大阪の人気カレー店「旧ヤム邸」が都内に。下北沢「旧ヤム邸 シモキタ荘」

10.October.2017 | FOOD / SPOT

待ってました。
私、あなたに恋い焦がれ、会える日をずっと待ち焦がれてました。
遠距離だからそう簡単には会えないと諦めていたけど、まさかあなたから来てくれるなんて…!

旧ヤム邸さん、、、!

40003-170907_ks_00046 copy

今回は、関西の地で人気を博し、満を辞して下北沢の地に降り立った
旧ヤム邸 シモキタ荘へ!
ずっーーーーーと、注目していて「大阪を訪れる際には、絶対行くんだ!!!わたし!!!!」と狙っていた店舗が、まさかの東京進出と聞き大万歳でございます。

40004-170907_ks_00023 copy

40005-170907_ks_00054 copy

期待に高ぶる胸にスキップ半分で下北沢の地へ。レトロで小洒落た店外から、すでにバシバシとセンスを感じます。なんだか、店の前にただいるだけで絵になる門構えですね。(背景のおかげで盛れる!!)

 

40006-170907_ks_00108 copy

店内に入ると、ほっと落ち着く温もりと、世界観が確立された和のインテリアがお出迎え。

40007-170907_ks_00079 copy

どこか純喫茶のような雰囲気も醸し出す店内は、座っているだけでよいカットが撮れること撮れること、、、笑(背景はやはり大事ですね!!)

 

気になるメニュー形式は、
日替わりの「本日のカレー」2種類、月替わりのカレー1種類。さらに、ミニポットにスープカレー仕立てのさらっとルウが添えられた、スペシャルエディションでございます!

40008-170907_ks_00100 copy

今日のカレーは「赤茄子とチャナダルのspicyマトンキーマにメンマとエリンギのネギ塩和え盛り」と「しし唐を煮込んだ香味ラー油ポークキーマのベビー帆立の新生姜アチャールのせ」。
月替わりのカレーは「ハーブタルタルですすむ! 爽やかレモンの海老キーマ」。もう、この三種だけで一体どれだけの食材とスパイスが詰まっているのでしょうか。
毎日の仕込みの手間暇はもちろんのこと、1日1日手書きされている丁寧なメニューにも愛情を感じずには入られません。

40009-170907_ks_00137 copy

そして、いよいよ運ばれてきた!言わずもがな、オーダーしたのは全部がけ!
店長の藤田さんが一つ一つ説明をしてくれました。これで、1350円とは、なんとも贅沢です。

40010-170907_ks_00153 copy

わーん、やっぱもう見た目から可愛い!
ずっと写真で片思いしていた相手が目の前に現れて、笑顔がとまらん、、、、!!!!
どのカレーの食材の掛け合わせも斬新で、エビのキーマなんてもちろんはじめましてだよ。。。
心して、いただきます!

40011-170907_ks_00157 copy

日替わりで提供しているというカレー達は、一口ぱくりとした瞬間、味が一気に駆け巡る。素材の味を上手く引き立てる絶妙なスパイス加減と、旨味のコクの掛け算がたまらない!

40012-170907_ks_00174 copy

そして、個々の味を楽しんだ後に、どーんと注ぎ込むスープカレー!!!ああ、何度でも私を楽しませてくれる味に味に味!!!
もう大好きですほんとに、会ってもっと好きになっちゃいました。

40013-170907_ks_00219 copy

そして魅力的なのはカレーだけではありません。オーナーの植竹さん&店長の藤田さん率いる皆々様、優しくて、面白い!

40014-170907_ks_00103 copy

関西の方特有のトークのテンポと絶妙な間、ユニークな掛け合いがたまらなかったなあ。(そして私は方言フェチ!)
いただいた名刺には可愛らしい猫ちゃんが!大阪の空掘商店街にある本店旧ヤム邸の看板猫の空掘太郎くん。

40153-dkmnz_tvaaac9k3 copy copy

6年前、まだカレーが欧風かインドの2極といってもいいほど広がりを見せていなかった時代に旧ヤム邸はオープンしました。「いろいろ厳しかったですが、やせ我慢してスパイスで勝負をしてみました」と植竹さんは振り返ります。
そんな中、太郎くんがお店にふらりと舞い込んできた頃、これまでの勝負が実を結び、斬新で美味しい他にはないカレー屋さんとして、旧ヤム邸は注目され、繁盛したそうです。(太郎目当てで来店するお客さんも多いのだとか)
これこそ真の招き猫!

 

40015-170907_ks_00119 copy
植竹さんは「太郎は隠れオーナーですよ。ほんと頭が上がらないです。ええ餌食ってますよ、高いやつ(笑)」とはにかみながら仰っていました。
そんな素敵な植竹さんと太郎との縁に胸を熱くしていた矢先…
急に視界がゴールドに、、、、?!?!
え?!?!?!?!?カレーマン?!?!?!
下北沢では知る人ぞ知る、カレー隊長カレーマンさん。
10月に控えたカレーフェステバルのPRの為にお店に訪問に来たみたいです。
何度か駅で見かけたことあるけど実際に話すのは初めてな私。軽快かつポップな方で一気に空気を持ってかれました(語尾は謎にル~)

40016-170907_ks_00245 copy

こんなタイミングとご縁は中々ないのでみんなで記念撮影。

カレーマンさんの存在感もさることながら、その言動のすべてを逃さない植竹さんと藤田さんの大阪本仕込みのツッコミ。これは、この時間に来たからこそ味わえた特典でした!あ〜カレーの輪って、面白いな~ほんとに(笑)

40017-170907_ks_00107 copy

時間も忘れて笑って、絶品カレーを味わって、また笑って。美味しいカレーに楽しい人たち。最高な時間でした。招き猫もカレーマンも引き寄せる! 旧ヤム邸シモキタ荘には、そんな素敵な引力があるのかもしれません(笑)。
今日でまたべた惚れしてしまったので近々また食べに、そして、会い行かないとだなあ、、こりゃ。

太郎にも会いにいきたいから、次は遠距離遠征でもいいかな(´-`).。oO

 

 

Navigator&text:Rinko Murata
Photo:Kayo Sekiguchi
Edit:Miiki Sugita/Namiko Azuma

Source:She magazine

 

 

■Information

旧ヤム邸 シモキタ荘

住所:東京都世田谷区代沢5-29-9 ナイスビル 1F

営業時間:11:30~14:30 /18:00~21:30

定休日:火曜日

TEL:03-6450-8986

 

TALENT PROFILE

村田倫子

1992年10月23日生まれ、千葉県出身のモデル。ファッション雑誌をはじめ、テレビ・ラジオ・広告・ファッションショーへの出演など幅広く活動している。自身初のスタイルブック「りんこーで」は発売から1週間で増刷となり、各種SNSのフォロワーも急上昇中。趣味であるカレー屋巡りのWEB連載企画「カレーときどき村田倫子」では自らコラムの執筆も行ない、ファッションだけにとどまらず、そのライフスタイルも注目を集めている。 また、アパレルブランドとの商品コラボレーションも積極的に行なっており、そのセンスを活かして人気商品をプロデュースしている。 イラスト専用Instagram https://www.instagram.com/rakugakirin1023

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US