簡単にできる “キャラ弁”ならぬ “キャラごはん” レシピを紹介!今回の料理は “マロンリラックマちゃんの抹茶ムース”

04.November.2017 | FOOD

 

毎日の料理にひと手間加えてかわいらしいキャラクターに変身させてしまう、Kaoriさんの連載。少しのアイディアでいつものレシピがかわいく生まれ変わります。

今回は “マロンリラックマちゃんの抹茶ムース”をご紹介。

 

 

1:抹茶ムース材料

S__8896521 copy

生クリーム 100cc

グラニュー糖 大4

抹茶 大2

ゼラチン 5g(大2の水に浸しておく)

☆容器2個  今回は直径7.5高さ4.5のものを使用ダイソーで購入しました

 

 

2:トッピング材料

S__8896522 copy

☆全て適量・お好みの材料で大丈夫です

つぶあん(固ければ少量のお湯でといておく)

生クリーム

栗の渋皮煮

イチゴ

チョコペン

生クリームに振りかける用の抹茶

 

 

 

3:抹茶と大2のグラニュー糖を混ぜ、そこに熱湯100ccを注ぎ、よく混ぜます。

☆下準備

50ccの水を沸騰させて火を消し、そこに水でふやかしたゼラチンを入れ、溶かしておく。

S__8896523 copy

 

 

4:生クリームを泡立て、数回に分けてグラニュー糖を入れます。8~9分立てくらいの固さにしましょう。

S__8896524 copy

 

 

5.:4の生クリームに、しっかり冷ました3の抹茶液を少しずつ入れながら混ぜます。

綺麗に混ざったら、3の下準備で作ったゼラチン液もいれ、再度混ぜてください。一気にいれてしまうと分離してしまう恐れがあるので少しずつ入れるのがポイント。

S__8896525 copy

 

 

6:しっかり混ざった5を氷水を入れたボールの上に置き、とろみが出るまで混ぜます。

S__8896526 copy

 

 

7:カップに注ぎ、2時間~1晩しっかり固めます。

S__8896527 copy

 

 

8:栗の渋皮煮を縦に半分に切り内側を顔に見立てます。

残りの半分から小さい丸型を2つ抜き、耳の部分に揚パスタで固定します。

口の白い部分、耳の黄色部分、目と鼻は湯煎しておいたチョコペンでそのまま書きます。口の下の部分は爪楊枝の尖った方を使用すると書きやすいですよ。

S__8896528 copy

 

 

9:トッピングしていきます。

つぶあんを手前に乗せ、その後ろに生クリームを搾りだし、抹茶をふりかけます。

イチゴを並べて、栗の渋皮煮のリラックマちゃんを立てかければ完成です。

トッピング材料はどんなものでも大丈夫。

お好みの材料やお好きなフルーツなどでトッピングしてみて下さいね♡

S__8896529 copy S__8896530 copy

 

 

 

Kaoriさんの記事では様々な”キャラごはん”を紹介予定!

インスタグラムではたくさんのキャラごはんが紹介されているのでチェックしてみてください。

■プロフィール

窪田香理 (@kaopan27)

北海道在住、お料理、お菓子、パンでキャラフードを作ることが大好きです♡

家族が喜ぶ顔が見たくて、ちょっとしたひと手間でキャラフードや可愛いご飯に変身させることを楽しんでいます♡

Instaglamでキャラフードやキャラ弁をご紹介しています→ @kaopan27

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US