アジア初「エースホテル京都」2019年末に開業

12.April.2018 | SPOT

NTT都市開発本社はエースホテルとホテル運営委託契約を締結し、アジア初となる「エースホテル京都」を2019年末に開業する。

エースホテル

エースホテルは、1999年にアメリカ・シアトルで最初のホテルをオープン。現在までにアメリカ、イギリスにおいて9ホテルを運営している。「エースホテル京都」は、日本のみならず、アジアでの初出店となる。

エースホテル 特徴

エースホテルの特徴は、細部にこだわりつつ、遊び心を持ち、ホテルごとに異なったデザインが施されていること。宿泊者だけでなく地元の人々も集うコミュニティー造り、新たなカルチャー創出のハブとなるコンセプト、地域及び周辺企業とのコラボレーションを通じた運営などが挙げられる。そのコンセプトやデザインは、世界中のホテルに影響を与え、ホテル業界に大きなトレンドを作り出している。

エースホテル京都

地域性を取り入れてロケーションごとに独自のデザインを施し、地域コミュニティや周辺企業とのコラボレーションにより新たな文化発信と地域活性化の拠点となってきたエースホテル。かたや、大正時代以来の歴史的建築物があり世界的な観光スポットとして知られ、多様なホテルが展開する京都。「エースホテル京都」は、世界中から集まる旅行者や、地域の方々の交流拠点となることを目指している。

エースホテル 代表取締役社長 ブラッド・ウィルソン

エースホテル 代表取締役社長 ブラッド・ウィルソン

「日本で事業を展開することは、私達の長年の夢でありました。京都の美と歴史に敬意を表しながら、世界に広がるネットワークと新しいカルチャーを育くむ空間を造るという、私達の共通の夢の完成に向けて、NTT都市開発や隈研吾氏をはじめとする、名実ともに優秀なチームとご一緒できることは、光栄であり身が引き締まる思いです。」

 

 

京都の地域性を活かしたホテルに今後も注目しよう。

 

■Information

NTT都市開発:https://www.nttud.co.jp

エースホテル:https://ja.acehotel.com

 

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US