ペットとの旅行に最適!ペットと泊まれる宿人気ランキング

22.December.2017 | SPOT

犬や猫などのペットとの旅行には、ペットの体調や周囲の迷惑など心配事がつきもの。ペットアメニティ完備などの、行き届いたおもてなしで高評価を獲得した、ペットと泊まれる宿TOP10が楽天トラベルから発表された。

 

1位:ペットと泊まれる貸切天然温泉の宿 マーフィ

マーフィ

マーフィ2

静岡県の「ペットと泊まれる貸切天然温泉の宿 マーフィ」は全客室において、犬、猫、小動物と一緒に宿泊できる1日4組限定の宿。客室はすべてリビングルーム付きの大型犬も宿泊できる広々した造りで、ペット用のアメニティも用意されている。部屋だけでなく館内のダイニングルームや海が一望できるテラスなどでもペットと過ごすことができる。貸し切りで使える天然温泉の露天風呂では、希望者は露天風呂の洗い場にペット専用のバスタブを用意し、ペットと一緒に入浴することができるほか、お風呂の苦手なペットは、脱衣室で待たせることができる。

 

2位:古民家食堂六代目へいじ

へいじ

へいじ2

2位は栃木県・湯西川温泉駅から徒歩約15分の「古民家食堂六代目へいじ」。1日1組限定のお宿で、ペットは土間での宿泊が可能となっている。看板犬のいかり娘ちゃんとダムくんとお散歩ができるプランも人気で、利用者からは「元気なダムといかり娘との散歩は一緒に走ったり楽しいひと時を過ごせました。」との感想が届いている。

 

3位:伊豆高原の小さな隠れペット宿 ブランニューデイ(brand-new day)

ニューデイ

ニューデイ2

第3位は静岡県にある全4室海を臨む「伊豆高原の小さな隠れペット宿 ブランニューデイ」。小型犬と同室宿泊ができ、天然温泉の貸切露天風呂には犬専用のバスタブも用意。利用者からは、「初めてのワンちゃんと一緒の旅行だったため宿選びにとても悩みましたが、この宿を選んで大正解でした。行き届いた配慮がとてもありがたかったです。」などの声があがっている。

 

4位:Hotel Resta(ホテル レスタ)

レスタ

レスタ2

栃木県にある素泊まり専門の「Hotel Resta」では、ペット専用棟を用意しており、犬と同宿ができる。ゲージを利用すればラウンジへの入場も可能だ。利用者からは「チワワのワンちゃん1匹と家族で連泊でお世話になりました。犬と一緒に遠出の旅行としては初めてで、少し不安はありましたが、夜寝るとき用に犬の囲いもあって、安心しました。犬もすぐに部屋に慣れリラックスした様子でした。」などの声があがっている。

 

5位:ペットと泊まれる貸別荘 あしあとの杜

あしあと

あしあと2

静岡県にあり、2016年7月にリニューアルオープンした1日3組限定の素泊まり宿「ペットと泊まれる貸別荘 あしあとの杜」。愛犬が思う存分に遊べるドッグランがあるほか、各部屋には飼い主用だけではなく、犬用アメニティ類も完備しており、飼い主も犬も快適な滞在ができる。利用者からは「犬だけではなく私達のアメニティなど、行き届いていて最高でした。」や「大満足の一言です。ペットに対するおもてなしから、人に対しての気遣いから、全て良かったです。」と好評だ。

 

6位:丸瀬布温泉 マウレ山荘

まうれ

まうれ2

北海道の静かな森の中にある北欧風の「丸瀬布温泉 マウレ山荘」では、温泉付きコテージでペットとの宿泊が可能。自炊設備も完備しており、長期滞在にもおすすめだ。更にアルカリ性単純温泉を堪能できる大浴場があるため、ペットと旅行したいけど温泉も楽しみたいという方にも最適だ。

 

7位:ぺットと泊まれる宿 ゲストハウス ベルン

ベルン

ベルン2

7位は長野県・車山高原の標高約1,600mに位置する「ぺットと泊まれる宿 ゲストハウス ベルン」。小型犬はもちろん、大型犬も寛げる広々とした空間造りが自慢のペンションだ。ドッグランで犬と遊んだり、夕食時は愛犬も同席できたりと愛犬と大切な時間を過ごすことができる。

 

8位:西伊豆 雲見温泉 民宿 浜道楽

浜

浜2

ケージがあれば、小型犬と宿泊できるお部屋を用意している静岡県の「西伊豆 雲見温泉 民宿 浜道楽」が第8位にランクイン。天気が良ければ富士山を眺められる露天風呂で疲れを癒すことができる。利用者からは「夫婦とワンコとお世話になりました。新しい宿では無いですが部屋も布団類も清潔感があり良かったです。」との感想が届いている。

 

9位:いつも一緒 ペットと泊まれる宿 だいこく館

だいこく

だいこく2

9位は群馬県にある、お部屋だけではなく、食事処「みち草」でもペットと過ごせる「いつも一緒 ペットと泊まれる宿 だいこく館」。約20坪のワンちゃん専用プレイルームがあり、雨の日でも思う存分に遊べる。犬や猫のほかにも、オウムや文鳥などの鳥類との宿泊も可能だ。宿泊者からは「必要なアメニティーが揃っていることはもちろん、ペット用のプレイルーム、専用のドッグラン、そして露天風呂まであり、宿泊した当日は小雨模様でしたが、大いにエンジョイすることができ、また、ペット連れ専用の宿でもあることから、ワンちゃんを介した宿泊者同士の会話も楽しい旅行の一助となりました。」との感想が届いている。

 

10位:伊豆高原温泉 ペットと泊まれる全室専用露天風呂付 別邸 石の家

石

石2

静岡県の「伊豆高原温泉 ペットと泊まれる全室専用露天風呂付 別邸 石の家」が第10位。犬の他には、うさぎやフェレット、猫も歓迎しており、猫に優しいキャット・フレンドリー・ホテルを目指して「ねこのおへや」が用意されている。利用者からは「スタッフのみなさんのご対応がとてもよく、初めてペットとのお泊りでしたが、とても素敵な時間を過ごせました。」や「お料理も美味しいし、愛猫と一緒に素敵なお部屋で、幸せなひと時を過ごす事が出来ました。」と好評だ。

 

ランキングを参考にしてペットとの旅行を満喫しよう。

 

■Information

楽天トラベル:https://travel.rakuten.co.jp/?l-id=Mytrip_Common_Logo

 

RELATED ENTRIES

  • 築約100年、京都の名宿「四季十楽」がリブランドオープン

    10.December.2022 | SPOT

    10軒の京町家を改装した先鋭的な名宿として知られる「四季十楽」が町家型ホテルとして2022年12月21日(水)にリブランドオープンする。

    築約100年の歴史やこれまで関わった人々の想いを受け継ぎながら、京町家の歴史とホテルの快適さを兼ね備えた宿泊施設として次の時代へ繋ぐ。

     

    「一楽」リビング

    「一楽」ベットルーム

    「七楽」リビング

    「五楽」バスルーム

    「七楽」バスルーム

     

     

    10軒の町家からなる当施設は、ホテルでありながらそれぞれが独立した京町家でもあり、「十室の愉しみ」をコンセプトに、全室が異なる設えとなっている。

     

    サロン全景

    庭とサロン

    「Rinn四季十楽」の象徴ともいえる真っ赤に染められたサロンには、ライブラリーが新設された。また朝食時間からバータイムまでその時間に合わせた様々なドリンクやフードが提供され、宿泊者はそれらを無料で自由に楽しむことができる。庭を眺めながらゆっくりと非日常の時間を過ごしながら、宿泊者同士の交流も深まるような仕掛けが展開されていく。

     

    築約100年の歴史を繋ぐ「Rinn四季十楽」で至福のひと時を過ごしてみては?

  • 京都のホテル「RESI STAY THE KYOTO」にサンリオ「クロミ」のルームがオープン

    20.November.2022 | FASHION / SPOT

    京都の西本願寺と東本願寺の間に位置するコンドミニアム型ホテル「RESI STAY THE KYOTO(レジステイ ザ キョウト)」は、ハローキティ ルームに続いてクロミ ルームを2022年11月1日にオープン。予約受付を開始した。

     

    ピンクプラネット クロミ ルーム

    クロミ ルーム

    オリジナルグッズ

     

    宿泊1部屋につき、RESI STAYオリジナルのクロミ グッズをプレゼント。ここでしか手に入らない限定グッズをチェックしよう。

     

    ゴスロリとプラネット、それぞれ異なるクロミの世界観のかわいい空間を楽しもう!

  • 海に浮かび、大きな声で思いっきり歌う!「海上カラ桶」

    18.September.2022 | SPOT

    「旅を楽しくする」をテーマに、星野リゾートでは、秋の行楽シーズンにぴったりな「マスクフリー」で楽しめるプログラムを提案している。

     

    静岡県熱海市のリゾナーレ熱海では、2022年9月から11月28日までの毎週月曜日に、秋の夜長に海の上で思いっきり歌うアクティビティ「海上カラ桶」を開催している。同ホテルから一望できる相模湾に浮かぶ、カラオケ機器が設置された巨大な桶型ボート「カラ桶」で思いっきり歌うアクティビティ。カラ桶には、魚型のタンバリンやタコをモチーフにしたマラカスなど、海を感じられるデザインのカラオケアイテムや、海上カラ桶限定フードメニューとドリンクも楽しめる。コロナ禍で行きづらかったカラオケを、大自然の開放的なシチュエーションで存分に満喫することができる。

     

     

    そのほか、「星のや」「界」「リゾナーレ」「OMO(おも)」「BEB」などを運営する星野リゾートでは、開放感のある屋外空間を思う存分楽しめるアクティビティや、人目を気にすることなく貸切利用ができるプログラムを多数提供中。北海道のリゾーナーレトマムでは1日1組限定で楽しめる「鮭(しゃけ)キャンプ」、栃木県のリゾナーレ那須では田んぼの中心でねぎの香りをたっぷり楽しむ「ねぎフェス」を開催するほか、鬼怒川温泉の界 鬼怒川では、マスクフリーで楽しめる「湯上り紅葉ワインバー」を期間限定で実施する。

     

    リゾナーレ那須(栃木県那須町)「ねぎフェス」期間:2022年11月1日~30日

    界 鬼怒川(栃木県・鬼怒川温泉)「湯上がり紅葉ワインバー」期間:2022年11月1日〜21日

  • 横浜ロイヤルパークホテルにてスイーツを楽しむハロウィンフェア開催

    13.September.2022 | FOOD / SPOT

    横浜ロイヤルパークホテルは、2022年10月1日(土)から10月31日(月)の期間限定で、1階 デリカ&ラウンジ「コフレ」にて「ハロウィンフェア」を開催する。抹茶クリームでフランケンシュタインの緑色の肌を表現した「ハロウィンフランケン」、艶やかなグラサージュで黒猫をイメージした「ハロウィンキャット」、オリジナルクリームがまるで包帯のような「ハロウィンミイラ」など遊び心溢れるスイーツ6種のほか、秋の味覚であるかぼちゃや紫芋を楽しめるブレッド2種が登場。

     

    ハロウィンフランケン

    ハロウィンキャット

    ハロウィンモンブラン

    ハロウィンミイラ

    ハロウィンプリン

    ハロウィンパウンドケーキ

    かぼちゃのクリームフォンデュ/ハロウィンあんぱん

      

    今年のハロウィンはユーモア触れる可愛らしいスイーツで楽しもう。

  • ムーミンバレーパーク公認「ムーミンスペシャルルーム」が一部リニューアル

    06.September.2022 | ANIME&GAME / SPOT

    東京のサンシャインシティプリンスホテルは、ムーミンバレーパーク公認オフィシャルホテルとして、「ムーミンスペシャルルーム」を2022年9月10日(土)から2023年3月31日(金)までの期間限定で販売する。 

     

     

    ムーミンスペシャルルーム・通常バージョン (イメージ)

    ムーミンスペシャルルーム・リトルミイバージョン (イメージ)

    オリジナルアメニティ「タオルセット」/「ムーミンバレーパークからの贈り物」 キャンバストートバッグ/サーモボトル

     

     

    ムーミンバレーパーク公認のオフィシャルホテルとなり3年目を迎える今年は、部屋の一部デザインや宿泊プラン限定のアメニティ等を刷新する等、これまでとは違う雰囲気で楽しめる「ムーミンスペシャルルーム」の2部屋が登場。ムーミンバレーパークと合わせて部屋でも世界観を楽しもう!

     

  • 「泊まれるギャラリー」がHOTEL SHE, KYOTOに期間限定オープン

    05.September.2022 | FASHION / SPOT

    アートのサブスクリプションサービス「Casie(かしえ)」を運営する株式会社Casieは、ホテル「HOTEL SHE, KYOTO」とコラボレーションし、2022年9月17日(土)から10月16日(日)の期間限定でアート展示「GALLERY HOTEL SHE,」を開催する。

     

     

    期間中、HOTEL SHE, KYOTOの宿泊者は、チェックイン後にホテル内に今回特別にアレンジされた一室のギャラリーにて展示されているアート作品からお気に入りの一枚を選び、宿泊する客室に飾り、プライベートな空間で一晩じっくりと鑑賞することができる。アートを飾って客室で過ごす時間になぜその絵を選んだのかを考えたり、魅力を感じるポイントを一緒に宿泊する人と語り合えるように、捉え方が自由な作品を中心にキュレーションする。

     

    本企画の実施背景として、「アートを美術館などで観ることはあっても、自ら好きな作品を選んで飾るという体験をする機会はなかなかありません。宿泊体験を通して、『自分でアートを選び、飾る』という能動的にアートに関わる体験を提供し、暮らしの楽しみの1つの選択肢になることを目指します」という思いが込められている。

  • 魔女のパートナー“黒猫”がモチーフのハロウィーンアフタヌーンティー登場

    01.September.2022 | FOOD / SPOT

    東京のグランドプリンスホテル新高輪は、ロビーに隣接する「Lounge Momiji」で、秋の味覚とともに楽しめるハロウィーン仕様の「Autumn Afternoon Tea ~Chat Noir~」を2022年10月1日(土)から10月31日(月)までの期間限定で販売する。

     

    今年のハロウィーンのテーマは“黒猫”。魔女の使いと言われている黒猫が登場し、魔女の代わりに魔法をかけ、ハロウィーン仕様に変身したスイーツと秋の味覚を満喫できるアフタヌーンティーを用意。
    黒猫をモチーフにした甘酸っぱいマカロンカシス、コウモリが半分隠れている紫芋のモンブラン、黒猫のクッキーも一緒に味わえるかぼちゃを使った竹炭のシュークリームに加え、ぶどうや柿、いちじくなど、秋に旬を迎えるフルーツや野菜を使用したスイーツやセイボリーを堪能しよう。

    ハロウィーン気分を盛り上げるアフタヌーンティーを楽しもう。

  • 月の名所である京都・嵐山にて、「観月の夜奏会」開催

    18.August.2022 | SPOT

    京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2022年10月1日(土)~10月31日(月)の期間中に、月の名所・嵐山で雅楽の音色に包まれ、秋の月を愛でる「観月の夜奏会」を開催する。空に光り輝く月の下、雅楽の演奏に耳を傾けながら月見酒を味わうアクティビティとなっている。

     

    嵐山は平安貴族が別荘を構えて自然を愛でた風光明媚(ふうこうめいび)な場所。かつて平安貴族は美しい秋の月を眺めながら酒を酌み交わし、管弦楽に興じながら秋の夜長を楽しんでいた。

     

     

    古くから嵐山は月の名所とされ、嵐山の名所「渡月橋(とげつきょう)」は、鎌倉時代に亀山上皇が「くまなき月の渡るに似る(「曇りのない夜空に、満月が橋を渡っていくようだ」の意味)」と述べたことが名前の由来。星のや京都が位置する奥嵐山は街の光が届かない場所にあるため、昔から変わらない月明かりを眺めることができる。

     

    「観月の夜奏会」では、月を眺めながら雅楽の生演奏を楽しむことができる。雅楽は平安時代に確立し、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている日本の伝統文化で、古くから宮中の儀式などで演奏されてきた。本アクティビティで奏でられる龍笛(りゅうてき)は、軽やかで透き通るような音色を持つ横笛だ。平安貴族がかつて月を愛でながら管弦楽に興じていた風情そのままに、奥嵐山の静かな渓谷にこだまする龍笛の音色に耳を傾けてみよう。

     

    月見酒は「月賞(げっしょう)」という日本酒で、京都市嵯峨地域で栽培された酒米「祝(いわい)」でつくられた純米大吟醸酒。月賞という名前は、平安貴族が嵐山の地で月を鑑賞しながら酒を酌み交わしていたことに由来している。静かな奥嵐山の月明りの下、月見酒を味わうことで、平安貴族さながらに優雅な時間を過ごしてみてはいかが?

     

  • 山派にオススメ!緑に囲まれた「東京からアクセス抜群のAirbnbリスティング6選」

    09.August.2022 | SPOT

    旅行コミュニティプラットフォームのAirbnbの日本法人は、2022年5月に発表した「2022年夏季アップグレード」での新規機能のひとつ、「Airbnb検索カテゴリ」を使って自然を満喫できるリスティングが効率的に見つかる便利な「ログハウス」「国立公園」検索カテゴリの中から、都内から気軽に行ける避暑にぴったりなおすすめのリスティングを紹介しよう。

    記録的な猛暑が続く今年の夏。今回は避暑を求め、涼しく過ごすことができる、東京から気軽に足を運びやすい自然に囲まれた場所にあるリスティングをチェックしてみて。

     

     

    「ログハウス」カテゴリー

     


    軽井沢駅から車で10分。緑に囲まれた別荘

    【LAKESIDE HOUSE】軽井沢・湖畔の別荘【湖に面した庭で焚き火】(長野県 軽井沢町)
    別荘地に佇む一軒家でありながら、軽井沢駅から車で10分程度のとても便利なロケーションにああるログハウス。目の前はバラ園の湖、まるで自分の庭のようにひとりじめができる、湖や緑に囲まれた心地良い空間だ。

     

    那須の自然を満喫しながらBBQもできるフィンラインド直輸入の新築ログハウス

    メロディーハウス: 一棟貸新築ログハウス、ドーム、広いデッキと庭、無垢材の香、小川のせせらぎ。(栃木県 那須町)
    那須中心地にある、那須の自然を満喫できる、フィンランド直輸入のログハウス。東屋での屋根付きBBQをしたり、ドームでくつろいだり、横に流れる小川で遊ぶこともできる。

     

     

    白馬の絶景マウンテンビューの中で豪華なBBQが楽しめる一軒家

    アンバー3LDK:半露天高級家族風呂・プライベートでスノーピークBBQ楽しむ・絶景マウンテンビュー(長野県 北安曇郡)
    床壁はイタリア製直輸入のタイルを使用した、半露天家族風呂で絶景のマウンテンビューが楽しめる宿。こだわりは、キャンプ用品の名ブランド「スノーピーク」と提携し、最高品質のテントやテーブル、チェア、焚火コンロを備えたBBQセット。豪華なBBQを楽しむことができる。

     

     

    「国立公園」カテゴリー

     

    「妙高戸隠連山国立公園」付近にあるコテージ

    Sobae Sanso -愛らしいAフレームコテージ(長野県 北安曇郡)
    みそらの森の森に佇む、新しく改装されたかわいい2ベッドルームのAフレームコテージ。大きな窓からは森を眺めることができ、心地よい時間を過ごすことができる。

     

     

    「妙高戸隠連山国立公園」付近に佇むコテージ

    白馬コテージカラマツ- 2寝室コテージ(長野県 北安曇郡)
    ミソラノフォレストの森に佇む、新しく改装されたスタイリッシュな2ベッドルームのコテージ。デッキからは、周囲の森や山を眺めることができ、白馬の美しい自然を愉しむことができる。

     

     

    「上信越高原国立公園」付近の果樹園に囲まれた日本家屋

    あきま果樹園(群馬県 安中市)
    梅の木や田んぼに囲まれた、伝統的な日本家屋と現代的なインテリアが融合したモダンな建築。釘を使わずに建てられた家となっており、大きな窓からは、梅の果樹園を一望できる。

     

     

    「山派」にもおすすめの、森の中にたたずむコテージや、絶景マウンテンビューの中で豪華なBBQが楽しめる一軒家などで、週末は都会の喧騒を離れて涼しくゆったりとした時間を過ごしてみてはいかが?

     

  • 累計入場者数1万人突破、「和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~」開催中

    04.August.2022 | FASHION / SPOT

    日本美のミュージアムホテル、ホテル雅叙園東京が館内に有する東京都指定有形文化財「百段階段」にて、2022年7月2日(土)から9月25日(日)までの期間限定で開催中のアートイルミネーション「和のあかり×百段階段2022〜光と影・百物語〜」は、開会からの累計来場者数が早くも1万人を超え、人気を博している。

     

    階段廊下に連なる7つの展示会場には、「薄暮のあかり」、「竹のあかり」、「情念のあかり」など、部屋ごとに展示テーマを設け、「光と影・百物語」の主人公になったように楽しむことができる。階段を上るにつれ、夕暮れ、宵、夜更けと闇が深くなり、怪しさが増してくる空間演出は、作品の美しさから先に進みたい気持ちと、次に何が待っているのかという不安が交じり合う臨場感のある展示となっている。

     

    草丘の間・情念のあかり

    歌舞伎や落語の演目としても知られる「牡丹燈籠」や「六条御息所」、「八百屋お七」など、愛に溺れた女性たちの情念を、松竹衣裳と歌舞伎座舞台による歌舞伎の世界で創り上げられた。ひと際目を引く和傘と灯籠は、「牡丹灯籠」の妖しくも悲しい恋心をモチーフに、手前に映りこむその景色は、相手へのゆがんだ気持ちを表している。また、耳に入る切ない音楽は「紅絲(べにいと)」。絲をたぐれどたぐれど、あの人に繋がる紅い絲だけは見つからず、いつしか情念の炎を纏った恐ろしい妖怪となり、すすり泣いたり、高笑いをしたりと、沸き起こる悲しみや抑えがたい感情を音楽でも表現した。

     

     静水の間・さかさまのあかり

    美術家・中里繪魯洲氏による馬頭を戴いた3本の樹。樹と人間、馬と人間の立場を置き換えてみた幻想的な風景を、草原の中にいるかのような すすきの欄間絵と共に愉しんで。本作品「さかさまのさかさま」では、この地球上には野生の馬はおらず、人間が手を加えてきた馬たちは、漆黒の闇を見るように美しく哀しく微かに揺れ動く。馬に支配される人間、見えることのない世界を表現した巨大なオブジェを水晶玉越しに見ると景色が逆転し、“さかさまの目”で見る世界観を味わうことができる。

     

    星光の間・真夜中のあかり

    怪しげに揺らめく妖怪提灯の廊下を通り抜けると、そこは、丑三つ時。人間が寝静まった闇の中で妖怪たちが賑やかな宴を繰り広げている。古来より疫病封じの妖怪とされる“アマビエ”だが、人が人を疑うことや、人の心に巣食う悪しきモノの方がずっと怖いという現代社会をアマビエの心で表した「ニンゲンコワイ」や、時空を超えた猫たちの宴を表現した作品など、現代作家による様々な技法の遊び心に溢れた妖怪アートを愉しむことができる。音楽には、日本の楽器に民族楽器を融合させ、中には妖怪を表現した生きものの声も交じり、目を閉じると妖怪たちの真夜中の宴の様子が浮かぶ。

     

    さまざまな手法によるあかりの中に見え隠れする幽霊や妖怪たちの姿、光によって生み出される影、展示ストーリー、BGMやアロマを五感で愉しむ没入型のアートイルミネーションを体験してみては?

  • 「GRAND CHARIOT北斗七星135°」クレヨンしんちゃんコラボルーム宿泊者限定プレゼント登場

    01.August.2022 | ANIME&GAME / SPOT

    兵庫県立淡路島公園内に佇むラグジュアリーヴィラ「GRAND CHARIOT 北斗七星135°(グランシャリオ)」では、アニメ「クレヨンしんちゃん」の世界観をテーマにしたコラボルーム「オラのコクーン」の宿泊者を対象に、「クレヨンしんちゃん」の描き下ろしオリジナルポストカードを2022年8 月1 日(月)から期間限定でプレゼントする。部屋の中に隠れる「ぶりぶりざえもん」を見つけ出し、ここだけでしか手に入らないオリジナルポストカードをゲットしよう!

     

    オリジナルポストカード

     

     

    コラボルーム「オラのコクーン」では、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」に登場するキャラクターのデザインが部屋中に施されており、同作品の世界観を存分に楽しむことができる一棟限定のヴィラ。登場キャラクターである「しんのすけ」や「ひまわり」が高さ5mの天窓から部屋を覗く様子や、大きなシロのラグマットなど、遊び心があふれた仕掛けが盛りだくさん。

     

     

    ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 1993-2022

  • ブッキング・ドットコム、夏におすすめの海を満喫できる宿泊施設5選を紹介

    28.July.2022 | SPOT

    宿泊予約サイト Booking.com の日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社は、思い切り深呼吸をしたくなる、リフレッシュ出来るような旅先を提案するプロジェクト「Breathe」(ブリーズ)の第二弾として、今年の夏におすすめの海を満喫できる国内の宿泊施設を最新の口コミスコアとともに紹介。
    ブッキング・ドットコムが行った調査*では、日本の旅行者の約4人に1人(26%)が、「旅に行けるとしたら美しい海があるところに行きたい」と回答し、22%が「ウェルネスのために自然に溢れたところに行きたい」と回答していることから、多くの日本の旅行者はリラックスをするために自然を感じることのできる旅先に出かけたいと思っていることが伺える。

     

     

     

    ホテル伊豆急(静岡県、下田市)

    白浜海岸の目の前に位置するホテル伊豆急は、ビーチを満喫したい旅行者にぴったりの宿泊施設。白い砂浜とエメラルドグリーンの海を誇る白浜大浜海水浴場は、約800メートルもある開放感溢れる人気のビーチだ。二種類の源泉から温泉を引いている露天風呂では、二つの温泉の効能を楽しむことも可能!下田水族館や下田ロープウェイ、河津バガテル公園からも車で近い距離にあり、滞在中は伊豆の魅力をたっぷりと体験することができる。

     

    ホテルムーンビーチ(沖縄県、恩納村)

    三日月型の白い砂浜を囲むように建つホテルムーンビーチは、プライベートビーチが目の前に広がる自然豊かなリゾート。ホテル敷地内の桟橋から船で15分程の距離にある無人島「ヨウ島」では色鮮やかな花と緑、サンゴの海を泳ぐ熱帯魚など、亜熱帯の自然を体験することができる。海のレジャーを堪能したあとは、大浴場とサウナでさっぱりとリフレッシュしてみては?

     

    GRANDVRIORESORT ISHIGAKIJIMA Ocean’s Wing & Villa Garden (沖縄県、石垣島)

    グランヴィリオ リゾート石垣島は、石垣島南西部のビーチ沿いに位置し、雄大な自然に囲まれた宿泊施設。館内には南国の日差しが水面にきらめく屋内外のプール、内湯・外湯サウナを完備した大浴場、趣向を凝らしたレストラン4軒を併設しているホテル前のビーチではロデオボートやウェイクボードなど、様々なビーチアクティビティを楽しむことも。また、レストランラ・メールのテラスで海風を感じながら朝食を取ったり、海に沈む夕日を見ながら石垣牛などの沖縄の素材を味わったりと、絶景を楽しみながら食事ができるのも大きな魅力のひとつ。

     

    インフィニート ホテルアンドスパ 南紀白浜 (和歌山県、白浜町)

    インフィニート ホテルアンドスパ 南紀白浜は由緒ある白浜温泉街の丘の上にあり、海を一望しながら贅沢なひとときを過ごすことができる宿泊施設。太平洋を見渡すことのできる露天風呂はまるで海と繋がっているような設計で開放感に溢れ、夕方になると美しい夕日を望むこともできる。施設から車ですぐのところにある真っ白の砂が特徴の白良浜は、海水浴を楽しむのにぴったりのビーチ。カラフルなパラソルや椰子の葉パラソルがあり、南国ムード満開のホテルだ。

     

    今年は家族や友人、恋人と美しい海を訪れ、夏を思い切り満喫してみてはいかが。

     

    *本オンライン調査はブッキング・ドットコムによって、2022年4月~5月の期間にアジアおよびオセアニアにおける11の国と地域の1万1,000名の個人を対象に実施されました。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US