泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」浅草店オープン

30.September.2017 | SPOT

2017年10月5日(木)「泊まれる本屋」をコンセプトにしたホステル「BOOK AND BED TOKYO」の第4店舗目となる「BOOK AND BED TOKYO 浅草店」を、浅草雷門通りにオープン。9月29(金)正午より予約を開始した。

main copy

sub1 copy

今回の「BOOK AND BED TOKYO」は、「泊まれる本屋」と「泊まれるBAR」の2つの企画をテーマに館内が分けられた。本棚の中からオリジナルカクテルやコーヒーなど、本格的なカフェバーメニューを宿泊ゲスト、デイタイムゲスト向けに販売提供する。

sub7 copy

sub6 copy

2015年OPENの池袋に続き、グラフィックデザインを「Soda design」、内装デザインを「SUPPOSE DESIGN OFFICE」、ブックセレクトは「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(SPBS)」が担当。読書をしながら寝落ちしてしまう、幸せな体験が得られる特別な空間に。

sub5 copy

毎回好評を博しているパジャマブランド「NOWHAW(ノウハウ)」デザインによる、4着目となるオリジナルパジャマを浅草店用に、「真っ二つ」をテーマに開発。販売は数量限定でHPと浅草店にて販売される他、宿泊者向けレンタルも実施する。

sub11 copysub12 copy

宿泊せずにBOOK AND BED TOKYOの空間を気軽に楽しめる「デイタイムプラン」は、オープン翌日10月6日(金)よりスタートする予定だ。

 

本に囲まれてウトウトする幸せな時間を、観光スポットの浅草で体験しよう!

 

■Information

BOOK AND BED TOKYO 浅草店(BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA)

住所:東京都台東区雷門2-16-9 パゴダ浅草6F

 

営業時間:

Check in – 16:00から23:00まで
Check out – 翌11:00まで

 

アクセス:

東京メトロ銀座線浅草駅 ▶徒歩 3分
都営浅草線浅草駅 ▶徒歩 5分
つくばエクスプレス浅草駅 ▶徒歩 7分

 

URL:http://bookandbedtokyo.com/

RELATED ENTRIES

  • 【東京さんぽ】会いに行きたい喫茶店 #11 歴史の趣が感じられる 浅草「ハトヤ」

    16.August.2019 | FEATURES / FOOD

    今回は浅草新仲見世アーケード内にある「ハトヤ」に行ってきました!

     

    浅草には喫茶店がたくさんあるのですがその中でも特に古い喫茶店がハトヤなんです。今の場所で営業を開始したのがなんと昭和2年。創業は大正時代という90年以上の歴史を持つ老舗喫茶店です!

     

    外観はハイカラな感じなので迷わずすぐに見つけられそう!

    見ただけでは気付かなかったけれど、店内には歴史を感じる物がたくさんありました。

    わたしがこちらの喫茶店に行きたかったひとつの理由がこのハトヤマークに惹かれて♪

    レトロかわいい感じがたまらない!

    行った際にはここでも写真を撮ってみてくださいね。

    さっそく中へ~

    店内はゆったりとしていてとても落ち着く空間でした。

    浅草エリアの大正時代の地図も飾ってありました。

    木の長い椅子を並べて、5銭という安い値段でコーヒーを提供していたことからハトヤは有名に。

     

    今の場所で営業を開始した当時は劇場の楽屋口の向かいにあったため、有名な役者の方がハトヤに足を運んでいたそうです。日本を代表するコメディアンの古川ロッパさんや、男はつらいよでお馴染みの寅さんも来ていたとか!

    人気メニューホットケーキ(¥600)を食べてみました!

    こちらのホットケーキは戦前から作っていたそうです。

    綺麗な焼き色がついたホットケーキはふっわふわでした。

    たっぷりのバターとシロップが熱さでパンに染み込んでいったと感じた時に食べるのが最高に美味しい。

     

    結構なボリュームに見えますがふんわりと軽い口当たりでぺろりと頂けます。

    そしてそして喫茶店ならではのミルクセーキ(¥500)。

     

    口当たりがさわやかなのでゴクゴクと一気に飲み干してしまいそうになる。

    シンプルだけどとっても美味しかったです!

    私の大好きなクリームソーダ(¥600)も注文しました。

    いろんな喫茶店を周ってきたけれど、こんなにも歴史深い喫茶店に出会えたのは初めて。ずっと変わらずにお店を大切にされているマスターのお話を聞きながらとてもワクワクしました。

     

    自分が知らない世界を知れた気がします。  次回友達と訪れた時はハトヤの歴史を教えてあげよっと♬ みなさんもぜひ行ってみて下さいね!

     

    Writer/Model:Ema Tanioku
    Photographer:Haruka Yamamoto
    Design:Yuko Abe(ASOBISYSTEM)

    TALENT PROFILE

    谷奥えま

    『えまえり』の愛称で親しまれている青文字系双子モデル。双子ならではのファッションコーディネートや愛くるしいルックスにファンが急増中。また国内外問わず原宿文化をPRし、街の活性化に努める原宿観光大使も務めている。ファッション誌からTV、ドラマや映画の主演を務めるなど、ファッションモデル発のタレントとして幅広く活躍中。

  • 浅草「ムーミンスタンド」和テイストな”いちご大福ミルク”登場

    01.August.2019 | ANIME&GAME / FOOD

    2019年7月16日(火)、日本最大の観光名所である浅草にフィンランドの童話「ムーミン」をモチーフにしたドリンクスタンド「ムーミンスタンド」がオープンしました。

     

    もちもちぷっくら、おいしくて不思議な食感の「ニョロニョロのたね」を、オリジナルのフルーティーなドリンクや、濃厚なミルクベースのドリンクなどとともに楽しめます♪

    「ムーミンスタンド」は話題の「ムーミンカフェ」がプロデュース。1号店の吉祥寺店は、20代から30代の女性や高校生や大学生、小さな子どものいるファミリーまで幅広い世代から人気で、現在も土日は行列ができるほどの人気店となっています。

    いちご大福ミルク(700 円・税別)

    店舗限定メニューとして、いちご大福ミルクが登場♡甘酸っぱいいちごのドリンクと、もちもちのニョロニョロのたねがまるで大福のような食感で、和を感じられるドリンクとなっています。こっくりとした白あんベースのドリンクに、甘酸っぱいいちごの果肉がごろりとたっぷり入っています。

    店内の壁面にはムーミンたちが描かれ、あちこちがフォトスポットになっているのもかわいい♡店内には寄りかかることができるバーと背もたれのちょっぴり休憩できるスペースもあり、散策で疲れた体をあまくておいしいドリンクが癒してくれます。店内の丸いペンダントライトは”ニョロニョロのたね”をイメージしてつくられています。

    すべてのドリンクには「ニョロニョロストロー」がついています。ストローに付いたニョロニョロは、持ち帰ることもできるので、ペンなどにつけて楽しんでみてくださいね♪

     

    浅草の街並み散策のあとは、おいしいドリンク盛りだくさんのムーミンスタンドぜひ寄ってみて!

  • もぐもぐにっぽん:浅草ランチで松阪牛を堪能!牛鮮丼を楽しむ「おにくのおすし」

    27.June.2019 | FEATURES / FOOD / SPOT

    東京の観光スポット浅草。浅草寺や雷門など有名な観光スポットがあるほか、さまざまなグルメが味わえる食の街でもあります。

     

    これまでももしもしにっぽんでは浅草で人気の喫茶店、食べ歩きフードなど紹介してきましたが、今回紹介するのは最近オープンした和牛が食べられる肉寿司専門店「おにくのおすし」。

    京都祇園の人気店が初の関東進出!ということもあり、オープン前から話題になっていました。
    今回はそんな「おにくのおすし」浅草店を紹介します。

    場所は地下鉄浅草駅から8分ほど、つくばエクスプレス浅草駅から徒歩2分ほど歩きます。

    木を基調にした外観が目印。お店の内観にも木がたくさん使われていました。

    日本のブランド牛代表格でもある「松阪牛」を寿司で食べられる!という同店。生食感の赤身肉や、霜降りの炙りなどを寿司で味わうことが出来ます。

    一緒にランチをしたのは中国人タレントの悦奈さん。グルメな彼女だけど、レアなお肉を寿司でいただくのは初めてなんだとか!
    今回はお店の看板メニューであるおにくのおすし盛り合わせと、牛鮮丼(ランチのみ)をいただくことにしました。

    おにくのおすし盛り合わせ(8貫)5,000円
    寿司の盛り合わせには、赤身・霜降り・ローストビーフ・牛とろ軍艦がそれぞれ2貫ずつ、合計で8貫ついてきます。牛とろ軍艦以外は左から順に食べるのがオススメ。味は付いているのでそのまま食べられます。

     

    牛とろの握りは凍っているうちに食べるのがおいしい!ということで先にいただきました。
    冷たい牛とろが口の中でふわーっと溶けていきます。甘みがあり、とっろとした食感。卵の黄身と牛とろが口の中で混ざり合い、よりまろやかな味わいになります。
    赤み、霜降り、ローストビーフのお寿司は、肉が柔らかく、それぞれにレモン・大根おろしなどがついていて、さっぱり!お肉を噛んで味わうと、脂の甘みや、濃厚な旨味が広がります。それぞれの肉の素材をしっかり味わうことができました。

    牛鮮丼 ※京のみそ汁付き 2,480円

    こちらはランチのみ提供されている牛鮮丼。松阪牛鮮®フレークと、京都の漬物、薬味、一口サイズのお肉が付いてきます。

    とにかく見た目がキレイ!醤油を入れて黄身を混ぜて食べるのですが、混ぜて食べるのがもったいないほど・・・!写真にしっかり納め、いただきます。

    牛とろの軍艦同様、口の中で溶けていく牛とろと、卵黄がほどよく絡み、まろやかな旨味が広がります。丼には薬味や漬物が付いているので、一緒に食べると色々な味を楽しむことも可能。ワサビや生姜を付けて食べると味が引き締まり、京都の漬物を一緒に食べると、カリカリとした新しい食感に!丼だけでいくつもの味が楽しめるのが嬉しいです。

    付いてくる味噌汁は京都のお味。甘い白味噌に生麩と漬物が入った優しい味の味噌汁が、丼によく合います。

    「とっても美味しかったです。まだまだ肉の寿司は外国人に知られていないと思うので、これからすごく人気が出るんじゃないかな?値段が少し高くても、日本の美味しいものを食べたい、という外国人旅行者は多いので、そういう人にオススメです」と悦奈さんも太鼓判!

     

    浅草では食べ歩きグルメも有名ですが、「おにくのおすし」でも食べ歩きできる、浅草限定商品を販売中。

    おにくの飯蒸し 福小判 500円

    浅草散歩で小腹が空いた時にオススメなのが、おにくの飯蒸し。テイクアウト限定のこの商品は、牛肉と豚肉をもち米で蒸したもの。牛肉の旨味がぎゅっと詰まっています。小判型になっていて、縁起の良いネーミングが浅草観光にピッタリ!

    浅草で楽しむお肉づくしのランチ、いかがでしたか?もちろんディナーの時間帯もお店はオープンしているので、松阪牛を寿司で食べてみたい人はぜひ「おにくのおすし」に足を運んでみてくださいね♪

     

    Writer: Sayuri Mizuno(MMN 編集部)

    Model: 悦奈(Etsuna)

  • 浅草を “ハローキティ人力車” で観光するスペシャルイベント開催

    08.June.2019 | SPOT

    浅草「サンリオギフトゲート浅草店」オープンを記念したイベント「ハローキティ人力車で巡る浅草観光」が、2019年6月15日(土)・16日(日)・22日(土)・23日(日)の4日間開催される。

     

    今回2回目の開催となる同企画。車輪や屋根にハローキティをデザインした特別仕様のハローキティ人力車に乗って浅草観光を楽しむスペシャルイベント!車夫が写真撮影とガイドを交えながら浅草の観光スポットを案内してくれる。

    イベント参加には事前予約が必須。サンリオギフトゲート浅草店にて、6月8日(土)より全日程の予約を先着順で受け付ける(電話受付可)そうなので、体験したい方はチェックをお忘れなく。

     

    © 1976, 2019 SANRIO CO., LTD. 

  • 浅草のタピオカ専門店「BOBA365」抹茶ラテをリメイクしたドリンク&スイーツ発売

    04.March.2019 | FOOD

    2018年11月にオープンした浅草のタピオカ専門店「BOBA365(ボバ365)」は、2019年3月1日(金)より新作ドリンクとフードを発売する。

    焼きブリュレ抹茶ラテMサイズ¥700(税込)

    BOBA365で人気No.1の「タピオカ 抹茶ラテ極み」をブリュレにしたドリンクが新登場。静岡県産のほろ苦い抹茶とミルクを合わせ、ほどよく甘みを足すことでより深い味わいを感じられる抹茶ラテ。健康・美容にもいいと言われる抹茶を存分に楽しめるよう、抹茶を美味しく飲める「抹茶ラテ」の表面をカリカリに焼き上げた。1杯で5層の味の変化を楽しめる、一度飲んだらクセになる自慢の1杯に仕上がっている。

    生厚どら焼き抹茶極み¥480(税込)

    さらに、「タピオカ 抹茶ラテ極み」が和スイーツになって登場。和菓子の中でもBOBA365のドリンクと相性抜群のどら焼きに、静岡県産のほろ苦い抹茶をたっぷり使用したクリームを挟みこんでいる。分厚い濃厚なクリームが魅力的で、ボリューム満点の生どら焼きだ。

    抹茶好きにはたまらない、こだわりメニューを食べてみて。

  • 合同写真展&物販展「ねこ休み展 冬 2019」浅草にて開催

    22.January.2019 | SPOT

    55万人以上を動員した人気の猫クリエイターが集結する合同写真展&物販展の「ねこ休み展」冬の本祭が、2019年1月25日(金)~2月24日(日)にTODAYS GALLERY STUDIO(トゥデイズ ギャラリー スタジオ)にて開催される。

    過去、スター猫のふーちゃん・うらちゃん・ホイちゃんなどを描き下ろした最新作が新登場!横たわる無防備な寝姿がSNSで絶大な人気を誇る“どんぐり”とコラボレートした作品は会場に展示されるほか、サイン・シリアル入りの複製ポスター・ミラー・マウスパッドなどが限定販売される。

    総来場者数55万人を超える動員を誇る展覧会「ねこ休み展」と、KADOKAWAがタッグを組んだ公式ガイドブックが完成!SNSで超人気のスター猫の写真をはじめ、同展の“猫作家”の作品が集結した。

    猫の抜け毛で作られるアート作品とそれを被写体として撮影をする作品が人気のrojimanは、NUKEGE王国の貴族たち「NUKEGEロイヤルズ」をテーマにした展示を展開予定。さらに、限定グッズとして数量限定で「NUKEGEトランプ」も販売される予定だ。

    その他にも、限定&新作グッズが多く販売される。混雑必須の人気展示会なので、スケジュールをチェックして早めの来館がオススメ!ねこ好きな方はぜひ遊びにでかけてみて。

  • 北海道産そば粉を使用した十割そば店 「北海道百そば」東京・浅草橋にオープン

    24.December.2018 | FOOD

    北海道産そば粉の十割そば専門店「北海道百そば 浅草橋店」が東京・浅草橋にオープンした。

    北海道苫小牧市で昭和50年創業より地域に親しまれている「一休そば総本店」と技術提携を結び、初めて「一休そば総本店」の味を北海道外へ提供することに。「北海道百そば」代表の”この味を東京でも提供したい”という想いから始まった。

     

    蕎麦は北海道産を厳選し、産地から直接仕入れることで価格を抑えつつも新鮮で香り豊かな十割そばを提供。また、全て店内製麺で作り立ての味を楽しむことができる。

    蕎麦との組み合わせを重視した北海道産の帆立や海鮮素材を使用した「海鮮塩だれかき揚げ丼」も提供。だしソムリエが海鮮かき揚げに最も合うように、藻塩や塩麹など41種の原材料を調合した、絶品「クセになる塩だれ」をぜひ味わってみてほしい。

    また、わさびはブランド「山川わさび」を使用。“土付き”のまま直送することで新鮮な状態を保っている。

    常に摩り立ての山わさびを振りかける「雪わさび板そば」は一般的な本わさびより辛さが1.5倍で”ツン”とした鋭い辛味。爽やかな山わさびの風味が鼻を通り抜け、ほのかな甘みが口の中に広がる。

     

    北海道の本格的な十割そばを味わえる「北海道百そば 浅草橋店」に是非訪れてみて。

  • 人気のタピオカドリンクに抹茶やほうじ茶フレーバーが登場!浅草「BOBA365」

    22.November.2018 | FOOD

    「BOBA365浅草店」が2018年11月25日(日)にオープンする。「BOBA365」はもちもちのタピオカと日本のいいものにこだわった店舗。

    無添加の国産タピオカを使用し、時間をかけてじっくり煮込んで蒸らす。そのあと、自家製のシロップに漬け込み、ようやく完成する。常に新鮮なタピオカのみを提供するのがお店の特徴。もちもちした食感のほのかに甘い大粒のタピオカは、くせになる味だ。

    タピオカ 抹茶ラテ 極み ¥650(税込)

    静岡県産のほろ苦い抹茶とミルクを合わせ、ほどよく甘みを足すことでより深い味わいを感じられる抹茶ラテも販売。健康・美容にもいいと言われる抹茶を存分に楽しめるよう、抹茶を美味しく飲める最大の濃さを追及した「抹茶ラテ 極み」がおすすめ。

     

    タピオカ 京都宇治 上嶋爽録園 玉露 ¥600(税込)

    農林水産大臣賞受賞した京都宇治 上嶋爽禄園の茶葉を贅沢に使用した玉露も。気象的・土壌的にも恵まれた土地で栽培された本格的な玉露は、甘みがと独特な香りが特徴的。

    日本ならではのタピオカドリンク、ぜひ飲んでみて。

     

  • 手のひらの上に広がる小さなクリスマス「ミニチュア展」浅草で開催

    21.November.2018 | SPOT

    50万人を動員する人気写真展「ねこ休み展」などを手がける株式会社BACON(べーこん)は、ギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO」において、ミニチュア写真の合同写真&物販展「ミニチュア写真の世界展 冬」を2018年11月30日(金)~12月25日(火)に初開催。冬を意識した新作の展示に加えて、ミニチュア版のイルミネーションスポットも登場する。

    本展では、Instagramでフォロワー数7万人超えの“こるは”やトールペイントで作る作品の綺麗なトールペイント工房アンシャンテなどが初出展。さらに前回より引き続き、Instagramでフォロワー数5万人超えの“りっこ”1/87の底辺サラリーマンなどSNSで話題のクリエイターらも出展する。

    冬を意識した新作展示に加えて、ミニチュアの立体作品も同時に展示予定。展示作品の殆どは販売を予定しているので、気に入った作品があれば購入も可能だ。他にも、身に付けられるミニチュアフードが人気のHikarinohana(@hikarino87)などクリスマス仕様の限定グッズも多数登場する。

    また、先着3,000名に、オリジナルのクリスマスカードをプレゼントするキャンペーンも!。

    まるで本物かと見間違うほど精巧に作られたミニチュア模型。ひとつ、ひとつの作品には作者が細部にまでこだわった世界観が凝縮されている。通常ミニチュア作品の展示のみを想像するが、同時に写真作品の展示も行うさらに手の込んだ内容に。

    写真作品、立体作品を同時に展示することで、ミニチュアの世界に迷い込んでしまう工夫が施されている。また、館内はすべて撮影OKなので、様々な角度から撮影をして、自分だけの1枚を撮影・SNSに投稿できる。

    会場内に併設される特設コーナーでは、Sweet Palette nanaが制作するフルーツやたい焼きなど、ミニチュアフードの制作動画を初公開!ミニチュアの作る技術を見ることができる。

    さらに、「ミニチュア写真の世界展」オリジナルのイルミネーションスポットが登場。K.C.Factoryが制作するクリスマスツリーやきらびやかに光り輝く箱家など新作が展示される。

     

    クリスマスならではのミニチュアの世界を楽しんでみて!

  • 浅草人気店「浅草グリルバーク」と「ぱんだカフェ」のコラボ店舗オープン

    24.September.2018 | FOOD

    手ごねバーグが人気の「浅草グリルバーグ」と、乳幼児ウェルカムで人気のカフェ「ぱんだカフェ」がコラボレーション。2018年9月8日に「浅草グリルバーグ雷門本店」としてオープンした。

    1階が洋食店の「浅草グリルバーグ」、2階が「ぱんだカフェ」となっている。

    ハンバーグ、ナポリタンなど本格的な浅草の洋食が堪能できる浅草グリルバーグは、グリルとオーブンで丁寧に焼き上げる牛100%の手ごねハンバーグが評判の浅草の人気洋食店だ。

    ぱんだカフェは”乳幼児のママが子供たちを見ながら安心して食事ができるカフェ”をコンセプトに掲げているカフェ。名前の通り、店内にはパンダモチーフの雑貨があふれ、子供にもママに人気を集めている。

    今回のコラボ店舗は、1階は洋食利用のファミリーやビジネスマン、2階は小さなお子様連れのママを想定しており、それぞれに違う客層をターゲットとした新しい取り組み。1つの厨房を両店舗が共有して提供する「キッチンシェアリング」を採用しており、ぱんだカフェで提供される料理も、人気店・浅草グリルバーグのシェフが調理する。

    観光地浅草にできた子ども連れに優しい店舗。観光に疲れたときはぜひ立ち寄ってみて。

     

    ■Information

    浅草グリルバーグ 雷門本店

    住所:東京都台東区雷門1-7-7

    営業時間:月~土 11:00~22:30(L.O.22:00) 日・祝日 11:00~22:00(L.O.21:30)

    アクセス:

    地下鉄銀座線 浅草駅 2番出口 徒歩8分

    都営浅草線 浅草駅 A4番出口 徒歩5分

    地下鉄銀座線 田原町駅 3番出口 徒歩2分

    つくばエクスプレス 浅草駅 徒歩3分

    TEL:03-6802-7565

     

    ホームページ:http://asakusa-grillburg.com/

    ブランドサイト:https://cafe-dining.com/asakusa_grillburg/index.html

     

  • 東京の下町を庭のように楽しむホステル 浅草「SEVEN GARDEN」オープン

    03.August.2018 | SPOT

    日本有数の観光地にして、 国内外から様々な来訪者が集まる浅草から徒歩2分の好立地に、カフェ&ダイナーつきユースホステル「SEVENGARDEN 浅草(セブンガーデン浅草)」が 2018 年 8 月 1 日にオープンする。

    一昨年惜しまれつつ閉店した、1949年創業の老舗洋食屋の跡地を含む建築物の昔ながらのゆったりとした既存構造を活かし、 廃材をできるだけ出さない建築方法を採用することで、 環境に配慮した最新空間に生まれ変わった。

    宿泊タイプは、 ドミトリーとプライベートの2つ 。リーズナブルだけど快適に過ごせるカプセルタイプのドミトリーと、仲間同士や家族でゆったり過ごすことができるバルコニー付きのプライベートルームを用意。どのタイプもシモンズ社製のベッドを採用しており、ゆったりと過ごすことができる。

    ユースホステルを利用する醍醐味の1つが、 空間を共にする方々と交流。人種、 性別、 年齢、 文化、 価値観を超えて、 その場にいる人同士で自然と輪が広がるように 、1階カフェ&ダイナー「well」にはちょっとした工夫が。

    店内のスクリーンにはスナックママ風のキャラ「デジママ」が登場。「デジママ」に話しかけると、キャラクターがスナックママ風に接客するサービス。恋愛相談や質問などの問いかけに リアクションしたり、占いしたりと、お客さんとの関わりを通して、「デジママ」は成長して行く。今後は多言語に対応したインターナショナル「デジママ」も登場予定だ。

    また、店内でドリンクを3杯注文するごとに、1杯無料のドリンクチケット「ミングルチケット」がもらえる。このチケットを使って、人と人をつなぐ、 おごり合いのサービスが生まれるそう!チケットは当日だけでなく、後日渡したものも使用可能となっている。宿泊者以外も利用できる1階のカフェ&ダイナー「well(ウェル)」には、 すべてのお客様に「福」を感じていただきたい願いを込めて、 瓦でできた特注の「七福神」が装飾された。こちらにもぜひ注目してほしい。

     

    予定調和ではない 「予想外の良い出会い」体験を ユースホステル「SEVEN GARDEN」
    で体験しよう!

     

    ■Information

    SEVEN GARDEN

    住所:東京都台東区浅草1丁目34-2

    TEL:03-5246-4660

    URL:https://seven-garden.com/ja/hotel/SEVENGARDEN

  • 人との出会いが楽しめるホステル&カフェ・ダイナー 浅草・東神田に同時オープン

    18.July.2018 | SPOT

    国内外の旅行客が都内で注目するエリア浅草に「ユニバーサルホステルセブンガーデン」と、東神田に「サスティナブルホステルキッカ」の2つのホステル& カフェ・ダイナーが2018年8月1日に同時オープンする。

    コンセプトは「キッカケと出会いを」。施設に訪れる国内外問わず、人種・性別・年齢・文化・価値観を超えた様々な人との出会いが生まれ絆が芽生え、たくさんのキッカケを創造する場となることを願って作られた。宿泊利用者のみでなく一般の方も利用できるカフェ・ダイナーも運営され、より気軽に身近に感じることのできる施設を目指している。

    ユニバーサルホステルセブンガーデン@浅草

    カフェ & ダイナー「well」第一号店では、スナックのママ風デジタルキャラクター「デジママ」が出現し、 お客様をおもてなし。「デジママ」はお客様と関わることで経験値が増えるため、日々成長する「デジママ」を楽しめる。また、新しい友人作りのきっかけとしておごり合う仕組みを入れた「ミングルドリンクチケット」の配布。多くの人達がかわるがわる話をすることを楽しむ様子を 意味している。なお、宿泊ではドミトリーから個室(最大 4 名)まで対応、シモンズ製のベッドを採用し居心地の良い客室空間が用意されている。

    サスティナブルホステルキッカ@東神田

    サスティナブル(持続可能な仕組み)をテーマにかかげ、宿泊や食事を通して無理なく自然な形で社会に循環させる仕組みが作られている。施設での飲食やイベント参加、アメニティの利用を通してTABLE FOR TWOとの提携により、アフリカの子どもたちに給食が届く仕組みを構築。また施設内でスタッフが使用するアイテムには、カンボジアの女性支援活動を行っているアパレルブランド SALASUSU(サラスース) のプロダクトを採用し、今後は KIKKA で SALASUSU 日本初の常設販売を予定している。

    KIKKA の1階と地下1階の設計デザインは、建築からプロダクトまで幅広いジャンルで活躍する SUPPOSE DESIGN OFFICEとコラボレーション。 既存建物の構造・特徴を最大限に活かし、機能性とデザイン性を追求した。 併設するカフェでは「作ってあげたい彼ごはん」著書の料理家 SHIORI さんとコラボレーション。「にっぽん縁むすび」として、日本の食文化を堪能できるよう、47都道府県の特産物や郷土料理を使用したおむすびが提供される。

     

    新たなつながりができる空間のホテルで素敵な思い出を作ってみては?

     

    ■Information

    ユニバーサルホステル SEVEN GARDEN@浅草

    住所:東京都台東区浅草 1-34-2

    料金 : 1 泊 4,800 円~

    客室数 : ドミトリー 24 室、個室 4 室

    URL: https://seven-garden.com/ja/hotel/SEVENGARDEN

     

    サスティナブルホステル KIKKA@ 東神田

    住所:東京都千代田区東神田 1-3-3

    料金:1 泊 3,800 円

    客室数:ドミトリー 60 室、個室 16 室

    URL: https://seven-garden.com/ja/hotel/kikka

     

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US