新潟県・長岡花火ツアー開催 雪国の食と日本酒を楽しむ

29.January.2018 | SPOT

新潟県長岡市のSNOW FOOD NAGAOKAブランド協議会は、雪の恩恵を花火と食で楽しむツアー「冬の長岡花火ツアー・スノーフードビュッフェと食巡り」を2月17日に開催する。

czMjYXJ0aWNsZSM0NDU1MSMxOTYyMzkjNDQ1NTFfT3ZTWXlkdmxuYi5qcGc

毎年、長岡市内にあるハイブ長岡で「雪しかまつり」が開催され、同時に冬の花火が会場近くから打ち上げられている。その会場にて、雪国の食と日本酒をビュッフェ形式で楽しむ「スノーフードビュッフェ」を楽しむことができる。

czMjYXJ0aWNsZSM0NDU1MSMxOTYyMzkjNDQ1NTFfY3BMcXpKanlEay5qcGc

さらに、イベント会場へ行く前に3コースのスノー&フード体験から1コースを選んで参加することが可能。雪かき、長岡の地酒、だんごやさんの雁木など、雪国のストーリーを体感しよう。

czMjYXJ0aWNsZSM0NDU1MSMxOTYyMzkjNDQ1NTFfT05DelVRVUNnSi5qcGc

雪室の雪による貯蔵で美味しさを増した食材や、塩漬けや乾物などの保存食の知恵が詰まった食材を使用した料理を、清冽な雪解け水の恩恵を受けた長岡の地酒とともに楽しもう。

 

詳細は公式サイトをチェックしよう。

 

■Information

公式サイト:http://snowfood.jp/tour/

 

 

RELATED ENTRIES

  • 日本の伝統工芸・箔と写真の融合した織作峰子写真展が期間限定で開催

    16.May.2021 | FASHION / SPOT

    フジフイルムスクエアが、2021年7月21日(水)から8月19日(木)まで、フジフイルムスクエア企画写真展・織作峰子写真展「HAKU graphy Hommage to Hokusai(ハク グラフィー オマージュ トゥ ホクサイ)~悠久の時を旅して~」を開催する。

     

    Hommage to Hokusai ©Mineko Orisaku

    Following sunset (Tanuki-ko Lake) ©Mineko Orisaku

    Pine and Mt.Fuji (Kawaguchi-ko Lake) ©Mineko Orisaku

     

     

    写真家織作峰子は、2017年にHAKU graphyを発表以来、日本の伝統工芸である箔と写真の融合を試みてきた。印画紙や和紙にプリントをする工程とは違い、デリケートな箔に美しいプリントをするための大きな力となったのが、さまざまな素材・サイズのメディアに高画質な画像をプリントできる、富士フイルムの業務用ワイドフォーマットUV(紫外線硬化型)インクジェットプリントシステム「Acuity」だ。デジタル技術の発達で、プリント素材や色表現にも可能性が広がり、photograph(光の粒子で描く画)の持つ意味にも近づいたことを実感した。
    本展では、北斎へのオマージュとして、作者が富士フイルムのラージフォーマットデジタルカメラGFXを携え「冨嶽三十六景」の作品が描かれたポイントを巡り、世界に誇る美しい独立峰「富士山」に祈りを捧げながらシャッターを押した作品を展示する。日本人の心のふるさと富士山を、織作峰子ならではの感性で捉え、独自の手法で表現した富士山を、同期間、富士フイルムフォトサロン 東京スペース1、2で開催されるフジフイルム スクエア 企画写真展「日本人の魂・冨嶽今昔(こんじゃく)三十六景」~北斎と4人の巨匠たち~と併せて堪能することができる。

  • 東京ミッドタウン日比谷でミュージカルなど観劇の祭典が期間限定開催

    26.April.2021 | FES / SPOT

    都市の緑や自然とともに、オープンエアの中、無料でミュージカル、日本舞踊、オペラ、ダンスなどのパフォーマンスステージを楽しむことができる観劇の祭典「Hibiya Festival」を、2021年4月29日(木・祝)から5月16日(日)までの期間中、東京ミッドタウン日比谷周辺にて開催する。

     

    Hibiya Festival メインビジュアル

     

    【4月29日(木・祝)】ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」ミニコンサート&トークイベント

     

    【5月9日(日)】日本初演ミュージカル「ジェイミー」スペシャル歌唱パフォーマンス(ホリプロ)

     

    【5月8日(土)】Hibiya Festival×日比谷音楽祭コラボレーションステージ

     

    【4月29日(木・祝)】日比谷野外能「羽衣」

     

    【5月1日(土)】NBAバレエ団

     

    【5月2日(日)】 CAT-A-TAC SHOW(CAT-A-TAC)

     

    「ヒビヤ音楽大学」シブヤ音楽大学オープンキャンパス

     

    Hibiya Festival PROGRAM

     


    今年日本上演40周年を迎えるブロードウェイミュージカル「ピーターパン」や、ついに日本上陸するイギリス発大ヒットミュージカル「ジェイミー」からキャストが登場し、公演に先がけてパフォーマンスを初披露するスペシャルステージ、そして音楽プロデューサー亀田誠治が実行委員長を務める「日比谷音楽祭」とのコラボレーションステージなど、一部事前予約制の「ステップショー」には更に多彩なラインナップを追加して登場。また「まちなか劇場」や「カンゲキ学校」では、予約なしで楽しめる入退場自由、観覧無料のイベントとして期間中に約20のコンテンツを実施する。そして今年は会場に来られない人にも楽しんでもらえるように、「オンライン会場」からも動画コンテンツを発信する。

     

    エンターテインメントの街・日比谷で多様性に溢れたパフォーマンスを堪能してみては?

  • アジアンミュージックが楽しめる「天王洲キャナルフェス2021春」開催

    23.April.2021 | FES / MUSIC

    一般社団法人 天王洲・キャナルサイド活性化協会は、2021年4月24日(土)、YouTube「CANALチャンネル」にてオンライン配信によるイベント「天王洲キャナルフェス2021春~WORLD TRAVEL-ASIA~」を開催する。

     

    本イベントは新型コロナウイルスの急速な感染拡大が懸念されるため、予定していた会場開催を急遽中止し、オンラインでのイベント開催に変更して実施する。

    2021年の天王洲キャナルフェスのテーマは「WORLD TRAVEL」。シーズン毎に地域テーマを決め、世界旅行気分が味わえるコンテンツを用意する。今回の地域テーマは日本を除くアジア。フェス恒例の船上ライブコンテンツより、インドダンスや京劇、二胡の演奏など、珠玉のライブをYouTube「CANALチャンネル」にてオンラインで配信する。船上ライブの感動そのままに、アジアンミュージックを中心とした迫力ある生演奏とパフォーマンスで、アジアを感じられるひとときが楽しめる。さらに会場に映し出される天王洲運河の水辺の映像で、癒しのひとときを演出する。

     

    オンライン開催コンテンツ

     

    CANALチャンネル

    アーティストの様々なパフォーマンスが楽しめる。

    14:00~14:30 coco鮎美 & Ethno-Exotica Vaudeville(インドダンス)

    15:00~15:30 野沢香苗(二胡)

    16:00~16:30 新潮劇院(京劇)

    17:00~17:30 鱧人(アカペラ)

    18:00~18:30 中村月子(ピアノ&ハンドマイク)

    18:40~19:10 ツヅキング(ソロ弾き語り)

     

    オンラインイベント「天王洲キャナルフェス2021春~WORLD TRAVEL-ASIA」に参加してアジアの音楽を楽しもう。

  • 「アースデイ東京」代々木公園でフェスティバルを開催

    15.April.2021 | SPOT

    東京にある代々木公園で、2021年4月17日(土)から4月18日(日)まで「アースデイ東京2021@代々木公園」を開催する。

     

    日本で環境アクションを盛り上げる活動をつづけて20年、アースデイ東京は「アースデイ(地球の日)」を通じて、様々な環境活動団体と市民をつなぐ手伝いをしてきた。代々木公園でこれまで培ってきたフェスティバル開催のノウハウと、コロナ禍において昨年拡げたオンライン開催の可能性を活かし、4月17日(土)から25日(日)の計9日間、複数の会場とオンラインをつなぐ。

     

    今では当たり前となった「エコ」や「オーガニック」「サステナブル」「エシカル」「ダイバーシティ」「インクルーシブ」といった概念を様々な領域に浸透させ、自然エネルギーの普及やゴミを出さないイベントのあり方を提示する、フェスティバルと環境活動を組み合わせて、多くの人にメッセージを伝えてきた。

     

    2021年も多様ないのちがつながり合い、ともに生きる持続可能な社会を創ることを目指して、様々な取り組みを紹介する。

     

    アースデイコンサート

    これまで、忌野清志郎、UA、BONNIE PINKなど、地球の今そして未来にコミットする多彩なミュージシャンやゲストが集って来た代々木公園ステージで開催されるのが「アースデイコンサート」。

    参加者は、いとうせいこうITP、なぎら健壱、yae、scoobie do、佐藤タイジ、Nozomi Nobody、hachi_Aigoz、tico moon(ティコムーン)、柳家緑太と柳亭市童。

     

    マーケットエリア

    各ブースに並ぶ商品には、そこに至るまでにかけた時間や手間、思いがある。いろいろなエピソードを聞きながら、作り手の顔を見ながらの買い物には、毎日の買い物とは異なる刺激があり、暮らしへの意識を変える力が存在する。

     

    故C.W.ニコルが続けてきた「ニコルズフォレストキッチン」も!森づくりのための鹿肉ソーセージ

    2000年からアースデイ東京の実行委員長をつとめたC.W.ニコル。森の資源の保全、活用をアースデイ東京として2011年から継続してきたニコルズフォレストキッチンが今年も登場する。

    どうやって森に関する関心を高めるか、荒廃する森林をどう健全化するか、C.W.ニコルと考えることから始まり、豊かな森を育むために森のエコロジーとエコノミー、食を通して「森の恵みをいただこう!」を提案する。

     

    ごみの分別は参加者が自分でやる。ボランティアはゴミを捨てに来た人の分別をサポート

    ボランティアスタッフが会場内に設置してある、エコステーション(ごみ箱)に立ち、 ごみを捨てに来る来場者にごみと資源の分別を呼びかける。 「ごみ」を切り口として、人々の「意識」とイベントの「仕組み」、その両方に働きかける。

     

    環境への取り組みを考えるフェスティバル「アースデイ東京2021@代々木公園」に足を運んでみて。

     

  • 東京・浅草の街を巡るリアル謎解きゲーム登場

    14.April.2021 | SPOT

    リアル謎解きゲームを使ったプロモーションを提案するハレガケが、都市型アパートメントホテル「MIMARU」を運営するコスモスホテルマネジメント主催のもと、浅草周辺にてリアル謎解きゲーム「浅草街歩き探偵録〜富豪の残した手紙の秘密〜」を開催する。「MIMARU東京 浅草STATION」開業を予定する2021年4月22日(木)からスタート。

     

     

    このイベントは浅草の街を巡って観光を楽しめる体験型ゲームイベント。カップルやファミリー層向けに、3密を回避し楽しめる周遊イベントを企画した。浅草の今の魅力を知ってもらうことをコンセプトに、伝統ある建物や新しい文化に触れる要素が盛り込まれ、ゲームの外国語対応も予定している。古さと新しさが現存する浅草散策を楽しめる観光イベントを実施し、街全体の活性化を期待している。

     

    「MIMARU東京 浅草STATION」内の自動販売機でゲームキットを購入することで、誰でも参加可能だ。ゲームキットに記載されているストーリーと謎を元に浅草周辺に複数設置されているパネルで謎の手がかりを探索。キットとパネルの情報を合わせて謎を解くと、次に向かう場所が分かる仕組み。制限時間がないため、好きな時間に遊べ、ゲームの合間に観光も自由に楽しむことができる。

     

    ストーリー

    「浅草の宝を探してほしいのです」
    探偵であるあなたの元へ舞い込んだひとつの依頼。

    かつて浅草に住んでいたという富豪。
    彼が残した手紙が、あなたの前に差し出された――
    「おそらくこれは、宝のありかを示す地図です」

    浅草に眠る宝を、見つけることができるのだろうか?
    浅草の街を歩きながら、謎を解き明かそう。

     

    浅草の魅力を感じることができるリアル謎解きゲームに参加してみては?

  • JR千葉駅にて日本酒プレミアムラウンジがオープン

    12.April.2021 | FOOD / SPOT

    昨年秋、ペリエ千葉えきうえひろばで好評を得たイベント「一献風月」が、たくさんの要望に応えて、ペリエ千葉 チバコトラボ3Fに、2021年4月28日(水)より常設オープンすることが決定。空港ラウンジのように過ごせる落ち着いた空間は、旅の始まりや日常に上質なひとときをプラスする。

     

    CHIBASAKE.COM SHOP with PERIE Onliine SHOP

     

     

    スマートフォンやタブレットを活用したお酒選びや購入が可能な、県産日本酒のセレクトショップが、同時オープン。ラウンジで気に入った銘柄の購入や、ここでしか買えないCHIBASAKE.COMオリジナルの限定酒、RIEDELの純米グラスをはじめ酒器や地域産品の肴などが勢揃い。また、日本酒の豊かでふくよかな「うまみ」を味わってもらうために、創業260年ワイングラスの老舗RIEDEL社が8年かけて開発した純米酒専用グラスで、サービスを提供する。更に、イタリアンレストランEST! Prossimoが、千葉県産食材や、千葉県産酒を用いたオリジナルメニューを開発。千産千消型イタリアンとのマリアージュを堪能することができる。

     

    大人のためのラウンジで旅をスタートしてみては?

     

  • 福岡の街が造ったオリジナルの日本酒「晴好 HARUYOSHI」誕生

    23.March.2021 | FOOD / SPOT

    福岡のNPO法人はるよしが、オリジナル酒造りプロジェクト本格始動の第一弾となる日本酒「晴好 HARUYOSHI」を数量限定で販売開始。こだわりの強い飲食店が多くひしめき合う「はるよし」エリアは、福岡でも随一の「食と酒」の町。そんな「はるよし」に似合うお酒を福岡県下の酒蔵と一緒につくりたい。その想いから、「晴好 HARUYOSHI」が生まれた。

    晴好 HARUYOSHI 01 2,200円

     

     

    福岡県糸島市の米農家・濵地一好の協力を得て「はるよし田園」を創設した。みんなで田植えや稲刈りにも参加し、愛情たっぷりの山田錦が誕生。そのお米に手間暇と情熱を注ぎ、特別なお酒づくりを担ったのは、福岡県うきは市の酒蔵「磯乃澤」。プロジェクトは2019年に立ち上がり、糸島の米農家・濱地、うきは市の酒蔵・「磯乃澤」の協力を得て、まずはプレ版を醸造し、この経験を生かして2020年に本格始動して、できあがったのが「晴好 HARUYOSHI」01だ。

     

    糸島産酒米について

     

    福岡県西部に位置する糸島は美しい海と山が広がり、観光地として人気のエリアだが、その豊かな自然の恵みを受けて、食材の宝庫としても知られており、山手では酒米づくりも盛んで、特に酒造好適米のエース「山田錦」栽培に力を注いでいる。このプロジェクトでは、米農家・濱地と提携して「はるよし田園」を設立し、田植え、稲刈りにも参加。酒米づくりから関わっていくことで、酒造りのストーリーを人々と共有する。

     

    福岡の酒蔵について

     

    同プロジェクトの特徴の1つは、毎年酒蔵が変わるということ。ただし、プレ版とこの01版は、現在福岡県うきは市で唯一の日本酒蔵となる「磯乃澤」とタッグを組んだ。うきは市は、筑後川水系から湧き出る天然水が豊富で、「磯乃澤」も自社の井戸からくみあげた天然水を酒の仕込水としている。「晴好 HARUYOSHI」01は手作業にこだわり、通常高級酒に採用する「袋吊り」で絞った、華やかな吟醸香が広がるお酒となっている。

     

    福岡の地元愛が詰まったオリジナル日本酒で町おこしを応援しよう。

  • DEAN & DELUCAから日本酒「久保田」といちごの限定メニューが登場

    10.March.2021 | FOOD

    食とデザインを軸として感性を大切にした良質なライフスタイル事業を手がける株式会社ウェルカムと朝日酒造株式会社がコラボレーションし、2021年3月8日(月)からDEAN & DELUCAカフェ丸の内にて、「久保田 純米大吟醸」と旬のいちごを使用した限定メニューSAKE & DOLCEを発売。凛とした甘さの「久保田 純米大吟醸」を活かし、日本酒ビギナーにもおすすめの、いちごを使った春のドリンクとデザート2品を楽しむことができる。

     

    純米大吟醸ホワイトチョコレート 572円(税込)

    「久保田 純米大吟醸」に、カカオ分45%のホワイトチョコレート、ミルクがまろやかに溶け込む新感覚ドリンク。いちごのコンポート、削りたての柚子&ハイカカオチョコのトッピングが、純米大吟醸の甘さとコクを引き立てる。

     

    純米大吟醸ジェラートのアフォガード 616円(税込)

    「久保田 純米大吟醸」とミルクで作った柚子香るジェラートに、ストロベリーソース・エスプレッソをかけていただくひんやりドルチェ。日本酒、コーヒー、フルーツの甘味・酸味・苦みが絶妙に調和する至福の味わい。

     

    冷やすと香りがおだやかになる日本酒だが、低温でも磨き抜かれた味わいを感じられるのは「久保田 純米大吟醸」ならでは。口に含むと温まり、華やかでフルーティーな風味がふんわり溶け出す合う、スペシャルなスイーツを楽しんで。

  • 森山大道×KAMU kanazawa×福光屋コラボ日本酒「Lip <Junmai>」 新発売

    24.February.2021 | FOOD

    株式会社 福光屋は、現代アートを通して金沢市の文化の発展に貢献する目的で活動する私設現代アート美術館「KAMU kanazawa(カム カナザワ)」と、日本を代表する写真家森山大道氏とのコラボレーション日本酒「Lip <Junmai>」を福光屋のオンラインショップおよび直営3店舗にて、2月22日(月)に新発売する。

     

    直筆サイン入りは限定100本。 森山大道とのコラボ日本酒。

    私設現代アート美術館「KAMU kanazawa」は、現代アートをきっかけに金沢市の文化の発展に貢献する目的で活動しており、昨年12月15日に4番目のスペースとして「LIP BAR」(KAMU L)がオープン。スペース内には、スナップショットの名手として知られ、80歳を過ぎた現在も世界の第一線で活躍を続ける写真家、森山大道氏のインスタレーション作品「Lip Bar」が展開され、森山氏が捉える社会の猥雑さや欲望を体感できる空間となっている。
    金沢の風土と文化に育まれ、396年の歴史を持つ金沢最古の酒蔵である福光屋が、KAMU kanazawaの活動及び森山氏の作品に共鳴し、コラボレーションが実現。「Lip <Junmai>」の通常版・直筆サイン版を福光屋のオンラインショップにて、通常版を直営3店舗にて2月22日(月)に発売される。「LIP BAR」は月曜から土曜の20:00〜24:00はバーとして運営され、同商品をベースにしたカクテルなどが提供される。

    商品特徴
    契約栽培した酒造好適米「山田錦」と「金紋錦」を使用。森山氏をオマージュした、深いコクとキレ味が調和する複雑味のある純米酒。

     

    デザイン
    森山氏が「Lip Bar」のモチーフとしている唇の写真をシルバーラベルにプリント。通常版の表ラベルは英語、裏ラベルは日本語のサインを印刷したデザインとなっており、直筆サイン版は通常版のデザインをベースに表ラベルに直筆サイン、裏ラベルにシリアルナンバーが記載。ブラックボトルにはフロスト加工を、化粧箱には黒艶箔の唇と福光屋のロゴマークを施しています。パッケージデザインは、金沢市在住のアートディレクター、松澤桂氏によるもの。

     

    Lip <Junmai>

     

    ©Daido Moriyama Photo Foundation Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

     

  • 「テニスの王子様」連載20周年記念全国ツアー大原画展を新潟で開催

    07.February.2021 | ANIME&GAME / SPOT

    新潟市マンガ・アニメ情報館が、2021年1月16日(土)から2月14日(日)の期間中、企画展「~連載20周年記念全国ツアー~ テニスの王子様 大原画展「テニスの王子様」×「新テニスの王子様」」を開催。

    ©許斐 剛/集英社

    「テニスの王子様」連載開始20周年を記念し、「テニスの王子様」×「新テニスの王子様」の生原稿、カラー原画などが一堂に会する大原画展。また会場では、原画展のために製作されるオリジナルグッズや版画などを多数販売している。「テニスの王子様」の世界を堪能できるこの機会をお見逃しなく。

  • 無観客のeスポーツ生配信イベントRAGE開催で豪華ドリームマッチ実現

    27.January.2021 | ANIME&GAME

    eスポーツの生配信イベント「RAGE PARTY 2021 powered by SHARP」を、シャープとDynabook株式会社が共同で協賛し、タレントや声優、ゲーム実況者などが競い合うドリームマッチとして、2021年2月23日(火・祝)に無観客のオンライン形式にて開催する。

    「RAGE PARTY 2021 powered by SHARP」は、国内最大級eスポーツイベント「RAGE」が初めて開催する豪華タレントのドリームマッチ。ローンチから1か月で5000万人ものプレイヤーを獲得した「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」と、配信開始から2日でユーザー数100万人を突破した「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」が採用され、テレビやネットで活躍するタレントや声優、ゲーム実況者などが競い合う。さらに、当日はアーティストの生ライブも予定されているのでお見逃しなく!

  • 山田錦の特産地・兵庫県三木市の日本酒を使用したガトーショコラ誕生

    24.January.2021 | FOOD

    スイーツブランド「KAKERI(カケリ)」が、山田錦の特産地である「兵庫県三木市」にある酒造「稲見酒造株式会社」とコラボ開発した「日本酒ガトーショコラ」の先行予約販売をMakuake(マクアケ)限定で2021年1月18日(月)より開始した。

    IWC2020でSAKE部門ブロンズ賞を獲得した日本酒「大吟古酒」

    稲見酒造

    国際的なお酒の品評会「IWC(インターナショナルワインチャレンジ)」で、2020年日本酒部門(SAKE部門)ブロンズ賞を受賞した稲見酒造の「大吟古酒 (だいぎんこしゅ)」を、15年以上熟成させたものを日本酒ガトーショコラの原料として使用。

     

    既に日本酒を使用している日本酒ガトーショコラは、お酒と一緒に食べるのがおすすめ。原料である「大吟古酒」との相性も良く、特に、「原酒」のようなアルコール度数と旨味の強い日本酒ともよく合う。商品は冷凍便での発送となり、冷凍のまま食べるとアイスケーキのように楽しむこともできる。また、冷蔵庫にて解凍された状態の方がお酒の香りが強くなるので、香りを楽しみたい人は冷蔵庫で解凍してからご堪能あれ。

     

    日本酒ガトーショコラのもう一つの特徴は「兵庫県三木市」に縁のある人物、素材、組織が力を合わせて開発された点だ。原料として使用している「大吟古酒」の製造元である稲見酒造株式会社は三木市の酒造であり、商品の開発を担当したパティシエも、企画宣伝担当も全員三木市出身。また、日本酒の原料として有名な「山田錦」は三木市の特産品であり、三木市は山田錦の生産地の中でも特に極上なものがとれる地域として「特A地区」と呼ばれている。初めは「地元だから」という単調なモチベーションだったが、商品開発を続けていく中で、新型コロナウイルスの影響で山田錦の消費量が下がっていることを知り、本気で地元の製品、素材を世の中に広めたいという強い思いに変わり、日本酒ガトーショコラを完成させた。

    三木市への愛が込められた、豊潤な香りが漂う日本酒ガトーショコラを堪能してみては?

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US