パーフェクトな容姿ゆえに幼い頃からモテ続け、恋愛にはうんざりなクール系男子・司。突然の豪雨に、ぶっきらぼうに「持ってけよ」と優しく傘を差しだすギャップ満点のマストキュン発言が炸裂、脳内シミュレーションで“このままだと仲良くなってしまう”と危惧した杏子は、恋愛展開にならなそうな劇画タッチの激シブ顔で「要らない」と拒否。司を困惑させ、フラグ回避成功となるか?

     

    続いては、「ブラッククローバー」のアスタ役などで知られる梶原岳人演じる、一途に杏子を想う幼馴染という最強設定で、球児界のスーパースターでもある爽やか男子・純太。ある朝突然、イケメン特有のキラキラを纏わせながら「おはよう杏子!寝坊しなかったか?学校行こう!」と登場。普通の青春ラブコメなら、ここでつかず離れずのドキドキ展開が巻き起るだろう。しかし、 “ロマンティック”を避けたい杏子は「どこかで会いましたっけ?」と回避を試みるが、純太はすかさず、「なーに言ってんだ。寝ぼけてんのか?」と頭を撫でて追い打ちをかける。果たしてこの超王道キュン展開から逃れられるか?

     

    最後は、「鬼滅の刃」の竈門炭治郎役などで知られる花江夏樹演じる、大金持ちの御曹司で、女性は皆自分にくぎ付けだと思っているワガママ男子・聖。彼と一緒にコンビニのアイスを食べる展開になった杏子。聖は「随分安っぽい味だな…」と憎まれ口をたたきつつ、「だが…悪くない」と少年のように微笑む。まさにツンデレの見本のような一連の発言に、思わずキュンとしかける杏子。果たして杏子は恋に落ちずにいられるのか?

     

    そして本作の配信を記念して11月 12 日(土)には高橋李依&梅原裕一郎が登壇するイベント開催が決定。当日は劇中の設定・キャラクターにちなんだトークを展開するなど、胸キュンと面白さ満点のイベントをお楽しみに。今までになく自然体で等身大のラブコメヒロイン・杏子の姿に、思わず共感してしまうこと間違いなし。

     

    全く新しいドタバタ青春ラブコメから目が離せない!

     

    (C) 百世渡/集英社 (C)Netflix

  • 完全新作『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』12月よりNetflixで全世界配信決定

    19.October.2022 | ANIME&GAME / MOVIE

    エンターテイメントに特化した世界最大級の動画配信サービスを提供するNetflixは、大人気コミック「七つの大罪」の原作者・鈴木央が描き下ろした完全新作アニメーション映画『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』を12月より全世界独占配信する。

     

    語られるのは、「七つの大罪」シリーズの主人公・メリオダスとその妻・エリザベスの間に生まれた息子・トリスタンの物語。両親から受け継いだ“大きな力”と向き合いながら、妖精族や巨人族をはじめとした仲間たちと出会い、家族のために戦いに挑んでいく。「七つの大罪」と現在「週刊少年マガジン」にて連載中の「黙示録の四騎士」を繋ぐ、まだ誰も見たことのない“七つの大罪”の物語となっている。

     

    先日、主人公のバトンを受け継いだトリスタンの青年期を村瀬歩、少年期を小松未可子が務めることや、メリオダス役の梶裕貴をはじめとするお馴染みの“大罪メンバー”の復帰も発表され、益々ファンからの注目を集める本作。

     

    この度、主人公トリスタンを務める村瀬歩とともに壮大な「七つの大罪」サーガの新キャストとして、妖精役に内山昂輝、プリースト役に興津和幸、トリスタンを支える仲間となるタイロン役に徳留慎乃佑、クルミル役に下地紫野、ミニカ役に小市眞琴が参加。また、「七つの大罪」では仲間のひとりとして戦ったが、本作ではトリスタンらと対峙する存在としてデスピアス役に阿座上洋平が続投することも決定し、さらなる注目が集まっている。

  • イケメン3人との恋愛回避に挑む、Netflixアニメ「ロマンティック・キラー」配信

    26.September.2022 | ANIME&GAME

    Netflixシリーズ「ロマンティック・キラー」が2022年10月27日(木)より全世界独占配信。本作は、オシャレや恋愛には目もくれずゲーム三昧の毎日を過ごしてきた、“非ヒロイン属性”の女子高生・星野杏子(CV:高橋李依)と、“とある目的”で杏子に恋愛をさせるべく突然現れた魔法使いリリ(CV:小松未可子)によって繰り広げられる、ドタバタ青春ラブコメディ。


    この度、絶対に恋愛したくない杏子が出会う三者三様のイケメンたち〈学校一のパーフェクトイケメン:香月司〉、〈スポーツ系幼馴染イケメン:速水純太〉、〈金持ちのツンデレイケメン:小金井聖〉が初登場となるドタバタ感満載の本予告と、「“ロマンティック・キラー”に私はなる!」と宣言する杏子の意思を表すようなキービジュアルが解禁。

     


     

     

    オフィシャルグッズ

     


    解禁された映像では、“アンチ・イケメンパラダイス”と称し、趣味を取り戻すためにリリの仕掛ける恋愛フラグを全て回避すると宣言する杏子の前に、三者三様の魅力的なイケメン〈司〉、〈純太〉、〈聖〉が現れ、男女逆転の床ドンシーンや、イケメンの行動にキュンとした杏子がヒロインらしからぬワイルドな反応を見せる様子が映し出される。一見、少女漫画の王道展開なようでどこか逸れているシチュエーションが次々と杏子の心をかき乱していく。果たして、非ヒロイン属性の杏子は押し寄せる恋愛フラグを回避して平穏な日常を取り戻せるのか。
    無理矢理恋愛フラグをたてるリリに対し「言いなりになんて絶対ならない!」と決意した杏子が最初に出会うのは、すれ違う誰もが恋をしてしまうほど完璧な容姿故に幼いころからモテ続けてきたことで、恋愛にうんざりしている〈司〉。そんな学校一のイケメン司を「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」のウェザー・リポートの声などで知られる梅原裕一郎がクールに演じる。

    二人目に出会うイケメンは、杏子の幼馴染で、球児界のスーパースター〈純太〉。誰よりも一途に杏子を思い続ける純太を務めるのは「ブラッククローバー」のアスタなどで知られる梶原岳人。
    リリが杏子に仕掛ける3人目のイケメンとして登場するのは、大金持ちの御曹司で、女性はみんな自分にくぎ付けだと思っている〈聖〉。そんな聖を演じるのは「鬼滅の刃」の竈門炭治郎などで知られる花江夏樹。
    さらに、恋愛に翻弄される杏子とイケメン3人を支えるキャラクターとして津田健次郎が聖の執事役〈土屋〉、石見舞菜香が主人公杏子の親友〈咲姫〉、下野紘が司が心を許すクラスメイト〈真斗〉を演じ、豪華声優陣が集結して物語を彩る。


    EDテーマは本作で魔法使い〈リリ〉の声優を務める、小松未可子が歌う「Romantic Love~恋愛しませんか?☆~」。本曲では絶対に恋愛したくない杏子と絶対に恋愛させたいリリの熾烈なバトルを物語るような歌詞を、自身が演じるリリとして歌い上げる。

    笑いあり、ときめきあり、新しいドタバタ青春ラブコメをお楽しみに。

     

    (C) 百世渡/集英社 (C)Netflix

  • Netflixアニメ「エクセプション」、坂本龍一が音楽担当&豪華声優キャスト解禁

    15.September.2022 | ANIME&GAME

    Netflixシリーズ「エクセプション」が2022年10月13日(木)より全世界独占配信する。本作は、小説家・映画監督として活動する安達寛高(乙一)が原作・脚本を手掛け、ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズのキャラクターデザイン等で知られる天野喜孝がキャラクターデザインを務める、“恐怖”のスペースホラーSF。

    本作の音楽は世界的音楽家の坂本龍一、日本語吹替版声優に小林親弘、櫻井孝宏、甲斐田裕子、星野貴紀、種崎敦美(※崎はたつさき)という最強の布陣が務める。そんな各界のトップランナーが集結して紡ぐ本作の“神秘”と“恐怖”が入り混じる予告編とキービジュアルも一挙解禁となった。クリエイターたちの独創性が随所で垣間見え、幻想的な中に恐ろしさを携えた唯一無二の世界観となっている。

    物語の舞台は、はるか先の未来ー。人類は地球を追われ、他の銀河系への移住を余儀なくされていた。宇宙に新たな居住地を求め、惑星の探索をするために派遣された先遣隊のメンバーたち。彼らは、〈生体3Dプリンター〉によって“プリントアウト”された“人間”。オリジナルは安全な場所で冷凍睡眠している。
    映像では、そんな“コピー”された彼らがミッションに挑もうとする姿が描かれるが、閉ざされた宇宙船という空間の中で、“ある恐怖”が彼らへ容赦なく襲い掛かっていく。突如、システムの不具合が発生し、クルーのひとりであるルイス(CV:小林親弘)が“異形の怪物”の姿でミスプリントされてしまう。
    凶暴なルイスに襲われるニーナ(CV:甲斐田裕子)、マック(CV:櫻井孝宏)、パティ(CV:種崎敦美)、オスカー(CV:星野貴紀)の4人と、再び“プリントアウト”されたルイス…。一切逃げ場のない絶体絶命のシチュエーションの中で、恐怖を感じながらミッション終了へのカウントダウンが始まるーー。

     


    映像では、船内を所狭しに駆け巡る恐ろしい姿のルイスが、クルーへ襲い掛かる迫力満点の恐怖が描かれる一方で、「ミス…プリント…」と悲しげな表情を浮かべる一幕も。
    「あれは人間ではない」「害虫や害獣が発生したら殺処分できるきまりだ」と冷酷に語る声もあれば、「害獣だなんてそんな…」「“助けて”なんて言葉、人間しか使いませんよ」と、クルーたちの間に迷いも垣間見える。
    異形のルイスは、“人間”なのかー?“自分とは何か”、“人間とは何か”、そして“命とは何か”…そんな壮大かつ深淵なるテーマも込められている。

    音楽を担当した坂本は、本作へ参加した経緯について、「元々SFが好きなのと、脚本を読んでこの映像を観てみたいと感じたので参加しようと思いました」と振り返り、興味を強く惹かれた物語については、「現代においてクローンなどの遺伝子操作技術が進んでいるが、そこで問われるのは「生」とは何か、「ヒューマニティ」とは何かということだと思います。それを真正面から扱っている作品です」と解説。
    今回制作した楽曲については、「メインテーマは『スターウォーズ』以来のSF映画の定番であるシンフォニックな音楽にしたかった。OST全体としては、暗いアンビエントなものにしつつ、シーンごとではなく、全体を通して一つの楽曲になるように努めたつもりです。とはいっても戦闘シーンなどはある程度激しい音も入れましたが。本人としてはとても気に入ったOSTになりました」と想いを明かす。映像の中でも、坂本の奏でる音楽が、荘厳なテーマを温かく且つ抒情的に彩っている。
    監督は、「Transformers:Titans Return」のサトウユーゾー。アニメーション制作は、タツノコプロ(BAKKEN RECORD)とCGプロダクションの5が担当。

    脚本、キャラクターデザイン、制作、音楽、声と様々な分野でのトップランナーたちが集結し、相互に共鳴することで誕生した、類を見ない「圧巻のクオリティで贈るスペースホラーSF」に注目せずにはいられない。

     

     

    Photo by zakkubalan (C) 2020 Kab Inc.

  • 『雨を告げる漂流団地』× ずっと真夜中でいいのに。 主題歌「消えてしまいそうです」MV解禁

    09.September.2022 | MOVIE / MUSIC

    『ペンギン・ハイウェイ』や『泣きたい私は猫をかぶる』などで、全世界からの賞賛を浴びたアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」。

    その待望の新作長編アニメーション映画第3弾『雨を告げる漂流団地』が2022年9月16日(金)よりNetflixにて全世界独占配信&日本全国ロードショーとなる。

    小学6年生の航祐と夏芽は、団地で育った幼馴染。夏休みのある日、航祐はクラスメイトとともに取り壊しの進む「おばけ団地」に忍び込む。その団地は、航祐と夏芽が育った思い出の家。航祐はそこで思いがけず夏芽と遭遇し、謎の少年・のっぽの存在について聞かされる。

    すると突然不思議な現象に巻き込まれ、気づくと、あたり一面の大海原に団地ごと漂流していて── 果たして元の世界へ戻れるのか?

     

    この度、本作を手掛ける石田祐康監督制作、『雨を告げる漂流団地』新映像をふんだんに使用した「ずっと真夜中でいいのに。」 書き下ろし主題歌“消えてしまいそうです”MVが遂に公開!楽曲制作にあたり石田監督から得た物語としての想いやヒントを基に書き下ろされたという”ずとまよ(=ずっと真夜中でいいのに。)らしい”心の揺れ動く様を的確に捉えた歌詞たちが、ひとつひとつの映像と絶妙にリンクしている点も見どころとなっている。


    またMVとあわせて、本作のキャラクターデザインを手がける永江彰浩氏が新たに描き下ろした公開直前ビジュアルも解禁となった。大海原を漂流する団地の中で、素直になりきれない幼なじみの航祐と夏芽の微妙な関係性を表している1枚となっており、スタジオコロリドならではのハイクオリティな団地の描写とともに、息を吞むほどの空と海の美しさが印象的なビジュアルとなっている。

     

    「消えてしまいそうです」MV

    https://youtu.be/OxcnK1s2Fww

     

    石田祐康監督コメント

    映画は、二人の少年少女の痛みを引き受けながら作っていました。
    この歌も、それを引き受けてくれたと思います。

    旅、道連れ、世は情け、、だから嬉しかったです。
    MVもまた、そういう音と映像の寄り添いになれたらと、作っています。
    どうぞ見て聴いてください。

     

    ©コロリド・ツインエンジンパートナーズ

  • 大人気漫画「君に届け」が実写ドラマ化決定!Netflixにて2023年に全世界独占配信

    09.September.2022 | MOVIE

    大人気漫画「君に届け」が、Netflixとテレビ東京の共同制作にて実写ドラマ化が決定した。主人公の黒沼爽子役を南沙良、風早翔太役を鈴鹿央士が演じ、2023年3月よりNetflixにて全世界独占配信される。

     

    原作は、2006年から2017年まで「別冊マーガレット」(集英社)で連載され、第32回講談社漫画賞(少女部門)を受賞した椎名軽穂の代表作。高校生のリアルで甘酸っぱい恋愛模様が男女問わず人気を集め、アニメ化・実写映画化・ゲーム化など様々なジャンルで魅了し続けている。

     

    本作の監督を務めるのは、「あすなろ白書」や「イグアナの娘」、「僕の初恋をキミに捧ぐ」などの少女漫画原作の恋愛ドラマ、映画を数多く手がけてきた新城毅彦と、「ハローグッバイ」や「望郷」を手がけ実力派として知られる菊地健雄が監督を務める。

     

    大人気「君に届け」の実写ドラマをお楽しみに!

     

  • 漫画『ロマンティック・キラー』がNetflixシリーズとしてアニメ化決定

    25.August.2022 | ANIME&GAME

    Netflixは、集英社「少年ジャンプ+」にて連載されていた百世渡(ももせ わたる)原作の漫画『ロマンティック・キラー』をNetflixシリーズとしてアニメ化し、2022年10月27日(木)より全世界独占配信することを決定した。


    本作は、オシャレや恋愛には目もくれずゲーム三昧の毎日を過ごしてきた、“非ヒロイン属性”の女子高生・星野杏子と、“とある目的”で杏子に恋愛をさせるべく突然現れた魔法使いリリによって繰り広げられる、ドタバタ青春ラブコメディ。
    この度、〈絶対に恋愛したくない杏子〉と〈絶対に恋愛させたいリリ〉の“恋愛”をかけた仁義なき戦いの幕開けを宣言するティザーPVが解禁!併せて、原作者の百世渡も絶賛の表現力をもつ声優陣、高橋李依が主人公の杏子役、小松未可子が魔法使いリリ役のキャストに決定。さらにアニメソング界の新星シンガーYURiKAの「ROMA☆KiRA」が主題歌に決定した。

    さらに今回ティザーPVが解禁!解禁された映像では、可愛い見た目とは裏腹に、杏子の気持ちにはお構いなしで少女漫画のヒロインのような展開を次々と仕掛けるリリと、愛しい趣味を取り戻すため、リリの仕掛ける恋愛フラグを、ヒロインらしからぬ爆笑リアクションで全力回避する杏子の激しい攻防戦の一端が映し出される。果たして“非ヒロイン属性”の杏子は、リリの仕掛ける〈学校一のパーフェクトイケメンの司〉、〈杏子のことが大好きなスポーツ系幼馴染の純太〉、〈超大金持ちのツンツンツンデレイケメンの聖〉らイケメン3人との少女漫画展開をすべて回避できるのか!?

     


    ”恋愛だけがすべてじゃない”と豪語する杏子を演じるのは「ゆるキャン△」の斉藤恵那や「Re:ゼロから始める異世界生活」のエミリアの声で知られる高橋李依。そんな杏子の宿敵(?)ともいえる魔法使いリリは「呪術廻戦」の禪院真希や「鬼滅の刃」朱紗丸などを演じ、幅広い表現力で知られる小松未可子が務める。
    豪華な声優陣に原作者の百世渡も「高橋李依さんはまさに理想の杏子の声ですし、杏子の熱量とスピード感を見事に表現して下さっていて感激でした。小松未可子さんは漫画では憎たらしいリリをめちゃくちゃ可愛く演じてくれてました。」と絶賛している。

     

    9月24日(土)から25日(日)にかけて開催されるNetflixグローバルファンイベント「TUDUM」内で日本のスターたちが集結し各作品の魅力を語り尽くすステージ「TUDUM Japan」の中でも、本作について高橋李依と小松未可子が映像出演し、知られざる魅力を語りつくす予定だ。

    併せて発表された“ロマキラ”らしいポップな主題歌「ROMA☆KiRA」を歌うのは、「BEASTARS」など人気アニメの主題歌も務め、“どこまでも響く歌声を持つ新星アニソンシンガー”としてZ世代からも注目されるYURiKA。「ときめく法則なんて自分で決めるの!」という杏子の気持ちを語るような歌詞も熱く歌い上げる。

    笑いあり、ときめきあり!?全く新しいドタバタ青春ラブコメが誕生する。

     

    ©百世渡/集英社 ©Netflix

  • Netflixシリーズ「リラックマと遊園地」本予告&キービジュアル解禁

    22.July.2022 | MOVIE

    Netflixは、Netflixシリーズ「リラックマと遊園地」を2022年8月25日(木)より独占配信を開始する。


    前作「リラックマとカオルさん」(2019年独占配信開始)では、OLのカオルさんと、いつの間にか彼女の家に住み着いたリラックマ、コリラックマ、キイロイトリとのほのぼの同居生活を描いていたが、今回の新作ではよりテンポ感がアップ!楽しさ満点の遊園地へ遊びに出かけたカオルさんやリラックマたちが、なぜか次々と不思議なハプニングに巻き込まれてしまう、という一日の出来事を描く。


    この度、どんなトラブルが起きてもマイペースなリラックマに癒されまくる本予告とキービジュアルが解禁。併せて、前作に引き続き、主題歌がくるりの新曲「ポケットの中」に決定、さらに追加キャストとして、多部未華子演じるカオルさんが密かに恋心を抱く“ハヤテくん”を山田孝之が続投し、新キャラクターの“遊園地の従業員のお姉さん”を声優の上田麗奈が務めることも決定した。

    解禁された本予告では、にぎやかな遊園地でアトラクションを楽しむリラックマたちの愛らしい姿と、リラックマたちが次々とハプニングに巻き込まれていく姿が描かれている。
    従業員のお姉さんとなぜかカーチェイスをすることになったり、世界的プロゲーマーを目指す女の子エミリとゲームの世界に迷い込んだり!?と予期せぬ展開がたっぷり。でも、どんなにピンチになっても、マイペースで自然と周りを癒すリラックマ。いつもそばに優しく寄り添い笑顔にしてくれるリラックマの姿に、大人も子供も元気をもらえるに違いない。

     

    本予告


    「リラックマとカオルさん」で日本中をほっこりさせたリラックマが、またまたこの夏きっと日本中を癒し、悲しい気持ちもそっと忘れさせてくれるはずだ。

  • 長編アニメーション「雨を告げる漂流団地」本予告映像&場面写真が解禁

    16.July.2022 | ANIME&GAME / MOVIE

    2018年『ペンギン・ハイウェイ』で第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞、2020年長編映画第2弾『泣きたい私は猫をかぶる』はNetflix にて全世界独占配信され、世界30カ国以上で再生回数の多い映画ランキングTOP10に入るなど、全世界からの賞賛を浴びたアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」。

    その待望の新作長編アニメーション映画第3弾「雨を告げる漂流団地」が、2022年9月16日(金)にNetflixにて全世界独占配信&日本全国ロードショーとなる。

     

    小学6年生の航祐と夏芽は、団地で育った幼馴染。夏休みのある日、航祐はクラスメイトとともに取り壊しの進む「おばけ団地」に忍び込む。その団地は、航祐と夏芽が育った思い出の家。航祐はそこで思いがけず夏芽と遭遇し、謎の少年・のっぽの存在について聞かされる。

    すると突然不思議な現象に巻き込まれ、気づくと、あたり一面の大海原に団地ごと漂流していて── 果たして元の世界へ戻れるのか?
    今回、大海原を漂流する団地でこどもたちに立ちはだかる様々なピンチを切り取った場面写真、本予告が解禁となった。

     

     

    さらに、本予告とあわせて初解禁となるのは、アニメ作品初のタイアップとなる「ずっと真夜中でいいのに。」が、本作のために書き下ろした主題歌「消えてしまいそうです」。
    すでに解禁されているもう一方の書き下ろし挿入歌「夏枯れ」は、ひと夏の思い出を連想させるノスタルジーで爽やかな楽曲だったが、主題歌「消えてしまいそうです」は一転、ドラマティックな曲調が印象的なまさに「ずとまよ」らしい1曲。物語の後半、少年少女たちに様々な困難が押し寄せるなか、彼らが仲間たちと共に力を合わせ、ひと夏を通して子供から大人へと少しずつ成長していく姿をよりエモーショナルに彩る。

     

    本予告映像  

     

    漂流団地に隠された秘密、そして、謎の少年・のっぽの正体とは?少年少女たちの“ひと夏の別れの旅”が始まる── 

  • Netflix「GeekedWeek:アニメDay」にてWIT STUDIO最新作などアニメ新作情報が一挙解禁

    21.June.2022 | ANIME&GAME

    世界最大級のオンラインストリーミングサービスを提供するNetflixは、太平洋時間66日(月)から10日(金)にわたって開催された、Netflixオンラインイベント「Geeked Week(ギークドウィーク)」の『Day3:アニメ』で、ホラー、ミステリー、SF、アドベンチャーとあらゆるジャンル勢揃いのアニメの新情報や新映像を一挙に発表した。中でも日本発アニメの新作情報が盛りだくさんだ。

    脚本:安達寛高(乙一)×キャラクターデザイン・天野喜孝が手掛けるスペースホラー「exception」の場面写真や、冲方丁原作、肥塚正史監督、WIT STUDIOで贈る「ムーンライズ」の制作決定&ティザービジュアル、大ヒットアニメ「七つの大罪」シリーズのスピンオフ映画『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』の配信月が12月に決定、キャラクターのネーム資料、ホラー漫画界の鬼才による新プロジェクト「伊藤潤二『マニアック』」制作決定、伊藤潤二による紹介映像、累計180万部突破の大人気コミックが原作の「異世界おじさん」の配信決定、場面写真などが続々と解禁された。

     

    exception

    exception」は、小説家・映画監督として活動し、「ジョジョの奇妙な冒険」を題材にした小説「野良犬イギー」でも知られる安達寛高(乙一)脚本、ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズのキャラクターデザイン等で知られる天野喜孝がキャラクターデザインを務める、恐怖のスペースホラー。物語の舞台ははるか遠い未来ー。地球を追われ、テラフォーミングの対象となった惑星に到着した先遣隊
    生体3Dプリンターを使い人間を出力し住人を増やそうとするが、その過程で思わぬ事故が起き、出力中のひとりに致命的なエラーが発生。それをきっかけに、次々と予測不能な事態が先遣隊に降りかかることとなるが、彼らの運命は果たしてー?現代的なテーマも盛り込まれ、恐怖を身近に感じてしまうこと間違いない。
    初解禁された場面写真では、舞台となる惑星や船内には既に独創性が垣間見え、神秘的な中に恐ろしさを携えた唯一無二の世界観に期待が高まる。

     

    「ムーンライズ」

    制作決定が発表された新作「ムーンライズ」は、「天地明察」で数々の賞を受賞し、「蒼穹のファフナー」「PSYCHO-PASS サイコパス」など人気アニメのシリーズ構成・脚本も務める、小説家・脚本家の冲方丁が原作のアニメシリーズ。
    舞台はTS西暦2XXX年ー。人類は緩やかな世界政府を樹立。全ては国際AIネットワーク〈サピエンティア〉に委ねられ、人々はその合理的判断に従って生活を送っていた。しかし〈サピエンティア〉が進めた月開拓事業は、汚染物や犯罪者を月に送ることで平和を保つ地球と、貧困な生活を強いられる月の格差を生み、独立戦争の火種となりつつあった。ある日、爆破テロに巻き込まれた 主人公のジャックは、地球からの解放を企てていた月の反乱軍によって家族を奪われる。
    復讐を誓ったジャックは、地球軍の調査兵として仲間と共に月へ向かうことを決意するー。

     

    『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』

    大ヒットアニメ「七つの大罪」シリーズのスピンオフ作品であり、原作者の鈴木央描き下ろしで贈る映画『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』からは、202212月より配信開始となることが発表された。
    前編・後編に分けて、「七つの大罪」本編の主人公・メリオダスとエリザベスの息子であるトリスタンを軸に、新たな物語が展開されていく。前編の配信月と併せて解禁されたのは、「週刊少年マガジン」本誌でのみで掲載されていた、原作者・鈴木央による貴重なキャラクターのネーム資料。トリスタンの姿をはじめとして、謎の妖精族・タイロンやクルミルたちの姿や巨人族の娘・ミニカに加え、聖騎士の集団〈蒼天の六連星〉のひとりとして、かつてリオネス王国に仕えたデスピアスの年齢を重ねた姿までも。

     

    「伊藤潤二『マニアック』」

    日本を代表するホラー漫画家、伊藤潤二氏の漫画を題材にした新プロジェクトが始動。伊藤潤二作品の中で20タイトルが「伊藤潤二『マニアック』」としてアニメ化されることが決定し、併せて伊藤本人による紹介映像が解禁した(https://youtu.be/TX2hTVE0wO0 )。

     

    「異世界おじさん」

    累計180万部超のメガヒットコミックで、20227月よりTV放送予定の「異世界おじさん」が、Netflixでも20227月より日本国内及び全世界配信されることが決定し、場面写真も一挙解禁。
    17
    年間の昏睡状態から目覚めたおじさんは、異世界からの帰還者だった!?という新感覚すぎる設定で贈る異世界コメディ。昏睡状態から目覚めた叔父の病室を訪れた甥のたかふみが目にしたのは、異世界「グランバハマル」から帰ってきたと話す叔父の姿。
    魔法を使うおじさんの力を金にかえて食っていこうと決めたたかふみは2人でルームシェアを始める。おじさんから聞かされる、異世界での冒険譚と溢れんばかりのSEGA愛。世代の離れた男二人、団地の片隅にて繰り広げられる、捧腹絶倒の新感覚異世界コメディに注目だ。

    (C)殆ど死んでいる・KADOKAWA刊/異世界おじさん製作委員会(C)SEGA

     

     

    さらには、大人気PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」を原作とする、戦争の危機がせまる都市の運命を描く「アーケイン」のメイキング映像や、『セブン』『ソーシャル・ネットワーク』を生み出してきた巨匠デヴィッド・フィンチャーが製作総指揮を務める、SF、ファンタジー、アドベンチャー、ホラー、コメディなどあらゆるジャンルを横断し描かれる〈大人向け新感覚アニメ〉「ラブ、デス&ロボット」Vol.3(独占配信中)の舞台裏を映した特別映像、テクノロジーと身体強化に取りつかれた世界で、サイバーパンクとして知られる無法者の傭兵になる道を選ぶ少年の物語を描く、全世界大ヒットのビデオゲーム『サイバーパンク2077』のスピンオフアニメ「サイバーパンク エッジランナーズ」(229月配信)のティザー映像とキービジュアルなども解禁。
    ジャンルを問わず、様々な魅力溢れた作品を世に送り出し、世界的熱狂を生み出し続けているNetflixが新たに贈る話題作たちーー今後も、社会現象・世界的話題を集めること間違いナシな、作品群に注目しよう!

  • Netflix「ぐでたま ~母をたずねてどんくらい~」制作決定!「だりぃ〜〜」なティザー予告解禁

    18.June.2022 | ANIME&GAME

    株式会社サンリオは、ぐでぐでやる気のないたまごのキャラクター「ぐでたま」を主人公にした実写作品、Netflixシリーズ「ぐでたま 〜母をたずねてどんくらい〜」をNetflixとともに制作および、2022年に全世界独占配信することを決定、6月12日(日)午前10時にティザー予告を解禁した。

     

    ぐでたまは、2013年にサンリオが開催した食べ物をテーマにした新キャラクターの一般人気投票企画「食べキャラ総選挙」から誕生(第2位)した。翌2014年から2020年まで朝の情報番組でショートアニメが放送され、Twitterフォロワーは100万人を超えるほどの人気にもかかわらず、本人はやる気がないという設定のキャラクターだ。


    そんなぐでたまを、最新のCG技術で主演キャラクターとして制作されるNetflixシリーズ「ぐでたま 母をたずねてどんくらい」は、ぐでっとしていたい全ての人に贈る、脱力と共感の親探しロードムービー。どうせ食べられるだけだと自分の運命を諦め、いつもぐでっとしていたいぐでたまが、前向きで暑苦しいひよこのしゃきぴよに巻き込まれ、冷蔵庫から外の世界へと飛び出す。正反対のデコボココンビは、母親探しの旅に出ることになった。

     


    ティザー予告では、荘厳な音楽に包まれながら冷蔵庫の中で、ぐでたまが、まさに誕生する瞬間が映し出される。いつもと変わらずの「だりぃ〜〜」を繰り出すぐでたま。果たしてここからどんな旅が始まるのか期待が高まるNetflixシリーズ「ぐでたま 〜母をたずねてどんくらい〜」は、2022年Netflixにて全世界独占配信スタートする。

     

    ©️ 2022 SANRIO CO., LTD. S/D・G  著作:㈱サンリオ

     

  • Netflixシリーズ「ONE PIECE」セット&コンセプトアートを公開

    10.June.2022 | ANIME&GAME / MOVIE

    伝説の“海賊王”ゴール・D・ロジャーが残した【ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)】を巡り、主人公モンキー・D・ルフィ率いる海賊“麦わらの一味”が冒険へと繰り出す壮大な物語「ONE PIECE」。

    Netflixシリーズ「ONE PIECE」のプロジェクトは、ルフィを演じるイニャキ・ゴドイら、キャスト陣が発表されるたびに注目を集めてきた。


    今回、壮大すぎる世界の誕生を感じずにはいられないゴーイングメリー号などのコンセプトアートと、撮影の現地から順調な“航海”を告げるかのように、広大なセットの一端を収めた、イニャキ&製作陣のコメント付き映像が解禁。
    加えて、ドラマチックな物語を彩るうえで欠かせないキャラクターを演じる追加キャストも決定。モーガンをラングレー・カークウッド、カヤをセレスト・ルーツ、クラハドールをアレクサンダー・マニアティス、ゼフをクレイグ・フェアブラス、ジュラキュール・ミホークをスティーヴン・ウォード、ノジコをチオマ・ウメアラがそれぞれ演じる。

     

     

     

    撮影セットのタイムラプス映像


    尾田栄一郎と「週刊少年ジャンプ」編集部が様々なハードルを乗り越えられると確信したことで、初めて実現した今回の実写化。先日、“麦わらの一味”を演じるキャスト陣のSNSを通じて撮影開始が告げられ、本格始動したプロジェクトだが、今回の映像では、イニャキが「南アフリカで撮影中の「ONE PIECE」!早速スタート!早く!」と、ルフィのような快活さで〈出航〉を宣言。
    続いて、“麦わらの一味”の最初の船であり大切な仲間“ゴーイングメリー号”や、海上レストラン“バラティエ”、物語の始まりの舞台“フーシャ村”など、おなじみの世界が生み出される様子が映し出されるとともに、ショーランナーのマット・オーウェンズは「原作の世界が再現されていく様子は見ていて感動的でした。細部までこだわって作り上げるため多大な時間を費やしています」と作品への愛とこだわりを熱弁している。

    原作は記念すべき1000話を突破し、クライマックスへと突入した“ワノ国編”は毎週大きな話題を集めている。アニメはNetflixでも毎週木曜日に最新エピソードを配信中だ。
    2022年8月6日(土)には劇場版最新作『ONE PIECE FILM RED』も公開予定など、数々の豪華プロジェクトを展開中の『ONE PIECE』。
    この実写シリーズ化も、世界中のファンからの熱い視線を集める世紀の一大プロジェクトになりそうだ。今後の続報にも期待が高まる!

     

     

    Netflixシリーズ「ONE PIECE」全世界独占配信
    ©尾田栄一郎/集英社

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US